ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

カテゴリ:林道ツーリング( 62 )

梅雨明けもしていないのに、30℃を超える暑さの中、
テディベアミュージアムでデートしてきました。
お相手はいつものバブさんです。(笑)

来月の2日(日)に山中湖でTL仲間で集まろう!と言う企画の下見です。

津久井湖で落ち合って、道志みちを抜けて山中湖を目指します。
8時半の集合時間にはもうすでに暑い!
早々に出発して、道志みちを西走します。
木々に囲まれた道は高度を上げるごとに、心地よい風を送ってくれます。
山伏峠のトンネルを越えると、空気はさらにひんやりしてきて、
目の前には雄大な富士山がその姿を現しました・・・・・・のはずだったのですが、
あいにく雲が掛かってしまって、裾野の一部だけしか見えませんでした。
f0119755_8533333.jpg

f0119755_8534331.jpg





8月2日には綺麗に見えることを願いつつ、ビュースポットの大平山に向かいます。

途中、大平山への登山道を発見しました。
少し歩いて様子を見てみましたが、折からの雨で路面はヌタヌタ、
こんな足跡もありました。(鹿かな?)
f0119755_8565195.jpg

f0119755_857173.jpg





その後、いつものように枝道を探索しましたが、
すぐに行き止まりの道ばかりだったので、
あきらめて、大平山を目指します。

以前訪れた時よりも、少し路面は荒れていましたが、
二人のオヤジはさして問題も無く登っていきます。
f0119755_90291.jpg

f0119755_901465.jpg





頂上に着きましたが、やはり雲は取れず、
しばしダベリングをしてお山を後にします。
f0119755_912499.jpg





下りはのぼりよりも慎重に。
登れなければストップするだけですが、
下りは止まりきれなければ、暴走→転倒に繋がってしまいます。
f0119755_91447.jpg




そしてこの後は、デートのメイン会場、テディベアミュージアムへ。
f0119755_9151495.jpg




実はミュージアムに併設されているラーメン屋さんが、評判のお店だそうです。
11時半の開店で、到着したのが11時36分でしたが、
すでに店外で待っているお客さんがいます。
開店直後に満席、10人待ちでした。

お土産を物色しつつ待っていると、
ようやく呼ばれて店内へ。
ベーシックな醤油ラーメンを注文しました。
f0119755_9193453.jpg





評判どおりのあっさり系で、夏の暑さの中でも美味しくいただける一品です。
麺も、スープも、チャーシューも、メンマまでこだわった作りで、
久しぶりにラーメンらしいラーメンをいただきました。ご馳走様です。
もうひとつ、こだわりの塩ラーメンもありますので、これは次回のお楽しみです。

次に、パノラマ台に行こうと思っていましたが、
途中で良い所を発見しました。
f0119755_9255597.jpg

f0119755_926546.jpg




遊メディア山中湖・二輪の駅という施設です。
はじめは何の施設だろうと思っていたのですが、
我が家のご近所にもある、ユーメディア(梅田モータース)という中古バイク販売店が運営している、
ライダーのための無料休憩スポットだそうです。

館内は至れり尽くせりで、椅子やテーブルで自由にくつろぐことが出来ます。
畳敷きのごろ寝スペースもあり、缶コーヒーやちょっとしたお菓子なども無料で振舞っていただきました。
窓の外には山中湖が広がっていて、もちろん冷房完備です。
何だかありがたすぎて、逆に恐縮してしまうほどでした。
f0119755_9391366.jpg

f0119755_9392711.jpg

f0119755_9393646.jpg

f0119755_9394689.jpg





土日祝日の、10時~17時くらいまでオープンしているそうなので、
暑い日中のダベリングには絶好の場所ですね。

さて、パノラマ台に向かう途中で、またまた枝道探索タイムです。
細かいダートはそこかしこにありますが、
結局長く楽しめる道は発見できませんでした。
チョット踏み込んでみた道も・・・・・・
f0119755_944488.jpg

f0119755_9441330.jpg

f0119755_9442394.jpg

  <タイヤはすっかり泥まみれで、スリックタイヤ状態です>



その先がどうなっているのか?気軽に踏み込んでみましたが、
百メートルほどで先に進めなくなり戻ってきました。
ところが、路面があまりにもさらさらで少しの坂が登れません。
足で漕いでも、その足が埋まってしまいます。
バブさんに助けられて、ようやく脱出できました。

