ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

わいわいトライアル大会、今年の第1戦に行ってきました。

結果は惨憺たるものでしたが、
大会デビューの〇さんや、
先日の伊東ミーにいらしていたシベリアさん、おなじみのイワピー師匠など、
愉快なメンバーで楽しんできました。
f0119755_17265382.jpg

   <ここはロックセクション中心ですので、ツインショックにはチトキツカッタ!>


さてさて、おなじみの大会なので、グループも自然と大人数になってしまいます。
総勢10名でスタート。

はじめは本部前のターンとヒューム管のセクション。
初参戦の〇さんは、緊張でガチガチです。
私は無難にクリーンスタートでしたが、
よせば良いのに悪い癖で、出口の2段ステアにトライしてバランスを崩し、
ポロ足の1点で終了しました。

次は川原のセクション。
ごろごろ石にはじかれて、なかなかクリーンが出ず。
なんだか練習不足。(いつものことでした・苦笑)
f0119755_173854100.jpg

   <大会デビューの〇さん。途中からは楽しむ余裕もあったようです。>


f0119755_17412419.jpg

   <変幻自在のK谷さん。今回も飛んでました。>


f0119755_174487.jpg

   <進歩著しい静さん。序盤はイワピー師匠と優勝争いをしていました。>


今回唯一の土の斜面のセクションでようやくTYの本領発揮です。
ちょっと反則気味でしたが難しいセクションでクリーンが出せました。
しかしその後、クラッチが不調に。バイクが暴れて今回2度目の5点減点。
出入りの激しいトライが続きます。

小休止の後、後半戦に突入。
後半は大石の並んだ厳しいセクションの連続です。

f0119755_17514690.jpg

   <3位入賞のイワピー師匠。今回も安定していました。>


f0119755_1753982.jpg

   <お久しぶりのS藤さん。相変わらずの粘っこい走りでした。>


f0119755_17551290.jpg

   <先週もお会いしましたが、大会は久しぶりでしたね。みんせいさん。>


大人数での移動が災いして、残り時間も後わずかです。
ツインショックのTYには厳しいセクションが続きますが、
とにかくタイムオーバーは避けなければなりません。
最後のセクションも1点で出たかと思うと、
岩で滑って転倒したりと、最後までドタバタでした。

結果は・・・・・・

イワピー師匠はTLM60で堂々の表彰台。
静さんもレディースクラスで2位。
まだリザルトが来ていませんが、
私は・・・・・・・・久しぶりに50点オーバーの減点をもらって、
おそらく最後から数えたほうが早そうです。(^^;
f0119755_187468.jpg
f0119755_1875562.jpg



これから暑い季節がやってきます。
空冷2stのTYはヒートしてくるとクラッチのつながりの変化や、
シフトの入り辛さなどの問題が出てきます。
(今回も後半はローギア固定でした。)
オイルなど少し対策を考える必要がありそうです。
by s-fulllife | 2010-04-20 18:12 | Trial | Comments(10)
昨年はどうしても都合がつかずに涙を呑んだうなぎミー。
今年は行ってきました。久々のバイアルスで、しかも自走です。

当日の朝、都内走行に不安の残る私を連れて行ってくれる、
阿智さん、おじ太郎さん、と東八道路のマックで待ち合わせ。
サプライズで参加の森さんを含めた4台で千葉を目指します。

途中、よく耳にする地名や建物に出会いましたが、
R6に出るまでは何処をどうやって走ったのか。(^^;
そのR6で噂のスカイツリーにお目にかかることが出来ました。
アレで半分とは。いやはや人間って凄い!
f0119755_1524242.jpg

   <阿智さんと比べてください。阿智さんの身長が50mくらいですから・・・・・?>


その後も快適な下道を走って、自宅からおよそ100kmほどで、
待ち合わせ場所の「道の駅八千代」に到着。
そこにはもう愉快な仲間が揃っていました。
f0119755_15275947.jpg

