ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

<   2018年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今週末は、またまた台風が襲ってくるようです。
それでなくともこのところ、秋雨前線が居座っていて雨模様になりがちです。
そんな中、貴重な晴れ予報が出ている金曜日に、
富士山をグルッと一周するツーリングに出かけてきました。

前回からの変更点は、サイドカバーを付けたことと、リアのトップケースを付けたこと。
そして、ぱっと見は解りませんが、シートの素材を変更しました。
f0119755_18220499.jpg

















前回のツーリングでは、400Kmという長距離ではありましたが、
お尻の痛さはかなり堪えました。
そこで、シートのウレタンを少しそぎ落として、
低反発のスポンジを入れました。
成型して、表面には薄いスポンジを入れて凸凹を目立たなくして完成です。
f0119755_18271542.jpg

















サイドカバーのダボはアルミ棒材を削りだして製作、
本体はSRX用のアルミ製です。
f0119755_18271563.jpg

















さてこれで快適性は向上したのか?
それを検証するためのツーリングです。

秋の交通安全運動期間中ですので、いつもにも増して安全運転で道志みちを進みます。
道志の道の駅は平日にもかかわらず、そこそこの混雑ぶりですので、一気に山中湖まで走ります。
富士山は雲の中ですが、わずかに頭が出ていました。
f0119755_18220483.jpg

















本日は夕方に娘のお迎えがあるので、あまり寄り道はせずに目的地を目指します。
ですが、通り道で良い景色があれば写真を撮るくらいはOKです。
f0119755_18220456.jpg

















大室山西展望台からは、本栖湖が一望できます。
遠くの山々にも雲がかかって何ともいい感じです。
気温は22度ほどで、ウインドブレーカーを着て走ると丁度いいくらいの爽やかな気候です。

そして、本日のお目当てのひとつ、
丸久食堂さんのホルモン定食。
ネットで見て、いつか食べに行きたいと思っていたところです。
f0119755_18220586.jpg

















少し時間が早かったので、私が最初のお客さんだったようです。
昔ながらのほっとする雰囲気の食堂で、
注文するとそれほど待たずにボリュームたっぷりの料理が運ばれてきました。
f0119755_18220528.jpg

















ご飯はてんこ盛り、ホルモン炒めも皿からはみ出す一歩手前といった具合です。
味も思った通り、旨かった~!
これだけでお腹いっぱいになりました。大満足です。

食後に軽く腹ごなしをするつもりです。
次に立ち寄ったのはこちらから見れば、富士山の反対側にある人造湖の田貫湖。
湖畔にはキャンプ場があって、テントを張って楽しんでいる方々がいっぱいです。
f0119755_18220883.jpg

















キャンプも楽しそうですが、今回はそれが目的ではありません。
これもかねてから行ってみようと思っていた田貫湖周辺の林道探索です。
国土地理院の地図で見ると、縦横に林道が走っています。
ネットで検索すると、通行止めの林道が多いみたいですが、
走れるものも何本かあるそうです。
早速ナビを頼りに林道の入り口を探します。
f0119755_18220556.jpg

















割合すぐに見つかりました。
今回はナビの台座をゴムでラバーマウントにしたので、
林道を含む振動にも、一度もブラックアアウトすることなく道を教えてくれました。
しかし、相変わらず林間コースでは衛星を見失う事が良くあります。
まぁ、安物ですので多くを望んでも仕方がありません。(^^;

林道は基本的にフラットで、通り抜けられて、元の舗装路の何キロか先に出ます。
しかし、その周遊コース以外に、枝道がいっぱいあって、
ほとんどが行き止まりでピストン林道ですが、
全部走れば30Km以上のロングダートを楽しむことができます。
f0119755_18220545.jpg





























f0119755_18220513.jpg





























本線はフラットですが、支線は多少のガレがあります。
と言ってもノーマルタイヤの空気圧いっぱいで走れる程度ですので、
OFF系でしたら問題ないでしょう。
f0119755_18573465.jpg

















f0119755_18573534.jpg





























f0119755_18573587.jpg





























行き止まりでは、登山道にぶつかるものや、
完全に道が無くなっている所、少し開けた頂上のようなところなどがありました。
f0119755_18573575.jpg

















f0119755_18573430.jpg





























f0119755_18573579.jpg

















木々の隙間から見えるのは、おそらく駿河湾ではないでしょうか?
f0119755_18573508.jpg

















f0119755_19033569.jpg





























f0119755_19033697.jpg





























本日はスクランブラータイプのバイクで、時間にも限りがりますので、
片っ端から走ったわけではありません。
次の機会にはちゃんとしたOFF車で、隅々まで探索してみたいものです。