ひと汗かいた後、パノラマ台方面に走っていき、
込み合った駐車場はパスして、ちょっとしたスペースを見つけて景色を眺めます。
f0119755_950716.jpg





本日は終始、富士山を見ることができませんでした。(チョットがっかり)

ここで綺麗なバイクに出会いました。
スズキ ハスラー400。40年物のバイクだそうです。
f0119755_9521681.jpg





なんでも叔父さんから引き継いだそうで、私にもそんな叔父さんがいたらな~
などと身勝手に思うオヤジ二人でした。

そろそろ日も傾いてきたので帰路に着きます。
山中湖を後にして道志みちに沿った林道に入ります。
前回行けなかった尾根道を少し走ってから国道に出ました。
f0119755_102294.jpg

f0119755_1021117.jpg

f0119755_1021817.jpg




アスファルト路面に出たとたん、下界の熱波が襲ってきました。
山中湖半で思っていた「暑い」とは別次元の暑さです。

コンビニで冷たい物を簿給して、灼熱の街へ帰りました。

もう梅雨明けも間近ですね。
by s-fulllife | 2015-07-13 10:11 | 林道ツーリング | Comments(4)
先日テストがてら、フリマに行ってきましたが、
バブさん号のトラブルで、ダート走行が出来ませんでした。
それでも、サスの柔らかさは分かったので、
サスを交換して、細々とした調整をしてから、最終テストランに出かけてきました。

当日は晴れて真夏日の予報だったのですが、
前日に曇り時々雨の予報に変わってしまいました。
雨は朝方だけの予報だったので、予定通り決行しました。
ところが、八王子辺りで雨に降られて、冷たい出だしとなりました。

今回はバブさんと私のオヤジ二人旅です。

最近通い慣れてきた裏道を通って、R299に出ます。
すぐに右に折れて、舗装林道に入ります。
途中滝を見物して先に進むと、お待ちかねのダートが始まります。
f0119755_1840899.jpg

f0119755_18402341.jpg





昔はかなり荒れていたという林道は、
今は適度に締まっていて足慣らしとしては丁度良い感じでした。

ここから奥武蔵グリーンラインを少し走って、
黒山三滝を見に行きます。
何だか今日は健全な観光ツーリングの様相を呈してきました。

途中、チョットぷーたに似た犬を発見しましたが、
ふさふさの毛並みはともかく、眼光が鋭くて、凛々しい雰囲気です。
f0119755_18461753.jpg





黒山三滝は戦後かなり賑わった観光地だったようですが、
今は逆にひなびた雰囲気が素敵でした。
f0119755_18484631.jpg

f0119755_18493198.jpg

f0119755_18494261.jpg

f0119755_18495263.jpg





それからこんな注意書きもありましたが、
足元もギャグもスベリ知らずの私には関係がありませんでした。(爆)
f0119755_18512732.jpg





その後ランチタイムの後に、
本日調子の悪いバブさん号のキャブ調整をします。
f0119755_18541220.jpg




朝方の雨もあって、湿度が高く少々カブリ気味のようです。
ニードルのクリップ位置を一番上にして、
エアスクリューも調整します。
コレでも直らなかったら、ニードルとニードルホルダーを新調するしかないかな?
しかし、その後は突然のエンストなども無く、調子は戻ったようです。メデタシ、メデタシ。

チョットしたダート道を走って、龍穏寺というお寺を参拝してから、
枝道散策が始まりました。
f0119755_1922580.jpg

f0119755_1923557.jpg




林業の作業道のような枝道を発見したのですが、
かなり荒れた路面で、勾配もきつく、楽しめる道でした。
最後はツタや枝が覆いかぶさった行き止まりになっていました。
f0119755_1944495.jpg




この道で、雨水を逃がす横溝が深めに掘ってあったので、
コレはチャンスとばかり、ジャンプしてみてサスを試したのですが、
今回はちゃんと擦らずに、走ることができました。
コレでサスは合格です。