   <本日のマドンナが3人揃い踏み。>


新参の方もいらしたので、円陣を組んで自己紹介。
ご挨拶だけの方も、セル付きのイーハトーブでおいでの方もいらっしゃいました。

その後さっそくううなぎの「かどかわ」を目指して、
気持ちのいい田舎道をツーリングします。
f0119755_15311159.jpg

  <お揃いのスタジャンまで用意して気合の入った無限さん。決まってましたよ~。>


到着すると、まだお昼前だというのに駐車場は満車。
バイクの特権で、車は停められないすき間にバイクを停めて、
ノートに名前を書き込んで待ちます。
f0119755_15344418.jpg



しばしのバイク談議の後、わりあい早く呼ばれて、感動のご対面です。

以外に近所にあったうなぎの名店でも食べました。
昨年、食いしん坊の1京都さんと、yoshidaさんに促され、
本場の浜名湖の名店でも食べました。

でも、2年ぶりに食べた「かどかわ」のうなぎは、やっぱり今までで一番の味です。
しかも安くて、(ここ重要)ボリューム満点です。
これを食べるためだけでも、来る価値十分です。
f0119755_15405662.jpg

  <本当においしいです。小食の私が大盛りを頼んだくらいですから。・笑・>


お腹が膨れた後は大桜を観に行きます。
以前は停めることができた場所は、好天で観光客が多く、
停めさせてもらえません。
仕方なく、離れた駐車場まで移動して、そこから歩きました。
もちろんその間もバイク談義は欠かしません。(^^)
f0119755_15452452.jpg
f0119755_15453685.jpg

    <こちらはTL関東の綺麗どころ。桜が良くお似合いです。>


このころには朝の寒さは何処へやら、
じっとしていても
暑いくらいになりました。

しかし、駐車場へと戻ると、怪奇現象が待っていました。

鍵がないと騒いでいる方が約一名。
皆さん総出であたりを探しますが見つかりません。
いよいよ直結か、と覚悟を決めたとき、
先ほど探して無かった(本人談)はずのウエストポーチから、
突如として鍵が出現したのです。

世の中には不思議なことがあるものです。

ね~、よっちゃん。(笑)

気を取り直して風車とチューリップの公園を目指します。
毎年「チューリップ祭り」が開催されています。
ところがここはどちら方向からも大渋滞。
バイクすら置くところがなく、近くの別の公園まで退散しました。

これが怪我の功名で、思いがけず桜吹雪を堪能することができました。
f0119755_15565376.jpg

f0119755_15553371.jpg


ここでひとしきり休憩した後、
先ほどまでの暑さがウソのように、冷たい風と怪しい雲行きです。
道の駅まで引き返して、今回の幹事シダックスさんより解散の言葉がありました。

それからはひたすら渋滞路を抜けて、
それでも、阿智さんの道案内でわりあいスムースに調布まで来ることができました。
コンビニで乾杯して、それぞれ帰路に着いたのは7時半を回っていたころでした。

その後、少し雨に降られて、ガス欠にもなりましたが、9時前には無事帰着。

今回、バイアでの遠乗りは初めてでしたが、よく走ってくれました。

無限さんが組んでくれたエンジンをよっちゃんが塗装、
おじ太郎さんから、めぐぱんさんへ、そして私の元に来たバイアルス。

いいバイクです。
f0119755_16214394.jpg

by s-fulllife | 2010-04-12 16:10 | TL関東 | Comments(11)
先月の伊東での自然薯ミーに引き続き、
今週末はウナギミーがあります。

前回は2年前、(去年は都合がつかず不参加)トランポでの参加でしたが、
今年は自走で行ってみようと思います。
しかも、最近ご無沙汰のバイアルスで。

さて、ほこりをかぶって数ヶ月動かしていなかったバイアは、
なかなかエンジンが目覚めてくれません。
面倒がらずにキャブのガソリンを抜いて、
プラグの電極を磨くと、あっけなくエンジンスタートしました。

ざっと洗車して、チェーン、その他の稼働部分に注油して、
整備終了!

