ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

(注)当ブログは筆者の個人的な備忘録です。バイクの改造に関しては自己責任で! みなさんも是非トライ&エラーを楽しんでください。

2008年 03月 20日 ( 1 )

一昨年末よりTLにはまりだして、
それ以降わが家にやってきたバイクは合計5台です。
TLが3台、TLRが1台、そして一番最後にやってきたのがXR200です。

幸い今までのバイクは、エンジンの調子がいいものばかりで、はじめのTLのキャブレター調整に少し時間をかけたくらいでした。しかし、このXR200は今までのバイクたちに比べてどうにもエンジンの調子が良くありません。
先日キャブレターをいじって何とか普通に走れるようになりましたが、まだまだ絶好調とは程遠い状態です。キックギアの破損も疑われるので、今回はエンジンのオーバーホールをすることにしました。
その際に破損しやすいキックギアに「モリブデンショット加工」を施して強度アップをもくろんでいます。この加工方法は、4輪のレース界ではわりとポピュラーなチューンナップ方法らしいのですが、最近2輪界にも普及してきているようです。
昔、エンデューロをやっていた頃お世話になっていたショップで加工してもらうため、エンジンをおろして持ち込みました。
f0119755_21195560.jpg

そしてエンジンを開けてみてビックリ!前オーナー様はあまりバイクに詳しくなかったようで、しかもかなり長く乗っていなかったようです。シリンダーとピストンにオイルが潤滑していない状態でエンジンをかけてしまったようで、シリンダーに爪が引っかかるほどの傷が入っています。コレでは圧縮洩れしてしまいます。そしてイン・アウトともバルブはカーボンが堆積しています。エンジンオイルも真っ黒。
オークションで入手した時に一通り整備はしてあると云う言葉を鵜呑みにして、オイル交換すらしなかったのはうかつでした。でも、後の祭りです。
シリンダーのボーリングとオーバーサイズのピストンが必要ですが、ホンダ純正は存在しません。そこで、ショップのマスターから情報をもらって、社外のオーバーサイズを入手しました。
TKRJ・植田商店と云うところです。ここでは各メーカーのほとんどのバイクのピストンが入手可能です。もちろんTLのオーバーサイズも入手可能です。
f0119755_213672.jpg

さてさて、コレまでやってきたバイクたち、すべて全バラしています。XR200も例外ではなかったようです。
次にお目にかけるときは全くの別物になっているかな?こうご期待!
by s-fulllife | 2008-03-20 21:42 | その他のバイク達 | Comments(11)