ここから富士山スカイラインを抜けて山中湖から道志みちで帰ります。
標高が上がってくると涼しいを通り越して、寒いくらいになってきます。
f0119755_19033663.jpg





























表示された気温は14度。午後二時半の気温です。
あまりの寒さに、水ヶ塚公園パーキングで一休み。
終始雲に隠れていた富士山も少しだけ顔を出しています。
f0119755_19033607.jpg

















さてこの後はロードツーリングです。
行きと同じく安全運転で帰路につきました。

本日の総走行距離265Km 
平均燃費 34Km/L でした。

ちなみに、改良したシートでしたが、
やっぱり300Kmくらいが良い処のようです。
本日も耐えられないほどではありませんが、しっかりと痛かったです。(^^;

by s-fulllife | 2018-09-28 19:23 | 林道ツーリング | Comments(8)
ほぼ完成したTL23号をお伴に、
浅間山方面を目指して400km超のツーリングに出かけてきました。
ほぼ完成と書いたのは、結局サイドカバーは間に合わず、
リアのトップケースも届かなかったためです。
f0119755_12480707.jpg

















フロントのスクリーンは突貫工事で間に合いました。
スモークのつもりが、届いたのはクリアレンズ。
カーボン調のカッティングシートで目隠ししました。
隙間を埋めるために100均の下敷きで二重のスクリーンにして、
大誤算だったのは、メインのヘッドライトが思ったよりも暗かったことです。
長距離を走って帰りが遅くなり、暗い夜道を暗いライトで走るのは嫌なので、
XLのときでも実績があった補助のライトも付けました。
何だかごちゃごちゃしてしまった印象です。
f0119755_12590811.jpg





























いつもよりもかなり早めに川越のコンビニで待ち合わせをして、
国道を一気に北上します。
もちろんご一緒するのは、おなじみバブさんです。

時間が早かったのでそれほど混雑することも無く、
榛名山の脇をかすめるように浅間山を目指します。
f0119755_12463649.jpg





























嬬恋に抜ける県道の峠から浅間山を一望できるはずがあいにくの雲。
天気予報は秋晴れだったのですが、こればかりは致し方ありません。
f0119755_12463755.jpg

















浅間山の麓まで下りてきて、嬬恋パノラマラインを走ります。
途中、雲が取れてきてようやく浅間山が出て来てくれました。
f0119755_12480822.jpg

















パノラマラインから高度を上げて、高峰高原の車坂峠を目指します。
ここからこの日初めてのダート走行です。
f0119755_12480864.jpg

















道はフラットで走りやすいのですが、
長距離ツーリングのため、前後とも空気圧高目ですので、
グリップ感が薄いです。
おまけにスタビライザーが入っていない、延長もしたフロントがよれて、
どうにもフロントがうまく走ってくれません。
スクランブラー仕様のTL23号でしたが、やはり林道はフラットダートだけにしておいた方が良さそうです。
舗装路でバブさんにも乗ってもらいましたが、
ハンドルが重いと言っていました。
それは逆に安定していると言う事で、
ロードを走るとオンザレール感覚で走ることができます。
もしかしたら、こだわったはずのフロントタイヤ径はもうワンサイズ細くても良かったかもしれません。
まぁ、初めてのことですのでトライアンドエラーを重ねて完成度が増して行くと思います。

さてさてツーリングの続きです。

車坂峠はトレッキング客でにぎわっていました。
道端に路駐がいっぱいで、せっかくのお山の雰囲気もチョット興ざめです。
f0119755_12480883.jpg





























f0119755_13141926.jpg

















しかし景色はさすがに絶景でした。
小諸市内が一望できます。
ここは夜景も綺麗なようですので、機会があれば訪れてみたいものです。

さらに地蔵峠に抜ける尾根道の林道を走ります。
ここも気持ちのいいフラットダートで、景色を眺めながらポタポタ走るのがぴったりです。
f0119755_13141975.jpg





























