ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ちょっと間が開いてしまいましたが、
アルミタンクのTLは着々と出来上がりつつあります。

今回は保安部品を取り付けます。

リア周りに関しては、以前イーハトーブトライアルに出場した際に付いていた物が、
既にそのまま付いていますので、
あとは配線を繋ぎ直すだけです。

リアブレーキスイッチは導通がなかったので、
分解してオーバーホールしました。

そして問題のフロント周りです。

ノーマルの大きく重いメーターとインジケーターは、
それだけで、スリムなアルミタンクに似合いません。

メインキーのカバー部分に、ハイビームとニュートラルのインジケーターを付けて、
ライトカウルの側面を少しだけカットして、
ノーマルのメーターが入る大きなスペースを縮小します。
f0119755_17572040.jpg

  <微妙に角度が変わっているんですが、分かりますか?>



イメージは、今風のトライアル車の、
フォークにピタッと張り付いたライトです。
あくまでも、イメージですが。(^^;
f0119755_1805118.jpg




そしてメーターは、私のTL1号機で実績のある、
フロントフォークに付けるタイプにします。
この方法だと、メーターケーブルがステアリングの下になるので、
ハンドリングに影響が出ないことと、
サスの伸縮に影響されないので、
ケーブルの寿命も伸びる計算になります。
そして何よりカッコイイ!
f0119755_1855132.jpg




タイヤとチューブはIRCのツーリストを新調。
これは依頼主からのオーダーです。

ライトは最近値段も手頃になった、高効率バルブを装着。
ウインカーは他と色を合わせて、黒いズークのモノを流用。

ほぼ形になりました。
f0119755_19163964.jpg

f0119755_19181699.jpg

f0119755_18125652.jpg

f0119755_18122482.jpg




そうそう、軽量化のためにキックアームは他車種アルミの物に交換しました。
ステップに当たるので、そこまでしかストロークがありませんが、
125ccなら十分にエンジンスタートできます。

見た感じでは、ほとんど出来上がっているのですが、
前回も書きましたが、リアホイールが借り物です。

あれからヤフオクなどをチェックしましたが、
36穴のリムは、なかなか出品されません。

そこで、関西のブログ友である1京都さんの方法を試してみます。

TLR200のノーマルのゴールドリムを、
サンダーのカップブラシで磨いて、下地を出します。
その上に下地処理剤のミッチャクロン、
そして、シルバーメタリックではなく、シルバーを吹きます。
f0119755_18232165.jpg

f0119755_18233710.jpg




1京都さんは、シルバーの前にプラサフを吹くそうですが、
リムは傷つきやすいので、傷の下は同色の方が目立たないと思い、
プラサフは省きました。

仕上がりは良い感じですが、
あとはホイールを組んで、ツーリストを装着すれば完成です。

あらいさん、あ〇さん、お待たせしました。
もうすぐ出来ますよ~!
by s-fulllife | 2013-05-28 18:34 | TL再生 | Comments(14)
アルミタンクを積んだフィールドトリッパー、
エンジンが始動しました。

愉快な仲間よっちゃん無限さん直伝の方法で、
タペットとカムチェーンテンショナーを調整してみると、
静かな、調子の良いエンジンでした。
f0119755_1665264.jpg





200や170に比べると、軽いキックを踏み下ろせば、
ほとんどキック一発で目覚めます。

はじめは、アルミタンクを搭載して、
少し乗ったら売却する予定でした。
ですので、タンク以外はノーマルのTLが出来上がるはずでした。

しかし、トライアルの練習をやりたいというご希望なので、
やっぱりノーマルというわけにはいきません。

フロント周りは、TLR250用をそっくりそのまま使用。
サイレンサーは、最後の重い部分をカットして、
溶接したエキパイで外側に排気を逃がします。
これでかなりの軽量化になります。
f0119755_16102617.jpg




リアサスは、フィールドトリッパーの純正、白サスの新品。
お約束のワイドステップ、チェーンスライダーはベアリング入りのローラータイプ。
フロントには12Tの当時のレア物、リアは新品の54Tでギア比もばっちり。
チェンジペダルは、特製のショート可倒式。
これは、画像のようにダイレクトでも使えて、
ノーマルの位置でも、つま先を少し前に出せばリンク無しで使えます。
ステンレスのエキパイに、ノーマルよりも長めのヒートガード。
f0119755_16125980.jpg




明日、相模川で練習を兼ねて、テストランをしてきます。
もしも問題が見つかったら、修正して日曜日のわいわいトライアルで最終調整。
保安部品を取り付けて、タイヤを交換したら出来上がりです。
おっと、もちろんアンダーガードも取り付けます。
f0119755_16182096.jpg

f0119755_16183490.jpg




そうそう、実は画像のリアホイールは借り物なんです。
36穴のアルミリムを落札して、
ホイルをばらして組もうとしたら、なんと32穴のリムでした。(^^;
出品者に事情を話すと、説明文が間違っていたそうです。

