ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

琵琶湖ミーにご参加の皆さんにはお話しましたが、
固すぎるTYのリアサスを改造しました。

ノーマルのサスは抜けてしまっていて、
しかも、取り付け角度を変更してあるので、
根本的に柔らかすぎて、ストロークも不足しています。
新品に交換しても柔らかさは否めません。
そこで、社外品のサスをヤフオクで落札したのですが、
今度は試乗するまでもなく固すぎます。
f0119755_10542798.jpg


せっかくの新品サスですので、何とかしよう出来ないものかと考えました。
スプリングは構造そのものが固いので、
ダンパーのみを使って、スプリングはJD06の物を使用することにします。
しかし良く見てみると、めぐパン号についていたサスは、
JD06とMD09の物がひとつずつ付いています。
まぁ、深く考えずに加工にはいります。
f0119755_1142355.jpg

    <ジャンク品のサスは左右で違う物が付いていました。(^^; >


以前、TL関東のよっちゃんが製作したスプリングコンプレッサーのアイデアをパクって、(謝)
社外品のサスを分解します。
かなり固めで、即席コンプレッサーは歪んでしまいましたが分解完了!
f0119755_116236.jpg


次に06のスプリングをカットします。
ただカットするだけですと、取り付けが不安定になりますので、
カットしたところを、バイスプライヤーではさんで、トーチであぶります。
真っ赤になるまで加熱してから、すぐに廃油で冷やします。
この時、外気温で徐々に冷やすと、元の形に戻ってしまいますのでご注意を!
(って、誰もこんなことやらないか!?)
f0119755_11142545.jpg


サビを落として下地を整え、赤色を吹きます。
f0119755_1117565.jpg

f0119755_11182987.jpg

スプリングの外径が違うのでガタつかないように、
塩ビのパイプをスペーサーにして、
06のスプリングを止めている(視力検査の記号のような形の)金具を流用するため、
スプリングは少しだけ短めです。

お色直しのため、試乗はまだですが、
動きは良さそうです。
さてさて、お色直しにも本腰を入れなくては。
f0119755_1125397.jpg

by s-fulllife | 2009-05-23 11:27 | その他のバイク達 | Comments(14)
行って来ました、相模川。
当日はフリーマーケットがあると云うことでしたので、
こちらも少し楽しみでしたが、
河原に降りていく途中に雨天順延のお知らせがありました。
天気予報は1日中雨とのこと。
長靴やレインコートで完全武装したオチビを連れて、
いつもの場所に到着してみると、雨はまったく降っていません。
tr-133さんとN矢さん、岩P師匠がすでにスタンバイしていました。

バイクを下ろして四方山話をしていると、
みんせいさんと森さんが登場しました。

さっそく近くにセクションを作ってトライ。
朝一は未明の雨でぬれた丸太の滑ること!
最初のトライで危うく前転するところでした。(^^;

入り口の丸太下り、皆さんのトライ。
f0119755_10391342.jpg

    <相変わらず綺麗なtr-133さんのフォーム。良いお手本です。>


f0119755_10392575.jpg

    <下りながらすでに次のターンを見据える岩P師匠。応用編ですね。>


f0119755_10393796.jpg

    <久しぶりのN矢さん。基本に忠実です。安定してますね~。>


f0119755_10395036.jpg

    <もうこんな所を下りているみんせいさん。腰の位置を治せば完璧です。>


f0119755_1040145.jpg

    <いつも元気な森さん。この後のターンは無かった事にしましょう!(^^; >


今日の課題はこの下りから、小さな丸太を振りあがるところです。
ここを下りて右側に入るのがミソ。
下り口の丸太が滑るので斜めに入ろうとすると危ない思いをします。
とにかく滑るセクションですのでアクセルもブレーキもジワリと。
f0119755_10574851.jpg