と思っていたら、なんとなくタンクがガタつきます。
よく見ると、前側のタンクを支えるゴムブッシュがありません。
このバイア、入手した時から、
タンクを留めるブッシュがかぶさる突起が半分ほど削られています。

今度は落とさないようにネジ留めに改造して、今度こそ整備終了。

ガソリンを入れて近くの桜並木までポタリングです。
f0119755_2312136.jpg
f0119755_232713.jpg



さてさて、これだけでは終わりません。
このバイアは、街乗り用です。
タイヤはロード寄りのOFFタイヤで、
リアサスはリトルカブ用の汎用品で、
ロード用のためガチガチです。

どうせならツーリングに便利なキャリアをつけようと思います。
もちろん純正パーツはもうありません。
スタイルを崩さず、軽いキャリアを造ろうと思います。

以前TLRのツーリング仕様を製作したとき、
スクーター用のアルミキャリアが軽くてリーズナブルだったので、
同じ物を使います。

以前は強度を追及して5mm厚のアルミ板でステーを自作しましたが、
3mm厚でも強度は充分ですし、
加工もし易いので今回は3mmを使います。

造り方はキャリアの不要な前部分を切り取って、
ステーを伸ばして固定するだけです。
しかも現物合わせで。
(このあたりが私のやっつけ仕事なのですが。苦笑)

が、実は、製作に夢中で画像を撮り忘れていました。(^^;

と云うわけで、あっという間に完成です。
f0119755_23165298.jpg


4ヶ所留めで強度も十分。

これで荷物の積み込みも大丈夫。

あとはウナギに向かって突撃あるのみ!!!
by s-fulllife | 2010-04-08 23:20 | TL再生 | Comments(6)
前回の更新でお話した小細工ネタです。

相模川での練習の帰りに、
N矢さんからはメンテナンススタンドの修理を、
イワピー師匠からはフロントフェンダーの修理を、
それぞれ頼まれました。

お二人とも長い付き合いですし、
そこは「持ちつ持たれつ」です。
オマケに小細工は好きですので二つ返事でお引き受けしました。

f0119755_9564523.jpg

   <スタンドを上げる軸の溶接が取れて、抜け落ちてしまっています。>


まずはN矢さんのスタンドからですが、
これは簡単です。
取れたシャフトを溶接し直すだけです。
サビと汚れを落として、
表側と念のために裏側も溶接します。
所要時間10分ほどで完成しました。
f0119755_1011452.jpg
f0119755_1012420.jpg




さて、お次はイワピー師匠のフロントフェンダーです。
f0119755_1034745.jpg

   <良くある割れ方ですね。スタビライザーに近いのが厄介です。>


スタビライザーのすぐ後ろが見事に割れてしまっています。
良くある修理方法は、タイラップかハリガネで「縫う」方法ですが、
あまり美しくありませんし、強度も今ひとつです。
アルミ板を裏側から当てる方法もありますが、
これも同じく美しさに欠けます。
考えた挙句、アルミ板を表に出してしまうことにしました。

始めに、スタビライザーの後ろ側二つのリベットを取り外します。
f0119755_10115585.jpg

   <アルミ製ですので、ドリルで揉めばすぐに外れます。>


次に0,5mm厚のアルミ板をはさんで、先ほど外したリベットの穴でネジ留めします。
この時、始めに長めのボルトを使い、
一度締め込んでから短いボルトで留めなおします。
フェンダーの内側には出っ張りは少ないほうが機能的です。
特にトライアル車はダウンフェンダーですので、
泥が詰まりやすくなってしまいます。
f0119755_10162188.jpg

   <短いボルトと長いボルト、違いは一目瞭然ですね。>


それから、しっかりと留まったアルミ板に折れたフェンダーを固定していきます。
先ずは5mmのボルトでがっちり固定。
f0119755_1022082.jpg




アルミ板は平ですが、フェンダーは微妙に湾曲しています。
サイドに切れ込みを入れてアールを大まかに合わせます。
f0119755_1025299.jpg




サイド部分を内側に折り込んで、3mmネジで固定すれば出来上がりです。
f0119755_10314116.jpg



補強用のアルミ板も綺麗に仕上げて見せてしまえば、思ったよりも違和感ありませんね。




・・・・・・・と、自画自賛。(^^;


N矢さん、イワピー師匠、いつでも納品できまっせー!
by s-fulllife | 2010-04-02 10:37 | その他のバイク達 | Comments(8)

by ぷーたとうさん