ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

実は、前々から計画していた南伊豆ツーリング。

2年ほど前の夏から、シーズンに2~3回ほど海水浴に出かけています。
伊東のよっちゃんから、お勧めの海水浴場を教えてもらって、
その水の綺麗さと、魚の多様さにはまってしまいました。
家族でシュノーケリングのセットを揃えて、
毎年楽しみにしています。

それが高じて、もっと綺麗な南伊豆に一度行ってみようということになりました。

ネットで調べると、なかなか良さそうなところがいっぱいです。

CL400の初ロングツーリングと、海水浴の下見を兼ねて、
南伊豆に行ってきました。

行こうと思ったのは、もう少し前なのですが、
何しろ腰痛でひきこもり状態でした・・・・(^^;

本日は夕方におチビの送迎がありますので、
遅くても夕方5時までには帰ってこなくてはなりません。
南伊豆までは、ナビで4時間ほど。
下見の時間も考えて、早朝4時に出発します。
f0119755_16115049.jpg




東名高速は御殿場で雨。天気予報の嘘つき~!!!
水も滴る良い〇〇〇になってしまいました。
おまけに寒い。気温12度です。
モンベルのウインドジャケットに救われました。

沼津から修善寺を経て、土肥温泉に入る頃には雨も止んで、
寒さも和らいできました。

初めに小土肥に向かいます。

あまり混み合う大きな海水浴場は避けて、
小ぢんまりとした、綺麗な海が家族の揃った希望です。

恋人岬と言うのが有名ですが、
旅人岬がありました。
f0119755_1617586.jpg




この旅人岬から、小土肥海岸が一望できます。
海は綺麗で、小ぢんまりとしていて、希望通りです。
これで、浜の近くに温泉か更衣室があれば言うことなしです。
f0119755_1619183.jpg




すぐお隣の土肥海水浴場は大きすぎてパス。

宇久須、安良里、大田子、あたりの海水浴場も、洪水対策の堤防があって、
更衣室もありません。
f0119755_16301890.jpg

f0119755_1630319.jpg

  <どこも水質は抜群です。近くに宿泊するならどこでもOKでしょう。>


f0119755_16304535.jpg

  <止んだと思っていた雨が時折降ってくる生憎のお天気です。>



堂ヶ島の近くに、乗浜海岸というのがありますが、
ここも駐車場が無く、(夏にはここが駐車場?という場所はありましたが確認できませんでした。)
大浜海岸は、大きく、波も少しありました。

次に、狙いをつけていた岩地海岸に向かいます。
ここは、東洋のコートダジュールというコンセプトで、
小さく綺麗な海岸があります。
浜には無料の温泉もあり(夏季のみ)
いい感じなのですが、駐車場が国道沿いにあって、
海まで延々と階段を下りなくてはなりません。
きっと、おチビと妻君から文句が出ます。
f0119755_16382662.jpg

  <画面右側のオレンジの屋根がコートダジュール?綺麗な海でした。>



次の石部海岸も有力候補です。
国道からすぐに入れる駐車場と、そこからすぐの海岸。
駐車場をはさんで海岸と反対側に水着着用の露天風呂と更衣室。
もちろん水は透き通っていて、砂浜も砂利浜も岩場もあります。
ん~完璧。言うことありません。
この夏はここに来てみま~す。
f0119755_16445246.jpg

f0119755_16451527.jpg

  <露天風呂と、その反対側に更衣室があります。>



しかしやはり遠いので、何回も来られません。
それ以外は、よっちゃんお勧めの伊東の海に行きましょう!

そしてこの先に、昔一度だけ行ったことがある、プライベートビーチがあります。
なぜプライベートかというと、
バイクでツーリングしてる途中で、たまたま見つけた小さなビーチです。
駐車スペースがなく、国道から細い道を降りていきます。
20年以上前の場所が、今はどうなっているのか?
ちょっと興味があって、見に行くことにしました。

曖昧な記憶を頼りに、走っていると・・・・・あった!
間違いなくここです。
路肩に車一台分がやっとというスペースがあります。
ここにCLを停めて、細い道を降りていきます・・・・・。
f0119755_16553218.jpg

f0119755_16554394.jpg




むちゃくちゃ綺麗で小さなビーチです。
もちろん、トイレもシャワーも、駐車スペースもありませんので、
家族で来ることは不可能ですが、昔と変わらない景色がチョット嬉しかったです。

下見を終えて、帰り道。
ここまで来たのですからやっぱり・・・・・・。




f0119755_16591152.jpg

f0119755_16592119.jpg





帰り道に、三島で有名うなぎ店のうなぎを頂いてきました。
身は柔く、ふんわりとしていて、炭火の香ばしさもいい感じです。
ただやっぱり、かどかわのうなぎの方が美味しい!

これは近日中に食べに行かなくては!

