ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

今年最後のツーリングは、ご近所の湘南平へ行ってきました。
ご近所ですが、実は初めての訪問です。

厚木のコンビニでいつものバブさんと待ち合わせをして、
そこから、ものの1時間もかからない道中です。
小田原厚木道路の側道をのんびりと走って、
平塚東IC出口の辺りで県道62号線に入ります。
ここでバブさんのセローから異音がするというのでストップして確認。
どこを見ても異常はありません。
異音も一時的なだけで、すぐに収まったそうなので再スタートします。
それにしても、富士山がきれいでした。
f0119755_11382223.jpg

















県道63号線に入り、道なりに進んで右折、大きな右カーブのところを左折すれば、
湘南平まで上って行く道になります。
てっぺんの駐車スペースはあまり広くありませんが、
バイク用のスペースもしっかりと確保されています。
f0119755_11382246.jpg

















駐車スペースのすぐ上に大きく開けた展望広場があり、テレビ塔や展望塔もあります。
広場からは相模湾が一望できます。
今まで来たことが無かったとは、勿体無いことをしました。
f0119755_11382317.jpg

















f0119755_11382333.jpg






そして、展望塔からはさらに、富士山や丹沢の山々、神奈川の市街地など、
360度の大パノラマを楽しむことができます。
f0119755_11382353.jpg

















f0119755_11382362.jpg







オマケに、展望塔の中はイスとテーブルが備え付けてあって、
飲食や休憩のスペースとして使えます。
f0119755_11382349.jpg

















さらに、オーシャンビューのレストランなどもあって、
カップルに大人気なのも頷けます。

ウチからも1時間ほどの距離ですので、
家族サービスで点数を稼ぐには絶好のポイントだと思います。

さて、良い景色を堪能して、
さすがにオヤジ二人でオーシャンビューのレストランと言う訳でもなく、
自分たちに似合った場所でお昼にします。
ガテン系ご用達の善磯食堂さんへ向かいます。
湘南平からは15分ほどで到着。
f0119755_11382402.jpg

















店内はすでに満席に近かったのですが、
タイミングよくひとテーブルが空いてすぐに席に着くことが出来ました。

私は何の予備知識も無かったのですが、
バブさん曰く、ご飯がおひつで来るそうです。
私はミックス定食を、バブさんはアジフライ定食を注文しました。
ほどなく運ばれてくると、おかずはしっかりとボリュームがあるくらいでしたが、
ご飯は、小さめのおひつにいっぱいです。
普通のお茶碗で2~3杯分くらいでしょうか?
f0119755_12015978.jpg

















バブさんは、注文時にしっかりと、ご飯半分で!と言っていましたが、
それでも多めで、食べきるのに苦労していました。
私は・・・・・大変おいしくいただきました。(^^;

本日のスケジュールはほぼこれで終了でしたが、
以前訪れた、いこいの村が近くにあります。
以前は、ちょうど富士山方面が曇っていて見ることが出来なかったので、
リベンジの意味も込めて立ち寄ってみます。
せっかくなので、曽我の丘陵地帯を走り抜けて向かいます。
f0119755_12020031.jpg


















f0119755_12020043.jpg





























f0119755_12020118.jpg

















本日初めてのダート道を走って、いこいの村に到着。
念願の富士山を眺めました。
が、しつこい雲に邪魔されて、全景を見ることはかないませんでした。
f0119755_12020102.jpg

















何だかここと富士山の組み合わせは相性が悪いようです。

さてこの後はもう帰るだけですが、
渋滞した国道で帰るのは避けて、裏道で行きます。
ナビに表示される細い道をつないでゆくと、
ミカン畑の中をぐるぐると走って、廃道寸前のような道に出ます。
これはこれで楽しかったのですが、
ロードバイクや四輪車でこの道に案内されたらキレてしまいそうです。
f0119755_12020143.jpg





























この後無事に県道に出て、バブさんとは厚木近辺で分かれて、それぞれ帰路につきました。

さて、今回のツーリングで試してみたことがありました。
アマゾンで買った激安のグリップヒーターです。

冬のツーリングで一番つらいのはもちろん寒さです。
体や足は防寒着を着込むことである程度までは我慢できます。
足先、ひざ、指先、首などが最も風を受けて寒い場所です。
特に指先は、凍えてしまってクラッチやブレーキ、
ウインカーの操作などが遅れてしまうと危険でさえあります。

