ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

きっかけは先週の夕方でした。
いつもならお店に出ていない時間なのですが、
夕方のスタッフさんが急にお休みしてしまって、
私が応援していた時です。

TL関東のお仲間、まっちゃんによく似たお客さんが来ていました。
それは似ているはずです。なんと本人でした。
ところが仕事中でたいしてお話も出来ずに、
慌ただしくまっちゃんは帰っていきました。

その翌日、まっちゃんからメールが来ました。
日曜日に私のガレージの見学会をしたいと云うことでした。
大会前の日曜日ですので、ゆっくりするつもりだった私は、
もちろんOKですよと返信しました。
かくして、とうさん工房見学ミーティングが行われることになりました。
f0119755_1746415.jpg

まちゃんとジョラスさん、そして前日に急遽よっちゃんの参戦も決まり、
当日は朝からの雨にもかかわらず、3人のTLフリークが相模原に集結してきました。
私を入れても4人。雨の日曜日にガレージ(ヨド物置)で熱く語り合う。
なんともむさ苦しく、そしてなんともステキで楽しい空間がそこにありました。
f0119755_17534691.jpg

具体的に何を話したのかといえば、
????特に記憶に残る名言も無ければ、とっても人生のためになるような良いお話も無く、
TLに始まって、日常のことや本当につまらない小さな出来事まで、
取りとめも無い四方山話でした。
つまみは、コンビニで買ってきたスナック菓子とお茶だけ。
クーラーボックスをテーブル代わりに、キャンプ用の椅子を出して、
まさに、「おじさんたちの井戸端会議」でした。

雨の日曜日、思いがけず楽しい時間をくれた愉快な仲間たちに感謝!

PS:ジョラスさんよりめぐパン号に良い物を頂きました。コレでダーリンを乗せてついでにバイク仲間に引き込んでしまいましょう!
f0119755_17593532.jpg

by s-fulllife | 2008-08-25 18:01 | TL関東 | Comments(10)
愉快な仲間たちの掲示板ですでに進行状況をお知らせしましたが、
ブログネタがなくなってしまうので、こちらでもチョットだけ。(^^;

さて、やはりフレームはサビが多く、塗らなくてはなりません。
エンジンもチョット音が大きく、前オーナー様いわく、「オイル下がりしているようだ」とのことですので、手持ちの物に載せ換えます。
f0119755_16464166.jpg

フロントホイールはTLR250用の程度が良い物がありますので、これを履かせます。

ヘッドライトカウルはXR200に付いていた物を使おうと思いましたが、
ゼッケン部分が大き過ぎて、スリムなTLには似合いません。
そこで、丁度割れや削れがあった外側をカットして、
ノーマルとはチョット違った形に成形しました。
f0119755_16514270.jpg

そして大問題なのは、フレームカラーです。
フィールドトリッパーは青いフレーム、TLRなどは赤いフレーム、バイアなどは黒いフレーム、
ペガサスなどはシルバーのフレーム。
オーソドックスなのは黒かシルバーでしょうか?
赤はレーシーな感じ、青は爽やかだけど他のパーツと合わせるのが難しそうです。
そして迷った挙句・・・・・









f0119755_16565210.jpg

やっぱり銀です!(^^)v
と云うのは冗談で、コレはサビ止めの下塗り剤です。
色は「シルバーメタリック」になる予定です。ご心配なく!

そして、カチカチだったタイヤは、
テックのN師匠から中古タイヤを頂きました。
少しひび割れはありますが、なんとミシュランコンペです。
コレで林道もスイスイ?ですね。(^^;
f0119755_1733372.jpg

by s-fulllife | 2008-08-19 17:17 | TL再生 | Comments(7)
昨日めぐパンさんの疲れきった一コマで、画像容量が限度いっぱいになってしまいましたので、
その続きです。

f0119755_9481589.jpg

   <あの疲れきった画像の前にはこんな笑顔で到着していました。>

はじめの見晴台から移動してきた第二の見晴台も、
東伊豆の絶景を見渡せる素晴らしい場所でした。
関西方面からの方々はもちろん、私もはじめてくる場所です。
ここでしばらく休憩した後、隣の頂きに続くつづら折れの下まで行ってみます。
今まで以上に荒れた道を少し下って、それから登ると少しだけ開けたところに出ました。
この先は木道になっていますので、歩いて登ります。
今まで走ってきた道がはるか遠くまで続いています。
f0119755_956164.jpg

