ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

(注)当ブログは筆者の個人的な備忘録です。バイクの改造に関しては自己責任で! みなさんも是非トライ&エラーを楽しんでください。

カテゴリ:その他のバイク達( 68 )

先日のツーリングで気になっていたことをやっつけたいと思います。

トップケースの位置はベースの取り付けを少し後ろにずらすだけですぐに完了。
スクリーンの角度を立たせるのとナビの位置変更は同じ手法でやります。
その手法とは、ツーリングセローのように、
ヘッドライトフレームにオプション用のフレームを追加する方法を取ります。

まずは追加フレームを固定するダボを溶接します。
f0119755_15272257.jpg

















このダボにはあらかじめ穴を開けてナットを溶接しておきます。
ここに「コ」の字型に曲げた3㎜厚のアルミアングルを取り付けて、
ナビとUSB電源を移設、反射で見えづらくならないように艶消しの黒で塗っておきます。
最後に角度を調整してスクリーンを取り付ければ出来上がり。
何だかツーリング車っぽくなったでしょう?
f0119755_15272293.jpg





























f0119755_15272288.jpg

















そしてもう一つ。
私の好みでハンドルを立ててあります。
するとメインキーが奥まっていてON/OFFやハンドルロックの操作がしづらくなります。
そこで、もう何度かの作業実績のあるアルミ板サンドイッチ工法でキーヘッドを大きく加工します。
f0119755_15272214.jpg

















しかしこの方法は成型が大変で、金ノコとヤスリで格闘すること一時間余り、
大汗をかいて完成させました。

もう一つだけ、ペラペラのアンダーガードをどうにかしたいのですが、
これはまた次回という事にしておきます。

by s-fulllife | 2019-08-30 17:20 | その他のバイク達 | Comments(10)
先日、足柄のカフェミに参加した折、パリダカがシフト不良のトラブルに見舞われてしまいました。
部品が届いたのでさっそく修理してみました。

このバイクのサービスマニュアルは持っていませんが、
同系列のバイクのマニュアルを見ると、案外簡単に出来そうです。
f0119755_16490934.jpg

















オイルがこぼれないようにバイクを左側に傾けて右クランクケースカバーを開けます。
f0119755_16531774.jpg

















黄色い楕円の部分がシフトプレートで、リーターンスプリングはその裏側に入っています。
遠心分離式のオイルフィルターとクラッチハウジングを外し、
反対側のシフトペダルを外しておけば簡単に引き抜けます。

ここで気がつきましたが、結局シャフトを抜いてしまうので、
反対側からオイルはダダ洩れです。
バイクを傾けるよりも、あらかじめオイルは抜いておくべきでした。(^^;

出てきたリターンスプリングは先端が見事に折れて(延びて?)います。
新品に比べると隙間も開いていてヘタッているのが分かります。
f0119755_16443076.jpg

















f0119755_16443143.jpg

















古いスプリングを外してみるとゆるいのを通り越して折れていました。
f0119755_16443046.jpg

















危ない、危ない、これがギアに噛み込んだりしたらゾッとします。
先端が折れた小さな破片は見つかりませんでしたが、
何度かのオイル交換でもう外に出ているのかもしれません。
カフェミの前から少しシフトに違和感があったのですが、原因は恐らくコレでしょう。

せっかくクラッチをバラしたので、ハウジングの当たり面についた段差を慣らしておきます。
f0119755_16443178.jpg

















明日試走に行ってみて問題が無ければこれで終了です。

パイン山さん、こんなんで参考になりますか?

by s-fulllife | 2019-02-12 17:20 | その他のバイク達 | Comments(10)
昨年の夏以来のセローカフェミーティングに行ってきました。
イベント名はセローですが、どんなバイクでもOK。お気軽でユル~いミーティングです。

厚木で待ち合わせて、おなじみのバブさん、ランモモさん、イーズーライダーさん、私の4人で、
会場となる「いこいの村あしがら」を目指します。
朝は寒かったのですが、気温はどんどん上がって、一足早く春が来たようです。
f0119755_17245297.jpg





























