ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

カテゴリ:Trial( 97 )

最近ツーリングばかりでしたので、猿ヶ島で練習会をしました。
今年の夏に一緒に岩手に行くモリモリさん、少し遅れて合流するコロッケさん。
二人ともトライアル歴は浅いのですが、
熱意が凄くて私も感化されて最近は練習するようになりました。

路面状況が心配でしたが、上流方面は水没している所もチラホラ。
しかし、いつも練習するところは心配するほど水はありませんでした。

遅れてくるコロッケさんを待つ間にトランポ近くの練習場へ。
顔見知りの先客がいらしたので、ご一緒させていただきました。
f0119755_10480742.jpg

















逆キャンバーを走るモリモリさん。
この後根っこにハンドルを取られて・・・・・
f0119755_10494306.jpg

















着地はお見事でした。(^^;

一度トランポまで戻ってコロッケさんと合流して、
少し奥の練習場に行きます。
いつもは極浅い用水路も、水かさが増えていて、
渡るときはチョットした水遊びのようで気持ちが良いです。

ここでも先ほどの顔見知りの方たちとご一緒させていただきます。

セクションを二つ作って練習します。
クリーンが出そうでなかなか出ない。
難しいラインはかなり難易度高めです。(私たちには)
f0119755_10480732.jpg





























f0119755_10480731.jpg





























コロッケさん、もうチョット!
何度目かのトライで見事にクリーンが出ました!
これだからやめられません。
f0119755_10480728.jpg

















しばらくご一緒しましたが、皆さんは別の場所に移動しました。
私たちは3人でもう少し練習します。

ステアケースなどはほとんど無しで、斜面とターンを連続させた基本的なセクション。
f0119755_10480706.jpg





























f0119755_10480708.jpg





























お二人とも練習を重ねて見事にクリーンが出ました!
私も負けていられません。

その後暑さにやられて、もう少し風通しの良い場所に移動します。
ここは気持ちが良い!
f0119755_10480825.jpg

















ここでも斜面の上り下りとキャンバーを使ったターンの練習をしました。

いや~、暑い中良く乗りました。
皆さん着実に巧くなっています。

でも、練習は無理せずほどほどに。
朝から乗って、昼過ぎには電池切れ状態でした・・・・・・(^^;

by s-fulllife | 2018-07-09 11:06 | Trial | Comments(14)
先日の財布落っことしちゃった事件のツーリングも、
梅雨が来る前に走りに行こう!でしたが、
梅雨までにはもう少しだけ猶予があったので、
猿ヶ島の火曜会に行っていました。

私とコロッケさんとよっしふみさん、ランモモさん、あとから汚れSRさんもいらっしゃいました。
f0119755_15405607.jpg

















ランモモさんはリアホイールをチューブレスにしての参加です。
f0119755_15405652.jpg

















ところが、スミマセン。
その日は娘の校外学習の日で、カメラを渡してしまいました。
グローブをしたままではスマホの操作はできずに、画像がありません。

内容は、二度吹かし。
いきなりそんなテクニックと思われるかもしれませんが、
皆さんバイク歴は長く、ちょっとしたことは出来ちゃいます。
バイクに乗って先に進める感覚が備わっています。

で、基本的なことを教えたらすぐに出来ちゃいました。
特によっしふみさんはタイミングの取り方や荷重のバランスが良く、
私などよりも巧いくらいです。
さすがにステアケースを取り入れたセクションでは少しだけ苦戦していましたが、
皆さんトライアルを始めて間もなく、しかも教えているのが何とも頼りない私です。
センスがあるとか、体幹が良いとか、経験値があるとか、
言葉では言い表せないライディング感覚が優れているのでしょうね~

いやはや、偉そうに教えるなどと言いつつ、
実は私も一緒になって練習した火曜日の猿ヶ島でした。

それともう一つ、財布を無事に見つけてくれたPAMPUTA4ですが、
以前のツーリングで白煙を吹いていると指摘を受けて、
エンジンのオーバーホールをしました。
アクセルOFFで白煙を吹くので、普通に考えるとオイル下がりが疑われます。
どちらにしろ、エンジンを降ろさないと話が始まりません。
f0119755_15573503.jpg





