  <左上に見える開けた所で、めぐパンさんと紅トンボさんが待っています>

ここが終点ですので、いま来た路を引き返します。
暗く鬱蒼とした山道に4ストローク単気筒の乾いたエキゾーストが響きます。
f0119755_10183858.jpg

f0119755_101512100.jpg
f0119755_1015259.jpg
f0119755_10153785.jpg
f0119755_1015484.jpg


めぐパンさんと紅とんぼさんと合流して楽しかった山を下っていきます。
と、ここでトラブル発生。
鹿よけの網にめぐパン号のハンドルが引っかかって転倒してしまいました。
幸い肩を打っただけで、大きな怪我は無かったのですが、
テトラさんから借り受けたTLのライトとサイドカバーが破損してしまいました。
今回サポート役をおおせつかった私のふがいなさのため、
めぐパンさんにはほろ苦い林道デビューとなってしまいました。
この場を借りてお詫びします。ペコリ。m(_ _)m
f0119755_10254780.jpg


気を取り直して、慎重に山を下っていき、
ようやく舗装路に出る頃には廻りも薄暗くなってきました。
転倒を喫してしまっためぐパンさんも、舗装路では元気いっぱいです。
あ~よかった。(^^)

この後の宴会や深夜までのTLトークに関しては、
残念ながら画像がありません。
缶ビール2本でしっかりと出来上がってしまいました。(^^;

翌日、調子が悪い娘が心配で一足お先に伊東をたちましたので、
この後の展開は愉快な仲間たちの掲示板でお楽しみください。

そして林道の休憩中に私とよっちゃんで協議したのですが、
めぐパンさんにTL125Sは荷が重いのでは?
足付きもメンテナンスも初心者には難しいのでは?
と云うものでした。
今回は私が至らないばかりに、めぐパンさんとテトラさんにご迷惑をおかけしましたので、
ここはひとつ何とかしましょう!と云うことで。
f0119755_10423198.jpg

まだまだあちこち手直ししなければなりませんが、
仕上がった後には125Sとお取替えと云うことになりました。
さぁ、がんばって仕上なければ!
by s-fulllife | 2008-08-06 10:49 | TL関東 | Comments(7)
今回もまた遅くまで(朝早く?)仕事が終わらずに、
4時半起床の予定が気がつけば4時50分になっていました。
ひぇ~!遅刻したら伊東まで一人旅になってしまいます。
幸い準備は前日までにしっかりと終わっていましたので、
身支度だけを済ませて愛馬JD06改に跨ったのは5時10分でした。
待ち合わせ場所である、大磯のマックは初めて行くので、
時間も含めて余裕を持った計画にしてあります。
あせった割には忘れ物も無く、夏休みだというのに道も空いていて、
待ち合わせ場所に着いたのは1時間前の6時でした。(^^;
ところが、誰も来ないことが不安になって、
もうひとつ先のマックだったような気がしてきました。
以前、日光ツーのときに思いっきり待ち合わせ場所を勘違いして、
皆さんを待たせてしまった前科がありますので、
念のためもう少し先まで行ってみました。
ところがチョット先にあるはずのマックは、行けども行けども現れず、
とうとう大磯を出てしまいました。
やっぱり先ほどのところらしいので引き返すとそこには見慣れたTLが一台。
みんせいさんが店内で手を振っています。
コレで安心。朝食のセットを食べていると、
やはり店の前を行き過ぎるTLがいました。
もしかすると・・・・と思っていると、そのTLが引き返してきます。
栃木犬さんでした。(^^)
以降、おじ太郎さん、まっちゃん、紅トンボさんが集まって、
一路、伊東を目指します。
f0119755_10585488.jpg

   <先ずはバイクの腹ごしらえ>

快適な海岸沿いの道を良いペースで走ると、
段々と見慣れた伊豆半島の風景が迫ってきます。
海水浴客を呼び込む海の家の客引きが、
あっちからも、こっちからも「おいで、おいで」をしています。
そして集合場所の耐震バースへ到着。
じきによっちゃんが関西方面の方々を引き連れて合流してきました。
皆が揃った所で自己紹介。
今回始めてお目にかかる、若狭の裕さん、真さん、カジさん、そして、先日の八ヶ岳ではじめてお会いした1京都さん。それぞれとがっちり握手を交わして、もちろん、暑苦しい抱擁も。(^^;
f0119755_1182669.jpg
f0119755_1184294.jpg

