ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

2007年 11月 14日 ( 1 )

早いもので、今年も残す所あとわずかです。
トライアル界でも、全日本や世界戦の日程はすべて終了して、
日本ではホンダの無冠の帝王と呼ばれていた小川友幸君が初タイトルをゲット!
世界では我らが藤波君の善戦及ばず新鋭トニー・ボウがタイトルをさらっ行きました。
そして草トライアル界もいよいよ大詰めです。
先日、11月11日(日)にわいわいトライアル大会の最終戦が開催されました。
例によって私はオチビと一緒に応援と写真撮影班。
そして今回はTL関東のお仲間である、みんせいさんとyoshida914さんが大会デビューを果たします。

前日までは冷たい雨が降っていて、当日も天気予報は午後まで雨。
会場であるミロク山荘キャンプ場は河原のセクションが主になる構成ですので、雨の影響は受けづらい所です。しかし、雨が降っていると、体力も気力も消耗してしまいます。百戦錬磨のツワモノでしたら逆に雨を楽しむくらいの余裕があるのかもしれませんが、ウチの妻君、ましてやTL関東のお2人、当日がデビュー戦ともなれば心中察して余りあります。しかしお天気ばかりはどうにもなりません。細かい雨がぽつぽつとフロントガラスを濡らしているのを恨めしく眺めながら、ハイエースのアクセルを踏み込みます。
会場に着く頃には一先ず雨はあがっていましたが、空はどんより曇り空で雨はいつ降り出してもおかしくありません。簡易テントを設営して、いつものように混合ガソリンを作って、前後の空気圧を調整します。今日はウエット路面ですが、河原のロックセクションがメインですのであまり空気圧を落としすぎてもいけません。F:0.43 R:0.28 大体こんな所でしょうか?
ライダースミーティングも終わっていよいよスタートします。
初参戦の御二人は「はじめてクラス」にエントリーしました。このクラスはセクションの難易度も本当のビギナー向けなのに加えて、ひとつひとつのセクショントライ後にレクチャーしてお勉強も出来てしまうと云う初心者に優しいクラスです。
f0119755_1642387.jpg

幸い第一セクションは前回の練習で使用したのと同じ場所です。ところが、みんせいさん、かなり緊張しているようです。いつもの丁寧なライディングが影を潜めています。前回はいけていたはずの小さなヒューム管で後退してしまって減点5。ほろ苦いデビューとなりました。
f0119755_16535996.jpg

   <次のトライでは手前で減点を喫したもののヒューム管は見事にクリアしました>

みんせいさんに輪を掛けて緊張しまくっていたのがyoshida914さんです。はじめのトライこそ減点2で切り抜けることが出来ましたが、次のトライではみんせいさんと同じヒューム管で思い切りハンドルが切れてしまってコースアウト!無念の減点5となってしまいました。
f0119755_16554964.jpg

   <ここまでは良かったのですが・・・・全身に力が入ってしまっています(^^;>

さて、妻君のほうはと云うと、当日は宿命のライバルである、れみぞーさんが別の大会に参戦するため不参加となりました。本人曰く「まわりから、茶化されないので気楽に乗れる」と喜んでいましたが、それがどうやら逆効果になってしまったようで、緊張感が続かずにいつもならどうと云うことは無い簡単なセクションで、ポロポロと減点を喫して歯痒いトライが続いていたようです。久しぶりにお会いした知り合いの女性にコテンパンにやられてしまったそうです。
f0119755_17583460.jpg

   <今回は豪快な川渡りのセクションもありました>

tr-133さんは相変わらず綺麗なフォームでオープンクラスのセクションを攻略していきます。が、先週の白馬の疲れが残っているそうで、ご自分ではあまり納得がいっていなかったようです。
あらいさんは、あさいさんから譲り受けたTY-Fで参戦していましたが、移動途中でバイクを倒してしまってからどうもエンジンが不調になってしまいました。どうやらエアクリーナーから水を吸ってしまったようです。キャブレタ-のフロート室からガソリンを抜いて、エレメントもチェックしましたが調子はなかなか上がりません。本来のライディングが出来ずに不完全燃焼の結果になってしまったようです。

心配していたお天気は結局最後までもってくれて、それどころか途中からは薄日もさしてきてむしろ暑いくらいでしたが、お天気と同じくあまりはっきりしない成績に各人悔しさをにじませていました。
はじめてクラスに参戦のご本人たちの名誉のために言っておきますが、初参戦の御二人ははじめの緊張が嘘のように、後半戦はクリーンを連発したそうです。ですがあと2人参戦していたちびっ子は、トライアル歴で言ったら大先輩で、もう上のクラスに出てもおかしくない実力の持ち主です。表彰台の1・2番はちびっ子に独占されてしまいました。
さて、コテンパンだったはずの妻君ですが、結果を見てみるとレディースクラス2位(二人しか出ていませんので最下位でもあります(^^;)しかも前回と同じく1点差です。(大爆笑)
宿命のライバル、れみぞーさんにメールを送ると、師匠と2人に大笑いされたそうです。
f0119755_17565912.jpg

2人しかいないはずのレディースクラスの表彰台ですが、オチビを立たせて記念に一枚。将来の「予約」と云うことにしておきます。
恒例のジャンケン大会では、ほとんど全員が賞品をゲット!初参戦の御二人もめでたく戦利品を手に入れました。
トライアルへの偉大なる第一歩、おめでとうございます。そして、その瞬間に立ち会えたことを嬉しく思います。
今後ともよろしく!
f0119755_17471399.jpg

by s-fulllife | 2007-11-14 18:03 | Trial | Comments(8)