ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

(注)当ブログは筆者の個人的な備忘録です。バイクの改造に関しては自己責任で! みなさんも是非トライ&エラーを楽しんでください。

相模原市緑区。
すぐお隣のご近所です。
本日は、おなじみバブさんのお誘いで、
この地元近辺を散歩することになりました。

ですので集合は思いっきり遅めにお昼です。
集合と共にお腹が減っているので養鶏場近くの卵菓屋さんへ向かいます。
ここはチョットした隠れ家的な穴場で、
新鮮な地元産の野菜や卵、その卵を使ったお菓子などを販売しています。
そして親子丼やカルボナーラ、オムライス、たまごソフトなどの軽食もいただけます。
バブさんは、たまごかけご飯を、私は親子丼をいただきました。
食後はたまごソフトでクールダウン。
ここで次にどこに行こうか相談します。
f0119755_16315300.jpg

















空は曇り空、風は涼しくてバイクで走ると気持ちいい気温です。

話し合いの結果、幻の八丁の滝を見に行くことになりました。
宮ケ瀬湖に向かう道は短いダートが残る小さな峠、志田峠です。
f0119755_16334378.jpg





























本日はバブさんが山カブ、私はイーハトーブです。
f0119755_16315391.jpg

















宮ケ瀬湖畔を走る舗装林道では野生の猿に出会いました。

f0119755_17052003.jpg

















よく見ると首に何か付いています。
アンテナのような物も見えていたので、
おそらく行動を確認するためのGPSだと思われます。

f0119755_16315353.jpg

















コチラは子猿を抱いた母猿。
群れに遭遇したようで他にも数十頭のサルが木の上からこちらを窺っています。
下手に刺激しないように写真だけ撮って退散しました。
この猿たち、帰りにもいましたが、
人間を恐れずに逃げる気配は全くありません。
子猿などはチョット可愛いのですが、
野生との距離の取り方はしっかりと認識しなければなりません。
と言う訳で帰りはさっさと通り過ぎました。

話は戻って幻の八丁の滝です。
ここは以前にもブログに上げましたが、
私の表現力が乏しいのか、バブさんの読解力が老化しているのか?
良く分からなかったというので実際に連れてきました。
f0119755_16315363.jpg





























来てみたら、えらくお気に入りになったようで、
今度は釣竿持参で秋にでも来たいと言っていました。
f0119755_16315227.jpg





























f0119755_16315270.jpg

















f0119755_16495178.jpg





























さてさて、あてどなく彷徨ってしまいましたが、
最後はココに行きつきました。

f0119755_16315257.jpg

















TL愉快な仲間たちにはおなじみの清流の郷です。
今はアユ釣りの真っ最中ですので、平日でも何人かの釣り人が竿を振っています。
そのアユがまた禁漁になった頃、
来月13日に約1年ぶりのTLミーティングを開きたいと思います。
バブさんの提案でしたが、地元の私が告知することにしました。

参加費、参加資格はありません。
一般常識をわきまえた(精神的に)大人でしたらどなたでも参加OKです。
ツーリングのことでも、トライアルのことでも、メカのことでも、
何でもダべってゆるりと過ごしましょう!

詳細は掲示板に告知いたします。

# by s-fulllife | 2019-09-05 17:04 | 林道ツーリング | Comments(14)
先日のツーリングで気になっていたことをやっつけたいと思います。

トップケースの位置はベースの取り付けを少し後ろにずらすだけですぐに完了。
スクリーンの角度を立たせるのとナビの位置変更は同じ手法でやります。
その手法とは、ツーリングセローのように、
ヘッドライトフレームにオプション用のフレームを追加する方法を取ります。

まずは追加フレームを固定するダボを溶接します。
f0119755_15272257.jpg

















このダボにはあらかじめ穴を開けてナットを溶接しておきます。
ここに「コ」の字型に曲げた3㎜厚のアルミアングルを取り付けて、
ナビとUSB電源を移設、反射で見えづらくならないように艶消しの黒で塗っておきます。
最後に角度を調整してスクリーンを取り付ければ出来上がり。
何だかツーリング車っぽくなったでしょう?
f0119755_15272293.jpg





























f0119755_15272288.jpg

















そしてもう一つ。
私の好みでハンドルを立ててあります。
するとメインキーが奥まっていてON/OFFやハンドルロックの操作がしづらくなります。
そこで、もう何度かの作業実績のあるアルミ板サンドイッチ工法でキーヘッドを大きく加工します。
f0119755_15272214.jpg

















