ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

カテゴリ:林道ツーリング( 83 )

天気はあまり安定していませんが、奥多摩の林道に行ってきました。
おなじみバブさんと一緒です。

いつもと違う集合場所を指定されて待つこと30分。
もしかしたらと、バブさんのオッチョコチョイに賭けて、
いつものコンビニに行ってみました。
そこには私を待つバブさんの姿が。
流石のオヤジコンビです。(^^;

さて少し涼しいくらいの中奥多摩を目指します。
以前訪れた林道とその近くの別の林道2本、合計3本の林道を走破する予定です。

まずは一本目。
始めは舗装路面ですが、じきにダートに変わります。
f0119755_09543055.jpg

















f0119755_09543134.jpg





























時折小雨が降って来て、ウインドブレーカーを着込まないと寒いくらいです。
路面は締まっていて、水たまりも少なく、かえってホコリが立たずに走りやすいくらいでした。
気持ち良く走っていましたが、大きな崩落があって先に進めません。
f0119755_09543180.jpg





























途中までならバイクでも登れそうでしたが、その先が酷く、
方向転換もできそうにありません。
徒歩で登って判断して引き返すことにしました。
f0119755_09543199.jpg





























下の方に拉げたガードレールが見えています。
ピストンで戻って、次の林道に向かいます。
ここは以前訪れたことがあります。
何だかその時も小雨が降っていて、今と同じようなコンディションだった記憶があります。

ここは入り口からすぐにダート路面です。
f0119755_09543188.jpg

















f0119755_09543179.jpg





























奥多摩の林道にしては珍しく見晴らしの良い場所が点在しています。
f0119755_09543263.jpg

















今の季節は緑が濃い!
お山に行くと森の木々の呼吸音が聞こえてくるような錯覚に陥ります。
つくづく、人間は便利な都会だけでは生きていけないんだな~・・・
などと感傷的になってみたりします。
f0119755_09543246.jpg





























バブさんもなんだか嬉しそう!

頂上まで走りましたが、やっぱり以前と同じで、
道はどんどん細くなって登山道とぶつかって終わります。
方向転換が大変なので、少し手前であきらめて引き返しました。

最後に奥多摩駅の先から入る林道に向かいます。
f0119755_10142891.jpg

















レトロ調の駅舎は良い雰囲気です。
トイレ休憩後に近くのコンビニでおにぎりを買って、
林道のテッペンで食べることにします。

ここもフラットで走りやすい林道です。
途中、鹿の親子に遭遇しました。
少しの間こちらを見ていましたが、
カメラを取り出すと同時に走って行ってしまいました。残念!
f0119755_10142900.jpg





























f0119755_10142902.jpg





























しばらく走ると道は突然に無くなって、
やはりその先は登山道になっていました。
f0119755_10142939.jpg

















ここでおにぎりをいただいて、しばしダベリング。
当日は肌寒いくらいでしたので、セミは鳴いていませんでしたが、
しっかりと夏の痕跡は見つけられました。
f0119755_10142961.jpg





























さて、あとは帰るだけです。
PAMPUTA4に乗ろうとすると・・・・・!!!
オイルが漏れています。
f0119755_10142992.jpg





























一瞬、クランクケース?などと縁起でもないことを考えてしまいましたが、
原因は見えるところにありました。
f0119755_10143093.jpg

















チェーンテンショナーのカバーのネジがありません。
ここにはOリングが入っているのでそれほど強く締め込まなかったのですが、
林道走行中に落としてしまったようです。
エンジン下側ではないので、走って圧力がかからなければ漏れてきません。
これだったら走って帰っても問題ないでしょう。

帰り道、肌寒いくらいのお山が嘘のように、
下界は暑かった!
コンビニアイスではなく、マクドナルドのシェイクで涼んで帰りました。
学生たちで混み合った店内で、オヤジ二人がマックシェイクをすする、
ある種のアナーキーな展開でした。(笑)

by s-fulllife | 2018-07-09 10:35 | 林道ツーリング | Comments(4)
ランモモさんからのお誘いで、セロー カフェミーティングに参加してきました。
私はセローを持っていませんが、HONDA車でも参加OKです。

当日はとにかく暑い!
梅雨が明けてから連日の猛暑が続いています。
ミーティングのある足柄まで行けば、少しは涼しいのかと期待していましたが、
やっぱりここも暑かった!(^^;

東名高速の下を通る抜け道を走って集合場所を目指します。
前にAさんの先導で走ったことがありましたが、
ようやくどこを通ったのか理解できました。
f0119755_21331095.jpg





























集合場所では、もう20台近いバイクが集まっています。
そこかしこでダベリングが始まっていましたが、
初参加の私にも、笑顔で話しかけてくれます。
同じ趣味を持ったオヤジ達の気軽さが嬉しく感じられます。
f0119755_21331013.jpg

















このまま、午前中はダベリングに終始して、
お昼ご飯の後に、主催者のチェローさんのご案内で、
周囲の入り組んだ細かい道を走り回ります。
流石地元、同じ道をトレースするのは不可能でしょう。
どこを走っているのか全く分からないうちに、
所々綺麗な景色が現れては消えて行きます。
f0119755_21331056.jpg

















f0119755_21331099.jpg

















f0119755_21331001.jpg

















f0119755_21331167.jpg

















遠くに相模湾や真鶴半島などを眺めるかと思えば、
どこに繋がっているのか見当もつかないような細い道に入っていったりします。
f0119755_21331145.jpg





























