ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

<   2017年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今年最後のツーリングは、ご近所の湘南平へ行ってきました。
ご近所ですが、実は初めての訪問です。

厚木のコンビニでいつものバブさんと待ち合わせをして、
そこから、ものの1時間もかからない道中です。
小田原厚木道路の側道をのんびりと走って、
平塚東IC出口の辺りで県道62号線に入ります。
ここでバブさんのセローから異音がするというのでストップして確認。
どこを見ても異常はありません。
異音も一時的なだけで、すぐに収まったそうなので再スタートします。
それにしても、富士山がきれいでした。
f0119755_11382223.jpg

















県道63号線に入り、道なりに進んで右折、大きな右カーブのところを左折すれば、
湘南平まで上って行く道になります。
てっぺんの駐車スペースはあまり広くありませんが、
バイク用のスペースもしっかりと確保されています。
f0119755_11382246.jpg

















駐車スペースのすぐ上に大きく開けた展望広場があり、テレビ塔や展望塔もあります。
広場からは相模湾が一望できます。
今まで来たことが無かったとは、勿体無いことをしました。
f0119755_11382317.jpg

















f0119755_11382333.jpg






そして、展望塔からはさらに、富士山や丹沢の山々、神奈川の市街地など、
360度の大パノラマを楽しむことができます。
f0119755_11382353.jpg

















f0119755_11382362.jpg







オマケに、展望塔の中はイスとテーブルが備え付けてあって、
飲食や休憩のスペースとして使えます。
f0119755_11382349.jpg

















さらに、オーシャンビューのレストランなどもあって、
カップルに大人気なのも頷けます。

ウチからも1時間ほどの距離ですので、
家族サービスで点数を稼ぐには絶好のポイントだと思います。

さて、良い景色を堪能して、
さすがにオヤジ二人でオーシャンビューのレストランと言う訳でもなく、
自分たちに似合った場所でお昼にします。
ガテン系ご用達の善磯食堂さんへ向かいます。
湘南平からは15分ほどで到着。
f0119755_11382402.jpg

















店内はすでに満席に近かったのですが、
タイミングよくひとテーブルが空いてすぐに席に着くことが出来ました。

私は何の予備知識も無かったのですが、
バブさん曰く、ご飯がおひつで来るそうです。
私はミックス定食を、バブさんはアジフライ定食を注文しました。
ほどなく運ばれてくると、おかずはしっかりとボリュームがあるくらいでしたが、
ご飯は、小さめのおひつにいっぱいです。
普通のお茶碗で2~3杯分くらいでしょうか?
f0119755_12015978.jpg

















バブさんは、注文時にしっかりと、ご飯半分で!と言っていましたが、
それでも多めで、食べきるのに苦労していました。
私は・・・・・大変おいしくいただきました。(^^;

本日のスケジュールはほぼこれで終了でしたが、
以前訪れた、いこいの村が近くにあります。
以前は、ちょうど富士山方面が曇っていて見ることが出来なかったので、
リベンジの意味も込めて立ち寄ってみます。
せっかくなので、曽我の丘陵地帯を走り抜けて向かいます。
f0119755_12020031.jpg


















f0119755_12020043.jpg





























f0119755_12020118.jpg

















本日初めてのダート道を走って、いこいの村に到着。
念願の富士山を眺めました。
が、しつこい雲に邪魔されて、全景を見ることはかないませんでした。
f0119755_12020102.jpg

















何だかここと富士山の組み合わせは相性が悪いようです。

さてこの後はもう帰るだけですが、
渋滞した国道で帰るのは避けて、裏道で行きます。
ナビに表示される細い道をつないでゆくと、
ミカン畑の中をぐるぐると走って、廃道寸前のような道に出ます。
これはこれで楽しかったのですが、
ロードバイクや四輪車でこの道に案内されたらキレてしまいそうです。
f0119755_12020143.jpg





























この後無事に県道に出て、バブさんとは厚木近辺で分かれて、それぞれ帰路につきました。

さて、今回のツーリングで試してみたことがありました。
アマゾンで買った激安のグリップヒーターです。

冬のツーリングで一番つらいのはもちろん寒さです。
体や足は防寒着を着込むことである程度までは我慢できます。
足先、ひざ、指先、首などが最も風を受けて寒い場所です。
特に指先は、凍えてしまってクラッチやブレーキ、
ウインカーの操作などが遅れてしまうと危険でさえあります。

