ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

先日の日曜日に、懐かしい入間川の河川敷に出かけてきました。
懐かしいというのは、ひとつに、トライアルを始めた頃通っていた、
レインボーのスクールに行く道沿いだったことです。
そしてもうひとつは、2007年の5月にTL関東のミーティングがあった場所だからです。

集合場所近くのマックで、今回の発起人バブさんとスコさんと合流して、
目的の河川敷に出かけます。
そこに地元のパイン山さんが到着して、全員集合しました。

私は色々とバタバタしていて、バイクのキーは忘れてくるし、カメラも置いてきてしまいました。
ですので画像はパイン山さんからの借り物です。
f0119755_982973.jpg




以前来た時に比べると、サバイバルゲームのスペースが出来たことくらいの違いでしたが、
前回は行かなかった上流方面に、かなり広いフィールドが待っていました。
その広い河川敷をまったりと移動しながら、面白そうな場所を発見。
早速カードを置いてセクショントライを始めます。
30cm程の垂直な段差が三つ続いた場所です。
段差間はホイールベースよりも少しだけ長く、ひとつずつ丁寧に登ればクリーンできます。
パイン山さんは難なくクリーン。
私もクリーンすることができました。
スコさんはちょっと苦労しています。
バブさんもちょっと大変そうです。
そこで、パイン山さんと私が、にわか先生になってレクチャー。
流石にすぐにクリーンとはいきませんでしたが、
各々悪戦苦闘しながら楽しめました。

次に、中洲でひと遊びしてから橋の近くの土の斜面に移動します。
f0119755_920388.jpg




ここでは、基本どうりにターンとアップダウンを合わせたセクションを作ります。
雪が溶けてズリズリの斜面や、オフキャンバーのターンなど、
カードひとつで、かなりディープに遊べました。

楽しい時間はあっという間です。
夕方の仕事と、そのあとの大仕事が待っているので、
午後2時過ぎに撤収となりました。

広い河川敷でのツートラごっこ、新鮮で楽しい時間を満喫できました。
またみんなでワイワイと楽しみたいですね~



追伸:夜の大仕事とは、妻君とおチビのお迎えです。
    仕事を超特急で済ませて、猫のお世話をしてから車を東走させます。
    お迎えにはまだ早いのですが、もうひとつの目的のための時間が迫っているからです。
    














f0119755_9293847.jpg





    お迎えの場所は千葉県、本当は「かどかわ」のうなぎが食べたかったのですが、
    営業時間内には到底間に合わないので、
    ネットで夜遅くまで営業しているお店をピックアップして行ってきました。
    注文はラストオーダー、ギリギリ間に合いました。
    10分ほどで目の前に現れたうな重は、ふっくらとしていて、表面は炭火の香ばしさが残り、
    甘いけど、キリッとしたタレの味で、とっても美味しくいただきました。
    とっても美味しかったのですが、
    やっぱり「かどかわ」のうなぎの方が自分には合っていると思います。
    次は是非、念願の「かどかわ」で食べるぞー!!!

    帰りの首都高は、年度末の工事で大渋滞。
    午前2時にやっと帰りつきました・・・・・グッタリ(^^;
by s-fulllife | 2014-02-25 09:41 | TL関東 | Comments(6)
先週の46年ぶりという大雪から一週間、
またもや大雪の週末を迎えてしまいました。
先週の雪もまだ残っているので、積雪は予想以上です。
雪国の方から見れば、日常と変わりないことでしょうが、
関東人はびっくりです。
さすがに、バイクいじりというわけにも行かず、
腰痛に怯えながら雪かきに精を出しています。

喜んでいるのは、おチビとワンコだけのようです。(^^;
f0119755_123303.jpg

f0119755_1234383.jpg

   <かまくらの完成!このあと向こう側まで開通させてトンネルになりました。>
by s-fulllife | 2014-02-15 12:05 | 雑事 | Comments(4)
関東地方に久しぶりの大雪が降った土曜日。
ご近所で雪中行軍出来ると思っていましたが、
それを許さないほどの大雪となりました。
で、ここはひとつ、おとなしくバイクいじりでもしていようということになりました。

