ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

23号が出来上がったばかりですが、24号がやってきました。
片道3時間、下道を延々と走って引き上げてきました。
これをどんな感じに仕上げようか?
秋の夜長に、またまた楽しみが増えました!
f0119755_12314165.jpg

















f0119755_12314154.jpg

















f0119755_12314124.jpg

















f0119755_12314127.jpg



















# by s-fulllife | 2018-10-27 12:33 | TL再生 | Comments(10)
このところハッキリしないお天気が続いていましたが、
正に快晴、雲一つない秋晴れの下、富士山をぐるッと一周ツーリングに行ってきました。
本日のメンバーは、先日ご一緒したXL250RパリダカのIさん、コロッケさん、バブさん、
そして私の計4人のオヤジ達です。

Iさんとバブさんには、地理的に近い私のウチまで来てもらって、
R246のコンビニでコロッケっさんと待ち合わせて、
あまりの好天に、富士山スカイラインを通って田貫湖に向かいます。
f0119755_15474577.jpg

















f0119755_15474566.jpg

















良い天気なのですが、さすがに標高が高いと寒くなってきます。
この時点で気温12度でした。(寒!)
富士宮に下りてくると気温も上がって、絶好のツーリング日和です。
白糸の滝近くの撮影ポイントで一枚。
f0119755_15474526.jpg

















皆さん、富士山と愛車の撮影に余念がありません。

愛車と言えば、本日のバブさんの愛車は2017年式のセロー250です。
いつも怪しいバイクで登場していたバブさんが、(笑)
何を血迷ったのか、インジェクションの最新モデルに乗ってきました。(驚)
何ともケシカランというか、羨ましいというか。

さて妬みひがみはこのくらいにしておいて、
やっぱりここまで来てもダートを走ります。
以前ソロで来て、時間の都合で全部回り切れなかった林道を探索します。
f0119755_15474550.jpg





























爽やかな林道を走っていると、やっぱり台風の影響でしょうか、
所々に小さな崩落があります。
通行できないレベルではありませんが、調子に乗って走っているとこんな場所もあります。
f0119755_15474508.jpg

















f0119755_15474505.jpg

















f0119755_15474666.jpg

















ここは難なく全員クリア。
しばらく進むと地元の速いライダーが追い抜いて行きます。
そのすぐ先で道は倒木で終わっていました。
地元のライダー曰く、ここからは登山道だそうです。
f0119755_16034229.jpg

















来た道を引き返して、林道入り口近くの少し開けた場所で一休み。
f0119755_16034293.jpg

















本日はどこからでも富士山の雄大な姿が見られます。
これだけスッキリと晴れた富士山は久しぶりです。

行き止まりだった林道の反対側の林道にも入りましたが、
ここはメインの道に上がる直前が、台風の影響でガレガレです。
さらに最後はかなり傾斜もきついのでパスすることにします。
その後舗装路に出る前にハンググライダーの着陸ポイントがありました。
f0119755_16034276.jpg

















空気が澄んでいて遠くまで見渡すことができます。
この後、前回もお邪魔した丸久食堂さんで、またまたホルモン定食をいただきました。
f0119755_16034258.jpg

















このお店からも真正面に富士山を見渡せます。
f0119755_16034298.jpg

















食事の後、コロッケさんは来た道を戻るように自宅を目指します。
私たちは河口湖、山中湖経由で通行止めの道志みちで帰ります。
道志みちは通行止めですが、迂回路があるので、
大混雑のR20やR246よりも良いだろうという結論でした。
ところが、みんな結構入ってきます。
バイクはともかく、四輪車もいっぱいです。
迂回路は大型車通行不可ですので、ここでR20に向かう一団と別れます。
片側交互通行などもあり、いつもより時間はかかりますが、
それでも国道を行く気にはなれません。
道志みち、年内の規制解除は難しいかもしれないそうです。

今回の爽やかツーリング、
手直ししたシートレールもリアボックスも、
問題なく走破することが出来ました。これにて完成かな?