目の前の景色が開けて、初夏の太陽が照り付ける向こうに、
先ほど遠くに見えていた相模湾が迫ってきます。
f0119755_21331148.jpg

















いやはや、絶景の連続でした。

コンビニでアイス休憩をしたのちに、
地元のモトクロス場にお邪魔します。
見るからにトリッキーなコースで、
ものすごいスピードで吹っ飛んで行くマシンを目で追うのが精一杯でした。
もうスピードやジャンプは怖くていけません。
体験走行と言う事で、皆さんコースを走りました。
当たり前ですがモトクロッサーとは走りの質が違います。
まぁ、どんな物かと楽しんでいたのでそういうのもアリでしょうね。
f0119755_21331121.jpg

















最後に近くのお山の頂上まで登って歓談してお開きとなりました。
f0119755_21331106.jpg

















しかし、これだけの大人数をまとめてけん引して、
つつがなく終わらせるチェローさんは凄い人です。

また涼しくなったころ、皆さんとダべって走って笑って、
セローミーティングに参加させていただきたいと思います。

by s-fulllife | 2018-07-04 22:01 | 林道ツーリング | Comments(7)
2年ほど前に行った天空の林道。
下界は真夏日でも、お山の上は涼しく爽やか。
まるで私のような(笑)天空の林道に再び行ってきました。

当初は日曜日に行く予定でしたが、
気まぐれな梅雨のお天気に翻弄されて、急遽本日行くことになりました。

通勤通学の渋滞を避けて、朝早く集合します。
といっても、いつものバブさんと私のオヤジ二人旅です。
少し混み始めた街中を抜けて名栗湖畔に到着。さすがに誰もいません。
f0119755_17365260.jpg

















本日の相棒はイーハトーブ。
もうほとんど手を入れるところはなく、すこぶる快調です。

名栗湖を離れて有間峠に向かって行くと何やら看板が出ています。
f0119755_17365223.jpg





























え~~~~~!!!
ただでさえ冬季通行止めになるのに、
来月一日から通行止めですと~!
しかし、御上のなさる事には逆らえません。
今日来てよかった~と、小さな幸運を喜んだのでした。

有間峠を越えてしばらく走って、林道の入り口に到着しました。
実はこの林道、2年前に初めて訪れて、
あまりの気持ち良さに、また秋に再訪しようと決めていました。
ところが台風で大きな崩落があり、とてもバイクで行ける状態ではありませんでした。
そして最近になって、ネットの情報から、通行可能になったことを知り、
今のうちにと出かけてきたわけです。
f0119755_17365355.jpg





























f0119755_17365323.jpg

















f0119755_17365303.jpg





























天気予報では、この日の秩父地方は真夏日の予想です。
しかし、お山の中は爽やかな風が吹いていて、
薄めのウインドブレーカーでは少々寒いくらいでした。
f0119755_17365338.jpg





























f0119755_17491663.jpg





























そして前回も会いに来てくれた鹿の親子。
また今回もご挨拶することが出来ました。
f0119755_17491609.jpg

















道沿いにはバブさん曰く、狛犬のように見える岩なども。
f0119755_17491696.jpg





























下界では太陽に照らされてきっと暑い思いをしていることでしょう。
陽の光に反射した屋根らしきものが遠くに霞んで見えます。
f0119755_17491611.jpg

















しばらく走ると終点が見えてきました。
ダートが始まったところからトリップを確認すると、
片道21Kmの林道というロングダートになります。
f0119755_17491649.jpg

















ここでお昼にしようとしたのですが、
正体不明の羽虫が大挙して飛来してきて、
とてもお弁当を広げられる状況ではありません。

羽虫のいない所まで下って食べることにします。

でも、その前にちょっと寄り道もします。
f0119755_17491685.jpg

















右側の登りは100mほどで行き止まり。
左の下りもすぐにガレガレの下りになって、
その先に倒木があるので引き返すことにしました。
f0119755_17491778.jpg





























少し下って羽虫がいないのを確認して、コンビニご飯を頂きます。
しかしここでも虫が集まりだしたのでさっさと撤収して、林道を下って行きます。
f0119755_17491713.jpg





























舗装路に出て有間峠を目指しますが、
途中、以前大きく崩落していた林道に入ってみます。

以前の崩落とは別に大小の崩落がありましたが、
バタ足で漕ぎながらゴツゴツの岩を越えて行きます。
f0119755_18022116.jpg






























f0119755_18022154.jpg





























しかし、2Km弱走ったところで、道は陥没して無くなっていました。
これではちょっと無理そうです。
f0119755_18022288.jpg





























ここも引き返して、2本のピストン林道ツーリングは終わりです。
f0119755_18022281.jpg





























有間峠を下って青梅の市街でコンビニ休憩、アイスをいただきました。
お山の上が嘘のように、下界では排気ガスと熱気で息苦しいほどでした。
やっぱりお山が恋しいな~!
f0119755_18022279.jpg





























本日の走行距離 206Km 燃費 37Km/L でした。

by s-fulllife | 2018-06-22 18:17 | 林道ツーリング | Comments(18)
梅雨ですが奇跡的に晴れた日曜日、初見参の静岡に遠征してきました。
お山友達のランモモさん、猿ヶ島でご一緒した汚れSRさん、
何回かご一緒したことのある方もいましたが、それ以外は初対面です。
どんなコースか、どんなメンバーかも分からない、ちょっとミステリーツアー的なツーリングです。

