ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

消費税対策で忙しいはずなのに、
遊ぶことについては、なんとか時間を作ってしまえるものです。(私だけ?)

年度末も押し迫った3月30日。しかも天候は大荒れの予報。
それでも何処からこんなに?と思うほど、ツインショックのトライアルマシンと、
マシンよりもさらに古いオジさんたちが、真壁に集まってきました。
f0119755_9575074.jpg




セクションは、きつくもなく、人とマシンを労わるレベルのものです。
ただし大会ですので、難セクションはいくつかあります。
第一セクションから、その難セクションです。
大きな石のステアケースで足が出て、そのあとの飛び石ステアでも足つき。
登りのターンでもバタバタになり3点。
f0119755_1072046.jpg

f0119755_1084861.jpg

  <お久しぶりのY縣さん。悪い模範を身をもって教えてくれました・笑>




第2セクションでは、キャンバーターンからの斜めツルツル丸太で滑って、
コースロープを切ってしまって5点。
f0119755_10104783.jpg

  <愉快な仲間のシダックスさん。大会は昨年のイーハトーブ以来。私もか。>




第3セクションは比較的楽でしたが、
INの上りのあとに石を超えるので、
登り終わりでフロントを釣ったまま行かなくてはいけません。
ここはクリーンでした。
パイン山さんは右から登って、石を横から超える方法を選択。お見事でした。

第4セクションは、フラットな斜めの岩に乗って、ハンドルを切りながら降りなければなりません。
雨に濡れた岩の下りはチョット怖いです。
ビビリ腰になりながらも、なんとかクリーン。
f0119755_10563159.jpg

f0119755_17531726.jpg

f0119755_10204018.jpg

  <下りで曲がりきれないと、前が引っかかって・・・・・tr-133さん、痛かったですか?>




第5セクションは斜面と岩の組み合わせですが、ラインは比較的簡単です。
問題なくクリーン。
実は混み合うセクションを避けて、はじめに第5からトライしたので、
最初からクリーンでした。そしてこのあと、第1・第2でメロメロに。(^^;
f0119755_10252531.jpg

  <バイアルスでトライする方も。上手い人は何に乗っても巧いです。>




第6セクションは、草木が生い茂った斜面のセクション。
これも比較的ゆる目です。
ところが入ってすぐの登りで、TYのご機嫌が斜めに。
足を着いてバタバタの3点。
このあと、エンジンの始動困難で、キックの鬼と化してしまいました。
ただでさえ体力無いのに~。

第7セクションは、最後の大岩をターンするところがサクサクで、
しかも切り返しながらの急斜面の登りです。
登りきれずに1点、ターンでもう1点、こういう所苦手です。

第8セクションは、出口近くの直角に近いツルツル岩を、
斜めから入って超えなくてはなりません。
他の人と違うラインでクリーンを狙いましたが、
マーカー外を通過してしまって5点です。

第9は簡単でした。が、しかし、
2ラップ目に、赤マーカーが風で飛ばされていたことが発覚。
難易度はアップしました。
2ラップ目に、下見をせずに、簡単な方のラインでトライ。
コースミスして1点取ってしまいました。
大会役員の方が、本来のラインでもう一度トライすることを許可してくれたので、
難しい方のラインで再トライ。上手くラインに乗ってクリーンでした。
役員の方はクリーンでOKと言ってくれましたが、
ちょっとズルしちゃった気分です。
f0119755_10551621.jpg

   <ここを下って赤マーカーが無いとただ斜面を走ってOUT。本来は斜めの岩を登ってからOUT>



第10セクションは、岩の斜面のターンとツルツル岩を登ってすぐのキャンバーターンがミソでした。
上手くリア荷重を抜くことができて、クリーンできました。
f0119755_10455564.jpg

  <このあとのターンが気になってリアを抜ききれないと滑ります。パイン山さんは1点。>
f0119755_10473647.jpg

  <シダックスさんはオープンラインにチャレンジしましたが・・・・・2ラップ目はクリーンでした。>




そして最終第11セクションは、滑る斜面のキャンバー走行。
絶妙な味付けです。
最後の最後に足が出て1点。
2ラップ目はクリーンしました。
f0119755_1111814.jpg





このあとコースを逆にたどって2ラップ目に入りました。
心配していた雨も小雨のままで、コンディションは良いです。
バイクにもセクションにも慣れて、2ラップ目は減点を減らすことができました。
トータル 減点31 クリーン10
終了間際のセクションで雨足が強くなり、
順位発表もじゃんけん大会もキャンセルして帰ってきました。

テクニックは今更なので、体力の強化と、体重管理が今後の課題でしょうか?

