ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

(注)当ブログは筆者の個人的な備忘録です。バイクの改造に関しては自己責任で! みなさんも是非トライ&エラーを楽しんでください。

カテゴリ:その他のバイク達( 80 )

とんでもない規模の台風が九州を縦断して大きな被害が出ています。
被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

関東地方も不安定な天気が続いていて、バイクに乗るのも躊躇してしまいます。

とりあえず先日試乗して汚れたバイクを洗車していると、
100均バイザーが割れています。
もともとバイザーに使うものではありませんので、強度に文句を言う筋合いのものでもありません。
小細工の手直し_f0119755_17225684.jpg

















仕方が無いので作り直すことにします。
同じ素材ではまた割れてしまう危険があるので、
1mm厚のアルミ板を使います。
ついでに、ノーマルの角型ウインカーを横向きに付けていた物を取り換えます。
やっぱりヘッドライトもウインカーも丸型が好きです。
ホンダの旧車用のリプロ品を持っていたのでそれを付けてみます。
リレーもICにして、バルブはLEDにしました。
というのも、交換した汎用左ハンドルスイッチにはハザードスイッチが付いています。
小細工の手直し_f0119755_17304288.jpg

















<赤いヤツがハザードスイッチです。>



ノーマル状態でハザードを点けるとハイフラ状態で点滅が早くなってしまいます。
ICリレーなら大丈夫。
ですがウインカーの「カチッ、カチッ、」という音はしなくなります。
案外カブらしくて好きだったんですがハイフラのハザードはいただけませんので。

出来上がったのはこんな感じです。
小細工の手直し_f0119755_17224815.jpg





























少しだけ近所を走ってエンジンを温めてオイル交換をします。
入手してからすでに3回目の交換になります。
アノ事件があったので大事をとってのことです。(笑)
そして、ドレンボルトもマグネット付きの社外品にしました。
小細工の手直し_f0119755_17224998.jpg

















何だかマグネット部分が割れています。
すでにオイルを抜いてしまった後なのでこのまま使ってみます。
一応磁力はあるので使えるでしょう。

入手後300Kmも走っていませんが、3度目のオイル交換でもオイルは真っ黒です。
小細工の手直し_f0119755_17224985.jpg





























まぁ、お仕事仕様のスーパーカブなんてこんなものでしょうかね。

そして早いのが売りでもあるAmazonで注文したタイヤはまだ届きません。
予定では今月いっぱいかかってしまいそうです。(哀)
小細工の手直し_f0119755_17225609.jpg

















  <タイヤ、中央部分は厚みも無く、パンクが怖い!>

by s-fulllife | 2020-09-08 17:47 | その他のバイク達 | Comments(2)
エンジンが本調子になったので少し距離を走ってみました。

この季節の日差しは殺人的ですので、早朝出かけます。

週末の道志みちもこの時間帯ならスイスイ走れます。
というよりも皆さんペースが速い。
その昔CB50に乗っていたとき以来の勢いで後続車にパスされます。
でも何故か「お先にどうぞ~」というゆったりとした気分になる事が出来ます。
そこが「カブ」なんでしょうね。

それでもさすが110cc・インジェクション、その気になればそこそこのペースで走ってくれます。
あくまでもそこそこですが。

厳しめの登り以外ではほとんどストレスを感じることも無く、
1時間少々で山中湖畔に到着しました。
JA07スーパーカブ110PRO 小細工と試乗_f0119755_09034969.jpg

















初めに書きましたが、目指せクロスカブもどき!が目標ですので、
見た目だけでもチョットいじってみました。

まずはバブさん推薦のギアポジションインジケーター。
JA07スーパーカブ110PRO 小細工と試乗_f0119755_09034930.jpg

















スピードメーターの上側に埋め込みました。
JA07はニュートラルしか配線されておらず、
それ以外のギアはスイッチを加工自作する必要があります。
私のカブは自作する前に取り外す段階で割れてしまいました。
経年劣化?
エポキシボンドで修理しましたが、不安が残るので新品部品は注文済みです。

