ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

さすがセル付き、
1号のタンクを仮に載せて、
バッテリーボックスも仮留めの状態で、
あっさりと始動してしまいました。

このエンジン、不動と言うことで入手したのですが、
清掃済みのTLのキャブで簡単に始動してしまいました。
f0119755_17544458.jpg



ライトやその他の電装関係も無事に点灯しています。

そして画像からもお分かりかもしれませんが、
アルミスイングアーム、付きました。

○さんのブログにもありますが、
TLのスイングアームは右側にオフセットされています。
左側にあるサイレンサーの「逃げ」だと思われますが、
私の計測だと約12~3mmでした。
アルミスイングアームはTLR250の物で、(○さんはTLM260を使用するようです)
左右対称です。
フレームへの取り付け部分が5mmほど短いので、
右側に5mmのスペーサーをかませます。
そして、サスの取り付け位置を左側2mmだけ外にずらしました。
残りの5mmは誤差のうちと言うことで目をつむりました。(^^;
f0119755_186418.jpg

   <5mm短いアルミスイングアーム取り付け部分>


f0119755_1872665.jpg

   <プロリンクの邪魔な部分はカットして、少しでも軽量化を図ります>


プロリンクを2本サスにするには?
私はこれを使いました。
f0119755_18101820.jpg



ネットなどでも良く売っている車高上げキット。
リアサスにはかせる「ゲタ」です。
こいつのトンネル部分を加工して、
スイングアームのアールに合わせます。
そして、上と横の2箇所をネジ留めしました。
f0119755_1814354.jpg

   <こんな感じです>


TLR250のスイングアームは、中空で後側に穴が開いています。
うまくそこからナットを差し込んで、ボルトナットでしっかりと固定します。
ここで先出のオフセットの件ですが、
思い切り力のかかるところなので、強度を重視すると2mm位が限界な感じです。
f0119755_182172.jpg



フレームの取り付け部はシャフト径が太いため、
フレーム側の穴を広げなくてはなりません。
これがまた一仕事でした。(^^;

スイングアームの幅が狭いので、当然シャフトも短くなります。
少しでも長さを稼ぐために、アクスルシャフトを使って、
フレーム側にすっぽりと収まるように、ヘッド部分を削ります。
f0119755_1827573.jpg




そしてロック付きのナットはロックするところまでシャフトが届かず、
仕方が無いので逆さに使いました。
f0119755_1832859.jpg

   <中央の赤丸内、ロックナットはワザと逆さまです>


さて、形にはなりましたが、
樹脂部品のチェーンスライダーが欠品です。
他車種の部品を流用しようと思っていますが、
ただいま思案中です。
f0119755_18343488.jpg

   <このままではスイングアームが削れてしまいます>



それから、チェーンテンショナーも欲しいですね~。

そして、何か忘れているような?

そうそう、一部熱狂的ファンのいるタンクがまだでした。

次回はタンクです。乞うご期待!
by s-fulllife | 2010-05-31 18:46 | TL再生 | Comments(12)
早いもので、数えて8台目の(正確には9台目)TLを再生しています。

コンセプトは、「楽チン」になりそうです。
でもそこは、こだわりがありますので、
XLRのエンジンを積んでおしまい、と言うわけには行きません。

楽チンと言うからには、クラッチも軽く、と言うことで、
f0119755_21401920.jpg



以前、伊東ミーのときに森さんから頂いたクラッチアーム延長部品を取り付けました。
自分でも作ったことがありますが、(めぐぱん号に付いています)
こちらのほうが仕上げが良く、きれいに出来ています。サッスガ!

