ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今年の春から、ピッカピカの1年生になったオチビ。
毎日、宿題や明日の用意をするように妻君に言われています。
でも、なかなか捗りません。
宿題をしているはずが、折り紙をはじめたり、
明日の用意のはずが、ぬいぐるみを寝かしつけたり。

やるべきことは判っているようですが、
他の事が目に付いて、気になってしまうと、
どうしても、そちらが気になって、やるべきことは後回しになってしまうのです。

そして今日も妻君に怒られるオチビなのでした。



スマン!それはきっと父に似てしまったのだよ。(^^;


と、言うわけで、
XL125K2を綺麗にするはずが、
やって来てしまいました。TLR200.
f0119755_1864574.jpg

f0119755_18275785.jpg

   <無限さん、こんなエンジンでゴメンナサ~イ。>



前に記事の無限さんへの返答に書きましたが、
この書無しTLRを使って、JD06を組もうと思います。

もちろん、フレームは入手済みですし、
この200のエンジンと、125のエンジンの交換トレードも話がついています。
フロントフォークの錆が酷いので、これは何とかしなくては。
あとはほとんど手持ちのパーツで何とかなりそうです。

気軽に乗れて、普段の足にも、買い物にも、
ちょっとしたツーリングや、悪路に入っても大丈夫。
頑丈で燃費もよく経済的。

こんな本来のTL125を組み上げたいと思います。

気が付けばカスタム車ばかりで、
ノーマルのTLって?みたいな事になっていましたので、
初心に帰るつもりで作業します。



でも、XLの作業も平行して進めていきます。
(このあたりがオチビよりも少しだけ大人って事?)

で、そのK2ですが、とりあえずタイヤを外してみました。
やっぱり鉄リムは錆びてしまいますね~。
思い切ってホイールを組み替えましょうかね~。
f0119755_18225819.jpg

by s-fulllife | 2011-06-28 18:31 | その他のバイク達 | Comments(18)
梅雨らしいと言ってしまえばそれまでですが、
毎日ハッキリとしない天気が続いています。

私も、モヤモヤと日々を過ごしていました。
と言うのも、先日の箱根ミーティングで、
心配していたバッテリーの充電も成されていたことが分かり、
エンジンも調子が良く、気持ちよく走ってくれたXL。
しかし、同行したバブさんのXLと比べると、
どうしてもサビや傷が目立ちます。
それも旧車の「味」と思えれば良いのですが、
何となく気になっていました。
そして、やっぱりもう少し綺麗にしてあげることにしました。

今回は全バラはせずに、
気になる傷やサビを少しずつやっつけていくつもりです。

f0119755_15142989.jpg

   <艶はあるんですが、細かい傷が目立つタンク。塗り替えでしょうかね~。>



f0119755_15143943.jpg

   <フロント回りは、ケッコウ来ています。>



f0119755_15145013.jpg

   <お約束のエキパイも錆びています。>




f0119755_1515075.jpg

   <エンジンも小傷が多くついています。>



これ以外にも前後のハブも錆びていますし、リムも小さな点錆びに見舞われています。

要するに、金属部分はほとんど漏れなく錆びていて、
ゴムやプラスティック部分も劣化が進んでいます。
とはいえ、36年前の車両だと思うと奇跡的なグッドコンディションだと思いますが。

さてさて、まずは小さな手直しから始めます。

箱根ツーリングでは、重い工具セットをリアシートにくくりつけて行ったのですが、
ツーリングバイクとして使うのであれば、キャリアが欲しいところです。
当然純正品は廃盤ですので、
得意の小細工で、別のキャリアを取り付けます。

今回のキャリアは、いつも使っている物と違って少々幅広です。
と言うのも、XL自体がTLよりもボリュームたっぷりのシートですので、
それに合わせたわけです。

簡単にステーを増設して、取り付けもいたってシンプルに、
ついでに長すぎたリアウインカーも短い物に交換しました。
f0119755_1533076.jpg

f0119755_1547401.jpg




そして、ちょっと癖があるかな~、と思っていたステアリング。
この際なのでグリスアップも兼ねて、バラして磨くことにしました。
すると思っていたとおりに、ステアリングのロックナットが締めすぎてありました。
グリスも硬化していて、充分には仕事をしていません。