近くの公園の広~い駐車場にトランポを止めて、
集合場所のコンビニに集まったのは総勢12名。
この辺りから危なそうな香りがプンプンとしてきました。
f0119755_09384147.jpg

















集まったメンバーの中には、何とCRFラリーまでいます。

コンビニをスタートして、10分も走らないうちに早速ダートに侵入します。
やはりOFFの環境は素晴らしいですね。

そして待っていたのは、これまた素晴らしい岩でした。(笑)
f0119755_09384158.jpg

















ラリー乗りの方はガッツあります。

道は今朝までの雨と苔と生い茂った木々でツルツルのコンディションです。
正直、レーサーで来た方がより楽しめたかもしれません。それほどのロックセクションでした。
ロックで体力を使った後は鋭角で切り返しが出来ないツルツルの細い登りです。
一度行き過ぎて方向転換してからトライします。
f0119755_09384124.jpg





























林間コースを戻るように走って、水が流れた跡の大きなクレバスがあるツルツルを下ります。
下りきると先ほどのガレガレの出発点に戻ってきます。
f0119755_09384197.jpg





























いや~これだけでも十分に楽しめたのですが、まだまだほんの序の口でした。

水分補給のため、一旦コンビニまで戻ってくると、
CRFラリーがパンクしています。
歩道の段差を利用してバイクを立てて、パンク修理の始まりです。
これだけのエキスパートが揃っていると、
パンク修理くらいはすぐに終わってしまいました。流石です。
私もチューブとタイヤを入れるところだけお手伝いさせていただきました。
f0119755_09384198.jpg

















時間も昼に近かったので、ここでそのままお昼をいただいて、
午後の部に突入です。
しばらく走ってお山に入ると、始めは普通の林道でしたが、
その先にまたまた、えげつない岩場が待っていました。
f0119755_09384246.jpg





























ここはさすがにクランクケースが心配で、尖った岩などは「盛り岩」をして、
アンダーガードが当たらいように、少しコースを作りました。
距離は午前中より短かったのですが、それでも結構な難所でした。
f0119755_09384267.jpg





























かなり前ですが、トライアルのMCFAJの大会で使ったツートラコースに、
雰囲気的にも地理的にも近い場所でした。
f0119755_10062293.jpg





























何とか難所を走り切り、その上は地元の方曰く、「もののけの森」だそうです。

苔と落ち葉とツルツル路面で遊びながら上って行くと、
最後に急角度のヒルクライムがあります。
私は見た瞬間パスするつもりでしたが、皆さんがチャレンジするのでやってみました。
もちろんあえなく撃沈です。(^^;
f0119755_10062285.jpg





























ここはピストンで戻ってくると言う事でしたので無理はしません。
撃沈した三人で休憩していると、上の方から声がします。
「何かあった~!」と返すと、「落ちちゃった~!」と返答が。
三人で登っていくと、ランモモさんがガケに落ちかけています。
4人で引っ張り上げて脱出できました。
f0119755_10062205.jpg





























このピストン林道を下ったところで、ラリーとセローのお二人が離脱して帰られました。
セローの方はほとんど初心者で、ラリーの方は普段こんな場所を走った事は無いそうです。
お二人ともお疲れ様でした。
これに懲りずにまたご一緒いたしましょう!

残りのメンバーで、地元の秘密林道へ。
もう時間も押しているので、帰り道になるように組み立ててくれます。
しかし、ハイスピードで細い道を走るので、全く写真を撮る余裕はありませんでした。

いやはや、静岡の猛者たちはトライアルバイクで苦労するところを、
OFF車でガンガン行ってしまって、なかなかの強者ぞろいでした。
またいつか地元をご案内していただきたいものです。
ランモモさんたちは、青梅のお山で「逆接待」なんてお話をしていましたが、
私は謹んでご辞退申しあげます。(^^;

夕闇迫る駐車場で、終始雲に隠れていた富士山が、
ようやく顔を見せてくれました。
凄いコースでしたが、やっぱりどこか楽しく感じてしまって、
またいつか来てみたいと思いを馳せながら家路を急ぎました。
f0119755_10062385.jpg































by s-fulllife | 2018-06-18 10:32 | 林道ツーリング | Comments(16)
天気予報ではもうそろそろ梅雨の気配が感じられます。
それでは今のうちにと言う事で、おなじみバブさんと出かけてきました。
今回は急遽スコさんもご一緒します。

集合場所からは道志みちで山中湖を目指します。
私はコレで3週連続で道志みちを走ったことになります。

今回の笛吹・勝沼方面の林道は初見参なのでどのくらい走れるのか不透明です。
ですので、保険と言う訳ではありませんが、
定番の大平山に登ることにします。
f0119755_16101242.jpg

















富士山こそ雲に隠れてしまっていましたが、変わらない雄大な景色を眺めることが出来ました。
ここに上る途中、先頭のスコさんの目の前を、
鹿の群れが横切っていきました。
危うく林道で交通事故に遭うところでした。(冷汗)

山を下って河口湖を目指します。
ここからの林道は大昔に走った記憶がありますが、
さすがに20年以上前のことなので先導はバブさんにお任せで、私は最後尾からついて行きます。
これが後の大きなトラブルの元でした。

f0119755_16101263.jpg

















f0119755_16101240.jpg





























途中いつものように枝道を探索します。
私とスコさんは早々にあきらめて引き返しますが、
先頭のバブさんは戻るに戻れず悪戦苦闘。
決して森の奥で見つけた未確認生物ではありません。(笑)
f0119755_16380443.jpg





