そしてこれは単に見た目の話ですが、
100均のまな板と下敷きでミニバイザーを作りました。
ギアポジションインジケーターが見やすくなる効果も多少はあります。
それと、自作のライトガード。
アルミの丸棒を切り出して、
一つ一つ現物合わせで加工するのでほとんど半日仕事になってしまいます。
何をやっているんだか?(^^;
JA07スーパーカブ110PRO 小細工と試乗_f0119755_09034976.jpg

















せっかく山中湖まで行ったので大平山も考えたのですが、
湖畔の少しのダート走行でもリアタイヤの滑ること。
スリップサインも消えた本当の丸坊主状態だったので、
今回は舗装路のみで我慢。大人しく家に帰りました。

そしてガソリンスタンドに寄って燃費計算。
131Km走って2L  約65Km/Lでした。
ハイエースのおよそ10倍です!!!

by s-fulllife | 2020-08-30 09:20 | その他のバイク達 | Comments(8)
打つ手なしの状態だったカブ君。
ヤフオクで落札した燃料ポンプが届きましたので、
早速交換してみます。
圧力がかかるため接続はしっかりされていて外すのは少し面倒です。
灼熱のガレージで汗まみれになりながら交換作業は滞りなく終了しました。

ガソリンを少しだけ入れてキック数回、エンジンはすぐにかかりました。
そしてアクセルを煽ってみると・・・・・・!!!

ボコボコと吹け上がらず症状は変わりません。(哀)

目先を変えるためにも、違う事もしてみました。
見た瞬間から気に入らなかったヘッドライトの位置替えです。
とりあえず、はるか前方でハンドルとともに動くのは嫌いなので、
スパッと切断します。

大きな前カゴもダメージが大きな上側一段を切り落として浅く加工します。

燃料ポンプを交換してみましたが・・・・_f0119755_13421472.jpg





























燃料ポンプを交換してみましたが・・・・_f0119755_13421406.jpg

















前が無い状態だとかなりスッキリしますが、ちょっと間延びしてしまいますね。

そしてここからエンジン不調の原因究明を再開してみます。
いろいろ考えましたが、
いよいよECUかパルスジェネレーター交換が現実味を帯びてきました。

最後にもう一度だけ見落としが無いか確認してみます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

目に留まったのは前回のネタをブログアップした時のパイン山さんのコメントです。
RTLがエンジン不動になったとき、ピックアップコイルの断線が原因だったことが記されていました。

セルモーターギアを組み込んだ時に、
ガスケットは綺麗にはがれたので再利用しました。
一応液状ガスケットで補強したのですが、
その時にピックアップコイルに液状ガスケット等を着けてしまったのではないか?
はたまた無理に付け外しをして(無理をしたつもりはありませんが)どこか断線してしまったのではないか?
ほとんどあり得ない事象ですが、こんなときは藁にもすがってしまいたいものです。

左クランクケースカバーを開けて確認してみると、
ピックアップコイルに何か付着しています。
燃料ポンプを交換してみましたが・・・・_f0119755_13421409.jpg

















細かい鉄粉などもありましたが、大きめな金属カスがひとつ。
もしかしてコレ?

思えばセルギアが入っていなかったと言う事は、ギアにもダメージがあったと言う事だったのかもしれません。
もちろんオイル交換はしました。
汚れはありましたが金属カスには気が付きませんでした。
エンジンを組み直してキック数発、エンジンはかかります。
アクセルを煽ってみると、しっかりと回転が着いてきます。
あちこち整備したおかげで絶好調です。
今回は小さな金属カスがピックアップコイルに付着していて、
点火時期が狂ったというオチだったようです。日々勉強ですね~
これでやっとカブ号を乗り回せそうです。

さてこうなってくると作業スピードも上がります。

切断したヘッドライトをステーごと前カゴの上に溶接します。
カゴの前にあったときは振動で絶えず揺れていましたが、
移動後はほとんど揺れません。

燃料ポンプを交換してみましたが・・・・_f0119755_14000301.jpg

















この日のために用意したホムセン箱をくくり付けて、電装の細かい作業も終了。
近所を走ってきました。

サスガ110CCですので国道の流れに乗るのも容易です。
心配していたシフトももう少し乗り込めば何とかなりそうです。
燃料ポンプを交換してみましたが・・・・_f0119755_13421421.jpg

















