ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

カテゴリ:林道ツーリング( 92 )

またまた、平日お休みのオヤジ達が、秋深まる群馬のお山に行ってきました。
おなじみのバブさんと、新型セローのランモモさん、
パリダカのイーズーライダーさん、スコさん、私の計5名です。

朝の渋滞を避けて早めに集合、幹線道路で下仁田を目指します。
富岡から立沢川ダムに到着、ここから本日最初のダート走行です。
f0119755_11533983.jpg

















お天気は最高!朝は寒かったものの、陽が当たっていれば心地良いコンディションです。
気持ち良く走って行きましたが、やっぱりこんな所に入ってしまいます。(^^;
f0119755_11534023.jpg

















お約束と言えばお約束ですが。

峠を越えて秋畑地区へ下ります。
ここは以前にも来たのですが、お目当てのお蕎麦屋さんが閉まっていて、
秋に再訪しようと決めていました。
ところが今回もお店は閉まっています。残念!

ここからまたお山を越えて下仁田方面に抜けます。
途中に以前も訪れた絶景ポイントがあります。
f0119755_12001914.jpg

















浅間山や荒船山を一望できる峠です。

この林道を下って道の駅オアシス南牧でお昼にします。
群馬のソウルフード、もつ煮定食を食べて、さあ出発!
と思ったところ、ランモモさんのバイクのキーがありません。
近所のおじいちゃんも加わって大捜索しましたが見当たりません。
あちこち探して、何とランモモさんのブーツの中から出てきました。
やれやれ、みんないい齢ですので、明日は我が身。
協力してくれた方々にお礼を言って出発します。

ここからまたまたお山を登って、御荷鉾スーパー林道を走ります。
起点となる下仁田ダムは絶景でした。
f0119755_12001943.jpg

















どこへ行っても景色が最高です。これだからお山はやめられません。

こちら側から走る御荷鉾林道は、
まだダート部分も多く残っていて、気色を楽しみながら気持ち良く走ることができます。
f0119755_11534066.jpg





























f0119755_11534021.jpg

















f0119755_11534009.jpg

















f0119755_11534072.jpg

















舗装路面もありますが、交通量も少なく気色が良いので退屈しません。

快適な尾根道を走って森林公園の管理等に到着。
一休みして、少し寒くなったので防寒着を着込んで、
あとは秩父経由で帰りました。
f0119755_12001965.jpg





























総走行距離 332Km  平均燃費 34Km/L でした。


後日談 朝が早かったので帰ってからうたた寝してしまって、
      気がついて起き上がろうとしたときに腰を・・・・・!
      この週末は大人しくしています。(哀)

by s-fulllife | 2018-11-03 12:21 | 林道ツーリング | Comments(12)
このところハッキリしないお天気が続いていましたが、
正に快晴、雲一つない秋晴れの下、富士山をぐるッと一周ツーリングに行ってきました。
本日のメンバーは、先日ご一緒したXL250RパリダカのIさん、コロッケさん、バブさん、
そして私の計4人のオヤジ達です。

Iさんとバブさんには、地理的に近い私のウチまで来てもらって、
R246のコンビニでコロッケっさんと待ち合わせて、
あまりの好天に、富士山スカイラインを通って田貫湖に向かいます。
f0119755_15474577.jpg

















f0119755_15474566.jpg

















良い天気なのですが、さすがに標高が高いと寒くなってきます。
この時点で気温12度でした。(寒!)
富士宮に下りてくると気温も上がって、絶好のツーリング日和です。
白糸の滝近くの撮影ポイントで一枚。
f0119755_15474526.jpg

















皆さん、富士山と愛車の撮影に余念がありません。

愛車と言えば、本日のバブさんの愛車は2017年式のセロー250です。
いつも怪しいバイクで登場していたバブさんが、(笑)
何を血迷ったのか、インジェクションの最新モデルに乗ってきました。(驚)
何ともケシカランというか、羨ましいというか。

さて妬みひがみはこのくらいにしておいて、
やっぱりここまで来てもダートを走ります。
以前ソロで来て、時間の都合で全部回り切れなかった林道を探索します。
f0119755_15474550.jpg





























爽やかな林道を走っていると、やっぱり台風の影響でしょうか、
所々に小さな崩落があります。
通行できないレベルではありませんが、調子に乗って走っているとこんな場所もあります。
f0119755_15474508.jpg

















f0119755_15474505.jpg

















f0119755_15474666.jpg

















ここは難なく全員クリア。
しばらく進むと地元の速いライダーが追い抜いて行きます。
そのすぐ先で道は倒木で終わっていました。
地元のライダー曰く、ここからは登山道だそうです。
f0119755_16034229.jpg

















来た道を引き返して、林道入り口近くの少し開けた場所で一休み。
f0119755_16034293.jpg

















本日はどこからでも富士山の雄大な姿が見られます。
これだけスッキリと晴れた富士山は久しぶりです。

行き止まりだった林道の反対側の林道にも入りましたが、
ここはメインの道に上がる直前が、台風の影響でガレガレです。
さらに最後はかなり傾斜もきついのでパスすることにします。
その後舗装路に出る前にハンググライダーの着陸ポイントがありました。
f0119755_16034276.jpg

















