ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

カテゴリ:林道ツーリング( 65 )

巷では、そろそろあの憎っくき花粉が飛散しだして、悲惨な状態になりつつあります。
ピークを迎えると外出は厳しくなりますので、
今のうちにと、おなじみバブさんと近間のお山をトレッキングしてきました。

バブさんは、最近入手して、着々と正体不明のバイクになっている、ヤマハのカモシカ君で、
それならと、私も久しぶりのTLM怪、エムシノアで出撃します。
2台とも正体不明の怪しいバイクです。
f0119755_2218411.jpg

f0119755_22185542.jpg






いつもの待ち合わせのコンビニで待っていると、見覚えのあるバイクがやってきました。
ランモモさんたちもこの場所で待ち合わせて、同じようなところをトレッキングするそうです。
f0119755_22204838.jpg






それでは途中までご一緒しましょう!と言うことになりました。

さっそく何処を走っているのか解らないような道を走って、
近くのお山に分け入ります。
f0119755_22252973.jpg

f0119755_22261827.jpg

f0119755_22265536.jpg






バブさんのカモシカ君はOFFロード車ですし、
私のエムシノアは前後とも殆ど山の無い坊主タイヤを履いています。
チョット苦労しながら、皆さんについていきましたが、
程よいところで、皆さんはより険しい道へ、
私たちは、先日訪れた展望の良い尾根道経由でうどんのお店に向かいます。
f0119755_22281092.jpg

f0119755_22282419.jpg

f0119755_22284071.jpg





うどんとセットのミニ天丼でお腹を満たして、近くの温泉施設で汗を流しました。

寒い季節にはこれに限りますね~。

今回は走ることは走りましたが、美味しいうどんと温泉メインで、ゆったりと楽しんできました。

さてさて、最近平日に作業時間がなくなってしまって、
TL14号は遅々として出来上がりません。
タンクに色を載せたのですが・・・・見事にはじきました。(^^;
f0119755_2238778.jpg






一度はじいてしまうと、なかなか色が載ってくれません。
そこで、タンクに吹いた同じ色を、小さな入れ物(私はパーツクリーナーのキャップを使用)にとります。
少し時間を置いて乾かして、粘度が増すのを待ちます。
それを小筆などで、はじいてしまった所に落とします。
すると粘度があるので、はじかずにすみます。
乾燥したらサンドペーパーで凹凸を均して2度目の塗装をします。
f0119755_22432310.jpg

f0119755_22433316.jpg





もう一回くらい同じ作業を繰り返せば、殆ど分からないくらいになってくれます。

あとはデカールと、クリアで完成予定。
今回はヘッドライトも変わった形になります。
格安部品を使って、涎掛けの現代風・・・・・?

どうなりますことやら、乞うご期待。
by s-fulllife | 2016-02-29 22:48 | 林道ツーリング | Comments(4)
何だか漢字だらけの題名ですが、
内容はいつものとおりです。

さて、前回に続き、最近良く走っている青梅近郊の探索に行ってきました。
待ち合わせ場所のコンビニから、ものの数キロでご覧のような雪景色です。
f0119755_9495812.jpg





そしてこれまたいつものように倒木などありますが、
いつもと違って、雪の中です。
慎重に乗り越えて少し広い場所に出ました。
f0119755_9544859.jpg

f0119755_955241.jpg






この場所は自転車愛好家が多く、
中にはモーターサイクルの進入を快く思わない方もいらっしゃいますので、
無用なトラブルを避けるために、あまり近づかないのですが、
さすがにこの雪景色ですので、チョット探索してみることにしました。

この場所は、進入禁止エリアも多数隣接していますので、
注意しながら本道を進みます。
f0119755_956247.jpg

f0119755_9564126.jpg





走っていると、いるものですね~
何台かの自転車とすれ違いました。
幸い挨拶を交わしてくれる友好的な方々でしたが、
やはりトラブルになると、せっかくの楽しい時間が勿体無いので、
早々にこのエリアから離脱しました。