今まではお山探索バイクなどでグリップヒーターを考えた事は無かったのですが、
XL223はツーリングバイクに使っていますのでアリかな?
と思っていたところ、偶然にアマゾンで激安品を見つけたので、
ダメ元で試してみました。
f0119755_12215570.jpg

















f0119755_12020186.jpg

















結果、これは良いです。
グリップへの固定が、熱収縮チューブを使っているので、
少々滑る気もしますが、ツーリング用として考えれば十分に合格点です。
そして何よりも暖かい!
2段階切り替え式ですので、スタート時や朝夕の寒い時は「強」で、
日中や比較的暖かい時間帯は「弱」で、
当日はずっと「弱」のままでも十分に暖かく感じました。
このクオリティーで送料込み700円!
ホカロンを買ったと思えば、ワンシーズンでも十分に元が取れると思います。

そしてもう一つ。
2シーズン目に入った冬用のグローブですが、
こちらはクオリティーに問題ありでした。
某ホームセンターの防寒手袋ですが、
買った当初から、あちこちがほつれだして、
そのたびに縫い合わせて使っていました。
当日も気が付くとまた2カ所ほつれていて、
いい加減気分が悪いので、ワークマンの防寒手袋に買い換えました。
f0119755_12215602.jpg





























f0119755_12215778.jpg

















f0119755_12215726.jpg

















ちなみに、修繕したところを数えると、
左右合計で18箇所もありました。チョットひどすぎます。(怒)

# by s-fulllife | 2017-12-27 12:50 | その他のバイク達 | Comments(8)
トリックさんの主催する猿ヶ島TTの最終戦に行ってきました。
会場は相模川の河川敷で、自宅から30分ほどの場所です。
朝もゆっくりと出発できるので、のんびりと出かけてきました。

最新型から古いツインショックまで、参加者も参加車両も多種多様です。

f0119755_09534427.jpg

















私は多摩テック時代からの付き合いの、イワピー師匠、S籐さん、tr133さん等と回ります。

S籐さんは亀岡産のバイアルスを140ccにボアアップして本日デビューさせます。
シリンダーケースを手作業で削って広げて140のシリンダーを入れてきたそうです。
いやはや、凄いこだわり方です。
f0119755_09534486.jpg

















tr133さんはイーハトーブのRSC170cc仕様。
これもピカピカでスペシャルパーツ満載です。
f0119755_09534389.jpg

















私のパンプータ4も、スペシャルヘッド加工のあと、
キャブセッティングを見直して、ギア比も変えて大会に臨みます。
f0119755_10091335.jpg
















さてさて、セクションは初心者でも楽しめるように考えられていて、
危ない事は無く、かといって簡単でもなく、楽しめるセクションです。

例によってイワピー師匠たちは自分たち独自のラインを設定して、
私もそれに付き合う羽目になってしまいました。
普段からの練習不足で、1ラップ目の終わるころにはそろそろ疲れが見えてきました。(^^;

それでも皆さん果敢に攻めのラインを行きます。
f0119755_09534420.jpg

















・・・・・ですがこの後・・・・・

f0119755_09534512.jpg

















今日のS藤さんは、組み上がったばかりのエンジンのセッティングが出ておらず、
エンスト5点が多々見られ、ストレスのたまるトライが続きました。
結果、自身でも初(?)の最下位に沈んでしまいました。(合掌)
セッティングを煮詰めてまた一緒に遊んでください。

tr133さんも体調が悪く、見事なライディングをしたかと思えば、
何でもない所でミスをしてしまったり、出入りの激しいスコアで、
リザルトはあまり芳しくない結果となってしまいました。
f0119755_09534598.jpg





























そして私目はと申しますと、やっぱり練習不足の成果でしょうか、
特に後半はクラッチ操作が付いてゆかずに、ターンをオーバーランしてしまったり、
越えるべきステアケースに入れなかったり、悔しくもそれなりの結果でした。
ただし、改良を重ねたパンプータ4は絶好調でした。
ライダーの技量と練習不足を所々カバーしてくれるほどの出来の良さです。

さらにイワピー師匠は、TLM60改で、
やらなくてもいい「男ライン」を果敢に攻めて、
表彰台まであと一歩の4位に入りました。
さすがイワピー師匠。ただのスケベではありません。
バイクに乗るのが上手な変態です。(笑)
f0119755_09534320.jpg

















この大会は2度目の参加になりますが、
いつ来てもワイワイとアットホームな雰囲気で、
リラックスして参加できる楽しい大会です。

来年は1月21日が練習会で、以降もう一回練習会があって3月に大会があります。
バイクの完成度に負けないように、もうチョット練習に励みたいと・・・・・?
確か毎年同じようなことを言っているような気がします。(^^;