    <別角度からの一枚。ここから止まって右に振るのがひと仕事です。>


f0119755_110157.jpg

    <より一層難しいラインにトライした結果・・・・・。でも、この後クリーンしていました。念のため。>


f0119755_1144577.jpg

    <何やかんやと外野がうるさいですね。(^^; 半分押し売りの先生たち。>


f0119755_1173911.jpg

    <オチビを私に託してやっと乗れた妻君。セクション出口の丸太越え。>


雨上がりの蒸し暑さで皆さん少々お疲れ気味です。
トランポに帰って食料と水分補給。
みんせいさんのRTLのクラッチが切れないと云うことで、
サンデーファクトリーの始まりです。

f0119755_11115673.jpg

先ずはエアを噛んでいそうなクラッチマスターのエア抜きをします。
エアははじめに少し出てきましたが、あとはなかなか出てきません。
次に、ミッションオイルをマニュアルの容量通りに入れてしまったそうなので少し抜きます。
全容量とはクランクケースを割った時のもので、
交換時はもうチョット少なめにするのが良いようです。
コレでクラッチの切れもバッチリ直りました。

天気予報の雨が降り出したのは、午後2時を回った頃でした。
丁度いいのでここらでお開き。
短時間でしたが、身のある練習時間でした。(^^)v
by s-fulllife | 2009-05-18 11:25 | Trial | Comments(10)
前夜祭の興奮もそのままに、
いよいよ琵琶湖畔で全国ミーティングが開催されます。

当日の朝、宿の近くの大津駅で関西と中部のTLフリークと待ち合わせ、
一路会場の道の駅を目指します。
朝から季節を先取りしたような暑い日ざしが照りつけますが、
窓から入ってくる湖面を渡ってくる風は涼しく、
前を走るTLたちがチョットだけうらやましく思えてきます。
f0119755_18261649.jpg


会場には沢山のTLたちがすでに集合しています。

先ずは昨晩、再会を果たした1京都さんとハグ。
中部のクリエーター亀吉さんともハグ。
そして、ミーティングの企画をしてくださった桃太郎さんともハグ。
気持ちのいいお天気、爽やかな風がほほをなでる琵琶湖畔で、
おじさんたちのハグが続きます。
見ようによっては危ない集団に見えなくもありません。(^^;

一通り挨拶が済むと、各々TL自慢や、質問攻撃が展開されてゆきます。

この日琵琶湖に集結した素晴らしいTLたちをご紹介しましょう。

先ずは関西のtakaさんのTL。
タンクはTL250バイアルスのアルミ製。エンジンはRS200?フレームは?
ご紹介と言いながら謎の多いバイクです。
ですが、必要最小限の保安部品で走りそ~!
f0119755_1835531.jpg



そして、新車と見まごうばかりのバイアルス。
とても30年以上前のバイクとは思えません。お見事!
f0119755_183868.jpg



しかし、上には上がいるもので、
まさしく新車以上の輝きを放っていました。
お話によるとこのオーナーの方は、
走るのも大好きで、毎週のように林道を走っているそうです。
それでいてこのコンディション。御見それいたしました。
f0119755_1841307.jpg



コレは中部の亀吉さんのイーハトーブ。
サイドカバーは自作のアルミ製です。
タンクはtakaさんと同じく250バイアルスのもの、
アルミの地肌も良いですが、このカラーリングは綺麗ですね~。
機能的な小技も随所に見られました。かっこい~!
f0119755_18454794.jpg



それからコレはTLではありませんが、
関東の無限さんの手によるXE50改モノサス。
関西の1京都さんが綺麗にお色直し&セッティング。
関東の勇と関西の雄の手にかかればXEもこんなにかっこよくなります。
f0119755_1848939.jpg