雪が凍ったアイスバーンに近い日陰道を走っていると、
左側の高台に尾根道らしきものが見えます。
反対側に回り込むと、尾根に続く登り口が見えます。
途中鋭角に折れていて急角度、丸太も横たわっているので、
TL80にはチョット無理そうです。
私も一回足が出て、減点1で登っていくと、
いきなり眺望が開けて、気持ちの良い尾根道に出ました。
f0119755_1044325.jpg

f0119755_104523.jpg





下で待っているバブさんの元に戻って、
きれいな景色のことを伝えると、また路面状況の良い時に挑戦すると、悔しがっていました。

一般道に下りても、尾根道が気になって、
尾根に続きそうな脇道を覗きながら走っていると、
私のナビに、それらしき道が表示されます。

ダメ元でナビにしたがって登っていくと、
道はどんどんガレガレになり、TL80は「押し」が入ります。
f0119755_10105884.jpg





峠らしき場所に出ると、
そこは道が交差する十字路になっています。
地理的には左が先ほどの尾根道になりますので、そちらから探索します。
f0119755_10124888.jpg

f0119755_1013340.jpg





しばらく走ると、思ったとおりに先ほどの尾根道に出ました。
f0119755_10135472.jpg





調子に乗って、先ほど私が登った登り口付近まで行くと、
日当たりの良い尾根道は雪が解けて、ドロドロ地獄と化していました。(^^;
f0119755_1015431.jpg

f0119755_10155589.jpg





大汗をかきながらも、十字路まで戻り、
登ってきた道と反対側に直進します。
すると見覚えのある場所に出ました。
これでルートが繋がります。

遅めのお昼を頂いてから、残りの十字路右側を探索します。
これも予想を立てて、反対側と思われる道から入っていくと、
見事に先ほどの十字路に出ました。
f0119755_1020576.jpg





そしてもう一本だけ枝道を走ると、下りてきてから後悔しました。
これも私のナビに表示されていた道なんですが、
どう見ても、枯れた沢のようで、倒木やらゴロタ石がいっぱいのステキな道でした。
f0119755_10231063.jpg





走行距離は短いのですが、
雪と泥とガレガレと良い眺めを楽しんだ、極楽トレッキングでした。
by s-fulllife | 2016-02-08 10:29 | 林道ツーリング | Comments(2)
久しぶりの更新になってしまいました。
関東地方で大雪が降って、ガレージのひさしが崩壊してしまったり、
仕事の都合などで、しばらく更新できなかったのですが、
久しぶりに平日時間ができたので、おなじみバブさんと近間のお山に行ってきました。

朝から白バイを3台も見かけたので、
より一層安全運転で待ち合わせ場所のコンビニに到着したのは9時30分。
所々まだ雪が残っていて、暖かくなる予報でしたが、朝はやっぱりまだ寒かった。

程なくバブさんと合流して、お山に入ると案の定、良い感じで残雪があります。
f0119755_21341710.jpg

f0119755_21342938.jpg

f0119755_21344186.jpg





何時もは何ということも無い路面ですが、いきなり難易度が上がります。
何やら大きな動物の足跡もあります。
f0119755_21361861.jpg

   <たぶん犬だと思うのですが・・・・・・?>




一度舗装路に出て反対側のお山に行こうとすると、
目の前には一面の雪の原が広がっていました。
f0119755_21384742.jpg

f0119755_21385883.jpg

f0119755_2139763.jpg






この時点で二人とも汗びっしょりです。
寒かった朝が嘘のように気温は上がって、
3月並の暖かさだったようです。
それに加えて雪の中での悪戦苦闘が、オヤジには応えました~。
しばしダベリングと休憩を挟んで、次のお山に向かいます。

その後もお山の中を走り回って、行き止まりだったり、予想外の場所に出たり、
雪のお山を堪能しました。
f0119755_21443371.jpg

f0119755_21444374.jpg

f0119755_21445965.jpg





本当は雪遊びの後に温かいうどんを頂いて、最後は温泉で〆る予定だったのですが、
雪のお山の探索が楽しすぎて、時間をかなりオーバーしてしまったため、
お目当てのうどん屋さんは閉まってしまいました。
別のうどん屋さんで遅いお昼を食べ終わった時点でもう4時になってしまったため、
温泉はパスして帰路に着きました。

この歳になって尚、時間を忘れて遊べる趣味があるということは、
豊かな人生ということなんでしょうね~
f0119755_21513831.jpg

  <本日の損害。スタンドが埋まってしまってバイクを倒してしまいました。哀>
by s-fulllife | 2016-01-29 21:55 | 林道ツーリング | Comments(2)
昨年末から年始にかけて、やっぱり仕事の日々でした。
頑張った甲斐あって、4日の日中に少し時間が取れましたので、
おなじみバブさんと新春の青梅方面に出かけてきました。

