ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

良く晴れた寒~い日曜日に、寄のミロク山荘で練習をしてきました。
昨年は妻君が「わいわいトライアル大会」に全戦エントリーするために、
私は練習も大会も控えめでした。
ここ、ミロクの大会もおそらく一年ぶりほどだと思います。
久しぶりの月例コンペにエントリーすべく、今日はしっかりと練習したいと思います。
午後2時頃には引き上げる予定でしたので、張り切って朝8時には現地入りしていました。
途中、山道の温度表示板があり、マイナス2度の表示に思わず震え上がりながらの一番乗りでした。
その寒さの中ですが、かねてより気になっていたものがあります。
TL仲間のおじ太郎さんが好きそうな「大樹」が現地の少し手前の神社にあります。
チョット寄り道して一枚。
おじ太郎さん、いかがですか?貫禄あるでしょう!
f0119755_9532458.jpg

いつもの所にトランポを停めて一人せっせと準備を始めます。
着替えを済ませて走行料を支払い、入念にストレッチをこなしながらGASGASの暖機をします。
バイクに跨って先ずはじめに左右のフルロックターンをしながら体を温めます。
この場所は大雨が降るたびに地形が細かく変わるので、
どんなものかと一通りあちこちを見てまわります。
そのうちにyoshida914さんが登場。
そしてN矢さん、あさいさん、tr-133さん、hopさんとその息子さん。
いつものメンバーが集まりました。
f0119755_954247.jpg

少し離れた場所で大会などでお世話になっているH川さんとそのお仲間も練習を始めたようです。
来週の月例コンペ、hopさんは初参加でレベルを知りたいとのこと。
ここは専門のH川さんにお願いしてNBクラスのセクションを作っていただきました。
そして練習もご一緒してもらうことに。ラッキーです。
さっそく、河原に下りて、今日の第一セクション。
180度ターンから丸い大岩を超えてゴツゴツの登りのキャンバーターン。
朝から厳しいセクションです。私はいきなり大岩から転落!
ここからリズムが狂いっぱなしになりました。
何しろロック(岩)が怖いのです。
怖いと体に力が入り、ツッパリ、固まり、身動き取れません。
皆さんが次々とクリーンを出す中、私一人だけカヤの外です。
久しぶりのミロクの大会に向けて、実は心中穏やかではありません。
まぁ、そのうちに調子も戻るだろうと、楽観的に考えていましたが、
その次も、またその次も、午前中は全く良い所なし!
N矢さんからも、「どうしちゃったの?」と。
何よりも自分が一番ビックリ!どうしちゃったのでしょう?
f0119755_9542543.jpg

<厳しいロックのターンを良くhopさん。さすが!その走りはTLMを超えてました>
f0119755_9545642.jpg

  <H川さんのアドバイスでフロントアップに開眼したyoshidaさん>
f0119755_9592079.jpg

  <tr-133さん、乗れてました。完敗です。>

昼食を摂っているとドンドン冷えてきます。山の夕暮れは早く、すぐに翳ってきます。日陰に入ると寒いこと寒いこと!食休みもほどほどに練習を再開します。
一番奥ザクザクのヒルクライムにトライ。ロックではないのですが、ここでも午前中の悪い流れが断ち切れません。何だか頭と体とバイクがみんな別々の方向を向いてしまっているような感じです。どうして?
最後に大会で良く使う川の斜面のキャンバーターンのセクション。やっぱりここでもバラバラ。
不完全燃焼のまま引き上げに時間となりました。
皆と練習できてもちろん楽しかったのですが、何か釈然としません。
もやもやしながら、リモコンでドアロックを解除して、運転席にキーの束を投げ入れます。後ろに回ってバックドアーを開こうとすると、「?」開きません。
このリモコンロックは、間違ってボタンに触ってしまってロックが解除されないように、解除後ドアを開けないと再度ロックがかかるようになっています。でも、ドアを開けないとキーは投げ入れられません。???しかし、ロックされた車内にキーがあるのは事実です。皆であれこれとやっているところにH川さんが登場。以前車屋さんだったようで、特殊工具であっという間にロック解除に成功しました。今回はH川さんにはお世話になりっぱなしでした。ホントにありがとうございました。

