ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

早いもので2008年ももう1/3が終わろうとしています。
今年はこれから岩手に行くと云う一大イベントが控えています。
妻君の一大イベントであったTDLでのフラダンスは、残念ながら雨天で中止になってしまいました。でも、どうやら次の目標を見つけてファイトを燃やしています。もちろんフラのお話です。
前置きが長くなりましたが、おかげさまで(?)今年のトライアルは今のところ私中心です(^^)v
そして、大会としては2~3年ぶりのわいわいトライアル大会に出かけてきました。

当日は妻君とオチビも同行の予定でしたが、先日のオチビの風邪をもらったかもしれない妻君が体調を崩し、急遽私一人で出かけることになりました。こんな時に世の優しいだんな様は予定をキャンセルして看病するのかもしれませんが、妻君の「行ってきてもいいよ」と云う言葉を真に受けて、いそいそと出かけてしまいました。こんど、フラのアクセサリーでも買ってあげなくては!

天気予報ではいい天気で暖かくなるはずでしたが、当日は朝から霧がたちこめて、ぱらぱらと小雨まで降っています。トライアルの場合暖かくなるよりも涼しいほうがありがたいのですが、雨は歓迎できません。今日の会場のミロクはごろごろ石の河原ですので比較的天候の影響は受けにくいのですが、やはり気分的によろしくありません。

会場に着く頃には雨は止んで、曇り空の肌寒い天気です。言い換えれば絶好のトライアル日和になってくれました。少し朝寝坊したのですが、天気のおかげで道も空いていて、かえっていつもより早めに到着できました。会場にはすでにテックの仲間のS藤さん、K谷さん、そして久しぶりにお会いするHOPさんも到着していました。前日に軽く整備しておいたGASGAS・TXT-PROをトランポから下ろして空気圧をチェック、混合ガスを作って準備をしていると、みんせいさんが登場。そのあと岩P師匠とれみぞー、最後にtr-133さんが会場入りして本日一緒にまわる8人が揃いました。
f0119755_10143840.jpg

 <娘さんの車に愛機を積み込んで参加のみんせいさん。前輪に工夫の跡が!>

ライダースミーティングも終わっていよいよトライが始まります。先ずは一番奥に行って最終第8セクションから始めます。今日のセクションはゴロゴロのロックセクションがほとんどです。先ほどまでの雨と川の流れのしぶきなどで濡れて滑りやすくなっています。ライン的にはそんなに難しくありませんが、チョットしたミスが致命的なミスになりかねません。皆さん慎重にラインを読んでいます。
f0119755_10214251.jpg

ここで、HOPさんが前輪を滑らせて転倒!いつものHOPさんからはおよそ考えられない転倒です。ヒザを強打してしまって、今後の走りも心配です。
わたしはガチガチに緊張しながらも3トライともクリーンを出すことが出来ました。
f0119755_11274999.jpg

  <転倒の後も元気に走っていたHOPさん。でもヒザは相当痛かったようです。>

次のセクションは一度河原に下りてから土手を上がって、フルロックのターンでまた河原に降りて、ゴロゴロの河原を走ってからまた土手を駆け上がってアウトするセクションです。ここではS藤さんとK谷さん、tr-133も減点5を加えてしまいました。私もここで減点1をもらってしまいます。最後の出口がチョット強引でした。反省!

次は川を渡って反対岸にあるステアのないターンだけのセクション。出口のキャンバーターンへのアプローチが「ミソ」です。tr-133さんはここでも減点5を取ってしまいます。走りにいつもの切れがありません。お疲れモードでしょうか?
f0119755_10551815.jpg


次にアップダウンのターンが連続するセクション。ここでもtr-133さんは調子が上がりません。おまけに転倒で左足のふくらはぎを強打してしまいました。どうやら私の構えるカメラが気になって集中できなかったようです。申し訳ないことをしてしまいました。でも、決してプレッシャーをかけようとか、ワナをはろうとか、増してや勝負に勝つためとか、そんなつもりは全然ありませんので(多分?)ご容赦を!
f0119755_113516.jpg

