ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

2007年 11月 05日 ( 1 )

11月3・4日(土・日)にTL関東の恒例になりつつある伊東ミーティングが行われました。
もちろん私も参加したかったのですが、
今回は仕事の関係でどうしても無理そうです。
涙を呑んでの欠席届となりました。
ところが、土曜日からの仕事。ふたを開けてみたら割合スムースに運んでいます。
事前に準備をしていたのですがもっと難航すると思われたことが、
次々に片付いていきます。
そしてこの時、心のどこかに「もしかしたら・・・・?」と云う気持ちが芽生えました。
さらに、来週に迫ったわいわいトライアル大会に参戦する妻君の練習にと、
日曜日は少しだけテックに練習に行くはずだったのですが、
オチビが風邪気味です。熱こそありませんが鼻を垂らして夜には咳き込んだりもします。
テックの練習もお預けになりました。
心の奥の「もしかしたら・・・・?」の?が取れました。
後は妻君に誠心誠意お願いをして、快く(?)お許しをいただきました。
ただし、やっぱり仕事の不安もありますので日曜日のお昼までがタイムリミットです。
休憩して少しだけ仮眠を摂って仕事が終わったのが午前2時30分。少し休んでから4時には出発します。
近くのホームセンターで購入した処分品の高効率バルブをセットしたTL1号は暗闇の国道を伊東目指して走り出しました。サスガに11月です。この時間は気温も低くバイク乗りにはつらい時間です。いつも走り慣れた(と言ってもトランポでですが)国道129号線を南下して、1号線に出ます。バイクでもトランポでも、いつもでしたらここからは西湘バイパスに乗るのですが、今回は125ccですのでひたすら下道を走ります。
f0119755_18581581.jpg

  <それにしても高い!燃費の良さが身にしみてありがたい瞬間です>


面白いもので、久しぶりに走った国道1号線はいろいろな景色と町並みを見せてくれて、とても新鮮で退屈せずに走ることが出来ました。普段はどうしてもバイパスや高速道路を使っての移動が多いので、125ccでのツーリングは嬉しい副産物をプレゼントしてくれました。
小田原を過ぎて伊豆半島の付け根に到達した頃、東の空が白々と明けてきました。ここでもチョットバイクを止めて写真を1枚。こんなことも原付ならではでしょうか。
f0119755_19243100.jpg

この東伊豆の道も有料道路は一切使わずにひたすら裏道を行きました。海岸沿いの有料道路は潮の香りに包まれた快適な走りやすい道ですが、旧道のひなびた雰囲気やみかん畑が続く丘陵地帯を縫って走る道は、適度なアップダウンと大小のコーナーによってTLの軽い車体を右に左にバンクさせてリズミカルに気持ち良く走り抜けることが出来ます。このコーナーリング性能はデュアルパーパスとしてのTLの面目躍如と云った処でしょうか。
そうやってしばらく東伊豆の旧道を楽しみながら、宇佐美を抜けて懐かしささえ感じる「道の駅伊東マリンタウン」に到着しました。ここは初めて参加した伊東ミーティングのときに、よっちゃんから目印に指定された場所です。ここでトイレ休憩をして、もう「隠れ家」は目と鼻の先です。
f0119755_19255277.jpg

ここで一つ不安なことが。今回のツーリングは本当に突然決めたので、伊東ミーティングに参加しているどなたにも言っていません。もしも誰も起きていなかったら?駐車場に「ぷーたとうさん参上!」などと書いて行くわけにもいかず、どうしたものかと悩んでいましたが、隠れ家に着いてみて一安心、おじ太郎さんが起きていらっしゃいました。
「?」と云う顔で出迎えていただいたおじ太郎さんに経緯を説明してしばし談笑。しばらくするとテトラさんもいらっしゃいました。そして続々とTL関東の懐かしい面々が登場してきてくれました。今回の一番の目当てはもちろん皆さんにお会いすることでしたが、たもやんのスペシャルTLを一目みてみたい、と云うのもあってのツーリングでした。やっぱりプロのお仕事ですね。タンクもフレームもピカピカで、随所にスペシャルな加工や工夫がちりばめられて、まさに世界に一台だけのスペシャルマシンに仕上がっていました。そして密かに栃木犬さんのTLRにもビッグタンクが装着されており、超神伝説は益々ヒートアップするような予感がしました。

そして今回のサプライズ(?)は帰り道にやってきました。TL1号のアルミタンクは自作のリザーブの取り出し口が付いています。どれくらいでリザーブになるのか試してみることにしました。帰り道はもう日も高く、ガソリンスタンドもたいていは開いています。大磯を過ぎたあたりでガス欠状態になり、コックをリザーブに合わせます。エンジンを再始動してスタート。スタンドを探していると、またもやガス欠。「?」はじめのガス欠から500mも走っていません。それ以降何度キックをしてもエンジンはかかりません。「????」
リザーブの取り出し口と通常の取り出し口には高低差をつけておいたのですが、タンクは全く水平に付いている訳ではありません。タンクの傾きで取り出し口の高低差がほとんどなくなってしまったようです。(><)久しぶりにガス欠でバイクを押しました。スタンドは無かったものの、バイク屋さんが在ったので、「コックをリザーブにしたまま走っていました」と照れ隠しをしてガソリンを分けてもらいました。バイク屋さんゴメンナサイ。アレは真っ赤な嘘です。(^^;)
お笑い道場はやっぱり不滅でしたね。

とにかく、予定通り午前中に帰ってこれました。
今回、TLで初めての長距離(往復215km・栃木犬さん笑わないでくださいね)を走って、3号ツーリング仕様の方向性が見えてきました。と同時に、125ccでの下道の楽しさ、バイクに乗り始めた頃に感じた感覚がよみがえってきました。
私もたまには自走組みに加えてくださいね。
by s-fulllife | 2007-11-05 20:15 | TL関東 | Comments(13)