ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

(注)当ブログは筆者の個人的な備忘録です。バイクの改造に関しては自己責任で! みなさんも是非トライ&エラーを楽しんでください。

毎週のように土日は雨の日が続いています。
そんな中、久しぶりに雨予報の無い土曜日に、
おなじみバブさんと4ヶ月ぶりの箱根白銀林道に行ってきました。

土曜日はお仕事の車も多く、混みあった市街地を抜けて、
うろ覚えでしたが林道の入り口に到着しました。
f0119755_11415594.jpg

















昨夜までの雨で路面はウエット、雨水で流されてきた土や枝などが散乱していて、
舗装路面でも気を抜けません。

前回行かなかった枝道も探索しましたが、
所によっては水たまりとドロドロ地獄でバイクもウエアも汚れ放題です。
最後はターンパイクに出るところで終了でした。
f0119755_11415565.jpg





























f0119755_11415595.jpg

















他にも枝道は数本ありましたが、夏草が行く手を阻んでいて、
チョット進む気になれません。

本道を走って、前回と同じくさつきの郷の展望広場でコンビニご飯を頂きました。
しかし、雨マークの無いはずの空からポツリポツリと雨が落ちてきます。
f0119755_11415435.jpg

















幸い本降りにはなりませんが、シトシトと地味~に路面を濡らしています。
この時期なので帰って涼しいくらいでしたので、気にせず星ヶ山公園に登ります。

ここもお天気が良ければキレイなんでしょうが、本日景色を望むのは無理なことです。
f0119755_12002412.jpg

















ここで写真を撮るためにバイクを路肩に寄せました。
すると少し前方に何かが落ちています。
よく見るととぐろを巻いた蛇でした。

バイクに気づいて草むらに入って行きましたが、
今まで見た蛇よりも太くて短い、背中の模様も微かに覚えていた特徴と一致します。
後から画像検索してみると、やっぱりマムシでした。(怖!)
バブさんはその横を通り過ぎていましたが、噛まれたら一大事になるところでした。
まぁ、こちらから行かない限り攻撃してくることも少ないようですが。
f0119755_12002572.jpg

















さて、林道も後半戦です。

相変わらず雨はシトシト降っています。
日が当たってた場所で、ほんの僅か乾き始めていた路面も、
今は完全ウエット状態です。
代わりに緑が映えて、キレイな緑のミストを浴びているようでした。
f0119755_11415455.jpg





























途中チョット休憩したところでこんな物も発見。
f0119755_11415486.jpg

















もう本日はこのまま雨の中を走るあきらめがついたころに、
林道終点の椿ラインに到着しました。
雨の土曜日だというのに、峠小僧たちが凄い勢いでコーナーを駆け抜けて行きます。
f0119755_12124103.jpg

















ここから林道を引き返すのか、海沿いに下りて国道で帰るのか、
それとも椿ラインを登って箱根新道経由で帰るのか、
迷った挙句にお互い久しぶりの箱根新道で下ることになりました。
そしてこれも思った通り、お山の上は真っ白な世界でした。
f0119755_12124200.jpg

















結局お昼から帰りまで、ずっと雨のツーリングとなりました。
途中からはカッパを着こむほどの本降りになりましたが、
気温は高めだったのでウインドブレーカーで事足りました。

次は何としても青空の下、爽やかに走りたいものです。
f0119755_12124108.jpg


















# by s-fulllife | 2019-07-14 12:28 | 林道ツーリング | Comments(10)
このところ梅雨らしい空模様で、ハッキリしない天気が続いています。
25番目のTLも作業が遅々として進みません。
というのも、細かいパーツを磨いて塗って乾燥を待って組み込む。
塗り忘れを発見してまた乾燥を待つ、といった具合なので、
こんな天気では肝心の乾燥が難しくなってしまいます。
おまけにガレージはいっぱいで、バイクを一台外に出さないと作業スペースもありません。