# by s-fulllife | 2017-12-19 10:37 | Trial | Comments(6)
高校時代の友人の、セル付きエンジンに乗せ換えたTL。
群馬にモツ煮を食べに行ったときから調子が今一つでした。
燃費が悪く、調整してもプラグは真っ黒です。
雨が続いてなかなか預かってじっくり様子を見ることができませんでしたが、
先日入庫、ジェット類を新品に交換してもさっぱり調子は戻りません。
セッティングはそのままで、キャブレターを交換してみると、
吹け上りもプラグ焼けも良い感じになりました。

そこで、様子を見ることを兼ねてツーリングに出かけてきました。

まずは近間の志田峠に向かいます。
残土処理のため大きく切り崩された峠は、昔の面影はありません。
これだけ大規模な環境破壊をしておいて、
何故林道を通行止めにするのか?行政の考えることは理解不能です。
f0119755_19135419.jpg

















この時点でかなり寒かったのですが、
宮ケ瀬湖を抜けるころにはだんだん路面凍結が始まっていました。
どうしようかと悩みましたが、行けるところまで行くことにします。
前日は天気予報よりもしっかりと雨が降ったので、
道路脇の水たまりには氷が張っています。
寒さに耐えて路面に注意しながらゆっくりと高度を上げて行き、
ヤビツ峠に到着すると、あちこちに雪が残っています。
昨晩は雪が降ったようでした。
f0119755_19135480.jpg

















この先は南斜面になりますので、凍結の危険はかなり減ります。
途中の菜の花台では、相模湾と江の島、伊豆大島などを見渡すことができます。
f0119755_19135594.jpg

















残念ながら、富士山はそこだけ雲がかかって見えませんでした。

峠を下って、R246には出ずに、田舎道を通って戸川林道に向かいます。
ここは貴重な通行規制のないダート林道です。
途中には竜神の泉という湧き水もあります。
f0119755_19135596.jpg

















路面は整っていて走りやすく、前日の雨の影響も少なく、快適に走れました。
終点の山小屋に隣接した河川敷の駐車スペースでしばし休んで、
ピストン林道ですので、来た道を引き返します。
山小屋の先の登山道から登って行く山頂付近には、どんよりとした雪雲があります。
天気は最高なのですが、山の上では雪が降っているのでしょうか?
f0119755_19135608.jpg


















f0119755_19135573.jpg

















そうかと思えば、林道の途中ではまだ鮮やかな紅葉が楽しめます。
日向ではぽかぽかと温かさも感じられます。
午前中だけで秋から真冬を味わう事が出来ました。
f0119755_19135678.jpg

















f0119755_19331737.jpg





























林道を下って、下調べしておいた定食屋さんに入ります。
丁度お昼時だったので店内は混雑していましたが、
すぐに席が空いて入店することが出来ました。

注文したのはホルモン野菜定食。
野菜炒めに肉の代わりにホルモンが入っています。
近くに工業団地があり、モリモリ食べるお客さんが多いため、
普通盛りでも、他店の大盛に匹敵するボリュームがあります。
f0119755_19331797.jpg

















お腹も膨れて、体も暖まり、近くにある善波峠の旧道に向かいます。
ここで、後を走っていたK氏からウインカーが点いていないと指摘がありました。
いろいろ調べた結果、単なるアース不良と分かり、無事に修理完了。
この後旧トンネルの上の旧峠にも寄って昔の街道に思いを馳せます。
f0119755_19331831.jpg

















f0119755_19331914.jpg





























R246を少しだけ走って裏道に入り、
厚木七沢温泉から宮ケ瀬湖に抜けます。
陽も高くなってきましたが、日陰ではまだまだ冬の寒さです。
でもその寒さの中、養鶏場に隣接する直売所で、
最近恒例になりつつある、たまごソフトクリームをいただいて、最後の休憩をとります。
f0119755_19331925.jpg

















たまごの風味がカスタードクリームのようなほんのり黄色がかったソフトクリーム。
Sサイズですが、十分な大きさで140円(税込)です。
おじさんには財布にやさしく、ピッタリです。
美味しくいただきました。ごちそうさまです。

