ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

カテゴリ:林道ツーリング( 58 )

暖かいを通り越して暑いくらいの晴天に恵まれた昭和の日。
昭和世代のオヤジ3人で、緑の空気を吸いに名栗方面に出かけてきました。
メンバーはいつものバブさんとあーさんと私です。

バブさんも私も、当日の朝、野暮用がありまして、
集合時間は遅めです。
少し早めにマックに着くと、あーさんが待っていました。
聞けば、朝一で奥多摩方面を目指して出発して、
渋滞で奥多摩にたどり着く前にタイムリミットになってしまって、
集合場所まで戻ってきたそうです。
いやはや、そのバイタリティーは何処から来るのでしょうか?
何時も何気に元気です。

バブさんも揃って、名栗方面を目指します。

名栗方面の前にチョット寄り道をします。
いつかスコさんに連れて行ってもらったトレッキング道を走っていると、
行き先がわからない道がありました。
f0119755_10272836.jpg

f0119755_10274261.jpg




何処へ続いているのかと走っていくと、開けたところに出ました。
f0119755_1028325.jpg




標識や看板に注意して走っていたのですが、
どうやらハイキングコースに迷い込んでしまったようです。
ハイキングコースをこれ以上走る訳にはいきませんので、
出口の木製の小さな橋をバイクを押して通りました。
次からはここには入りません。失礼しました。
f0119755_103251.jpg




その後、いつも通り抜ける珍しいOFFロードの都道があるのですが、
ここでもスコさんが、枝道を発見したそうです。
早速走ってみると、くもの巣は多いのですが、
ハイキング道でもなく、自転車も入り込んでこない天国のような尾根道でした。
バブさん、先頭でくもの巣払い、ご苦労様でした。
f0119755_10243693.jpg




さていよいよメインの林道に入ります。
前回来た時は、大規模な崩落があって通行できませんでした。
もう修復されているそうです。
ところが走っていくと、別の場所が崩落していて、重機を使って修復工事が行われています。
残念ながら今回も通り抜け出来ませんでした。
f0119755_1039365.jpg

f0119755_10402181.jpg

f0119755_1040358.jpg





気を取り直して、名栗湖に向かいます。
ここから一気に標高を稼いで、秩父との境、有馬峠を目指します。
f0119755_1041981.jpg




残念ながらこの林道は全線舗装ですが、峠からは眼下に名栗湖が一望できました。
f0119755_1041337.jpg




峠を折り返して、下っていくとOFF車のグループが枝道から上がってきました。
フムフム、ここは次回じっくり走りましょう。
その先で別の枝道から林道が続いています。
ここでも小規模な崩落がありましたが、
通行できないほどではありません。
f0119755_10455971.jpg

f0119755_10461066.jpg




道志と違って、眺望は抜群です。
下界は暑いくらいですが、お山は丁度良い。
f0119755_10471311.jpg




さてお次は・・・・・・ゴールデンウイーク真っ只中ですので、
近場で遊びましょう!と言うことになりました。
いつぞやの倒木ツーリングになりそうです。
by s-fulllife | 2015-04-30 10:52 | 林道ツーリング | Comments(6)
久しぶりに晴れ渡った林道ツーリング・・・・のはずだったのですが。
いったい誰が雨男だったのでしょうか?
前日の昼までは晴れ予報だったのですが、
夜になって、所によって雨の予報。
ツーリングのスタートは曇り空でした。
f0119755_1645173.jpg




いつものあーさんとバブさん、同級生のコウブンと津久井湖畔の駐車場で待ち合わせて、
春の道志方面に向かいます。
当初は山中湖の大平山に登って、富士山の絶景を眺めるつもりでしたが、
朝からのどんよりした空模様を見て断念。
道志の林道とその枝道を探索してきました。
f0119755_16565394.jpg