いろいろ言い訳をかきましたが、本日は雨も降らず、
灼熱地獄にもならなかったので作業がはかどりました。
f0119755_18150546.jpg

















と言ってもこの程度です。
そして、いつものように後部の重い部分をカットしたサイレンサーを作ったのですが、
ノーマルのサイレンサーは肉厚が薄くすぐに穴が開いてしまいます。
今まではその穴を2液性の強力金属パテで埋めていましたが、
溶接機をよく見ると出力スイッチがあります。
f0119755_18150547.jpg

















MAXとMIN。
とにかくしっかりと溶かし込むことを考えてMAXで使ってきましたが、
薄物だったらMINでも良いのでは?
やってみたらこれが大正解で、薄い鉄板にも穴が開きづらくなりました。
f0119755_18150588.jpg

















f0119755_18150502.jpg





























目視では穴はありませんが、この後排気漏れしているようでしたら、
そこは金属パテでも良いでしょう。

しかし、しばらく見ていないな~、青空。

# by s-fulllife | 2019-07-05 18:26 | TL再生 | Comments(8)
前日までどうしようか悩んでいたのですが、
日曜日は晴れる予報でしたので、過去二度とも消化不良に終わった、
富士山南麓の探索に行ってきました。

今回はトランポにPAMPUTA4を載せて万全の体制です。
f0119755_16512178.jpg

















本来の目的の前に、以前駿河の猛者たちに連れて行ってもらった場所を確認します。
前日までの雨で岩は滑るし、土はヌルヌルで最高(?)のコンディションです。
f0119755_16512159.jpg





























f0119755_16512161.jpg

















今回は単独行で場所の確認が目的ですので、あまり深入りはしません。

さて、本来の目的地ですが、
前回帰ってから、地図と航空写真を見比べながら、
おおよその見当を付けて、地図に書き込んであります。
それに加えて、スマホのGPSで現在地を確認しながら地図と照らし合わせて行く作戦です。

まずは、一回目にお昼を食べた鉄塔を目指します。

途中、ジムニーが遊んでいた支線を見つけましたが、
泥が削れて変形のV字谷になっていて、こねくり回されています。
とても単騎で挑む気になれず、入り口の確認のみにします。
f0119755_16512137.jpg





























先に進むと、見たことがある風景が広がります。
鉄塔の入り口を見つけました。
f0119755_16512148.jpg

















お山の草木は数週間でかなり成長していて、
この先の季節は厳しくなるかもしれません。
途中、謎の石垣がありました。
f0119755_16512107.jpg

















f0119755_16512126.jpg

















さらに前回は行かなかった下の方にも道があります。
下って行くと鉄塔と高圧線が交差する場所に出ました。
f0119755_17062189.jpg

















さらに、ここから林道を介して初めの鉄塔に戻るルートも発見しました。
しかし下草が多く、今後埋もれてしまいそうな感じです。

林道本線に戻って、別の支線を探索してみましたが、どれも夏草で埋もれてしまって、
先はありそうなのですが、なかなか進めません。
そして何本目かの支線が比較的広く、ぬかるみはありますが先に進めます。
しばらく走ると別の道にぶつかりました。
f0119755_17062155.jpg

















この道はもしや・・・・・・?
ガレガレの道を上って行くと、見覚えのある場所に出ました。
f0119755_17062116.jpg





























初めて来たときにイーハトーブで登った道でした。
この後すぐに林道にぶつかります。
その林道を上って行くと、変形交差点に出ました。
この先は舗装路のようなので引き返します。
そして途中見つけておいた支線を片っ端から探索します。
f0119755_17062197.jpg





























f0119755_17062138.jpg

















ガレガレでトライアルの外車でも持ち込まないと歯が立たない道や、
完全に道が流されている所がありますが、回り回って元の林道に帰ってくる道もありました。
正に迷路のようです。

早朝から出かけて、もうそろそろお昼の時間です。
バイクだけでも4時間以上走り回っています。
チョット小休止して、林道本線を下ります。
するとまたまた美味しそうな支線があります。