さて、問題のキャブレター交換したTLですが、
凍った峠道も林道も問題なく走り切って、燃費も32Km/Lでした。
これで問題も解決したようです。

そして、忘れてはいけませんが、
私のイーハトーブもツーリングデビューでした。
こちらも、SPシリンダー装備ですので、
キャブレターをPW22に交換して走ってきました。
吸排気がノーマルですので、高回転域でのパワーは今一つですが、
おかげで静かにトコトコ走れます。
燃費も35Km/Lを記録しました。
これだけ走ってくれれば十分満足です。



# by s-fulllife | 2017-12-09 20:04 | 林道ツーリング | Comments(6)
この週末の連休を利用して、お手軽ツーリングに出かけてきました。

まずは、紅葉が始まった嵐山渓谷へ。
旅のお供はXL223です。
何を勘違いしたのか、ブレーキディスク板の使用限界を間違って、
まだまだ使用可能でしたが新品に入れ替えてしまいました。
社外品のウェーブディスクです。
効き味もバッチリなので、まぁこれもアリと言う事にしました。
f0119755_17112384.jpg

















f0119755_17112339.jpg

















本日は紅葉を目当てに、ロードツーリングのはずが、
やっぱりちょっとだけ寄り道して短い林道を抜けます。
f0119755_17112465.jpg





























短い林道のあとに、冠水橋にも立ち寄りました。
f0119755_17112479.jpg

















その後、健康ランドにバイクを止めて、紅葉の渓谷を散策、
健康ランドで昼食を摂って、ついでにひと風呂浴びて帰るという極楽ツーリングの予定でした。
ところが、健康ランドに一声かけてから散策に向かおうとしたところ、
先に入館手続きを済ませて、外出扱いにしてくれだの、1時間以内で帰って来てくれだの、
今日は催し物があって、食堂で注文しても時間がかかるだの、
細かいことを言われたのでキャンセルして土手に止めることにしました。
平日で駐車場はガラガラなのに、チョット融通が利かなすぎです。

渓谷では紅葉が始まったところで、もう少し遅い時期の方が良かったかもしれません。
散策路を歩きながら景色を堪能させてもらいました。
f0119755_17112520.jpg

















f0119755_17112538.jpg

















f0119755_17112526.jpg

















普段のツーリングで歩くことはほとんど無く、
たまに歩くとしても、バイクを引き上げたり、
崖の向こうを確かめたりなんてことくらいです。
たまにはこんな散策も良いものです。

モミジとモミジマークのおじさん。(笑)
f0119755_17250688.jpg





























健康ランドでお昼を食べ損ねたので、
帰り道に食事のできそうなところを探していると、
ちょっと派手目な台湾料理店が目に留まりました。
腹ペコで駆け込むと、これが大正解!
安くて、味も良く、ボリューム満点です。
f0119755_17250746.jpg

















私が注文した豚骨ラーメンとホイコーロー丼のセット、それぞれ軽めの一人前程度の量があります。
これで税込み780円でした。(喜)
お腹も膨れて、あとは帰るだけです。
平日の幹線道路は格別の混み方でしたが、夕刻には無事に帰りつきました。

そして本日、今度はトランポにバイクを積み込んで、
道志の林道を走ることになりました。
本当は真壁のツインショック大会に出たかったのですが、
妻君が遅くまでお出かけでしたので、オチビのお守りがあります。
日中は大丈夫ですが、夕方までには帰らなければなりません。
そこでお手軽に道志に出かけることになりました。
しかもトランポに積んで、です。(^^)

バブさんに家まで来てもらって、バイクを積み込みます。
道志に向かう車内で、天気予報以上の好天に、
行き先を急遽富士山に変更しました。
雪化粧をした富士山を眺めるためです。

山中湖の駐車場に着くと、真っ白な富士山が出迎えてくれました。
f0119755_17250732.jpg

















ここから、大平山に向かいます。
山頂では、バイクや登山客が数人いて結構にぎわっています。
と言っても混雑するという程ではありません。
ここでも富士山とバイクのツーショットです。
f0119755_17250806.jpg

















いつ来ても雄大な景色は見飽きません。
以前走った南アルプスの雪を頂いた姿も遠望できます。
f0119755_17420071.jpg







しばし見とれてから下山。
次の林道に向かいます。
ここからも終始富士の雄姿を見ることができます。

画面中央下の方に小さくバブさんが写っています。
f0119755_17250974.jpg





























年賀用の写真を撮りまくった後、もう少し高いところまで登る道に向かいます。

ここは赤土の斜面で、先日の大雨や台風の影響を受け、
雨水が流れた深い溝が出来ていました。
溝にはまってしまうと抜け出すのは一仕事です。
その一仕事中のバブさん。
f0119755_17450055.jpg





