  <芸術的な岩P師匠のターン。ここまでオールクリーンを続けています。>

多少のけが人が出たのでここで休憩。軽く食事をしたり水分を補給したりして、各自体を休めてから後半のトライが始まります。
後半最初のセクションはヒューム管とターンを組み合わせた、本日唯一のロックがないセクション。素直なセクションでいわばサービスセクションでした。tr-133さんはやはり踏ん張りが利かないためここでリタイヤとなりました。
f0119755_11234996.jpg

f0119755_11113456.jpg

  <れみぞーさんのトライ。良くトラクションがかかっています。
                          ここから2度目のアクセル!>

次に河原まで降りてまたまたロックとターンのセクション。ここも調子良くクリーンが続きました。
何だか今日は体が良く動きます。そうかと思えばいつもどおりの力が出せない時もあって、トライアルって奥が深いですね~。
f0119755_11261730.jpg

f0119755_11382626.jpg

  <みんせいさん、お上手になりましたね。もう岩手はすぐそこです!>

次は同じ河原ですが、前半に斜めから入る少々厄介なステアがあります。今回はここが「ミソ」。ところが、あんがいすんなりと走っていきます。2度目のトライでアンダーガードが引っかかり、「カメ」の状態のなりましたが、落ち着いて体とサスを使い、バイクを押し出します。そしてステアを切り抜けた所でなんとエンスト!本日初の悔しい減点5でした。そのあとも動揺してしまって2点を頂いてしまいました。いつも詰めが甘いな~!
岩P師匠のオールクリーンもここで終わってしまったようです。

最後もロックのターンセクションで締めくくり、本日の競技は終了しました。
表彰式では、惜しくもオールクリーンを逃した岩P師匠が減点2でオープンクラスの優勝!
愛弟子のれみぞーさんはレディースクラスで優勝!嬉しいし師弟揃い踏みとなりました。
f0119755_1136665.jpg

私の結果ですか?まだ分かりませんが、調子は非常に良かったです。
ともかく、仲間と走るのは楽しい。バイクをいじるのも楽しい。まだまだ楽しいことはいっぱいあります。今年もがんばっていっぱい楽しみま~す!
by s-fulllife | 2008-04-28 11:42 | Trial | Comments(11)
前日までの暖かさが嘘のような寒~い朝でした。
4月13日の日曜日、印旛沼方面の美味しそうな薫りに誘われてツーリングに出かけてきました。はじめは自走で行こうかと思いましたが、125ccで都内を抜けていくことの煩わしさと、悪天候と寒さに負けてトランポで近くまで持っていくことにしました。
持って行くバイクは先日完成したばかりのTL4号です。金曜日の午後、滑り込みで登録してきました。そういえばそのときに自賠責保険に入ったのですが(当たり前か!)、ラッキーなことに4月1日から安くなったそうです。3年で3000円ほど安くなりました。美味しいうな重を2はい頂いてもまだお釣りが来る計算です。しかし後で分かりましたが実際にはそれは無理でした。

いつものように仕事を終わらせて一息ついたのが午前3時くらいのことでした。
ここで寝てしまったら起きられる自信がありません。集合時間は割りとゆっくりめですが、時間が遅くなればそれだけ道も混んできます。ここは一つ空いている夜(朝?)のうちに現地まで行ってしまって、そこで寝ながら皆さんを待つ作戦で行くことにしました。
はじめて行くところですので、ナビに任せて楽チンドライブです。さすがにこの時間ですと悪名高き首都高速もガラガラです。早めにお昼を摂る予定になっているので、こちらも早めの5時前にSAでうどんを頂きました。ゆっくり走っても6時前には集合場所である道の駅八千代に到着しました。

もちろん私が一番乗りでしたが、少し寝て待っていると8時半頃、森2号さんのシルバーのハイエースが私の隣に入ってきました。みんせいさんが運転しています。助手席にはおじ太郎さん、セカンドシートには森2号さんが乗っています。
トイレと施設内の探検のため4人で建物のほうへ歩いていきます。それにしても寒い!まだ早い時間なので建物も閉まっています。仕方がなく自販機で温かい飲み物を購入しましたが、何故か4人ともココアでした。雨交じりの寒い朝にオヤジ4人がココアをすする図に何故か苦笑いの4人でした。
しばらくすると自走組みがパラパラと集まりだしました。この天候で自走とはさすがです。頭が下がります。トランポ組みもバイクを下ろして、さてさてバイク談議の始まりです。同好の志が集まって話す四方山話は時がたつのも忘れるほど楽しいひと時です。
f0119755_19142991.jpg