まだまだ掲載しきれないほどのTLたちが一堂に集結したさまは壮観でした。
f0119755_195016.jpg



この後輪になっての自己紹介と、
お見合いのように向かい合ってのハグ大会。
おじさんたちの集いは熱く、暑く、続くのでした。

時間とともに帰路につく方々もチラホラといらっしゃったので、
桃太郎さんの号令の下、集合写真をパチリ。
f0119755_1993461.jpg



そしてついに関東勢にも帰りの時間がやってきました。
名残は尽きませんが、相乗りでやってきたので、
それぞれの自宅までの時間を考えると、もうギリギリの時間です。

固く再会を誓って琵琶湖を後にしました。

帰りの車中でも楽しいおしゃべりの時間は延々と続き、
気がつけばもう沼津ICです。
昨日よっちゃんと待ち合わせた沼津駅前でラーメンで乾杯。

よっちゃんと別れてふたたび沼津ICから高速に乗る頃には、
渋滞もすっかり治まっていました。
考えてみればこの2日間、高速は渋滞知らずで快適でした。
皆さんゴールデンウイークで疲れ果てたのか、それとも大渋滞で懲りたのか?
快適に横浜町田ICまでたどり着き、
シダックスさん、まっちゃん、紅トンボさんとお別れして、
南町田駅から乗った電車は最終でした。

ひたすらしゃべり続けた2日間。
こんなに続けて、そしてこんなに楽しくしゃべったのははじめてでした。
f0119755_19214656.jpg

by s-fulllife | 2009-05-15 19:22 | TL関東 | Comments(11)
かねてより念願だった、琵琶湖のTL全国ミーティングに行ってきました。

5月9日の朝、発注の見直しを済ませたのはいつもより少し早い時間でした。
3日前から用意していた荷物を持って、
待ち合わせ場所の南町田駅近くの「COCOS」に到着したのは、
30分早い9時です。
朝食がまだだったので、朝から混み合っているR16を渡った先にあるコンビニで買物をしていると、
同行予定のまっちゃんから電話が入りました。
もう待ち合わせ場所に着いたそうです。
どうやら待ちきれずに早く来てしまったのは私だけではなかったようです。
まるで遠足に向かう小学生のようですね。(笑)

すぐ近くの横浜町田ICから乗った東名高速は思いの外スムーズです。
よっちゃんとの待ち合わせの前に、
海老名SAに寄り道します。
今回参加できないyoshidaさんから、
関西の1京都さんへのお土産を預かって、よっちゃんの待つ沼津を目指します。
f0119755_22132286.jpg

     <yoshidaさんご自慢の914.車は良くわかりませんが、素人目にも凄いです。>


沼津駅北口でよっちゃんと合流して、
ふたたび東名へ。
当初近くのSAで昼食をとるつもりでしたが、
先のゴールデンウイークで混み過ぎた高速は、
土曜日とは思えないほど交通量が少なく快適です。
チョット足を伸ばして浜名湖SAでウナギを食べることにしました。
湖面を一望できるレストランで頂いた「うなとろ月見御膳」はなかなかのお味でしたが、
昨年ウナギツーで行った「かどかわ」に比べると今ひとつ。
味もさることながら、ボリュームが・・・・・。コレは私だけ?
コレを予想したわけではないでしょうが、
よっちゃんが大きなどら焼きを差し入れてくれました。(^^)
f0119755_2224318.jpg

     <よっちゃん、さすが分かってらっしゃる!>


相変わらず交通量が少なく快適な高速を走っていると、
気が付けばもう大津まで少しの所に来ていました。
車中では楽しいおしゃべりで大いに盛り上がっていたので、
本当にあっという間でした。

本日の宿である大津駅前のビジネスホテルに着いたのは、
まだ日も高い時間です。
よっちゃんが予約を入れてくれた宿は、
広さも充分で思いのほか綺麗でした。
朝食つきで0.5諭吉ほどですので、もう少し古めかしいのかなと思っていましたが、
嬉しい誤算です。よっちゃん、良い宿をありがとうございました!
f0119755_22373527.jpg

    <隠れ家での前夜祭の前哨戦(?)ここでもしゃべリングは続きます。>


テンションも上がりまくりでいよいよ隠れ家を目指します。
今回、この前夜祭も、もちろんミーティングも企画してくださった、
桃太郎さんのと初対面の後に、関西や中部の方たちが待つ隠れ家に向かいます。
住宅街の何の変哲もない一軒家ですが、
表のスリガラス越しにハンドルのグリップ部分が見て取れます。
扉を開けるとそこにはワンダーランドが広がっていました。
f0119755_2247110.jpg