一度下ってから体勢を立て直して、
二台とも無事に登り切りました。
f0119755_17450157.jpg

















登り切って休憩していると、
先ほど大平山で一緒だったOFF車が登ってきます。
すると、途中でエンジン音だけ鳴り響いていて、
一向に上がってきません。
こちらも一仕事の最中のようです。
バイアルスやイーハトーブなら向きを変えるのも何とかなりますが、
きっとOFF車は一仕事では済まないのでしょうか、
しばらくするとエンジン音は坂を下って帰って行きました。

私たちもお疲れモードになったので、ここで引き返します。
f0119755_17450160.jpg

















街に下りて、吉田うどんをいただいて、道志の道の駅でお土産を買って、
大した混雑も無く、夕方4時過ぎに帰ってきました。

冬場のトランポツーリングは快適です。
これからもちょくちょく出かけましょう!

# by s-fulllife | 2017-11-26 18:07 | 林道ツーリング | Comments(2)
HONDAの旧車、TL125を愛好するメンバーが地元相模原に集結しました。
ミーティングとしては2年ぶりの開催です。
と、実際はそれほど大げさなことではなく、
TL好きのオヤジ達(含レディー)が集まってダベリングを繰り広げて、
ワイワイと楽しい時間を過ごしたと言う事です。
f0119755_17105633.jpg

















f0119755_17105650.jpg

















当ブログではおなじみのバブさんが音頭をとって、
以前にも集まったことのある、清流の里に自慢の愛機を駆って皆さんが集結します。
詳しくは愉快な仲間の掲示板をご覧ください。
河川敷でダベリングのあと、隣接するレストランで会食。
一応解散となりましたが、帰り道に有志の皆さんを相模原の観光スポットになりつつある、
レトロ自販機にご案内しました。
f0119755_17113671.jpg

















うどん、そば、の自販機はたまに紹介されますが、
こちらは30台前後設置されていて、
ほとんど見たことが無いようなものもあります。
f0119755_17105738.jpg

















f0119755_17105719.jpg

















今でも1Lのビンコーラが売っています。
f0119755_17105717.jpg





























レトロ自販機経由を熱望していたyoshida914さんは、
懐かしい味のチーズバーガーを美味しそうにほおばっていました。
f0119755_17105734.jpg

















TL関東に籍を置いて、はや10年以上。
皆さんまだまだ元気です。
私も負けていられません。もっともっと、いじって、乗って、楽しむぞ~!!!

# by s-fulllife | 2017-11-13 17:24 | TL関東 | Comments(6)
本日は早朝から星を眺めて露天風呂につかり、身支度を整えて午前6時半に出発しました。
f0119755_10371378.jpg
朝のR20は快適で、予定よりも早く集合場所の道の駅に到着。
トイレなどを済ませてメンバーの到着を待ちます。
8時には全員そろって出発しました。
お山に入る前に、ガソリン補給と昼食の買い出しを済ませておきます。
f0119755_10372576.jpg
昨日に引き続き本日も快晴で、林道へ続く道は色とりどりの木々に飾られています。
f0119755_10372690.jpg
林道に入るとさらに鮮やかで、ついついキョロキョロとよそ見をしてしまいがちになります。
f0119755_10372603.jpg
高度を増して、眼下に街並みやその向こうに八ヶ岳が見えるスポットでしばし休憩。
各々絶景をカメラに収めました。
f0119755_10422320.jpg
その後さらに標高が上がると、木々の葉も落ち、晩秋から初冬の気配も漂ってきます。
f0119755_10422328.jpg
f0119755_10422390.jpg
峠を越えて山の反対側に出て、ここから天空の池の絶景を目指します。
林道を抜けて舗装路に出ますが、それでも周りの山々は燃えるような紅葉です。
最近これほどの紅葉を堪能した記憶がありません。
ところが、お目当ての天空の池は、そこへ至る道が工事中で通行止めです。
そこから徒歩だと1時間ほど。
バイクツーリングのフル装備で歩く気力もなく、あきらめることになりました。残念!

手前の以前は牧草地だったところでお昼にします。
そこでも十分に絶景でした。
f0119755_10422408.jpg
f0119755_10371460.jpg
何でもないコンビニのおにぎりが最高のごちそうに感じられました。
お昼を済ませて、この後の予定を考えていると、
地元のCRF250ラリーに乗るライダーが現れました。
同じく天空の池を目指していたそうですが、行けないと分かると、
私たちを違う絶景スポットに案内してくれると言っていただきました。
さすが地元ライダー、国道に出るまではどこをどう走ったのか?