空気が澄んでいて遠くまで見渡すことができます。
この後、前回もお邪魔した丸久食堂さんで、またまたホルモン定食をいただきました。
f0119755_16034258.jpg

















このお店からも真正面に富士山を見渡せます。
f0119755_16034298.jpg

















食事の後、コロッケさんは来た道を戻るように自宅を目指します。
私たちは河口湖、山中湖経由で通行止めの道志みちで帰ります。
道志みちは通行止めですが、迂回路があるので、
大混雑のR20やR246よりも良いだろうという結論でした。
ところが、みんな結構入ってきます。
バイクはともかく、四輪車もいっぱいです。
迂回路は大型車通行不可ですので、ここでR20に向かう一団と別れます。
片側交互通行などもあり、いつもより時間はかかりますが、
それでも国道を行く気にはなれません。
道志みち、年内の規制解除は難しいかもしれないそうです。

今回の爽やかツーリング、
手直ししたシートレールもリアボックスも、
問題なく走破することが出来ました。これにて完成かな?

総走行距離 252Km  平均燃費 35Km/L でした。

by s-fulllife | 2018-10-22 16:28 | 林道ツーリング | Comments(10)
平日にお休みできる人限定で、秩父御岳山林道に行ってきました。(予定)
f0119755_18051503.jpg

















待ち合わせ場所のコンビニに、おなじみのバブさんと、
お初のXL250パリダカIさん、ランモモさんが集まって、
私を含めた4人のオヤジで秩父御岳山林道を目指します。
R299に出るまではIさん先導で、いろいろな道をくねくねと抜けて行きます。
私は相変わらず付いて行くだけの楽チンツーリングです。

ガス給油と昼ご飯を買いだして、御岳山林道に突入します。
f0119755_18051545.jpg

















路面はフラット、台風の影響でしょうか、
細かい枝や落ち葉が多く多少スリッピーです。
調子に乗って走っていると、何だかリアボックスが不穏な動きをしています。
大きめのギャップを越えたとたんにロックが外れてボックス丸ごと落としてしまいました。(悲)
f0119755_18051590.jpg

















ランモモさんとIさんからゴムヒモを借りて落ちないように固定します。
乗り降りの邪魔にならないように、ボックスもそれを乗せるキャリアも、
かなり後ろ側にセットしたのが失敗でした。
かなり重めの工具を入れたためシートレールがたわんで上下に大きく揺れていました。
帰ったらフレームの補強が必要です。
今日一日、荷物を気にしながら極力ギャップを避けて走るツーリングになりそうです。(^^;

もうすぐ出口というところで、突然大きな崩落があって通行できません。
f0119755_18051574.jpg





























仕方なく引き返します。

f0119755_18051550.jpg

















小細工で延長したマッドガードは役に立ってくれています。
泥は上まで跳ねてきません。
f0119755_18051560.jpg

















消化不良のオヤジ達は、御荷鉾林道を目指すことにしました。
お山の中を走り抜けて御荷鉾山林道の東入り口に到着。
ここでお昼にします。
それにしても寒い!冷たいコンビニのおにぎりを食べながら、
Iさん持参のプリムスでお湯を沸かしてコーヒーをいただきました。
この後、大汗をかくことも知らないで!

お昼の後しばらくフラットな御荷鉾林道を走ります。
f0119755_18440351.jpg

















f0119755_18440494.jpg

















先頭を行くランモモさんがスローダウン。
下に伸びる枝道に入って行きます。
以前、下から上がってきたことがあるそうです。

しかし、その時とは打って変わって路面は荒れています。
こぶし大の尖った石と、イノシシがほじくったのでしょうか、
土は耕されて水分を含んでいて滑ります。
台風の影響で倒木も多く、「聞いてないよ~!」といった感じでした。
f0119755_18440407.jpg

















ミラー越しにうっすらと笑ったバブさんの顔が見えます。
他人の不幸は蜜の味?
f0119755_18440487.jpg





























f0119755_18440461.jpg

















ランモモさんは先頭で障害物を取り除いて、道を切り開いてくれています。
f0119755_18440423.jpg

















そして、疲れもピークに差し掛かるころ・・・・・
f0119755_18440535.jpg

















f0119755_18440516.jpg

















悪夢の(でもちょっと楽しい)林道区間を抜けて、
舗装路に出たときには、すでに夕闇が迫って来ていて、
雲間に見える遠くの山も霞んでいました。
f0119755_18440503.jpg

















その後、来た道を引き返すようにお山をいくつも越えて、
秩父からはR299で帰りました。
ご参加の皆さん、お疲れ様でした。
また次回、爽やかな林道でお会いいたしましょう!