実は前日にこんなものを取り付けていました。
f0119755_17245202.jpg

















f0119755_17245280.jpg

















ピンクナンバーのバイクは幹線道路などで煽られることもあります。
その対策と、自分自身も安全運転を心がけるきっかけとして。

もう一つ、しばらく置いておくとオイルが垂れてきます。
どこから漏れているのか?
探してみるとシフトチェンジシャフトのオイルシールが斜めに打ち込まれていました。
f0119755_17245235.jpg

















塩ビパイプで均等に打ち直します。
f0119755_17245272.jpg

















ですが、しばらく斜めの状態だったので漏れてくる可能性大です。
漏れてくるようなら交換ですね。

話をツーリングに戻します。
東名高速の側道を気持ちよく走っていたのですが、
突然シフトダウンが出来なくなってしまいました。
会場まではもうすぐなのですが、踏み込んだシフトペダルが戻ってきません。
結果、それ以上踏み込めずにシフトダウンできない状態になってしまいました。
走りながらいろいろ考えましたが、シフトリターンスプリングが折れたのか外れたのか?
どちらにしろこのままでは走れません。
いろいろ工夫して、一度踏み込んでから少しペダルを上げて、
もう一度踏み込むとシフトダウンできました。(^^;

何とか会場に到着することが出来ました。
f0119755_17245253.jpg

















春の陽気に誘われて、会場には40台のバイクが集まりました。

セローが一番多いようでしたが、スクーターからTYFや他社のOFF車など、
中にはオバちゃんの買い物チャリのようなバイクも。
f0119755_17245258.jpg

















とにかくこのままでは走りづらくていけませんので、
何とか応急修理しようと思います。
要は踏み込んだチェンジペダルが戻ってくればいいので、
いこいの村のフロントで輪ゴムをいただいて、これで上から釣ってみます。
f0119755_17420255.jpg

















そうこうしているうちにお昼になったので皆で会食。
私はカツ重をいただきました。
f0119755_17420266.jpg

















午後からは近くの里山を散歩します。
さてさて、応急修理したパリダカは参加できるのでしょうか?

結果は全然ダメでした。
輪ゴムで上に引っ張ると、今度は下に戻ってこないのでシフトアップできません。(^^;

散歩はパスして、早々に帰ることにしました。

しかしせっかくここまで来たのでお土産を購入。
f0119755_17420341.jpg

















ランモモさんたちが買った大きめのミカンは酸っぱかったのですが、
小さめのミカンはほど良い酸味で美味しくいただきました。

ミカン畑の中の小道では梅の花が咲いていて、春はもうすぐそこに来ている感じです。
そして、花粉もすぐそこまで忍び寄ってきています。(^^;
f0119755_17420252.jpg



















by s-fulllife | 2019-02-05 17:55 | その他のバイク達 | Comments(18)
先日のツーリングで、ほとんど大丈夫だったXL125Rパリダカ改でしたが、
細かいところを手直ししてチョット走ってきました。
f0119755_18233476.jpg

















アクセルワイヤーが短かった件は取り回しを変えるというよりも、
タンクの真下を通して問題解決しました。
ウインカーの位置をアンダーブラケット横に移動してタンクにも干渉しなくなりました。
サブライトの位置はトップブリッジ横に移動して、フロントフェンダーが邪魔しないように、
なるべく上から照らすようにしました。

そして割れてしまったスクリーンは反対側も同じようにカットして成型、
ステーを自作して取り付けました。
100均の下敷きでは車格に比べて小さすぎたのでこれでバランスが取れました。
f0119755_18233428.jpg

















エンジンオイルも交換しました。
出てきたオイルは真っ黒でサラサラ、
交換で気持ちシフトの入りが良くなったように感じます。

実は今回、一番苦労したのはガソリンタンクキャップでした。

引き上げてきた車体はキャップのキーとメインキーが別でした。
この時代のOFF車はほとんどがキャップにキーなど付いていなかったのですが、
これだけのビックタンクですし、他のバイクとの差別化のためパリダカはキー付きのキャップを採用しています。
もちろん今更新品はありません。
ですが、リアボックスも付けるつもりでしたので、キーが余分なのは困ります。
キー無しで開くように改造しようかとも思っていましたが、
押し込んでロックがかかる機構ですので、キー無しではロックされません。
そこで何か流用できるキーセットは無いものかとネットで探しまくりました。
そして寸法がピッタリだったのは、ロードバイク、ジェイドのキーセットです。

ところがタンクキャップはピッタリとロックされますが、
キャップとタンクの段差が開いてしまいます。
知恵を絞って、アルミ板を切り出して隙間を埋めました。
f0119755_18231274.jpg

















f0119755_18233395.jpg

















パッと見は分からないでしょ?