総走行距離 252Km  平均燃費 35Km/L でした。

# by s-fulllife | 2018-10-22 16:28 | 林道ツーリング | Comments(10)
先日のツーリングでリアボックスを落としてしまって、
フレームの補強とボックスの固定を再考することにします。

f0119755_13493510.jpg

















乗り降りの邪魔にならないようにかなり後ろ目にセットしましたが、
重い工具などを載せるとシートレールがたわんでしまって、
ボックスが上下に激しく動いてしまいます。
そしてその動きにロック機構が負けてボックスが落下してしまった訳です。

対策としては工具などの重いものはボックス前のスペースにくくり付けて、ボックス内に入れない。
シートレールの補強、ボックスが簡単に外れないようにロックの補助、
そんな所でしょうか?

重いものを入れないのはすぐに出来ます。
次にシートレールの補強をします。
リアサスの取り付け位置から鋼材を溶接して補強します。
あまり重い鋼材では本末転倒になってしまうので、
強度と重さのバランスを考えて20mm幅の鋼材をチョイスしました。
f0119755_13571689.jpg





























f0119755_13571653.jpg

















リアサス取り付け位置の下側から、延長したシートレールの先まで鋼材で補強しました。
反対側はサイレンサー取り付け用のダボがあるのでそれを利用してネジ止めと溶接を併用しました。
黒く塗ってヘルメットホルダーを移設、
これで強度は格段に上がったと思われます。
f0119755_14015453.jpg

















f0119755_14015486.jpg

















f0119755_14015420.jpg

















f0119755_14015586.jpg

















そして、ボックス内の荷物が踊らないために固定ベルトを取り付けたときのボルトを長いものに交換。
その先にアルミプレートを取り付けてナイロンベルトで固定しました。
f0119755_14015962.jpg





























それから、落下の際に付いたガリ傷を修正します。
f0119755_18051590.jpg

















サンドペーパーで表面を均して、ヒートガンで炙ります。
表面を軽く溶かして目立たないようにして完成です。
f0119755_14015929.jpg

















大陸製の安物でしたが、林道での落下でも割れは無く、
強度については優秀でした。

さて、これでトラブルは出尽くしたのでしょうか?
今週末もツーリングに行って、検証を続けま~す!

# by s-fulllife | 2018-10-19 14:17 | TL再生 | Comments(4)
平日にお休みできる人限定で、秩父御岳山林道に行ってきました。(予定)
f0119755_18051503.jpg

















待ち合わせ場所のコンビニに、おなじみのバブさんと、
お初のXL250パリダカIさん、ランモモさんが集まって、
私を含めた4人のオヤジで秩父御岳山林道を目指します。
R299に出るまではIさん先導で、いろいろな道をくねくねと抜けて行きます。
私は相変わらず付いて行くだけの楽チンツーリングです。

ガス給油と昼ご飯を買いだして、御岳山林道に突入します。
f0119755_18051545.jpg

















路面はフラット、台風の影響でしょうか、
細かい枝や落ち葉が多く多少スリッピーです。
調子に乗って走っていると、何だかリアボックスが不穏な動きをしています。
大きめのギャップを越えたとたんにロックが外れてボックス丸ごと落としてしまいました。(悲)
f0119755_18051590.jpg

















ランモモさんとIさんからゴムヒモを借りて落ちないように固定します。
乗り降りの邪魔にならないように、ボックスもそれを乗せるキャリアも、
かなり後ろ側にセットしたのが失敗でした。
かなり重めの工具を入れたためシートレールがたわんで上下に大きく揺れていました。
帰ったらフレームの補強が必要です。
今日一日、荷物を気にしながら極力ギャップを避けて走るツーリングになりそうです。(^^;

もうすぐ出口というところで、突然大きな崩落があって通行できません。
f0119755_18051574.jpg





























仕方なく引き返します。

f0119755_18051550.jpg

















小細工で延長したマッドガードは役に立ってくれています。
泥は上まで跳ねてきません。
f0119755_18051560.jpg

















消化不良のオヤジ達は、御荷鉾林道を目指すことにしました。
お山の中を走り抜けて御荷鉾山林道の東入り口に到着。
ここでお昼にします。
それにしても寒い!冷たいコンビニのおにぎりを食べながら、
Iさん持参のプリムスでお湯を沸かしてコーヒーをいただきました。
この後、大汗をかくことも知らないで!

