ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

前回、真壁で大好評だったツインショック大会が、
場所を千葉の佐野トライアルパークに移して行われました。
その名も「爆笑・ツインショック大会」

ところが当日はあいにくの雨模様。
初めて行くパークなことも手伝って、
大丈夫なのか?と少々不安になります。
日曜日だと言うのに格安になったアクアラインも閑散としています。
f0119755_174431.jpg


到着すると案の定、ドロドロ・ツルツル・の斜面が待っていました。(^^;
恐れを成した多摩テック軍団はさっさとビギナークラスでエントリー。
ライダーズミーティングを終えたライダーたちは、
自慢のツインショックマシンに跨って、
雨の降りしきる泥んこ地獄に消えていきました。
f0119755_1722319.jpg


私たちのチームにはビックサプライズゲストが同行しています。
三重よりお越しのミタニさんです。
知る人ぞ知るチームミタニのボスが同じ組で回ってくださいました。
ドロドロの最悪のコンディションでしたが、やはり巧い人は巧いんですね~。
雨のため、セクションの難度自体は低めに設定されていますが、
それでも、これは誰も行けないだろうというような登りも、
何事も無かったかのようにあっさりと登ってしまいます。
いやはや、ライン取りなど良い勉強をさせていただきました。

一度は恐れを成したものの、実際に濡れて泥にまみれてしまえば、
元来の楽しんじゃおう精神が発揮されてきます。
結局オープンラインを使った、身内の激しいバトルが繰り広げられました。
はじめに脱落してしまったのがイワピー師匠。
イーハトーブで酷使したTLM60改は渓流のロックセクションでエンジンストール。
そのまま固着してキックが降りません。
焼き付いてしまったようです。
プラグを外してケミカル攻撃をしてみましたが変化なし。
仕方なくタイダウンをTYに繋ぎ、人力をプラスして押し上げることに成功。
以後、イワピー師匠は私とtr-133さんのTYを借りる形で参戦を続行しました。

もうお気づきかもしれませんが、競技中の画像はまったくありません。
デジカメを濡らす訳には行きませんので、
文書のみの退屈な記事なってしまうことをご勘弁ください。

と云うわけで、悪戦苦闘しながらも、
タイトルどおり爆笑の絶えない大会になりました。
これもひとえに大会運営のメッツクラブのお力でしょう。
今後も楽しい大会をお願いします。

結果は僅差で私の勝利。
減点23・クリーン10・オープンクラス第6位でした。
ちなみに5位までは商品付だったのですが・・・・。
さすが私といったところですね。(^^;
もちろん優勝はミタニさん。減点はたったの3点です!!!

最後に競技とは別にベストマシンコンテストがありました。
各自が2票持っていて、これだと思うマシンに投票します。
私のTYは4票入りました。
自分の1票とマシンを借りたイワピー師匠の1票。
あとの2票はどなたか奇特な方が入れてくださったようです。
優勝は「カワサキ250TR」
これだけ綺麗なTRは見たことがありません。
(TR自体ほとんど目にしませんが。)
f0119755_17464889.jpg



第2,3位のブルタコも見事な出来でした。

次は春に真壁で第3回の予定です。

いや~っ、ツインショックって本当に楽しいですね。見ても乗っても。

以下はカッコイイツインショックの数々です。
この綺麗なバイクで、皆さんドロドロになって走り回っていました。


f0119755_181621.jpg

f0119755_17534493.jpg
f0119755_17535448.jpg
f0119755_17546100.jpg

by s-fulllife | 2009-10-26 18:02 | Trial | Comments(20)
関西の板でお話しする機会を得たご近所のTLフリークの方。
(お隣同士で話すのに、人口衛星を介して電話するようなものですね・笑)
キャンプ淵野辺さんは火曜休みだそうです。
先日のシルバーウイークにはじめてお会いしたイサミソバさんも火曜休み。
火曜日に集まりませんか?と告知をしたところ、思いがけず沢山の方が集まることになりました。
私もその中の一人です。
火曜日はお休みではありませんが、午後からなら少し時間を取れます。
そして本日(火曜日)午後から集合場所の下見がてら、
久しぶりにバイアを走らせてきました。

相模川に架かる橋を渡って厚木側に出たら、
川沿いの道を走るのですが、
平日はトラックも多く、真直ぐな舗装路は退屈です。
橋を渡ってすぐ河原に下りられる道があるので、
そこから河原に侵入。
ところがアララ、大きなテトラポットで入り口がふさがれています。
f0119755_17524320.jpg

バイクや人は横をすり抜けられますが、
入ろうかどうしようかしばし悩んだすえ、
結局、車両進入禁止の標識も看板も無いのでそのまま進みます。
でも、よく見ると、走り出してすぐに真新しい入り口がありました。(^^;
はっはっはっは、悩むだけ無駄だったみたい。

その先はフラットなダートが続きます。
一段上のトラックを追い越しそうなペースで進みます。
f0119755_1756208.jpg

しばらくまとまった雨が降っていないので、
川の水は少なく、いつか水溜り状態だった堰も広々としたフリースペースになっていました。
f0119755_17581956.jpg