エンジンは快調です。
普通に使う領域では問題ありません。
しかし意識して高回転まで回すと、少しだけ回転が上がり切らない感じです。
プラグは白いので、メインジェットを交換してもう一度走ってきたいと思います。

6速のシフトは慣れないとつい5速で走ってしまっています。(^^;
いやはや、総じて実に良くできたバイクです。

30余年の時を経て、また巡り合ったパリダカ。
チョイ乗りでしたが、昔走った光景とオーバーラップしたり、
当時は無かった場所だったり、
寒さも忘れてあちこち走り回りました。
f0119755_18233306.jpg





























f0119755_18233401.jpg





























f0119755_18233419.jpg

















f0119755_18233454.jpg

















f0119755_18504781.jpg

















f0119755_18504754.jpg

















f0119755_18504766.jpg



















by s-fulllife | 2018-12-14 18:57 | その他のバイク達 | Comments(2)
妻君の気管支炎に続いて娘も体調を崩しています。
バタバタ続きもあって、22号のリアサスレイダウン作業は終わりましたが、
外装などに手が回っていません。

ああ、それなのに、それなのに。

次のバイクがやって来てしまいました。
そしてやって来てしまうと、いじりたくなってしまいます。(^^;

一日かけてヘッドライトの枠を作りました。
スクランブラーのヘッドライトは思ったよりも明るくなかったのですが、
今度のライトは明るいでしょうか?
f0119755_10465177.jpg





























f0119755_10465034.jpg





























老化のためか、特に最近目が悪くなってしまって、
夜ヘッドライトが暗いのは非常に怖いのです。
こんなときは文明の利器に頼ってライトを明るくするのが一番です。
良い時代になりました。

by s-fulllife | 2018-12-06 10:56 | その他のバイク達 | Comments(8)
最近、うちのニャンコに元気がありません。
由緒正しい野良でしたが、先代ニャンコに続いてうちの家族になりました。
その先代も亡くなって、現在では唯一のニャンコです。
肝臓の数値が悪く、毎日3回薬をあげなければなりません。
本日は妻君がお出かけですので、お昼の薬は私の担当です。
でも良いお天気。来週のツーリングの下見でもしてこようかな~
朝少し早めに出れば、薬の時間までに戻ってくることができます。
そんな悪だくみを聞き逃さなかったのが中学2年生の娘。
私も行く~! と言う事になりました。

朝早いと言っても、場所的にはミニツーリング程度ですので8時に出発。
道志みちを走って山中湖を目指します。
途中トイレ休憩を入れます。
f0119755_14595612.jpg





























今まで最長でも宮ケ瀬湖どまりでしたので、少し早めの休憩です。
それにしても、やや大きめではありますが、
妻君が着ていたエボのジャケットを着られるようになりました。
嬉しいやら悲しいやら。

大渋滞した道の駅を横目に見ながら、気持ち良く走っていると、
本日は自転車の大会があるのでしょうか、
ゼッケンをつけた自転車がやたらと多く走っています。
私も若かりし頃は自転車で道志みちを良く走ったもでしたが、
今はそんな元気はありません。
といっても自転車の中には私より年上らしい方もチラホラ。
今更街中は走る気になりませんが、たまにはトランポで持って行って、
気持ちの良い場所だけ走って来る、なんてことやっても良いかもしれません。

自転車たちに感心していると、もう山中湖は目の前です。
見晴らしの良いパノラマ台はすでに車とバイクが溢れています。
もう少し上ったところでバイクを止めて一休み。
f0119755_14595657.jpg





