燃料ポンプを交換してみましたが・・・・_f0119755_13421445.jpg





























燃料ポンプを交換してみましたが・・・・_f0119755_13421407.jpg

















実は地味に気になっていた右側にあるウインカースイッチ。
いつも左側にあるので、つい左手の親指が空を切ってしまいます。
そこで、汎用のスイッチに交換して左手で操作できるようにしました。
燃料ポンプを交換してみましたが・・・・_f0119755_13421545.jpg

















クラッチ操作が無いので左手が暇すぎますものね。

そして使用しなくなった右のウインカースイッチは、
サブライトのスイッチにしました。
電圧計付きのUSBソケットも取り付けて、
タイヤを換えればもうお山に出発できそうです。(^^)v

by s-fulllife | 2020-08-23 14:19 | その他のバイク達 | Comments(10)
しばらくぶりの更新です。
梅雨も明けて、本当ならカブに荷物を積み込んでツーリングでもしたいところなんですが、
世の中そうそう上手くは行きません。
カブ君は絶不調です。

エンジンはかかるのですが、アクセルを煽っても着いてきません。
低速域からボコボコとしてしまって吹け上がってくれません。
無理に走り出すと1Kmも走らないうちにエンストしてしまいます。

せっかくセルモーターとギアを取り付けて直ったと思ったらこんな状況でした。

黙っていても直らないのでサービスマニュアル片手に不具合個所を見つけて行きます。

まずは基本的なことから。
プラグの焼け具合を確認します。
するとプラグは良い色に焼けていて燻ぶりもありません。
エンジンの不調は混合気が濃すぎると言う訳ではないようです。

一応エアクリーナーも点検しましたが、不具合を起こすほどの汚れ方とは思えません。
念のためアエで吹いておきます。
インジェクションは難しい_f0119755_09410708.jpg





























そしてここからは今までのキャブ車と違ってインジェクションの整備になります。

まずはメインスイッチONで燃料ポンプの作動音を確認します。
作動していたら燃料ホースを外して吐出しているのかを確認。
スロットル開度センサーのリセット、IACバルブのリセット、O²センサーの清掃、
インジェクターの清掃・作動点検、スロットルボディーの清掃、マフラーの点検清掃・・・・・

マニュアルに記載されている、出来る範囲のことをやってみましたが、
僅かに調子が上がったような変わらないような?

試行錯誤しているうちにたどり着いたのは2次エア?
インシュレーター周りにパーツクリーナーを吹きかけてもアイドリングは変わりませんが、
インジェクターとスロットルボディーの繋ぎ目に吹きかけるとエンジンストップします。
早速分解してみると、シールが切れかかっています。
取り外す途中で切れてしまいました。
インジェクションは難しい_f0119755_09410768.jpg

















すぐにパーツを注文して、交換取り付けしてみました。
これで絶好調!と思いきや・・・・?

症状は幾分よくなりましたがまだ吹け上がってくれません。

ネットなどで情報を集めてみると、燃料ポンプの不良が多いようです。

インジェクションとキャブの大きな違いは、
キャブが負圧で燃料を吸い込むのに対して、
インジェクションはポンプで圧力をかけて燃料を圧送します。
このポンプの圧力が弱いと燃料の消費が増えたとき圧力が足りなくなります。
バッテリーが弱っても圧力不足になる事があるそうです。

と言う事で只今燃料ポンプの入荷待ち状態です。
新品は高額なのでヤフオクで中古品を買いました。
これも不良だったら・・・・・・思いっきり泣いてやる~!!!