しかしこの方法は成型が大変で、金ノコとヤスリで格闘すること一時間余り、
大汗をかいて完成させました。

もう一つだけ、ペラペラのアンダーガードをどうにかしたいのですが、
これはまた次回という事にしておきます。

# by s-fulllife | 2019-08-30 17:20 | その他のバイク達 | Comments(10)
前回、悪天候で断念した峰越林道を走るためにリベンジマッチに行ってきました。
メンバーはピロキンさんとバブさんと私のオヤジ3人です。

朝チョットしたトラブルでピロキンさんが遅れましたが、
余裕を持った時間設定にしていたため、ほとんど予定通りに出発できました。

秩父のシンボル武甲山に雲がかかって幻想的です。
f0119755_13462847.jpg
















少々交通量は多いものの市街地を通過して、
コンビニでお昼ご飯を購入、ガソリンを入れてお山に向かいます。
f0119755_13450795.jpg

















今回はまず中津川林道の前に林道上野大滝線に寄り道してみます。
この辺りの山は岩山が多く、そこかしこに絶壁や滝が点在しています。
残念ながら林道はダート部分が少なく、頂上のトンネルも通行止めでした。
しかし、雄大な景色と岩肌は秘境を感じさせるのに十分です。
f0119755_13450756.jpg

















f0119755_13450743.jpg

















f0119755_13450735.jpg





























f0119755_13450796.jpg





























上野大滝線を後にして、いよいよ晴天の中津川林道に入ります。

路面はフラットで大型ロードバイクも登ってこれるほどです。
所々水たまりなどありましたが、前回に比べれば天国のような走りやすさです。
f0119755_13535072.jpg
















f0119755_13535026.jpg

















決してバリバリ激走することも無く、気持ちの良いペースで一気に三国峠まで走り切れました。
ダートの走行距離は17.5Kmほどでした。
f0119755_13535025.jpg





























f0119755_13535080.jpg





























f0119755_13593171.jpg

















今回の相棒のSL230はようやくタンク交換が終わって、併せてリアフェンダーも同色に交換、
フロントはベータのフェンダーを使ってダウンフェンダーにしました。
前回泥はねが酷く、トップボックスの鍵穴に泥が詰まって開かなくなってしまったので、
ナンバー下にフラップを追加しました。
この効果でトップケースへの泥はねは全くなくなりました。

もう少しトップケースを後ろに下げないと下りで腰を引いたときに当たります。
フロントのスクリーンももう少し角度を立たせたいし、ナビの位置ももう少し見やすくしたい。
実際に走ってみないと気がつかないことはあるものです。
これらは今後の課題にしましょう!

ちょっと話がそれました。
前回は三国峠でお昼にしましたが、今回は峰越林道の入り口まで走ってお昼を食べることにします。

川上村は気持ちの良い処です。
こんな所で収穫された野菜は美味しいはずです。
f0119755_13535099.jpg

















そんな川上村を走り抜けて林間に入ると、渓流沿いにチョットしたスペースがあります。
ここでお昼にしました。
f0119755_14120019.jpg

















鳥の声と川の流音、気温は23度ほどで本当に気持ちが良いです。
流れのすぐ横でコンビニご飯にかぶりついて、お腹も気持ちも満たされました。

食後に、このスペースの先に道が続いていたので少しだけ探索します。
どうやら古い作業道のようで、先に続いていましたが、
今回の本命は峰越林道です。
引き返して本道に戻ろうとすると・・・・・・
もうおなじみの青空修理が始まりました。今回はパンクではありませんよ~!
f0119755_14120016.jpg

















走りながら重い重いと文句を言っていたバイクのネジやナットを軽量化していたようで、
気がつけばトップボックスがグラグラでした。
ボックス本体まで軽量化するわけにはいきませんので応急修理です。

