ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

(注)当ブログは筆者の個人的な備忘録です。バイクの改造に関しては自己責任で! みなさんも是非トライ&エラーを楽しんでください。

<   2019年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

先週末に事故ってしまったハイエースは2週間のドッグ入りになってしまいました。
代車も考えたのですが、バイクを積めるように改造するわけにもいかないので、
2週間は車無しの生活になります。
いざというときは弟の車があるので、我慢、我慢。
過失割合は相手側の100%ですので修理費の心配はありません。
しかし、じっとしている気にもなれず、自走で久しぶりの猿ヶ島に行ってみることにしました。

こちらも久しぶりのコロッケさんとご一緒します。
f0119755_16321366.jpg

















コロッケさんももうしっかりと常連になっていて、お知り合いの方々もいっぱいで、
私もちゃっかりと混ぜてもらいます。
といっても、狭いトライアル界、どこかで見たことのある方たちばかりです。
トランポ置き場のすぐ裏に、入り組んだターン中心のセクションが出来ていました。
f0119755_16321329.jpg

















最後のオーバーハングになっているステアケースがちょぴり怖かったのですが、
PAMPUTA4でも何とかクリーン出来ました。
f0119755_16321301.jpg





























コロッケさんもしっかりとトライアルしています。
ほとんど毎週通っているだけあってターンのフォームも安定しています。
f0119755_16321451.jpg





























ステアケースもしっかりとこなしていました。
練習熱心な人は上手くなるのも早い!
ここは女性も何人かいて、皆さん上手いです。
f0119755_16321354.jpg





























オーバーハングも何のその!カッコイイ~!

一息ついて、皆さんお昼をとっています。
私は用意していなかったのですが、今日は自走だったのでそのままコンビニに買いに行きました。
その帰りに信号待ちをしていると、目の前を見覚えのあるバイクが走って行きました。
あのバイクは・・・・・?
おにぎりを持ってトランポに戻る途中で道を間違えて戻ってくるそのバイクに遭遇しました。
そこでナンパして一緒に皆さんのところ間に向かいます。
f0119755_16321411.jpg

















去年組み上げて知り合い経由で手放したイーハトーブ改でした。
乗っていたのは素敵なお嬢さんで、このバイクで皆さんに混じってセクションを走ります。
ガッツがあります。
他の方々からはこのバイクでトライアルはキツイと言われているそうです。
売った張本人ですが、もちろん私もそう思います。
でも、いきなりレーサーやトランポというのも敷居が高くてなかなか難しいものがあります。
どんな形であれ、入り口は広い方が安心して入れます。
この後、トライアルの競技にのめり込むのも良し、
お山でのんびりトレッキングなんていうのも良いし、
突き詰めた極端なバイクではない分、選択肢はたくさんあると思います。

トライアルオヤジはほぼ全員女性には優しいので、
いろいろなシーンで乗ってみて、いろいろな遊び方を試してみてください。
かくいう私も今度林道に行きましょうとちゃっかりお誘いしてしまいました。(^^;

さて、午後からは少し上流側に移動して遊びます。
f0119755_16321488.jpg

















雨で増水したときに、いろいろなものが流されて河原が荒れるのを防ぐために、
雑木林を伐採して平坦な部分を作ったそうです。
チョット見通しが良くなりすぎて、林だったときが懐かしいですが、
水害の防止策なので致し方がありません。
その広場(?)の端っこでセクションを作って遊びます。
f0119755_16321310.jpg

















キャンバーでフルロックターンで⑧の字を描きます。
画像以上に角度があってこれは難しい。
私たちはその横のもう少し平和なセクションで遊びます。
f0119755_16321382.jpg





























皆がクリーンするとここを絞って、
それでもクリーンが出ると次はここも絞って、
だんだん難しいセクションになっていきます。
この方法は初心者にはピッタリですね。
イーハトーブの彼女も果敢にトライしていました。
これから上手くなってゆく過程も楽しみですね~(^^)v

by s-fulllife | 2019-03-31 17:13 | Trial | Comments(16)
花粉もピークを迎えつつある今日この頃、
トランポで楽々ツーリングのはずでしたが、
急遽予定変更して、奥多摩へツーリングに行ってきました。
前回の奥多摩では通行止めばかりで不完全燃焼でしたが今回は果たして・・・・?