f0119755_13141935.jpg





























f0119755_13141966.jpg

















地蔵峠から小諸に下りて牛丼店でお昼にします。
まだまだかなり距離がありますので、できるだけ時間をかけずに済ませます。

国道を走って佐久の林道に向かいます。
途中、秋の気配を感じさせるコスモスが見事な場所で一休み。
f0119755_13142000.jpg

















ガス給油の後、この先から本日最後の林道に入ります。

ここも基本フラットで走りやすいのですが眺望はあまり望めません。
全長17Kmほどの林道を堪能して南牧村に抜けます。

f0119755_13142004.jpg





























f0119755_13142072.jpg

















ここから秩父方面を抜けて帰るつもりでしたが、
バブさんのナビも私のナビも調子が悪く、
いつの間にやら富岡方面にいざなわれてしまっていました。
私のナビは、取り付け方法の問題かもしれませんが、
エンジン回転が上がって振動が増えると突然ブラックアウトしてしまいます。
帰ったらラバーマウントに改良しなければ。

諦めて混雑した国道をひたすら走ります。
夕飯をとんかつチェーン店で済ませて、もうすっかり暗くなった国道を走りました。
ようやく我が家に着いたのは夜の九時を回っていました。
朝5時から乗り始めて16時間、良く走りました。
さすがにお尻が痛くなりましたが、300Kmくらいまでならあまり疲れず乗れそうです。
何とかストリートスクランブラーと呼んでもいいレベルにはなったと思っています。

今回の総走行距離、441Km (林道30Kmほど)下道のみ、
神奈川、東京、埼玉、群馬、長野、一都四県を走り抜けたことになります。
そして平均燃費は驚きの 35Km/L でした。

by s-fulllife | 2018-09-24 13:46 | 林道ツーリング | Comments(13)
アルミタンクの修正に時間がかかってしまいましたが、
昨日、仮のタンクを付けてエンジンが始動しました。
本日登録してきて、宮ケ瀬湖まで試走に行ってきました。
f0119755_21310739.jpg

















f0119755_21315057.jpg

















アンダーガードもサイドカバーもまだ未装着です。
メーターバイザーも無いので、プラの半透明の板で急遽カバーしました。
リアタイヤもミシュランコンペですので、履き替える予定です。
イーハトーブ用のスタビライザーを付けるつもりでしたが、
タイヤに干渉してしまって、取り付け不可能でした。
異径デュアルヘッドライトのはずでしたが、
ポジション球も入れると、異径トリプルになってしまいました。
f0119755_21312255.jpg

















当初の予定とは違ってきてしまった部分も多々ありますが、
試走の結果は上々で、軽く取り回しが良く、少々のダートも大丈夫。
あとは、長距離の具合を確かめてみるだけです。

試走してみて、ペダルやレバー類の位置や角度を使いやすいように変えて、
ハンドルはもう少し高くてもいいような気がします。
プラグの焼け具合は少し白いので、もうちょっと濃くしても良いかもしれません。
f0119755_21312263.jpg

















そして苦労したタンクは、やっぱり鋭角に凹んだところは完全に出てくれませんでした。
それ以外のところも、目立たなくはなりましたが、
よく見ればうっすらと凹んでいます。
まぁ、旧車ですので、ある程度は目をつむることにします。
色はバイアルスのグリーンにしようかと思いましたが、
チョット明るいグリーンになってしまいました。
f0119755_21312958.jpg

















f0119755_21312936.jpg

















そして、このタンクの容量は実際に給油して8Lでした。
燃費が27-8Km/Lほどですので、
200Km以上は走れる計算になります。
大体こんな所でしょう。

さて、この週末は、長距離ツーリングの検証をするために出かけてみるつもりです。
それまでに外装部品は揃うのでしょうか?

by s-fulllife | 2018-09-19 21:59 | TL再生 | Comments(12)
23台目のTL、何だかTLと呼ぶのは憚られるような状態ですが、
アルミタンクの修正を続けています。
少しずつ、本当に少しずつ修正しています。
ところがアクシデントが起こりました。
修正器具が力負けして壊れてしまいました。

f0119755_09221454.jpg

















先端のプラ部分が伸びてしまって引き代が無くなってしまいました。
このまま使っても、ちぎれてしまうのは目に見えています。
ですので、この部分を自作します。
要は6mmネジの先に板状の引っ張り部分があれば良いだけですので、
強度を考えて鋼材を溶接しました。
f0119755_09222670.jpg

