その後、短い枝道を散策した後、下りでいきなりリアブレーキが効かなくなりました。
ゆっくり下りてくると、チェーンが外れています。
リアアクスルを締めるときにチェーンアジャスターも一緒に回ってしまって、
アジャスターがまったく効いていない状態で走っていたためでした。
コレはアジャスターのロックナットにワッシャを挟めば解決です。

グリーンラインに戻って、さらに枝道に入り込みます。
途中、地元のBAJAに乗った方と情報交換して、
さらに進みましたが、行き止まりでした。
その先、ワイヤーが張ってある岩場を登ると、その先には尾根道があります。
もうチョッとなんですがね~
f0119755_19154220.jpg

f0119755_19155297.jpg

f0119755_1916877.jpg

f0119755_19162978.jpg





そろそろ夕暮れが迫ってきました。
途中、ハンドルのポジションを変えたり、バブさん号と乗り換えてみたり、
いろいろやってみて、まぁ、コレにて完成でしょうか?

後は妻君に最終判断を仰ぐのみです。
これが一番の難関だったりして。(^^;
f0119755_19202416.jpg

f0119755_19211947.jpg

by s-fulllife | 2015-06-15 19:21 | 林道ツーリング | Comments(13)
今回の林道ツーリングはチョット遠出です。
表題にもあるとおり、秩父郡小鹿野町の二子山林道へ行ってきました。
往復で300Km弱のツーリングです。
長距離の場合はCLを使っているのですが、
当日のメンバーを聞いて、JD03・イーハトーブで行くことにしました。

そのメンバーは、いつものバブさん、あーさん、スコさん、そしてrandone momoさん、とそのご友人のUさん。
あのヒルクライムのメンバーが入っていますので、きっとただのツーリングにはならないでしょう。
f0119755_1891241.jpg

  <吾野のコンビニでUさんと合流して、メンバーが揃いました。>



この後はひたすらR299を北上します。
日曜日の割には交通量が少なく、比較的スムーズに走れました。
f0119755_18111360.jpg

f0119755_18112520.jpg





秩父から小鹿野町へ入り、給油してからさらに北上して志賀坂峠に向かいます。
f0119755_18141040.jpg





峠を少し下ったところから二子山林道に入ります。
路面は良く締まっていて走りやすく、コレだったらCLでも良かったかな?
f0119755_18165116.jpg





ところがやっぱりと言うか何と言うか、
枝道を見つけては探索が始まります。
f0119755_18174930.jpg




一本目の枝道はしばらく走れましたが結局行き止まりでした。

再び本線に戻って、しばし雄大な景色を眺めながらバイクを走らせます。
f0119755_18194655.jpg

f0119755_1820015.jpg




そして二本目の枝道へ。
ここはかなり荒れていて、勾配も急な下りが続きます。
しばらく行くと、視界が開けて舗装路に出ました。
叶山鉱山へ続く道です。
f0119755_18222781.jpg




舗装路を少し登るとすぐに坑道が見えます。
外界は初夏を思わせる暑さでしたが、
洞穴から流れ出す空気はひんやりしていて、天然のクーラーのようでした。
f0119755_18244384.jpg




おそらく、その坑道内から汲み上げた水を流しているであろうと思われる滝が、
すぐ横にひっそりと流れ落ちていました。
f0119755_1827055.jpg




昼食の予定の合角(かっかく)ダムへ向かうには、来た道を戻らなければなりません。
先ほどの急勾配の荒れた道を登っていきます。
f0119755_1830297.jpg

  <影になっちゃいましたが、本日も道案内役を務めてもらったバブさん。>
f0119755_18301360.jpg

  <本日が、はじめましてのUさん。でも何故か話は合うのでした。>
f0119755_18303050.jpg

  <もうすぐ10万Kmのペガサスで何処にでも行っちゃうタフなあーさん。>
f0119755_18305099.jpg

  <別の意味で何処にでも逝っちゃうスコさん。>
f0119755_1831130.jpg

  <窮屈な画像になっちゃいましたが、randone momoさん。>



林道を出て、舗装された田舎道をスイスイ下っていくと、
本日のランチが待っている合角ダムの元気村に到着しました。
日曜日の午後1時というのに私たち以外のお客さんは数人ほどです。
穴場的スポットなんでしょうね~
オーダーしたのは、うどんの大盛りとかき揚げ天。700円也。
f0119755_18432176.jpg




