ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

新JD-06は前後GASGASの足回りが入った凄いやつです。

フロントのニップルがサビサビなので、ニップルのみ交換、
スポークは磨くことにして作業はじめ!

ところがやっぱり思った通りには行きません。
スポークのサビが大したことないレベルだったので安心していたら、
古いバイクを侮ってはいけませんね、見事にスポークが折れてしまいました。
さっそくお世話になっているショップに連絡。
ところが、パーツがあるかどうか解らないそうです。
と言うのもGASGASの足回りが入っていますが、年式は’94です。
今から13年前の外車のパーツ。
TLのパーツが今でも手に入るのから比べると「?」ですが、
「外車」と言うことでなかなか難しいようです。
とにかく流用できる物があるかどうか、
現物合わせでショップの在庫分と照らし合わせて見ます。
f0119755_17351587.jpg


そしてこちらはリヤサスのダンパーユニット。
さすが天下のホンダさん。税抜き¥8400也。
アッシーで買うよりもリーズナブルですね。
f0119755_1740120.jpg

by s-fulllife | 2007-06-30 17:41 | TL再生 | Comments(3)
2台目のJD-06のほうも少しずつ進めていこうと思います。

と言うのもTLMのタンクのほうは、とにかく乾燥・硬化させないことにはどうにもなりそうもありません。

気分を変える意味でも別の作業を間に挟むのは一つの手です。

で、先ずはひたすらバラします。すでにエンジンは降ろしてありますので、
フロント周り、リア周り、スイングアームなどをフレームから外し、
全バラ完了です。
エンジンもフレームもサビや傷であまり美しくはありません。
始めに降ろしてあったエンジンをひたすら磨きます。
ある程度磨いたら、パーツクリーナーで脱脂。
かなりのこびり付きがあって、ほとんど一本を使い切ってしまいました。
シルバーの部品を取り外してサビ止めしてから塗装。
簡単にマスキングをして耐熱ブラックでエンジンも塗装。
組みつけてエンジンは出来上がり。
なかなかの仕上がりです。
次にクランクケースカバーの「HONDA」の文字にシルバーを入れます。
はみ出した部分をふき取ると「?」耐熱ブラックが簡単にはげてしまいます。
少々密着が弱いようですね。
エンジン本体はともかく、カバーはラッカー系のつや消しブラックで良いようです。

f0119755_23134283.jpg


そして、フレームの塗装をはいでいきます。
100円ショップで購入したスクレイパーでこそぎ落としていきます。
ある程度落としたら、今度はグラインダーにワイヤーブラシをつけて一気に。
ドンドン下地が出てきます。
グラインダーが届かない細かいところはワイヤーブラシでシコシコ・・・・と。
まだまだ綺麗には落とせませんが、地道に作業を進めて行きます。

f0119755_23201399.jpg


作業が一段落して手を洗っていると、なんだか物凄い剛毛が一本。
何かと思えばグラインダーのワイヤーが一本、腕に刺さっていました。
グラインダー作業の際には保護めがねを忘れずに!
もちろん私は着けていましたよ。暑さのため長袖はパスでしたが。
by s-fulllife | 2007-06-19 23:28 | TL再生 | Comments(11)
「お笑い」のほうも一休みして、
ようやくTLM50のタンクも仕上げを残すのみとなりました。

よもや、何かトラブルことも無いだろうと少し早めでしたが、
先日完成間近のタンクを公開いたしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・甘かった!

このタンク、tr-133さんのタンクのデザインを借用しましたので、
デカールは旧タイプのウイングマークです。
今でもホンダ純正でリメイク品が手に入ります。
転写式になっていて普通のステッカーとは違い段差も少なく、
クリアを噴いた時に仕上がりがきれいな優れものです。
ただし貼りなおしは一切不可です。
解ってはいたのですが、やってしまいました。
左右の位置を合わせるためにウイングマークの先端をあわせてから貼りはじめたのですが、
下側の「HONDA」の文字がタンク面についてしまいました。
ほとんど貼り終わったデカールには見事に皺が!
そしてこのデカール、強力でガムテープでも剥がせません。
仕方なくスクレイパーで剥ぎ取りました。
慎重に作業いたしましたが、やっぱり傷が・・・・・・(><)

