ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

(注)当ブログは筆者の個人的な備忘録です。バイクの改造に関しては自己責任で! みなさんも是非トライ&エラーを楽しんでください。

2019年 06月 16日 ( 1 )

前日までどうしようか悩んでいたのですが、
日曜日は晴れる予報でしたので、過去二度とも消化不良に終わった、
富士山南麓の探索に行ってきました。

今回はトランポにPAMPUTA4を載せて万全の体制です。
f0119755_16512178.jpg

















本来の目的の前に、以前駿河の猛者たちに連れて行ってもらった場所を確認します。
前日までの雨で岩は滑るし、土はヌルヌルで最高(?)のコンディションです。
f0119755_16512159.jpg





























f0119755_16512161.jpg

















今回は単独行で場所の確認が目的ですので、あまり深入りはしません。

さて、本来の目的地ですが、
前回帰ってから、地図と航空写真を見比べながら、
おおよその見当を付けて、地図に書き込んであります。
それに加えて、スマホのGPSで現在地を確認しながら地図と照らし合わせて行く作戦です。

まずは、一回目にお昼を食べた鉄塔を目指します。

途中、ジムニーが遊んでいた支線を見つけましたが、
泥が削れて変形のV字谷になっていて、こねくり回されています。
とても単騎で挑む気になれず、入り口の確認のみにします。
f0119755_16512137.jpg





























先に進むと、見たことがある風景が広がります。
鉄塔の入り口を見つけました。
f0119755_16512148.jpg

















お山の草木は数週間でかなり成長していて、
この先の季節は厳しくなるかもしれません。
途中、謎の石垣がありました。
f0119755_16512107.jpg

















f0119755_16512126.jpg

















さらに前回は行かなかった下の方にも道があります。
下って行くと鉄塔と高圧線が交差する場所に出ました。
f0119755_17062189.jpg

















さらに、ここから林道を介して初めの鉄塔に戻るルートも発見しました。
しかし下草が多く、今後埋もれてしまいそうな感じです。

林道本線に戻って、別の支線を探索してみましたが、どれも夏草で埋もれてしまって、
先はありそうなのですが、なかなか進めません。
そして何本目かの支線が比較的広く、ぬかるみはありますが先に進めます。
しばらく走ると別の道にぶつかりました。
f0119755_17062155.jpg

















この道はもしや・・・・・・?
ガレガレの道を上って行くと、見覚えのある場所に出ました。
f0119755_17062116.jpg





























初めて来たときにイーハトーブで登った道でした。
この後すぐに林道にぶつかります。
その林道を上って行くと、変形交差点に出ました。
この先は舗装路のようなので引き返します。
そして途中見つけておいた支線を片っ端から探索します。
f0119755_17062197.jpg





























f0119755_17062138.jpg

















ガレガレでトライアルの外車でも持ち込まないと歯が立たない道や、
完全に道が流されている所がありますが、回り回って元の林道に帰ってくる道もありました。
正に迷路のようです。

早朝から出かけて、もうそろそろお昼の時間です。
バイクだけでも4時間以上走り回っています。
チョット小休止して、林道本線を下ります。
するとまたまた美味しそうな支線があります。

入り込んでみると、鉄塔に向かう整備道のようです。
f0119755_17062298.jpg





























f0119755_17062213.jpg





























この辺りは高圧線が何本も走っていて、それ用の整備道もあります。
本来は送電線の保守管理が目的ですので、バイクや自転車の道ではありませんが、
特に立ち入り禁止の規制も無いようなので作業のお邪魔をしない範囲で楽しませていただきます。

この整備道はかなり続いています。
途中、こんな見晴らしのいい場所もありました。
f0119755_17265939.jpg





























送電線の先には富士市の街並と駿河湾が見えます。

この先は残念ながら道が寸断されていて進むことはできませんでした。

鉄塔の作業道はアップダウンを繰り返して、時には爽やかに、
時にはガレガレ、時には1m以上の深いV字谷になって、
思いっきり楽しませてくれました。
PAMPUTA号なので楽しめましたが、SLでは厳しかったかもしれません。

そして鉄塔ルートの終わりはやはりガレガレの支線でした。
その支線を下りると林道の本線に出ます。
f0119755_17265878.jpg






























f0119755_17265975.jpg





























しかしこの界隈は爽やか林道あり、ガレガレ支線あり、絶景あり、鉄塔ルートあり、
まだまだ楽しめそうです。
今回の探索で、ある程度のつながりは把握できましたが、
単独行なので無理せずあきらめたその先には何があるのか?何処へつながっているのか?
楽しみは尽きません。
f0119755_17265807.jpg



















by s-fulllife | 2019-06-16 17:45 | 林道ツーリング | Comments(14)