ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

<   2012年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

山梨の忍野村でうどんを食べるミーティングが企画されていましたが、
天気予報はあいにくの雨です。
半分あきらめていたのですが、
ネットの予報では前日になって雨マークが取れました。

しかし、既にミーティングの中止が決まった後でしたので、
同じく参加予定だったバブさんと宮ケ瀬湖周辺を走ってきました。

当日の朝、うちのガレージまで来てもらって、
そこから出発です。

お盆休みの只中ではありますが、
1時間も経たないうちにいつもの駐車場に到着です。

今回、私は赤腹巻仕様のイーハトーブで、
バブさんは、先日完成したFTL223を駆っています。

そして、私のイーハトーブにはちょっと小細工をしました。
そのテストも兼ねています。

まずは、12Vバッテリー付きの長所を活かして、
ナビを取り付けてみました。
f0119755_18202966.jpg




これは見事に失敗!(^^;
発電量が足りないのか、充電が切れると、
ナビの電源も落ちてしまいました。
しかし、バッテリーはあがっていませんので、
次回は直接バッテリーから電源を確保してみます。

次に、3WLEDを使ったデイライト。
f0119755_18233149.jpg

f0119755_18235634.jpg




これは明るい!
2個点灯させても6Wですので、
バッテリーにも優しく、テールライトのLED化でお釣りがくる計算です。

そして最後が、サイドスタンド接地面の拡大。
f0119755_1826037.jpg





ネジの頭を指に見立てて、
足みたいなデザインにしました。
もちろんウケ狙いオンリーです。(^^;

さて、本題のツーリングです。

ここから、名高い林道早戸川線を目指します。
f0119755_18363766.jpg




しかし残念ながら、かつての林道の面影はなく。
全体の98%位が舗装路になってしまいました。
わずかにダートが残るのは最後の数百メートルだけです。
f0119755_18365333.jpg




その貴重なダート部分も、最後まではいけませんでした。
f0119755_18312148.jpg




完全に道が埋まっています。
右側の法面が崩れて・・・・・
f0119755_18322389.jpg




左側は直角に切り立つ崖です。
f0119755_183311100.jpg




行って行けない事はないかもしれませんが、
万が一左側に倒れたら・・・・・・・・(怖)
こんなところでかける命はありません。

ここは通り抜けられる林道ではありませんので、
引き返して、宮ケ瀬ダムを目指します。
このダムは、定期的に観光放流をするのですが、
今日は午前11時と午後2時の2回放流の予定があります。
林道をあとにしたのが10時くらい、
ダムまでは20分ほどです。
ハイシーズンのみ有料の駐車場から、
ダムの真下まで歩いて15分ほどでした。
f0119755_18463416.jpg




いつの間にやら顔を出した太陽は、
ダムの袂まで真夏の日差しを届けます。
あ・暑い!

待つこと20分ほどで放流は始まりました。
f0119755_18465267.jpg




落ちてくるのは間違いなく水なのですが、
まるで白い塊のようで、水には見えない大迫力でした。
f0119755_18481380.jpg




帰りはほとんどが上り坂なので、
オッサン二人は、仲良く(?)愛ちゃん号というシャトルバスに乗りました。(^^;

さて、お腹も減ってきたので、
オレンジツリーで昼食をいただきます。
12時前でしたが、大混雑でした。
f0119755_18505880.jpg

f0119755_18511128.jpg

  <暑い中でも食欲をそそるガーリックハンバーグセット。井戸水のお冷も旨い!>



その後、走り足りないというバブさんを、
周辺の小さな峠に誘い、相模湖下流の廃県道の入口を見て、
最後に私のお気に入りの短い短い林道にご案内しました。
f0119755_195248.jpg

f0119755_1952052.jpg

f0119755_1953883.jpg




この峠道も頂上部分が切り開かれて、
このまま無くなってしまうのか?と不安にかられます。

峠を降りた何もない草原で、
今まで走ってきた山の彼方に湧き上がる入道雲。
まだまだ夏は終わりませんね~。
f0119755_1902974.jpg

by s-fulllife | 2012-08-13 19:07 | TL関東 | Comments(8)

by ぷーたとうさん