朝のうちに一仕事こなして、夕方以降にも仕事が待っていますので、
今回は近場をサラッと走る予定です。

年末にランモモさんたちと行ったお山に向かいます。

良い雰囲気の切りとおしで記念撮影。
f0119755_9293762.jpg





この後、探索を開始。
ぐるっと回ってくることができるルートを発見しました。
f0119755_930383.jpg

f0119755_9305284.jpg

f0119755_9343496.jpg





今まで知っていたルートと合わせると、
「8」の字を描くように回れるルートになりました。

その後、未舗装の都道を走って、通称「クモの巣街道」という尾根道を走るつもりでしたが、
私のナビにもうひとつのルートが表示されています。
先にそちらを探索することにしました。

ルートの入り口を探している時に、かなり低い位置に鳥の巣を発見しました。
もう開き家でしたが、低い位置でも大丈夫な環境だったのでしょうか?
f0119755_9365715.jpg





半分獣道のような、微かな道の痕跡をたどって開けた場所に出ました。
f0119755_938222.jpg





途中分岐した枝道は、急勾配の下り坂になっていて、
もしも行き止まりだったら帰って来られなくなりそうなので撤退。
高圧線の鉄塔にたどり着きました。
f0119755_9405133.jpg





次に、断念した下りの先を、反対側から探索するために、いったん舗装路に戻ります。
地図を頼りに狙いをつけて、道なき道を進んでいくと・・・・
f0119755_943954.jpg





画像では解りづらいかもしれませんが、
TLRが木に引っかかっています。

道はほとんど廃道のような状態で、
藪は深く道を塞いでいました。
尾根道に出る最後ののぼりで、細い木が左手に当ってそのままクラッチレバーを押しました。
エンジン回転が充分上がったところで、枝が外れてクラッチが繋がり、
TLRは高々と宙を舞ったのでした。(哀)
f0119755_9474574.jpg





尾根道に出て、探索を続けましたが、
またもや急勾配の下りで先を確認できずに、
時間の関係で探索は打ち切りとなりました。
f0119755_949308.jpg

f0119755_9495015.jpg

f0119755_9495898.jpg






短い時間ではありましたが、今年一年の行く先を示すような、
楽しい探検ができました。
by s-fulllife | 2016-01-05 09:56 | 林道ツーリング | Comments(2)
先日のお手軽ツーリングが、本年最後のツーリングだと思っていましたが、
別の方面からお誘いが来まして、もちろんしっかりとお誘いに乗り、行ってきました。

場所は圏央道青梅ICの近くですが、
この時期は自転車が多く走っていて、
時折罵声を浴びせる人たちがいますので、
無用なトラブルを避けて、別のルートまで移動します。
しかし、同じ山の中を走らせて貰っている二輪車どうし、
もう少し仲良くしてもらえないものなんでしょうか?
(もちろん気持ちよくご挨拶してくださる自転車愛好家も多数いらっしゃいます。)
f0119755_10103340.jpg





さぁ、本番のお山の中ですが、
いつものようにと言うか、何と言いますか、
連れて行ってもらったので、何処をどう走ったのかまったく解りません。
とにかく、山の中の廃道のような道をひたすら走り回りました。
国土地理院の地図にも載っていない道です。(^^;
f0119755_10134095.jpg

f0119755_10135064.jpg





自転車もハイカーとも、まったく会うことはありませんでした。
どうしたらこんな道を見つけられるのか?
かなりの重症患者の集まりのようです。
f0119755_10153877.jpg

f0119755_10155177.jpg

f0119755_1016560.jpg

f0119755_10161446.jpg





少し開けたところで、コンビニのパンをかじって一休み。
遠くスカイツリーを見ることができました。

その後、激坂を上って下って、たどり着いたのはとある峠の旧道でした。
しかし、その旧道から一般道に出るには3mほどの落差の崖があり、
やむなくそこから、もと来た道を引き返して帰りました。

本日もまだ筋肉痛が続いています。(痛)

今回のツーリングで、一度下りで転倒してしまいました。
かなりの急な下りだったのですが、転倒するほどではないと思いました。
転倒こそしませんでしたが、帰りにも一回下りでオーバーランしています。

