ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

名栗方面の林道も厳しい!

新たにやってきた愛機の試乗も兼ねて、急遽、名栗方面に行ってきました。
さてその新しい愛機とは・・・・・

30年以上前に乗っていたことがあるXL125Rパリダカです。
ガレージのバイクが3台売れて、次のバイクを物色していると、
懐かしいバイクが目に飛び込んできました。
このバイクであちこち走り回って、最終的にはエンデューロレースにまで出場して、
ボロボロになるまで走りまくってから、次のバイク購入のために惜譲したバイクでした。
バイクいじりの「いろは」を勉強したのもこのバイクが始まりでした。

出品されているパリダカは、なかなか私好みの改造がされています。
少々値は張りましたが、部品をすべて揃える金額と労力を考慮すると、
充分に納得できる金額でしたので入札、誰とも競合せずに落札することが出来ました。

引き取ってきたパリダカはしばらく放置されていたようで、
サビとホコリと日焼けによる経年劣化で思った以上に汚れています。

今回乗り出すにあたっての手直しは、80%ほどが磨きと塗りでした。(^^;
f0119755_10394028.jpg

















出来上がったのはツーリング前日の夜12時ころです。
一度完成したと思ったのですが、どこかでパキッと大きな音がして、
工具でも落としたのかと思ったら、寒さのせいか、取り付けたスクリーンが割れてしまった音でした。
f0119755_10425467.jpg

















そこから得意技の100均下敷きでショートスクリーンを作って取り付けました。
f0119755_10293342.jpg

















幸い寒いので集合を遅めにしていたので何とか睡眠もとることが出来ました。
そして集合場所では見慣れた光景が・・・・。
バイクが最新型になっても、やっていることは変わり映えしませんね~(^^;
f0119755_10293238.jpg

















前日の夕方に決まったツーリングでしたが、
バブさんと私以外にイーズーライダーさんとセロー225の方が集合、
4人のオヤジ達で西名栗方面を目指しました。

しかし、結果から言ってしまえば、ほとんど全滅状態です。
大名栗林道はバイクの単独死亡事故の影響で完全に通行止めですし、
西名栗林道は場所によっては辛うじては入れたところも、立派なゲートが出来て完全に通行止めです。
ゲートの前でこの後のルートを考えていると、ゲート内から管理者らしき一団が来て、
事故の影響でこの辺り一帯全て入れません、と一言。
死亡事故の影響で一般道が通行止めになったなんてことは聞いたことがありませんが、
(一部バイクのみ通行止めという不可解な規制は残っている所もあります。)
林道は特別なのでしょうか?

とはいえ、皆さん大人ですので、ダメと言われるのを無理やり入ったりはしません。
管理の方とも談笑して、引き返すことにします。
f0119755_10293253.jpg

















しかし、せっかく寒い中ここまで来たので、もう少し足を延ばして峠を越えた奥地まで行ってみます。
するとそこにも立派なゲートが・・・・・(哀)
もう一本の入り口も一応見てみましたが・・・・・ここはゲートも規制もありませんでした。
ようやく本日一本目の林道を走れます。
少し進むと分岐があります。
先ほどのゲートから続く林道はこの分岐にも簡易ゲートがありました。
もう一方はピストン林道ですが、存分に味わって走りました。
f0119755_10293335.jpg





























f0119755_10293244.jpg

















峠を越えた先ですので、ここから正丸峠を越えて、R299で帰ります。
途中、定食ののぼりがあるお店で遅めのお昼をいただいて、あれやこれやと四方山話。
半分これが楽しくてツーリングに行くようなものです。
f0119755_11034517.jpg

















手作りのコロッケとメンチカツ、唐揚げの定食が700円ほどで食べられます。
嬉しいご飯の大盛無料でした。

帰り道、以前訪れた倒木がいっぱいだった林道へ寄り道します。
現在は倒木も撤去されてフラットでしたが、誰も入り込まなくなって久しいのか、
下草がいっぱいで程なく道としての機能が無くなってしまいそうな雰囲気です。
適度に人やバイクが走ってこその道ですので、今後もタイミングが合えば覗いてみようと思います。
f0119755_11034549.jpg





























さてさて、完成してすぐに行ってきたツーリングでしたが、
やはり不具合が出ました。
フロントのウインカーの位置を変えたため、ハンドルを切るとタンクに当たります。
改めてパリダカタンクは巨大なことが分かりました。
位置を元に戻せば問題解決します。
それから、アクセルワイヤーが短か目で、
左にフルロックするとエンジン回転が上がってしまいます。
これはワイヤーの取り回し変更で対応可能です。