バラしてみて分かったのですが、
TLRのゴールドリムは、内側にはほとんど腐食はなく、
外側の一箇所だけが腐食していました。
この場所を下にして、長年とめたままで、
ここだけに水が溜まって腐食が進んだようです。
f0119755_1623259.jpg

f0119755_16233644.jpg

f0119755_16234657.jpg




1京都さんから教えてもらった方法を試してみようかな~?
by s-fulllife | 2013-05-17 16:33 | TL再生 | Comments(6)
しばらく更新が無く、開店休業状態だった当ブログですが、
最近は、意外と頻繁に更新しています。
心を入れ替えたという訳でもありませんが、
ネタが豊富で、アップのタイミングが早くなっているというわけです。

で、アルミタンクのネタです。

エンジン、フレームともフィールドトリッパーの物に、
加工したアルミタンクを搭載します。

前回のお話は、木工のテーブルと合わせた話だったので、
何故かテーブルの方に話題が持って行かれた感じでした。(^^;

コックの位置がフレームの真上に来てしまうため、
コックの取り付け台座も削り取ります。
f0119755_1501924.jpg




タンクの底の方に穴を開けて、エアツールのバルブをネジ込みます。
この時、バルブを2本用意して、片方はそのまま、
もう一方はアルミ管で高低差をつけておきます。
f0119755_1534337.jpg

f0119755_1535338.jpg




これを装着すると、
f0119755_1543276.jpg




さて、タンクのお次はサイレンサーです。

先日、相模川で練習をしたおり、
あらいさんからJD06を譲って欲しいというお話がありました。
乗るのはあ〇いさんです。(別人ですよ)
この方は、以前TYS等に乗っていて、
一緒に大会などにも出場した方です。

一身上の都合で、しばらくバイクから遠ざかっていたのですが、
この度復活するそうです。

その方のバイクになるので、半端なものは組めません。

そして、サイレンサーについては、
ノーマルを加工して軽量化する方法を依頼されました。

サイレンサーの一番大きく重い部分を切り落とし、
外側に向けてエキパイを溶接します。

私の拙い技術では、つなぎ目の穴を塞ぎ切ることができないので、
細かい穴は金属パテで埋めました。
f0119755_15123212.jpg




一応しばらく動かしていないエンジンなので、
腰上をオーバーホールします。
ピストンも、シリンダーも問題なさそうなので、
燃焼室のカーボンを落として、ステムシールを交換、
バルブのすり合わせをして組みました。
f0119755_15151430.jpg




バルブタイミングを合わせるために、タイミングホールを開けますが、
コチコチに固着していて開きません。
たたいて、炙って、ようやく外れました。
Oリングが入っているところは、こんなに固く締めなくてもいいんですがね~
f0119755_1520403.jpg




リアホイールは、TLR用のゴールドリムです。
程度はまあまあだったのですが、
よく確認すると、腐食跡がありました。
前後でリムの色が違うのも今ひとつなので、
今後、シルバーのリムを見つけて交換します。
f0119755_15232830.jpg





クラッチは軽くするために、アームを延長して、
ドリブンスプロケットは純正の54T。
ドライブスプロケットは、レアな12T。当時物です。
f0119755_15252715.jpg

f0119755_1525381.jpg





中古ですが、ステンレスのエキパイに、新品の白サス、キャブも台湾製の新品です。
タンクとシートの下側の隙間には、
保安部品を付けるときに、レギュレーターなどの電装品を押し込みます。

さてさて、エンジンが息を吹き返してくれるかな~?
f0119755_15262126.jpg

by s-fulllife | 2013-05-13 15:37 | TL再生 | Comments(7)
先日我が家にやってきた、
根性(フレーム)の曲がったXL230君。
曲がったフレームを交換すると、とっても素直な子になりました。
f0119755_1318730.jpg

f0119755_13182448.jpg

f0119755_13183644.jpg




ついでに気になるサビを磨いて、塗って、
大きなスピードメーターが、中央の高い位置にあるのも気になっていたので、
少しずらして、小型のものに交換しました。
ハンドルをアルミ製に、スクーター用のキャリアを取り付け、
(これはXL125K2と全く同じ方法です)
フレームもちょっとだけタッチアップ。
ステップはゴム製だったので、
鉄のギザギザスッテプに交換しました。

あとは元通り組み付けただけです。
f0119755_13234646.jpg

f0119755_1323581.jpg




チョットだけ試走してきましたが、
なかなか素直で乗りやすく、走りも十分に力強く、
ポジションも楽チン。
ツーリングにはピッタリですね。


さてお次は・・・・・・

あ〇いさんからオーダーしてもらった、JD06を組み上げます。
アルミタンクを搭載したフィールドトリッパーになる予定です。

あ~、バイクいじりって楽しいな~!(^^)v
by s-fulllife | 2013-05-10 13:31 | その他のバイク達 | Comments(4)
さて、前回予告したとおり、問題児の記事です。