  <道志の湯の駐車場では桜が満開でした。>



道志の林道は、よく締まった走りやすい林道から、荒れ果てた元林業の作業道など、
バラエティーに富んでいます。
あまり眺望は望めませんが、自宅からも近く貴重な林道です。
f0119755_1705682.jpg

f0119755_171867.jpg

f0119755_1733485.jpg

  <道端に朽ち果てた四輪車、崩れかけた東屋などもあります。>



走っていると予報どおり雨が落ちてきました。
そんな時に限ってバブさん号にトラブル発生。
ドライブスプロケットを留めたボルトが緩んでしまったようです。
木の陰で雨宿りしながらボルトの増し締めをして、お山を下ります。

本日のランチは道の駅の裏の食事処、「与里道」
ここのトンカツはボリュームたっぷりです。(喜)
f0119755_1791196.jpg





そしてここでもサクラと桃が満開です。
f0119755_17231586.jpg





ここからは帰り道ですが、国道は走らずに、しばらく裏道を走って探索しながら帰ります。
f0119755_17104343.jpg

f0119755_17105863.jpg

f0119755_1711970.jpg

  <オットこの道は行き止まりでした。>


f0119755_1712217.jpg




裏道探索も終わって、国道を走りながらトンネルを抜けると、
JD03のメーターが丁度10000kmを指していました。
f0119755_17235525.jpg





我が家にやってきたときは8900kmほどでしたので、
エンジンをOHしてから1100kmほど走った事になります。
ますます絶好調なJD03で次回は何処に行きましょうかね~
by s-fulllife | 2015-04-20 17:25 | 林道ツーリング | Comments(10)
やっと空いた日曜日に、お山の仲間のスコさんからお誘いがありました。
スコさんの知り合いの方々が、お山を案内してくださるそうです。
そのついでに、トライアルの基礎をレクチャーして欲しいそうです。
もちろん私程度でいいのでしたら喜んで、とお受けしました。

当日は雨予報。日ごろの行いの悪さを悔やみつつ、トランポで出かけました。
本日の相棒はTL1号JD06改です。

お山の広場にトランポを止めて、軽く自己紹介した後走り出します。
f0119755_10216100.jpg




すると、もういきなり凄いところへ入っていきます。
かなりの急斜面を下って、ここをまた登るヒルクライムです。
f0119755_1022514.jpg





なんだか、とんでもない人たちについてきてしまったのかな?
f0119755_10241283.jpg




小休止の後、またまた走り始めます。
正直、どこをどう走ったのかまったく解りません。
たまに見覚えのある所に出るのですが、
いつもとまったく違う方向と角度から出てきます。
縦横無尽に走りまわって、もうヒルクライムも何本走ったか分からなくなりました。
先日失敗したヒルクライムも、本日の練習の成果でしょうか、
難なくクリーンでした。
f0119755_10361538.jpg

  <この間失敗したヒルクライムを上から見たところです。>



少し広い場所に出て、持参したパンをかじってから、
トライアルのレクチャーを始めます。
って、皆さんかなり乗れる方たちなので、何を教えるの?
と言う感じでしたが、2度吹かしが知りたいそうです。
私とパイン山さんでやり方やメリットをお教えして、しばし練習しました。
それ以外にも、トライアルの小技をお教えして、次の場所に移動します。
沢に木の根が張り出した、2度吹かしの練習には絶好の場所です。
f0119755_10355175.jpg

f0119755_1036048.jpg





しばらく遊んでいると、もう3時を過ぎています。
そして、広場への帰り道にも本日最後のヒルクライムが待っていました。
コレはかなり手強い。
皆さんはスルスルと登っていってしまいました。
覚悟を決めて2速全開!
頂上まであと5mのところでリアが滑って止まってしまいました。残念!
斜面をトラバースして何とか上まではたどり着けましたが、
またまたリベンジの対象ができてしまいました。