自動車用のパンタグラフジャッキを改造して作ったジャッキをかませてエンジンを降ろします。
このジャッキ、高さを微調整できるので、エンジンの着脱に便利です。

そしてエンジンを開けると・・・・・・シリンダーが凄いことになっていました。
f0119755_15574550.jpg

















以前組み上げたときは多少の傷はありましたが、ここまでひどくはありませんでした。
これに伴って燃焼室もカーボンが溜まっています。
f0119755_15573577.jpg

















燃焼室は掃除して、バルブはすり合わせしてバルブシールも交換します。
シリンダー・ピストンはヤフオクで程度の良いものを以前ゲットしてありましたのでそちらを組みます。
f0119755_15574530.jpg





























さて、これで問題解決!と思ったところ・・・・・
組み上がったエンジンをかけてみると、勢いよく白煙を吐きます。
しかもクランクケースのブリーザーからです。
?????何で?????

ブリーザーから白煙を吐くと言う事は吹き戻し?
もう一度エンジンを降ろして、ヘッドを開けてみます。
そしてよく見ると、ピストンヘッドに小さな穴がありました。(マジ?)
薄くカーボンが付着していた表面を磨いてみると、
穴はさらに大きく開いています。
よくこれでエンジン掛かったものだな~と、変なところで感心して、
結局シリンダーは交換して、ピストンはもともと付いていた物を、
ただしシリンダーの内面の傷み具合を見て、ピストンリングだけは交換しました。
f0119755_15574591.jpg

















こうしてやっと組み上がったエンジンの調子を見ることも兼ねて、
山梨まで財布を探しに行ったのですが、
これでは終わらないオチがありました。
調子よく走ってくれたPAMPUTA4ですが、
ちょうど手持ちのパーツが無く、ヘッドガスケットを再使用してしまったため、
ヘッドからオイル漏れを起こしてしまっています。

結局3度目のエンジン着脱となりそうです。(疲)

ガスケットセットは関西の御大、桃太郎さんに発注しました。
いつもいつもお世話になっています。m(_ _)m

by s-fulllife | 2018-06-06 16:22 | Trial | Comments(10)
お山でご一緒することが多いランモモさんから、
猿ヶ島で平日にトライアルの練習があると聞いて出かけてきました。

コロッケさんのブログでお名前だけは知っていた、よっしふみさん、
途中からラオさん、コロッケさんも一時間ほど練習しました。
f0119755_17191307.jpg

















まずはじめに、スタンディングスティルの練習です。
コロッケさんも、よっしふみさんも練習熱心で、黙々と続けます。
トリッカーはハンドル切れ角が少なくて大変そうでしたが、
今までバイクに乗ってきた下地があるので、バランス感覚はさすがです。

あまりにも地味で、これだけで疲れ切ってしまう前に、
セクションを作って遊びます。
f0119755_17191414.jpg

















セクショントライしている間にも、平日にもかかわらずお知り合いの方々がいっぱい!
皆さんお顔が広いんですね~
f0119755_17191353.jpg

















コロッケさんが帰られた後も、別の場所に移動して練習します。

じゃりじゃりの石がある斜面のセクション。
草大会の初心者クラスで、勝負の分かれ目になる程度のセクションです。
f0119755_17191435.jpg

















ランモモさんもよっしふみさんも上手い!
セローでいらしたラオさんには重さとハンドル切れ角がハンディとなってしまいました。
次回はOFF車用のセクションも作りますね。

その後も一番トライアル歴が長い私は休んでばかりでしたが、
皆さんは元気いっぱい走っていました。
f0119755_17191478.jpg

















トライアル楽し~い!
と言ってもらえたので、私としても嬉しい限りです。

今回のメンバーは比較的火曜日にお時間がある方たちでしたので、
今後も猿ヶ島の火曜会として、時間があるときは練習して行こうと言う事になりました。

ネット上でお名前しか知らなかった方たちと、
バイクを通じて、遊んで笑って転げて、
またまた友人の輪が広がった一日でした。

by s-fulllife | 2018-05-22 17:44 | Trial | Comments(14)
例によって、モリモリさんとコロッケさんと猿ヶ島で練習してきました。
GWですのでバブさんもお誘いして、あーさんもご一緒にいらしたので総勢5名の練習会となりました。