応援の無限さん、ベニーさん、雨の中わざわざありがとうございました。
ベニーさん、チョコケーキごちそうさまでした。
パイン山さんシダックスさん、昨年のイーハトーブ以来の3人組でしたね。
やっぱりみんなで走るのは楽しいです。
花粉の季節が終わったら、もうチョット練習しますので、またご一緒しましょう!
by s-fulllife | 2014-03-31 10:15 | Trial | Comments(14)
今日は、春を通り越して初夏のような陽気です。
花粉にめげて、引きこもりの毎日でしたが、
せっかく走れるようになったCL400で、いつもの宮ヶ瀬湖まで行ってきました。

4月最初の週末に桜まつりを予定している市役所通りは、
日当たりの良いところに、数輪の桜が咲いています。
今年はなんとか咲いているうちに、お祭りができそうです。
f0119755_1565716.jpg




年度末の道路工事で混みあった街中を抜けて、
気持ちのいいワインディングを走っていると、
もうそこは宮ケ瀬湖畔の道です。
市内の桜とは対照的に、北側斜面に残雪があります。
f0119755_15151628.jpg




これは、道志の林道に雪が残っているうちに行きたいですね~

今日は平日ですが、もう春休みに入っているので、
他のライダーと会うのも頻繁でした。
いつものパーキングにバイクを入れて、写真を撮ります。
f0119755_15182372.jpg

f0119755_15183468.jpg




花粉に負けて引きこもっていたのですが、
もちろん何もしなかったわけではありません。

フロントのディスク板が、少々減っていたのが気になっていました。
まだ交換するほどではないのですが、
ヤフオクで、GB250クラブマン用の社外品が安く出ていました。
調べてみるとCLにもピッタリです。
で、思いきって交換しました。効き味も〇です。
f0119755_1530388.jpg





前後のスポークとハブはシルバーで塗りました。
リムのメッキ部分は、サイレンサーと同じ方法で、塗料をこそぎ落として、
離れて見れば綺麗かな?

ウインカーは以前持っていたXL125K2用の物をフロントに、
リアはバイアルスのリプロ品です。
どちらも手持ちがあったので、すぐに出来ちゃいました。
f0119755_1531134.jpg

f0119755_15311176.jpg




フロントフォークのアウターは磨いて、アルミ特有の腐食を削り落としました。
フォークブーツは、手持ちのTLM220用やTLR200用の汎用品がピッタリです。
400ccに35パイのフォークといったあたりが、
HONDAの力の入れ具合を物語っていますね~
逆に、そんな気合の抜けた感じも気に入っているんですが。

44,5Km走って、1,9L入ったので、
燃費は23,9Km/Lという事になります。
ワインディングを気持ちよく走って、工事渋滞でジリジリ走って、
まぁ、こんなものでしょう。
by s-fulllife | 2014-03-28 15:48 | その他のバイク達 | Comments(6)
ようやく暖かくなってきた今日この頃。
ウチのCL400も息を吹き返しました。
ピンクナンバーに慣れた体には、十分すぎるトルク感、加速感です。
XL230に付けていたリアBOXを取り付けて、
各部のサビと格闘して、本日公道デビューいたしました。
f0119755_18462622.jpg

f0119755_18463874.jpg





タンク前のフレーム横に見えているシルバーのBOXは、
HIDのリレーです。
何故か原因不明の不調で、ライトが点かないことが何度かありましたが、
単なる接点不良と判明して、元気に眩しく光っています。
ナビ用の電源と、ETCも付けました。
キック始動のみのバイクですので、バッテリーが小さいところが少々不安です。

タンクパットはHONDAの純正当時物。
実はイーハトーブに着けようと、オークションで落札しましたが、
大きすぎて取り付け不可。いつか陽の目を見せようとストックしておいたものでした。
案外早く役に立ってくれました。

ひび割れたテールレンズは、ユニットごとLEDに交換。
CB400SS用のフォークスタビライザーとアルミフェンダーに交換。
少し雰囲気が良くなったかな?