富士山はいつ眺めても良いものですね~

時間の関係もあるのでこの辺りで引き返します。

お昼前の道志みちは大混雑。
しかし、相模原方面はスイスイです。
少し早めですが、やっぱり大混雑した道の駅の裏の食堂へ。
おなじみボリューム満点の唐揚げ定食をオーダーします。
娘は食べきれそうもないので親子丼です。
f0119755_14595662.jpg

















私たちの次に来た方も唐揚げ定食を頼んでいましたが、
もう品切れと断られてしまっていました。
朝からオードブルの注文が入ってもう唐揚げの材料が無いそうです。
ギリギリでした~。

お腹いっぱいになったところで、相模原を目指します。
一応来週の下見を兼ねていますので、林道の入り口を再チェックしながら、
バイクを走らせます。

相模原も近くなったところで、タンデムの娘がやたらと寄りかかってきます。
お腹いっぱい食べて眠くなってしまったようですので、
コンビニに寄って休憩をとるつもりでした。
ですが、よく使っていたコンビニは更地になってしまっていて跡形もありません。
仕方が無いので、もう少しだけ我慢してもらって、
愛川のたまごソフトを食べに行くことにしました。
f0119755_14595649.jpg

















慣れないタンデムツーリングで、お尻が痛いと言っていた娘も、
冷たいソフトクリームで気分も上々です。

そのうち免許を取って一緒にツーリングに行きたいなどと言っていますが、
自分のことを棚に上げて、やっぱり心配してしまいそうです。(^^;

by s-fulllife | 2018-05-20 15:31 | その他のバイク達 | Comments(10)
今年最後のツーリングは、ご近所の湘南平へ行ってきました。
ご近所ですが、実は初めての訪問です。

厚木のコンビニでいつものバブさんと待ち合わせをして、
そこから、ものの1時間もかからない道中です。
小田原厚木道路の側道をのんびりと走って、
平塚東IC出口の辺りで県道62号線に入ります。
ここでバブさんのセローから異音がするというのでストップして確認。
どこを見ても異常はありません。
異音も一時的なだけで、すぐに収まったそうなので再スタートします。
それにしても、富士山がきれいでした。
f0119755_11382223.jpg

















県道63号線に入り、道なりに進んで右折、大きな右カーブのところを左折すれば、
湘南平まで上って行く道になります。
てっぺんの駐車スペースはあまり広くありませんが、
バイク用のスペースもしっかりと確保されています。
f0119755_11382246.jpg

















駐車スペースのすぐ上に大きく開けた展望広場があり、テレビ塔や展望塔もあります。
広場からは相模湾が一望できます。
今まで来たことが無かったとは、勿体無いことをしました。
f0119755_11382317.jpg

















f0119755_11382333.jpg






そして、展望塔からはさらに、富士山や丹沢の山々、神奈川の市街地など、
360度の大パノラマを楽しむことができます。
f0119755_11382353.jpg

















f0119755_11382362.jpg







オマケに、展望塔の中はイスとテーブルが備え付けてあって、
飲食や休憩のスペースとして使えます。
f0119755_11382349.jpg

















さらに、オーシャンビューのレストランなどもあって、
カップルに大人気なのも頷けます。

ウチからも1時間ほどの距離ですので、
家族サービスで点数を稼ぐには絶好のポイントだと思います。

さて、良い景色を堪能して、
さすがにオヤジ二人でオーシャンビューのレストランと言う訳でもなく、
自分たちに似合った場所でお昼にします。
ガテン系ご用達の善磯食堂さんへ向かいます。
湘南平からは15分ほどで到着。
f0119755_11382402.jpg

















店内はすでに満席に近かったのですが、
タイミングよくひとテーブルが空いてすぐに席に着くことが出来ました。

私は何の予備知識も無かったのですが、
バブさん曰く、ご飯がおひつで来るそうです。
私はミックス定食を、バブさんはアジフライ定食を注文しました。
ほどなく運ばれてくると、おかずはしっかりとボリュームがあるくらいでしたが、
ご飯は、小さめのおひつにいっぱいです。
普通のお茶碗で2~3杯分くらいでしょうか?
f0119755_12015978.jpg

















バブさんは、注文時にしっかりと、ご飯半分で!と言っていましたが、
それでも多めで、食べきるのに苦労していました。
私は・・・・・大変おいしくいただきました。(^^;