というのもこれでダメならECU(エンジンコントロールユニット)交換か、
パルスジェネレーター交換が待っているからです。


追伸:これはカブ本体とは関係ありませんが、
   暗かったライトをLEDに交換してエンジンを煽っていたら、
   5分と持たずにコントロールユニットが爆発しました。
   セールで買った2個共です。
   マンガじゃないんだから~(^^;
インジェクションは難しい_f0119755_09410755.jpg































by s-fulllife | 2020-08-19 10:13 | その他のバイク達 | Comments(6)
さてさて、我が家にやってきたカブ110プロ。
セルモーターが効かないと言う事もあって、かなりお安く落札できました。
しかしせっかく付いているので有効利用するために修理します。
セルボタンを押すとスターターリレーが作動する音はするので、
恐らくモーター本体の不具合でしょう。

レッグシールドやフレームカバーを外して、セルモーターを取り外します。
今までのOFF系バイクに比べるとカバー類を外すのがひと手間です。

早速セルモーターを交換_f0119755_17192969.jpg

















取り外したセルモーターは手で回しても動きますが抵抗がある感じです。
もしかしたらダメかも・・・・・。

分解してみると予想通り、本体の永久磁石が粉砕しています。

早速セルモーターを交換_f0119755_17192993.jpg

















早速セルモーターを交換_f0119755_17192894.jpg


















セルモーター本体は某通販サイトでお手頃価格で販売しています。
カブのパーツは安いものが多くて助かります。

届いたモーターの作動を確認して組み付けます。
そしてセルボタンON!・・・・・・?

セルは動いていますが、盛大に空回りしている模様です。
これはスターターギアもダメージを受けているのでしょうか?

バイクを右に傾けてクランクケースカバーを外してみます。
それは空回りもするでしょう、そこにはギアが入っていませんでした。
早速セルモーターを交換_f0119755_17195239.jpg

















う~ん、さすがオークション。いろいろやっちゃってくれます。
しかも購入先はバイク屋でした。
ナイショで売っちゃえ!にしては酷いですね~

仕方が無いのでパーツリストとサービスマニュアルを注文してしまいました。
先が思いやられます。

そしてこれは昨日のお話ですが、
セルモーターが届くまで、各部の磨きと錆止めをしながら、いろいろ妄想していました。

リア、フロントとも17インチにすると走破性も上がって、
チョットした林道なら走れるようになるそうです。

しかし、あの立派なフロントキャリアとカゴは外さなければなりません。
リアキャリアには大きな箱を付ける予定ですし、
フロントに重いものを載せるのは操縦性も損なってしまいます。
ですが、あのキャリアもカゴも何となく好きなんですよね~
どうにも捨てがたい。
その反面、キャリアの前にあるヘッドライトの位置は好みではありません。

何だかイロイロぐるぐる回って考えがまとまりません。

まぁ、こんな時間も良いものなんですが。
早速セルモーターを交換_f0119755_17194815.jpg


















by s-fulllife | 2020-07-29 17:44 | その他のバイク達 | Comments(6)
コロナ渦が治まらず、日々悶々と過ごしているときに、
よせばいいのにまたまたニューマシーンを仕入れてきてしまいました。
前から興味はあったのですが、
禁断のエンジンになかなか一歩を踏み出す勇気が出ませんでした。

決して旧車でもなく、決してマニアックでもなく、
誰でも日常でよく見る光景の一部になっているバイクです。

マニアックではないと書きましたが、
一度ハマりだすとそこには深~い底なし沼が待っています。

バイク好きでなくても、この名前はみんなが知っている。

日本が世界に誇る「カブ」です。

トライアルとはかけ離れてきました。_f0119755_16140758.jpg


















キックでエンジンはかかりますが、セルが動かないと言う事で、
値段はかなりお安くなりました。
画像だときれいに見えますが、あちこちサビや小傷がいっぱいです。
エンジンはリコール処理もされていて、走行27000Kmほどのワンオーナー車です。
もとは出前機を付けてお蕎麦屋さんが使っていたそうです。

さてさてこいつをどう料理しようか、楽しみでもあり、チョット怖かったりもします。

by s-fulllife | 2020-07-26 16:19 | その他のバイク達 | Comments(15)
緊急事態宣言が解除されたタイミングで関東地方は梅雨に入りました。
またしばらくバイクに乗れないな~と思っていると、
久しぶりに週末晴れのマークがつきました。
まだまだ感染リスクはあるので遠出は出来ませんが、
地元の道志みちを早朝散歩してきました。