仕切り直して峰越林道の頂、大弛峠に向かいます。
ここも中津川林道とセットで、関東のメジャー林道ですので、
バイク中心に四駆などの交通量は多めです。
もっとガレガレだったように記憶していましたが、
均されてしまったのか、少々走りづらい程度の荒れ方でした。
しかし、標高は高く、セカンドでも失速すると吹け上がってくれません。
半クラッチを使って、時にはローに落として頂上に到着しました。




f0119755_14120040.jpg





























f0119755_14120052.jpg


















f0119755_14120109.jpg





























相変わらず、登山客の車で駐車スペースはいっぱいです。
いつか元気なうちに金峰山まで登ってみたいものです。(もちろん徒歩でです)

ここで作戦会議です。
甲州方面に下ってR20で帰るか、それとも・・・・・・
私とバブさんは、どうもR20が好きではありません。
距離的にはR20で帰った方が近いし時間もかかりませんが・・・・・・面白くない。

で、峰越と中津川を往復するコースを考えていました。
ピロキンさんもこれに同意してくれて、来た道を戻ることになりました。

先ほど走った道ですが、登りと下りではライン取りも走り方も違います。
目に入ってくる景色も違って、これはこれで楽しめました。
f0119755_14120048.jpg

















f0119755_15164690.jpg

















本日二度目の三国峠では花や虫たちが出迎えてくれます。
もうこの辺りは秋模様なんでしょうね~
f0119755_15164602.jpg

















f0119755_15164616.jpg

















f0119755_15164774.jpg





























f0119755_15164738.jpg

















そんな秋を感じさせるお山から下りてくれば、街の暑さが現実を教えてくれます。

毎度のことながら、もうお山が恋しくなってしまいます。(^^;

走行距離347Km   燃費34,2Km/ℓでした。

# by s-fulllife | 2019-08-26 14:38 | 林道ツーリング | Comments(9)
毎日暑くてガレージの作業も進みません。
フェンダーの塗装をしても汗が落ちてしまってやり直しになってみたり、
お盆休みの間は娘の模試や、学校説明会、部活動体験会など、
ほとんどバイクに関われない日々でした。
そして、お盆休み最後の日曜日に午前中だけ時間が空きました。
時間的にも気温的にも遠出するのは無理なので、神澤に練習に行ってきました。
偶然、前日にもりもりさんからもお誘いをもらって、コロッケさんも久しぶりにいらっしゃるそうです。
f0119755_10120993.jpg

















当日は連休の最後だけあって、いつもにも増して賑やかにやっています。
ツインショックの割合は少し低めですが、新旧のレーサーが大岩の周りを走っています。

お久しぶりのコロッケさんは神澤でのお話で、
普段は猿ヶ島でガンガン乗っています。
初めにターン中心のセクションを作りました。
少し厳しいかな~と思っていると、何回目かにはしっかりクリーンを出します。
いや~、巧くなりました。
f0119755_10155778.jpg

















f0119755_10120985.jpg

















それに負けず劣らず、最新のマシンを手に入れて、
目を見張る進歩を遂げたもりもりさん。
もう大会で勝負したら負けちゃいそうです。
f0119755_10120988.jpg

















その日少数派のツインショックでも、いぶし銀の走りのS籐さん。
あの開け方でどうしていけるの?
と、いつ見ても謎です。
f0119755_10121061.jpg

















f0119755_10121086.jpg

















そしておなじみイワピー師匠。
原チャリのイメージが強いですが、本日は外車。
巧い人は何に乗っても巧い!
スケベな人は何に乗ってもスケベ!

f0119755_10120959.jpg

















f0119755_10121040.jpg

















もう少し涼しくなったら猿ヶ島にも遊びに行ってみたいですね~。
お山ツーリングにも行きたいし、
やりたいこと、てんこ盛りです。


# by s-fulllife | 2019-08-21 10:31 | Trial | Comments(16)
梅雨の悪天候とその後の猛暑で、なかなか足が向かなかった神澤に久しぶりに行ってきました。
ここは午前中いっぱい崖下の日陰になるため、猿ヶ島よりも幾分乗りやすい状況です。
しかしそれでも暑い。
バイクを降ろしてストレッチをしている段階で汗だくです。