入り込んでみると、鉄塔に向かう整備道のようです。
f0119755_17062298.jpg





























f0119755_17062213.jpg





























この辺りは高圧線が何本も走っていて、それ用の整備道もあります。
本来は送電線の保守管理が目的ですので、バイクや自転車の道ではありませんが、
特に立ち入り禁止の規制も無いようなので作業のお邪魔をしない範囲で楽しませていただきます。

この整備道はかなり続いています。
途中、こんな見晴らしのいい場所もありました。
f0119755_17265939.jpg





























送電線の先には富士市の街並と駿河湾が見えます。

この先は残念ながら道が寸断されていて進むことはできませんでした。

鉄塔の作業道はアップダウンを繰り返して、時には爽やかに、
時にはガレガレ、時には1m以上の深いV字谷になって、
思いっきり楽しませてくれました。
PAMPUTA号なので楽しめましたが、SLでは厳しかったかもしれません。

そして鉄塔ルートの終わりはやはりガレガレの支線でした。
その支線を下りると林道の本線に出ます。
f0119755_17265878.jpg






























f0119755_17265975.jpg





























しかしこの界隈は爽やか林道あり、ガレガレ支線あり、絶景あり、鉄塔ルートあり、
まだまだ楽しめそうです。
今回の探索で、ある程度のつながりは把握できましたが、
単独行なので無理せずあきらめたその先には何があるのか?何処へつながっているのか?
楽しみは尽きません。
f0119755_17265807.jpg



















# by s-fulllife | 2019-06-16 17:45 | 林道ツーリング | Comments(14)
久しぶりに晴れたので、我慢できずにチョットお出かけしてきました。

まずは短いダートの小さな峠、志田峠へ。
f0119755_17114113.jpg





























梅雨の雨で水が流れた跡がありますが、それほど荒れてはいません。
ゆっくりトコトコと走ります。

次に法論堂林道から半原越え。
コチラは全線舗装林道です。
峠付近には支線があるのですが、
厳重なゲートで封鎖されています。
f0119755_17200630.jpg

















ここは大人の対応で、そのまま峠を下ります。

昨日までの梅雨寒が嘘のように日差しは初夏のようです。

峠を下って、最後に初めて行く谷太郎林道へ向かいます。
ネットの情報によると、この林道も全線舗装だそうです。
f0119755_17114258.jpg





























舗装路面ではありますが、鳥の声や川の水音など、
お山の禁断症状が出始めていた私には、特効薬のようでした。
f0119755_17114090.jpg





























終点は登山道の出発点で、少し広くなっていて、何台かの車を停めることができます。
f0119755_17274440.jpg





























f0119755_17274565.jpg

















そのまま引き返しても良いのですが、少しだけ寄り道をします。

帰り道の途中に、それほど広くはない河原に下りられるところがありました。
f0119755_17274544.jpg

















そうそう、先日デビューしたSL230ですが、
LEDのデュアルヘッドライトが明るいのですが、
スポットにもかかわらず、対向車がまぶしいくらいに集光が悪く、
結局ノーマルレンズにLEDバルブという組み合わせに変更しました。
光量は少し落ちた感じですが、カットラインも何となく出ているようですので、
この状態でしばらく乗ってみようと思います。
f0119755_17274599.jpg

















ちなみにライトガードはステンレス製の鍋敷きです。108円也。
f0119755_17114165.jpg





























ほんの2時間ほどのお散歩でしたが、貴重な梅雨の晴れ間を使って、
お山を感じることが出来ました。

名前も知らない小さな花があっちにもこっちにもたくさん咲いていました。
f0119755_17114176.jpg





























f0119755_17114137.jpg

















f0119755_17114130.jpg





























f0119755_17274597.jpg




























f0119755_17114151.jpg

















先日の富士山南麓ツーリング以来、初めて給油してみましたが、
燃費は32,6Km/Lでした。

# by s-fulllife | 2019-06-13 17:44 | 林道ツーリング | Comments(6)
今回は初めて使うエンジンで仕上げてみようと思います。

まだ何となく、漠然としたイメージしかありませんが、
ガレージの整理を兼ねて、25番目のTLを組んでいきます。

はてさて、どんなバイクになるのでしょうか?
当の本人にも分かりません。(^^;
f0119755_16200336.jpg































# by s-fulllife | 2019-06-12 16:21 | TL再生 | Comments(9)
2週間ほど前に探索した富士山南麓にまたまた行ってきました。
今回はしばらく前にお山友達のランモモさんから譲っていただいた、
SL230のツーリングデビューです。

