ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

<   2007年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

昨日TL関東の面々とヤビツ峠までツーリングに出かけてきました。

私は妻子同伴だったので、集合場所の宮ヶ瀬湖まではトランポで、
それからバイクを下ろして2時間弱のツーリングとなりました。
その間、妻子は湖岸の公園でひとしきり遊んでいてもらいます。
今日は親父の都合に合わせてもらって感謝感謝です。

当日の天気予報は曇りのち雷雨と言う微妙なものでしたが、
皆さんが集合し始めると晴れ間ものぞき、夏の日差しに暑ささえ感じる天候でした。

体調不良より回復なされたみんせいさんとも久しぶりの再会です。
おじ太郎さんやテトラさんとはあい変らずに楽しいTLネタで盛り上がりました。
お初にお目にかかるジョラスさんも気さくな方でお話に参加させていただきました。
TYあらいさんとTLあさいさんとは次回トライアル大会でお会いできるよう、
また練習もご一緒しましょうとお話できました。
昼食前に帰られてしまった方、お名前がわかりません。ゴメンナサイ。
次回はもっとお話したいと思います。

昼食は湖畔近くのログハウスレストラン。
地下から汲み上げている美味しいお水とその水で作った美味しい料理を堪能して、
さあ、峠を目指して各々自慢のTLのエンジンに火を入れます。

さて今日のために仕上げてきたTLスクランブラー仕様ですが、
タンクはイワクつきのTLM50用です。
「銀」のお笑いに始まって最近は「呪い」なんて物騒な噂まで。
でも、完成しました。
それも組みあがったのは前日の夕方です。(^^)
こちらの製作記はまた後ほどアップいたしますのでお楽しみに。
f0119755_13271848.jpg

宮ヶ瀬湖からヤビツ峠への道は細くくねくねと曲っていて、
全舗装ではありますが場所によっては車同士がすれ違えないような所があります。
うっそうとした杉林の中を通ったり、渓谷沿いの開けた道だったりと変化に富んでいて、
久々のツーリングにはもってこいのロケーションでした。
高度をかせぐうちに下界の暑さが嘘のようにさわやかな風が吹きだして、一行の汗を抑えてくれます。トンネルの中などは長袖でも涼しすぎるくらいでした。
峠を少し越えて秦野側に下りると駐車スペース付きの展望台があり、
そこでしばし歓談の後、横浜へお帰りになるジョラスさんとお別れして来た道を逆戻り。
午後3時前には宮ヶ瀬湖に帰り着きました。
妻子を待たせてある私はここで皆さんとお別れして、今日の楽しいツーリングはここまで。
f0119755_13421077.jpg

   <あいにくの曇り空で眺望は今ひとつでした。>


気の合う仲間と綺麗な空気の中、気持ちの良いツーリングをさせていただきました。
もうすでに、次のツーリングが待ち遠しいです。
by s-fulllife | 2007-07-30 13:46 | TL関東 | Comments(12)
先日ついに初体験したアーク溶接。
なかなか思った通りに行かないものです。

見切り発車のような感じでマフラーは切断してしまいました。
背水の陣です。

とにかく回数をこなすことを心がけて、
練習のつもりでやってみました。
例によってアークはなかなか出てこないし、
ブレーカーは良く落ちるし・・・・・。
でも前回よりは進歩したような気がします。
しかし出来上がりはこんなものです。
決して大仏像の頭ではありません。
出来がどうのこうのと言うよりも、最低限くっ付いているだけ。

f0119755_02885.jpg


1京都さんご指摘の音量ですが、もちろん静かではありません。
でも、実はもっとうるさいのかと思っていましたが少々拍子抜けでした。
まだ完成していないので試乗しての確認ではありませんが、
少なくともアイドリングや低回転では近所のスクーター小僧よりもかなりおとなし目です。
先端をカットして無事に収まりました。
まじまじと見るとサイレンサーが無いと物凄くスッキリしていますね。
今後のことは試乗してから決めるつもりです。
f0119755_0101888.jpg

by s-fulllife | 2007-07-28 00:13 | TL再生 | Comments(4)
感動の初体験です。
って、何か変な想像していませんか?
数ヶ月前に近くのホームセンターでオープン協賛セールをしていました。
今まで色々と悩んでいたのですが、このとき「安い!」と勢いで買ってしまった溶接機。
ダンボールからも出さずにガレージに眠っていました。
今回、新JD-06を組み立て始めたところ、ノーマルではないので色々と修正したり手直ししたり(同じか)と・・・・・今出動させないで何時?と言うことで初出動となりました。