by s-fulllife | 2018-10-17 19:04 | 林道ツーリング | Comments(8)
10月に入ってからは、台風やら娘の体育祭やらで、
なかなか出掛ける機会がありませんでした。
そろそろ出掛けたい病の発作が起きそうな時に、
おなじみバブさんに連絡を入れると、
あちらでも連絡しようとしていたところだったそうです。
まぁ、同じタイミングでお山が恋しくなるんですね~

行き先は奥多摩。
一か月ぶりにイーハトーブを引っ張り出してきました。

天気予報は晴れて絶好のお出かけ日和のはずだったのですが、
雲行きは怪しく、奥多摩ではかなりしっかりとした雨になりました。
しかも気温は低く、たまらずにコンビニでビニールカッパを買ってしまいました。(哀)

奥多摩湖からの放流もすごい勢いです。
f0119755_10112501.jpg

















湖畔にて、低く垂れこめた雲と湖面を望みながら一枚。
f0119755_10112519.jpg

















イーハトーブは相変わらず絶好調です。

奥多摩街道を登って行って、以前ランモモさんに連れてきてもらった、
防火帯に入れる林道に行ってみましたが、
厳重なゲートとサイドはフェンスと網で覆われていて通行止めです。(悲)
f0119755_10112642.jpg

















仕方がないので引き返して、一ノ瀬高原方面の林道に行ってみます。

本日最初のダートです。
f0119755_10112629.jpg

















チョット枝道探索なども楽しみます。
f0119755_10112695.jpg

















お目当ての林道入り口に着くと、
やっぱりここもご多分に漏れず通行止めです。
f0119755_10112671.jpg

















またまた引き返して、枝道を探索しましたが、
道が無くなったり、木道や明らかな登山道にぶつかってしまって行き止まりでした。
f0119755_10211082.jpg

















f0119755_10211093.jpg





























f0119755_10211026.jpg

















おまけにバブさん号のサイドカバーを止めていたネジが抜け落ちてしまって、
路上修理が始まって、何だかいつものペースになっています。
という私も後になってキャリアのボルトが無くなっていて、
気がつかなければリアボックスを振り落とすところでした。(汗)

引き返して(何度目?)一ノ瀬林道に向かいます。
ここは規制なし。ただし舗装林道です。(^^;

その前に、一番初めに行った通行止めの林道の反対側も一応調べてみました。
f0119755_10211035.jpg

















やっぱり・・・・・しっかりと封鎖されています。

そして一ノ瀬林道。
f0119755_10280822.jpg

















一応簡易ゲートはありますが、開いた状態で通行規制はありません。
途中には展望スペースなどもあって、ここでコンビニのおにぎりにパクつきました。
f0119755_10280845.jpg

















このころには雨も上がって、雲の隙間から青空も少しだけ見えだしました。
でもカラッと晴れる事は無く、終始こんなお天気の一日でした。

舗装林道でしたが、緑と紅葉が始まっている山々の景色はなかなかです。
台風後の増水で所々に名もない滝があって気持ち良く走れます。
f0119755_10280983.jpg





























f0119755_10280953.jpg





























林道脇の登山道の入り口にはこんな標識もありました。
車やバイクはともかく、自転車を名指しの標識は初めて見ました。
f0119755_10280934.jpg

















そしてちょっと手前では、砂利を敷いた一見車道のような立派な道に、
鎖のゲートとこんな標識があります。
f0119755_10211161.jpg

















山の中に砂利を敷いた道を通しただけで環境破壊だと思うのですが。
そしてその通した道の上を走ることは森林荒廃になるのでしょうか?
こんなことを書くと炎上するかもしれませんが、
あくまでも個人の考えであり、感想ですので聞き流してください。

さてさて、そして本日最後の林道に向かいます。
が、しかし、ここもやっぱり通行止めでした。
f0119755_10440261.jpg





























f0119755_10280966.jpg





























f0119755_10440286.jpg

















f0119755_10280912.jpg





























バブさんとも話したのですが、
立派な林道名が入った看板や通行に関する注意事項の標識を設置して、
「皆さ~ん、ここが林道後山線の入り口で~す。でも入っちゃダメ!」
みたいなやり方ってどうなんでしょう。
あまりにも通行止めばかりで、ちょっと愚痴を言ってみたくなっちゃいました。

う~ん、これからは遠征しないと楽しく走れないのでしょうかね~

帰り道、暗くなってくると12VのLEDヘッドライトは威力を発揮します。
対してバブさん号はノーマルの弱弱しい明かり。
どうやらバブさんも12V化に踏み切るようです。
コンビニで休憩がてら、12V化の講習会が始まりました。
さてさてこの顛末はどうなる事やら。

結末は・・・・
本日の走行距離 230Km  平均燃費 驚きの 40Km/L でした。

by s-fulllife | 2018-10-09 11:10 | 林道ツーリング | Comments(10)
今週末は、またまた台風が襲ってくるようです。
それでなくともこのところ、秋雨前線が居座っていて雨模様になりがちです。
そんな中、貴重な晴れ予報が出ている金曜日に、
富士山をグルッと一周するツーリングに出かけてきました。