    <まさにキャブレターの山。それを物色する関東のクレクレマン、〇っちゃん>


そしてTLの取り持つ縁が結んだ仲間の待つ2階へ突入します。
中部と関西の濃~い方々と感動のハグを果たし、
大盛り上がりの夜は始まりました。
もう何度目かの再会になる1京都さんは、
ちゃっかりと紅一点の紅トンボさんの隣をゲットしています。さすが!
f0119755_2256656.jpg

    <1京都さん良い顔をしていますね~。そんなに嬉しかったのですか?私とのハグが!>

f0119755_2259262.jpg

    <私・シダックスさん・1京都さん・よっちゃん・亀吉さん・タレスじゃなくて、真さん>

f0119755_2321434.jpg

    <その間も獲物を狙っている〇っちゃん。でも本命のおねだりは忘れていたようです。>

コレがメインのミーティング?と思えるほど盛り上がった京都の夜は、
実は明日の琵琶湖に続く道の途中でした。

宿に帰ってからも興奮冷めやらず、
1京都さんを筆頭に、おじさんたちのセクハラに疲れ果てた(爆)
紅トンボさんは先にお休みでしたが、
関東のおじさんたちは深夜まで尽きない話を続けていました。
よっちゃんの「もう寝ようか」の一言がなければ、
もしかしたら貫徹?といったノリだったことは言うまでもありません。

歓喜と興奮の琵琶湖ミーティングはまた後半に続く・・・・です。
by s-fulllife | 2009-05-12 23:22 | TL関東 | Comments(8)
最近TYとトライアルネタが多くなっていましたが、
原点であるTLを忘れてしまったわけではありません。
久しぶりのTLネタです。

TL7号のバイアルスで気になっていたことをやっつけようと思います。

一つ目は、サイレンサーの出口がカットされていることです。
そのままですと、排気がフェンダーを直撃してしまいますので、
アダプターを付けて排気の方向を変えています。
先日はこの仕様で伊東まで行ってきましたが、
今度は排気がリアサスを直撃して煤けてしまいます。
f0119755_0333426.jpg

サスペンションもイーハトーブ用が付いているので、
サイレンサー出口をいじる余裕がありません。
先ずはヤフオクでリトルカブ用のサスをゲット。
細身で長さもピッタリです。(少々固めですが。)
そして、サイレンサーの出口を大きく外側に逃がして溶接。
排気音も小気味良い歯切れの良い音になりました。
f0119755_040891.jpg

そして、もうチョット見えてしまいましたが、
ステップも大きく改良。
あまり綺麗ではありませんが、
スニーカーで乗っても安定していて疲れも半減です。
f0119755_0422693.jpg

それから、クラッチの重さも何とかしたいと思っていました。
ワイヤーは固着もなくスムーズに動きますので、
はじめはクラッチスプリングを4本中2本抜いて対応しましたが、
さすがに半分にすると大きな負荷が掛かったときに滑り気味です。
コレは1本抜いても同じでした。
先日愉快な仲間のまっちゃんが油圧システムに換装しましたが、
コレは費用の面で見送り。
頭を絞ってたどり着いたのが、リターンスプリングの交換でした。
クランクケースカバー内のリターンスプリングは、
少々強めのものが付いていますので、
CRM用の弱いものと交換。少しの加工で取り付け可能でした。
驚くほどではありませんが、気持ち軽くなりました。(^^)v
f0119755_052456.jpg

そして、傾きすぎたサイドスタンドのストッパーに、
溶接で肉盛して角度を調整。
ただ今お買い物バイクと化していますが、エンジンも含めて絶好調です。


さてさて、それでもやっぱり今取り組んでいるのはTY175です。
抜けてしまっているリアサスをどうにかしたいのですが、
このTY、サスの取り付け位置を変えて角度を寝かせてあります。
ですので、新品はまだ購入可能ですが、ノーマルでは少々短すぎます。
そこで、少し長めの汎用品を買ったのですが、
試乗するまでもなく固すぎて使い物になりません。
f0119755_105766.jpg

どうしましょうかね~。
by s-fulllife | 2009-05-04 01:06 | TL再生 | Comments(18)

by ぷーたとうさん