本日もツインショックマシンと最新マシンの競演です。
f0119755_14335481.jpg

















f0119755_14335405.jpg

















中でもイワピー師匠のTLRはお金と手間がかかっています。

そして、満を持してベータに乗り始めたもりもりさん。
上手くなっちゃって、私がミスしたところも、すんなり行っちゃったりして、
若いってスバラシイ!
f0119755_14335446.jpg

















f0119755_14335419.jpg

















そんなもりもりさんに負けじと、ツインショックのオジサンたちも汗を流します。
f0119755_14335494.jpg

















f0119755_14335570.jpg

















イワピー師匠は最新鋭の空調ベストで暑さ対策もバッチリ。
本日はTLRで自走参加です。

f0119755_14335463.jpg

















f0119755_14335478.jpg

















欧州帰りのS藤さん。
TLRでも4RTでも、粘りのライディングは同じです。

ベータでグングン上手くなっているもりもりさんに、
もう教えるのは止めようなんて言っていましたが、
やっぱりアドバイスしたり、変なプレッシャーを掛けたり、
いつもと変わらず、ワイワイと賑やかな神澤でした。
f0119755_14335441.jpg

















それにしても・・・・・・暑い!

# by s-fulllife | 2019-08-04 14:46 | Trial | Comments(16)
例年よりも遅く梅雨明けしたとたん、毎日のように猛暑が続いています。
ガレージでの作業もあまりの暑さにお休みがちです。もう若くもありませんので。

そんな中、以前納車したセル仕様のTLにイロイロ不調が起きているので見てほしいと依頼がありました。
エンジンが始動したりしなかったり、ハンドルも執られるような感じがするそうです。
ちょっと前にステアリングのグリスアップをして改善はしましたが、
試乗するとまだ少し気になります。
確認すると、タイヤが段減りしていて、しかもカチカチに硬化しています。
リアタイヤもかなり減っているので、いい機会と言う事でタイヤを交換することになりました。
タイヤが届くまでにキャブレターもオーバーホールします。
タイヤはヤフオクで最安値を発見してIRCを注文。すぐに届きました。
幸いチューブはまだ使用可能な状態だったので、作業は滞りなく終わりました。
f0119755_11105251.jpg

















さて、ハンドリングは正常に戻ったのか?
近所を試乗しようとしましたが、エンジンが全くかかりません。
キャブレターまではしっかりとガソリンが来ていますし、プラグも濡れています。
確認のためプラグを外して火花をチェックしてみると・・・・・飛んでいません。
アースの接触が悪いのかと何回か試してみると、たまに火花が見えますが、10回に一回くらいです。
そのうち全く火花は見えなくなりました。

初めに疑ったのはプラグです。
しかし交換しても変化なし。
次にプラグキャップ、イグニッションコイル、
ハーネスを剥いてサイドスタンド警告スイッチの配線など、チェックしてみましたが異常なしでした。
残る可能性はCDIです。
山積みの部品箱から手持ちのCDIを見つけ出してセットしてみると、
日が当たっていても分かるくらいの火花がきれいに飛んでいます。
どうやら原因はCDIのパンクだったようです。
サクッと交換して試乗して、問題が無いことを確認して納車してきました。
f0119755_11105238.jpg

















後日、通勤に乗って行って好調だったと連絡が入りました。
メデタシ、メデタシ。

猛暑と野暮用が重なって肝心のTL25号は進みません。
実のところ、どんなコンセプトにしようか、まだ迷っているのが実情です。
それでも、ステップやサイレンサーなどはいつも通りにするつもりですので作業を進めました。
ステップホルダーはベータの物をベースに加工して溶接で取り付けました。
サイレンサーも排気口を短くして取り付けます。
今のところまだここまでしかできていません。
f0119755_11130043.jpg

















f0119755_11130053.jpg


















猛暑のガレージで考えても脳が沸騰するだけですので、
ここ数日はボウーッとしながら考えをまとめることにします。

# by s-fulllife | 2019-08-02 11:41 | TL再生 | Comments(2)
数年ぶりに開通した中津川林道。
開通直後からブログやYouTubeに走行の模様がアップされています。
私も行きたかったのですが、なかなか都合や天気の問題で行けませんでした。
台風が近づいていましたが、お天気も何とか持ちそうだったので、
土曜日に決行となりました。
同じように考えていた人も多かったようで、
いつものバブさん、同級生のY君、久しぶりのスコさん、もっとお久しぶりのパイン山さん、
私を含めた5人のオヤジで三国峠を目指します。
f0119755_12040389.jpg

