前回からの変更点は、サイドカバーを付けたことと、リアのトップケースを付けたこと。
そして、ぱっと見は解りませんが、シートの素材を変更しました。
f0119755_18220499.jpg

















前回のツーリングでは、400Kmという長距離ではありましたが、
お尻の痛さはかなり堪えました。
そこで、シートのウレタンを少しそぎ落として、
低反発のスポンジを入れました。
成型して、表面には薄いスポンジを入れて凸凹を目立たなくして完成です。
f0119755_18271542.jpg

















サイドカバーのダボはアルミ棒材を削りだして製作、
本体はSRX用のアルミ製です。
f0119755_18271563.jpg

















さてこれで快適性は向上したのか?
それを検証するためのツーリングです。

秋の交通安全運動期間中ですので、いつもにも増して安全運転で道志みちを進みます。
道志の道の駅は平日にもかかわらず、そこそこの混雑ぶりですので、一気に山中湖まで走ります。
富士山は雲の中ですが、わずかに頭が出ていました。
f0119755_18220483.jpg

















本日は夕方に娘のお迎えがあるので、あまり寄り道はせずに目的地を目指します。
ですが、通り道で良い景色があれば写真を撮るくらいはOKです。
f0119755_18220456.jpg

















大室山西展望台からは、本栖湖が一望できます。
遠くの山々にも雲がかかって何ともいい感じです。
気温は22度ほどで、ウインドブレーカーを着て走ると丁度いいくらいの爽やかな気候です。

そして、本日のお目当てのひとつ、
丸久食堂さんのホルモン定食。
ネットで見て、いつか食べに行きたいと思っていたところです。
f0119755_18220586.jpg

















少し時間が早かったので、私が最初のお客さんだったようです。
昔ながらのほっとする雰囲気の食堂で、
注文するとそれほど待たずにボリュームたっぷりの料理が運ばれてきました。
f0119755_18220528.jpg

















ご飯はてんこ盛り、ホルモン炒めも皿からはみ出す一歩手前といった具合です。
味も思った通り、旨かった~!
これだけでお腹いっぱいになりました。大満足です。

食後に軽く腹ごなしをするつもりです。
次に立ち寄ったのはこちらから見れば、富士山の反対側にある人造湖の田貫湖。
湖畔にはキャンプ場があって、テントを張って楽しんでいる方々がいっぱいです。
f0119755_18220883.jpg

















キャンプも楽しそうですが、今回はそれが目的ではありません。
これもかねてから行ってみようと思っていた田貫湖周辺の林道探索です。
国土地理院の地図で見ると、縦横に林道が走っています。
ネットで検索すると、通行止めの林道が多いみたいですが、
走れるものも何本かあるそうです。
早速ナビを頼りに林道の入り口を探します。
f0119755_18220556.jpg

















割合すぐに見つかりました。
今回はナビの台座をゴムでラバーマウントにしたので、
林道を含む振動にも、一度もブラックアアウトすることなく道を教えてくれました。
しかし、相変わらず林間コースでは衛星を見失う事が良くあります。
まぁ、安物ですので多くを望んでも仕方がありません。(^^;

林道は基本的にフラットで、通り抜けられて、元の舗装路の何キロか先に出ます。
しかし、その周遊コース以外に、枝道がいっぱいあって、
ほとんどが行き止まりでピストン林道ですが、
全部走れば30Km以上のロングダートを楽しむことができます。
f0119755_18220545.jpg





























f0119755_18220513.jpg





























本線はフラットですが、支線は多少のガレがあります。
と言ってもノーマルタイヤの空気圧いっぱいで走れる程度ですので、
OFF系でしたら問題ないでしょう。
f0119755_18573465.jpg

















f0119755_18573534.jpg





























f0119755_18573587.jpg





























行き止まりでは、登山道にぶつかるものや、
完全に道が無くなっている所、少し開けた頂上のようなところなどがありました。
f0119755_18573575.jpg

















f0119755_18573430.jpg





























f0119755_18573579.jpg

















木々の隙間から見えるのは、おそらく駿河湾ではないでしょうか?
f0119755_18573508.jpg

















f0119755_19033569.jpg





























f0119755_19033697.jpg





























本日はスクランブラータイプのバイクで、時間にも限りがりますので、
片っ端から走ったわけではありません。
次の機会にはちゃんとしたOFF車で、隅々まで探索してみたいものです。

ここから富士山スカイラインを抜けて山中湖から道志みちで帰ります。
標高が上がってくると涼しいを通り越して、寒いくらいになってきます。
f0119755_19033663.jpg





























表示された気温は14度。午後二時半の気温です。
あまりの寒さに、水ヶ塚公園パーキングで一休み。
終始雲に隠れていた富士山も少しだけ顔を出しています。
f0119755_19033607.jpg

