そのうちに遅れていたよっちゃんたち一行が到着して無事に全員揃いました。
もうこの時点でお昼近くなってしまいましたので、予定を変更して先に大桜を見に行くことにしました。このあたりは行き当たりばったりのようですが、フレキシブルで柔軟に対応できる気心知れた仲間のいいところです。
集合場所を出てすぐのガソリンスタンドで何名かが給油してから出発です・・・・。
と、少し走って行くと後がついて来ません。どこかではぐれてしまったようです。ほどなく合流できたのですが、まだ何台かの仲間が行方不明です。行方不明者のグループにはテトラさんがいらっしゃって、テトラさんは一度来た事があり道も知っているだろうと云うことで、大桜で落ち合えることを信じて仕切りなおしのスタートを切りました。
大桜の近くまで来ると黄色いバイアルスカラーのタンクが見えてきました。おじ太郎さんのイーハトーブです。やはり我々よりも先にたどり着いていたようです。ようやく全員揃って少し遅めのお花見となりました。
シダックスさんお勧めの大桜はちょうど見ごろを迎えていて、見事な枝振りとその枝にいっぱいの花を携えて我々を迎えてくれました。
f0119755_19365110.jpg

この大桜は縦よりも横に大きく(私のことではありません!)太い幹から伸びた枝が放射状に広がっていて、その枝の一本一本が普通に目にする桜の木の幹ほどの太さがあり、どの角度から見ても美しい姿を披露してくれます。出発以来雨は止んでいますが、寒さは厳しくどんよりと曇っています。こんな天候でも大桜を見るために観光客が押し寄せてきます。今の時期にもこんなに見事な桜を見ることが出来るのですから納得ですね。
この桜の前で記念写真を一枚。おやっ?写っていない人がいます。大所帯でのんびりしているので誰も気がつきませんでした。みんせいさん、おじ太郎さん、決して影が薄いわけではありませんのでご容赦くださいね。
f0119755_19571251.jpg

さてそろそろお腹の虫も騒いできましたが、まだまだお昼時ですのでウナギやさんは大混雑だと思われます。ここはよだれを、じゃなくて涙を呑んで次なる目的地の巨大杉を見に行きます。今回の幹事役を引き受けていただいたシダックスさんの先導の下、クネクネと裏道を駆使して印旛沼を左手に見ながら走っていきます。途中で空腹感を逆なでするように蒲焼の良い匂いが漂います。そんなにおいに気をとられて事故でも起こしたら大変です。気を引き締めて皆の跡を追従します。そしてたどり着いたのはうっそうとした神社の鳥居の前でした。
f0119755_20123246.jpg

そして、その鳥居の横にある2本の杉がまた大きい!もしかしてコレが目指す杉なのでしょうか?ところが上には上があるものです。奥に進むとさらに存在感のある太い幹が現れました。その前には「天然記念物」と誇らしげに碑が鎮座しています。
先日の伊豆ツーの折に見た杉も大きかったのですが、真直ぐで綺麗な杉でした。ところがこの杉は所々節くれていて、瘤もたくさんあり、見るからにお年寄りの杉と云う感じです。ところがその大きさと圧倒的な存在感で、なにやら神聖な感じすらしてきます。私は無宗教ですがしっかりとお賽銭をあげて、家族の健康と、はやくウナギが食べられますようにと祈るのでした。
f0119755_2021563.jpg

さて次は待ちに待ったウナギです。取って返してウナギやさんに到着すると、広くはない駐車場は車でいっぱいです。かろうじて空いていた1台分のスペースにTLを詰め込んで、入りきらないバイクは鯉のいけすの前に並べました。こんな状態ですので総勢14名の腹ペコたちが一度に入れるわけもなく、数名づつ何回かに分けての入店です。普通ならここで醜い順番争いが起きることでしょうが、それは紳士・淑女の集まりであるTL関東の面々です。平和的に解決しました。
そしていよいよ大盛りのうな重とご対面です。
f0119755_202911100.jpg

どうですこのボリューム!こちらではご飯の大盛りはサービスですので、これでも普通盛りと同じく¥1400也。そして一口食べてまたビックリ!うまい!旨い!美味い!ウマイ!本当に美味しいのです。お腹がへっていた事もありますが、ムチャクチャに美味しいのです。
生のウナギを蒸さずに焼いていますので、まわりはパリッと香ばしく、中身はふっくらと柔らかく、タレも甘すぎずほど良くかかっていてしつこくありません。大げさではなく私が今まで食べた中でも一番美味しいウナギでした。いや~コレだけでも千葉まで来た甲斐があります。

お腹もふくれた所で、本日最後の見所であるチューリップと風車の広場へ出発します。
食事処から程近く、すぐに到着しました。入り口近くにTLをずらりと並べて園内へ。
f0119755_20421026.jpg