お昼の後しばらくフラットな御荷鉾林道を走ります。
f0119755_18440351.jpg

















f0119755_18440494.jpg

















先頭を行くランモモさんがスローダウン。
下に伸びる枝道に入って行きます。
以前、下から上がってきたことがあるそうです。

しかし、その時とは打って変わって路面は荒れています。
こぶし大の尖った石と、イノシシがほじくったのでしょうか、
土は耕されて水分を含んでいて滑ります。
台風の影響で倒木も多く、「聞いてないよ~!」といった感じでした。
f0119755_18440407.jpg

















ミラー越しにうっすらと笑ったバブさんの顔が見えます。
他人の不幸は蜜の味?
f0119755_18440487.jpg





























f0119755_18440461.jpg

















ランモモさんは先頭で障害物を取り除いて、道を切り開いてくれています。
f0119755_18440423.jpg

















そして、疲れもピークに差し掛かるころ・・・・・
f0119755_18440535.jpg

















f0119755_18440516.jpg

















悪夢の(でもちょっと楽しい)林道区間を抜けて、
舗装路に出たときには、すでに夕闇が迫って来ていて、
雲間に見える遠くの山も霞んでいました。
f0119755_18440503.jpg

















その後、来た道を引き返すようにお山をいくつも越えて、
秩父からはR299で帰りました。
ご参加の皆さん、お疲れ様でした。
また次回、爽やかな林道でお会いいたしましょう!

# by s-fulllife | 2018-10-17 19:04 | 林道ツーリング | Comments(8)
燃費も良く乗り味も上々なTL23号スクランブラーですが、
少し気になったところを手直し&小細工します。

先ずはLEDテールランプ、丸型で光量も充分、気に入っているのですが、
尾灯とブレーキの明減が少し少なく、特に日中直射日光が当たっていると、
角度によってはブレーキランプが確認しづらい感じがします。
f0119755_11122788.jpg





























f0119755_11124139.jpg





























画像で見ると差はハッキリ分かります。
でも実際は条件によって少々見えづらいこともありますので、
安全第一、工夫してみようと思います。

電球タイプのLEDでは良くあることですが、
基盤で作り込まれたものはちゃんと差が出るようになっているものがほとんどです。
一番簡単なのはユニットごと交換してしまう事ですが、
それでは今後このテールランプは使えなくなってしまいます。
そこで、尾灯の配線に抵抗を入れることを考えました。
そうすれば尾灯が暗くなるので、結果としてブレーキが目立つことになります。
ただし、尾灯が暗すぎても危険なので、良い塩梅を見極める必要があります。
f0119755_11124245.jpg

















Amazonで注文すると翌日には届きました。
これだけあっても500円ほどです。(安)
以前購入した560Ωの物では尾灯が暗くなりすぎたため、
100Ωの物を買ってみました。
早速試してみましたが、100Ωではあまり変わりません。
直列に繋いで200Ωにしてみると、ちょうど良い感じです。
一応尾灯は常に点きっぱなしなので、大事をとって並列に2セット並べて結線します。
f0119755_11124231.jpg

















f0119755_11124103.jpg





























f0119755_11124169.jpg





























これで尾灯とブレーキの差は明らかです。
この方法を使えば、電球タイプのLEDにも明減の差を付けられそうです。
ただし、種類によっては電圧が下がりすぎて尾灯が点かなくなってしまうこともありますので、
抵抗値の選定はしっかりと行ってくださいね。

そして、テールボックス内で荷物が踊ってしまうのを防ぐため、
100均のクッションと旅行カバン用のベルトを使って荷物を固定できるようにしました。
それでも林道に行けば暴れてしまうかもしれませんが、無いよりは良いでしょう。
f0119755_11124205.jpg

















それから、そのテールボックスへの泥はねがあります。
スイングアーム延長したので、相対的にリアフェンダーが少し短めなのが原因です。
マッドガードを付けたのですがそれでも足りないので、
これも100均の薄いまな板で延長しました。
両面テープで張り付けただけですので、強度は少し心配です。
f0119755_11124258.jpg

















以前、CL400に付けていた革のケースも取り付けます。
あまり重いものは入れられないので、ファーストエイドセットを入れておきます。
f0119755_11124230.jpg

