本日のツーリング(?)にご参加の皆さん、
楽しいお山をご案内いただきまして、ありがとうございました。
いつものトレッキングとは一味違った、極楽浄土を味合わせていただきました。
おかげさまで、本日は筋肉痛に見舞われています。(^^;
次回もまた是非お声掛けください。
足手まといにならないように頑張りまっす!
by s-fulllife | 2015-03-30 10:54 | 林道ツーリング | Comments(15)
天候不順や仕事で延び延びになっていた、お山トレッキングに行ってきました。
いつものバブさんとあーさんに合流して、
いつか行ったアイスバーンだった道に入ります。
そこから川を渡るとすぐにお山には入れます。
f0119755_9443387.jpg




久しぶりのお山は気持ちが良い!!!
斜面で少し遊んでから、トレッキングを始めます。
f0119755_9455054.jpg

f0119755_9471329.jpg

f0119755_9472812.jpg




しばらく走ると汗ばむほどの気温です。
送電線の鉄塔の下でウエアを調整して、トレッキングを再開します。
f0119755_9504773.jpg




お山を一回りして別の出口から下山して、再度アイスバーンだった道へ出ます。
ここで少し寄り道です。
道を一本入ったところに結構な角度と長さのヒルクライムが現れました。
普通自走のツーリング先では無理をしないことにしていますが、
久しぶりだったので、ついついチャレンジして・・・・・・見事に玉砕しました。(^^;
f0119755_9555610.jpg

f0119755_956952.jpg




2速全開で入ったのですが、頂上の少し手前で失速してしまって、
ローギアに落としたところ、フロントが浮き上がってきてしまいました。
う~ん、まだまだ修行が足りません。
次の機会にぜひともリベンジしたいところです。

折れてしまったブレーキレバーを応急修理して、
トレッキングを再開します。

何度か訪れた場所だったのですが、
探してみるとまだまだ走ったことが無い場所があります。
小さな沢を渡ったり、尾根道を進んで行くと、
道は急に落ち込んでいて、下りたら上ってこられそうも無い場所もありました。
f0119755_1023861.jpg

f0119755_102537.jpg




久しぶりのトレッキングで、トライアルバイクの原点を見たような気がします。
「この道はどこへ繋がっているのか?あの山の向こう側はどうなっているんだろう?」
50代、60代のオヤジが、少年のような目で野山を走り回っていました。

昼食はかなり遅めに、セットメニューもあるうどん屋さんへ。
価格もリーズナブルで、大変おいしゅうございました。
f0119755_108647.jpg




食事の後、解散して帰路に着きましたが、
お山ではほとんど感じなかった「アイツ」が大暴れをはじめました。
薬と鼻栓マスクで自己防衛していたのですがね~
そう、極悪非道の花粉です。(涙)

でも不思議です。
花粉そのものは、お山のほうが多かったはずですが・・・・・・・

飛び交う花粉も忘れてしまうほど楽しんだと言うことでしょうかね~(^^)v
f0119755_10131243.jpg

by s-fulllife | 2015-03-17 10:16 | 林道ツーリング | Comments(8)
今日はスコさんのご案内で、秘密の場所に案内してもらいました。
決して車両通行止めではありませんが、
あまり大人数で走り回るのも憚られる静かな里山です。

いつもより集合時間を遅めに設定しても、今期一番の寒さは応えます。
メンバーは先導役のスコさんと、おなじみのバブさん、私の計3名です。

早速お山に踏み入ると、少し走っただけで外界とは大違いの静けさです。
昔の旅人が通った古道があります。
f0119755_1025913.jpg





狭い場所ですが、今の季節は藪も浅く、楽しめる所のようです。
f0119755_1071533.jpg

f0119755_1062936.jpg

  <斜面ではしゃぐスコさん。さて、どこにいるのでしょうか?>



一通り遊んでから次の場所へ移動します。

今度は、高圧線の保守用の道や、古道、獣道を組み合わせた広い範囲のエリアです。
斜面を登ったら野うさぎが走って逃げていきました。
f0119755_10123046.jpg