悪戦苦闘の成果かどうかはっきりしませんが、
走りながら生ガスの臭いがします。
確認してみると、バブさんのガソリンフィルターからガス漏れです。
タンクキャップのブリーザーで代用して問題解決しました。
f0119755_16380403.jpg

















林道を抜けて、御坂みちの旧道に出ます。
週末ですが交通量が少なく快適に走れました。
御坂町に下りてお昼にします。
バブさんが下調べしてくれた食堂ですが、
ブドウ園の中にある一風変わったところです。
f0119755_16380435.jpg

















ここでとんかつ定食をいただきました。(満)
f0119755_16380470.jpg

















食堂を出てネット上では勝沼へ抜けているという林道に入ります。
f0119755_16380530.jpg

















分岐がいくつかありましたが、すぐに行き止まりでした。
その中の一本が山の反対側の尾根に出ていて、抜けられそうかな~?
と一瞬思いましたが、道はだんだん荒れてきて結局行き止まりになってしまいました。
f0119755_16380583.jpg

















f0119755_16380585.jpg





























f0119755_16503994.jpg

















荒れた道で土と石と戯れて、もう一方の枝道まで戻ります。
がしかし、結局ここも行き止まりで本線の分岐まで戻ることになりました。
f0119755_16504025.jpg





























本線はフラットで気持ちの良い林道です。
どこまで続いているのか?勝沼に抜けられるのか?
とにかく走って行くと、眼下に中央高速道が見えてきました。
完抜けです。
f0119755_16504067.jpg

















f0119755_16585021.jpg

















走り出したときは寒ささえ感じるほどでしたが、
下界は暑い!この日の甲府の最高気温は29℃、もう一歩で真夏日です。
笹子トンネルを抜けて、このままR20で帰るか、秋山に抜けるか、
相談するためにコンビニに寄りました。
暑いのでアイスでも食べようかと・・・・・・?

財布が無い!!!

お昼代を支払って、いつもならバッグに入れるのですが、
うっかり尻ポケットに入れてしまっていました。
動きの多い林道走行で落としてしまったようです。
ツーリング用に用意した財布ですので、
カード類は入れずに多少の現金と免許証を入れていました。
最後尾ばかり走っていたので、落としたことに気がつきませんでした。

免許証の再交付・・・・・・こんな言葉が頭を巡りながら帰路につきました。
f0119755_16503916.jpg

















明けて日曜日。
昨日はそのまま引き返して林道に行っても、暗くなってしまって危険なので、
本日あさイチで林道に向かいました。
ギアは2速、財布を探しながら注意深く走ります。
私のバイクライフで、こんなにゆっくり林道を走ったのは初めてです。
エンジンを組み上げたばかりのPAMPUTA4も良く走ってくれています。

昨日は暑くて霞んでいた風景も、朝は遠くの山まではっきりと見えます。
f0119755_16504044.jpg

















f0119755_16504002.jpg





























そして探すこと2時間弱、見つけました!
誰かが置いたようにポツンとありました。
中身も無事です。
その後、朝の林道を気持ちよく走ったのは言うまでもありません。

そうそう、実は昨日、林道で立派な鹿の角を拾いました。
バブさんやスコさんからは、「高い鹿の角になっちゃったね~」
などと言われてしまいました。
f0119755_16521631.jpg





























そして本日、財布探しでゆっくり走った副産物として、
またまた拾ってきてしまいました。

これらは妻君がアクセサリー作りに使うそうです。
f0119755_16504077.jpg






























by s-fulllife | 2018-06-03 18:18 | 林道ツーリング | Comments(14)
夏の終わりに岩手で開催されるイーハトーブトライアル大会。
その大会に参加を目論んでいるモリモリさんと一緒に、
道志の林道に行ってきました。
集合場所からは、およそ往復で100Km。
ネリクラスとほぼ同じ道のりです。

二人だけと言う訳ではなく、話しがあれば同好の士は集まります。
おなじみバブさんと、あーさん、モリモリさんとコウブン、お久しぶりのスコさん、
私を入れて総勢6人の参加となりました。
f0119755_16341408.jpg

















集合場所からは道志みちをひた走り、
道の駅を過ぎて少しして右のお山に入ります。
この林道はほとんど使われた形跡がなく、
来るたびに荒れて行きます。
実はそれが楽しかったりするのですが。(^^;
f0119755_16341442.jpg





























そんな訳なので、倒木も放置されています。
いつもはTL系で、倒木など軽々と越えてしまうバブさんも、
低速の無いXL125Sでは苦労しています。
越えた先でグラリ。
立ちゴケ直前でスコさんにお助けしてもらいました。
f0119755_16341454.jpg

















荒れ放題の林道を登り切ると、開けた鉄塔へのルートが現れます。
それを鉄塔には行かずにさらに上って行くと、
木々の間にわずかに平坦な場所があります。
ここから先は希望者のみのチャレンジコースです。
f0119755_16341444.jpg





























鋭角の切り返しが続くため、OFF車はここで待機になります。
私とスコさんとモリモリさんが上を目指します。
モリモリさんはほとんど初心者ですし、スコさんはトリッカーです。
私だけが楽なバイクに乗って、ちょっとズルした気分です。
f0119755_16341416.jpg





























お二人とも、登りはガンガンと行っていましたが、
下りは「怖~い!」と言っていました。
ほとんどハンドルフルロックで下るのは怖くて当然ですよね~
f0119755_16341532.jpg

