古いグリスを拭き取って、アンダーブラケットは軽く磨いてから黒で塗装。
新しいグリスにベアリングを並べて、ロックナットは手で締めます。

で、今はこんな感じです。
f0119755_15401956.jpg





今後の展開ですが、
ハブを綺麗にするにはどうしたら良いのでしょう?
外から磨いても、スポークの内側は磨けません。
結局ホイールもバラすことになるんでしょうか?
by s-fulllife | 2011-06-18 15:47 | その他のバイク達 | Comments(17)
前日に仕上がったXL125K2で、
久しぶりにTL関東の面々とミーティングに参加してきました。

待ち合わせ場所の旧昭和橋に向けて出発したいところでしたが、
待ち人が来ません。
当日の朝早く、まっちゃんから一緒に行こうと電話を貰いました。
もう近くまで来ているそうなので、
ぷーた君の世話をしながら待ちました。
しかし1時間しても現れず、電話をしても走行中らしくつながりません。
どうしたものかと待っていると、200mほど離れた交差点にそれらしきバイアルスが。
ところがこちらとは反対方向に行ってしまいました。
しばらくすると、すぐそこの交差点から先ほどのバイアルスが現れます。
もちろん、まっちゃんでした。
「いや~、道まちがえちゃってさ~。」・・・・・一部見てました。(^^;

まっちゃんと合流後、待ち合わせ場所に着くと、皆さんおそろいです。
f0119755_1453792.jpg




お見送りのsoenoさんもお越しでした。

久しぶりのかっちゃんはVF750セイバーで参加です。
バブさんは私とお揃いのK2です。とっても綺麗でした。
阿智さんはスペシャルが入院中で、
イーハで参加ですが、コレも充分に綺麗です。
浜さんは豪快なWRで、
そして最後に登場した専属カメラマンのおじ太郎さんは、
イーハで、イサミそばを目指します。
f0119755_1433336.jpg

  <いつも撮ってもらってばかりなので、お返しに1枚。チョイテレしてます。>




f0119755_1435095.jpg





阿智さん先導の裏道スペシャルはどこをどう通ったのか、まったく解らず、
でも交通量も少なく快適で、気持ちの良い道でした。

気持ちの良い道の後に、お見苦しい画像をお許しください。(笑)
f0119755_14373938.jpg





最終集合場所のイサミそばさんには、続々と皆さん集結してきます。
総勢15台のバイクとおじさんが集まりました。

っと、失礼!1名は紅一点のりりさんです。(^^;
f0119755_14404023.jpg

  <今日はお蕎麦を食べて、アウトレットにお買い物の予定。リアボックス一杯に・・・・>




おしゃべりもほどほどに、店内に入り、
今日の目的のひとつであるお蕎麦を頂きます。

その前に、あくまでもついでですが、(笑)
シベリアさんの快気祝いを兼ねてノンアルコールビールで乾杯します。


イサミさんに来ると、何故か注文もしていないのに超大盛りが現れます。
本日もご多分に漏れず・・・・・・・。イサミさん曰く、とうさん盛だそうです。(^^;
f0119755_14475484.jpg

  <右側にあるのが普通盛ではなくて、普通の大盛です。>



もうお腹一杯で何も入らなくなったお腹を抱えて、
次なる目的地、夕日の滝に向かいます。
イサミさん、いつもいつもご馳走様です。
とっても美味しかったのですが、量は普通の大盛でお願いしますね。
あんなに多いと赤字になっちゃいませんか?

ここからは、シベリアさん先導で、ありがたい霊験あらたかな箱根の史跡めぐりの始まりです。
お買い物のリリさんと、午前中だけ参加のまっちゃんと別れて、
快適な山道を走ると、すぐに夕日の滝に到着。
バイクを止めて少し歩きます。
f0119755_1514413.jpg
f0119755_151535.jpg
f0119755_152224.jpg

  <滝までの道では楽しく”エア・トライアル”でセクションを攻める面々です。>



すぐに水が落ちてくる音がしてきて、
目の前に綺麗な滝が現れました。
聞くところによると、シベリアさんは、滝(と女性)大好き人間だそうです。
私と一緒ですね。
f0119755_15165427.jpg