これでバッチリ!
と思っていましたが、やっぱりバランスは大事なんですね~
今度は金属アタッチメントの強度に、本体が負けてしまいました。
f0119755_09222695.jpg

















手では引っ張れないくらいに強いテンションがかかったので、
ラチェットレンチで引っ張っていたら見事に折れました。
分厚いアルミダイキャスト材でしたが穴の位置で真っ二つです。(^^;

さてこうなると本体も自作するしかないようです。
これは簡単で、スイングアーム延長にも使った6mm厚の鋼材に穴をあけるだけです。
f0119755_09222660.jpg

















この方法が大正解で、今までなかなか上がってこなかった凹みが、
目に見えて分かるくらいに上がってきます。
緩やかな凹みは2∼3回でほとんど面一になります。
これで作業は一気に進みそうです。

そして、ホットボンドが固まるまでの間に別作業も進みます。

スイングアーム延長したことと、しっかりしたキャリアも付けたいので、
シートレールを延長します。
延長方法は今までいろいろ試しましたが、
鋼材のアングルを溶接することにしました。
このフレームは、もうあちこち弄ってあるので、
ノーマルに戻すことは考えないことにしました。
f0119755_09221496.jpg

















ここに、前にKATOタンクのイーハトーブを再生した時に使ったアルミフェンダーの残り半分を使います。
オークションれ落札してあった昔の50cc用のキャリアと、
おなじみのバッテリーの置き場所用にフェンダーを切り抜きます。
シートはいろいろ迷いましたが、結局エイプのシートに落ち着きました。
f0119755_09221471.jpg

















f0119755_09221494.jpg

















もちろんシートは張り替えます。
保安部品やスイッチなど、フロント周りの配線も作って、
今回はスクランブラーを目指しているので、ウインカーはヨーロピアンタイプのロード用です。
f0119755_09223900.jpg

















中華製の集中スイッチは、コードの色が違っているので、
一度分解して各コードの色を確認してからの作業になります。

さてさて、来週あたりにはエンジン掛けられそうです。
何とか秋のツーリングシーズンに間に合いそう!!!

by s-fulllife | 2018-09-14 10:07 | TL再生 | Comments(12)
ツインショックの皆さんと、猿ヶ島で練習してきました。

本日はイワピー師匠にも来ていただきました。
コロッケさんともりもりさんとN矢さんもご一緒します。

当日の朝、現着してみるとyoshida914さんもいらっしゃいました。
TYSのセッティング中だそうです。

早速下流方面のセクションに移動してワイワイと始めます。

f0119755_08591238.jpg

















イワピー師匠がN矢さんにアドバイス。
N矢さんは少々ブランクがあるので、リハビリのような感じでした。

本日は、ステアケース無しのひたすらターン。
基本練習ですが、ターンはやっぱり大事です。
f0119755_08591337.jpg





























イーハトーブ大会でトライアルの面白さに、さらに深くはまってしまったもりもりさん。
いつでも楽しそうに乗っています。
バイクいじりも興味津々で、改造案を嬉しそうに話してくれます。
私と同じ匂いがプンプンしてきます。(笑)

f0119755_08591323.jpg





























お久しぶりのN矢さん、昔取った何とやら、さすがにフォームは一日の長があります。
ステップをワイド化して楽に乗れるようになったと言ってもらえました。
ちなみにステップのワイド加工はとうさん工房で承りました。

f0119755_08591285.jpg

















コロッケさんとの練習も少し間が空いてしまいました。
やっぱり乗り始めはなかなかリーンアウトのフォームがとれません。
しかし、イワピー師匠からアドバイスをもらってしばらくすると・・・・・
f0119755_08591394.jpg

















何と言う事でしょう!
はじめの画像と比べるとお尻の位置が全く違います。
ちゃんとリーンアウトできています。
これで肩と胸の面が出口方向を向けばフォームは問題なくなります。
ターンマイスターまであともう少し!