と云うわけで、”ロック”にやられっぱなしの練習会となりました。チャンチャン!
by s-fulllife | 2008-01-28 23:32 | Trial | Comments(11)
昨日、いつもの相模川でTL関東の有志が集まり練習会が開催されました。
当日の天気予報は晴れ。
ところが実際はほとんど陽が差さずに寒~い一日となりました。

妻君とオチビも参加予定だったのですが、
数日前より御風呂洗剤でかぶれてしまった妻君は、
バイクに乗ることをあきらめていました。(意外と繊細なんだそうです?)
加えてこの朝の冷え込みで今回はオヤスミとなりました。

と云うわけで、一人相模川に到着すると、
すでにtr-133さん、yoshida914さん、N矢さんがスタンバイしていました。
久しぶりのTL2号を降ろして歓談していると、
しばひこさん、おじ太郎さん、そしてテックのトライアル仲間のノリさんが到着しました。
みんせいさん、森さん、hopさんがまだでしたが、
あまりの寒さに練習をスターとさせます。
先ずはトランポからあまり離れずに一番近いポイントでセクションを設定してトライを始めます。
イーハトーブにありがちな木の根が縦横にはしるキャンバーのセクションです。
インから180度向きを変えながらの下りターン。木の根を登って降りてまた登る。
少々手ごわい設定です。
ノリさんと私のアドバイスや実際の走行で、各々攻略方法を考えながらトライします。
トライアルは、もちろんライディングも重要ですが、ラインを読んでそのラインにバイクを載せる事も非常に重要です。それにはいろいろなロケーションで、いろいろなセクションを走って養われます。簡単ではありませんね。
ひと汗かいてトランポまで戻ってみると、遅れていたメンバーが到着していました。
今回はhopさんの義理の息子さんもお出でになっていました。
英語なんてしばらく使っていません。今日は無口になりそうです。(^^;
そして皆揃って練習開始です。
f0119755_17585668.jpg

皆で走行しながら厳しすぎるところはもう少し甘めに、
所によってはさらに厳しく、セクションを手直しして思い思いのトライが続きます。
人が多くなったので、隣にもうひとつセクションを作ります。
f0119755_18355474.jpg

 <yoshidaさん、引き締まった口元がステキ。でも、そこから上に行くんですよ。>

こちらは林道、いえ、どちらかといえば獣道などに良くある細いルートをキャンバー走行して、
木をまわりながら急な下り。ザクザクのターンから一気に登ってセクションアウトです。
f0119755_1871129.jpg

もちろん最後は左ターン付で、真直ぐにはアウト出来ません。(^^)v
皆さん苦労しながらもクリーンもチラホラと出始めます。
程よい所ではじめのセクションを終了して次なるセクションを設定します。
今度は平地ながら木を縫うようにターンを連続するセクションです。
コレもまたイーハトーブにありがちです。
f0119755_1816345.jpg

  <真剣な表情のしばひこさん。なかなかサマになっていますよ。>

このセクションは、インしてから二つ目の緩やかなキャンバーターンと、
最後の270度ターンからの切り返しがミソです。
キャンバーターンのほうは何度かのトライで皆さんクリアしていましたが、
最後の切り返しは苦労されていました。
ほとんどアップダウンは無く、ただターンするだけのセクションですが、
コレがなかなか手ごわくてクリーンが出ません。
さすがのhopさんには少々物足りなかったかもしれませんが、
岩手を目指す面々にはいい練習になったようです。
f0119755_18264685.jpg

  <hopさんのこのフォームはいいお手本ですね。>

午後から用事がある方もいますので、一先ずトランポに戻ります。
それぞれお昼ご飯とバイク談議を楽しみ、午後の練習に備えます。
私もトランポに戻ってカップめんをすすっていました。
寒い日にはコレがご馳走です。
置いて行ってしまった携帯を見ると着信があります。妻君からでした。
電話をかけなおしてビックリ!
ベランダに出てしまったオチビをダッコしようとして、
腰を痛めてしまったそうです。それもかなり手ひどく。
本人曰く、軽いぎっくり腰!
午後からの予定を変更して昼食後に帰宅。午後からは家事に精を出しました。(^^)