ブロ友のピロキンさんと、おなじみバブさんと、R246のコンビニで待ち合わせて、
富士山南麓、裾野市まで自走で移動します。
現地の待ち合わせ場所で、トライアル仲間のコロッケさん、ベアーDRさん、と合流、
総勢5人のオヤジでスタートします。

まずは以前も入っていった入り口から登って行って、県道を挟んだ標高の高い林道へ向かいます。
ところがここは土曜日だったので、山仕事の方がお仕事中でした。
邪魔をする訳にはいきませんのですぐに撤退します。
f0119755_13243357.jpg

















引き返して、以前も走った林道に向かいます。
今回は時間をかけて探索するつもりでしたが、
枝道が縦横に走っていて地図上と現在地点がなかなか結び付いてくれません。
f0119755_13251034.jpg





























周りの景色も杉林に囲まれているため把握しづらく、
行き当たりばったりに走っていると、いつの間にか一回走った道をまた走っていたりします。

鉄塔の道に迷い込んだりもしましたが、
道は崖のようになっていて寸断されていました。
そしてまたまたこんな落とし物が・・・・・。
f0119755_13243312.jpg

















少し放置期間が長かったようなので、
これはピロキンさんに進呈しました。

そうこうしているうちに入り込んだ枝道は、
前回ガレていて引き返した道を逆側から下ってくる道でした。
これでようやく序盤のつながりが見えてきました。
f0119755_13243346.jpg





























ここを下りきって少し移動した広場でお昼にします。
f0119755_13382906.jpg

















この後も周辺を走り回りましたが、なかなか繫がりがつかめずに、
同じところを行ったり来たりが続きます。

たまに枝道に入り込むとガレガレの難所が待っていたり、
整備されたフラットな林道が続いていたり・・・・・・。
ある意味変化に富んだ貴重なフィールドです。
f0119755_13243282.jpg

















f0119755_13243302.jpg





























f0119755_13472435.jpg





























ですがご近所と言う訳ではありませんので、
帰りの時間を考えるといつまでも遊んでいるわけにもいきません。
夕方に用事があるコロッケさんとベアーDRさんが一足先に、
残った3人もそれ以後大した成果も無く引き上げることになりました。

もうすぐ梅雨ですが、できればもう一度行ってきて、
どの道がどう繋がっているのか、確かめてみたいものです。

ちなみに、林道デビューしたSL230はとっても優秀でした。
ソフトなサスのおかげで、突き上げなども無く、
実に乗り心地が良い!
パワーの出方も滑らかでいて充分。
さすがメーカー純正、ノーマルは偉大です。

安物のドライブレコーダーの画像をアップしてみました。
お見苦しいですが、ご勘弁を。


# by s-fulllife | 2019-06-02 13:53 | 林道ツーリング | Comments(12)
5月25日土曜日のことです。
長く通行止めが続いていた有間峠が開通しました。
それを受けて急遽ツーリングに出かけることになりました。
おなじみバブさんと、ピロキンさんと私のオジサン3人旅です。

私とバブさんにチョットしたトラブルがあって出発は少し遅れましたが、
道中は問題なく名栗湖に到着しました。
f0119755_09421786.jpg

















当日は朝から夏のような太陽が照り付けて、気温はグングン上昇して、
涼しいはずの湖畔でも流れる汗は止まりません。
少し休憩してすぐに出発しました。

崩落個所が修復された有間峠は自転車や登山客でいっぱいです。
ここは通過するだけにして先を急ぎます。
峠を下って林道に入りましたが、まだ暑さは続きます。
f0119755_09421889.jpg





