本日デビューのXL80S・バブさん号は、小排気量の悲しさ、
トルク不足を露呈してしまって、人力をプラスしないと登ってくれません。
軽く、小さく、足付も抜群なのですが、痛し痒しですね。
f0119755_10174312.jpg

f0119755_10175985.jpg

  <立ち〇ョンではありません。倒木にはまっています。>


f0119755_10203411.jpg




走り回って良い汗をかきました。
f0119755_10212611.jpg




そろそろお昼の時間ですので、久しぶりに沢田うどんを食べに行きます。
下道を走ると、先ほどまでの汗もすぐに引いて、寒さが身にしみます。
温かいうどんでお腹を満たして、午後の部の開始です。
f0119755_1024147.jpg




食後、2年前の雪が降った後に来た尾根道に向かいます。
f0119755_10251826.jpg




雪の時とは違って、藪を避けながら走ると、気持ちの良い尾根道に出ます。
f0119755_10263680.jpg

f0119755_10264924.jpg

f0119755_1027286.jpg




そのまま山の中の道を走って、以前見つけたトライアルセクションに向かいます。
ここは地元のどなたかが作ったセクションだろうと思っていたのですが、
実は、スコさんの行きつけのショップの持ち物だったそうです。
誰でも自由にと言う訳ではありませんが、
一応関係者は走行可だそうです。
f0119755_10303022.jpg

  <トライアル経験はないそうですが、走破力は素晴らしい!>



f0119755_1031532.jpg

f0119755_1032446.jpg




本日は一日晴れの予報でしたが、
雲行きが怪しくなってきたのでこのあたりで解散とします。
あまりの寒気で、雪雲が関東平野にまで流れ込んできたようで、
解散後、八王子あたりまで雪に降られてしまいました。
そろそろ雪の便りの聞かれる季節です。
次はバイクで雪遊びかな~?
by s-fulllife | 2014-12-07 10:38 | 林道ツーリング | Comments(14)
先日シフトペダルを小細工して、少し距離を乗って使い勝手を見てみようと思い、
最古参のTL1号・JD06で出かけてきました。
前回仕事の都合で参加できなかった同級生のS君とコウブンとともに、
おなじみの集合場所、箱根ヶ崎のマックに到着すると、
すでに、バブさんとあーさん、スコさんは揃っていらっしゃいました。
f0119755_18222025.jpg





バブさんはセル付のTLR223、あーさんは使い込んだペガサス(JD06)、
スコさんはインジェクションのトリッカー、コウブンはスーパーシェルパ、
初参加のS君はスーパーXR、そして私は一番の古顔、JD06改です。
f0119755_1893987.jpg





お天気は生憎の曇り空。
まぁ、雨が降らなければ善しとしましょう。

途中吹上トンネル旧道に寄り道して、成木街道で下名栗に向かいます。
林道に入ってすぐにOFF車とすれ違いました。
同じグループの方に聞くと、10Kmほど行ったところで通行できなくなっているそうです。
ダメ元で行ってみましたが、やっぱり通過するのは無理なようです。
f0119755_18224880.jpg

f0119755_18232164.jpg

f0119755_18235298.jpg

f0119755_1824879.jpg

f0119755_18243449.jpg

  <道は完全に崩れていて、スーパーA級クラスでなければ行けそうもありません。>



仕方が無いので、名栗湖まで下って、湖畔でお昼にしました。
f0119755_18281470.jpg





その後、崩れた反対側の林道に入ります。
f0119755_1829938.jpg




路面はしまっていて走りやすい林道です。
お山の紅葉はもうピークを過ぎてしまっていましたが、
逆に綺麗な落ち葉の絨毯の中、オッサン達は林道を楽しみます。
f0119755_1832753.jpg

