ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

著莪の花を見に行こうと、バイク仲間のバブさんからお誘いがありました。
丁度おチビのお絵かきはお休みで、私の仕事も夜だけなので、
飯能方面にJD06で出かけてきました。

待ち合わせのマックには、既にみんせいさんが到着していました。
ほどなくバブさんと、ペガサスを復活させたあーさんが到着。
その先のコンビニでスコさんと合流して、本日の参加メンバーが全員揃いました。
f0119755_15455287.jpg




ここからスコさん先導で、小さな峠を目指します。
f0119755_15473870.jpg




ある程度まで登ったら、そこから先は登山道ですので、
バイクを置いて徒歩で登ります。
すると、すぐ先で、大きく空が開けています。峠かな?
f0119755_15472017.jpg




気持ちの良い景色を期待して登ってみると・・・・・その先の山は切り崩されて、
資材置き場になっています。
最近伊東のお山でも同じようなことが起こっているようですが、
バイクの轍をつけるのは禁止でも、山を切り崩すのは問題ないとは・・・・・・
利益優先の社会構造は悲しいですね~
f0119755_15484167.jpg




気を取り直して峠を下り、別の枝分かれした林道に入ります。
f0119755_1655522.jpg




しばらくすると林道は行き止まりですが、わずかに獣道のような道があります。
スコさんによると、ゴルフ場のフェンスに沿った施設保全用の道だとか。
スコさんに続いて私も行きます。
フェンスに沿って一本径ですが、立木が迫っていてハンドル幅ギリギリです。
おまけに途中には、トライアル大会の初級には間違っても出てこないような、
岩盤の上りも出てきます。
f0119755_155873.jpg

  <この岩盤、かなり急です。草大会のオープンクラスレベルです。>



しかし登りきった先には、気持ちの良い展望が開けていました。
f0119755_15593573.jpg




ここで事件です。私たちのあとを追って徒歩で登っていた、
みんせいさんとあーさんが行方不明になってしまいました。
私がもう一度戻ってみましたが、二人には会えず、
どうしたものかと、携帯に電話を入れると、
近道をしようと下りた場所は、林道のはるか下のほうだったということでした。
大汗をかいて、二人が登ってきたところで次に向かいます。
お二人さん、お疲れ様でした。(^^)

今来た林道を下って、途中で真新しい林道に入り込んで探索します。
f0119755_1672482.jpg

f0119755_1673639.jpg

f0119755_1674612.jpg




倒木などで行き止まりでしたが、次回はもっと探索できそうです。

もうお昼近くなってきたので、昼食を摂りに行きます。
バブさんの予約で、手造りパン屋さんに行きました。
f0119755_16112838.jpg




国道沿いですが、一本裏の通りにも面していて、そちらがメインの入口です。
道を挟んで反対側は綺麗な川が流れていて、テラス席は抜群に快適でした。
f0119755_16124376.jpg

f0119755_1612574.jpg




手造りパンとは、バブさんにしては珍しいと思っていると、
予約でお弁当も出来るそうです。
本日のランチ弁当は、チキンとポークのロールカツ弁当でした。
f0119755_16145726.jpg




おばあちゃんの、土曜日限定お饅頭をデザート用に買って、
すぐ先の高圧線作業道に向かいます。
ここは以前、バブさんとふたりで訪れた場所です。
f0119755_1620362.jpg

f0119755_1620165.jpg




ここでも、中盤から先のヒルクライムは少々厳しいので、
私とスコさんで頂上を目指します。
何回かの切り返しを登りきると、
高圧線の鉄塔の先には秩父の山々が見渡せるビューポイントがありました。
f0119755_1621485.jpg

f0119755_16211837.jpg




途中まで下りてバブさんたちと合流、先程買ったお饅頭をほおばり、お山を降りました。

夕方までに帰る予定のみんせいさんと別れて、最後に少し開けた広場のある峠で談笑していると、
TLが2台と、GASGASのランドネが1台やってきました。
どうやら地元のライダーのようです。
もっぱら、バブさんのセル付きTLRが話題の中心でした。

またどこかで、と声をかけ合って楽しかったお山をあとにしました。

お~っと忘れてはいけません。
本日の目的は著莪のお花を見ることでした。
林道脇にひっそりと咲いていました。
今年の見ごろは、もう少し先のようですね。
f0119755_16363292.jpg




ゴールデンウイークの初日、帰りの道は大渋滞です。
おまけに、難所があると聞いていたので本日はJD06で参加したので、
八王子あたりからは、腰痛との戦いでした。

夜の仕事はこたえた~(^^;
by s-fulllife | 2014-04-27 16:37 | TL関東 | Comments(14)
一段落したはずのCL400ですが、
ネットで調べているうちに気になることが判明しました。
HONDA純正のキャリアが一度リコールになっています。
理由は使い続けるとフレームが折れることがあるそうです。
フレームが折れるとは穏やかではありません。
私の付けているキャリアは、車種不明の物を加工して付けているのですが、
取り付け方がリコールされた純正品とほとんど同じ方法になっています。
試しにキャリアに上下の力を加えてみると、
フレームが見て分かるほどしなります。
これは由々しき問題です。
f0119755_22101242.jpg




そこで、キャリアを新調することにしました。
材料は溶接でワイドステップを作るための鉄板と、
以前乗っていたXR200に付いていた少し大きめのキャリアです。
リアウインカーが邪魔になるので、ステーを延長して下に移動。
そのステーはキャリアの固定にも使います。
リアサスの取り付け部と、荷掛フック部分、そしてウインカーステー部分の片側3点、
両側で6点ドメでキッチリと留まります。
f0119755_22142072.jpg