最後にチェーンテンショナーですが、
TLRのノーマルはほとんど経年劣化でスライダーはボロボロです。
フリクションロスを考えて今まではベアリング入りのローラータイプに交換していました。
確かにトライアルや林道では良いのですが、ツーリングのスピードではシャーシャーとうるさく聞こえます。
小さなローラーなので結果、高速回転になってしまうからです。
では、ノーマルのスライダーだとどうなのでしょうか?
ヤフオクなどで1000円前後で出品されていますが、
純正部品として注文すると、まだ在庫はあるそうです。
早速取り付けてみました。
f0119755_11124223.jpg

















すると、あれだけうるさかった走行音はほとんど聞こえなくなって、
ジェントルなツーリングバイクになってくれました。

いや~、さすが純正部品です。参りました。

# by s-fulllife | 2018-10-15 11:58 | TL再生 | Comments(6)
10月に入ってからは、台風やら娘の体育祭やらで、
なかなか出掛ける機会がありませんでした。
そろそろ出掛けたい病の発作が起きそうな時に、
おなじみバブさんに連絡を入れると、
あちらでも連絡しようとしていたところだったそうです。
まぁ、同じタイミングでお山が恋しくなるんですね~

行き先は奥多摩。
一か月ぶりにイーハトーブを引っ張り出してきました。

天気予報は晴れて絶好のお出かけ日和のはずだったのですが、
雲行きは怪しく、奥多摩ではかなりしっかりとした雨になりました。
しかも気温は低く、たまらずにコンビニでビニールカッパを買ってしまいました。(哀)

奥多摩湖からの放流もすごい勢いです。
f0119755_10112501.jpg

















湖畔にて、低く垂れこめた雲と湖面を望みながら一枚。
f0119755_10112519.jpg

















イーハトーブは相変わらず絶好調です。

奥多摩街道を登って行って、以前ランモモさんに連れてきてもらった、
防火帯に入れる林道に行ってみましたが、
厳重なゲートとサイドはフェンスと網で覆われていて通行止めです。(悲)
f0119755_10112642.jpg

















仕方がないので引き返して、一ノ瀬高原方面の林道に行ってみます。

本日最初のダートです。
f0119755_10112629.jpg

















チョット枝道探索なども楽しみます。
f0119755_10112695.jpg

















お目当ての林道入り口に着くと、
やっぱりここもご多分に漏れず通行止めです。
f0119755_10112671.jpg

















またまた引き返して、枝道を探索しましたが、
道が無くなったり、木道や明らかな登山道にぶつかってしまって行き止まりでした。
f0119755_10211082.jpg

















f0119755_10211093.jpg





























f0119755_10211026.jpg

















おまけにバブさん号のサイドカバーを止めていたネジが抜け落ちてしまって、
路上修理が始まって、何だかいつものペースになっています。
という私も後になってキャリアのボルトが無くなっていて、
気がつかなければリアボックスを振り落とすところでした。(汗)

引き返して(何度目?)一ノ瀬林道に向かいます。
ここは規制なし。ただし舗装林道です。(^^;

その前に、一番初めに行った通行止めの林道の反対側も一応調べてみました。
f0119755_10211035.jpg

















やっぱり・・・・・しっかりと封鎖されています。

そして一ノ瀬林道。
f0119755_10280822.jpg

















一応簡易ゲートはありますが、開いた状態で通行規制はありません。
途中には展望スペースなどもあって、ここでコンビニのおにぎりにパクつきました。
f0119755_10280845.jpg

















このころには雨も上がって、雲の隙間から青空も少しだけ見えだしました。
でもカラッと晴れる事は無く、終始こんなお天気の一日でした。

舗装林道でしたが、緑と紅葉が始まっている山々の景色はなかなかです。
台風後の増水で所々に名もない滝があって気持ち良く走れます。
f0119755_10280983.jpg





























f0119755_10280953.jpg





























林道脇の登山道の入り口にはこんな標識もありました。
車やバイクはともかく、自転車を名指しの標識は初めて見ました。
f0119755_10280934.jpg

















そしてちょっと手前では、砂利を敷いた一見車道のような立派な道に、
鎖のゲートとこんな標識があります。
f0119755_10211161.jpg

















山の中に砂利を敷いた道を通しただけで環境破壊だと思うのですが。
そしてその通した道の上を走ることは森林荒廃になるのでしょうか?
こんなことを書くと炎上するかもしれませんが、
あくまでも個人の考えであり、感想ですので聞き流してください。