本日のお供はスクランブラーのTL23号です。
そしてバブさんの愛馬はカブ。
二人ともイーハトーブで行くつもりでしたが、とある理由でどちらも動かせません。
予定変更ばかりの出発となりました。
f0119755_10114185.jpg

















奥多摩駅から日原街道に入ってしばらく走ると林道の入り口です。
林道川乗線と日向沢線です。
f0119755_10115627.jpg

















ここもご多分に漏れず通行止めかと思っていましたが、
バブさんの下調べによると通行できるそうです。
実際に鍵はありませんし、緊急車両の出入り口になるので駐車禁止とありますが、
通行止めとはどこにも明記されていません。
ゲートを開けてその先に進みます。

入り口は川乗線ですが途中で日向沢線と分岐して、
川乗線はすぐに終わってしまいますが、分岐した日向沢線の方が奥地まで続いています。
走り初めは山奥目指して舗装林道が続いています。
f0119755_10160962.jpg

















カモシカ保護区の標識があります。
この辺りは山深く、彼らの生息数も多いそうです。

と、道の端に大きな動くものを発見!!!
何とその保護対象の若いカモシカです。
エンジンを切って慌ててカメラを取り出しました。
f0119755_10115688.jpg

















そして見つめ合うオヤジとカモシカ。
f0119755_10115642.jpg

















しばし見つめた後、画面右側のトライアル国際A級スーパークラスレベルの急斜面を降りて行きました。
f0119755_10115673.jpg

















お山に長く通っていますが、これほど近くで遭遇したことは初めてでした。

しばらく走ると舗装が終わり、待望のダート路面に変わります。
f0119755_10255606.jpg





























山の切れ間から富士山も遠望できました。
f0119755_10255642.jpg

















道は基本的にフラットで、浮石があって滑りやすいところもありましたが、
概ね気持ち良くトレッキングできます。
頂上には少し開けた広場とトンネルがあって、
トンネルの先はほとんど廃道状態です。
f0119755_10255647.jpg





























その廃道も数百メートルで崩落があります。
トライアル系のバイクでしたらその先も行けそうですが、
本日はカブとスクランブラーなのでここで撤退します。
f0119755_10255659.jpg





























日原街道まで戻る手前の景色の良い場所で、
下界で購入しておいたコンビニランチをいただきます。
この林道、眺めが良い場所が多く、
ゆっくり走って時々止まって写真を撮る。そんな走り方にピッタリです。
f0119755_10255565.jpg





























この滝の上にある橋は、そのまんま滝上橋でした。(^^;

途中、奥多摩では名の知れた百尋ノ滝を遠くに臨む場所もあります。
f0119755_10340246.jpg





























f0119755_10340230.jpg





























次に日原街道から青梅街道に出て道の駅こすげを目指します。

お土産物を見ましたが、めぼしいものが無く次の林道に向かいます。
全長5Kmほどの小菅林道です。
ここもフラットで、たまに現れるギャップも大きなものは無く比較的走りやすい林道です。
ですが、前方を行くカブは小さなギャップでも底付きして、ちょっと厳しそうです。
ダート用にいじってもやっぱりカブですので自ずと限界はあります。
f0119755_10502344.jpg





























f0119755_10502353.jpg





























行き止まりは少し開けていて、4輪車が転回できるようになっています。
f0119755_10502380.jpg

















ここで、底付きするサスを固くしようと、バブさんに頼まれたのですが、
?????これでは底付きするはずです。
リアサスの固定ナットが外れて無くなって、モノサス状態になっていました。
f0119755_10502330.jpg





























反対側のサスの固定ナットも無くなっていて、かなりヤバイ状況でした。
ナットは10mm径なので予備も持っていません。
しっかりとハメ込んでから、ネジ山に針金を巻いて抜け止めにしました。
結局最後まで走りきれたので結果オーライです。(^^;