この林道はピストンながら片道20Kmのロングダートが楽しめます。
路面はほとんどフラットで走りやすく、渓流釣りのモンキーやスクーターも見かけるほどです。
f0119755_09452174.jpg





























f0119755_09421742.jpg

















ですが、秘境感は満載で、時折木々の間から望むことができる山々は、
人の手がほとんど入っていない深山です。
f0119755_09421800.jpg





























f0119755_09421855.jpg





























頂上に近い広場で、下界で買ってきたコンビニおにぎりでお昼を済ませます。
ここまで来ても今日は暑い!
たまらずワークマンのジャケットを脱いで走りました。

そこからもまだ先はあります。
鬱蒼とした森の中から、少し開けた道に変わって、
視線の先には林道の突き当りが見えます。
f0119755_09421713.jpg

















f0119755_09572616.jpg

















途中にはこんな形の岩もありました。
バブさん曰く、狛犬岩。
私にはゴジラ岩に見えました。
f0119755_09582910.jpg

















こんなに深い山奥の林道ですが、最後まで整備が行き届いていて、
初心者にもやさしく秘境を味わえる林道でした。
f0119755_09572651.jpg

















とにかく日向は暑いので、とっとと撤収します。
帰り道は下まで一気に下りました。
f0119755_09572676.jpg

















f0119755_10063591.jpg

















天空の林道を出て、気になる道を探索します。
一本目は鳥首峠に続く道。
ここは1Kmも走らないうちに突き当りで登山道になっていました。
次の道も下草をかき分けて進むと、法面が大きく崩れていて通行できません。
f0119755_09572663.jpg

















ここも早々に撤収することになりました。

最後に崩落で先に進めなかった林道を見に行ってみます。
f0119755_09572639.jpg

















初めのうちは少し荒れている程度の林道ですが、
だんだん荒れ方がひどくなってきて・・・・・・
f0119755_09572570.jpg

















f0119755_10291204.jpg

















f0119755_10091836.jpg





























最終的にはやっぱり道がゴッソリ無くなっていてジ・エンドでした。
f0119755_10091824.jpg

















有間峠へ向かう道から崩落の先が見えました。
きっと復旧する事は無いんでしょうね~(哀)
f0119755_10091857.jpg

















最後に青梅のコンビニでアイスを食べて終了しました。
バブさん、ピロキンさん、お疲れ様でした。
有間峠は9月からまた通行止めだそうです。
それまでに、有間峠~中津川林道~なんてツーリングが出来たら良いですね~!

そしてオマケ。
もうシーズンは終わったと思っていたのですが、
またまた拾ってきました。
画像上の以前拾ってきた物より小さいので、
若い個体の角か、栄養状態が悪くて発育不良なのか?
一回り小さな鹿角を拾ってきました。
f0119755_10172657.jpg




















走行距離約200Km   平均燃費33Km/Lでした。

# by s-fulllife | 2019-05-27 10:20 | 林道ツーリング | Comments(10)
先日二日間の遠征ツーリングを無事に走り切って、
これでようやく問題点は無くなったと思っていたのですが、
以前に比べてかなり燃費が悪くなりました。
35Km/Lほど走っていたのが、30Km/Lを切る始末です。
キャブレターもエンジンも全く手を付けていませんので、
原因はマフラーしか考えられません。
f0119755_15062334.jpg

















走った感覚では以前より若干バックファイヤーが増えたくらいです。
もしかしたら気持ち高回転まで回るようになったかもしれません。
気のせいかも?と思うほど微妙な感じです。
抜けが良すぎてしまったのかもしれないので、
マフラー本体の消音材をキメの細かいものに交換してみました。

もともと静かだった排気音は、さらにジェントルマンな音量になって、
それでも高回転域で抜けきらないような感じはしません。

この状態で燃費を計測するためにちょっと試乗に出かけることにします。

ところが、気がつけばウインカーがハザードのように左右で同時に点滅してしまっています?
フロントのブレーキを強く握ると普通に点滅を始めて、離すとまた左右同時に点滅します。
う~ん、どういう事???
前回の記事でバブさんの電装トラブルをネタにしましたが、まさに明日は我が身でした。

左右同時点滅と言う事は左右のウインカー線がどこかでショートしていることが考えられます。
するとブレーキを握ると正常になるのは何故?