その後、富士山を望む絶景ポイントに移動。
残念ながら富士山は雲の中にお隠れでした。
ここで、よっちゃんの出張カムチェーン調整が始まりました。
せっかくなので私のXLもお願いしました。
ちょっと固着していて頑固でしたが、無事に静かなエンジンになりました。
f0119755_15231677.jpg





次に、山の中の小ぢんまりした神社へ。
天気の良い日曜日だと言うのに私たち以外誰もいません。
f0119755_15262187.jpg
f0119755_15263154.jpg

  <良い縁の無い人にはありがたい橋。円(¥)の無い人は・・・・・あきらめましょう(^^;  >

f0119755_15264198.jpg

   <ここにも滝が!>



f0119755_1622737.jpg

  <阿智さん気をつけて!後ろに野生のサ・・・・・MONきちさんがいます!・笑・>



この脇に林道が続いていましたが、そのまま走ると足柄峠に出るそうです。
今度このあたりの林道も案内してくださいね!

そして、これから気持ちの良いワインディングを走りぬけ、
箱根神社を目指します。

少々路面の荒れた長尾峠もXLなら問題ありません。
しかし、今回のツーリングはペースが速い!
常に全開でついて行かないとあっという間に置いていかれます。
オマケにこのK2はエンジンの味付けがほとんどCBのようで、
6000rpm以上をキープしていないとパワーが出ません。
ずっと高回転をキープして走っていたので、
ツーリングにもかかわらず、初めての燃費計算は30km/lでした。
帰りは下り坂も多くなるのでもう少し伸びるかな?
f0119755_15403368.jpg

  <下界は暑いくらいでしたが、ガスッてきた箱根路は寒いくらいでした。>



f0119755_15404323.jpg

  <秋には見事なススキ之原になる仙石原。気持ちの良い場所です。>




箱根神社に着くと、階段を上がった本殿まで行く人と、
小腹がすいたと、下で何か物色する人に分かれました。
もちろん私は本殿まで。
だって、イサミさんちのお蕎麦がまだ残っているんです。
f0119755_154759100.jpg

f0119755_1548818.jpg

   <家内安全と、商売繁盛を祈ってきました。>




時間も押し迫ってきましたので、芦ノ湖畔に場所を移して最後のダベリングです。
いつもの与太話や、次回のミーティングについて止め処も無い話をして、
最後に集合写真を撮ってお開きとなりました。
f0119755_15562337.jpg
f0119755_15563399.jpg




阿智さん、行き帰りの先導役ありがとうございました。
快適な裏道でした。またお願いします。

企画、案内役のシベリアさん、ありがとうございました。
久しぶりの箱根でしたが、やっぱり良い所ですね。
また、滝めぐりのツーリングを企画してください。

今回参加の愉快な仲間の皆さん、楽しかったですね。
またミーティングや練習会でお会いしましょう!




・・・・・・・で、メデタク終了するはずだったのですが、
阿智さん先導の快適な帰り道で、
前を行くバブさんのテールライトがだんだん暗くなってきました。
併走する阿智号よりも明らかに暗くなっています。

信号待ちで聴いてみると、ニュートラルランプもぼんやりしてきたそうです。
途中、コンビニで休憩がてら見てみましたが、
バッテリーが上がった状態です。
f0119755_1661629.jpg




考えられるのは、
・充電用のコイルが逝かれた。
・コードの断線。
・レギュレーターのパンク。
この3点くらいです。

どちらにせよ、この場で直すのは難しいトラブルです。
幸いヘッドライトは別回路なので明るく光っています。
阿智さんと私で、バブさん号をサンドイッチして帰りました。

その後掲示板に無事帰宅の書き込みがあったので一安心。
古いバイクにはトラブルが付き物です。
まぁ、怪我をしたり、他人に迷惑さえかけなければ、
コレも旧車の醍醐味なんでしょうね。

今回のツーリングで気づいたこと。

・XLはシートが良く出来ていて疲れづらい。
・高回転をキープしないとキビキビ走れない。
・エンジンを回して走ると案外燃費は悪くなる。
・ツーリングバイクとして使うならキャリアが欲しい。
・案外綺麗だと思っていたが、皆さんのバイクと比べるとヨレて見える。
・バブさんには悪いが、こちらのバッテリーは充電されているようだ。