前回来た時はから揚げ定食でしたが、
どちらも味、ボリュームともに文句無く、美味しくいただきました。(ペロリ)

食事の後、恒例のダベリングが始まって、
2時を回ったころ次の林道に出発しました。

ロケーション自体はなかなか良かったのですが、
バブさん曰く、一年前はダートだったんだけどな~
f0119755_18484360.jpg




それでも、またまた枝道を見つけて入り込みます。
f0119755_18491785.jpg




しかしこの道も途中でいきなり無くなってしまいます。

最後に入った枝道も、落石で石だらけでしたが、最後まで舗装路になっていました。
f0119755_18505057.jpg




すっかり日も傾くまで走り回って、気がつけばもう夕刻です。
昼間の暑さが少し緩んだR299を、
6台のバイクとオヤジたちは街へと走っていきました。



そしてオマケの画像をもう一枚。
本日パンプータ号の外装を仮留めしてみました。
タンクは以前セル付TLに使っていたTLR用改。
サイドカバーとシートはCR80.
リアフェンダーはCRM250用。色が合わないので塗る予定です。
randone momoさんから、CDIは純正でないとエンジンが不調になるとのことでしたので、
大急ぎでFTR用のCDIをゲットしなければ!
f0119755_1912566.jpg

by s-fulllife | 2015-05-18 19:06 | 林道ツーリング | Comments(11)
世の中はGW真っ只中。
今回は私もお休みすることが出来ました。
そこで、先日ツーリングした3人で、
一年ぶりに倒木がいっぱいの林道に行ってきました。

GWの渋滞路を尻目に、裏道を駆使して目的地を目指します。
途中、その目的地に通ずるかもしれない林道を発見しましたが、
最後はチョット道とは呼べないレベルになってしまって断念しました。
f0119755_22441877.jpg

f0119755_2244398.jpg




その後一時的に国道に出て、タイミングよくやって来た西武鉄道と鉄橋を一枚。
隠れテッチャンの妻君が喜びそうな写真になりました。
f0119755_22474757.jpg




そしてお待ちかねの倒木の森へ分け入ります。
うろ覚えの林道を走っていると、確か抜けているはずの枝道を発見。
入ってみると、有りました有りました、倒木が。
f0119755_2250357.jpg

f0119755_22505080.jpg




さぁ、本日はじめの倒木越えで・・・・・

パンパンの空気圧とひび割れと、
ブロックも磨り減ったタイヤがいけなかったのでしょう。
決して、私の技量不足、ましてや私の体重不足であるはずもありません。きっと。(哀)
f0119755_22551235.jpg

f0119755_22552795.jpg




破片を集めてビニールテープで応急修理。
引きつった笑いで気持も応急修理して走り出しました。(^^;

その先でも倒木はほとんど一年前と変わらず、
この林道はほとんど使われていないような感じです。
おかげで、他のバイクや自転車、ハイカーなどにも一切出会わずに、
オヤジ3人で倒木越えに良い汗を流すことが出来ました。
f0119755_231335.jpg

f0119755_2315364.jpg

f0119755_2321097.jpg

f0119755_2324742.jpg

f0119755_2332120.jpg

f0119755_233091.jpg





程よいところでお山を下りて、
「あがのん」さんで昼食です。
河原を見下ろせるテラス席で、本日のランチ、豚の角煮弁当をいただきます。
f0119755_2395329.jpg

f0119755_23102340.jpg




お腹と心の傷に美味しいランチを詰め込んで、
少し遅めの午後の部がスタートです。
本日の二つ目の目的のシャガの花の群生地を目指します。
もちろんその先のもう一本の林道も走破するのは言うまでもありません。
f0119755_23135187.jpg

f0119755_2314121.jpg



この後も倒木と格闘しながら、オヤジ3人のGWは爽やかに(?)過ぎていきました。
f0119755_23152250.jpg
f0119755_23153118.jpg

f0119755_23155895.jpg




バブさん、あーさん、いつもご一緒していただいてありがとうございます。
同じ林道でも、時間が開くと路面状況も変化して、
時にはまったく違う林道のようになってしまいます。
ですので、飽きることなくいつまでも走れるんですね。