f0119755_18322098.jpg

f0119755_1837723.jpg

f0119755_18372020.jpg




伐採作業用の作業道をチョット探索してみましたが、
かなりの急勾配とぬかるみ、ごろた石で思わぬ楽しい思いが出来ました。
f0119755_1842962.jpg





初冬の陽は短く、曇り空とあいまって、午後3時前ですでに夕闇の気配です。
夜には雨の予報も出ているので、このあたりで帰路に着きます。

バブさん達と別れて相模原の同級生トリオは、たいした渋滞にもあわずに、
午後5時過ぎに無事に帰着しました。

コウブン、行き帰りの道案内ありがとう!
S君、OFF車にはチョットきつい場所がありましたが、
コレに懲りずにまた一緒に行きましょう!
バブさん、あーさん、スコさん、
こんなオヤジ3人ですが、また誘ってください。
冬は近場で楽しみましょう!
by s-fulllife | 2014-12-01 18:53 | 林道ツーリング | Comments(8)
11月2日は奥日光ツーリング。
久しぶりにシダックスさん、まだお会いしたことがない、
東北の亀仙人さんにお会いできると思っていたのですが、
生憎の天気予報で、延期が決まってしまいました。
そこで急遽子守の一日となってしまったのですが、
翌3日に、TL山梨の番ちゃん達がツーリングに行くそうなので、
そちらのほうに便乗させてもらってきました。

集合場所までは、TLで下道だと3時間40分ほど、
高速を使えば1時間30分で到着します。
ルートはほとんど舗装された林道とのことなので、楽チンバイクのCL400で行ってきました。
f0119755_13375469.jpg




集合場所からものの数十分走ると、もうそこは林道です。
うらやましい環境ですね~。
本日始めのビューポイントに到着です。
f0119755_13394766.jpg

f0119755_13395796.jpg

  <遠くに八ヶ岳、眼下には甲府の町を一望できます。>



路面はダートですが、フラットで整備されていて、何の問題もありません。

高度が上がると、木々の紅葉もきれいになって行きます。
f0119755_13434489.jpg




今回も例によって連れて行って貰っただけですので、
どこをどう走ったのか定かではありませんが、
ちょうど本栖湖の裏側あたりで、工事のため少々足止めを食いました。
f0119755_1350899.jpg




しかしここでも、バイク話に花が咲いたり、
きれいな富士山の写真を撮ったりと、あっという間に時間は過ぎてしまいます。
f0119755_13511786.jpg

f0119755_1351524.jpg




山道を越えて身延地方に出ると、富士川沿いは急に開けていて、
山深いイメージはいっぺんに吹き飛んでしまいました。
番ちゃんの計らいで、綺麗なおねえちゃんが揃った饅頭屋でお土産を購入して、
また山の中に入って行きます。
急なコンクリート舗装と、たまにダート部分が現れる山道を登って行くと、
目の前に大パノラマが広がる場所に着きました。
富士川、身延山、八ヶ岳や金峰山なども見える展望台です。
車でも来ることは出来ると思いますが、
やっぱりバイクの機動力の勝利と言ったところでしょうか。
f0119755_13575244.jpg

f0119755_1358332.jpg

f0119755_13581313.jpg




それにしても、今日は景色の雄大なところばかりで、
楽しく走っていたのですが、
気がつくとお腹のムシが騒ぎ出す時間になってきました。
山道を下部まで下って、身延線下部駅前の食堂に入ります。
f0119755_1412580.jpg




ここは以前、TVにも紹介されて、
それから番ちゃんたちがツーリングの際に立ち寄るようになったそうです。
店内には何枚かの色紙が飾ってあって、レトロな雰囲気です。
私のオーダーは、TVでも紹介された甲州豚のとんかつ定食。
f0119755_1455962.jpg

