ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

<   2016年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

親類に不幸があったりして、なかなか作業時間が取れずに停滞していたのですが、
本日午後から時間が取れたので、チョットだけ進みました。
TL17号・K氏から依頼されたバイクです。

腰が悪い彼のために、ステップは前進とダウンの加工をします。
錆びに強い屋外用の塗料で赤く塗って乾燥を待ちます。
この時期は気温が低く、大事をとって3日置きました。
f0119755_1751394.jpg






スイングアームも同じ塗料のシルバーで塗ります。
彼の要望でエマージェンシー用のタンデムステップを付けるために、
JD06用をチョイスしました。
f0119755_177668.jpg






エンジンは費用を抑えるために、パンプータ3に載せていた、
少々メカノイズの多めなエンジンを載せます。
一応、クランクケースカバーくらいは綺麗にしておきます。
f0119755_1793529.jpg






シリンダーヘッドとフレームの固定穴は大きくずれているので、
作り直して溶接します。
f0119755_17111691.jpg






モリブデングリスをたっぷり塗って、スイングアームを組み付けて、
本日の作業はここまで。
一つ一つのパーツが錆びていたり固着しているので、
新品パーツを組むようなわけにはいきません。
少しずつ、少しずつ進行中です。
f0119755_1714418.jpg

by s-fulllife | 2016-12-24 17:17 | TL再生 | Comments(8)
快晴の土曜日、おなじみバブさんと埼玉県都幾川町方面に行ってきました。
XL200でとも思ったのですが、
「気になる枝道探索」というキーワードで、
結局パンプータ3で出かけることに。

秩父方面に向かうR299から短い林道を走り抜けて、
ひっそりと佇む鎌北湖へでます。
冷たい空気の中、指先も冷え切った体に、陽の光にはぬくもりを感じられます。
f0119755_9551426.jpg






ココから、以前はダートだった林道へ向かいます。
舗装は進んでいましたが、
かろうじて数百メートルほどのダートが残っていました。
林道出口には、獅子ヶ滝と言う滝がありましたが、
どう見ても子ライオンといった具合でした。
f0119755_9581841.jpg







もう一本、探索しようとした林道は、
標識だけで、すぐに行き止まりでした。
その先にも続いているように見えますが、
民家も近いので、土曜日の朝からうるさくしては申し訳ないと言う事で撤収です。
f0119755_101061.jpg






この後は、街に降りて昼食にします。
バイク好きらしいご主人が経営するお蕎麦屋さん。
お蕎麦屋さんですが、うどんも中々の物でした。
美味しいかつ重セットの後にはバイクで来店した人へのサービスとして、
暖かいコーヒーをごちそうになりました。
大変おいしゅうございました。(^^)v
f0119755_1034873.jpg






向かいにある物産館でお土産にリンゴジャムを買って、
午後の探索に出発します。
眺めのいい道から鬱蒼とした脇道へ。
f0119755_106071.jpg

f0119755_10697.jpg






彷徨っているうちに、バブさん号のリアキャリアが破損してしまいました。
応急処置をして探索を続けます。
f0119755_1072941.jpg






林業の作業道のような道が縦横無尽に走っている場所で、
上へ上へと高度を上げていく道を発見。
どんどん登っていくと朽ちかけた標識を発見しました。
どうやら、ここが山頂のようです。
f0119755_1092257.jpg







その後、作業道を下っていくと、思ったよりも奥地へ来てしまったようです。
もう陽も傾きかけていますので、そろそろ家路を急ぐことにします。
が、やっぱり途中の林道は走っておかないと。(^^;
f0119755_1012758.jpg

f0119755_10122121.jpg






何本かの林道を抜けて、パラグライダーの発着場所へ出ました。
今日は終始お天気に恵まれて、
ここでも遠くまで見渡せる雄大なパノラマを堪能できました。
f0119755_10142652.jpg

f0119755_10143616.jpg

  <画像の中央左側にうっすらと筑波山が見えます>





道は舗装路に変わり、奥武蔵グリーンラインに入ります。
夕暮れの狩場坂峠はさすがに閑散としていました。
f0119755_1017396.jpg






走りながら、夕暮れに浮かぶシルエット富士が見えます。
私の地元からは、山頂の一部分しか見えませんが、
標高も高く、距離が離れているため、
思いがけず大きく見えます。
f0119755_10195161.jpg