またどこかの林道にご一緒しましょう!
by s-fulllife | 2015-05-04 23:22 | 林道ツーリング | Comments(8)
暖かいを通り越して暑いくらいの晴天に恵まれた昭和の日。
昭和世代のオヤジ3人で、緑の空気を吸いに名栗方面に出かけてきました。
メンバーはいつものバブさんとあーさんと私です。

バブさんも私も、当日の朝、野暮用がありまして、
集合時間は遅めです。
少し早めにマックに着くと、あーさんが待っていました。
聞けば、朝一で奥多摩方面を目指して出発して、
渋滞で奥多摩にたどり着く前にタイムリミットになってしまって、
集合場所まで戻ってきたそうです。
いやはや、そのバイタリティーは何処から来るのでしょうか?
何時も何気に元気です。

バブさんも揃って、名栗方面を目指します。

名栗方面の前にチョット寄り道をします。
いつかスコさんに連れて行ってもらったトレッキング道を走っていると、
行き先がわからない道がありました。
f0119755_10272836.jpg

f0119755_10274261.jpg




何処へ続いているのかと走っていくと、開けたところに出ました。
f0119755_1028325.jpg




標識や看板に注意して走っていたのですが、
どうやらハイキングコースに迷い込んでしまったようです。
ハイキングコースをこれ以上走る訳にはいきませんので、
出口の木製の小さな橋をバイクを押して通りました。
次からはここには入りません。失礼しました。
f0119755_103251.jpg




その後、いつも通り抜ける珍しいOFFロードの都道があるのですが、
ここでもスコさんが、枝道を発見したそうです。
早速走ってみると、くもの巣は多いのですが、
ハイキング道でもなく、自転車も入り込んでこない天国のような尾根道でした。
バブさん、先頭でくもの巣払い、ご苦労様でした。
f0119755_10243693.jpg




さていよいよメインの林道に入ります。
前回来た時は、大規模な崩落があって通行できませんでした。
もう修復されているそうです。
ところが走っていくと、別の場所が崩落していて、重機を使って修復工事が行われています。
残念ながら今回も通り抜け出来ませんでした。
f0119755_1039365.jpg

f0119755_10402181.jpg

f0119755_1040358.jpg





気を取り直して、名栗湖に向かいます。
ここから一気に標高を稼いで、秩父との境、有馬峠を目指します。
f0119755_1041981.jpg




残念ながらこの林道は全線舗装ですが、峠からは眼下に名栗湖が一望できました。
f0119755_1041337.jpg




峠を折り返して、下っていくとOFF車のグループが枝道から上がってきました。
フムフム、ここは次回じっくり走りましょう。
その先で別の枝道から林道が続いています。
ここでも小規模な崩落がありましたが、
通行できないほどではありません。
f0119755_10455971.jpg

f0119755_10461066.jpg




道志と違って、眺望は抜群です。
下界は暑いくらいですが、お山は丁度良い。
f0119755_10471311.jpg




さてお次は・・・・・・ゴールデンウイーク真っ只中ですので、
近場で遊びましょう!と言うことになりました。
いつぞやの倒木ツーリングになりそうです。
by s-fulllife | 2015-04-30 10:52 | 林道ツーリング | Comments(6)
久しぶりに晴れ渡った林道ツーリング・・・・のはずだったのですが。
いったい誰が雨男だったのでしょうか?
前日の昼までは晴れ予報だったのですが、
夜になって、所によって雨の予報。
ツーリングのスタートは曇り空でした。
f0119755_1645173.jpg




いつものあーさんとバブさん、同級生のコウブンと津久井湖畔の駐車場で待ち合わせて、
春の道志方面に向かいます。
当初は山中湖の大平山に登って、富士山の絶景を眺めるつもりでしたが、
朝からのどんよりした空模様を見て断念。
道志の林道とその枝道を探索してきました。
f0119755_16565394.jpg