さてこの後はロードツーリングです。
行きと同じく安全運転で帰路につきました。

本日の総走行距離265Km 
平均燃費 34Km/L でした。

ちなみに、改良したシートでしたが、
やっぱり300Kmくらいが良い処のようです。
本日も耐えられないほどではありませんが、しっかりと痛かったです。(^^;

by s-fulllife | 2018-09-28 19:23 | 林道ツーリング | Comments(8)
ほぼ完成したTL23号をお伴に、
浅間山方面を目指して400km超のツーリングに出かけてきました。
ほぼ完成と書いたのは、結局サイドカバーは間に合わず、
リアのトップケースも届かなかったためです。
f0119755_12480707.jpg

















フロントのスクリーンは突貫工事で間に合いました。
スモークのつもりが、届いたのはクリアレンズ。
カーボン調のカッティングシートで目隠ししました。
隙間を埋めるために100均の下敷きで二重のスクリーンにして、
大誤算だったのは、メインのヘッドライトが思ったよりも暗かったことです。
長距離を走って帰りが遅くなり、暗い夜道を暗いライトで走るのは嫌なので、
XLのときでも実績があった補助のライトも付けました。
何だかごちゃごちゃしてしまった印象です。
f0119755_12590811.jpg





























いつもよりもかなり早めに川越のコンビニで待ち合わせをして、
国道を一気に北上します。
もちろんご一緒するのは、おなじみバブさんです。

時間が早かったのでそれほど混雑することも無く、
榛名山の脇をかすめるように浅間山を目指します。
f0119755_12463649.jpg





























嬬恋に抜ける県道の峠から浅間山を一望できるはずがあいにくの雲。
天気予報は秋晴れだったのですが、こればかりは致し方ありません。
f0119755_12463755.jpg

















浅間山の麓まで下りてきて、嬬恋パノラマラインを走ります。
途中、雲が取れてきてようやく浅間山が出て来てくれました。
f0119755_12480822.jpg

















パノラマラインから高度を上げて、高峰高原の車坂峠を目指します。
ここからこの日初めてのダート走行です。
f0119755_12480864.jpg

















道はフラットで走りやすいのですが、
長距離ツーリングのため、前後とも空気圧高目ですので、
グリップ感が薄いです。
おまけにスタビライザーが入っていない、延長もしたフロントがよれて、
どうにもフロントがうまく走ってくれません。
スクランブラー仕様のTL23号でしたが、やはり林道はフラットダートだけにしておいた方が良さそうです。
舗装路でバブさんにも乗ってもらいましたが、
ハンドルが重いと言っていました。
それは逆に安定していると言う事で、
ロードを走るとオンザレール感覚で走ることができます。
もしかしたら、こだわったはずのフロントタイヤ径はもうワンサイズ細くても良かったかもしれません。
まぁ、初めてのことですのでトライアンドエラーを重ねて完成度が増して行くと思います。

さてさてツーリングの続きです。

車坂峠はトレッキング客でにぎわっていました。
道端に路駐がいっぱいで、せっかくのお山の雰囲気もチョット興ざめです。
f0119755_12480883.jpg





























f0119755_13141926.jpg

















しかし景色はさすがに絶景でした。
小諸市内が一望できます。
ここは夜景も綺麗なようですので、機会があれば訪れてみたいものです。

さらに地蔵峠に抜ける尾根道の林道を走ります。
ここも気持ちのいいフラットダートで、景色を眺めながらポタポタ走るのがぴったりです。
f0119755_13141975.jpg





























f0119755_13141935.jpg





























f0119755_13141966.jpg

















地蔵峠から小諸に下りて牛丼店でお昼にします。
まだまだかなり距離がありますので、できるだけ時間をかけずに済ませます。

国道を走って佐久の林道に向かいます。
途中、秋の気配を感じさせるコスモスが見事な場所で一休み。
f0119755_13142000.jpg

















ガス給油の後、この先から本日最後の林道に入ります。

ここも基本フラットで走りやすいのですが眺望はあまり望めません。
全長17Kmほどの林道を堪能して南牧村に抜けます。

f0119755_13142004.jpg





























f0119755_13142072.jpg

















ここから秩父方面を抜けて帰るつもりでしたが、
バブさんのナビも私のナビも調子が悪く、
いつの間にやら富岡方面にいざなわれてしまっていました。
私のナビは、取り付け方法の問題かもしれませんが、
エンジン回転が上がって振動が増えると突然ブラックアウトしてしまいます。
帰ったらラバーマウントに改良しなければ。

諦めて混雑した国道をひたすら走ります。
夕飯をとんかつチェーン店で済ませて、もうすっかり暗くなった国道を走りました。
ようやく我が家に着いたのは夜の九時を回っていました。
朝5時から乗り始めて16時間、良く走りました。
さすがにお尻が痛くなりましたが、300Kmくらいまでならあまり疲れず乗れそうです。
何とかストリートスクランブラーと呼んでもいいレベルにはなったと思っています。

今回の総走行距離、441Km (林道30Kmほど)下道のみ、
神奈川、東京、埼玉、群馬、長野、一都四県を走り抜けたことになります。
そして平均燃費は驚きの 35Km/L でした。

by s-fulllife | 2018-09-24 13:46 | 林道ツーリング | Comments(13)
先月に引き続き、カフェーミーティングにお邪魔してきました。
今回はお休みが合ったのでバブさんもご一緒します。
当初から暑さを予想していたので、
少し早めに出発して、足柄付近のビュースポットを散策してから向かう事にします。