第一回目でフロントアップ、二回目でターンの練習をしたので、
今回は初心者向けのセクションを作って練習します。
平らな場所ばかりですと芸が無いので、少し斜面になっている場所で練習します。
f0119755_21493726.jpg

















f0119755_21535047.jpg

















まずはバブさん。
平坦な場所では出来ていても、ほんのちょっとした斜面になると、
おそらく本人が一番びっくりするくらいにバイクが寝ていません。

f0119755_21493898.jpg

















f0119755_21535562.jpg

















次にモリモリさん。
バブさんに比べて少しバイクは寝ていますが、
頭が行きたい方向に入ってしまっています。
実は私もよくやってしまうのですが、こっちに行きた~い!
という気持ちの表れなんです。しかし気持ちほどバイクは曲がってくれません。(^^;
f0119755_21535896.jpg

















最後にコロッケさん。
体をアウトに出して、バイクをインに傾ける。
どうしても気持ちほどは傾いてくれません。

まだまだ、始めたばかりの皆さんには厳しかったかな~?
と思ってしまいましたが、次第に斜面にも慣れてきて、
ポツポツとクリーンも出るようになりました。

次に反対側からのセクションを作って、ワイワイと練習します。
ここで、皆さんにカッコをつけようとして、
よせばいいのにオーバーハングのステアケースを攻めて撃沈!
久しぶりにまくれ上がってしまいました。(^^;

場所を変えて、少し上流側に移動します。
f0119755_21493894.jpg

















天気予報で暑くなると言っていましたが、
風が心地よく、木陰では丁度いい練習日和です。

ここではもう少し斜度のある上り下り、最後にオフキャンバーのターンが入るセクションにしました。

チョット厳しいかな~とも思いましたが、
さすがに対応力が高く、ここでもクリーンが出始めました。
f0119755_21493950.jpg

















f0119755_22084020.jpg

















f0119755_22084750.jpg





























さすがに高めのステアケースなどはまだですが、
トライアル歴がまだわずかだとは思えないほどの走破力です。

しかし、一生懸命は良いのですが、
知らず知らずのうちに体力は削ぎ取られていて、
疲れが原因のミスも出始めたので、この辺りでお開きといたします。

トランポに帰るころには大凧祭りの見物に、
いつもは閑散とした河川敷が、大勢の人であふれていました。

さて、調子に乗ってしまった代償ですが・・・・・
リアフェンダーの付け根が割れて、グリップエンドが取れて、
ステップブラケットの端が剥がれかけています。(涙)
修理に取り掛からねば!
f0119755_22084754.jpg





























f0119755_22084779.jpg





























f0119755_22084798.jpg































by s-fulllife | 2018-05-05 22:23 | Trial | Comments(16)
先週の練習から一週間、今回はターンの練習です。
前回の投稿で紹介したワイドステップも装着して、
これで安定感はグッと良くなります。

始めはどこかのスクール張りにスタンディングスティルから。
最初は苦労していましたが、徐々に慣れてきて、
お見事!5秒くらいはスタンディングしていられました。
f0119755_13521453.jpg

















次に、ただ漠然とターンをするのではなく、
マーカーで規制して練習します。
OFFロード走行と違って、スピードは出しません。
歩くようなスピードでバランスをとりながら、
バイクを傾けて、傾けた分だけ体を外に出して、
アルファベットの「V」のようにバランスを取ります。
f0119755_13553187.jpg

















理屈で分かっていても、体は思うように動きません。
イメージとしては体全体でターンの出口方向を向く感じなのですが、
普通の感覚では中々バイクを傾けられません。
画像のコロッケさんも少々および腰です。

ただ、先週もそうでしたが、
コロッケさんは練習熱心ですので、
黙々と練習しています。
本日も暑いので、時々休憩をはさんで、
ひたすら地味~なターンの練習は続きました。

少し慣れてきたようですので、
草大会の超初心者レベルのセクションを作ってみます。
しかしこれは簡単にクリーン!
少々見くびっていました。
もうちょっと難しくして・・・・・・。
f0119755_13521542.jpg

















苦労はしましたが、何度目かのトライで見事にクリーン!