  <道志の湯の駐車場では桜が満開でした。>



道志の林道は、よく締まった走りやすい林道から、荒れ果てた元林業の作業道など、
バラエティーに富んでいます。
あまり眺望は望めませんが、自宅からも近く貴重な林道です。
f0119755_1705682.jpg

f0119755_171867.jpg

f0119755_1733485.jpg

  <道端に朽ち果てた四輪車、崩れかけた東屋などもあります。>



走っていると予報どおり雨が落ちてきました。
そんな時に限ってバブさん号にトラブル発生。
ドライブスプロケットを留めたボルトが緩んでしまったようです。
木の陰で雨宿りしながらボルトの増し締めをして、お山を下ります。

本日のランチは道の駅の裏の食事処、「与里道」
ここのトンカツはボリュームたっぷりです。(喜)
f0119755_1791196.jpg





そしてここでもサクラと桃が満開です。
f0119755_17231586.jpg





ここからは帰り道ですが、国道は走らずに、しばらく裏道を走って探索しながら帰ります。
f0119755_17104343.jpg

f0119755_17105863.jpg

f0119755_1711970.jpg

  <オットこの道は行き止まりでした。>


f0119755_1712217.jpg




裏道探索も終わって、国道を走りながらトンネルを抜けると、
JD03のメーターが丁度10000kmを指していました。
f0119755_17235525.jpg





我が家にやってきたときは8900kmほどでしたので、
エンジンをOHしてから1100kmほど走った事になります。
ますます絶好調なJD03で次回は何処に行きましょうかね~
by s-fulllife | 2015-04-20 17:25 | 林道ツーリング | Comments(10)
やっと空いた日曜日に、お山の仲間のスコさんからお誘いがありました。
スコさんの知り合いの方々が、お山を案内してくださるそうです。
そのついでに、トライアルの基礎をレクチャーして欲しいそうです。
もちろん私程度でいいのでしたら喜んで、とお受けしました。

当日は雨予報。日ごろの行いの悪さを悔やみつつ、トランポで出かけました。
本日の相棒はTL1号JD06改です。

お山の広場にトランポを止めて、軽く自己紹介した後走り出します。
f0119755_10216100.jpg




すると、もういきなり凄いところへ入っていきます。
かなりの急斜面を下って、ここをまた登るヒルクライムです。
f0119755_1022514.jpg





なんだか、とんでもない人たちについてきてしまったのかな?
f0119755_10241283.jpg




小休止の後、またまた走り始めます。
正直、どこをどう走ったのかまったく解りません。
たまに見覚えのある所に出るのですが、
いつもとまったく違う方向と角度から出てきます。
縦横無尽に走りまわって、もうヒルクライムも何本走ったか分からなくなりました。
先日失敗したヒルクライムも、本日の練習の成果でしょうか、
難なくクリーンでした。
f0119755_10361538.jpg

  <この間失敗したヒルクライムを上から見たところです。>



少し広い場所に出て、持参したパンをかじってから、
トライアルのレクチャーを始めます。
って、皆さんかなり乗れる方たちなので、何を教えるの?
と言う感じでしたが、2度吹かしが知りたいそうです。
私とパイン山さんでやり方やメリットをお教えして、しばし練習しました。
それ以外にも、トライアルの小技をお教えして、次の場所に移動します。
沢に木の根が張り出した、2度吹かしの練習には絶好の場所です。
f0119755_10355175.jpg

f0119755_1036048.jpg





しばらく遊んでいると、もう3時を過ぎています。
そして、広場への帰り道にも本日最後のヒルクライムが待っていました。
コレはかなり手強い。
皆さんはスルスルと登っていってしまいました。
覚悟を決めて2速全開!
頂上まであと5mのところでリアが滑って止まってしまいました。残念!
斜面をトラバースして何とか上まではたどり着けましたが、
またまたリベンジの対象ができてしまいました。

本日のツーリング(?)にご参加の皆さん、
楽しいお山をご案内いただきまして、ありがとうございました。
いつものトレッキングとは一味違った、極楽浄土を味合わせていただきました。
おかげさまで、本日は筋肉痛に見舞われています。(^^;
次回もまた是非お声掛けください。
足手まといにならないように頑張りまっす!
by s-fulllife | 2015-03-30 10:54 | 林道ツーリング | Comments(15)
天候不順や仕事で延び延びになっていた、お山トレッキングに行ってきました。
いつものバブさんとあーさんに合流して、
いつか行ったアイスバーンだった道に入ります。
そこから川を渡るとすぐにお山には入れます。
f0119755_9443387.jpg