そして、30年以上の時を経て感じましたが、
ガソリン満タンにすると重いです。(^^;
17L入るタンクです。高い位置にタンクがあるため、
思った以上にフロントヘビーに感じます。
以前は若さと体力であまり感じなかったことがより一層実感できます。
しかしそのおかげで、満タンでの航続距離は計算上600Kmに迫るものがあります。

250のパリダカは希少ですがたまに見かけます。
今回ご一緒したイーズーライダーさんも250パリダカです。
しかし125のパリダカはほとんど見たことがありません。
今も昔もです。
この珍しさと、底知れぬ航続距離でツーリングシーンに活躍してくれることでしょう。

by s-fulllife | 2018-12-10 11:30 | 林道ツーリング | Comments(12)
Commented by ワタヤン at 2018-12-10 14:03 x
今度はパリダカでしたか。
わざわざご自分と同じ体型のバイクにしなくても良いような(笑)

パリダカって初めからディスクブレーキなのですか?
Commented by ぷーたとうさん at 2018-12-10 15:53 x
ワタヤン、タンクのセクシーなクビレが私の体型に似ているのでしょうか?
フロントのディスクブレーキ等私好みの改造のひとつです。
Commented by コロッケ at 2018-12-10 18:15 x
お〜、XL125Rパリダカですか!
確かに250も見かけませんが、125はもっと見かけません
というか、パリダカという言葉もすっかり聞かなくなりました
しかし、貴重なバイクだな〜、
そのタンクならツーリングでガソリンスタンドに寄らず
行って帰って来れますね
エンジンはTLと随分感じが違うんでしょうか?
林道はどこもとおせんぼのようで残念、
ビッグタンクだからもっと遠くに行きなさいということかな。

Commented by Taro555Z at 2018-12-10 18:34
新しい愛機 カッコいいです!タンク容量はジェベルと同じですね〜 しかし、航続距離が凄すぎ!燃費も良いんですね。

大名栗林道は本当に残念です。僕などはまだ一度も走っていません。

ちなみに今一番走りたいのは栗原川林道です。
来年キャンプと絡めて行きたいです。ぷーたとうさんは行かれたことありますか?
Commented by バブ at 2018-12-10 20:55 x
いずれこうなるとは思っていましたが、いやはや名栗方面は完全ブロックになっていましたね。近場のお山活動が制約されてしまい困ったもんですね~。
Commented by ぷーたとうさん at 2018-12-10 22:01 x
コロッケさん、イメージだけはラリーレイド気分になれます。
エンジンはノーマルではないのですが、
低速トルクが薄く、高回転域が愉しいエンジンです。
ツーリングなどには向いていますが、
お山の探索には重さもあって厳しそうです。
シートもフカフカでロングライドが苦にならないバイクです。
Commented by ぷーたとうさん at 2018-12-10 22:08 x
タロさん、大名栗に限らず、近隣の林道はかなり厳しい状況ですね。
栗原川林道は昨年走ったことがあります。
景色は所々しか見えませんが、35km超のロングダートは、
一度走っておいても損はありません。
しかし、ジェベルのタンクは見た目以上に大容量なんですね~‼
Commented by ぷーたとうさん at 2018-12-10 22:14 x
バブさん、お疲れ様でした。
しかし近隣の林道は軒並み通行止めですね。😥
こちらはまだ猿ヶ島など走れる場所がありますが、
都内からだと、走れる場所に着くまでがツーリングになってしまいます。
寒い季節は河川敷で乗って、後はひたすらバイクいじり❔
それとも軟弱トランポツーリングかな?
Commented by パイン山 at 2018-12-11 22:45 x
私のXLRの航続距離は300km
走るスタンド、ありがとうございます♥
Commented by ぷーたとうさん at 2018-12-12 09:45 x
パイン山さん、300Kmも走れば充分でしょう?
どうしてもと仰るんでしたら、
現地価格でお譲りいたしますよ~!(^^)v
Commented by pirokinpirokin at 2018-12-12 18:35
フロントヘビーですか~
下りで転んじゃいそうですね!
ネガティブな私です。(・・;)
パリダカが出たときはカッコいいなぁ~なんて
憧れた少年でした
ガンマ1型が出たときも胸がときめきました。
そういえば最近胸がときめく新車が出てないなぁ~(*^^*)
西名栗のゲートも本気モードで
厳しいエリアになりましたね(・・;)

トリコロールのパリダカカッコいいです。( ☆∀☆)
Commented by ぷーたとうさん at 2018-12-12 19:04 x
ピロキンさん、転んじゃいそうだと怖がるのは良いことだと思います。
必要以上に怖がらなければ、用心して安全マージンを確保できるからです。
私も昔は心がときめくバイクがありましたが、
今のバイクはいま一つです。
XLのパリダカシリーズは、夢中になって見たNXRのパリダカを想像してしまって、
妄想の中でダカールの海岸のビクトリーランを走っています。(^^;