先ずは箱を開けてみてビックリ!コンセントが付いていません。
諸先輩方には当たり前のことでも何しろ右も左も上も下も判らない私ですので・・・・・。
説明書によるとコンセントは熱を持って危険なので使わないでくださいとの事です。
1500w対応の延長コードに線をつないでやっぱりコンセントから電源を取りました。
マズかったでしょうか?結果的には特に熱も持たずに作業終了しました。
途中ブレーカーが何度も落ちたのでそれが返って良かったのかも?です。

初の溶接を終えて率直な感想は、「とにかく面白い!でもすっごく難しい。」といった所でしょうか。
始めはなかなかアークが出ずに溶接棒がくっついてしまって、ショートしてブレーカーが落ちる。この連続でした。それでも初めてアークが出た時は感動ものでした。
今回は初めてなので練習も兼ねて簡単なボルトの点着け(?)と言うのでしょうか?
f0119755_0514070.jpg

さてさて、新JD-06は譲り受けた時からマフラーが空っぽです。
前オーナー様が「ヌケ」を良くするために加工したのですが、どうせ空ならあんな重い物いらないのでは?そしてコレが溶接機を出動させたた最大の理由です。
予定ではエアクリーナーボックス下の膨張室の後にメッキの物と交換したエキパイを溶接しようと思います。もう後戻りは出来ません。(^^;)
f0119755_0593152.jpg

ゆくゆくはもっと色々な物をくっ付けて行きたいと思います。
その前に人様に見せられるレベルまで腕を上げねば!ですね。
by s-fulllife | 2007-07-24 01:01 | TL再生 | Comments(10)
前回のネタ、割れてしまったトップブリッジですが、
毎日ヤフオクを眺めてもなかなか出てきません。
13年前のマイナーな外車の特定の部品がそうそう簡単に見つかるとは思っていませんが、
コレが無いことにはどうにも作業が進みません。

どうしたものかと悩んでいる時に、何気に見ていた古い「ストレートオン」。
「自然山通信」と並ぶトライアルの専門誌です。
1998年と表紙にあります。
記事の内容は99モデルのインプレッションとスペック。
よくよく見てみれば全機種パイオリのフロントフォークが着いています。
これはダメもとで他の機種にも捜索範囲を広げてみるのもアリでしょうか?

いくつか出てきましたが、やはり見るからに形状が違う物ばかりです。
ただ一つだけ99モデルのホンダRTLの物が「もしかしたら」です。
と、言うのも画像では決定的な違いも確証も持てません。
どうせダメもと、えいやっと落札してしまいました。

それが届いたのが昨日の夕方です。
結果は・・・・・なんとピッタンコです。
アンダーブラケットはまったくの別物でしたので、奇跡的なピッタンコでした。
f0119755_1736121.jpg

(上がRTLのトップブリッジ。違うのは色くらい。かえって細かい造りはGOODです)


いよいよ組み立てに入ります。
フロントのホイールはまだバラバラですし、やらなくてはいけないことが山積みですが、
見通しが立つと俄然やる気になってくるのは不思議ですね。
またまた睡眠不足の日々が続きそうです。(^^;)
f0119755_1741939.jpg

by s-fulllife | 2007-07-20 17:48 | TL再生 | Comments(10)
最近はやっと関東でも梅雨らしい空模様になって、
そうすると必然的にバイクに乗れない日が続き、
これまた必然的にバイクいじりの時間が増えてきます。(アレッ、他にやること無いのでしょうか?)

実は先日新JD-06のトップブリッジにクラックを発見しました。
ボルト止めの穴が割れていて奥のほうも陥没状態になっています。
力がかかる所なので専門のショップにリペアをお願いすることにしました。
その返事が昨日来たのですが、「無理」と言うことでした。
割れている所はともかく、陥没箇所が奥まっているのでリペアと言うよりも、
その部分だけ造り直さ無くてはいけないようです。
その費用が新品よりも高くつくようで(ちなみに新品価格は23000円ほどです。)
直すよりも中古を探したほうが良いそうです。(新品はもうありません。)

f0119755_15202350.jpg


先の記事にも書きましたが、このJD-06足回りはGASGASの物が付いています。
新品もありませんが、中古もありません。
トライアルと言う特殊なジャンルの古いパーツなのでいたし方がありませんが。

ただ今ヤフオクで流用できそうな物も含めて物色中ですがコレがなかなか・・・・・。
何とか良い解決策は無い物でしょうか?