なんと、昼食を摂ったばかりだというのに、屋台でつまみ食いをしている人が居ました。私です!(^^;
だって、美味しそうな大判焼きだったんです。でもやっぱり、お仲間は居ました。皆さん「花より団子(大判焼き)」?もちろん綺麗なチューリップ畑も堪能させて頂きました。
f0119755_205004.jpg

f0119755_20505985.jpg

終日寒かったのですが、結局雨には降られずに集合場所の道の駅に到着したのはもう薄暗くなりかけた頃でした。
メンバーがまた次回の再会を誓ってそれぞれの家路へとついた頃に、忘れていたかのように雨がポツリポツリとハイエースのウインドーを濡らしていました。

綺麗な桜、チューリップ、見事な老巨杉、美味しかったうな重、また来るよ~!
by s-fulllife | 2008-04-16 21:17 | TL関東 | Comments(8)
年度末や月末の忙しさと、オチビの公立保育園への入園など、
皆さんもいろいろと忙しい日々をお過ごしだと思いますが、
私も人並みに忙しい春の日を過ごしていました。

で、お久しぶりの投稿です。

かねてより再生の作業を進めていたTLの、数えて4台目、TL4号(そのままや!)がようやく完成しました。冒頭にも書いたとおりそれなりに忙しかったのですが、何故かTLいじりは着々と進んでいました。(^^;

思い起こせばこのTLは、妻君の遠い親戚の納屋で眠っていた物を、たまたま妻君が発見して、しかも欲しかったら持って行って良いと、嬉しいお言葉に甘えてしまった物でした。
納屋で眠っていたので、雨ざらしではなかったようですが、手元に来た時には全体にサビが浮いていて、かなり大掛かりな補修が必要な状態でした。
f0119755_22522544.jpg

細かいところを見ると、Fブレーキパネルのワイヤーストッパーが折れています。キックスターターの取り付け部も割れていて、もちろんFフォークオイルシールも抜けています。ただしインナーチューブのサビは、稼働部分にはほとんどなく、このまま使用可能です。バッテリーは干からびていて、エアクリーナーエレメントも風化しています。
このあたりの不具合は手持ちのパーツを使ったり、無いものは自作したりすれば何とか再生可能です。
f0119755_2303458.jpg

f0119755_2305294.jpg

f0119755_231257.jpg

はじめは増えすぎたバイクの整備スペースを確保するためにも、この4号はすぐに手放す予定でした。ですので、手持ちのパーツを組み込んで必要最低限に仕上るつもりでした。
でも、やっぱりダメですね。何しろTLが好きです。そしていじるのも好きです。さらにやりだすとコダワッテしまいます。(^^;
と云うわけで、結構時間はかかってしまいました。そして納得の出来です。
f0119755_2385342.jpg

f0119755_23131479.jpg

タンクはいわく付きのTLM50用。2液ウレタンクリア塗装ですので、耐油性は抜群です。キャップ付近のはがれも目立たないように修正済みです。シートはクリーニングしただけでそのまま使用しました。
f0119755_23152151.jpg

このタンクを使うとライト廻りもノーマルでは違和感があります。これも手持ちの丸目ライトを付けたのですが、ハイワッテージバルブを付けていたので、リフレクター部分が歪んで変形しています。ここは思い切って新品のマルチリフレクタータイプを購入。12V電装と相まって夜道も安心の明るいライトを装備しました。
メーターも小型の物に交換。メインスイッチはそのまま使用しました。リアフェンダーはメッキの光物仕様です。テールライトとウインカーはホンダ・トゥデー(スクーター)の物で視認性は抜群です。
そして一番困ったのがサイドカバーでした。タンクの後端の形状がそのままでは美しくありません。タンクとシートとフレームとを巧く繋ぐようにアルミ板で自作しました。
電装はお得意の12Vバッテリーレスでメンテナンス性を改善しています。
チェーンを新品にして、Fのスプロケットはノーマルよりも1丁アップの16丁にして、待ち乗り仕様にしてあります。キャブレターは分解掃除と少しの調整で調子よくなりました。
少し近所を乗ってみましたが、エンジン好調です。

そして、出来てしまったら乗ってみたいのが人情です。
明日の朝、試走してみて、問題がなければTL関東の印旛沼、お花見&グルメツーリング(?)に行ってこようと思います。
う~ん。段々手放すのが惜しくなってきたな~。(^^;
by s-fulllife | 2008-04-11 23:40 | TL再生 | Comments(4)

by ぷーたとうさん