と、結局食べ物ネタで終わるのでした。(爆)
by s-fulllife | 2014-05-23 17:01 | その他のバイク達 | Comments(14)
ここのところ腰痛が治まりません。
動けないほどではないのですが、
前屈はおじいちゃん並みで、直角より下に曲がりません。
靴下を履くのも往生しています。(^^;

バイクいじりは腰に悪そうなので、座ってできる小細工をしました。

まずは、バブさんがブログで言っていた、「おしゃれなブーツ」。
先日、オークションでブーツを落札しました。
一応バイク用らしいのですが、イタリア製の軽量なブーツです。
f0119755_11513041.jpg





水色部分が多く、チョットだけデザイン的に納得がいきません。
そこで、革のハギレを買ってきて、リベットで留めてアクセントと、
スネのガードにします。
f0119755_11535170.jpg

  <一番上はアルミ板にしました。>




出来上がって履いてみると、さすがイタリア製です。
私の太いふくらはぎがパンパンです。(^^;
しかし、上から4本目のベルトで足首を固定するはずなのですが、
固定が甘く、足がブーツの中で動いてしまいます。
足の甲にかかっているベルトは、ほとんど飾りで用を成しません。
そこで、足首のベルトの受けを斜め下側に移動して、
フィット感を高めました。
元々プロテクトが甘いので、競技に使うつもりはありませんでしたが、
(その分かなり軽いです。)
林道ツーリングにはピッタリのブーツになりました。
f0119755_1211570.jpg





そして、以前使っていた、アルパインスターのブーツ。
ニーブリップと言うか、くるぶしグリップのしすぎで、
くるぶしの内側に穴があいてしまいました。
当て皮をボンドで貼り付けたのですが、すぐに剥がれてきてしまって、
しばらく使っていませんでした。
「おしゃれなブーツ」で使ったリベットとボンドの二重攻撃なら大丈夫?
リベットは革に半分埋まるような感じなので、
おそらく引っかかりはないと思います。
今度使ってみよ~っと。
f0119755_12135636.jpg

by s-fulllife | 2014-05-18 12:18 | 雑事 | Comments(6)
ゴールデンウイークの初めに、腰を痛めてしまい、(前回の記事)
しばらく自重していました。
後半、腰の具合も良くなってきて、おチビの部屋を作りました。
今まで妻君のミシンがあった部屋に、手芸道具やその他のガラクタも詰め込んでいましたが、
ここを片付けて、念願の子供部屋ができました。
そして最終日は、ご褒美のお休みです。
ちょうどタイミングよく、バブさんからお誘いが有り、
先日の飯能方面の延長戦となりました。

当日のお供はJD03イーハトーブです。
まだ若干、腰の具合を気にして、
走破性よりも、楽なポジションをチョイスしました。

前回、時間の関係で行くことができなかった林道を目指しますが、
途中で面白そうな横道を発見、しばらくは楽しく走れましたが、
目の前に倒木が。低いものは乗り越えて、横が空いているものは回り込み、
行き着いた先には、どうしても越えられない倒木がありました。
これが倒木ツアーの始まりでした。
f0119755_16484236.jpg





引き返して、前回時間の関係で行くことができなかった林道に向かいます。
雰囲気のいい林道を進んでいくと、また倒木です。
f0119755_16504953.jpg

f0119755_1651123.jpg

  <画面中央から上に延びる径は後ほど探検しました。>



バブさんとあーさんは木を動かして、道を作りました。
この作業を繰り返す一日になることを、この時はまだ知る由もありませんでした。(^^;

気持ちよく走ると倒木、これを乗り越えるとまた倒木。
f0119755_16554594.jpg

f0119755_16555727.jpg




四苦八苦して、林道の突き当りに到着しました。
そこから先にも獣道のような片流れの道がありますが、
ここは危険と判断して引き返します。
f0119755_1657369.jpg




もちろん来た道を帰るので、またまた倒木と格闘しながらの道行です。
f0119755_16582640.jpg




帰りに、先ほどの細い径を登ってみましたが、
ガレ場の先にあったのは登山道のようでした。
誰もいませんでしたが、大人なので引き返します。
f0119755_1704855.jpg

  <左下からガレ場を登ってくると、尾根道に出ました。登山道のようです。>



林道を下りて、前回も立ち寄った手作りパンのお店で、
今回はパンを買って、お山のてっぺんで食べる計画です。
早速アンパンとカレーパンを買って次の林道に入ります。

今度の林道は、西武鉄道の線路脇から続いています。
f0119755_17114749.jpg




そして、前回満開には少し早かった著莪の花も群生していました。
f0119755_1712482.jpg

f0119755_17125875.jpg




普通の林道かと思いきや、またまたありました、倒木が。
f0119755_17141023.jpg

f0119755_17142665.jpg




もう何本の倒木を越えてきたかわかりません。
やっとの思いで、頂上らしき場所へたどり着きました。
ここでアンパンをかじりながら、しばし談笑です。
f0119755_17163450.jpg




一息ついてから林道を下り、別の支線へ入ります。
ここで山菜採りの地元のご夫婦にお会いしました。
我々が格闘していた倒木は、この冬の雪害によるものだそうです。
まだまだ回収と整備が追いつかないようで、
当分は倒木と格闘しながらのツーリングを楽しめそうです。(笑)
f0119755_18122336.jpg

f0119755_1720425.jpg

  <ご夫婦のお話だと、どうやらカモシカの足跡だそうです。>



「よくこんなところに来るね~」と、地元の方に半ば呆れられて、
このあともしばし倒木と戯れました。

林道を降りてきた時には、全員疲労困憊です。
f0119755_1757631.jpg



これで天気が良ければ、と言ってはみたものの、
もしも快晴だったら、さらに大汗をかいて、もっとへばっていたかも?
帰りの峠からの眺望は思いっきり曇っていましたが、
連休の最終日に、思いっきりストレスを発散することができて、
オヤジ達の心の中はピーカンの快晴でした。
f0119755_181859.jpg

f0119755_1811773.jpg

f0119755_1812635.jpg

by s-fulllife | 2014-05-07 17:23 | TL関東 | Comments(9)

by ぷーたとうさん