キャリア本体を取り付けて、これで強度的に問題ないはずです。
f0119755_22273984.jpg





最後にトップケースとそのベースを取り付けて終了。
ひとまずこんなものでしょうか。
f0119755_22312888.jpg




キャリア以外はいじっていないのですが、
チョットそこまで試乗してきます。
やっぱり取り付けがしっかりとしたため、
リアケースの揺れはほとんどありません。
これでカワイ娘ちゃんを後ろに乗せても大丈夫ですね。(^^)v

もう流石に宮ケ瀬湖畔は葉桜になっていましたが、
少し山側に登ったところは、まだ満開の桜を見ることができました。
f0119755_22351436.jpg

by s-fulllife | 2014-04-18 22:39 | その他のバイク達 | Comments(6)
最近めっきりと暖かくなってきましたが、朝晩はまだまだ肌寒い日が続いています。
タイトルに「早春」と付けましたが、
桜まつりも終わって、ソメイヨシノはすっかり葉桜になってしまいました。
ですが、お山ではこれからが春本番です。
今年は、忙しくせわしない春を過ごしたので、
もう一度、春を見つけに道志へ行ってきました。

もうお馴染みのバブさんとオヤジふたり旅の予定でしたが、
セル付きTLRを借りて、あーさんもやってきました。
津久井湖畔から、オヤジ3人旅の始まりです。
f0119755_1543066.jpg

  <津久井湖の駐車場。麓は散っていますが、山の上の方はまだ桜が咲いています。>
f0119755_1544790.jpg

  <バブさんのセル付きTLRをレンタルして、あーさんもやってきました。>



出発してすぐに、前回工事中で通ることができなかった津久井のループ橋に行ってみます。
「こんなところに?」と思うほど、住宅街の外れにチョコンとありました。
f0119755_1510287.jpg




ループ橋をあとにして、快適な道志街道を走っていると、
早速ありました。満開の桜です。
走りながら、右に左に満開の桜が咲き誇っていました。
f0119755_15141031.jpg





桜を愛でながら、今日の目的の一つでもある林道の入口につきました。
去年のうちに開通予定だった峠を目指します。
f0119755_15234919.jpg

  <前回崩れていたところはそのまま。ここも退散しました。>
f0119755_15252168.jpg

  <少し荒れていたり、整地されてフラットだったり。路面は変化に富んでいます。>



今年は大雪で大変でしたが、流石にもう4月中旬ですので、
いくらなんでも開通しているだろうと思っていました。
ところが・・・・・!
開通予定の張り紙は剥がされて、山奥には似つかわしくない立派なゲートに、
立ち入り禁止の看板がかかっています。
3人で顔を見合わせて、ガッカリ。
これはもう通行させるつもりはないようです。
それなら、はじめから開通予定など公表しなければいいのに・・・・・・
私たち凡人よりも、優秀な人たちが揃っているはずなんですが、
画一的で、非効率的で、なし崩しな行政には憤りを覚えます。
かと言って、ゲートを突破するような無法を犯すはずもなく、
オヤジ3人は肩を落として下山しました。
f0119755_15262810.jpg

  <下山途中に残雪を発見。つかの間の雪遊び。>
f0119755_15273385.jpg

f0119755_15274689.jpg

  <途中でメーターが8888,8kmをさしました。私の元に来てから1000km少々です。>



傷ついた気持ちを癒すべく、もうひとつの目的である食事処に向かいます。
ここは過去2回、貸切で入店できなかったところです。
3度目の正直なるか?・・・・・大丈夫。今回は食事をとることができました。
「与里道」と書いて「よりみち」です。
f0119755_15342093.jpg




店内はそれほど広くなく、テーブル席と座敷に分かれています。
ブーツ姿の我々を見て、テーブル席の先客が席を譲ってくれました。
バブさんはかき揚げうどん、あーさんはかき揚げそば、私は・・・・
メニューに書かれた「ボリューム満点」の文字に釣られてカツ丼にしました。
f0119755_1538723.jpg

f0119755_1538161.jpg

f0119755_15382536.jpg




どれもボリューム満点でリーズナブル。大満足でした。
ちなみに、当地には、「道志ポーク」と言うブランド豚があります。
私のカツ丼は道志ポークだったのか?聞いておけばよかった。
ただし、肉厚推定15mm以上で丼から溢れんばかりのボリュームだったことを付け加えておきます。

本当はこの後温泉に寄るつもりでしたが、
電装に不安を抱えたバブさんは、明るいうちに帰りたいそうなので、
このまま帰ることにしました。
でももちろん、舗装路ではなく、林道を走って帰ります。
f0119755_15441065.jpg

  <さわやかな尾根道に、〇〇〇オヤジ。>


f0119755_15463254.jpg

  <うっそうとした荒れた作業道で遊ぶオヤジ。>


f0119755_15475638.jpg

  <はまってしまって喘ぐオヤジ。>


f0119755_15493994.jpg

  


最後に抜け道でもある峠の林道を下ってきて、
国道に出たら、そこはもう現実世界でした。

帰りに6V電装の電球やらレギュレーターやらの不用品を、
バブさんに押し付けて、本日のツーリングはおしまいです。

これからの季節、丹沢は山ヒルが怖いので、
次は埼玉方面にでも行きましょうかネ~。
バブさん、次もヨロシクです。
by s-fulllife | 2014-04-15 16:01 | TL関東 | Comments(4)

by ぷーたとうさん