コンビニで集合して、R299で秩父に出て、R140を西進します。
滝沢ダムを過ぎて山道に入るころ、
ポツリポツリと雨粒が当たりだします。
林道に入り口に差し掛かるころには本降りになってきました。
ここでカッパを着用します。
f0119755_12040355.jpg

















皆さん、中津川林道は初めてではありませんし、
ベテランぞろいですので、ここから三国峠まではフリー走行とします。
f0119755_12040483.jpg





























恐らくここが通行止めの原因になった崩落個所だと思われますが、
落ちてきた土砂を取り除くのではなく、土砂の上に道を通したようになっていました。
なるほど、この方が効率的です。
f0119755_12040478.jpg





























立体交差も昔と変わらず、林道としては珍しい景色のままでした。
f0119755_12040459.jpg





























峠が近くなると、雨は小降りになって、
辺りは霧に包まれてきます。
雲の中を通過しているのでしょうか?
f0119755_12040416.jpg

















そして峠では雲を抜けて、太陽が顔をのぞかせていました。
f0119755_12040316.jpg

















下界で仕入れたお昼を食べて、川上村方面に下って行きます。
途中、別の林道を見つけて少々探索します。
f0119755_12331936.jpg





























またもや雨が落ちてきますが、もうここまで来るとどうでも良くなっていました。
中津川林道も、この林道も、フラットで走りやすいのですが、
雨で所々に水たまりやぬかるみがあって、もうカッパの裾も靴もバイクもドロドロです。
そしてこんな時に限って・・・・・・パンク。
f0119755_12331903.jpg

















パンクした瞬間に、シューっと空気の抜ける音がします。
見れば極太のハリガネが刺さっていました。
幸い雨は止んでいたので、その場で即修理。
前輪なので助かりました。

そこから峰越林道や大弛峠なども考えましたが、この天候では何が起こるか分かりませんので、
初めの計画通りに中津川林道を下って帰ることにします。

その後は大した雨も無く、標高が低くなるにつれて、下界の暑さが押し寄せてきます。
大きな渋滞も無く走ってこられたのがせめてもの救いでしょうか。
裏道を駆使して先導してくれたスコさん、助かりました!

暑い時期に限ってのお話ですが、雨の林道も中々オツなものです。
久しぶりに大人の泥んこ遊びを堪能した一日でした。
f0119755_12331907.jpg



















# by s-fulllife | 2019-07-28 12:48 | 林道ツーリング | Comments(13)
毎週のように土日は雨の日が続いています。
そんな中、久しぶりに雨予報の無い土曜日に、
おなじみバブさんと4ヶ月ぶりの箱根白銀林道に行ってきました。

土曜日はお仕事の車も多く、混みあった市街地を抜けて、
うろ覚えでしたが林道の入り口に到着しました。
f0119755_11415594.jpg

















昨夜までの雨で路面はウエット、雨水で流されてきた土や枝などが散乱していて、
舗装路面でも気を抜けません。

前回行かなかった枝道も探索しましたが、
所によっては水たまりとドロドロ地獄でバイクもウエアも汚れ放題です。
最後はターンパイクに出るところで終了でした。
f0119755_11415565.jpg





























f0119755_11415595.jpg

















他にも枝道は数本ありましたが、夏草が行く手を阻んでいて、
チョット進む気になれません。

本道を走って、前回と同じくさつきの郷の展望広場でコンビニご飯を頂きました。
しかし、雨マークの無いはずの空からポツリポツリと雨が落ちてきます。
f0119755_11415435.jpg

