小菅林道を戻って、途中から林道コアラシ線に入ります。
ここは短いですが舗装路まで抜けられる林道でした。
f0119755_10502429.jpg





























一度舗装路に出て、最後に林道棚沢今川線に向かいます。
ダート路面に変わる少し前の日向には桜が咲いていました。
もうお山の上でも春が来ているんですね~
f0119755_10502300.jpg

















本日の林道はこれまで。

帰り道にバブさんが給油したのですが、燃費は驚異の58Km/Lでした。
中華製の108ccエンジンです。山道を走ってこの燃費は驚くばかりです。
さすが世界で愛されるわけですね~

さてさて、急遽予定変更になったわけは、
1月に納車されたばかりのハイエースが事故に遭ってしまったからです。
ツーリング前日の土曜日、信号待ちをしている所に後ろから突っ込まれてしまいました。
幸い怪我もほとんど無く、相手の保険会社とも相手過失割合100%で話がついています。
事故相手は若いおねーさんで、ビビって固まって、スミマセンを繰り返すばかりでした。
真っ青な顔の彼女にこちらから、お怪我はありませんか?と聞く始末です。
まぁ、怒っても、怒鳴っても事態は好転しませんので、ここは大人の対応です。
f0119755_11313994.jpg

















f0119755_11313986.jpg

















と言う訳で、荷台に載っているイーハトーブは降ろせず、
直るまではトライアルの練習にも行けません。(哀)


by s-fulllife | 2019-03-25 11:40 | 林道ツーリング | Comments(12)
久しぶりに腰痛が出てしまってちょっとブログをさぼっていました。
と言う訳で、先週のお話からです。
平日でしたが急遽ランモモさんからお誘いがあって、
N山に行ってきました。
初心者も同行する、ゆるーいツーリングと聞いていたのですが・・・・・?

さっそくお山に入りますが、ここへ来るとヒルクライムがメインになります。
f0119755_11191792.jpg

















初めは簡単なところへ。
f0119755_11191704.jpg





























数日前の雨の影響で路面はドライとは言えません。
ですが、思いの外グリップが良く、問題なく登頂できました。
トライアル用にセットしたスプロケットでは2速が使えず、ローで登ります。
あとで調べてみたのですが、FTR223のエンジンはストリート用の5速ワイドミッションで、
1速と2速のギア比が離れています。
1速では吹け切ってしまって、2速ではトルク負けして失速してしまいます。
2速を使えるようにもう少しギア比を落とすと1速が使えなくなり、
トップも低すぎて移動が厳しくなります。
普通に林道を走ったり、1速だけを使うようなトライアルなら問題ありませんが、
これは今後の課題になりそうです。

その後この辺りのエキスパートAさんも参加して、
さらに急なヒルクライムへ移動します。
f0119755_11191731.jpg





























ここは角度も急ですが、最後に斜めの太い根っこがあって、難易度はかなり高めです。
もちろん私は見学に徹しました。(^^;
f0119755_11191718.jpg





























ここではだれも登頂ならず。
その後もお山を徘徊して、気色の良い処でお昼にします。
f0119755_11191776.jpg

















お昼を食べながらも、完成の域だと思っていたPAMPUTA4にも、
まだまだ課題があることを思い知りました。
まぁ、本人のウデの問題も大きいのでしょうが。(^^;

そして日曜日、T薫さんの呼びかけで秋山方面にツーリングに行くことになりました。
今回は舗装路メインのゆったりツーリングと聞いていたので、スクランブラーの出番です。
f0119755_11392600.jpg

















集合場所には15台ほどのバイクが集まっています。
ところが主催者がまだ来ていません。
どうやら体調不良で参加できなくなってしまったそうです。
秋山方面は主催者以外で詳しい方がいないので、
行き先変更で道志方面に行くことになりました。
f0119755_11392648.jpg

