さてさて、そして本日最後の林道に向かいます。
が、しかし、ここもやっぱり通行止めでした。
f0119755_10440261.jpg





























f0119755_10280966.jpg





























f0119755_10440286.jpg

















f0119755_10280912.jpg





























バブさんとも話したのですが、
立派な林道名が入った看板や通行に関する注意事項の標識を設置して、
「皆さ~ん、ここが林道後山線の入り口で~す。でも入っちゃダメ!」
みたいなやり方ってどうなんでしょう。
あまりにも通行止めばかりで、ちょっと愚痴を言ってみたくなっちゃいました。

う~ん、これからは遠征しないと楽しく走れないのでしょうかね~

帰り道、暗くなってくると12VのLEDヘッドライトは威力を発揮します。
対してバブさん号はノーマルの弱弱しい明かり。
どうやらバブさんも12V化に踏み切るようです。
コンビニで休憩がてら、12V化の講習会が始まりました。
さてさてこの顛末はどうなる事やら。

結末は・・・・
本日の走行距離 230Km  平均燃費 驚きの 40Km/L でした。

# by s-fulllife | 2018-10-09 11:10 | 林道ツーリング | Comments(10)
今週末は、またまた台風が襲ってくるようです。
それでなくともこのところ、秋雨前線が居座っていて雨模様になりがちです。
そんな中、貴重な晴れ予報が出ている金曜日に、
富士山をグルッと一周するツーリングに出かけてきました。

前回からの変更点は、サイドカバーを付けたことと、リアのトップケースを付けたこと。
そして、ぱっと見は解りませんが、シートの素材を変更しました。
f0119755_18220499.jpg

















前回のツーリングでは、400Kmという長距離ではありましたが、
お尻の痛さはかなり堪えました。
そこで、シートのウレタンを少しそぎ落として、
低反発のスポンジを入れました。
成型して、表面には薄いスポンジを入れて凸凹を目立たなくして完成です。
f0119755_18271542.jpg

















サイドカバーのダボはアルミ棒材を削りだして製作、
本体はSRX用のアルミ製です。
f0119755_18271563.jpg

















さてこれで快適性は向上したのか?
それを検証するためのツーリングです。

秋の交通安全運動期間中ですので、いつもにも増して安全運転で道志みちを進みます。
道志の道の駅は平日にもかかわらず、そこそこの混雑ぶりですので、一気に山中湖まで走ります。
富士山は雲の中ですが、わずかに頭が出ていました。
f0119755_18220483.jpg

















本日は夕方に娘のお迎えがあるので、あまり寄り道はせずに目的地を目指します。
ですが、通り道で良い景色があれば写真を撮るくらいはOKです。
f0119755_18220456.jpg

















大室山西展望台からは、本栖湖が一望できます。
遠くの山々にも雲がかかって何ともいい感じです。
気温は22度ほどで、ウインドブレーカーを着て走ると丁度いいくらいの爽やかな気候です。

そして、本日のお目当てのひとつ、
丸久食堂さんのホルモン定食。
ネットで見て、いつか食べに行きたいと思っていたところです。
f0119755_18220586.jpg

















少し時間が早かったので、私が最初のお客さんだったようです。
昔ながらのほっとする雰囲気の食堂で、
注文するとそれほど待たずにボリュームたっぷりの料理が運ばれてきました。
f0119755_18220528.jpg

















ご飯はてんこ盛り、ホルモン炒めも皿からはみ出す一歩手前といった具合です。
味も思った通り、旨かった~!
これだけでお腹いっぱいになりました。大満足です。

食後に軽く腹ごなしをするつもりです。
次に立ち寄ったのはこちらから見れば、富士山の反対側にある人造湖の田貫湖。
湖畔にはキャンプ場があって、テントを張って楽しんでいる方々がいっぱいです。
f0119755_18220883.jpg

