今日も寒い中、よく走りました。
エンジンをオーバーホールして以来、
パンプータ3も絶好調です。
今年も、もう残りわずかですが、
きっと、まだまだ乗ることになるんでしょうね~
f0119755_10215913.jpg

by s-fulllife | 2016-12-18 10:26 | 林道ツーリング | Comments(2)
先日いろいろ不要パーツを頂いたランモモさん。
実はケガをしてしばらくバイクに乗れなかったのですが、
ようやく復帰できて、リハビリがてらトレッキングに行くことになりました。
当初バブさんと出かける予定だったお山に、
結局お山好きのオヤジが数人集まることになりました。
f0119755_15464574.jpg






いつものコンビニから裏道を通ってお山はすぐそこです。
皆さん早速空気圧調整をしています。

バブさんを先頭に走り出しますが、
どうもしばらくぶりのお山のようで、いろいろと走り回った挙句、
いきなり凄いところに出ちゃいました。
f0119755_15493720.jpg

f0119755_15494915.jpg






シングルトラックで、方向転換も大変そうです。
バイクを置いて徒歩で偵察してみましたが、
行く手に深い沢があって通り抜けるのは難しそうです。
仕方が無いのでバイクを少し引っ張り上げてから方向転換。
ソロでなくて良かった~と実感しました。
f0119755_15553534.jpg

f0119755_15554834.jpg






全員大汗をかいて一休み。
その後も初冬のお山を駆け巡り、引っ張り上げ、転げ回り・・・・・・
それでも全員ケガなく下山することが出来ました。
f0119755_15581884.jpg

f0119755_15583625.jpg

f0119755_15585483.jpg

f0119755_155959.jpg






寒さも厳しいはずの埼玉のお山で、
オヤジ達が大汗や冷や汗をかきながら走り回った様子は、
ランモモさんが動画でアップしてくださいました。
ご参照あれ。
f0119755_1622191.jpg

f0119755_1623242.jpg

by s-fulllife | 2016-12-12 16:05 | 林道ツーリング | Comments(6)
先日道志に同行したK氏。
パンプータ3を気に入ってくれて、同じコンセプトのバイクをオーダーしてもらいました。
細かい仕様は今後煮詰めていくつもりですが、
基本はセル付きのTLです。
その日の夜に仕入れてきたベース車両を観察してみます。
f0119755_9394980.jpg

f0119755_940413.jpg

f0119755_9401538.jpg







見たとおりの比較的少数派の白いTLRです。
ブレーキやクラッチ、アクセルなどの固着は無いものの、
外観は錆びが多く、フロントもリアもサスペンションは使えそうもありません。
タンクや前後のフェンダーなどの外装部品は比較的良い状態です。
このまま使用できれば貴重ですね。

トランポから降ろして、分解し始めましたが、
外観とは裏腹に、タンクの中は錆びています。
ただ、この程度でしたら錆取とコーティングで使えそうです。
f0119755_9454434.jpg






シートレザーは硬化していて、張替が必要でしょう。
キーはヘルメットホルダーも含めて一本で使えます。
スポークの錆びもありますが、張り替える予算は無いので、
錆び落としのあとにシルバー塗装になりそうです。
f0119755_9495476.jpg

f0119755_950345.jpg

f0119755_9501998.jpg






固着はないのですが、少々動きが渋いワイヤー類を外してグリスアップします。
まぁ、旧車では致し方が無いレベルですね。
f0119755_9521957.jpg






ワイヤー類を外すために外装部品を外したのですが、
アクセルワイヤーのタンクとの接触面にスパイラルホースを巻いたり、
タンクやサイドカバーとフレームの間にラバーを付けたり、
バイク自体は古くても、きちんと処理されています。
f0119755_9555093.jpg

f0119755_9555915.jpg






ついでにキャブレターも開けてみました。
汚いところはありますが、思ったよりも軽症かな?
f0119755_9572195.jpg






ところが・・・・・・そんなに甘くはありません。
スロージェットを外そうとすると、かなり固い。
キャブクリーナーに付け込んで、しばらくすると外れました。
が、先端部分がねじ切れて本体内に残ってしまいました。
何個もキャブレターを分解していますが、初めての経験です。
f0119755_100336.jpg