そして到着したのが陣馬形山。
頂上からは360度の大パノラマを楽しむことが出来ました。
CRFのMさん、その節は大変お世話になりました。感謝!!
f0119755_10422404.jpg
f0119755_10422485.jpg
f0119755_10422558.jpg
陣馬形山でMさんと別れて、その後はナビを頼りにスタート地点の道の駅を目指します。
しかし協議の結果もう一本、以前バブさんと走った林道、ではなく市道を経由することにします。
R152に出て、桜で有名な高遠城址の脇を抜けて、市道の入り口に差し掛かるころには陽も傾いてきました。
ここはほとんど一本道ですので、思い思いに走ります。
f0119755_10422540.jpg
入笠山まで抜けるころには薄暗くなっていました。
R20を南下して道の駅に着くころには辺りは真っ暗になっていました。

しかし二日間よく走りました。
そして二日間とも快晴で、
二日間とも絶景を堪能できました。

# by s-fulllife | 2017-11-06 11:17 | 林道ツーリング | Comments(4)
晩秋の山梨と長野に、林道ツーリングに行ってきました。
いつものバブさんと、今回はトランポにバイクを積み込んで出発します。

初日は山梨県の塩山方面を走ります。
道の駅にトランポを止めて、少し早めのお昼ご飯をいただきます。
早速バイクを下して、R140を北上します。
左に折れて、細い舗装路を上って行くと、
綺麗に紅葉した山の斜面が見えてきます。
立ち止まって写真を一枚。
f0119755_14100410.jpg

















本日のお供は、PAMPUTA4です。
ナンバーをとって、近所を試乗しましたが、
本格的にツーリングするのは初めてです。
じっくり乗り込んで熟成させていくつもりです。

走り出してすぐに、後に大きく富士山のシルエットが見えていることに気が付きました。
慌ててもう一枚。
f0119755_14100465.jpg

















山々の間、甲府盆地に薄く靄がかかっていて、何とも幻想的です。

少し上ると景色は大きく開けて、牧場のような大きな斜面に出ます。
丁度、重機が入って工事中でしたが、何ができるのでしょうか?
f0119755_14100446.jpg

















道はダート路面に変わって、高度を上げて行きます。

f0119755_14100573.jpg





























先ほど走っていた国道の北に湖があるのですが、
そこまで抜けているのかと思ったとき、
無情にも頑強なゲートが行く手を塞いでいました。残念!
仕方なく、来た道を引き返しましたが、
最高のお天気と、最高の景色でしたので、
それもアリかな?と思ってしまいました。
f0119755_14100502.jpg





























良いお天気に誘われたのか、今回は野生の鹿をたくさん見ました。
運よく画像に残せたものもありましたが、
立派な角を持った牡鹿をカメラに収めることが出来なかったのが悔やまれます。
f0119755_14100622.jpg





























f0119755_14225012.jpg

















f0119755_14225215.jpg

















スタートがゆっくりだったので、陽も傾いてきましたが、
今度は反対側のお山も探索します。
f0119755_14225019.jpg





























f0119755_14225018.jpg

















反対側は対照的に、見晴らしが効かない鬱蒼とした荒れた林道でした。
言ってみれば、いつものホームグラウンドのようです。(^^;
f0119755_14225118.jpg





























f0119755_14225111.jpg

















何本かの林道や枝道を探索しましたが、行き止まりばかりで戻ることになります。
f0119755_14225130.jpg

















f0119755_14225192.jpg





























本格的に陽が暮れて、寒くなってきたのでトランポに退散します。
今夜は健康ランドに宿泊して、明日はランモモさんたちと合流。
長野のお山を走り回る予定です。

トランポへの帰り道、画像修正などしていませんが、
夕日に紅葉が映えてとってもきれいでした。
f0119755_14312198.jpg





























翌日の模様はまた近日中にアップいたします。

# by s-fulllife | 2017-11-04 14:37 | 林道ツーリング | Comments(4)
昨日イーハトーブの試乗で、台風の痕跡を目の当たりにして、
いつもの練習場所はどうなっているのか?
気になって見てきました。もちろん危険なことはNGです。

パンプータ3号を嫁に出して、4号を登録しましたので、
こちらの公道走行の調子も見てみたいという目的もありました。
f0119755_10520602.jpg





























f0119755_10520566.jpg

















f0119755_10520635.jpg

















これからは、4号が探索のメインバイクになる予定です。

早速、K沢に行ってみます。
フロントスプロケットを14Tに交換した4号は、公道走行でも快適です。
お山探索は13Tで、トライアルは12Tで、それぞれ使い分けるつもりです。