そして、エンジンが載りました。
f0119755_21434081.jpg




理論的に載ることが分かっていても、
実際に載ったところを見ると、うれしくなっちゃいます。
心配していたセルモーターとキャブのクリアランスも問題なし。
XLRのキャブは使えません。インシュレーターもキャブもTLのものです。
f0119755_21473045.jpg



そして、ステップ位置を変更しましたが、
もちろん最近お得意のワイドステップにします。
f0119755_21573731.jpg



位置を変更して、踏みづらくなるであろうブレーキペダルも踏み代を拡張します。
f0119755_21592349.jpg



それから、楽チンに止まれるように、
フロントをディスクブレーキにします。
TLM220のフロント周りと、TLM260のホイールを使います。
スピードメーターギアはXLRの物がそのまま使えますので、
260のホイールに移植します。

さて、最大の問題は、ドラムとディスクでは、TLRとTLMでは、
フォークの取り付け幅が違うと言うことです。
普通はここでステアリングシャフトを打ち替えますが、
プレスが必要なことと、ショップで出しているキットは高額です。
何とかならないかと考えていました。

スピードメーターをサイクルメーターにして、
メーターギアのところにレーサーのカラーを入れて、
このカラーを少し削れば問題は解決します。

しかし、味気ないサイクルメーターではなく、
機械式メーターが付けたい場合は・・・・。

TLRとTLMのフォーク間の差は6mmほどです。
ですので、そのままではフォークが「ハの字」になって、動きが悪くなります。
多少のたわみも考えて、4mm削れれば何とかなりそうです。

そこで、メーターギアとそのカバーを削ってみました。
f0119755_22161533.jpg



当然、中に入るギアも削ります。
これで約3mm削れました。
チョットこれで様子を見てみます。

さぁー、早く形にしたいものです。
でもここでまたまた問題発生!
電装関係がゴチャゴチャでどうにも収まりません。
TLには付いていない物がイロイロです。
どなたか、XLRの配線図持っていませんか~?
f0119755_22233951.jpg

by s-fulllife | 2010-05-26 22:25 | TL再生 | Comments(7)
究極のTLとは?

一口に言っても、いろいろな「究極」があると思います。

究極の軽さを追求したTL。

究極の美しさを追求したTL。

究極の戦闘力を追求したTL。

究極のオリジナルを追求したTL。

・・・・・・・

要は人によってさまざまな究極が存在するわけです。

私のTLも1号は自分なりのカッコ良さを、
2号は戦闘力を、それぞれ追求しました。
f0119755_19395810.jpg

f0119755_19404136.jpg

   


3~6号は手元にありません。
が、6号は伊東でめぐぱんさんが乗っています。
一応、究極の女の子号かな?
7号は・・・・・・・持てる技術をつぎ込みましたが、
可も無く不可も無く、究極とは言えませんね。
f0119755_19413011.jpg



そして数えて8台目。TL8号です。

究極のチャレンジTL?

XLRのエンジンを積んでセル始動に。
ステップ位置を変更。
アルミスイングアーム取り付け。
ノーマルタンク加工、取り付け。
その他、小細工のオンパレードです。

今まで考えてきて、
いつか実行に移そうと思っていたことを、
片っ端からやっつけてしまおうと思っています。

一先ず、ステップ位置の変更は作業終了しました。
f0119755_1953429.jpg




書無し不動で安価に手に入れたXLRは必要部品を残して、
知り合いの解体屋さんに引き取ってもらいました。
f0119755_1954777.jpg



そして、フレームを塗装。色は画像だと禁断の「銀」に見えますが、
一部の熱狂的ファンの期待を裏切って、ダークシルバーメタリックです。(笑)
f0119755_19564044.jpg



さてさて、今後どうなりますことやら。

今年のイーハトーブはこの8号を持っていくつもりです。
と言うことは、走破性も信頼度も・・・・。

腕が鳴ります!!!
by s-fulllife | 2010-05-21 20:05 | TL再生 | Comments(9)
5月の晴れた日曜日に、いつもの相模川に練習に行ってきました。

本当は妻君の練習にお付き合いするつもりだったのですが、
例によって、オチビが熱を出してしまいました。
幸いすぐに病院に行き、熱は治まったのですが、
病み上がりで河原に連れ出すわけにも行かず、
妻君ともどもお留守番になりました。