相棒は久しぶりのGSRです。
5時起きで6時前には出発しました。
崩落現場の復旧は終わりましたが、
別の場所の法面を崩落防止で補強しています。
所々工事中ではありましたが、おおむね順調に山中湖まで着きました。
道志みちを早朝散歩_f0119755_10182478.jpg

















梅雨とは思えない綺麗な青空の下、まだ少しだけ雪の残った富士山が見えます。
時刻はまだ7時過ぎです。
コンビニで仕入れたアンパンで朝食をとろうと水際まで行くと、
風がほとんど無く湖面には見事な逆さ富士が映っていました。
道志みちを早朝散歩_f0119755_10182414.jpg

















富士山には何度も来ていますが、これほどくっきり逆さ富士を見たのは初めてでした。

道志みちを早朝散歩_f0119755_10182466.jpg

















逆さ富士とアンパン。(笑)

今日はツーリングというよりも散歩ですので、
アンパンを食べ終わったら帰ります。
そのころには道志みちですれ違うバイクや車がどんどん増えてきました。
皆、緊急事態宣言明けと梅雨の晴れ間でドッと繰り出したのでしょう。

帰りに、これも久しぶりに巌道峠を抜けて秋山方面から帰ろうと道志みちを左折しました。
道志みちを早朝散歩_f0119755_10182495.jpg

















ところが少し走ると通行止めの看板があります。
道志みちを早朝散歩_f0119755_10182422.jpg





























その先では工事関係の方がこの先は通り抜けられないとのこと。
やむなく引き返して道志みちで帰ってきました。

早朝の空いた道での散歩はストレスが無く気持ち良いです。
遠出がはばかられるうちはこんな散歩もアリですね。

by s-fulllife | 2020-06-20 10:34 | その他のバイク達 | Comments(8)
前回行こうと思って、予定変更で行かなかった大野山に行ってきました。
ですが夕方から野暮用があるので、朝早く出て、ブランチして帰るつもりです。

最近はワークマンの防寒用品で武装して、
以前に比べれば格段に暖かく走れるようになりましたが、
それでも早朝の冷風は身に沁みます。
早朝と言っても7時少し前だったので、しっかりと通勤渋滞にはまってしまいました。
ですが、いつもの抜け道に入ると順調に進みます。

お山の麓のコンビニでブランチ用のお弁当を仕入れて、
細いクネクネ道に入ります。

水平線上に雲はありますが、良く晴れて道中富士山も綺麗に見えていました。
本日は思い立って走りに来たので、ソロツーです。
標高が上がってくると、眼下に陽光に輝く相模湾が見えてきます。
大野山ブランチツーリング_f0119755_14231862.jpg

















反対側には薄っすらと雪化粧した丹沢山塊が見えます。
大野山ブランチツーリング_f0119755_14231852.jpg

















大野山ブランチツーリング_f0119755_14231881.jpg

















そして駐車場からは徒歩になります。
舗装されていますが、けっこうな急こう配にあえぎながら、
頂上の広場に出ました。

ここはいつ来ても気持ちが良い!
残念ながら焚火やバーベキューは禁止と書いてあるので、
ウッドガスストーブを持ってくるのは断念しました。

少し広めのベンチ兼テーブルに腰かけて、
はるか下方には丹沢湖が緑の水を湛えています。
大野山ブランチツーリング_f0119755_14231929.jpg

















そしてそれを見下ろすように、今日も富士山が・・・・?