休日で混み合った国道を避けて、裏道を使って大井松田に出ます。
ここから以前トライアルの草大会なども開催されていた寄(ヤドリギ)に向かいます。
途中左に折れて富士山のビュースポット、尺里峠(ヒサリトウゲ)を目指します。
ところが、坂を上りながら何か後輪の挙動に違和感があります。
ありゃりゃ!見れば後輪はペシャンコ、パンクしています。
酷暑の道端でパンク修理の始まりです。
f0119755_10310060.jpg





























こびりついたビードを落とすのに一苦労して、
タイヤの表面には釘などが刺さった形跡は見当たりません。
空気を入れてチューブをよく見てみると、サイドの擦れたような跡から空気が漏れています。
原因は経年劣化したチューブでした。
修理を終えて、バブさんに車両を支えてもらって後輪を入れて、
充分にビードが出ていないのでビードストッパーは締め付けず、
炎天下のパンク修理でヘロヘロになりながら走り出しました。

入り組んだ田舎道で少し迷いながらも目的の峠に到着。
f0119755_10310185.jpg

















しかし、残念ながら雲と酷暑でかかってしまった靄で富士山は見ることができませんでした。
ここからの下りは多少ダートが残っていました。
f0119755_10310135.jpg

















f0119755_10310189.jpg





























峠を下ってからも少し近辺を探索しましたが、
チョット入り込むと夏草が茂っていて、
先ほどの峠の「ヤマビルに注意!」の看板が頭をよぎります。
と言う事で、君子危うきに近寄らず、です。
途中、旧高松分校などに寄りながら、アクシデントで時間が押してきたので、
この後の大野山はパスして、カフェーミーティングのある、いこいの村に向かいます。

f0119755_10310158.jpg

















大井松田ICを過ぎて、いこいの村方面に曲がってすぐに、
またもや後輪に違和感が・・・・・・・?
嘘でしょう~!の2回目のパンクです。(^^;

歩道の日陰にバイクを移動して、またまた後輪を外します。
先ほどの修理のパッチが甘く、端がめくれています。
サンドペーパーが見つからず、表面を荒らせなかったのも原因の一つです。
今度は、サンドペーパーを探し出して、ちゃんと表面を荒らして、
ゴムのりもたっぷり塗ってしっかりと乾かして、
もう一か所怪しい場所があったので念のためそこにもパッチを張りました。
さすがに本日2回目なので手際も良く、30分もかからず修理完了。
いこいの村でトランポでいらした方から空気入れを貸していただき、
無事にビードも出て、ようやくちゃんと走れそうです。

パンク修理完了後に上を見ると、木陰で蜂がせっせと働いていました。
疲労困憊で蜂の巣の写真など取って、現実逃避してしまいました。
f0119755_10310223.jpg

















いこいの村に到着して、少し涼んで昼食です。
ボリュームたっぷりのかつ重を美味しくいただきました。
f0119755_10310242.jpg

















食後、集まった皆さんで散歩に出るのですが、
今回は前回にも増しての大人数です。
50Km程のミニツーリングを25台のバイクが走ります。
f0119755_10572993.jpg

















はじめは金時山公園。
昔ロードバイクで来たことがありました。懐かしいな~
f0119755_10572951.jpg

















f0119755_10572903.jpg

















吹く風は心地いいのですが、風が止まると一瞬で灼熱地獄です。
早々に引き上げて次のスポットに向かいます。
道はダートに変わって、幾分気温も下がったように感じられます。
渓流と緑のおかげでしょうか?
f0119755_10573088.jpg





























前にTL仲間のシベリアさんに連れてきてもらった神社の奥社などで休みながら、
ダート道や細い旧道を走って行きます。
f0119755_11040934.jpg















f0119755_10573067.jpg





























最終的にR246のコンビニで解散と言う事でしたが、
そのR246が激混みで、皆で足柄峠を越えて大井松田方面から帰ることになりました。
ここもチョットしたダートがあって、最後にサプライズで楽しめました。

カフェミーティングにご参加の皆様、暑い中お疲れ様でした。
貴重な足柄のダートを楽しませていただきました。
主催のチェローさん、あれだけの大人数をいつも見事に引っ張って行ってくれて感謝です。

帰り道、やはり抜け道を使いましたが、行き程順調ではありません。
それでも激混みのR246を走る気にはなれず、
夕暮れの中、家路を急ぎました。
ちなみに日が暮れても暑かったです。(^^;
f0119755_10573077.jpg



















by s-fulllife | 2018-08-06 11:18 | 林道ツーリング | Comments(16)
帰り時間を気にしなくていいのが車中泊ツーリングの良い処でもあります。
しかし前日、お目当ての林道に入れず、ビーナスラインをクルージングしましたが、
思ったよりも距離を走ってしまってガソリンの残量が不安になって、
さらに、高地のガソリンスタンドが閉店していたので、
少し早めの撤収となりました。
おかげで温泉や夕食をゆっくりと楽しんで、早めに就寝することが出来ました。
これで隣に寝ているのが美女だったら申し分ないのですが・・・・
(万が一そうだとしたら逆に緊張して寝られなかったりして。笑)