自走組は重い荷物を背負っているので、一先ず本日のお宿に荷物を置きに行きます。
ここで、チョットしたセレモニーがありました。
還暦を迎えた、テトラさん、1京都さん、MAさんに愉快な仲間の掲示板の3管理人よりお祝い品の贈呈がありました。
テトラさんにはニーガードを、1京都さんにはオリジナル刺繍入りフィッシングベストを、
MAさんには・・・・・・アレッ?MAさんが居ない!?
なんと一人でアンダンテに向かっていたそうです。
抜け駆けはいけません。
よっちゃんから、キツ~イお叱りを受けて、贈呈式の仕切り直しです。
そのMAさんには中古のブーツが贈られました。
そして全員揃ってアンダンテへ向かいます。
アンダンテでは念願のカレーパンをお取置きしてもらい、
ようやく味わうことが出来ました。
もちろん、最高に美味しかったのは言うまでもありません!(^^)v
f0119755_11204795.jpg

さて、美味しいパンを頂いたら次は本日のハイライト、白田林道に向けて走り出します。
そしてここからはめぐパンさんも合流して、サポート役をおおせつかった私としてもより一層緊張感を持って走ります。何しろ、めぐパンさんは本日が林道デビューですし、新婚さんですので責任重大です。
国道から山沿いに進路を変える直前に私のJD06はガソリンがリザーブになりました!
去年の伊東ツーではリザーブを繋ぎ間違えていて、ガス欠を喫しバイクを押す破目になったので、無事にリザーブが使えたのは今回の収穫の一つです。
国道から分かれる交差点で最後のガス補給をして、古いモーターサイクルとそれを操るおじさんたちはグングンと高度を稼いで行きます。
まだかすかに舗装路面が残っている林道で、最初の休憩を摂ります。
f0119755_12472637.jpg

ここでどうもめぐパンさんのTL(テトラさんからの借り物です)の調子がよくないようです。
ガソリンは入れたばかりなのにシリンダーまでガスが来ていないような感じです。
よっちゃんはじめ、TLフリークの知恵と工夫で乗り切ろうと、皆で寄ってたかっていじりだします。みんな本当に好きなんですね~TLが。
タンクを外すとコックからガスが落ちてきません。
リザーブでもONでもダメです。
コックの中にヌルヌルしたものが溜まっています。
この暑さで腐ったガソリンが沈殿していて、ストレーナーが詰まってしまったようです。
ここで私の出番です。コックをオフにしてタンクキャップのブリーザーパイプから思いっきり息を吹き込みます。そして吹き込みながらコックをONにすると、ガソリンガ勢いよく吹き出てきました。人工呼吸で息を吹き返したTLでしたが、指の怪我をしているテトラさんが一足先に宿に乗って帰ってくれました。テトラさんが今まで乗っていたTLに乗り換えためぐぱんさんとおじさんたちは、この先に広がる山のテッペンを目指してまた走り出しました。
f0119755_1374598.jpg

<今回の紅2点のお2人。何を話しているのでしょうか?>
<(ぷーたとうさんっていつ見てもステキね)んな訳無いでしょう!(^^;>

路はダートになり、みなのペースもグッと落ち着いて、第一の難関、荒れた登りです。
今までよりも勾配もきつくなり、初心者にはつらい場所ですが、
めぐパンさんはスイスイと登ってしまいます。
さすがに最後の少し曲りこんだ場所でスタックしてしまいましたが、以外に余裕があったのでしょうか?スタックしたバイクを上まであげて、少し行くと第二の難所の登場です。
ここは路面も荒れていて大きくS字に曲りこんでいて、おまけにアウト側には岩が出ていてオフキャンバー気味です。撮影班のおじ太郎さんに続いて私がトライしました。アクセル空け気味で強引にクリア。美しさには欠けますね。(^^;
f0119755_13252537.jpg

f0119755_13254029.jpg

 <関西方面からのお2人、抑えた中にもさすがにお上手でした>

ここからは木の階段がありますので、バイクを置いて徒歩で登ります。
見晴台では爽やかな風が吹き抜けて、雄大な景色と相まって下界とは一味違う爽快さでした。
f0119755_13323753.jpg


さらに今回ははるか彼方に見える草原の山まで行くことになっています。
コレが楽しみでした。
見晴台から下りて、少し行った所からその場所への路が続いています。
クネクネと曲った、でも展望もよく気持ちの良い路を登っていくと、
彼方に見えた丘の上に出ました。
この先は道も少々荒れていますので、女性の御2人はここでお留守番です。
f0119755_13404875.jpg

  <お留守番ですか?(ラッキー!)少々お疲れ気味のめぐパンさんでした>

ここからはおじさんたちの独壇場です。

ですが、画像の容量が限度いっぱいになってしまいました。
文字だけの羅列は見苦しいので、続きは次回早急にアップします。
by s-fulllife | 2008-08-05 13:57 | TL関東 | Comments(2)

by ぷーたとうさん