ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

(注)当ブログは筆者の個人的な備忘録です。バイクの改造に関しては自己責任で! みなさんも是非トライ&エラーを楽しんでください。

2017年 10月 25日 ( 1 )

昨日イーハトーブの試乗で、台風の痕跡を目の当たりにして、
いつもの練習場所はどうなっているのか?
気になって見てきました。もちろん危険なことはNGです。

パンプータ3号を嫁に出して、4号を登録しましたので、
こちらの公道走行の調子も見てみたいという目的もありました。
f0119755_10520602.jpg





























f0119755_10520566.jpg

















f0119755_10520635.jpg

















これからは、4号が探索のメインバイクになる予定です。

早速、K沢に行ってみます。
フロントスプロケットを14Tに交換した4号は、公道走行でも快適です。
お山探索は13Tで、トライアルは12Tで、それぞれ使い分けるつもりです。

K沢では、入り口にトライアルバイクを積んだトランポが止まっていました。
どうやら状態を見て引き返すところのようです。
練習場に到着すると、水はほとんど引いていましたが、
全面どろどろのぬかるみ状態で、練習するには相当の覚悟が必要な状況でした。
f0119755_10520640.jpg

















f0119755_10520680.jpg

















本当はチョット走ってみようかとも思っていたのですが、
これでハマってしまったらどうにもなりませんので、パスして下流に向かいます。
練習場の入り口にある小さな滝では、大きな岩が崩れていました。
f0119755_10520718.jpg

















一旦舗装路に戻って、最近ツインショックの練習や大会がある猿ヶ島方面に向かいます。
途中、橋桁に落書きのある河川敷だった場所は泥流に飲み込まれています。
f0119755_10520740.jpg

















猿ヶ島では、少し上流に堰堤があるので、比較的いつもに近い風景ですが、
やはり水かさは多く、奥の方までは確認できませんでした。
f0119755_11044469.jpg





























f0119755_11044411.jpg

















座架依橋を渡って、反対側からも様子を伺います。
すると、あり得ないような濁流が渦巻いていました。
f0119755_11021673.jpg

















何だかドキュメンタリー映画の、ワンシーンのような迫力です。
私の住居はここから20分ほど、大きな坂を二つほど登った高い場所にありますので、
水害にはほとんど縁がないのですが、改めて自然の怖さを思い知りました。

この記事を書いている今、今週末も雨の予報になりました。
ここのところ鬱憤がたまる週末ばかりですね~
f0119755_11021662.jpg



















by s-fulllife | 2017-10-25 11:19 | TL再生 | Comments(4)