久しぶりのお山は気持ちが良い!!!
斜面で少し遊んでから、トレッキングを始めます。
f0119755_9455054.jpg

f0119755_9471329.jpg

f0119755_9472812.jpg




しばらく走ると汗ばむほどの気温です。
送電線の鉄塔の下でウエアを調整して、トレッキングを再開します。
f0119755_9504773.jpg




お山を一回りして別の出口から下山して、再度アイスバーンだった道へ出ます。
ここで少し寄り道です。
道を一本入ったところに結構な角度と長さのヒルクライムが現れました。
普通自走のツーリング先では無理をしないことにしていますが、
久しぶりだったので、ついついチャレンジして・・・・・・見事に玉砕しました。(^^;
f0119755_9555610.jpg

f0119755_956952.jpg




2速全開で入ったのですが、頂上の少し手前で失速してしまって、
ローギアに落としたところ、フロントが浮き上がってきてしまいました。
う~ん、まだまだ修行が足りません。
次の機会にぜひともリベンジしたいところです。

折れてしまったブレーキレバーを応急修理して、
トレッキングを再開します。

何度か訪れた場所だったのですが、
探してみるとまだまだ走ったことが無い場所があります。
小さな沢を渡ったり、尾根道を進んで行くと、
道は急に落ち込んでいて、下りたら上ってこられそうも無い場所もありました。
f0119755_1023861.jpg

f0119755_102537.jpg




久しぶりのトレッキングで、トライアルバイクの原点を見たような気がします。
「この道はどこへ繋がっているのか?あの山の向こう側はどうなっているんだろう?」
50代、60代のオヤジが、少年のような目で野山を走り回っていました。

昼食はかなり遅めに、セットメニューもあるうどん屋さんへ。
価格もリーズナブルで、大変おいしゅうございました。
f0119755_108647.jpg




食事の後、解散して帰路に着きましたが、
お山ではほとんど感じなかった「アイツ」が大暴れをはじめました。
薬と鼻栓マスクで自己防衛していたのですがね~
そう、極悪非道の花粉です。(涙)

でも不思議です。
花粉そのものは、お山のほうが多かったはずですが・・・・・・・

飛び交う花粉も忘れてしまうほど楽しんだと言うことでしょうかね~(^^)v
f0119755_10131243.jpg

by s-fulllife | 2015-03-17 10:16 | 林道ツーリング | Comments(8)
今日はスコさんのご案内で、秘密の場所に案内してもらいました。
決して車両通行止めではありませんが、
あまり大人数で走り回るのも憚られる静かな里山です。

いつもより集合時間を遅めに設定しても、今期一番の寒さは応えます。
メンバーは先導役のスコさんと、おなじみのバブさん、私の計3名です。

早速お山に踏み入ると、少し走っただけで外界とは大違いの静けさです。
昔の旅人が通った古道があります。
f0119755_1025913.jpg





狭い場所ですが、今の季節は藪も浅く、楽しめる所のようです。
f0119755_1071533.jpg

f0119755_1062936.jpg

  <斜面ではしゃぐスコさん。さて、どこにいるのでしょうか?>



一通り遊んでから次の場所へ移動します。

今度は、高圧線の保守用の道や、古道、獣道を組み合わせた広い範囲のエリアです。
斜面を登ったら野うさぎが走って逃げていきました。
f0119755_10123046.jpg




本日デビューのXL80S・バブさん号は、小排気量の悲しさ、
トルク不足を露呈してしまって、人力をプラスしないと登ってくれません。
軽く、小さく、足付も抜群なのですが、痛し痒しですね。
f0119755_10174312.jpg

f0119755_10175985.jpg

  <立ち〇ョンではありません。倒木にはまっています。>


f0119755_10203411.jpg




走り回って良い汗をかきました。
f0119755_10212611.jpg




そろそろお昼の時間ですので、久しぶりに沢田うどんを食べに行きます。
下道を走ると、先ほどまでの汗もすぐに引いて、寒さが身にしみます。
温かいうどんでお腹を満たして、午後の部の開始です。
f0119755_1024147.jpg