今まではお山探索バイクなどでグリップヒーターを考えた事は無かったのですが、
XL223はツーリングバイクに使っていますのでアリかな?
と思っていたところ、偶然にアマゾンで激安品を見つけたので、
ダメ元で試してみました。
f0119755_12215570.jpg

















f0119755_12020186.jpg

















結果、これは良いです。
グリップへの固定が、熱収縮チューブを使っているので、
少々滑る気もしますが、ツーリング用として考えれば十分に合格点です。
そして何よりも暖かい!
2段階切り替え式ですので、スタート時や朝夕の寒い時は「強」で、
日中や比較的暖かい時間帯は「弱」で、
当日はずっと「弱」のままでも十分に暖かく感じました。
このクオリティーで送料込み700円!
ホカロンを買ったと思えば、ワンシーズンでも十分に元が取れると思います。

そしてもう一つ。
2シーズン目に入った冬用のグローブですが、
こちらはクオリティーに問題ありでした。
某ホームセンターの防寒手袋ですが、
買った当初から、あちこちがほつれだして、
そのたびに縫い合わせて使っていました。
当日も気が付くとまた2カ所ほつれていて、
いい加減気分が悪いので、ワークマンの防寒手袋に買い換えました。
f0119755_12215602.jpg





























f0119755_12215778.jpg

















f0119755_12215726.jpg

















ちなみに、修繕したところを数えると、
左右合計で18箇所もありました。チョットひどすぎます。(怒)

by s-fulllife | 2017-12-27 12:50 | その他のバイク達 | Comments(8)
トリックさんの主催する猿ヶ島TTの最終戦に行ってきました。
会場は相模川の河川敷で、自宅から30分ほどの場所です。
朝もゆっくりと出発できるので、のんびりと出かけてきました。

最新型から古いツインショックまで、参加者も参加車両も多種多様です。

f0119755_09534427.jpg

















私は多摩テック時代からの付き合いの、イワピー師匠、S籐さん、tr133さん等と回ります。

S籐さんは亀岡産のバイアルスを140ccにボアアップして本日デビューさせます。
シリンダーケースを手作業で削って広げて140のシリンダーを入れてきたそうです。
いやはや、凄いこだわり方です。
f0119755_09534486.jpg

















tr133さんはイーハトーブのRSC170cc仕様。
これもピカピカでスペシャルパーツ満載です。
f0119755_09534389.jpg

















私のパンプータ4も、スペシャルヘッド加工のあと、
キャブセッティングを見直して、ギア比も変えて大会に臨みます。
f0119755_10091335.jpg
















さてさて、セクションは初心者でも楽しめるように考えられていて、
危ない事は無く、かといって簡単でもなく、楽しめるセクションです。

例によってイワピー師匠たちは自分たち独自のラインを設定して、
私もそれに付き合う羽目になってしまいました。
普段からの練習不足で、1ラップ目の終わるころにはそろそろ疲れが見えてきました。(^^;

それでも皆さん果敢に攻めのラインを行きます。
f0119755_09534420.jpg

















・・・・・ですがこの後・・・・・

f0119755_09534512.jpg

















今日のS藤さんは、組み上がったばかりのエンジンのセッティングが出ておらず、
エンスト5点が多々見られ、ストレスのたまるトライが続きました。
結果、自身でも初(?)の最下位に沈んでしまいました。(合掌)
セッティングを煮詰めてまた一緒に遊んでください。

tr133さんも体調が悪く、見事なライディングをしたかと思えば、
何でもない所でミスをしてしまったり、出入りの激しいスコアで、
リザルトはあまり芳しくない結果となってしまいました。
f0119755_09534598.jpg





























そして私目はと申しますと、やっぱり練習不足の成果でしょうか、
特に後半はクラッチ操作が付いてゆかずに、ターンをオーバーランしてしまったり、
越えるべきステアケースに入れなかったり、悔しくもそれなりの結果でした。
ただし、改良を重ねたパンプータ4は絶好調でした。
ライダーの技量と練習不足を所々カバーしてくれるほどの出来の良さです。

さらにイワピー師匠は、TLM60改で、
やらなくてもいい「男ライン」を果敢に攻めて、
表彰台まであと一歩の4位に入りました。
さすがイワピー師匠。ただのスケベではありません。
バイクに乗るのが上手な変態です。(笑)
f0119755_09534320.jpg

















この大会は2度目の参加になりますが、
いつ来てもワイワイとアットホームな雰囲気で、
リラックスして参加できる楽しい大会です。

来年は1月21日が練習会で、以降もう一回練習会があって3月に大会があります。
バイクの完成度に負けないように、もうチョット練習に励みたいと・・・・・?
確か毎年同じようなことを言っているような気がします。(^^;

by s-fulllife | 2017-12-19 10:37 | Trial | Comments(6)
高校時代の友人の、セル付きエンジンに乗せ換えたTL。
群馬にモツ煮を食べに行ったときから調子が今一つでした。
燃費が悪く、調整してもプラグは真っ黒です。
雨が続いてなかなか預かってじっくり様子を見ることができませんでしたが、
先日入庫、ジェット類を新品に交換してもさっぱり調子は戻りません。
セッティングはそのままで、キャブレターを交換してみると、
吹け上りもプラグ焼けも良い感じになりました。