そんなわけで、今回はパパも午前中のみの軽い練習です。

いつもの場所に行ってみると、いつものメンバーが待っていました。

前回の投稿で呼びかけたN矢さんもいらっしゃいます。
早速生まれ変わったシートをお渡しします。

カメラが無いので、携帯でパチリ。
f0119755_1895226.jpg

    <ウムムッ!季節はずれの初日の出が!・笑>


軽い練習のつもりだったので、カメラも持たずに行きました。
が、超小型デジタルビデオカメラはもって行きましたので、
その画像をアップします。
今回は取り付け角度が悪く、後半は空ばかり映っていました。(^^;
安物の悲しさですね。

yoshidaさんとイワピー師匠のトライです。

オンボードカメラの映像


夏の岩手に向けて一考の余地ありですね。

本日のセクションは、アップダウンとキャンバーターンが主体です。
難しかったのですが、何度目かでクリーンが出ました。

そのあと、林間のターンと丸太のセクション。
これもきつかった。
何とかクリーンを出して、本日の練習はこれまで。

さて、次の日曜日は香ばしい桜エビが私を待っています!
お腹をすかせて突撃してきま~す!
by s-fulllife | 2010-05-17 18:22 | Trial | Comments(4)
前回の投稿で、N矢さんのシートを仕上げた報告をしました。
それをちゃっかりとネタにしてしまいます。

最近、程度の良い「YAMAHAセロー」を手に入れたN矢さん。
先日相模川の練習会に持って来ました。

私も乗らせてもらいましたが、とっても乗りやすくてビックリです。
デュアルパーパス車なので、トライアル走行をするには、
ハンドル切れ角と、重さ、シート高がネックとなります。

ハンドル切れ角はタンクやフレームの改造が必要なので大仕事になります。
重さはある程度仕方がありません。

そこでシート高を何とかすることになりました。

ヤフオクでボロいシートと、新品のシートスキンを用意して、
それを受け取ったのが先月のわいわいトライアルの時でした。

さて、先ずボロボロのシートスキンをはがします。
f0119755_18264763.jpg

   <これなら思う存分いじれそうですね。>


f0119755_18275114.jpg

   <ダメージはスポンジ部分まで達していますが、削るので大丈夫!>


スキンを留めていたタッカーの針が錆びていて結構大変でしたが、
無事にはがし終わりました。

次に、スポンジ部分を大まかにプラスチック用のノコギリでカットします。
ノコギリの切断跡のデコボコを粗ヤスリで整えます。
f0119755_18334864.jpg

   <すこーしだけ滑らかになりました。>


そしていつもなら薄いスポンジをかぶせるのですが、
これだけ大きな薄いスポンジはありません。
そこで、梱包財の薄いシートを使うことにしました。

しかしこれはほとんど伸びずに、皺が入ってしまいます。

考えた挙句、削っていないサイドは無視して、削り面のみ覆ってみます。
そしてその上から新しいスキンを張っていきます。
f0119755_1839683.jpg

   <皺にならないように少しずつ引っ張りながら・・・・・>


完成後、折りたたんであったスキンに一本筋が入ってしまいましたが、
概ね良い出来だと思います。
これでネックのひとつが改善されたのではないでしょうか?
f0119755_18425357.jpg



後記:スキンをはがすよりも、張るよりも、削ったスポンジの後始末が一番大変でした。(^^;


そしてもうひとネタ。
やろうやろうと思っていてなかなか手が付けられなかったTL8号。
ようやく着手しました。
先ずはひたすらフレームを磨きます。

そして今回はついにステップ位置の変更にトライします。
ステップホルダーを切り落として、もう後戻りは出来ません。
f0119755_18482898.jpg

   <スッパリと切り取ってしまいました。>


この日のためにヤフオクっておいたMTX50のステップブラケットを溶接します。
このとき、ホルダーがアンダーガードの下に来てしまっては、
引っかかってしまってよろしくありません。
左右の位置と角度を慎重に合わせて、溶接します。
f0119755_1855611.jpg