K沢では、入り口にトライアルバイクを積んだトランポが止まっていました。
どうやら状態を見て引き返すところのようです。
練習場に到着すると、水はほとんど引いていましたが、
全面どろどろのぬかるみ状態で、練習するには相当の覚悟が必要な状況でした。
f0119755_10520640.jpg

















f0119755_10520680.jpg

















本当はチョット走ってみようかとも思っていたのですが、
これでハマってしまったらどうにもなりませんので、パスして下流に向かいます。
練習場の入り口にある小さな滝では、大きな岩が崩れていました。
f0119755_10520718.jpg

















一旦舗装路に戻って、最近ツインショックの練習や大会がある猿ヶ島方面に向かいます。
途中、橋桁に落書きのある河川敷だった場所は泥流に飲み込まれています。
f0119755_10520740.jpg

















猿ヶ島では、少し上流に堰堤があるので、比較的いつもに近い風景ですが、
やはり水かさは多く、奥の方までは確認できませんでした。
f0119755_11044469.jpg





























f0119755_11044411.jpg

















座架依橋を渡って、反対側からも様子を伺います。
すると、あり得ないような濁流が渦巻いていました。
f0119755_11021673.jpg

















何だかドキュメンタリー映画の、ワンシーンのような迫力です。
私の住居はここから20分ほど、大きな坂を二つほど登った高い場所にありますので、
水害にはほとんど縁がないのですが、改めて自然の怖さを思い知りました。

この記事を書いている今、今週末も雨の予報になりました。
ここのところ鬱憤がたまる週末ばかりですね~
f0119755_11021662.jpg



















# by s-fulllife | 2017-10-25 11:19 | TL再生 | Comments(4)
ここ二週間ほど、毎日のように雨が降ってバイクに乗れない日々が続きました。
久しぶりに晴れて、試してみたいこともあったので、台風一過のご近所を散策してきました。

まずは、自宅から20分ほどのお楽しみスポットへ。
ゲストさんのブログや、相模原市の特集本にあったレトロ自販機コナーへ行ってみました。
f0119755_10372370.jpg

















いつも猿ヶ島の練習場へ向かう途中に通り過ぎていた処です。
平日にもかかわらず、自販機目当てで数人が訪れていました。
f0119755_10372416.jpg

















f0119755_10372498.jpg





























f0119755_10372552.jpg





























当然、見学だけではなく実食してきました。
f0119755_10372511.jpg

















待ち時間はネオン管で表示されています。
待つこと20秒。
f0119755_10401941.jpg

















天ぷらうどん、300円也。
若かりし頃、まだまだコンビニなどは無く、
冬のツーリングではこの暖かさがありがたかったことを思い出します。

この自販機、中古のホイール、タイヤ販売店に設置されていますが、
人気店で、休日などは待ち時間が長く、待っているお客さんのためと、
従業員のために社長さんが設置したと言う事です。
破損した部品はもう生産が終了しているために、
社長さん自ら自作整備しているそうです。
バイクや車の旧車と同じ感覚なんでしょうか?
お会いしたこともありませんが、何だか一方的に親近感を覚えます。

その後相模川をさかのぼりますが、台風とそれ以前の長雨で、
いつもの穏やかな風景が想像できないほどの濁流です。
f0119755_10401961.jpg

















きっと練習スペースの地形も大幅に変わってしまっていることでしょう。

次に、小さな峠に向かいます。
途中、道路わきの側溝から水があふれ出しています。
f0119755_10401976.jpg





























林道の入り口に至っては、ほとんど川です。
f0119755_10402000.jpg





























峠近辺では、リニア新幹線の工事で出た土砂の埋め立て工事をしていたのですが、
林道がこの状態ですので、工事関係者が徒歩で見に来ていました。
林道出口はもっと荒れていて、普通車で走るのは危険な状態でした。
f0119755_10402089.jpg





























峠を越えて下りでも、いつもは普通の斜面ですが、
水がすごい勢いで流れています。
今回の雨量の多さを物語っています。
f0119755_10402003.jpg

















峠を下りきって、宮ケ瀬湖の北側道路に入ると、作業中で通行止めになっていました。
f0119755_10560976.jpg

















あの雨では仕方がありません。
反対側から回り込むと、TLミーティングをしたこともあるパーキングから先は通行止めでした。
f0119755_10561053.jpg

