かねてから気になっていた、タンクの凹みを修正する道具があります。
仕組みは解るのですが、効果の程が疑わしいので、手を出していませんでした。
ところが、先日のトレッキングの折に、
バブさんが使ってみて、効果があったと聞き、早速試してみることにしました。

ヤフオクで落札して、品物はすぐに届きました。
商品名は「ひっぱり君」。なんともストレートなネーミングです。

仕組みは簡単で、治具にホットボンドを塗ってタンクの凹み部分にくっつけて、
真上に引き上げると、凹み部分が引っ張り上げられる。
凹みが平らになる時に、ホットボンドが剥がれる、といった具合です。

f0119755_18295510.jpg

   <TL1号に載せているRS200のタンク。上面に大きな凹みがあります。>



治具に塗るホットボンドは、一般に市販されているものより大型です。
これは、たっぷり塗っているあいだに、小さいものだと冷めてきて、
粘着力が弱くなるからだと推測されます。
くっつけるタンクの方も、多少温めたほうがより粘着力が増して、
引っ張り上げる力も大きくなるようです。
f0119755_18345253.jpg

  <すべてをセットするとこんな感じ。あとは中央のハンドルを回すだけ。>



私はホットボンドが冷めないように、ヒートガンで温めながら作業しました。
5分以上放置して、ホットボンドが十分に固まったことを確認してから、
中央のハンドルをゆっくり回して、接着部分を引き上げていきます。

「パキッ!」と音がして、ホットボンドが剥がれると・・・・・・あれ?
まだタンクは大きく凹んでします。
しかしよく見てみると、少しだけ膨らんでいるようにも見えます。

説明書にも、同じ作業を何度も繰り返して、徐々に修正してください、と書いてありました。

気を取り直して、作業を進めます。

途中でいろいろ試してみました。

ホットボンドをいちいち剥がさないで、
取れたものをヒートガンで温め直してやってみました。
これは問題外で、2度目は粘着力が格段に落ちてしまって、
テンションがほとんどかからず、すぐに剥がれてしまいました。
手を抜いてはいけませんね。

次に、タンクをかなり温めて、粘着力を大きくしてみましたが、
あまりやりすぎると、ホットボンドがタンク側に残ってしまって、
傷をつけずに剥がすのは、ひと苦労です。
タンクの温めは程ほどに。

やはり説明書通りに地道に繰り返すのがいいようです。

同じ作業を繰り返すこと10回以上。
タンクの凹みは気にならないくらいになりました。
f0119755_18481699.jpg

  <まだまだ歪んでいますが、作業前とは別物になりました。>



この「ひっぱる君」、今回のような鉄よりも厚みのあるアルミタンクでは、
かなり根気がいります。そして、最後の鋭角に凹んだ部分は、結局平にはなりませんでした。
鉄タンクでも、塗装してあるタンクは、塗装が剥がれてしまうこともあるようです。
しかし、かかったコストと作業の容易性を考えると、試してみる価値大ですね。
by s-fulllife | 2014-02-11 19:05 | TL再生 | Comments(8)
昨年の4月にやってきたXL230。
当初、曲がったフレームを交換したり、
各部の整備で気持ちよく走るバイクになりましたが、
何も無さすぎて、ちょっと退屈していました。

そんなXL君、この度縁あって千葉に嫁いでいきました。
いじる所が無くなってしまうと、浮気してしまう悪い癖が出てしまいました。
幸い先方の方も、いじるのも乗るのも好きな方のようですので、
あちらで目一杯走らせてもらうことを願っています。
f0119755_17142922.jpg





さてさて、延び延びになっていたガレージのバイクたち、
いじり倒しますよ~!!!
by s-fulllife | 2014-02-01 17:15 | その他のバイク達 | Comments(4)

by ぷーたとうさん