フレームやスイングアーム、リヤサスなんかはもう仕上がっていますので、
早く形にしたくてうずうずしています。
f0119755_15222327.jpg

f0119755_15223970.jpg

by s-fulllife | 2007-07-14 15:23 | TL再生 | Comments(13)
梅雨とは言っても関東地方はなかなかまとまった雨が降りません。
農業の方やこの夏の水資源のことを考えると、喜んでばかりもいられないのですが、
休みの少ないサンデーライダーにとっては密かな幸せを感じてしまいます。(^^)
で、いつものようにテックに出かけてきました。

先日tr-133はじめトライアル仲間と餃子パーティーで楽しんだ折、
誰からともなく「来週はジャックナイフ&リア振りの練習だね」と言うことになっていました。
生徒は妻君とそのライバルのれみぞーさん、そしてtr-133さん。
講師はノリさんと岩P師匠。
ところが始めてみるといつものようにセクションを作って思い思いに楽しむ面々。

f0119755_18225646.jpg


いつになったらジャックナイフの練習が始まるの?
まぁ面白ければ何でもいいか!
そして、まず初めは斜面のターンを組み合わせたセクション。
ここのポイントは小さいターンからの丸太越え。
岩を回り込む大きなターンの時は問題なくても、
岩の手前をターンするとハンドルが真直ぐになる前にフロントアップしなくてはなりません。
俗に言う「振り上がり」のテクニックが必要です。
そして丸太の上ではアクセルOFF。
アクセルを開けすぎると、滑りやすい丸太の上では後輪が滑ってしまって、
上りきらずに落ちてしまいます。
妻君はコレにやられてました。

f0119755_18321675.jpg


その後も斜面のターンが続き、最後に逆キャンバーのターンが待っています。
このターンがこれまたいやらしい。
セクションコーディネーターの性格でしょうか(笑)
ところが何故か妻君はあっさりとクリア。ターンは絶妙です。

f0119755_18373495.jpg


ある程度こなれてきた所で、通称「三角岩」を超える男ラインが出来ました。
ターンはダメでもこういうのはワリアイ得意です。(あくまでも”割合”です)
入り口のみ男ラインで、後は同じ。

f0119755_18433333.jpg


その後も同じところでラインを変えてみんなでワイワイ・・・・。

ところでジャックナイフはいつやるの?

私が本腰を入れて子守をしていると最後の最後に始まったようです。
本日のメインイベントのはずだったのですが、ほんの数十分で終了。
そして子守中のため画像もありません。お粗末さまでした。(^^;)

ちなみに妻君は10㎝ほど、tr-133さんは50㎝ほど浮いたそうです。
by s-fulllife | 2007-07-09 18:51 | Trial | Comments(9)
前回の更新で折れてしまったスポークに打ちのめされましたが、
本日ショップで在庫のスポークを確認してもらうと、見事に同じ物でした。
あ~助かった。
ショップの在庫は24本でしたので、どうせなら全部新品にしようと、残り12本をオーダーしてきました。ひとまず最悪の事態は回避できました。
そんなこんなで安心したからと言うわけではありませんが、
以前から気になっていたことをチョコットやっつけてしまいました。

ただいまツートラ仕様になっているJD-06ですが、
メタルワークスさんのメッキエキパイを付けています。
ピカピカで綺麗なんですが、ヒートプロテクターを取り付ける雌ネジがありません。
以前に関西本家のBBSに「ノーマルのプロテクターは短くて合羽のすそが解けてしまう」
と言う投稿がありましたが、私も同感でモトパンを溶かしてしまったこともあります。
そこで、リヤサスのダンパーユニットをオーダーする時に、XL200用のヒートガードを一緒に頼んでおきました。ノーマルよりも少し長めでエキパイの曲がりにもピッタリ合います。
コレを一工夫して取り付けるわけですが、
3mm厚のアルミアングルにタップでネジを切ります。
それをホースバンドでエキパイに取り付けて、適当なスペーサーを入れてネジ止めすれば出来上がりです。
もちろんヒートプロテクターはメッキのエキパイに合わせてシルバーメタリックに塗っておきます。決して「銀」ではありません。(^^;)

なかなかいい感じです。同じ悩みをお持ちの方お試しあれ。
f0119755_23511969.jpg
f0119755_23513173.jpg

by s-fulllife | 2007-07-02 23:53 | TL再生 | Comments(7)

by ぷーたとうさん