キャンプも楽しそうですが、今回はそれが目的ではありません。
これもかねてから行ってみようと思っていた田貫湖周辺の林道探索です。
国土地理院の地図で見ると、縦横に林道が走っています。
ネットで検索すると、通行止めの林道が多いみたいですが、
走れるものも何本かあるそうです。
早速ナビを頼りに林道の入り口を探します。
f0119755_18220556.jpg

















割合すぐに見つかりました。
今回はナビの台座をゴムでラバーマウントにしたので、
林道を含む振動にも、一度もブラックアアウトすることなく道を教えてくれました。
しかし、相変わらず林間コースでは衛星を見失う事が良くあります。
まぁ、安物ですので多くを望んでも仕方がありません。(^^;

林道は基本的にフラットで、通り抜けられて、元の舗装路の何キロか先に出ます。
しかし、その周遊コース以外に、枝道がいっぱいあって、
ほとんどが行き止まりでピストン林道ですが、
全部走れば30Km以上のロングダートを楽しむことができます。
f0119755_18220545.jpg





























f0119755_18220513.jpg





























本線はフラットですが、支線は多少のガレがあります。
と言ってもノーマルタイヤの空気圧いっぱいで走れる程度ですので、
OFF系でしたら問題ないでしょう。
f0119755_18573465.jpg

















f0119755_18573534.jpg





























f0119755_18573587.jpg





























行き止まりでは、登山道にぶつかるものや、
完全に道が無くなっている所、少し開けた頂上のようなところなどがありました。
f0119755_18573575.jpg

















f0119755_18573430.jpg





























f0119755_18573579.jpg

















木々の隙間から見えるのは、おそらく駿河湾ではないでしょうか?
f0119755_18573508.jpg

















f0119755_19033569.jpg





























f0119755_19033697.jpg





























本日はスクランブラータイプのバイクで、時間にも限りがりますので、
片っ端から走ったわけではありません。
次の機会にはちゃんとしたOFF車で、隅々まで探索してみたいものです。

ここから富士山スカイラインを抜けて山中湖から道志みちで帰ります。
標高が上がってくると涼しいを通り越して、寒いくらいになってきます。
f0119755_19033663.jpg





























表示された気温は14度。午後二時半の気温です。
あまりの寒さに、水ヶ塚公園パーキングで一休み。
終始雲に隠れていた富士山も少しだけ顔を出しています。
f0119755_19033607.jpg

















さてこの後はロードツーリングです。
行きと同じく安全運転で帰路につきました。

本日の総走行距離265Km 
平均燃費 34Km/L でした。

ちなみに、改良したシートでしたが、
やっぱり300Kmくらいが良い処のようです。
本日も耐えられないほどではありませんが、しっかりと痛かったです。(^^;

# by s-fulllife | 2018-09-28 19:23 | 林道ツーリング | Comments(8)
ほぼ完成したTL23号をお伴に、
浅間山方面を目指して400km超のツーリングに出かけてきました。
ほぼ完成と書いたのは、結局サイドカバーは間に合わず、
リアのトップケースも届かなかったためです。
f0119755_12480707.jpg

















フロントのスクリーンは突貫工事で間に合いました。
スモークのつもりが、届いたのはクリアレンズ。
カーボン調のカッティングシートで目隠ししました。
隙間を埋めるために100均の下敷きで二重のスクリーンにして、
大誤算だったのは、メインのヘッドライトが思ったよりも暗かったことです。
長距離を走って帰りが遅くなり、暗い夜道を暗いライトで走るのは嫌なので、
XLのときでも実績があった補助のライトも付けました。
何だかごちゃごちゃしてしまった印象です。
f0119755_12590811.jpg





























いつもよりもかなり早めに川越のコンビニで待ち合わせをして、
国道を一気に北上します。
もちろんご一緒するのは、おなじみバブさんです。

時間が早かったのでそれほど混雑することも無く、
榛名山の脇をかすめるように浅間山を目指します。
f0119755_12463649.jpg





























嬬恋に抜ける県道の峠から浅間山を一望できるはずがあいにくの雲。
天気予報は秋晴れだったのですが、こればかりは致し方ありません。
f0119755_12463755.jpg

