道中あれほどきれいに見えていた富士山が見えません。
そこだけ狙ったように雲がかかってしまいました。
大野山ブランチツーリング_f0119755_14231909.jpg

















せっかくここまで来たんですがチョットだけ残念でした。

富士山は見えませんが、澄んだ空気の中、
丹沢山塊を眺めながら、まだ少しだけ温もりの残っているシュウマイ弁当をいただきました。
嬉しいことに50円引きでした。(笑)

大野山ブランチツーリング_f0119755_14231830.jpg























by s-fulllife | 2019-12-24 14:39 | その他のバイク達 | Comments(10)
12月にしては暖かい日に、GSRでショートツーリングに行ってきました。
一通り手を入れてからは特にトラブルもなく、
絶好調で走ってくれています。
晩秋の宮ケ瀬はさすがに紅葉も終わりかかっています。
GSR250試走の仕上げとウッドガスストーブの弱点_f0119755_10544649.jpg

















GSR250試走の仕上げとウッドガスストーブの弱点_f0119755_10544658.jpg

















私にとっては極上ツーリングバイクです。

季節は着実に冬に向かっているのですが、
先日の大雨の影響はまだ残っていました。

今年何回か訪れた幻の八丁の滝が本当に幻だったかのように、
付近の水位が上がったため、滝ではなくなっていました。
GSR250試走の仕上げとウッドガスストーブの弱点_f0119755_10544612.jpg

















滝を上から眺めるために渡った橋も半分水没しています。
これだけ見ても、大雨の被害が甚大だったことが分かります。
道志みちも未だに通行止めです。
年内に開通するそうですが、一日も早い復旧が待たれます。

さて、その数日後、おなじみバブさんが神奈川方面を走ると書き込みがありました。
そんな楽しそうなことをバブさん一人にさせるわけにはいきません。
私もマゼテもらいました。

R246のコンビニで待ち合わせて海を目指します。
本日はGSRの私と、ビラーゴのバブさん、完全ロードツーリングです。

海沿いに出たら西湘バイパスで小田原方面に走ります。
潮風の中気持ち良く走れました。

小田原から少し戻って、やまゆりラインに入ります。
大井松田方面まで続いている広域農道です。
ミカン畑を縫ってくねくねと曲がりながら標高を上げて行きます。
GSR250試走の仕上げとウッドガスストーブの弱点_f0119755_11060210.jpg

















着いたところは、セローカフェミーティングの会場にもなっている、
いこいの村あしがらです。
もう何度か来ていますが、
ここからの富士山がこんなにきれいに見えたのは初めてでした。
GSR250試走の仕上げとウッドガスストーブの弱点_f0119755_11060303.jpg

















やっぱり日本人は富士山が好きなんですね~

そして、その富士山を眺めながら、コンビニ弁当にかぶりつきました。
GSR250試走の仕上げとウッドガスストーブの弱点_f0119755_11060265.jpg

















帰り道は、渋滞時の抜け道を探しつつ、まだ暖かさの残っているうちに帰りました。
120Kmほど走って燃費は34Km/Lでした。

水冷なのでエンジン音も静か、純正マフラーは排気音も小さく、
低くて広いシートのおかげでお尻も楽チン。
程良いアップハンドルでポジションも楽々、インジェクションで始動性や燃費も良い。
タンク容量は13L、航続距離は400Km以上になります。
少々重いのが玉に瑕ですが、単気筒に慣れた私にはスムーズなツインエンジンは魅力的です。
遅いと評判の加速も、私には十分過ぎるほどです。
西湘バイパスである程度の高速走行もしましたが、全く問題なく快適でした。
250ccなので車検が無く、安全面に影響が無ければ改造も自由です。
予想通り?いえ予想以上の良いバイクです。GSR250。

良いことばかり書きましたが、
前回の記事でアップしたウッドガスストーブに弱点が見つかりました。
長時間使っていると、灰が吸気口を塞いでしまって火力が上がらなくなってしまう事です。
完成と思っていましたが、実際に使ってみて分かることもあるものです。
その辺りはバイクと一緒ですね。
GSR250試走の仕上げとウッドガスストーブの弱点_f0119755_11304403.jpg

















ストーブを実際に使ったのは日曜日の神澤でした。
基本の8の字を二人でやっています。
バイクいじりもストーブ造りも堂々巡りしながら試行錯誤して、
やっと納得のいく形になります。
8の字ターンを見ながら、ついそんなことを考えていました。

by s-fulllife | 2019-12-17 11:39 | その他のバイク達 | Comments(10)
週末に雪マークがつきました。
もう平地でも冬ですね~
その前に、ポカポカの好天が続いていますので、
GSR250のテスト走行に行ってきました。