  <ボリューム満点。ソースもありますが、まずは塩で。>


豚そのものに甘みがあって、厚切りですが、しっとりと柔らかです。
これは旨かったです。
お隣さんは、サクラ丼。
f0119755_148363.jpg




ごま油の香りが食欲をそそります。

そして番ちゃんは「馬鹿丼」。
誰ですか、「バカ丼」なんて言っているのは。
これで「うまか丼」と読むそうです。
馬と鹿の肉を、甘めのたれで煮込んで、ねぎと一緒にご飯に掛けたものです。
言ってみれば、牛丼の肉を馬と鹿にしたようなどんぶりです。
良いにおいの馬鹿丼を、番ちゃんはぺろりと平らげていました。
f0119755_14135977.jpg

f0119755_14141046.jpg





さて、お腹も膨れたところで、本日のメインイベントです。
ここから猪之頭林道を抜けて、朝霧高原に向かいます。
この林道は全線舗装ですが、紅葉がちょうど見ごろを迎えていて、
山全体が鮮やかなモザイク模様のように燃えていました。
f0119755_14192942.jpg

f0119755_14193986.jpg

f0119755_14194935.jpg

f0119755_1420227.jpg




そして頂上のトンネルを抜けると、眼前に雄大な富士山が姿を現します。
f0119755_14205699.jpg

f0119755_1421770.jpg




しばし見とれて、峠を下って行きます。
このころから温度も下がり、それは峠を下っても変わりませんでした。
さすが朝霧高原です。すっかり寒くなった道の駅でトイレ休憩後に、
私はここで皆さんと別れて、家までソロツーリングを楽しみます。
f0119755_1424979.jpg

f0119755_14242160.jpg

  <こういう太陽光の光柱を、天使のはしごと言うそうですよ。>


番ちゃんはじめ、TL山梨の皆さん、本日はありがとうございました。
綺麗で雄大な景色の中ばかり走らせてもらって、
毎日の仕事でたまった毒素のような物が抜ける思いでした。
心が洗われて、胃袋も満足して、目の保養も出来て、
大変有意義な一日でした。
また都合の合うときはご一緒させてください。

皆さんと別れて、道の駅なるさわで、
以前立ち寄った時に気に入っていた水晶のお土産をオチビと妻君に買って、
後は一路家路を・・・・・・・・ではなくて、もう一仕事あります。

来週、バブさんたちと道志、山中湖方面にツーリングの予定なのですが、
その時の富士山のビューポイントへの入り口を、
番ちゃんから教わっていたので、
そこを確認してから帰るつもりだったのです。

教わった道を走っていると、それらしい道があります。
f0119755_14353514.jpg




ところがここは、すぐに倒木があって通れなくなっています。
その先も道はほとんど無くなっているようでした。

いったん引き返して、次に見つけたのはここです。
f0119755_14365899.jpg




どうやらここが当たりだったようです。
先へ進むと、雨水が流れ下った跡があり、道は奥へと続いています。
f0119755_14384260.jpg




CLでも行けるんじゃないの?と、番ちゃんは言っていましたが、
この後は来週のお楽しみにとっておきます。

帰り道、一度雲をかぶっていた富士山が、再度姿を現してくれました。
夕日に染まるシルエット富士を愛でながら、帰路に着きました。
f0119755_14433948.jpg

by s-fulllife | 2014-11-04 14:52 | 林道ツーリング | Comments(9)
先日、久しぶりに一緒に走った、高校時代の同級生のコウブンからのお誘いで、
五日市周辺の林道に行ってきました。
待ち合わせ場所の武蔵五日市駅までは、自宅から1時間強と近場のツーリングです。
当日の朝、コウブンと待ち合わせて、集合場所には30分ほど早めに到着しました。
すると、本日ご一緒するMさんと、Wさんはすでにいらしていました。
Wさんは現役の、Mさんは元HONDAの社員の方です。
バイクは、XLRとXR。さすがHONDAの関係者です。
f0119755_13391542.jpg