本日は私とコロッケさんの二人だけでしたので、
このまま練習を続けても煮詰まってしまいそうです。
本日の目標も達成したことですので、
この後は猿ヶ島の河川敷をトレッキングすることにします。

先日の雨で放流があったのでしょうか、上流側は水浸しです。
いつも水など無いところに小さな川が出来ています。

何度も言いますが、本日は暑かったので、
コロッケさんはチョットだけ水遊びをしたくなってしまったようです。
f0119755_13521557.jpg





























トランポまで戻ってひと休みしていると、
コロッケさんのお知り合いがいらっしゃって、
お話を聞けば、その方も爆笑ツインショックトライアル大会などに出ていらしたそうです。
トライアル界は狭いですね~

コロッケさん、お疲れ様でした。
ターンの世界はいかがでしたか?
トライアルにとって、ターンは基本であり、
かつ、永遠のテーマです。
私もまだまだ勉強中ですので、
また、ゆるーく遊びましょう!

by s-fulllife | 2018-04-29 14:15 | Trial | Comments(8)
先週の伊東ミーティングでお知り合いになった姫爺さんと、
猿ヶ島で練習会をすることになりました。
私のブログに遊びにいらっしゃったコロッケさんと、
姫爺さんを伊東ミーティングに誘ったyoshidaさんも一緒です。

とにかく今日は暑かった。
8時集合でしたが、もうそのころには夏日を越えていました。
以前よく練習した野球グラウンドの裏側に移動して練習を始めます。
f0119755_15250288.jpg

















姫爺さんは前日も練習していたそうで、
今年のイーハトーブトライアル大会出場をもくろんでいます。
そこでyoshidaさんが簡単なセクションを作って練習を始めます。

練習の甲斐あって、問題なくスムーズに乗れています。
バイクもある程度はご自分でいじるそうなので、バイアルスも調子のいい状態です。
しかし油断大敵!
確か、バイアルスの純正シフトペダルは可倒式ではなかったと思うのですが‥‥(^^;
f0119755_15250274.jpg

















一方コロッケさんは、つい先日TLを入手して、
猿ヶ島も過去に2回違うバイクで来たことがあるだけだそうです。
つまり本日がほぼトライアル初体験です。
本来でしたらターンから教えてもいいのですが、
ご本人はトライアルというよりも、
林道やツーリングで役に立つようにテクを磨きたいようですので、
見た目も派手で、障害物の突破に役立つフロントアップからお教えすることにします。

一通りレクチャーしましたが、始めはなかなか思うようにいきません。
暑い中黙々と練習を続けて、ようやくフロントが少し上がるようになりました。
f0119755_15250267.jpg

















休憩をはさみながら、
ツインショック大会で以前ご一緒した知り合いの方も、
通りすがりにレクチャーしてくれたり、
さらに練習を続けて、なかなかいい角度まで上がるようになりました。
真面目に練習すると、結果としてあらわれるものなんですね~
パチパチパチ!!!
f0119755_15250260.jpg

















このころにはさらに気温も上がって来て、
一か所で練習していると、何だか煮詰まってしまいそうで、
点在する練習場所を巡りながら、プチツーリングに出ることにしました。

貴重な日陰のセクションでも遊びます。
f0119755_15250279.jpg





























f0119755_15250266.jpg





























f0119755_15250317.jpg

















ここで知り合いとも合流して、もう一つの練習場所へ向かいます。

こちらは私も来たことが無かった場所です。
倒木が折り重なっていてかなりトリッキーな場所です。
皆さんがセクションを作ってくれるので、
私もチョットだけ遊ばせていただきました。
f0119755_15250357.jpg

















姫爺さんはここでも果敢にアタックしています。
ハンドルネームこそ爺ですが、伊東ミーティングでは最年少でした。
とにかく練習に対して貪欲で元気です。
f0119755_16131835.jpg





























何回目かのトライでとうとうクリーンを叩き出しました!スゴイ!