キャリアは、車種不明の物をやはりオークションで入手。
本体100円、送料はその11倍。(^^;
ステーを溶接自作して装着してあります。

ひび割れたサイドカバーは裏側から補強してパテ埋め。
チョットだけオリジナリティーを出して、つや消しブラックにしてみました。
f0119755_18595895.jpg

f0119755_1901097.jpg




今後の課題としては、サビが目立つスポーク、リムなどのホイール周りを何とかしたいのと、
ウインカーのレンズがひび割れているので、
レンズ交換するか、いっそ丸ごと交換するか考えています。

〇っちゃんの言うように、トライアル車には程遠いですが、
極上のツーリングバイクになりました。(^^)v
by s-fulllife | 2014-03-18 19:11 | その他のバイク達 | Comments(12)
復活と言うと大げさになってしまいますが、
トレードマークの2本出しアップマフラーのサビは酷いので、
早めに手を打たないと、穴が開きそうです。
f0119755_18344489.jpg




私が錆止めに使っているのは、「ジンクリッチスプレー・シルバー」です。
エポキシ樹脂と亜鉛の粉末が主成分で、
亜鉛メッキと同等の防錆効果があるそうです。
耐熱温度も200度ですので、なかなか重宝しています。
ただし、上塗りする場合はグレーを使わないと、塗装の乗りが良くないようです。
f0119755_18441773.jpg




こいつを吹き付けて、2時間ほど乾燥させればもう使用可能です。
メッキ部分に使う場合は、どうしても輝き方が違いすぎます。
そこで、サビ以外のメッキ部分に付いたジンクリッチは、
スチールたわしでこそぎ落とします。
f0119755_18474017.jpg

f0119755_18481248.jpg





ほとんど見えない裏側や下側はそのまま残せば、そこそこ綺麗になります。
同じ方法で前後のフェンダーの裏側とヘッドライトのリムも塗装。
f0119755_18503930.jpg




結局サビとの戦いの毎日を送っています。(^^;
by s-fulllife | 2014-03-11 18:53 | その他のバイク達 | Comments(8)
XL230を手放して、またまた自動車専用道路を走れるバイクが無くなってしまいました。
手放した今でも、XL230は良く出来たバイクだと思っています。
ただし、せっかく走れる高速道路も快適には程遠く、
速い車に気をつけて、追い越しなどはエンジンが気の毒になるほどです。

そこで、もう少し高速巡航が楽にできて、
出来れば軽く、単気筒で、値段はお安く(これ重要)。
これらの条件に当てはまるのは・・・・・・・
実は発売当初からずっと気になっていたバイクに辿り着きます。

ホンダが誇る、不人気車。CL400です。
f0119755_17585810.jpg

f0119755_1803629.jpg





そして当然の如く、ヤフオクを見ながら、右手の人差し指は、
マウスをクリックしてしまうのでした。(笑)

出品者は横須賀の方です。
海を見に行こうと、家族を誘って、ついでに引き取ってきました。

見た目は、まあまあですが、それはそこ、もう立派な旧車ですので、
あちこちにサビが目立ちます。

先ずは、このバイクの特徴でもあり、私が惚れ込んだところでもある、
2本出しのアップマフラーを外してみます。
f0119755_1842612.jpg

f0119755_1845063.jpg




マフラーの裏側も、ヒートガードの裏側も、
これでもかと言うほど錆びています。
手始めにこのあたりからお色直しを始めましょうか。

バイクは変わっても、サビや固着とは縁が切れそうもありませんね~(^^;
by s-fulllife | 2014-03-03 18:08 | その他のバイク達 | Comments(10)

by ぷーたとうさん