まずは短いダートの峠道、志田峠です。
GSR250_f0119755_14393409.jpg





























購入のきっかけの一つにもなった、
アドベンチャーバイクのVストロームと同じエンジン、同じタイヤサイズですが、
やはりタイヤが違うとほとんどグリップしませんでした。
最低地上高もかなり低く、溝に落ちたら間違いなく下をこすってしまいそうです。
ただし、同じ理由で重心は低く、低速で走っても案外安定していて、
フラット林道なら何とかなりそうです。
GSR250_f0119755_14393420.jpg





























でも、深い溝のある場所は緊張しました。

宮ケ瀬湖畔では、まだ秋の気配が少し残っています。
水の色は相変わらず濁っていますが、
周遊の北側道路は、通行規制も解除されて通行可能です。
GSR250_f0119755_14393407.jpg

















ダートの走行性能はサスガに高いとは言えませんが、
タイヤを交換して道を選べば限定的ではありますが楽しめそうです。

そしてこの2日前、少し距離を走って舗装路面のツーリング性能を試していました。
雨上がりのまだ少し濡れた路面を蹴って、山中湖を目指します。

通行止めの道志みちは迂回して通行可能です。
ですが、道は細く曲がりくねっています。
距離も20Km弱ありますので休日には大渋滞するそうです。

平日の迂回路はガラガラで、信号機の付いた片側交互通行もそれほど待たずに走破できました。
山梨側の道志みちは快適です。
GSR250_f0119755_14502910.jpg





























GSR250_f0119755_14502986.jpg





























紅葉ももう最終段階ですがまだ何とか楽しめました。

道志を抜けて山中湖畔に出ます。
いつもの撮影ポイントで写真を撮ります。
GSR250_f0119755_14502817.jpg

















距離を走ってテストをしたかったので、
もう一足伸ばして、水ヶ塚パーキングまで行ってみることにします。
ですが前日までの雨の影響でしょうか、
湿度が高めで、富士山の南側には雲がかかっています。

イヤな予感は的中して、富士山スカイラインに入るころには空はどんより曇ってきました。
路面もだんだん濡れてきて、景色が望めないどころか、小雪が舞っている始末です。
水ヶ塚公園の少し先の温度計は3℃を指していました。寒いわけです。
GSR250_f0119755_14502828.jpg





























御殿場口5合目に向かう道も冬季閉鎖中でした。
ここはあまりの寒さにすぐに撤退しました。

山を下りれば日差しがあります。
この時期にしては暖かいくらいの気温の中、
道志みちを通って神奈川県内に、その先は迂回して帰宅しました。
GSR250_f0119755_14502801.jpg

















迂回のおかげでしばらくぶりに通った道では、
夏のような雲がモクモク。
秋なのか冬なのか?雲は夏のようで何だか不思議なツーリングでした。

さて、富士山スカイラインまで迂回路を含めて200Km少々、
ほとんど休憩無しで走ってきましたが、
アスファルトの上を走っている分には快適そのものです。
車格の割に足つきも良く、シート幅も広く200Kmほどでは全く疲れを感じません。
加速も必要にして充分、別の日に高速道路を一区間だけ走ってみましたが、
100Km/hまですぐに加速します。
エンジンにもまだ余裕があって、振動も少なく静か、高速走行も快適でした。
FIマークの点滅現象も修理以来一度も無いのでおそらく大丈夫でしょう。
燃費は34Km/Lでした。
とにかく、今まで移動路だった舗装路が快適に走れます。

考えてみれば、最近は単気筒のOFF系ばかりで、
ワインディングの楽しみ方を忘れていたような気がします。
もちろんOFFは大好きですので、今まで通り楽しんでいくつもりですが、
GSRはチョット新鮮な刺激を与えてくれました。

GSR250_f0119755_15274583.jpg



















by s-fulllife | 2019-12-05 15:34 | その他のバイク達 | Comments(6)