途中のヤビツ峠方面も通行止めです。
ほとんど想定内でしたので、確認だけして帰りました。
f0119755_10561039.jpg

















さてさて、試してみたかったことですが、
一つはギア比です。

SPシリンダーが組んでありますので、
ノーマルの58T×15Tでは全くもって低すぎます。
フロントを17Tまで上げてみましたが、まだローが使えない状態でした。
そこで、リアにCB125JX用の47Tを入れてみました。
ひとまずフロントは17Tのままにしたのですが、
やっぱり16Tの方が良さそうです。
さぞ燃費が良くなっただろうと思っていましたが、
結果は30Km/Lでした。
燃費を気にして走ったわけではありませんが、チョット悪すぎます。
キャブやらエンジンやら、もうチョット改善の余地ありですね。

そしてもう一つ試してみたかったことは電装です。
イーハトーブの発電能力は、
同じ6VのTLR200やJD06と比べても弱いです。
イーハを12V化するときに、簡単な方法はスクーター用の半波整流レギュレーターを使います。
これは一緒にヘッドライトの電圧も抑えてくれるので良いのですが、
よくパンクしていて使い物にならないものがります。
今回私の手持ちも2個ともパンクしていて、仕方がないので全波整流方式にしました。
しかし、中華製の全波整流気も不良で使えず、前にブログ友のワタヤンからいただいた物を使いました。
これはしっかりと作動していて、スクーター用よりも効率よく整流してくれます。

以前、半波整流でナビを使ったら、充電量が足りずにバッテリーが上がってしまったことがあります。
全波整流ではどうか?というのが試してみたいことでした。
出かける前は13,4Vでした。
f0119755_10372353.jpg





























最近使っているリチウムイオンバッテリーには、
電圧計が付いています。便利~!

ご近所を走り回って、70Kmほどナビを使いながら走行した後の電圧は?
f0119755_10561022.jpg





























なんと、13,9Vです。
走行直後なのでまだ電圧が高い状態ですが、
しばらく置いて計ってみても13,4Vで、走行前と変わっていません。
これは十分に使えそうです。

燃費に関しては・・・・?
やっぱりダイエットが一番でしょうか?(哀)

# by s-fulllife | 2017-10-24 11:34 | TL再生 | Comments(8)
秋の長雨なんでしょうか、ここのところ雨ばかりです。
大したネタも無いので、小ネタを記事にしてみました。

永い眠りから覚めたTL22号イーハトーブ。
もともとの程度が良かったのと、ツボを得た改造が施してあって、
苦労したのはタンクの錆取くらいでした。
ですが、ナンバー登録して試走してみると少し気になる事が出てきます。

ハンドルの高さがちょっと低く、ゆったりとしたポジションとは言えません。
そこで、ロードバイクの旧車用アップハンドルを付けてみました。
ロード用なので少し絞ってありますが、それほど気にならず、
むしろアップしたことで、ゆったりトコトコ走るのにはもってこいです。
f0119755_14114652.jpg

















f0119755_14114437.jpg

















それから、ヘルメットホルダーが欠品していたのですが、
以前レアパーツに釣られて購入して、
パーツをはぎ取った後、直して売ったイーハトーブに、
メーカー純正オプションのハンドルクランプに付けるヘルメットホルダーが付いていました。
売った後に取っておけばよかったと後悔したのですが、
同じものがヤフオクに出品されています。
高いもので1万円近い値がついています。(驚)
ダメもとでパーツ注文してみたら、まだ新品がありました。(驚Ⅱ)
メーターを付けて、イグニッションキーを移設、ヘルメットホルダーも取り付けて、
メーター周りはこんな感じ。シンプルで良いです。
f0119755_14114820.jpg

















スタンド接地面を拡大加工して、ステップは前方にワイド化、
プラグの焼け具合も良い感じです。
f0119755_14193807.jpg

















f0119755_14250330.jpg

















f0119755_14192102.jpg





























以前に所有していたイーハトーブは足が長く、もうチョットOFF車に近いイメージだったのですが、
このイーハは正に原付二種のサイズ感で、チョイ乗りにぴったりです。
街乗りやショートツーリング、トレッキングなどに活躍してくれそうです。

最後に、雨ばかりでネットを眺めながら、
こんなものも買っちゃいました。
f0119755_14250368.jpg

















真っ白でのっぺりしたようなイメージがしたので、チョットしたアクセントです。

# by s-fulllife | 2017-10-22 14:35 | TL再生 | Comments(5)

by ぷーたとうさん