幸い本降りにはなりませんが、シトシトと地味~に路面を濡らしています。
この時期なので帰って涼しいくらいでしたので、気にせず星ヶ山公園に登ります。

ここもお天気が良ければキレイなんでしょうが、本日景色を望むのは無理なことです。
f0119755_12002412.jpg

















ここで写真を撮るためにバイクを路肩に寄せました。
すると少し前方に何かが落ちています。
よく見るととぐろを巻いた蛇でした。

バイクに気づいて草むらに入って行きましたが、
今まで見た蛇よりも太くて短い、背中の模様も微かに覚えていた特徴と一致します。
後から画像検索してみると、やっぱりマムシでした。(怖!)
バブさんはその横を通り過ぎていましたが、噛まれたら一大事になるところでした。
まぁ、こちらから行かない限り攻撃してくることも少ないようですが。
f0119755_12002572.jpg

















さて、林道も後半戦です。

相変わらず雨はシトシト降っています。
日が当たってた場所で、ほんの僅か乾き始めていた路面も、
今は完全ウエット状態です。
代わりに緑が映えて、キレイな緑のミストを浴びているようでした。
f0119755_11415455.jpg





























途中チョット休憩したところでこんな物も発見。
f0119755_11415486.jpg

















もう本日はこのまま雨の中を走るあきらめがついたころに、
林道終点の椿ラインに到着しました。
雨の土曜日だというのに、峠小僧たちが凄い勢いでコーナーを駆け抜けて行きます。
f0119755_12124103.jpg

















ここから林道を引き返すのか、海沿いに下りて国道で帰るのか、
それとも椿ラインを登って箱根新道経由で帰るのか、
迷った挙句にお互い久しぶりの箱根新道で下ることになりました。
そしてこれも思った通り、お山の上は真っ白な世界でした。
f0119755_12124200.jpg

















結局お昼から帰りまで、ずっと雨のツーリングとなりました。
途中からはカッパを着こむほどの本降りになりましたが、
気温は高めだったのでウインドブレーカーで事足りました。

次は何としても青空の下、爽やかに走りたいものです。
f0119755_12124108.jpg


















# by s-fulllife | 2019-07-14 12:28 | 林道ツーリング | Comments(10)
このところ梅雨らしい空模様で、ハッキリしない天気が続いています。
25番目のTLも作業が遅々として進みません。
というのも、細かいパーツを磨いて塗って乾燥を待って組み込む。
塗り忘れを発見してまた乾燥を待つ、といった具合なので、
こんな天気では肝心の乾燥が難しくなってしまいます。
おまけにガレージはいっぱいで、バイクを一台外に出さないと作業スペースもありません。

いろいろ言い訳をかきましたが、本日は雨も降らず、
灼熱地獄にもならなかったので作業がはかどりました。
f0119755_18150546.jpg

















と言ってもこの程度です。
そして、いつものように後部の重い部分をカットしたサイレンサーを作ったのですが、
ノーマルのサイレンサーは肉厚が薄くすぐに穴が開いてしまいます。
今まではその穴を2液性の強力金属パテで埋めていましたが、
溶接機をよく見ると出力スイッチがあります。
f0119755_18150547.jpg

















MAXとMIN。
とにかくしっかりと溶かし込むことを考えてMAXで使ってきましたが、
薄物だったらMINでも良いのでは?
やってみたらこれが大正解で、薄い鉄板にも穴が開きづらくなりました。
f0119755_18150588.jpg

















f0119755_18150502.jpg





























目視では穴はありませんが、この後排気漏れしているようでしたら、
そこは金属パテでも良いでしょう。

しかし、しばらく見ていないな~、青空。

# by s-fulllife | 2019-07-05 18:26 | TL再生 | Comments(8)
前日までどうしようか悩んでいたのですが、
日曜日は晴れる予報でしたので、過去二度とも消化不良に終わった、
富士山南麓の探索に行ってきました。