謎が謎を呼びます。燃費計測の試乗どころではありません。

テスターを片手に、ライト周りを分解して導通を探ります。
しかし、いくら探しても不具合個所は見つかりません。

このイーハトーブは電装を12V全波整流に改造してありますので配線図は当てになりません。
組み上げるときは純正色のコードを使って、後からでも分かりやすいように配慮しています。

唯一ハンドルスイッチの左側は中華製の汎用品です。
ここも分解して確認しましたが正常です。

万策尽きかけて、ふと目に留まったのは・・・・・・錆びたアースの端子でした。

f0119755_18460667.jpg





























画像の下側は同じホンダ車のボディーアースに使われていた端子ですが、
見えている部分だけでもサビているのが分かります。
そしてこのアースは回り回ってウインカーのアースにも繋がっています。
外して磨いて組み付けます。
f0119755_18460624.jpg





























すると、ウインカーはスイッチ操作の通り左右どちらもしっかりと点滅するようになりました。

謎解きの時間です。

ブレーキを強く握ると正常に作動したのは、ブレーキワイヤーに押されてアースのコードが微妙に動いたようです。
今まで通常に作動していたのですから、錆びによる接触不良も微妙なものだったのでしょう。

そして左右同時に点滅していたのは、メーター内のウインカーインジケーターで左右がつながっているため、
アースに流れない電流がプラスの線を通ってリアウインカーを通り、リアウインカーのアースから流れたためと思われます。

いや~、電装を把握したつもりでしたが、まだまだこんな落とし穴があるんですね~反省!

ここまで2時間かかってしまいましたが、無事に試乗してきました。
コースはブログ友のピロキンさんが紹介していた「幻の八丁の滝」まで行ってきました。

宮ケ瀬湖の奥、早戸川に流れ込む滝です。
f0119755_18460612.jpg

















昨日の大雨で水量が多く、迫力満点です。
この角度からだと三つの滝が見えますが、
実は本物の滝は一番手前だけで、奥側と真ん中は人工の滝なんです。

f0119755_18460609.jpg

















奥側はすぐに分かると思いますが、真ん中の滝も全景を見れば落ち込むところに人口の塀が見えます。
まぁ、それでも大迫力で、来て良かったと思いました。

手前の滝の数十メートル上流にはもう一つの滝がありました。
f0119755_18460606.jpg

















ここまで来る道沿いにも、前日の大雨の影響で、
小さな滝がいくつも出来ていました。
ダート路面はほとんどありませんでしたが、
やっぱり山の空気と水音は心が癒されます。
ピロキンさん、素敵な場所を教えていただいて感謝!です。

さて、とんぼ返りで戻ってきて、燃費を計測しました。
すると78Km走って2,2L入りました。
結果、35,4Km/Lと言う事になります。

マフラーの消音材交換でこんなに変わるものなんでしょうか?
とはいえ、結果オーライです。

まったく、旧車ってヤツは・・・・・・・、

しっかりいじれば応えてくれる、かわいいヤツです。(^^

# by s-fulllife | 2019-05-22 19:21 | TL再生 | Comments(4)
前回のブログにも書いた通り、週末にトランポツーリングに行ってきました。

まずは裾野市近辺の林道から。
f0119755_12534269.jpg

















この辺りには以前来たことはありますが、
MCFAJのツートラ大会で一度、駿河方面の強者たちに連れられて一度、
どちらもどこをどう走ったのか分かりません。(^^;
今回はおなじみバブさんが調べてくれた林道とナビを頼りに走ります。