ともあれ、早朝からバイクを積み込んで移動します。
二日目は八ヶ岳林道を走る予定です。

道の駅南清里で、途中コンビニで仕入れた朝食を済ませて、
バイクを降ろして準備を整えます。
早朝の清里は寒いくらいかな~、などと思っていましたが、
それほど気温は低くなく、ある意味快適な温度です。
f0119755_19531272.jpg

















早朝の高原野菜の畑では今が収穫の真っ最中でした。
お土産は帰りにトランポを停めさせてもらった道の駅で買う事にします。
その辺りはギブアンドテイクで。

目指す八ヶ岳林道は舗装化が進んでしまって、ダート区間は多くありませんが、
標高1400~1900mほどの高地を走る林道です。
当然ちょっとした枝道も含めて信号機も無く対向車もほぼありません。
道端には山から染み出した清水が豊かな苔を育んでいます。
f0119755_17141541.jpg





























f0119755_17141508.jpg

















f0119755_17141531.jpg

















普通だったら全線走破して、そのあと別ルートで帰ってくるのですが、
わざわざ国道を走ることも無いので、往復することにします。
f0119755_17141534.jpg





























f0119755_17141561.jpg





























眼前に雲がかかったお山が迫って来ては消え、
お山の表情は一瞬として同じではありません。
f0119755_17141571.jpg






























f0119755_18115873.jpg





























f0119755_17141677.jpg






























もちろん、下界の猛暑は感じられませんが、
思っていたよりも涼しくありません。
それもそのはず、林道を往復して下りてくると、
灼熱の世界が待っていました。
それも、清里でです。
道の駅でお土産を選んで、たまらずアイスにかじりついて、
バイクを積んで道の駅を出たのが11時ころでした。

トランポのエアコンで一息ついて、丁度お昼を過ぎたあたりで甲府です。
ファミレスで昼食を摂ったのですが、一歩下りたときの暑さといったら・・・・・!
この暑さの中、つくづくトランポ移動にして良かったと改めて思い知らされました。

そして何度も書いたと思いますが、もうすでにお山が恋しいです。
f0119755_19531296.jpg



















by s-fulllife | 2018-07-26 17:38 | 林道ツーリング | Comments(10)
以前から猛暑の夏に、涼しい高原のツーリングを企画していました。
しかし、移動路が猛暑では意味がありません。
ですのでトランポ投入です。
そして、どうせ遠出するならトランポで車中泊して高原を満喫しようと言う事になりました。
おなじみバブさんと駐車場で待ち合わせて、いつもより少し早めに出発します。
目指すは長野県、林道の宝庫です。

以前にも来たことがある道の駅に到着、早速バイクを降ろしてお山に向かいます。
f0119755_19281546.jpg

















初めての林道ですので入り口を探して少しバタバタしましたが無事に入り口発見。
後には明日走る予定の八ヶ岳が見えています。

地図で見るとこの近辺は林道がいっぱいです。
国土地理院の地図をプリントアウトして持ってきました。
一本目の林道を走っていると峠に出ます。
f0119755_19212016.jpg

















f0119755_19212000.jpg

















ここから網の目のような林道が広がっています。
ですが、しばらく走るとゲートがあって進入禁止になっています。
どうやら、松茸山になっているようです。
当然、他の林道もほとんど通行止めになっていました。残念!
舗装路に出て山の反対側にもある林道に向かいます。
途中、湖のほとりの公園のようなところで買ってきたコンビニご飯をほおばります。
さすがに山を下りると暑いのですが、日陰なら何とか耐えられるレベルです。
f0119755_19212006.jpg





























昼食後にお目当ての林道に向かいましたが、これは全線舗装化されていました。(悲)
しかし、この舗装林道の途中から麓に下りられる林道があります。
これはまだダートが残っていました。

f0119755_19212013.jpg

















途中でこんなものも見つけました。
さすがにこれは持って帰れません。(^^;
f0119755_19212025.jpg

















その後、この辺りの林道を探索しました。
林道の奥にモトクロスコースのように、木々の間を走り回った跡があります。
地元の愛好家たちが走ったのでしょうか?
f0119755_19212167.jpg

















次に最初に入った林道の出口付近から諏訪湖畔に抜けられそうな林道に向かいます。
大きく伐採された山の天辺から地図上では九十九折れに降りて行く道があります。
やっぱりと言うか何というか、ガレガレの廃道でした。(^^;
f0119755_19212129.jpg





























f0119755_19212169.jpg

















信州まで来ても、やっぱり入り込んじゃうんですよね~

その後無事に本線に戻って、諏訪湖畔が見えるところまで下りてくることが出来ました。
f0119755_19265645.jpg

















さて、日帰りならもうそろそろ帰宅を考えなければいけないのですが、
本日は車中泊ですので、もう一走りできます。
暑い暑い街中を通り抜けて、ビーナスラインに繋がる林道を探しましたが、
作業中のダンプの運転手に「入れないよ~!」と言われて仕方なく撤退します。
お仕事優先、作業優先です。