本日のスケジュールはほぼこれで終了でしたが、
以前訪れた、いこいの村が近くにあります。
以前は、ちょうど富士山方面が曇っていて見ることが出来なかったので、
リベンジの意味も込めて立ち寄ってみます。
せっかくなので、曽我の丘陵地帯を走り抜けて向かいます。
f0119755_12020031.jpg


















f0119755_12020043.jpg





























f0119755_12020118.jpg

















本日初めてのダート道を走って、いこいの村に到着。
念願の富士山を眺めました。
が、しつこい雲に邪魔されて、全景を見ることはかないませんでした。
f0119755_12020102.jpg

















何だかここと富士山の組み合わせは相性が悪いようです。

さてこの後はもう帰るだけですが、
渋滞した国道で帰るのは避けて、裏道で行きます。
ナビに表示される細い道をつないでゆくと、
ミカン畑の中をぐるぐると走って、廃道寸前のような道に出ます。
これはこれで楽しかったのですが、
ロードバイクや四輪車でこの道に案内されたらキレてしまいそうです。
f0119755_12020143.jpg





























この後無事に県道に出て、バブさんとは厚木近辺で分かれて、それぞれ帰路につきました。

さて、今回のツーリングで試してみたことがありました。
アマゾンで買った激安のグリップヒーターです。

冬のツーリングで一番つらいのはもちろん寒さです。
体や足は防寒着を着込むことである程度までは我慢できます。
足先、ひざ、指先、首などが最も風を受けて寒い場所です。
特に指先は、凍えてしまってクラッチやブレーキ、
ウインカーの操作などが遅れてしまうと危険でさえあります。

今まではお山探索バイクなどでグリップヒーターを考えた事は無かったのですが、
XL223はツーリングバイクに使っていますのでアリかな?
と思っていたところ、偶然にアマゾンで激安品を見つけたので、
ダメ元で試してみました。
f0119755_12215570.jpg

















f0119755_12020186.jpg

















結果、これは良いです。
グリップへの固定が、熱収縮チューブを使っているので、
少々滑る気もしますが、ツーリング用として考えれば十分に合格点です。
そして何よりも暖かい!
2段階切り替え式ですので、スタート時や朝夕の寒い時は「強」で、
日中や比較的暖かい時間帯は「弱」で、
当日はずっと「弱」のままでも十分に暖かく感じました。
このクオリティーで送料込み700円!
ホカロンを買ったと思えば、ワンシーズンでも十分に元が取れると思います。

そしてもう一つ。
2シーズン目に入った冬用のグローブですが、
こちらはクオリティーに問題ありでした。
某ホームセンターの防寒手袋ですが、
買った当初から、あちこちがほつれだして、
そのたびに縫い合わせて使っていました。
当日も気が付くとまた2カ所ほつれていて、
いい加減気分が悪いので、ワークマンの防寒手袋に買い換えました。
f0119755_12215602.jpg





























f0119755_12215778.jpg

















f0119755_12215726.jpg

















ちなみに、修繕したところを数えると、
左右合計で18箇所もありました。チョットひどすぎます。(怒)

by s-fulllife | 2017-12-27 12:50 | その他のバイク達 | Comments(8)
先日の八ヶ岳ツーリングでレギュレーターを落とすと言う大失態をやらかして、
不動となったXL223RALLYを復活させます。
と言っても、走るだけでしたら、代わりのレギュレーターを取り付けて、
バッテリーを充電すればすぐに復活できてしまいます。
f0119755_11480272.jpg

















前回はエアクリーナーボックスの裏側上部に取り付けましたが、
プラに取り付けたので、締め付けが足りなく、緩んでしまって脱落したものと思われます。
そして今回は、純正のツールボックスを外して、そのスペースにしっかりと取り付けました。
サイドカバーに隠れてしまいますが、今回の失敗を教訓にして、随時確認することにします。