七滝から林道に入って、道志の湯を通り過ぎ越路線から崩落林道に入ります。
f0119755_11392664.jpg





























ここは相変わらず危険なので、この辺りで少し遊んでからお昼にします。
その後越路線に戻ってアトラクションポイントへ。
ここでもまたヒルクライム大会が始まりました。
f0119755_11392746.jpg





























ランモモさんは。落ち葉と湿ったフカフカの斜面をものともせずに登頂成功。
開けっぷりの良さに脱帽です。
他の方々も続きます。
f0119755_11392685.jpg





























f0119755_11392652.jpg





























f0119755_11591518.jpg





























f0119755_11591533.jpg

















すり減ったモトクロスタイヤと滑る路面で苦労していましたが、
何回目かで登頂。サスガです。

そんなこんなで滑って、転んで、大笑いして、
チラチラと雪が舞ってきたので、この辺りでお開きにしました。
でも、おかわり組はこの後鉄塔アタックに行ったそうです。

私はというと、この後腰痛で唸っていました。
皆様の元気が羨ましい!

by s-fulllife | 2019-03-20 12:10 | 林道ツーリング | Comments(10)
今年は結構真面目に練習しています。
といっても、練習場に行くだけで、もっぱら与太話三昧の時を過ごしているのですが。

本日は朝から人がいっぱいです。
f0119755_15325363.jpg

















おなじみのイワピー師匠をはじめ、旧多摩テックの重鎮も揃い踏みでした。
f0119755_15325300.jpg

















もりもりさんも成長著しく、良いバイクに乗ったら場所によっては負けそうな気もしてきました。
皆さん思い思いに自分の課題をもって、それでも楽しくゆるーく乗っています。
f0119755_15325332.jpg





























f0119755_15325417.jpg

















今回は最新のレーサーも多く走っていましたが、
やっぱりツインショックマシンたちも元気です。
f0119755_15325440.jpg

















私もいい汗かいて、ご飯を食べて、午後からもう少し乗るつもりだったのですが、
またまた与太話に花が咲いてしまって、
すっかり体も冷えたので、もう止めにしようと思いました。
しかし、午前中にトライしていたキャンバーターンがどうしてもクリーン出来なかったので、
最後にもう一回だけ・・・・・・・。
こういう時は何かしらやらかすんですよね~
f0119755_15325373.jpg

















キャンバーターンは見事にクリーンして、下って来てターン、
難所をクリーンで廻って気を抜いた訳ではありませんが、
ここでエンスト!バイクと人間は谷側に落っこちました。
バイクは木の根っこに引っかかって、人間は投げ出される形になり、
投げ出された先には岩が!
奇跡的に体はほとんど無傷でしたが、歯が折れました。(^^;
明日は歯医者さんを予約しなくては。(哀)
f0119755_15325303.jpg















むさくるしいオヤジの口元をアップしてしまって申し訳ありません。
2週続けて転んでいるので、自分への戒めのためにアップしておきます。

by s-fulllife | 2019-03-10 15:54 | Trial | Comments(18)
以前計画していて天候不順でそのままになっていた白銀林道ツーリングに行ってきました。
おなじみバブさんとご一緒です。
小田原厚木道路の側道を通って厚木東ICから海沿いに出ます。
平日でしたが思ったよりもスムーズに走れます。
白銀林道は有名な林道ですが、これが初見参となります。

ゴルフコース横の入り口に到着。
全長26Km程の林道の始まりです。
f0119755_11324565.jpg





























初めのうちは舗装路面に濡れた落ち葉で滑る路面が続きます。
そのうちに美味しそうな枝道を発見。
先頭のバブさんは止まるかと思いきやそのまま走ります。
一応枝道の存在をナビで確かめた瞬間、目の前にバブさんが止まっていました。
ブレーキとハンドル操作で避けたのですが避けきれず、ハンドルがバブさんのボックスにヒット。
公道上では何年かぶりに転倒してしまいました。
バブさんのトップボックスはステーが折れて転げ落ちて、
私は右足首をバイクに挟まれてしまいました。