良い汗と冷や汗の後は道志のお楽しみ、ランチタイムです。
いつもの定食屋さんに行きましたが、
名物の唐揚げ定食は6人前揃わず、
スコさんとモリモリさんは気まぐれ定食(カツカレー)になってしまいました。(ゴメン!)

f0119755_16341597.jpg

















f0119755_16513383.jpg

















しかし、カツカレーも中々のボリュームでした。

さて食後は、都留方面に抜ける道から道志みちに戻ってくるようなフラット林道を一本走って、
ちょうどその出口付近から越路線に入ります。
f0119755_16513310.jpg





























ここもいつものように荒れた路面で楽しめます。
途中、森の中に木が伐採された広場のようなところがあって、
そこからあちこちにシングルトラックが伸びています。
f0119755_16513415.jpg





























少しわかりづらいですが、そこそこの急坂です。

前回来た時に倒木や下草で探索を断念したところも、
先駆者が道を付けてくれていました。
広場から下をぐるりと回って本線に出るルートが出来上がっていました。
でも最後の登りはチョット急で、モリモリさんはあえなく撃沈。
f0119755_16513488.jpg





























幸い人もバイクも無事だったようです。
原因は助走のラインに真直ぐに入れなかったことだと思われます。
ラインをちゃんと見極めれば無問題です。

ひとしきり遊んで林道脇で小休止。
f0119755_16513491.jpg

















まだ時間は早めですが、道が混みだす前に撤収することにします。
ここから先は比較的フラットで走りやすい林道です。
ガス欠ギリギリのあーさん号は、青根のガススタンドまで何とか持ちました。
さすが高燃費のJD06です。
f0119755_16513473.jpg





























時にあーさん、カッコいいジャケットを着ていますね。
きっと何処かのジャニーズ系のイケメンが、
絶望的な身体的理由でくれたものですよね。
使っていただいて感謝です。(^^;

後は帰路を急ぐだけでしたが、
整備万全と思っていたPAMPUTA4が、
アクセルを戻したときに白煙を吹いていると指摘してもらいました。
黒煙なら分かりますが、白煙とは穏やかではありません。
まぁ、イーハトーブの本番前に問題点が洗い出せてよかったと思うべきでしょう。
早速エンジン開けて調べてみま~す。

by s-fulllife | 2018-05-27 17:20 | 林道ツーリング | Comments(14)
ゴールデンウイーク中の平日に、
関東のメジャー林道である御荷鉾スーパー林道へ行ってきました。
距離があるので久しぶりのXL223を出撃させました。
旅の相棒はおなじみバブさんです。
恥ずかしながら、御荷鉾初体験の私はほとんど道を知りません。
今回もバブさんにお任せのルート設定です。

待ち合わせのコンビニから林道の入り口までは国道を使いましたが、
時間が早かったことと平日ではありましたがGW中だったので、
比較的スムーズに走り切ることが出来ました。
f0119755_16480294.jpg

















まずはスパー林道に繋がる林道へ。
f0119755_16562808.jpg

















何と読むのでしょう?
これで「かやがかぶ」と読むそうです。
ここは入り口から少し走ったところでダート路面になります。
f0119755_16480211.jpg

















フラットなダート路面をしばらく走っていると、
いよいよ御荷鉾スーパー林道へ合流します。
ですが、ここからは延々と舗装林道を走ることになります。
途中、休憩できるスペースや開けた展望スペースなどもありますが、
東半分はほとんど舗装されていました。(涙)
f0119755_16480231.jpg





























f0119755_16480216.jpg

















ここでスーパー林道を少し離れて、甘楽町秋畑地区に向かいます。
本当はここでお蕎麦をいただきたかったのですが、
残念ながらお目当てのお蕎麦屋さんは土日のみの営業でした。
NHKの朝ドラでもおなじみの五平餅をいただいて、
以前行くことが出来なかった天空の池のリベンジではありませんが、
神の池という隠れた名所を目指します。
f0119755_16480263.jpg

















ちなみにこちらはGoogleマップにこいのぼりの里と表記がある場所です。
こじんまりと静かな良い集落でした。
f0119755_16480326.jpg

















f0119755_17141959.jpg

















さて、目指していた神の池はこれまた小じんまりとしていて、
単に湧き水を溜めただけのようでしたが、
バブさんが、上に伸びる遊歩道に動くものを発見!
神の使いでしょうか?
よく見てみると狸のようでした。
f0119755_17193399.jpg

















近づくと階段に下に隠れてしまいましたが、
上から顔はのぞくことが出来ました。
驚かせてしまってゴメンネ~!
f0119755_17141016.jpg





























神の池を後にしてさらに上って行くと路面はダートに変わり、
ほどなく開けた峠に出ます。
f0119755_17141061.jpg

















この峠、ガイドブックなどには鳥居峠と記載してあるそうですが、
正しくは茂垣峠(もがきとうげ)だそうです。
f0119755_17253755.jpg





























林道はここから下りになって、下仁田まで抜けられるようです。
景色のいい場所で写真を撮ったりしながら、
ダート路面の途切れるところまで下ってから引き返して再び御荷鉾スーパー林道を目指します。
f0119755_17141088.jpg

















f0119755_17141960.jpg

















本線に着くころにはもうお昼を回っています。
東側と違って、西側はまだかなりダート路面が残っています。
管理棟のある駐車場では四駆の先客がいたので、
林道の途中の木陰で下界で仕入れたコンビニ飯をほおばりました。
f0119755_17284283.jpg





























f0119755_17284304.jpg





























標高が高いので、麓は真夏日でも林道は心地よい気温です。
まだ山桜がきれいに咲いていました。
f0119755_17284356.jpg





























昼食後にもさらに林道を走ります。
すると、先頭のバブさんが脇道に入って行きます。
いつもは良くあることですが、長距離を走るときには珍しいことです。
少し走ると急に道が無くなっています。
数年前に大崩落して道が無くなってしまったそうです。
その後ここを回り込むように新しい道が出来て、
今はその道が本線となっているそうです。
f0119755_17284370.jpg





