PS:妻君の腰はかなり痛そうです。2~3日は安静が必要なようですが、本日針を打ってもらって少し楽になったようですのでご心配なく。私も含めて皆様も気をつけましょう!
by s-fulllife | 2008-01-15 18:43 | TL関東 | Comments(20)
年末年始の慌ただしさも一段落して、先日は今年の初乗りに多摩テックへ行ってきました。
その模様が前回の記事ですが、実はその前日にバイクの初いじりをしていました。今回はそのお話です。

本来であれば旧年中にやっておくべきだったガレージの片付けが、
処々の事情で年を越してしまいました。
そしてもうひとつ年越ししてしまったことがリアブレーキロッドの改造作業です。

そもそも我TL1号機はタンクとシートが無い状態で我が家にやってきました。何故ワザワザ欠品があるバイクを購入したかと云うと、先ず、フレームが加工されていてキャスター角が立っていること、ワイドステップが付いていること、そしてスイングアームが延長されていることがその主な理由でした。
延長されたスイングアームは、キャスター角の変更と合わせて良好なポジションを提供してくれます。そしてリアサスの性能もワンランクアップしてくれています。
ところがノーマルではロッドの長さが足りません。ブレーキアームとペダルの角度を調整して何とかギリギリついています。コレをよっちゃんから頂いたバイアのものと交換するつもりです。

はじめに、年末にTLRを完成させて以来そのままのガレージを片付けます。工具やパーツをそれぞれ分けて、所定の位置に戻します。埃とゴミだらけの床をほうきで掃いて終了!塗装作業用のマスクをしていましたが、鼻の中は真っ黒でした。
でも、工具が在るべき所に在るとこれからの作業も能率が上がると云うものです。

さっそく年末によっちゃんから頂いたバイアのロッドを合わせて見ます。
ところが今度は少し長すぎるようです。宮ヶ瀬ツーリングの際には丁度よかったと思ったのですが、しっかり合わせると長すぎます。ロッドだけではなくペダルへの取付金具までも交換すればいいのかもしれませんが、それにはスイングアームを外さなければなりませんし、ブレーキスイッチのスプリングを引っ掛ける穴もありません。
しばらく悩んでから、以前オークションで手に入れたTLM用のブレーキワイヤーを試してみることにしました。コレは長さもピッタリです。
ペダルとの取付金具に切れ目を入れてロッドを外して、そこにワイヤーのタイコ部分を押し込みます。
TLMはブレーキアームにリターンスプリングが着いています。コレと同じ仕様にするはずが、有るはずのリターンスプリングが見つかりません。仕方が無いのでもともとのスプリングを使いますが、そのままではブレーキペダルの角度が斜めになってしまいます。スプリングの引っ掛け穴をアルミ板で下側に新設。このアルミ板がワイヤーの脱落防止にも一役かってくれます。
コレで以前から気になっていたリアブレーキの問題が解決しました。
f0119755_16245461.jpg

 <今回は作業に没頭してしまって途中の画像がありません。申し訳ない!>

そして同じブレーキがらみでもうひとネタ。ブレーキアームにロッドを通して取り付けるさいに、皆さんは延々とネジ込んでおられますか?リアホイールを外してまた組み付けるさいに、その都度ブレーキ位置を調整していますか?私はどちらもやっていません。もうご存知の方もいるかもしれませんが、私のTLは画像のように加工していて、ワンタッチで取り外しも取り付けも出来ます。構造は簡単で、ブレーキアームのジョイント部分を削ってロッドを引っ掛けられるようにします。蝶ネジの反対側は大きめのワッシャを曲げてジョイントのアールに合わせます。コレだけでワンタッチ金具の出来上がりです。
この方法はエンデューロレーサーのXRなどで使われていました。もちろんホンダ純正ですので、もしかしたらまだ部品があるかもしれません。ですがチョット器用な人でしたら簡単に出来てしまいます。
ちなみに私はエンデューロ時代からずっと使っていてノントラブルですが、ブレーキに関する改造になりますので、くれぐれも慎重に、自己責任でお願いしますね。
f0119755_1640387.jpg