そろそろ私たちは電池切れのようですので、ここで徹収することにします。
コロッケさんも姫爺さんも、手にマメを作って頑張っていました。
そしてその分だけレベルアップして終了することができたようです。

最後にトランポに戻って、コロッケさんのハンドルの角度を調整します。
思いっきり立てて、それに合わせてレバー位置も調整。
f0119755_16131864.jpg

















これでターンが格段にやりやすくなると思います。
と言う事で、次はターンの練習会になりそうです。

やっぱりみんなで、ゆるーく乗ると楽しいですね。
また時間を合わせて遊びましょう!

by s-fulllife | 2018-04-22 16:25 | Trial | Comments(10)
埼玉県滑川町で開催される、里山トライアル大会に参戦してきました。
大会も場所も初めてです。
下道で2時間強、久しぶりの早朝ドライブでした。

さて、早々に結果から申し上げますと、

惨敗でございました。(^^;

セクションは、マーカー位置が厳しく、
クリーンラインはほとんど一本しかありません。
要するに正確無比なマシンコントロールが必要とされます。
すなわち、私が最も苦手なセクション設定と言う事になります。(^^;

もともとトライアルという競技自体、
マシンコントロールの正確さを競うような面が大きく、
それからすると、私はトライアル向きではないのかもしれません。
と、55歳のオヤジをネガティブな思考に陥れるほど厳しいセクションでした。

クラスはオープンとビギナーがあって、
トライアル歴だけは到底ビギナーではありませんが、
始めの2セクションほどをこなした段階で、
ビギナーラインを大真面目に走ることを肝に銘じました。

会場も2カ所に分かれていて、
坂の上の斜面のセクションには軽トラでバイクを持って行ってくれます。
f0119755_16371032.jpg
















着いた先の斜面のセクションはさらに厳しく、
オープンラインでのクリーンは不可能(私には)と思えるくらいでした。

以上のような状況ですので、トライ中の画像はありません。
上のセクションはこんな感じです。
f0119755_16371067.jpg

















斜面のセクションから先にトライしたので、
下のセクションは案外簡単に思えました。
もちろんビギナーラインでのお話ですが。
f0119755_16371026.jpg

















これだけ書くと厳しいだけの大会のように聞こえてしまいますが、
それは大きな間違いで、スタッフも参加の方々も、
とってもフレンドリーで、楽しく、真剣に遊ぶことが出来ました。
そしてうれしいことにこの大会はランチ付きです。
f0119755_16371023.jpg

















炊き込みご飯に手打ちうどん、フキノトウの天ぷら、新鮮野菜の胡麻和え、自家製漬物、
炊き込みご飯は大きなお釜で炊いてあって、おかわりすると、こんがりと美味しいおこげもありました。

まさに春の里山でトライアルをして、美味しいランチをいただける、とっても素敵な大会でした。

大会後、妻君と落ち合って、実家にあった足踏みミシンを友人宅に届ける手はずになっていたため、
バイクを積み込んで主催者にあいさつすると、
すぐに表彰式をやるのでもう少し待てないかと言われました。
それでしたらと待っていたところ、散々な結果でしたが、
それでも一応ビギナーの3位に入っていたそうです。
ちなみに、一位のM木さんが減点8、
二位の方が減点12、私が減点35です。
まぁ、上位の二人以外はほとんど似たり寄ったりの点数でしたのでラッキーでした。

厳しくも楽しい大会でしたが、
斜面にできたセクションたちは厳しい中にも何か懐かしい感じがしました。
毎週のように通って転んで大笑いした場所。

何だか多摩テックトライアルパークで久しぶりに練習したような気分になる事が出来ました。
そのことだけでも大いに意義のある大会でした。

by s-fulllife | 2018-03-19 17:04 | Trial | Comments(13)
旧多摩テックの仲間からお誘いがあって、
猿ヶ島でツインショックの練習をしてきました。