本線に戻って反対側からも見てみます。
ここに落ちてしまったら一巻の終わりでしょうね~(怖!)
f0119755_17284344.jpg





























ここから道は舗装路面になります。
景色も空気も風も日差しも最高です。
するとはるか上方に展望テラスがありました。
コンクリート舗装の細い九十九折れを登ってゆくと、
秩父の武甲山から信州の山々まで、大パノラマが待っていてくれました。
f0119755_17393750.jpg

















f0119755_17393892.jpg

















f0119755_17393783.jpg







さて、この後大仁田ダムまでのルートでしたが、
こちらもダート路面が途切れるところまで走って引き返すことにしました。
途中、スズキの1000ccのライダーに助けを求められてストップ。
ユーターンしようとして立ちごけ、自力で起こせずJAFを呼んだそうですが、
こんな山奥まではなかなか来てくれず途方に暮れていたそうです。
バブさんと私とスズキのライダーと3人でバイクを起こし、
エンジンがかかることを確認して、帰り道も教えて救助完了です。
一応バイクはOFFのスタイルでしたが、タイヤはオンロードタイプです。
もうちょっと慎重に走った方が良いでしょうね~
と、ご本人が一番身に染みていることでしょう。

御荷鉾スーパー林道をほぼ全線走り切って、
これから国道を走って帰ります。
時刻はもう夕暮れ時です。
渋滞などは全く無く、秩父方面まではとってもスムーズでした。
夕日に染まる武甲山を眺める余裕もありました。
f0119755_17393895.jpg

















R299はさすがに渋滞しそうなので、
先日開通したばかりの有間峠を越えて名栗方面から帰ることにします。
これが大正解で、夕方からこの道に入る人はほとんどいないので、
青梅の市街地までは何のストレスも無く走れました。
途中、大名栗林道と西名栗林道のゲートを確認しましたが、
残念ながら固く閉ざされたままでした。
f0119755_17393857.jpg

















いや~、久しぶりに良く走りました。
総走行距離は下道のみで363Km、燃費30Km/Lでした。

by s-fulllife | 2018-05-02 18:12 | 林道ツーリング | Comments(6)
日曜日にランモモさんからお誘いがあって、二日連続でしたが、
優し~い奥様のお許しが出たので出かけてきました。
当日集合するまで、何処を何台くらいで走るのか、全くわからない状態でしたが、
最悪、道志でしたら、置いていかれても帰れますので何とかなるでしょう。

コンビニに集合してみると、始めましての方も何人かおられましたが、
見知ったお顔の方は、私の中では「ヤバイ方たち」(失礼!)リストに入っている方もいらっしゃいます。

本日ご案内してくださる方は、前にご一緒した時にCRM250で私が登れなかった鹿の谷を登ってしまった強者です。
一応ゆるいコースと言っていましたが一抹の不安も・・・・・

出発してしばらくは舗装の道志みちです。
トイレ休憩で人数を確認すると11人。
XL230改とセロー以外はトライアル車という異様な集団です。
f0119755_11571358.jpg

















早速、道志の湯から続く林道に入ります。
始めは良かったのですが、標高が上がってくると、
週半ばに降った雪で辺りは雪景色になってきます。
f0119755_11571321.jpg





























f0119755_11571313.jpg

















分岐を折れて林道越路線に入ると、半分溶けた雪と泥で田んぼを耕しているような状態に。
たまらず枝道にそれて走りましたが、その道もすぐに行き止まりです。
ここでコンビニメニューのランチにします。
越路線の脇で遊ぶ予定だったそうなので、この状態ではとても遊ぶどころではありません。
急遽、以前訪れた反対側の南斜面の廃道に行くことになりました。
f0119755_11571301.jpg





























南向きの斜面には残雪もほとんど無く、トレール車では厳しめの九十九折れを登って行きます。
f0119755_11571318.jpg





























<ランモモさんお誘いありがとうございます。>



f0119755_11571427.jpg





























今回の案内役の方はCRMからTYSに乗り換えて、それでも元気いっぱいでした。
少し広くなったところで、ヒルクライム大会が始まります。
もちろん私は見てるだけ。
4RIDEの方の視線で角度をご想像ください。
f0119755_11571413.jpg


















倒木だらけのヒルクライムの脇に本道(?)があります。
しかし、この辺りから残雪がチラホラあって、

この先はツルツルの路面と木の根や細いルートと急こう配でアタックに近い感じになります。
f0119755_11571402.jpg





























それでもさすがに強者ぞろいの集団ですので、何とか皆さん登ってきます。
ある程度まで登ったところで、これだけの人数でぬかるんだ場所を走ると、
細々とあるルートを壊してしまいそうだったので引き返すことにします。
ですが先頭のお一人は尾根まで登り切ったそうです。さすが!