今回はトランポにPAMPUTA4を載せて万全の体制です。
f0119755_16512178.jpg

















本来の目的の前に、以前駿河の猛者たちに連れて行ってもらった場所を確認します。
前日までの雨で岩は滑るし、土はヌルヌルで最高(?)のコンディションです。
f0119755_16512159.jpg





























f0119755_16512161.jpg

















今回は単独行で場所の確認が目的ですので、あまり深入りはしません。

さて、本来の目的地ですが、
前回帰ってから、地図と航空写真を見比べながら、
おおよその見当を付けて、地図に書き込んであります。
それに加えて、スマホのGPSで現在地を確認しながら地図と照らし合わせて行く作戦です。

まずは、一回目にお昼を食べた鉄塔を目指します。

途中、ジムニーが遊んでいた支線を見つけましたが、
泥が削れて変形のV字谷になっていて、こねくり回されています。
とても単騎で挑む気になれず、入り口の確認のみにします。
f0119755_16512137.jpg





























先に進むと、見たことがある風景が広がります。
鉄塔の入り口を見つけました。
f0119755_16512148.jpg

















お山の草木は数週間でかなり成長していて、
この先の季節は厳しくなるかもしれません。
途中、謎の石垣がありました。
f0119755_16512107.jpg

















f0119755_16512126.jpg

















さらに前回は行かなかった下の方にも道があります。
下って行くと鉄塔と高圧線が交差する場所に出ました。
f0119755_17062189.jpg

















さらに、ここから林道を介して初めの鉄塔に戻るルートも発見しました。
しかし下草が多く、今後埋もれてしまいそうな感じです。

林道本線に戻って、別の支線を探索してみましたが、どれも夏草で埋もれてしまって、
先はありそうなのですが、なかなか進めません。
そして何本目かの支線が比較的広く、ぬかるみはありますが先に進めます。
しばらく走ると別の道にぶつかりました。
f0119755_17062155.jpg

















この道はもしや・・・・・・?
ガレガレの道を上って行くと、見覚えのある場所に出ました。
f0119755_17062116.jpg





























初めて来たときにイーハトーブで登った道でした。
この後すぐに林道にぶつかります。
その林道を上って行くと、変形交差点に出ました。
この先は舗装路のようなので引き返します。
そして途中見つけておいた支線を片っ端から探索します。
f0119755_17062197.jpg





























f0119755_17062138.jpg

















ガレガレでトライアルの外車でも持ち込まないと歯が立たない道や、
完全に道が流されている所がありますが、回り回って元の林道に帰ってくる道もありました。
正に迷路のようです。

早朝から出かけて、もうそろそろお昼の時間です。
バイクだけでも4時間以上走り回っています。
チョット小休止して、林道本線を下ります。
するとまたまた美味しそうな支線があります。

入り込んでみると、鉄塔に向かう整備道のようです。
f0119755_17062298.jpg





























f0119755_17062213.jpg





























この辺りは高圧線が何本も走っていて、それ用の整備道もあります。
本来は送電線の保守管理が目的ですので、バイクや自転車の道ではありませんが、
特に立ち入り禁止の規制も無いようなので作業のお邪魔をしない範囲で楽しませていただきます。

この整備道はかなり続いています。
途中、こんな見晴らしのいい場所もありました。
f0119755_17265939.jpg





























送電線の先には富士市の街並と駿河湾が見えます。

この先は残念ながら道が寸断されていて進むことはできませんでした。

鉄塔の作業道はアップダウンを繰り返して、時には爽やかに、
時にはガレガレ、時には1m以上の深いV字谷になって、
思いっきり楽しませてくれました。
PAMPUTA号なので楽しめましたが、SLでは厳しかったかもしれません。

そして鉄塔ルートの終わりはやはりガレガレの支線でした。
その支線を下りると林道の本線に出ます。
f0119755_17265878.jpg






























f0119755_17265975.jpg





























しかしこの界隈は爽やか林道あり、ガレガレ支線あり、絶景あり、鉄塔ルートあり、
まだまだ楽しめそうです。
今回の探索で、ある程度のつながりは把握できましたが、
単独行なので無理せずあきらめたその先には何があるのか?何処へつながっているのか?
楽しみは尽きません。
f0119755_17265807.jpg



















# by s-fulllife | 2019-06-16 17:45 | 林道ツーリング | Comments(14)