幹線道路から森の中に少し入れば、そこは林道天国でした。
何本もの林道が走っていて、その林道をつなぐ支線も数多くあり、
全線走り切るには合宿でもしなければならない感じです。
f0119755_12534191.jpg





























f0119755_12534245.jpg





























f0119755_12534145.jpg





























しかもフラットな広々とした林道から、細くガレガレの支線まで、
路面も難易度も様々です。

林道同士をつなぐものもあれば、鉄塔で行き止まりになったり、
作業道で、最終的に道が無くなっているものもあります。
f0119755_12534252.jpg





























f0119755_12534280.jpg





























f0119755_12534297.jpg





























ジムニーのグループが遊んでいる半分崩落したような道もありました。
f0119755_13042144.jpg





























f0119755_13042167.jpg





























散策後に鉄塔の下の開けた場所で、コンビニご飯でお昼を済ませて、
午後からは少し移動して駿河湾を望むルートに向かいます。
f0119755_12534121.jpg





























こちらは開けた明るい感じの林道で、
天気が良ければもっと絶景だったと思います。
雨こそ降りませんでしたが、それだけが残念でした。

f0119755_13581395.jpg

















ひと山超えて一度下界に降りて、もう一度山に登ります。
その途中でバブさん号に電装トラブル。
見慣れた感もある青空工房となりました。
f0119755_13042150.jpg

















ここも天気が良ければ駿河湾と伊豆半島を望める絶景スポットのはずでした。残念!
f0119755_13042155.jpg

















しばらく悩んだ挙句、原因はいくつかの不具合の合わせ技で、
一番の原因を取り除くと電装は復活しました。

お山に戻って林道に入り、出口までしっかり堪能することが出来ました。
f0119755_13042139.jpg

















さて、これでトランポまで戻ったら終了のはずだったのですが、
実はせっかく遠征するのだから、
一泊してもうちょっと先まで走ろうという計画に変更していました。
前々日に決まって宿を予約してありましたので、バイクを積み込んで清水港へ向かいます。

あけて翌日、サービスの朝食をいただいて、早速出かけます。
二日目は南部町の林道を走ります。

月曜日の空いている道の駅にトランポを停めてバイクを降ろします。
少しだけ買い物をしてすぐに出発。
国道を少し走るとすぐに林道の入り口です。
f0119755_13042231.jpg





























支線や寄り道を含めるとかなり走れる計算です。
f0119755_13042282.jpg

















f0119755_13042135.jpg





























コンクリートの簡易舗装などもありましたが、
ダートではなくてもそれに近い雰囲気の良い路面です。
近間では味わえない雄大な景色も楽しめます。

支線を進むと砂防ダムがあったり、道が完全に崩れて崩壊していたり、
山深い林道では鳥の声と水音しか聞こえません。
f0119755_13250437.jpg





























f0119755_13250596.jpg

















先日ときがわ町まで見に行ったシャガの花の大群生地もありました。
f0119755_13250530.jpg

















f0119755_13250590.jpg





























山奥の渓谷にはコケも多く、きれいな緑の絨毯に時折小さな花を付けていたりもします。
f0119755_13250407.jpg





























そして林道を登り切った頂上付近には、適度に間伐された高原のような場所が広がっていました。
とっても気持ちの良い場所でした。
f0119755_13250587.jpg





























f0119755_13250670.jpg





























林道を下りながらも支線を探しましたが、
すぐに行き止まりだったりして、さしたる成果はありませんでした。

朝一から走っていたので、メインの林道を下りきってもまだ時間はあります。
舗装路からもう一本だけ別の林道に入りました。

基本的に平日ですので、もしも林業の方が作業しているようでしたら、
邪魔することなくすぐに撤退するつもりですが、
幸い作業どころか、しばらく人間が立ち入った形跡の無い林道でした。
f0119755_13424917.jpg





























f0119755_13425055.jpg





























f0119755_13424961.jpg


















f0119755_13424982.jpg





























なかなかワイルドで楽しい林道でしたが、
最後は峠付近で崩落があって道は無くなっていました。
f0119755_13424960.jpg





























f0119755_13425026.jpg





























これにて二日間の遠征ツーリングは終了です。
道の駅に戻って買い物と、少し遅めの昼食を摂って帰りました。

トランポの移動距離、約300Km、バイクの走行距離、約200Km。
トランポ移動で楽をして、オマケにバイク走行のお山率はかなり高めです。
やっぱりトランポツーリングはやめられませんね~!