そこで、様子を見ることを兼ねてツーリングに出かけてきました。

まずは近間の志田峠に向かいます。
残土処理のため大きく切り崩された峠は、昔の面影はありません。
これだけ大規模な環境破壊をしておいて、
何故林道を通行止めにするのか?行政の考えることは理解不能です。
f0119755_19135419.jpg

















この時点でかなり寒かったのですが、
宮ケ瀬湖を抜けるころにはだんだん路面凍結が始まっていました。
どうしようかと悩みましたが、行けるところまで行くことにします。
前日は天気予報よりもしっかりと雨が降ったので、
道路脇の水たまりには氷が張っています。
寒さに耐えて路面に注意しながらゆっくりと高度を上げて行き、
ヤビツ峠に到着すると、あちこちに雪が残っています。
昨晩は雪が降ったようでした。
f0119755_19135480.jpg

















この先は南斜面になりますので、凍結の危険はかなり減ります。
途中の菜の花台では、相模湾と江の島、伊豆大島などを見渡すことができます。
f0119755_19135594.jpg

















残念ながら、富士山はそこだけ雲がかかって見えませんでした。

峠を下って、R246には出ずに、田舎道を通って戸川林道に向かいます。
ここは貴重な通行規制のないダート林道です。
途中には竜神の泉という湧き水もあります。
f0119755_19135596.jpg

















路面は整っていて走りやすく、前日の雨の影響も少なく、快適に走れました。
終点の山小屋に隣接した河川敷の駐車スペースでしばし休んで、
ピストン林道ですので、来た道を引き返します。
山小屋の先の登山道から登って行く山頂付近には、どんよりとした雪雲があります。
天気は最高なのですが、山の上では雪が降っているのでしょうか?
f0119755_19135608.jpg


















f0119755_19135573.jpg

















そうかと思えば、林道の途中ではまだ鮮やかな紅葉が楽しめます。
日向ではぽかぽかと温かさも感じられます。
午前中だけで秋から真冬を味わう事が出来ました。
f0119755_19135678.jpg

















f0119755_19331737.jpg





























林道を下って、下調べしておいた定食屋さんに入ります。
丁度お昼時だったので店内は混雑していましたが、
すぐに席が空いて入店することが出来ました。

注文したのはホルモン野菜定食。
野菜炒めに肉の代わりにホルモンが入っています。
近くに工業団地があり、モリモリ食べるお客さんが多いため、
普通盛りでも、他店の大盛に匹敵するボリュームがあります。
f0119755_19331797.jpg

















お腹も膨れて、体も暖まり、近くにある善波峠の旧道に向かいます。
ここで、後を走っていたK氏からウインカーが点いていないと指摘がありました。
いろいろ調べた結果、単なるアース不良と分かり、無事に修理完了。
この後旧トンネルの上の旧峠にも寄って昔の街道に思いを馳せます。
f0119755_19331831.jpg

















f0119755_19331914.jpg





























R246を少しだけ走って裏道に入り、
厚木七沢温泉から宮ケ瀬湖に抜けます。
陽も高くなってきましたが、日陰ではまだまだ冬の寒さです。
でもその寒さの中、養鶏場に隣接する直売所で、
最近恒例になりつつある、たまごソフトクリームをいただいて、最後の休憩をとります。
f0119755_19331925.jpg

















たまごの風味がカスタードクリームのようなほんのり黄色がかったソフトクリーム。
Sサイズですが、十分な大きさで140円(税込)です。
おじさんには財布にやさしく、ピッタリです。
美味しくいただきました。ごちそうさまです。

さて、問題のキャブレター交換したTLですが、
凍った峠道も林道も問題なく走り切って、燃費も32Km/Lでした。
これで問題も解決したようです。

そして、忘れてはいけませんが、
私のイーハトーブもツーリングデビューでした。
こちらも、SPシリンダー装備ですので、
キャブレターをPW22に交換して走ってきました。
吸排気がノーマルですので、高回転域でのパワーは今一つですが、
おかげで静かにトコトコ走れます。
燃費も35Km/Lを記録しました。
これだけ走ってくれれば十分満足です。



by s-fulllife | 2017-12-09 20:04 | 林道ツーリング | Comments(6)