その後エアスクリューもかなり固く、何とか外れましたが、
これでは再使用不可能ですね。
f0119755_1012698.jpg






さて、本体に残ったスロージェットの先端は、
極細ドリルを手動で動かして、少しづつ削り取りました。
もともと先端部分は固定されているわけではないので、
無事に取り除くことが出来ました。

エアスクリューとスロージェットは手持ちの良品と交換して、
キャブレターの組み立て終了です。
f0119755_107585.jpg







このあと、どんなサプライズが待っているのか?
怖くもあり、楽しみでもあります。
by s-fulllife | 2016-12-09 10:11 | TL再生 | Comments(4)
先日、高校時代の同級生たちと会う機会があり、
いまだにバイクに乗っているメンバーでツーリングに行こうと言う事になりました。
場所は近くてお手頃な道志。
一人だけOFF系のバイクを持っていなかったので、
ウチのパンプータ3を貸し出すことにして、
同級生4人で道志の林道を走ってきました。

津久井湖の駐車場で待ち合わせて、12月にしては暖かい中、
オヤジたちは走り出しました。
f0119755_962849.jpg






当ブログにも何度か登場しているY君とS君、
パンプータ3をレンタルしたK君と私の4人です。

道志の舗装路は快調その物。
途中、サンタのコスプレ集団と遭遇しました。
道志の道の駅に集まって、山中湖を目指すそうです。
対向車に手を振っているのですが、その返礼率は相当なものでした。
みんな、サンタを邪険にはできないようです。(^^)
f0119755_9111710.jpg






Y君とS君はともかく、K君は25年ぶりの林道です。
以前はフロント23インチのワークブーツ、XL250Sに乗っていたのですが、
今では天気の良い日の通勤用に、125のロードバイクに乗っているだけです。
いきなりのOFFロードで少し心配でしたが、
久しぶりの林道でも無難に走り切っていました。
f0119755_916340.jpg

f0119755_9161476.jpg






午前中はもう一本だけOFFを走って、いつもの与里道さんで昼食。
体も慣れた午後からは少し荒れ気味の越路林道へ向かいます。

途中、ジムニーが道幅いっぱいに留まっていたり、
ガレガレの路面に苦労しましたが、無事に走破することが出来ました。
f0119755_9201083.jpg

f0119755_9202174.jpg






走行距離130Kmほどのツーリングでしたが、
懐かしい仲間との楽しい時間になりました。

そして、実はかねてからお話をもらっていたのですが、
今回パンプータ3をレンタルしたK君も、
OFF系バイクが欲しいそうで、今回はどんな物かと、レンタルしたのでした。
乗ってみて、低いシート高やトルクのあるエンジン、軽い車体、大きく切れるハンドルなど、
パンプータ3をかなり気に入ってくれました。
予算の問題で、まったく同じ仕様にはできませんが、
セル付きのTLを正式にオーダーしてもらいました。

で、その日の夜にベースとなる車両をゲット。
錆びが多くて、使えるところと無理なところを仕分けすることから始まりそうです。
f0119755_9285885.jpg

f0119755_9291188.jpg

f0119755_9292384.jpg





PS:数日前、ツーリング仲間のランモモさんから不要なパーツをいただきました。
  ご本人はゴミのようなものと言ってましたが、私にはお宝にしか見えません。
  ランモモさん、ありがとうございました。
  パーツを眺めながら妄想している時は至福の時間です。
f0119755_9333731.jpg

by s-fulllife | 2016-12-05 09:37 | 林道ツーリング | Comments(4)

by ぷーたとうさん