バブさんのボックスはタイダウンベルトで応急措置。
私の足はストレッチのように深く伸ばすと痛みはありましたが、
普通の動きは問題ありません。
バイクもハンドガードのタイラップが切れて、少し傷が入ったくらいの軽症でした。
ヒザに入れていたプラカップが役立ってくれました。
備えあればうれしい!ですね。(^^;
f0119755_11324572.jpg

















f0119755_11324579.jpg

















f0119755_11324569.jpg

















そうそう、このスクランブラーは直前までヤフオクに出品していたのですが、
思ったように値段は上がらず、勿体無くなって出品を取り消したばかりでした。
軽症とは言え、出品中のバイクで転倒しては後々問題になりかねません。
出品取り消して正解でした。

バイクも人間も軽症だったのでこのままツーリングは続行します。

その先にまたまた美味しそうな枝道を発見。
今度は私が先頭で侵入して行きます。
道はすぐにダートに変わって、水の流れた溝や、ごろごろの石があってなかなか楽しい道です。
バイクに挟んだ右足首も多少の違和感はありますが、ほとんど問題ないレベルでした。
最近は怪我の治りも遅いので、用心しなければ!

楽しい枝道は数キロで行き止まり。
その先は登山道のような片流れの細い道でした。
f0119755_11324409.jpg

















しばらく待っていましたが、バブさんがついてきません。
引き返すと途中で止まっていました。
どうやら小枝がシフトペダルに挟まって、チェンジできなかったそうです。
その小枝を取り払い、すぐに復旧しました。
戻って本道に合流する手前に林道名がありました。
早川・石橋林道です。
f0119755_11324400.jpg

















その後本道もダート路面に変わりましたが、ここは噂の通りフラットな路面が続きます。
f0119755_11324453.jpg





























そして所々にオーシャンビューも。
f0119755_11324562.jpg

















f0119755_12031140.jpg

















箱根方面からの中間ポイントの、さつきの郷まではこんな感じのフラットダートでした。

ここでコンビニで仕入れておいたお昼をいただきます。
展望広場というほど広くはありませんがベンチもあって、
初島や真鶴半島を眼下に眺めながら揺られてクシャクシャになったおにぎりにかぶりつきました。
f0119755_12031294.jpg

















f0119755_12031104.jpg

















さつきの郷展望広場からさらに標高を上げると星ヶ山公園があります。
公園と言っても何があるわけでもなく、細いコンクリート舗装の道がくねくねと走っていて、
平日だったこともあってほとんど人気は無く、細い道を走っただけでした。
あとで調べたところ、どうやらもう少し上に展望台があったようです。
機会があったらもう一度行ってみたいと思います。
f0119755_12031248.jpg





























このあと白銀林道の後半部分に入ります。
ここからも基本的にフラットダートですが、
日陰が多く、昨日までの雨で水たまりがあちこちにあります。
道幅いっぱいの大きなものもあって、ここで一気にバイクが汚れてしまいました。
f0119755_12031183.jpg

















f0119755_12031200.jpg





























最終的に椿ラインに出て終了です。

帰りに路地もののミカンを買って帰りましたが、
やはりもう季節が終わったような感じで、ちょっと薄味のミカンでした。

ヤフオク出品を取り消したスクランブラーですが、
それにはもう一つ理由がありました。
アマゾンで衝動買いしてしまったヘッドライトを着けてみたい!
と思ってしまったからです。
以前は異径デュアルヘッドライトでしたが、メインのLEDが予想よりも暗くて、
サブライトがあれば問題ないのですが、どうにも納得いきませんでした。
f0119755_12263844.jpg

















スタイル的にもアルミタンクとアルミフェンダーでクラシカルな雰囲気にチョットそぐわない感じがしていました。
そこで同じLEDでも、クラシカルなロードバイクっぽいライトに変更しました。
f0119755_12294277.jpg

















f0119755_12294700.jpg





























以前の物に比べて光量自体はそれほど変わりませんが、
専用の反射板のおかげで配光が良く、明るく感じます。
値段もお安く、スタイルも良い感じになったのでこれで良しとしましょう!

by s-fulllife | 2019-03-07 12:38 | 林道ツーリング | Comments(8)