来た道を引き返して高圧線の鉄塔下で一休み。
ぽかぽかと温かく、昼寝するのに丁度よい感じです。
f0119755_12110731.jpg

















鉄塔から下に向かって暗い森がありましたが、
下見に行った方から雪は無いと情報をいただいたのでそこを下ります。
雪はありませんが、倒木や急斜面や溝が続いてここもなかなか楽しめました。

最後にハッピードリンクコーナーで、ハッピーな気持ちになりつつ、
大人の雪と泥遊びはお開きとなりました。
f0119755_12110758.jpg

















今回は冒頭で「ヤバイ方たち」なんて書きましたが、
ぬたぬたと雪のおかげで逆に危険は無くいい汗を流して楽しむことが出来ました。
まぁ、チョットしたスリルは良いのですが、
その度合いが人によって違いますので、ヤバイと思ったらあきらめる。
安全第一でケガなく楽しく遊びましょう!

by s-fulllife | 2018-03-26 12:29 | 林道ツーリング | Comments(10)
本日は、おなじみバブさんのイーハトーブのセッティングを兼ねて、
表丹沢方面にツーリングに行くつもりでした。
ところが朝一で走り出してすぐに、私のイーハトーブからガス漏れ。
キャブレターからオーバーフローしています。
すぐに戻ってキャブを開けて、フロートバルブシートをノーマルに戻しました。
というのも前日に、走行後しばらくすると、少量オーバーフローしてガソリンが漏れる状態だったので、
フロートバルブとバルブシートを交換しました。
後で確認すると、シートがワンサイズ大きなもので、バルブと合わないものでした。
ノーマルに交換している間に、バブさんは気になっていたメインジェットを交換。
朝から両名ともキャブレターのメンテの時間になっていました。(^^;

二台のイーハトーブはここからようやく本来の目的地を目指します。

・・・・・・・のはずでした。

後を走っているバブさんが何かを気にしています。
信号待ちで尋ねると、ブレーキランプが点いていないと言います。
確認するとやっぱり点いていません。
すぐに近くのコンビニによって、駐車場の端っこで点検開始。
f0119755_22220767.jpg

















ブレーキランプだけでなく、テールランプも点いていないので、
アース不良を疑ったのですが、配線はきっちりとしています。
そして、日中だったので分かりませんでしたが、よく見れば淡く光っています。
しかしこれではブレーキランプの役割は果たしていません。
30Cm離れると見えなくなるレベルです。
どうやら電気は来ているようですので、バルブの不良が考えられます。
中華製の6VLEDバルブです。怪しさ満点。
幸い近くにバイクのパーツショップがあったので、私がノーマルバルブを買ってきて取り付けると、
尾灯もブレーキも問題なく光ります。

さて、この時点でお昼になってしまったので、コンビニの隣の中華屋さんでお昼にします。
f0119755_22220756.jpg

















台湾ラーメンと中華丼のセット、ランチ価格で650円+税。
ラーメンは辛かったですが、中華丼は具沢山で大盛、美味かった~

ここまでいろいろあり過ぎて、もうすっかりやる気をなくしてしまったオヤジは、
お手軽に近くの河川敷を散策することにしました。
f0119755_22220809.jpg

















f0119755_22220822.jpg

















以前もバブさんと訪れたことがある場所ですが、
のんびり散策するにはいい場所です。
川を挟んで反対側にもちょっとしたスペースがあって、
お弁当でも広げて、そのまま昼寝したら気持ちが良さそうです。
そうかと思うと、こんな「廃」なところもありました。
f0119755_22220945.jpg

















対岸に渡るための沈下橋があったのでしょう。
渡り始めてすぐのところと、川の真ん中で寸断されていました。

ここから津久井湖畔に出て、三井方面に向かいます。
はるか昔のローリング族の名残で今も二輪車は通行止めです。
もういい加減解除してくれてもいいと思うのですが?
f0119755_22220923.jpg





























この標識の手前を上がって行くと、峯の薬師に出て、津久井湖を見渡せます。
何故か本日は門が閉まっていました。管理の方がお休みなのか、もう帰ってしまったのか?
門の横を通って少しだけ景色を見て帰りました。
f0119755_22220797.jpg





























さて、バブさんのイーハトーブは、
エアクリーナーのダクトを外してジェットを変えてから調子が良くなったようです。
細かい不安要素はありますが、乗りながらつぶして行く方法で何とかなりそうです。
f0119755_22220896.jpg

















私のイーハトーブも、フロートバルブとバルブシートをノーマルに戻してからは、
ほぼ完調になりました。
アース不良でたまに右後ろのウインカーが点かなくなること以外は。
これも帰ってすぐに接点を磨いて取り付け方法もチョット変更して修理完了です。
f0119755_22220866.jpg

















4月には久しぶりの伊東ミーティングがあります。
重い工具を背負って行くのは辛いので、突貫工事でキャリアを作りました。
河川敷でも荷物は暴れずに、これもテスト合格です。

表丹沢のつもりが、相模原を少しだけ出てすぐに戻ってくるツーリングになってしまいましたが、
まぁ、たまにはこんな行き当たりばったりのツーリングも良いものですね~

by s-fulllife | 2018-03-24 23:13 | 林道ツーリング | Comments(10)
話しは2週間ほど前のことです。
お山友達の方々を猿ヶ島に案内して、
広大な河原を走り回るつもりでした。
ところが、そのために持ち込んだ MONTESA COTA315R をパンクさせてしまいました。
気が付かずにそのまま乗ってしまっていたため、ビードが落ちてしまい走行不能な状態になってしまい、
皆さんを案内するつもりでしたので、何とかビードが上がらないかと人力で励みました。
しかし、落ちてしまったビードが上がるはずもなく、後には久しぶりの腰痛と、
昔痛めた右ひじ痛が待っていました。

f0119755_15245674.jpg






























f0119755_15245625.jpg

















と言う訳で、腰サポートベルトとヒジのサポーター、湿布薬にくるまれて2週間を過ごすことになりました。
あ~情けない!