夏の陽はまだ高いので、それではビーナスラインを疾走することにします。
標高は1400m~、さすがに223㏄では高回転域が吹けてくれません。
事前にメインジェットを少し濃いめに交換したことが追い打ちとなってしまいました。
f0119755_19531123.jpg

















f0119755_19531196.jpg

















f0119755_19531283.jpg

















しかし、雲の上を走っているようで気持ちがいい!
こういう場所だともう少し排気量が欲しくなります。

まだそれほど暗くならないうちに道の駅に帰着。
温泉と夕食をとって早々に寝ました。明日の朝は早いので一日目は終了です。

by s-fulllife | 2018-07-23 20:02 | 林道ツーリング | Comments(8)
天気はあまり安定していませんが、奥多摩の林道に行ってきました。
おなじみバブさんと一緒です。

いつもと違う集合場所を指定されて待つこと30分。
もしかしたらと、バブさんのオッチョコチョイに賭けて、
いつものコンビニに行ってみました。
そこには私を待つバブさんの姿が。
流石のオヤジコンビです。(^^;

さて少し涼しいくらいの中奥多摩を目指します。
以前訪れた林道とその近くの別の林道2本、合計3本の林道を走破する予定です。

まずは一本目。
始めは舗装路面ですが、じきにダートに変わります。
f0119755_09543055.jpg

















f0119755_09543134.jpg





























時折小雨が降って来て、ウインドブレーカーを着込まないと寒いくらいです。
路面は締まっていて、水たまりも少なく、かえってホコリが立たずに走りやすいくらいでした。
気持ち良く走っていましたが、大きな崩落があって先に進めません。
f0119755_09543180.jpg





























途中までならバイクでも登れそうでしたが、その先が酷く、
方向転換もできそうにありません。
徒歩で登って判断して引き返すことにしました。
f0119755_09543199.jpg





























下の方に拉げたガードレールが見えています。
ピストンで戻って、次の林道に向かいます。
ここは以前訪れたことがあります。
何だかその時も小雨が降っていて、今と同じようなコンディションだった記憶があります。

ここは入り口からすぐにダート路面です。
f0119755_09543188.jpg

















f0119755_09543179.jpg





























奥多摩の林道にしては珍しく見晴らしの良い場所が点在しています。
f0119755_09543263.jpg

















今の季節は緑が濃い!
お山に行くと森の木々の呼吸音が聞こえてくるような錯覚に陥ります。
つくづく、人間は便利な都会だけでは生きていけないんだな~・・・
などと感傷的になってみたりします。
f0119755_09543246.jpg





























バブさんもなんだか嬉しそう!

頂上まで走りましたが、やっぱり以前と同じで、
道はどんどん細くなって登山道とぶつかって終わります。
方向転換が大変なので、少し手前であきらめて引き返しました。

最後に奥多摩駅の先から入る林道に向かいます。
f0119755_10142891.jpg

















レトロ調の駅舎は良い雰囲気です。
トイレ休憩後に近くのコンビニでおにぎりを買って、
林道のテッペンで食べることにします。

ここもフラットで走りやすい林道です。
途中、鹿の親子に遭遇しました。
少しの間こちらを見ていましたが、
カメラを取り出すと同時に走って行ってしまいました。残念!
f0119755_10142900.jpg





























f0119755_10142902.jpg





























しばらく走ると道は突然に無くなって、
やはりその先は登山道になっていました。
f0119755_10142939.jpg

















ここでおにぎりをいただいて、しばしダベリング。
当日は肌寒いくらいでしたので、セミは鳴いていませんでしたが、
しっかりと夏の痕跡は見つけられました。
f0119755_10142961.jpg





























さて、あとは帰るだけです。
PAMPUTA4に乗ろうとすると・・・・・!!!
オイルが漏れています。
f0119755_10142992.jpg





























一瞬、クランクケース?などと縁起でもないことを考えてしまいましたが、
原因は見えるところにありました。
f0119755_10143093.jpg

















チェーンテンショナーのカバーのネジがありません。
ここにはOリングが入っているのでそれほど強く締め込まなかったのですが、
林道走行中に落としてしまったようです。
エンジン下側ではないので、走って圧力がかからなければ漏れてきません。
これだったら走って帰っても問題ないでしょう。

帰り道、肌寒いくらいのお山が嘘のように、
下界は暑かった!
コンビニアイスではなく、マクドナルドのシェイクで涼んで帰りました。
学生たちで混み合った店内で、オヤジ二人がマックシェイクをすする、
ある種のアナーキーな展開でした。(笑)

by s-fulllife | 2018-07-09 10:35 | 林道ツーリング | Comments(4)