食後、2年前の雪が降った後に来た尾根道に向かいます。
f0119755_10251826.jpg




雪の時とは違って、藪を避けながら走ると、気持ちの良い尾根道に出ます。
f0119755_10263680.jpg

f0119755_10264924.jpg

f0119755_1027286.jpg




そのまま山の中の道を走って、以前見つけたトライアルセクションに向かいます。
ここは地元のどなたかが作ったセクションだろうと思っていたのですが、
実は、スコさんの行きつけのショップの持ち物だったそうです。
誰でも自由にと言う訳ではありませんが、
一応関係者は走行可だそうです。
f0119755_10303022.jpg

  <トライアル経験はないそうですが、走破力は素晴らしい!>



f0119755_1031532.jpg

f0119755_1032446.jpg




本日は一日晴れの予報でしたが、
雲行きが怪しくなってきたのでこのあたりで解散とします。
あまりの寒気で、雪雲が関東平野にまで流れ込んできたようで、
解散後、八王子あたりまで雪に降られてしまいました。
そろそろ雪の便りの聞かれる季節です。
次はバイクで雪遊びかな~?
by s-fulllife | 2014-12-07 10:38 | 林道ツーリング | Comments(14)
先日シフトペダルを小細工して、少し距離を乗って使い勝手を見てみようと思い、
最古参のTL1号・JD06で出かけてきました。
前回仕事の都合で参加できなかった同級生のS君とコウブンとともに、
おなじみの集合場所、箱根ヶ崎のマックに到着すると、
すでに、バブさんとあーさん、スコさんは揃っていらっしゃいました。
f0119755_18222025.jpg





バブさんはセル付のTLR223、あーさんは使い込んだペガサス(JD06)、
スコさんはインジェクションのトリッカー、コウブンはスーパーシェルパ、
初参加のS君はスーパーXR、そして私は一番の古顔、JD06改です。
f0119755_1893987.jpg





お天気は生憎の曇り空。
まぁ、雨が降らなければ善しとしましょう。

途中吹上トンネル旧道に寄り道して、成木街道で下名栗に向かいます。
林道に入ってすぐにOFF車とすれ違いました。
同じグループの方に聞くと、10Kmほど行ったところで通行できなくなっているそうです。
ダメ元で行ってみましたが、やっぱり通過するのは無理なようです。
f0119755_18224880.jpg

f0119755_18232164.jpg

f0119755_18235298.jpg

f0119755_1824879.jpg

f0119755_18243449.jpg

  <道は完全に崩れていて、スーパーA級クラスでなければ行けそうもありません。>



仕方が無いので、名栗湖まで下って、湖畔でお昼にしました。
f0119755_18281470.jpg





その後、崩れた反対側の林道に入ります。
f0119755_1829938.jpg




路面はしまっていて走りやすい林道です。
お山の紅葉はもうピークを過ぎてしまっていましたが、
逆に綺麗な落ち葉の絨毯の中、オッサン達は林道を楽しみます。
f0119755_1832753.jpg

f0119755_18322098.jpg

f0119755_1837723.jpg

f0119755_18372020.jpg




伐採作業用の作業道をチョット探索してみましたが、
かなりの急勾配とぬかるみ、ごろた石で思わぬ楽しい思いが出来ました。
f0119755_1842962.jpg





初冬の陽は短く、曇り空とあいまって、午後3時前ですでに夕闇の気配です。
夜には雨の予報も出ているので、このあたりで帰路に着きます。

バブさん達と別れて相模原の同級生トリオは、たいした渋滞にもあわずに、
午後5時過ぎに無事に帰着しました。

コウブン、行き帰りの道案内ありがとう!
S君、OFF車にはチョットきつい場所がありましたが、
コレに懲りずにまた一緒に行きましょう!
バブさん、あーさん、スコさん、
こんなオヤジ3人ですが、また誘ってください。
冬は近場で楽しみましょう!
by s-fulllife | 2014-12-01 18:53 | 林道ツーリング | Comments(8)

by ぷーたとうさん