ピンクナンバーとコンペ車ばかりになったガレージに、
XR200以来となる軽二輪車がやってきました。
f0119755_18363533.jpg




HONDA XL230 です。
XL125K2ととってもよく似ています。
デザイン的には中々好みの部類です。

夜、仕事終わりにヤフオクをチェックしていると、
千葉県からXL230が出品されていました。
8万円で即決です。
自賠責保険が2年付いていて、
チェーンとバッテリーが新品。ウインドスクリーン付きです。
K2を手放した軍資金があるので、
妻君に相談して翌日すぐに落札。
夜のスカイツリーを眺めながら、千葉県まで引き取りに行ってきました。

オークションの説明文には、「フレームに少しヘコミ有り」とあったのが気になっていたのですが・・・・・

現車を確認すると、フレームのヘコミと言うのは、「曲がり」の間違えでした。
正面衝突したのでしょうか、ダウンチューブがへの字に曲がっています。
ちょうどキャスター角が立った感じです。
f0119755_18494391.jpg




ですが、この出品者の方、決して悪気はありません。
バイクやメカにあまり詳しくないようで、
ご自分も中古で購入して、あまり違和感なく乗っていらしたようです。

まぁ、フレームの不具合を考え合わせても、お得感があるので、
そのまま購入するつもりでした。

すると出品者の方から、説明に無いフロントフォークのダストシールのひび割れで、
1万円値引きしますと言い出しました。
とってもいい方だったので、結構ですと言ったのですが引き下がらず、
結局値引きしてもらちゃいました。
f0119755_18575439.jpg

  <ところどころ錆びていますが、今までのバイクに比べたら上等です。>




持ち帰って登録後、乗ってみると、やっぱり微妙にハンドルを取られます。

実は、オークションの一文を読んだときに、チェックしていた物があります。
すぐご近所からXL230の書類付きフレームが出品されていたのでした。
早速落札。引取りに行くと、なんと知り合いでした。(^^)

で、フレーム交換作業の開始です。
丁度良いので、錆を取って、少しばかり化粧直しもしましょう。
f0119755_1933430.jpg




結局そのまま、すんなりとは乗れないんですね~(^^;
by s-fulllife | 2013-05-07 19:07 | その他のバイク達 | Comments(10)
久しぶりのトライアルネタです。

当ブログのタイトルが「トライアル遊び」なのに、
アップされる記事はポンコツバイクの再生作業ばかり。
やっぱりトライアルの記事も載せなくちゃ。
という事で、愉快な仲間の有志による練習会に行ってきました。

直接お誘いを受けたのは、yoshidaさんからのメールでした。
前日におチビを連れて、こどもの国に出かけたので、当日は奇跡的に空きでした。

遠足の日の小学生のように、早々と一番乗りで到着。
皆さんなかなか現れないので、場所を間違えたかと思った時に、
パイン山さんが登場しました。
本日は息子さんご同伴です。
f0119755_15315555.jpg




そのうちに、浜さんとyoshidaさん、あらいさんもやって来て、本日のメンバーが揃いました。
(おじ太郎さんとおじ次郎さんは後から自走で来る予定です。)
f0119755_1533491.jpg




ちょっと移動して本日の第1セクション。

下ったところで左ターン、すぐに小さな丸太を超えて、その先の逆キャンバーの右ターンが難関です。
思ったとおり、ファーストトライでは全員玉砕。
f0119755_1540588.jpg
f0119755_15404916.jpg
f0119755_15404119.jpg
f0119755_15402930.jpg
f0119755_15401788.jpg
f0119755_1540895.jpg




本当は逆キャンバーの頂点を走ると、簡単に行けてしまうのですが、
やっぱりそれでは納得がいかず、数トライ目にようやくクリーンが出ました。
フロントが逃げないように、登りながら膝を入れてフロント荷重と言う、
言葉にすると簡単なことがなかなか出来ませんでした。
このことをyoshidaさんにちょっとアドバイスしたら、
あっさりと行けちゃいました。
すぐに対応できる若者は羨ましい限りです。

第2セクションも第1の隣に作って遊んでいると、
おじ太郎ブラザーズがやってきました。

その後も、皆で「あーだ」「こーだ」言いながら、楽しく乗りました。
f0119755_15511424.jpg

f0119755_15512648.jpg




休憩時間には、あらいさんからお菓子の差し入れをいただきました。
いつもいつもスミマセン。
f0119755_15515938.jpg




今日も楽しく、怪我なく、心地よい疲れ。
次回もよろしくお願いしま~す。














ところで、先日XL125K2を手放したのですが、
ふと気がつくと、我が家にはピンクナンバー車とコンペ車ばかり。
以前から楽に乗れて、自動車専用道路も走れる軽二輪が欲しいと思っていました。

そこで・・・・・・・・

やって来ました、XL230。

しかしこれがまた問題児でして。
どのように問題なのかはまた近日アップいたします。
f0119755_1559339.jpg

by s-fulllife | 2013-05-05 16:01 | Trial | Comments(11)

by ぷーたとうさん