同じ物をもう一組購入していましたので、塗装面の傷を修正して新しく慎重にデカールを貼り、
何とか形になりました。
幸い傷は浅く、修正もうまく行き、大きな傷はデカールで隠れました。
気を取り直してクリアを噴きます。
この時のための2液式ウレタンクリアです。
さすがに艶が違います。やっと長い長いタンクとの戦いも終わりの時が近づいてきたようです。
思い起こせば先ずはタンクが載るかどうかに始まって、
一度は白旗を掲げたもののあきらめきれずに再チャレンジ!
パテ埋めもトラブル続きで何度も「お笑い」のネタになり、
塗装では「銀」の洗礼も受けてやっと完成しました!
感動にも似た喜びがあります。
このタンクを載せたJD-06を早く完成させたいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・と思ったら・・・・・・・・甘かった!

もう一度最後のクリアを噴いて乾燥させたら完成と云うときに、
やってしまいました。塗りたてのタンクが塗装台からゴロン!
デカールを修正した右側とは反対側のニーグリップ部に深い傷が!
この傷、クリアを通り越してシルバーまでえぐっています。
始めに塗ったトリコロールのノーマルタンクとFRPのタンク、
どちらもこんなミスは無かったのにどうしてこのタンクでは立て続けに・・・・・
なんと申し上げてよいやら(^^;)
f0119755_1794567.jpg
f0119755_1795680.jpg

by s-fulllife | 2007-06-14 17:11 | TL再生 | Comments(18)
例年ならとうに梅雨入りしているであろう関東地方。
梅雨入りはしていないが、前日の夜から雷を伴った強い雨。
時折止むもののいつ土砂降りになってもおかしくない空模様だ。

こんなある意味最悪な空の下、箱根までツーリングに行っている好き者がいる。

増水するかもしれない相模川の河原で、ツートラに備えて練習する好き者がいる。

前日からの雨でツルツルになった多摩の山中で午後から仕事にもかかわらず、
バイクと格闘している好き者がいる。

ちなみに私は三番目の好き者です。

結局、練習を始めてすぐに雨が降り出して、
私と妻君と2人で1時間程度しか練習できませんでした。
久しぶりに雨のテックで乗りましたが、
いつも何気なく出来ることがまったく出来なくなり、
ツルツルに磨かれた斜面は、一度滑り出すともう再スタート不可能でした。

でも、たまには大人の泥んこ遊びも良いものです。(^^)

タイヤの泥は飛ばしてきましたが・・・・泥遊びの後始末は大変です。
f0119755_1914735.jpg

by s-fulllife | 2007-06-11 19:04 | Trial | Comments(6)
「お笑い道場」からの脱出なるか?
やっと、どうにか、ようやく、なんとか、出口が見えてきました。

TLM50のタンクをtimoさんより譲り受けてはや数ヶ月、
言葉に出来ないような苦労(お笑い)を積み重ねてきたパテ埋め・塗装作業。
クリアはまだ噴いていませんので完成ではありませんが、
あとはデカールと取っておきのウレタンクリアで仕上げるばかりです。

さてさて、このままスムーズに行くのかそれとも・・・・・?

ちなみにカラーはtr-133さんのものを借用させていただきました。
事後承諾で失礼いたします!
f0119755_1720167.jpg
f0119755_17202733.jpg

by s-fulllife | 2007-06-06 17:21 | TL再生 | Comments(12)
昨日の日曜日、我が家に2台目のJD-06がやって来ました。

トライアル関係のネットで個人売買欄に載っていた物です。

3日3晩悩んで、とにかく現物を見ることに。
試乗した結果は、「思ったよりも良く走る」でした。
外見はお世辞にも綺麗ではありませんが、(前オーナー様失礼!)
走りに関してのポイントは見事に押えてあります。
前オーナー様のHPに製作日記がアップされていますので、
かなりイジッテありますが構造と目的はよく理解できます。
はじめはイーハやバイアも考えたのですが、
やっぱりトライアルの走破性の方に目が行ってしまいました。(^^;)

さてさて、またTLにドップリの毎日がやってきそうな予感がします。
でもコレでとりあえず現TLはストリートスクランブラー仕様に戻ることになります。
エッ!それにはTLM50のタンクを仕上げないと!
もうそろそろ”呪い”も解けたことと思いますが、いかがなりますことやら!
f0119755_17375494.jpg

by s-fulllife | 2007-06-04 17:41 | TL再生 | Comments(11)

by ぷーたとうさん