 <前側の曲げたワッシャを引っ張れば簡単に外れます。便利でしょう!?>

もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、本日より当ブログをグレードアップいたしました。大きな画像が無制限で載せられます。今後は大きな画像をたくさん入れますので、ご希望の方はお気軽に使って頂いて結構です。ただし、営利目的には使用禁止です。(多分無いとは思いますが(^^)
by s-fulllife | 2008-01-11 16:52 | TL再生 | Comments(5)
気がつけばもう年が明けてから6日になりますが、
ようやく初乗りすることが出来ました。
実は前日の午後に、初プチいじりは出来たのですが、
いじり半分、3号の作業が終わったままだったので、ガレージの片付け半分でした。
内容は画像が無いために、また後ほど。

さて、久しぶりのテックに行ってきました。
年末のオチビと妻君のインフルエンザ騒ぎと、
仕事の忙しさもあってバイクもブログもなかなか手がつけられませんでした。
オチビが未だに鼻タレ状態ですので、
いつもよりも遅めに、暖かくなった頃を見計らって我が家を出発。
時間が遅めなだけに道路の混雑も覚悟していましたが、
思ったよりもあっさりと到着しました。
テックには約1ヵ月半ぶりだったので、
途中、工事中の建物もかなり出来あがってきて、
心なしか風景も変わったように感じました。
たかが1ヵ月半ですが「浦島太郎」気分です。
練習が始まってもそれは変わらず、
久しぶりのトライで何だか体と気持ちがちぐはぐです。
う~ん、乗れてない!
こんな時は基本練習に限ります。
危ないことをやったら怪我しそうですものね。
f0119755_0373839.jpg

  <いつもの面々が集まって・・・もう6日連続の猛者も!>

妻君のライバルのれみぞーさん、tr-133さん、久しぶりのSっちさん、そして岩P師匠とターン中心のセクションを始めます。
斜面でのタイトなターンと、落ち葉に隠れたツルツルの土と、逆にぱさぱさに乾いた土と、むき出しの木の根に苦労しながら、何とかクリーンを出します。
するとこれまたいつものように、誰からともなくチョットひねりを加えた難しいラインに挑戦し始めます。それが出来ると、もう少し難しく、それが出来るとまた・・・・。
そして最終的には、クネクネの超難解ラインになって、クリーンも出なくなります。
結局、最終的なクリーンは出ませんでした。まぁ、こんなものでしょう。
f0119755_0494485.jpg

   <クネクネセクションを攻めるtr-133さん、斜面のターンでフルロック!>

先ほども書きましたが、久しぶりに会ったSっちさん。
トライアルの腕もまだ錆び付いてはいません。
そういえばこの方、スペシャルイーハトーブも持っていることを思い出しました。
TLR200も所有していますので、すかさずTL関東にお誘いしておきました。

さてさて、鼻タレオチビは人の心配をよそに、縦横無尽に暴れまくりでした。
あまりの不調ぶりに打ちひしがれている父のバイクにまたがり、
「もうチョットお姉ちゃんになったら、黄色いバイクに乗る!」そうです。
自分のバイクをいじるのも、自分で乗るのも今のうちでしょうか?
f0119755_0595543.jpg


それから、申し遅れましたが、あけましておめでとうございます。
昨年お世話になった方々、そして今年もまたお世話をおかけしてしまうかもしれませんが、皆様のおかげでこのブログも続けていけると思います。
今年もネットで、ツーリングで、ミーティングで、皆様とお会いすること、お話しすること、楽しみにしています。よろしくお願いいたします。

そしてさっそくなんですが、来週の14日の月曜日(祝)に相模川で練習会をしようと思います。
お時間のある方は、是非ご参加ください。
by s-fulllife | 2008-01-07 01:14 | Trial | Comments(14)

by ぷーたとうさん