いくら寒くてもトランポでぬくぬくと移動します。
9時前に現着しましたが、もう皆さん揃っています。
f0119755_16035700.jpg

















TLM50改のイワピー師匠、イーハトーブ改のtr-133さん、
バイアルス改のS藤さん、ファンティックの?さん(お名前存じませんでした)
そしてPAMPUTA4の私。
早速トランポを止めたすぐ裏側のセクションに移動します。

丸太や角材などで少々ツインショックには厳しいセクションで体を温めます。
f0119755_16035741.jpg

















体が暖まってきたところで、次のセクションに移ります。
いよいよツインショックの本領発揮、斜面のターンが連続するセクションにトライします。

f0119755_16035861.jpg

















f0119755_16035853.jpg

















と言っても適度な段差も加えて、ツインショックの旧車でも無理なく楽しめるセクションです。
f0119755_16035804.jpg

















f0119755_16035815.jpg

















f0119755_16035888.jpg





























そろそろお昼になりますので、トランポに戻ってランチにします。
私はカップラーメンでしたが、tr-133さんがお餅を焼いてくれて、
ラーメンにトッピングしていただきました。
f0119755_16035980.jpg

















お昼のあとに、少し上流側に移動して走るつもりでしたが、
重機が入っていて、かろうじて走れるような状態でした。
上流側はもう走れなくなってしまうのでしょうか?
f0119755_16200033.jpg

















とにかく走れるうちに走ってしまおうと、
セクションを作ってトライを始めます。
f0119755_16200036.jpg

















f0119755_16200045.jpg

















f0119755_16200090.jpg





























いい汗をかいて、ダべって、乗って、またダベッて、
オヤジ達の休日はゆっくり流れていきました。

オフロード天国の猿ヶ島にも、開発、造成の波が押し寄せています。
貴重な場所を走れるうちに楽しんでおきましょう!

by s-fulllife | 2018-02-12 16:29 | Trial | Comments(2)
天気予報では月曜日に雪マークがついています。
今のうちにと、相模川の河川敷、猿ヶ島に練習に行ってきました。

いつものイワピー師匠は体調不良で欠席です。
おそらく孤独死する事は無いと思いますが、ご自愛くださいませ。(笑)

その代わりと言っては何ですが、昔のトライアル仲間のN矢さんが久しぶりにいらっしゃいました。
バイクはTY250、空冷モノサスのTLMのような存在です。
f0119755_14484391.jpg

















準備をしていると、私が目指してお手本にしていたモンテッサ4RIDEがいます。
お願いしてツーショットをいただいちゃいました。(^^;
f0119755_14484352.jpg

















本日は練習会ですので、一応目標をもって励みます。
「力づくでは無く、バイクと一体になったスムーズなライディング!」
何と大ぶろしきを広げてしまったのでしょうか?
チョー難しい目標を掲げて、(まぁ、掲げるのは自由ですので、)
セクションに移動します。

しかし、風もなく、良いお天気で、日向はぽかぽかでした。
こんな気持ちの良い日は、皆同じ事を考えるようで、
セクションも大混雑です。
私たち以外のグループもいて、大賑わいでした。
f0119755_14583246.jpg

















前回からセッティングを煮詰めたバイアルスを駆るS藤さん。
大きな丸太も何のその。さすが国際派ライダーです。
f0119755_14484362.jpg





























いつもダンディーなtr-133さん。
綺麗なイーハトーブが汚れるのも気にせずトライします。
この汚れ、決して移動中に木の枝に引っかかって転んだと言う事ではありません。
多分。
f0119755_14484450.jpg





























そして、またまたちょこっと小細工を施したPAMPUTA4は絶好調です。
課題だったスムーズなライディングは・・・・・・?
簡単に出来てしまったら今後のお楽しみが無くなってしまうので、
気長に練習することにします。

今日もいっぱいダべって、少し練習して、良い汗流しました。
最後に周辺を軽くツーリングしてみました。
大雨や台風で所々地形が変わっています。
f0119755_15071275.jpg

















f0119755_15071236.jpg

















鴨がたくさん泳いでいました。

猿ヶ島一帯は誰でも自由に入って楽しめる貴重な場所です。
河川敷ですので大した高低差はありませんが、
細かい道をつないで走り回れば、チョットしたツートラができるくらいです。
いろいろと走り回って、そのうち仲間内のツートラ大会を開催できないかな~
などと妄想を膨らませるのでありました。