浅間山の麓まで下りてきて、嬬恋パノラマラインを走ります。
途中、雲が取れてきてようやく浅間山が出て来てくれました。
f0119755_12480822.jpg

















パノラマラインから高度を上げて、高峰高原の車坂峠を目指します。
ここからこの日初めてのダート走行です。
f0119755_12480864.jpg

















道はフラットで走りやすいのですが、
長距離ツーリングのため、前後とも空気圧高目ですので、
グリップ感が薄いです。
おまけにスタビライザーが入っていない、延長もしたフロントがよれて、
どうにもフロントがうまく走ってくれません。
スクランブラー仕様のTL23号でしたが、やはり林道はフラットダートだけにしておいた方が良さそうです。
舗装路でバブさんにも乗ってもらいましたが、
ハンドルが重いと言っていました。
それは逆に安定していると言う事で、
ロードを走るとオンザレール感覚で走ることができます。
もしかしたら、こだわったはずのフロントタイヤ径はもうワンサイズ細くても良かったかもしれません。
まぁ、初めてのことですのでトライアンドエラーを重ねて完成度が増して行くと思います。

さてさてツーリングの続きです。

車坂峠はトレッキング客でにぎわっていました。
道端に路駐がいっぱいで、せっかくのお山の雰囲気もチョット興ざめです。
f0119755_12480883.jpg





























f0119755_13141926.jpg

















しかし景色はさすがに絶景でした。
小諸市内が一望できます。
ここは夜景も綺麗なようですので、機会があれば訪れてみたいものです。

さらに地蔵峠に抜ける尾根道の林道を走ります。
ここも気持ちのいいフラットダートで、景色を眺めながらポタポタ走るのがぴったりです。
f0119755_13141975.jpg





























f0119755_13141935.jpg





























f0119755_13141966.jpg

















地蔵峠から小諸に下りて牛丼店でお昼にします。
まだまだかなり距離がありますので、できるだけ時間をかけずに済ませます。

国道を走って佐久の林道に向かいます。
途中、秋の気配を感じさせるコスモスが見事な場所で一休み。
f0119755_13142000.jpg

















ガス給油の後、この先から本日最後の林道に入ります。

ここも基本フラットで走りやすいのですが眺望はあまり望めません。
全長17Kmほどの林道を堪能して南牧村に抜けます。

f0119755_13142004.jpg





























f0119755_13142072.jpg

















ここから秩父方面を抜けて帰るつもりでしたが、
バブさんのナビも私のナビも調子が悪く、
いつの間にやら富岡方面にいざなわれてしまっていました。
私のナビは、取り付け方法の問題かもしれませんが、
エンジン回転が上がって振動が増えると突然ブラックアウトしてしまいます。
帰ったらラバーマウントに改良しなければ。

諦めて混雑した国道をひたすら走ります。
夕飯をとんかつチェーン店で済ませて、もうすっかり暗くなった国道を走りました。
ようやく我が家に着いたのは夜の九時を回っていました。
朝5時から乗り始めて16時間、良く走りました。
さすがにお尻が痛くなりましたが、300Kmくらいまでならあまり疲れず乗れそうです。
何とかストリートスクランブラーと呼んでもいいレベルにはなったと思っています。

今回の総走行距離、441Km (林道30Kmほど)下道のみ、
神奈川、東京、埼玉、群馬、長野、一都四県を走り抜けたことになります。
そして平均燃費は驚きの 35Km/L でした。

# by s-fulllife | 2018-09-24 13:46 | 林道ツーリング | Comments(13)
アルミタンクの修正に時間がかかってしまいましたが、
昨日、仮のタンクを付けてエンジンが始動しました。
本日登録してきて、宮ケ瀬湖まで試走に行ってきました。
f0119755_21310739.jpg

















f0119755_21315057.jpg

















アンダーガードもサイドカバーもまだ未装着です。
メーターバイザーも無いので、プラの半透明の板で急遽カバーしました。
リアタイヤもミシュランコンペですので、履き替える予定です。
イーハトーブ用のスタビライザーを付けるつもりでしたが、
タイヤに干渉してしまって、取り付け不可能でした。
異径デュアルヘッドライトのはずでしたが、
ポジション球も入れると、異径トリプルになってしまいました。
f0119755_21312255.jpg

