さて、実はおおごとだったのが、キャリアの方でした。
スクーター用を加工して取り付けたキャリアは、
工具などの重い物を積載して、林道で飛び跳ねるとやっぱり強度に不安が残ります。
ですので、ヤフオクでOFF車用のアルミキャリアに入札していたのですが、
落札前に折れてしまったという訳です。
結局入札中のキャリアも高騰してしまって落札できず、
やっぱり、貧乏人は自分で何とかしなければ!と言う事になりました。(^^;
f0119755_10440238.jpg

















ガレージのストックパーツ(ガラクタ)を物色すると、
以前まとめて落札したスクーター用のアルミキャリアがありました。
これは、一般的なスクーター用よりも広く、固定さえしっかりすれば使えそうです。
今回はリアのサブフレームに直接ダボを溶接します。
f0119755_11480284.jpg

















溶接個所の周りを濡れた新聞紙でカバーして、
6mm厚の鉄板を溶接して、強度を確保するために補強もいれます。
f0119755_11480267.jpg

















両サイドも6mm厚の鉄板棒でステーを作って、
サブフレームの取り付け部分にしっかりと固定します。

f0119755_11480312.jpg

















シートの後端が当たりそうなので、逃げも作っておきます。
キャリアを支えるV字型のステーも補強を入れて、全身補強だらけです。(^^;
f0119755_12071448.jpg

















f0119755_12071554.jpg

















f0119755_11480358.jpg

















さすがにこれで大丈夫だと思います。

さてさて、次はどこが壊れるのでしょうか?(^^;
f0119755_12110727.jpg
















by s-fulllife | 2017-10-06 12:17 | その他のバイク達 | Comments(3)
先週末の土日を利用して、群馬方面にツーリングに行く予定でいましたが、
梅雨に戻ってしまったような天候のため、8月に延期となりました。
天気予報でも、実際にも、北関東は雨の週末だったようですが、
沿岸部は晴れ間ものぞく予報です。
そこで、日曜日に日帰りで県内をツーリングする計画を立てました。
が、しかし、朝起きてみると外は雨です。
メンバーに連絡して、中止を決めたのですが、
バブさんはすでに出発した後でした。
それではと、結局いつものオヤジ2人のツーリングとなりました。

走り出しても雨は降ったりやんだりを繰り返しています。
途中、R246の旧道、旧善波トンネルに立ち寄りました。
f0119755_09514563.jpg

















本日は久しぶりのHONDAの赤いトレール車2台です。
さらに、この旧トンネルの上には古道も存在します。
トンネルをくぐって反対側から細い道を上って行くと、
大きく切り開かれた切通に出ます。
f0119755_09514432.jpg

















昔はこの道が東西の行き来を担っていたのでしょうね~

この先は登山道になっているので、引き返して雨のR246を西進します。
雨と言っても、ずぶ濡れになるほどの雨ではなく、
時折強まりますが、場所によっては路面も乾いているくらいです。
気温も適温で、薄めのウインドブレーカーを着て走るのが丁度いいくらいです。
考えようによっては、この季節にしては思いのほか快適なツーリングです。

XL223のスクリーンやハンドガードも雨に濡れるのを少しは防いでくれます。
そのXLのスクリーン内はこんな感じに変わりました。
f0119755_09514518.jpg

















ナビの位置を中央上方に移動して見やすくしました。
電源はアマゾンで1000円弱で購入したUSB端子、電圧計付きです。
小雨くらいでしたらほとんど濡れないですみます。
雨が強まったら、ビニール袋ですっぽりと覆ってしまえばOKです。
今回は思わぬ雨天のテストが出来ました。

その後、スマホのアプリで雨雲の動きを見つつ、
かご坂峠から山中湖に入って、美味しい吉田うどんをいただき、
いつもの道志みちで帰ってきました。
朝ゆっくり出たのですが、3時前には帰着して、洗車する余裕もありました。
バブさんと、「寄り道しないと早いね~」などと話して、
でも次は好天の下、群馬に行きましょうと思いを巡らせるのでした。

by s-fulllife | 2017-07-31 10:14 | その他のバイク達 | Comments(6)
先日試乗して、ピストン交換が必要と感じたXL200改。
ヤフオクで中古良品のピストンを落札して、組み込んでみました。
結果、あれだけうるさかったエンジンは、ジェントルマンの静かさになり、
上り坂でも十分なパワー感が戻ってきました。