# by s-fulllife | 2019-05-14 14:06 | 林道ツーリング | Comments(14)
以前、ハイエースが事故に遭ってしまって行けなかった静岡方面に今週末行くことになりました。
トランポに積んでいくので、イーハトーブで行くことになります。
ゴールデンウイーク終盤に出かけたときはサイレンサー部分に消音材を詰めすぎて、
抜けが悪くなって高回転域が吹け切らない感じでした。
ハンドル幅も少し広めだったので、この二点を改良して試乗してきました。

と言っても、ハンドルは両端を10mmずつカットして、
消音材は半分くらいにして詰め直しただけです。
f0119755_15062334.jpg

















破裂音のような音がして少しうるさめだったので、
パイプの出口付近に自作のサイレンサーを付けて、
そのサイレンサーでフタをする形にして消音材を詰めてあります。
f0119755_15061205.jpg





























試乗してみて、高回転域まできれいに回るようになって、
音も静かなままです。プラグの焼け具合もいい塩梅です。

試乗はいつもの宮ケ瀬湖方面。
短いダートの小さな峠、志田峠を抜けて宮ケ瀬湖畔に出ます。
f0119755_15061250.jpg

















平日ですのでいつもの駐車場にもバイクは10数台ほどです。
特等席も空いていますので一枚。
f0119755_19125727.jpg

















宮ケ瀬湖畔を一周してエンジンの好調を確認したので帰っても良かったのですが、
気持ちの良いお天気だったのでチョット寄り道してきました。

以前発見した鉄塔へ続いている作業道に向かいます。
下草が茂ってきていて、もう少ししたら道が見えなくなってしまいそうです。
でも、ここからの眺めは気持ちいい!
f0119755_15222668.jpg

















この鉄塔から斜め下に伸びる細い道を発見。
ジーンズにスニーカーという軽装でしたが、知らない道を見つけると気になって仕方がありません。
しかし入ってすぐに後悔しました。
最近使われた形跡はほとんどありませんが、明らかに登山道です。
f0119755_15062451.jpg





























おまけに道が狭すぎてTLでも方向転換は難しそうです。
それでもしばらく進むと作業道が見えてきました。
と、ここで一安心したのですが、出口を見てガッカリ。
鋭角に折り返して階段になっていました。
真直ぐそのままでしたら階段でも下りられますが、
切り返すので、階段を後ろ向きに下りなければなりません。
エイコラ、エイコラ、やっと作業道に出ることができました。
f0119755_15062361.jpg





























せっかくここまで来たので、一本上の林道本線まで行ってみることにします。
作業道を上って行くと、今度は倒木が行く手を阻んでいます。
f0119755_15113350.jpg





























乗り越えられそうなものが一本、何とか下を潜れるものが一本、
もう一本の斜めの空中丸太はバイクを亀状態にして、リアを持ち上げて通過しました。
チョット寄り道のはずがプチ冒険ツアーになってしまいました。(^^;

その甲斐あって林道部分は気持ち良く走ってくることが出来ました。
f0119755_15113212.jpg

















これでイーハトーブの調整はほぼ出来上がりです。
今週末は駿河湾を眺めながら爽やか林道を楽しんできます!

帰り道、週末に遊びに行ってしまうので、
愛川のたまご屋さんでプリンとシュークリームのお土産を買って、
遅めのお昼をいただきました。
たまごかけご飯(ご飯多め)250円也。
f0119755_15113216.jpg

















ぜいたくを言えば、ご飯がもう少し熱々だったら申し分ありません。
たまごは黄身が濃くて多めのご飯でも十分にカバーできます。
これに合わせる出汁醤油も中々美味でした。

# by s-fulllife | 2019-05-10 15:46 | TL再生 | Comments(4)