九月に入って少し涼しくなったとはいえ、
最高気温予想は30℃を少し超える予報です。
風を切って走る事のないトライアルではやっぱり暑い!
水分補給と休憩をはさみながら、ゆるゆると練習します。
f0119755_08591306.jpg

















一度トランポに戻って小休止、N矢さんはここで帰られました。
午後の部は上流側で練習します。
ここもターン主体ですが、最後にチョットだけステアケースがあります。

f0119755_08591837.jpg

















チョット見ただけでは何も問題なく簡単なセクションに見えますが、
走ってみてビックリ、斜面とターンの組み合わせは難しい!
下りながらフルロックの右ターン、切り返して左ターンしながら最後の丸太を越えます。

f0119755_09182351.jpg

















下りのフルロックターンは慣れないと怖いんです。
もちろん急な下りではありませんが、トライアル車のフルロックは、
ハンドルが切れ込んで転倒にもつながります。

f0119755_09182305.jpg

















イワピー師匠のお手本走行。
さっすが!余裕があります。
TLM50改ですのでパワーこそありませんが、
本日のようなターン中心のセクションでは、
その軽さと、いぶし銀のテクニックで難セクションもしっかりと攻略してくれます。
(注)軽いのはバイクです。ご本人の性格ではありません。
   と、ご本人は思っています。(笑)

そろそろ、疲れてケガでもしないうちに撤収することにします。
いや~、暑い中、本日も良く乗りました。
ご参加の皆様、お疲れ様でした。
次回はK澤に遠征しましょうか?

by s-fulllife | 2018-09-10 09:35 | Trial | Comments(14)
TL23号に載せる予定のアルミタンクは、
オークションで落札したものですが、あちこち凹んでいます。
おかげで比較的安値で落札できました。
ただ、このままでは見栄えが悪いので、凹んだところを修正して行きます。
f0119755_17000960.jpg

















画像の場所が一番激しく凹んでいます。
ここは相当時間がかかりそうなので、心が折れないように浅めの凹みから修正します。
ネットにも出ているホットボンドを使った修正器具をセットして、
ホットボンドが冷えて固まるまで待って垂直に引っ張って凹みを戻します。
しかし浅めの凹みでも、かなりの回数の施工をしないとなかなか効果は実感できません。
根気よく地味に繰り返す必要があります。
f0119755_17001803.jpg

















ボンドが固まるまで時間がかかるので、
その間に細かい作業を片付けて行きます。

まずはタンクを固定するステーを作ります。
タンクの裏を凹ませて、TLRのフレームに載るようにはなりましたが、
固定はまた別のお話です。

後ろ側は固定用の穴があるので、場所を合わせてステーを製作します。
ノーマルのタンク固定金具に、鋼材と内側にネジ山を切ったパイプを溶接、
黒く塗って出来上がりです。
f0119755_17094271.jpg

















タンク前側にもステーがありますので、
ロングナットをフレームに溶接してネジ止めにします。
f0119755_17111435.jpg

















f0119755_17113326.jpg

















そしてタンクを載せるとこんな感じです。
f0119755_17134925.jpg

















そしてこれが今回のメインイベント。(と勝手に思っている)
ヘッドライトです。
最近の手持ちのバイクは、ほとんどLEDにしています。
この23号もそうするつもりですが、
今までと同じではつまらないので、異径デュアルヘッドライトにしようと思います。
イメージとしてはこんな感じです。
f0119755_17180832.jpg















CRF250RALLY




f0119755_17180847.jpg




















BMW1150GS




f0119755_17181230.jpg















宮崎アニメのロボット?





普通のデュアルヘッドライトだと、
スクランブラーには大きすぎると思いますので、
異径にして、横幅を狭く収めるつもりです。

枠はズーマーのヘッドライト用で、これはXL223RALLYに使っていたデュアルヘッド用です。
そこで上下の真直ぐの部分を50mmづつカットして溶接、
枠にヘッドライト取り付け用のダボを溶接します。
5mm径の細棒を溶接してライトガードにします。
熱中しすぎて画像を撮り忘れてしまいました。(^^;
仮留めするとこんな感じになります。
f0119755_17282526.jpg

















f0119755_17284017.jpg

















f0119755_17284071.jpg





























枠をトップブリッジに取り付けるステーも作りましたが、
微妙な角度に苦労して丸一日かかってしまいました。
あとはグラつかないように下側も止める必要がありそうです。

しかし、よく見ると他の異径デュアルとは大小の位置が逆です。
本当は同じ位置にしたかったのですが、メーター位置が左ですので、
左側に小さなライトを配置しました。

さてさて、この間もアルミタンクの修正はしていましたが、
戻っているのかいないのか?チョット見たくらいでは判断できません。
まだ先は長そうです。

by s-fulllife | 2018-09-05 17:40 | TL再生 | Comments(6)