そこで、ご近所の気になるところへ試乗を兼ねて行ってきました。

まずは、「刺坂」改め桜坂へ。
f0119755_11514735.jpg

















旧名は物騒な名前ですが、いろいろと由来はあるものです。
今はひっそりと県道の陰に隠れるように在ります。
f0119755_11520283.jpg





























そして、ここから下方の田んぼのあぜ道に向かって九十九折れの細い道があります。
河岸段丘の上下をつなぐ道ですが、XLで侵入するのはちょっと勇気がいります。
九十九折れの角度と、斜度がかなり急で、トライアルバイクでないと難しそうな感じです。
下側から見てみるとこんな感じ。
f0119755_11520356.jpg





























すぐ上は先ほどの桜坂ですので、おそらく数十メートルでしょうが、本日は撤退します。

次に、先日バブさんと訪れた中津川の河川敷よりもうちょっと上流の河原。
川沿いに道は続いていますが、1Km弱で行き止まりです。
f0119755_11520316.jpg

















ここもあと数十メートルでその先の広場に出られるのですが、
夏草とテトラポットに阻まれて引き返すことにします。

橋を渡って、打越峠の隣の名も無い旧道。
かと思いきや、帰ってから調べてみると、平山坂と言う名前があったみたいです。
f0119755_11520331.jpg





























その平山坂のすぐ近くに、何やらダートの臭いが。
登山道へつながる林道のようですが、荒れていて、車両が通った気配はありません。
f0119755_11520397.jpg

















f0119755_12140960.jpg





























f0119755_12140821.jpg





























ガードレールがあるので、一応は車道のようですが、
こんな道に入ってくるもの好きはそれほど多くはなさそうです。
道は1Kmほどで階段の登山道に繋がって終了です。
f0119755_11520405.jpg





























やはりなかなか長く走れる場所は見つかりませんが、
XL200改223は気持ち良く走ってくれました。

最後に宮ケ瀬湖畔の公園でお弁当を食べて帰りました。

f0119755_12141005.jpg

















前回とサブライトの位置を変えて、フロントフェンダーがあまり邪魔にならない所に取り付けました。
CL400のときに使っていたハンドガードも取り付けました。

それから、少々小細工ネタを。
バックミラーの付け根のゴムカバーが経年劣化で酷い有り様になっていました。
f0119755_12225691.jpg





























この蛇腹部分だけネットで売っていますが、あり得ないくらいのお値段です。
前々から何か代用品はないかと思っていました。
先日ホームセンターで見つけたグリップのスポンジ部分と電気工事用のコネクターカバー。
この二つを合わせてDIYしてみます。
f0119755_12225670.jpg

















コネクターカバーはサイズや色がたくさんあるので、
ミラーの支柱の径に合うものをチョイスします。色はお好みで。
グリップのスポンジは半分に切って使います。
あとは順番にかぶせるだけです。
f0119755_12225743.jpg





























見た目は良い感じですが、スポンジは洗車や雨中走行のときに、
水を含みやすいので、アフタケアを忘れると、取り付けナットは錆びだらけなんてことになるかもしれません。
気を付けなければ。

今年の春に発売されたばかりのCRF250RALLY。
モーターショーのときから気になっていたのですが、
まさかほとんどそのまま発売されるとは。
発売後もずっと気になっていました。
f0119755_12430413.jpg















とにかくカッコ良い!
加えて最新装備で、その割に価格は抑えられていて、
今は注文に生産が追い付かない状態だそうです。

しかし、今どきのバイクですので、イロイロ余計な物が付きまくっていて、
乾燥重量は155Kg!以前所有していたCL400と全く同じです。
私の腕前では、この車重をダート路面で思うままに操るのは無理です。
(かと言って、軽ければ何でもできるわけではありませんが)

考え抜いた末、購入はあきらめて、自分で似たようなものを作りたい、と思った次第です。
もちろん、気になるところは自分でいじりたいとか、
先立つものが絶望的に足りないとか、理由は他にもいろいろありますが・・・・

ともあれ、XL223 RALLY完成しました。

f0119755_12140979.jpg



















by s-fulllife | 2017-06-10 13:05 | その他のバイク達 | Comments(4)