しかし、日常生活に不自由が無くなってくると、
バイクに乗りたい病が再発します。
そこでおなじみバブさんと、最近通行規制がきつくなってしまった名栗方面に、
どんなものかと、林道と体調の様子を見に行きました。

いつも通っていた短いルートにも「バイクの侵入ご遠慮ください」という立て看板があります。
ここもハイキング道と隣接していますので理解はできますが、
ハイキング道のかなり手前から進入禁止にしなくてもいいのでは?と思ってしまいます。
とりあえず横の道にエスケープして、もうこの辺りも走り収めのようです。
さて、出口近くでイーハトーブが突然不調になりました。
スローが詰まってしまったのでしょうか?
タンクの錆取、コーティングは済ませたはずなのですが・・・・・?
ところが、よく確認すると単なるガス欠でした。(^^;
少し前にメーターが動かなくなって交換したことを失念していて、
走行距離を間違えていたのが原因でした。
そこから延々とガススタンド探しが始まります。
あったと思ったら日曜休業だったり、古いナビなので、あるはずのところが更地になっていたり。
ようやくR299正丸トンネルの手前で見つかりました。

せっかくここまで来たので、旧道の正丸峠に向かいます。
ある程度標高もあって、日陰にはチラホラと雪が残っています。
峠からの下りは北側斜面なので、路面も雪が残っていました。
f0119755_15421227.jpg

















まだこの辺りでは、雪だ~!!と楽しんでいたのですが・・・・

その後、舗装路を下って林道に入ります。
標高はさらに上がって、路面に残る雪の量も多くなってきます。
が、日差しはもう春の様相で、日向では暖かいというよりも暑いくらいでした。
f0119755_15421296.jpg

















忘れられた支線があったところも、重機が入って入り口が開いています。
道の延伸こそありませんでしたが、その可能性を感じさせる工事具合でした。
f0119755_15421383.jpg

















その後も気持ちよく、時に慎重に走っていましたが、
気候は春でもここはお山の真っただ中です。
残雪は多くなってきて、思いもよらない雪中行軍になりました。
f0119755_15421351.jpg

















そして、轍になって路面が出ている所は良いのですが、
圧雪されて凍ってその表面が溶けている所が一番滑ります。
バブさんが身をもって証明してくれました。
f0119755_15421341.jpg

















その後、笑って写真を撮っていた自分も再スタートするのに難儀しました。(^^;

それでも日が当たる場所では春の陽気です。
f0119755_15421335.jpg

















この後、名栗湖側の出口には頑強なゲートが設置してありました。
昨年、大名栗林道でオートバイの単独死亡事故が起きて以来、
通行規制が強化されてオートバイの締め出しが行われています。

屁理屈かもしれませんが、通行量当たりの事故率は、
一般公道の方がはるかに高いと思います。(通行量の絶対数がまるで違いますので)
「事故が起きたので通行止めにする」では、暴走族対策で今も続く都内の意味不明な通行規制や、
R20大垂水峠のバイク規制(国道なのに!)、古くは3無い運動などのように、
手っ取り早くひとまず規制してしまう。みたいに思えてなりません。
まぁ、同じバイク乗りから見ても危ないカッ飛びバイクがいることも事実です。
いくらゆっくり走っていても、事故が起こることもあります。
林道に限ったわけではなく、一般道でも同じです。
事故に遭う確率を少しでも下げるように、ライダー一人一人が気を付けるしかないのでしょうね~

と言う訳で、名栗湖方面のロングダートは頑強なゲートで塞がれていて通り抜けできませんでした。(哀)

気を取り直してお山を下って、名栗湖畔で休憩した後、
バブさんが見つけたカフェのような食堂に向かいます。
街道から少し入った場所にあるため、知らない人は見つけるのが難しいと思います。
f0119755_15421325.jpg

















やまね食堂さんです。
民家にカフェを増築したような感じで、
薪ストーブとカウンター席、テーブル一つの小さなお店です。
ここで、手打ちうどんの大盛をいただきました。
f0119755_16141546.jpg

















うどんは太い平麺でキノコとネギのツユにくぐらせていただきます。
シンプルですが、良い感じの歯ごたえと、ツルツルののど越しを味わう事が出来ます。
天ぷらは季節によって内容が変わるようですが、
その日はフキノトウと山芋、キノコとオクラなどが出てきました。
揚げたてサクサクで、これもおいしくいただきました。

食後は店のすぐ裏の河原を歩いてのんびり腹ごなし。
釣り人に聞くとヤマメが釣れるそうです。

帰りがけにもう一つ、通れるかどうか気になる林道を調査。
無事に走れることが判明しました。
f0119755_16141549.jpg

















最近は規制、規制で走れる場所がどんどん減ってきました。
体のこともありますが、走れるうちに走れるところを、
できる限り安全運転で楽しみたいものですね~
f0119755_15421350.jpg

















すっかり調子を取り戻したイーハトーブ。
出だしのガス欠以外はすこぶる快調でした。

by s-fulllife | 2018-03-05 16:30 | 林道ツーリング | Comments(10)

by ぷーたとうさん