いつもは水中の場所も久しぶりに顔を出しています。
f0119755_17593584.jpg

護岸の上をドンドン下っていくと、
よく練習に使っているスペースに出ます。
カラス瓜が綺麗でした。
いかにも美味しそうですが、食べられないそうです。
f0119755_182351.jpg

集合場所はもう少し下流ですので、
またまた河原を移動。

するといきなり視界が開けて、
工事中だった水門に出ました。

そしてこの通路を抜けると、昔の古い水門跡に出ます。
ここも様子が一変していて、広いフラットなスペースと、
昔遊んでいた木の根っこが張り出したセクションがあります。
初心者には嬉しいフラットな場所です。
f0119755_18165038.jpg

そしてやっと座架依橋下の集合場所に到着。
寄り道とブログ用の写真撮影で自宅から1時間弱でした。

着いてみるとそこに見慣れた人影が。
森さんが練習していました。
f0119755_18472939.jpg

    <後にちょっとだけ見えるのが入り口です。森さんは来週も来られるそうです。>


コンビニで買ったパンと麦茶で昼食を摂って、
森さんともう少し下流の練習場所へ移動します。

今日はバイアで、しかも半袖、スニーカーですので無理は禁物。
バイアはOFFタイヤなので滑ります。
練習場所をチェックして帰るつもりでしたが、
森さんが「バイクを貸すのでステアを登って!」とリクエスト。
ちょっと遊んでしまいました。
f0119755_18522523.jpg



当日晴れるといいですね。
場所は広くてフラットですので、四輪もOKです。

楽しみ、楽しみ!


   追記

先日、この記事を見たトライアル仲間から忠告を頂きました。
文中に出てくる水門は、文字通り水を流すための施設です。
新しい水門の上流側にあるものは、バイクや四駆が走り回ってしまって崩れています。
ここはコースではありませんので絶対に走らないようにとの事でした。
まったくもってその通りで、記事は軽率な内容でした。
もしも通り抜ける場合でも、川の本流に近いところがコンクリートで固められていますので、
そこを釣り人などに注意しながらゆっくり渡っていただきたいと思います。
友人の言葉を借りるかたちになりますが、
今後とも末永く残していきたいフィールドですので、
ご理解とご協力をお願いしいたします。
by s-fulllife | 2009-10-20 18:59 | TL関東 | Comments(14)
今年ももう10月を迎えました。
9月いっぱいで閉鎖の決まった多摩テック。
とうとうこの日が来てしまいました。
思い返せば、初めてテックに来た時は、
走れる場所がほとんどありませんでした。

その後、皆で協力して、草むしりをしたり、枕木でステアを作ったり、
結局最後まで走れない場所はありましたが、
知らない場所は無いほどに慣れ親しんだテック。

宝くじでも買おうかと皆で冗談を言っていましたが、
半分は本気でした。

ここではいろいろな出会いがあり、
妻君との結婚式にも多数の仲間が駆けつけてくれました。
これもテックが結んでくれた縁です。

いつかどんな形でもいいから復活して欲しいものです。

先日、最後の日曜日に仲間内でミニ大会を開きました。
我が家も久しぶりに妻君と一緒に出場しました。
オチビを代わる代わる観ながらのトライでしたので、
最後の大会なのに画像がありません。
残念ですが、私や皆の心には最後のテックの石ころひとつまで焼きついたことだと思います。

楽しさだけしか思い出せないテック。

最後の大会も大盛り上がりで楽しく終了しました。

テックはなくなりますが、仲間は残ります。
場所を変えてまた皆との楽しいトライアルライフが待っています。

どこで走っていてもつい、「ここはテックの登りと一緒」だとか、
「テックのあそこが行ければ、ここは楽勝!」とか、
考えてしまう自分がいます。

自分のトライアルの基準は常にテックだったんだな~と、
しみじみ考えてしまいます。

ブログの本来の形はこんな風に思いついたことを、
そのまま書くことなんでしょうね~。

なんだかやっぱり寂しいです。
f0119755_18483463.jpg

    <私たち夫婦のトライアルの初めての師匠、小林直樹さん。今でも気さくに声をかけてくれます。>


f0119755_18485286.jpg

    <土曜日のデモでのガッチこと、小川友幸選手。さすがスーパーA級です。>


f0119755_1849629.jpg

    <土曜日にデモの後、皆で記念撮影。トライアルの選手は皆気さくです。>


f0119755_18492071.jpg

    <そして、本田選手とツーショットで、デレデレの妻君。またスクールお願いしま~す!>


結果的には閉鎖になってしまいましたが、
存続活動に奔走してくださったイワピー師匠、お疲れ様でした。
そして、署名していただいた皆様、大変勇気付けられました。
ありがとうございました。

テックのみんな、また練習や大会でお会いしましょう!
by s-fulllife | 2009-10-01 19:01 | Trial | Comments(7)

by ぷーたとうさん