今後の課題として取り組みま~す!
by s-fulllife | 2011-06-06 16:28 | TL関東 | Comments(21)
愉快な仲間の箱根ミーティングが明日に迫っています。
参加予定のXLは調子がいまひとつ。
アイドリングが安定しません。
f0119755_1022390.jpg

  <やっと走れるようになりました。割れたサイドカバーもパッと見は判りません。>



最近、暖かくなってきたので、少し濃い目になったのでしょうか?
でも、ストップしてしまった直後にプラグを見ても燻りはありません。
むしろ良い色に焼けています。

ニードルのクリップ位置を変えてもほとんど変化無し。

スロージェットが怪しいと目星をつけて、キャブを分解します。

案の定、清掃が不十分だったようで、スローの通りが悪い感じです。
キャブクリーナーとコンプレッサーを使って、
しっかりと通りました。
f0119755_10233643.jpg

  <TLのステップがぴったり付くので、幅広ステップに改造しました。>



清掃が終わったキャブを組み付けて、エンジンスタート!

ところが快調になってもらわなくては困るエンジンがボコついて一層不調になってしまいました。(^^;

スローが通ったので、ニードルやエアスクリューは規定の位置に戻してあります。
プラグを見ると真っ黒です。

とにかく何とかしなくては。
ニードルを絞って、エアスクリューを開けて、
いろいろやりましたが、プラグの焼けは真っ黒けのままです。

悩んだ挙句、前オーナー様から頂いてあるフロートを交換しました。
もちろん油面レベルを正しくするためです。ついでにフロートバルブも交換。
それでも、ボコつきは直りません。

点火時期を点検するのに100円ショップの懐中電灯を改造して、
自家製タイミングライトを作りました。
しかし、点火時期も合っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・???????????
f0119755_10271772.jpg

  <最近たまに練習しているK沢。さすがに早朝なので誰もいませんでした。>




プラグが黒くかぶり、ボコつくのは混合気が濃いからです。
それは、エアが薄いか、燃料が多いか、どちらか、あるいは両方か?

チョーク機構は正常に働いていますし、エアクリーナーも綺麗です。
マニホールドに異物なども無く、エアは正常だと思われます。

残るは燃料です。
ニードルやニードルホルダー、メインジェットなどは交換、あるいは清掃済みです。
変形や編磨耗も考えられますが、
ここまでひどい症状になるとは考えられません。
そして、この症状が出だしたのは、スロージェットを掃除してからです。
ところがこのキャブ、スロージェットは圧入されていて、交換できません。
こうなったらダメもとでスローを外してみます。
案外簡単に抜けたスロージェットは、思ったとおりに腐食していて、
目で見てわかるくらいに穴が大きくなっていました。
掃除する前は、適度に詰っていて、何とか調子を保っていたのでしょうか?
f0119755_10455262.jpg

<朝日がまぶしい新小倉橋。夜はライトアップされて(今は自粛中)、ここだけぽつんと未来的です。>




しかし、広がった穴を埋めるわけにもいかず、
思いついたのは、形が似ているTLR用のスロージェットを加工することでした。
圧入できるように形と太さを整えて、
小さなハンマーで優しくコンコンと・・・・・・・・。
巧く収まったみたいです。番手は38番。
こだわった訳ではなく、手元にコレしかなかったからです。(^^;

仕切りなおしてエンジンスタート!
快調です。もうボコつきはありません。(^^)v
f0119755_10461342.jpg

  <新旧の小倉橋全景。美しいアーチと、美しいXLのフォルムがマッチしています。と自画自賛。>




ここまで、あまりにも地味な作業で、手もガソリンまみれだったので、画像はありません。
キャブ清掃だけでこんなに手がかかるとは思ってもいなかったもので。
やっぱりキャブは奥が深いですね~。
f0119755_10353589.jpg

  <相模川沿いの田園風景。XLはこんな景色も似合います。>




でも画像がまったく無い記事は面白くないので、今朝の試走風景を織り交ぜてみました。
何とか明日には間に合いました。
いつもこんな感じでギリギリな気がするのは私だけでしょうか?
by s-fulllife | 2011-06-04 10:42 | その他のバイク達 | Comments(10)

by ぷーたとうさん