当初の予定とは違ってきてしまった部分も多々ありますが、
試走の結果は上々で、軽く取り回しが良く、少々のダートも大丈夫。
あとは、長距離の具合を確かめてみるだけです。

試走してみて、ペダルやレバー類の位置や角度を使いやすいように変えて、
ハンドルはもう少し高くてもいいような気がします。
プラグの焼け具合は少し白いので、もうちょっと濃くしても良いかもしれません。
f0119755_21312263.jpg

















そして苦労したタンクは、やっぱり鋭角に凹んだところは完全に出てくれませんでした。
それ以外のところも、目立たなくはなりましたが、
よく見ればうっすらと凹んでいます。
まぁ、旧車ですので、ある程度は目をつむることにします。
色はバイアルスのグリーンにしようかと思いましたが、
チョット明るいグリーンになってしまいました。
f0119755_21312958.jpg

















f0119755_21312936.jpg

















そして、このタンクの容量は実際に給油して8Lでした。
燃費が27-8Km/Lほどですので、
200Km以上は走れる計算になります。
大体こんな所でしょう。

さて、この週末は、長距離ツーリングの検証をするために出かけてみるつもりです。
それまでに外装部品は揃うのでしょうか?

# by s-fulllife | 2018-09-19 21:59 | TL再生 | Comments(12)
23台目のTL、何だかTLと呼ぶのは憚られるような状態ですが、
アルミタンクの修正を続けています。
少しずつ、本当に少しずつ修正しています。
ところがアクシデントが起こりました。
修正器具が力負けして壊れてしまいました。

f0119755_09221454.jpg

















先端のプラ部分が伸びてしまって引き代が無くなってしまいました。
このまま使っても、ちぎれてしまうのは目に見えています。
ですので、この部分を自作します。
要は6mmネジの先に板状の引っ張り部分があれば良いだけですので、
強度を考えて鋼材を溶接しました。
f0119755_09222670.jpg

















これでバッチリ!
と思っていましたが、やっぱりバランスは大事なんですね~
今度は金属アタッチメントの強度に、本体が負けてしまいました。
f0119755_09222695.jpg

















手では引っ張れないくらいに強いテンションがかかったので、
ラチェットレンチで引っ張っていたら見事に折れました。
分厚いアルミダイキャスト材でしたが穴の位置で真っ二つです。(^^;

さてこうなると本体も自作するしかないようです。
これは簡単で、スイングアーム延長にも使った6mm厚の鋼材に穴をあけるだけです。
f0119755_09222660.jpg

















この方法が大正解で、今までなかなか上がってこなかった凹みが、
目に見えて分かるくらいに上がってきます。
緩やかな凹みは2∼3回でほとんど面一になります。
これで作業は一気に進みそうです。

そして、ホットボンドが固まるまでの間に別作業も進みます。

スイングアーム延長したことと、しっかりしたキャリアも付けたいので、
シートレールを延長します。
延長方法は今までいろいろ試しましたが、
鋼材のアングルを溶接することにしました。
このフレームは、もうあちこち弄ってあるので、
ノーマルに戻すことは考えないことにしました。
f0119755_09221496.jpg

















ここに、前にKATOタンクのイーハトーブを再生した時に使ったアルミフェンダーの残り半分を使います。
オークションれ落札してあった昔の50cc用のキャリアと、
おなじみのバッテリーの置き場所用にフェンダーを切り抜きます。
シートはいろいろ迷いましたが、結局エイプのシートに落ち着きました。
f0119755_09221471.jpg

















f0119755_09221494.jpg

















もちろんシートは張り替えます。
保安部品やスイッチなど、フロント周りの配線も作って、
今回はスクランブラーを目指しているので、ウインカーはヨーロピアンタイプのロード用です。
f0119755_09223900.jpg

















中華製の集中スイッチは、コードの色が違っているので、
一度分解して各コードの色を確認してからの作業になります。

さてさて、来週あたりにはエンジン掛けられそうです。
何とか秋のツーリングシーズンに間に合いそう!!!

# by s-fulllife | 2018-09-14 10:07 | TL再生 | Comments(12)