   <約2Cmほど下がっています。この2Cmが大きいんですよね~。>


今回はちょっとした仕掛けをしてみました。
果たして吉と出るか・・・・・大凶になるか、それともお笑いか?
それはまたの機会にお知らせしま~す。
by s-fulllife | 2010-05-14 19:04 | TL再生 | Comments(4)
久しぶりの真壁に行ってきました。
そしてこれも久しぶりの、約1年ぶりの妻君の大会参戦です。

去年の6月に古傷のひざを壊してドクターストップがかかっていました。
その後、「無理をしない」ことを条件にトライアルを再開しましたが、
テックが無くなってしまったこともあって、どうも疎遠になっていました。

そろそろと思っていた矢先にオチビの入院騒ぎがあり、
ようやく大会復帰できました。
まぁ、負けず嫌いで、何しろ「好き」ですので、
遅かれ早かれ再開したと思いますが、
今回はちょっと特別でした。

長年一緒に乗っていた仲間が、事情によりバイクを降りることに。
「好き」と「負けず嫌い」は一緒なので、
私は勝手に長いお休みだと思っていますが、
その仲間と走る最後の大会になるため、
急遽出場を決めたのでした。

さて、今回は私の出番は無し。
オチビのお相手と専属メカニックに徹しました。
f0119755_15323437.jpg

画像は小冊子・自然山通信の西巻氏。
もう古い知り合いですが、
私のTYを試乗して、「きっちり整備されているな~。」
そのあとで「俺のバイクより乗りやすい!」ですって。

で、その西巻氏のバイクがこちら。
知る人ぞ知る「タイガーカブ」です。
きっとこれより乗りにくいトライアルバイクを探すほうが大変なのでは?
f0119755_1537433.jpg

   <でも、チョットそそられます。>


大会はつつがなく進行しているようです。
と言うのも、夏日になろうかという暑さのせいと、
あっという間に使い切ってしまった「水」のせいで、
オチビはご機嫌ナナメ。
もちろん水を使い切ったのは当の本人なのですが、
そんなことは関係ありません。

結局ほとんどトランポからは離れることができずに、大会は終了。
何とか一番近いセクションを、超望遠で撮った数枚の画像しかありません。
大人の遊びにつき合わせたのですからいたし方ありませんね。
f0119755_1545957.jpg

   <案の定緊張しまくりの妻君。結果は惨敗でした(^^; >


帰りの車の中で、やっぱり悔しかったんでしょうね~。
来週も相模川で練習すると言っていました。

お暇な方は日曜日、相模川に行きますのでお付き合いよろしくです!


それから、もひとつ。
なかなか手が付けられなかったN矢さんからの依頼の品。
やっと出来ました。
もしもブログを見ていましたら、今週末相模川にもって行きます。
お引取りヨロシク!
by s-fulllife | 2010-05-11 15:52 | Trial | Comments(8)
今日は相模川で練習をしてきました。

カメラを持っていったのにまったく使わず、
練習の画像はありません。

でも、今回は秘密兵器を持っていきました。
超小型デジタルビデオカメラです。

これをヘルメットに付けて、
動画をアップしてみます。

いつものように遅れて到着すると、
皆さんはもう奥の方で練習しています。
うちはオチビ連れですので、
近くにセクションを作って練習を開始しました。

セクションコーディネーターいわく、
「おかゆセクション」だそうです。

朝から体と心に優しいセクション!?

ちっとも優しくありませんが。

みなさんを探して移動しています。

お次はセクショントライの様子です。

うまくアップ出来ましたかどうか?
直接貼り付けると容量オーバーでエラーになってしまいます。
で、You TubeのURLをリンクしました。

なかなか画像はよく撮れているのですが、
欠点はいちいちヘルメットを脱がないと、
スイッチが押せないことですかね~。(^^;
by s-fulllife | 2010-05-02 23:53 | Trial | Comments(6)

by ぷーたとうさん