さて、早速秋川街道を少し行ったところからお山に入ります。
ここはつい最近開通したばかりの林道だそうです。
途中分岐した場所で、ガレガレの上りを発見。
チョット道を確認してみましたが、
倒木が行く手をさえぎっていて、無理に進むと引き返せなくなるかもしれません。
当日はあくまでも、ついて行く身ですので、すぐに引き返します。
f0119755_13434479.jpg

f0119755_1344110.jpg

  <倒木の先は急な下りで、下りたら上れるかどうか微妙です。>



先へ進むと、私たちの先頭を野うさぎが走っていきます。
50mほど我々を先導した後に藪の中に消えていきました。
駅から数分の場所にこんな場所があるとは・・・・知りませんでした。

通り抜けた後、別の林道の入り口を確認に行きましたが、
しっかりゲートが閉ざされていました。

いったん下道に下りて、ピストン林道に向かいます。
白岩の滝に続く道を途中で折れて、
フラットで時折眺望も開ける林道を進みます。
f0119755_13515765.jpg

f0119755_13521434.jpg

f0119755_13522764.jpg




突き当たりで折り返して、帰りには白岩の滝を見学してきました。
バイクでも4輪でも、滝のすぐ近くまで来れるので、お手軽な滝です。
f0119755_13532726.jpg

f0119755_1353423.jpg

  <白岩の滝は少し離れた2段の滝の総称です。これは2段目>


f0119755_13535318.jpg

  <さらに進むと1段目が現れます。水量が豊富で見ごたえがありました。>



一度、秋川街道に出てすぐに林道に入ります。
ここは、「横沢入里山保全地域」と言う保護地区です。
散策している方もいますので、トコトコとゆっくり進みます。
少し行くと景色が開けて、昔の山里の風景が広がります。
f0119755_1432421.jpg

f0119755_1433466.jpg




再度駅前から、すぐ裏の道へ進みます。
ここも突き当りまで走って戻ってくるピストン林道です。
f0119755_1491179.jpg

f0119755_149238.jpg




街道まで戻りきる前に、山越えのルートに向かいます。
完全舗装路?と思いきや、所々ダートが残る林道を登っていくと、
展望が開けて峠に到着しました。
ここで、コンビニで買っておいた、おにぎりとお茶でお昼にします。
f0119755_14134561.jpg




峠を下りさらにお山を目指して北上します。
ここも突き当たりですが、その先が登山道になっていて、
秩父御岳山に続いているようです。
f0119755_1419117.jpg

f0119755_14191211.jpg




途中で枝道を探索したり、写真を撮ったりしながら桧原街道に出ます。
ここから払沢の滝方面に進みます。
観光客を尻目にそのまま進むと、どんどん高度を稼ぎ峠に着きました。
f0119755_14223629.jpg

f0119755_14224974.jpg




ここまでは舗装路でしたが、下りはダートが残っていました。
美味しそうな枝道もありましたが、この時点で午後2時半を回っていましたので、
そのまま下ってR205に出ます。
少し戻って神戸岩を経て鋸山林道に入ります。
途中一本枝道のピストン林道を走破して、峠に到着。
場所によっては鮮やかな紅葉を見ることが出来ました。
f0119755_143104.jpg




鋸山林道自体は残念ながら全線舗装になっていました。
f0119755_14354042.jpg




青梅街道まで下って、コンビニで一息ついて、本日のツーリングはここまで。
コウブンに紹介してもらったMさん、Wさん、大変お世話になりました。
ほとんど行ったことがない林道ばかり、充分に堪能させていただきました。

自宅まで戻っても総走行距離は200Kmほど。
距離の割りにダート走行が多く、ぎっしり中身の詰まったツーリングでした。

Mさん、Wさん、また連れて行ってくださいね~
by s-fulllife | 2014-10-27 14:49 | 林道ツーリング | Comments(4)

by ぷーたとうさん