それから、究極の12V化を目指していじっていたイーハトーブですが、
無事にLEDヘッドライトが点きました。
ハロゲンバルブと違って後がかなり大きめですので、
ノーマルのライトケースに収めるために、
他のコネクター類を入れる配線ケースを付けて、
無事に出来上がりました。
f0119755_15073109.jpg


















f0119755_15073133.jpg

















照らす範囲はともかく、純粋な明るさはトランポのハイエース以上です。(嬉)

by s-fulllife | 2018-01-21 15:20 | Trial | Comments(6)
トリックさんの主催する猿ヶ島TTの最終戦に行ってきました。
会場は相模川の河川敷で、自宅から30分ほどの場所です。
朝もゆっくりと出発できるので、のんびりと出かけてきました。

最新型から古いツインショックまで、参加者も参加車両も多種多様です。

f0119755_09534427.jpg

















私は多摩テック時代からの付き合いの、イワピー師匠、S籐さん、tr133さん等と回ります。

S籐さんは亀岡産のバイアルスを140ccにボアアップして本日デビューさせます。
シリンダーケースを手作業で削って広げて140のシリンダーを入れてきたそうです。
いやはや、凄いこだわり方です。
f0119755_09534486.jpg

















tr133さんはイーハトーブのRSC170cc仕様。
これもピカピカでスペシャルパーツ満載です。
f0119755_09534389.jpg

















私のパンプータ4も、スペシャルヘッド加工のあと、
キャブセッティングを見直して、ギア比も変えて大会に臨みます。
f0119755_10091335.jpg
















さてさて、セクションは初心者でも楽しめるように考えられていて、
危ない事は無く、かといって簡単でもなく、楽しめるセクションです。

例によってイワピー師匠たちは自分たち独自のラインを設定して、
私もそれに付き合う羽目になってしまいました。
普段からの練習不足で、1ラップ目の終わるころにはそろそろ疲れが見えてきました。(^^;

それでも皆さん果敢に攻めのラインを行きます。
f0119755_09534420.jpg

















・・・・・ですがこの後・・・・・

f0119755_09534512.jpg

















今日のS藤さんは、組み上がったばかりのエンジンのセッティングが出ておらず、
エンスト5点が多々見られ、ストレスのたまるトライが続きました。
結果、自身でも初(?)の最下位に沈んでしまいました。(合掌)
セッティングを煮詰めてまた一緒に遊んでください。

tr133さんも体調が悪く、見事なライディングをしたかと思えば、
何でもない所でミスをしてしまったり、出入りの激しいスコアで、
リザルトはあまり芳しくない結果となってしまいました。
f0119755_09534598.jpg





























そして私目はと申しますと、やっぱり練習不足の成果でしょうか、
特に後半はクラッチ操作が付いてゆかずに、ターンをオーバーランしてしまったり、
越えるべきステアケースに入れなかったり、悔しくもそれなりの結果でした。
ただし、改良を重ねたパンプータ4は絶好調でした。
ライダーの技量と練習不足を所々カバーしてくれるほどの出来の良さです。

さらにイワピー師匠は、TLM60改で、
やらなくてもいい「男ライン」を果敢に攻めて、
表彰台まであと一歩の4位に入りました。
さすがイワピー師匠。ただのスケベではありません。
バイクに乗るのが上手な変態です。(笑)
f0119755_09534320.jpg

















この大会は2度目の参加になりますが、
いつ来てもワイワイとアットホームな雰囲気で、
リラックスして参加できる楽しい大会です。

来年は1月21日が練習会で、以降もう一回練習会があって3月に大会があります。
バイクの完成度に負けないように、もうチョット練習に励みたいと・・・・・?
確か毎年同じようなことを言っているような気がします。(^^;

by s-fulllife | 2017-12-19 10:37 | Trial | Comments(6)

by ぷーたとうさん