確かに私のウデのお粗末な所もありますが、どちらも急に加速してフロントから滑っています。
帰ってから確かめましたが、どうやらステップ位置を移動して、
ブレーキペダルも下げたのですが、ツーリング用に座った状態で操作できるように下げすぎて、
踏み込んだ時にアンダーガードよりも下に出てしまい、
突起物に当ったり、腰を後ろに引いた状態でブレーキが解除されてしまうことが発覚しました。
あの下りを、リアブレーキ解除で下ったことになります。そりゃー転ぶな。
f0119755_10333173.jpg

  <指で押してもこの状態です。私の整備力もこんなものなんですね~、反省。>





ツーリングも、アタックも、同じ調整ではダメ、ということをおもい知らされました。

それから、お誘いいただいたランモモさんからうれしい物を頂きました。
職場で廃棄寸前だった万力とヤスリを頂いちゃいました。
これで、叩いたり曲げたりする自由度が上がります。
ランモモさん、一足早いお年玉をありがとうございました。
f0119755_10392692.jpg





さてさて、今年も残すところあと僅かです。
本年も、当ブログをご愛読いただきありがとうございました。
新しい年が皆様にとって善い年でありますように。
by s-fulllife | 2015-12-29 10:51 | 林道ツーリング | Comments(11)
夜には仕事が待っている土曜日に、近距離のお手軽ツーリングに出かけてきました。
場所は秋山方面。
おなじみの道志みち、国道413号線と甲州街道、国道20号線の間を走る道です。
あの、リニアの試験線があることで有名な場所でもあります。

毎度おなじみのバブさんと、近所のコンビニで待ち合わせて、
ものの一時間も走ればもう秋山街道への入り口です。

早速一本目の林道に入ります。
f0119755_2230611.jpg




細い道を上がっていくと、工事車両がせっせと道を均しています。
こちら方面の林道にしては珍しく眺望が開けていて、
適度なガレ具合だったのですが、少し残念です。
f0119755_22325481.jpg




工事区間を過ぎると、すぐにメインの舗装林道に出ます。
少し上にトンネルがあって、この舗装林道もそこでおしまい。通行止めでした。
峠を下っていると、遥か遠くにリニアの実感線が望めます。
f0119755_22354196.jpg





林道を下りきると、すぐに次の林道の起点が現れます。
f0119755_2237472.jpg





こちらも舗装林道でしたが、いつものようにちょっとした枝道を探索して遊びました。
f0119755_2238228.jpg

f0119755_22381124.jpg




画像で見るよりもガレていて、水の流れた溝も縦横に走っています。
一つ一つの石も尖っていて、ザクザクの道でした。

ところ変わって、こちらは一見爽やかな林道のようでしたが・・・・
f0119755_2241223.jpg





またすぐに倒木があって、これを越えなくてはいけません。
f0119755_22415558.jpg




ようやく越えたと思ったら、次には越えることもくぐることも無理な倒木が道を塞いでいます。
やむなく探索は打ち切りです。

舗装林道に戻って暫く走ると、先ほど遠くにかすんでいたリニア実験線が目の前に見えてきました。
f0119755_22463540.jpg




リニア新幹線が開通すると、我が町にも駅ができる予定になっているので、
実験線といえども、目の当たりにすると感慨深いものがあります。

いくら感心しても、腹の虫は黙ってくれませんので、
秋山温泉の日帰り入浴施設で、温泉無しで、お昼だけ頂きました。
実は帰り道に別の温泉に入って行く予定になっているのでした。(嬉)

遅めの昼食後に、本日最後の林道を目指します。
良い感じの路面が続いたのですが、ここも程なく行き止まりになってしまいました。
f0119755_22522531.jpg

f0119755_22523620.jpg




このあたりの林道は、距離も短く、完抜けの林道はありませんでしたが、
日も短いこの季節にはピッタリのお手軽ツーリングでした。

そしてこのお手軽ツーリングを、極楽ツーリングにしてくれたのは、
本日を締めくくる温泉です。
元々温泉病院があったのですが、
湯量が豊富なので、一般のひとも温泉を楽しめるようにと、
新たに日帰り温泉施設ができました。

湯に浸かりながら、バイク談義に花を咲かせて、
体の心から暖まりました。
f0119755_22585484.jpg

by s-fulllife | 2015-12-23 23:02 | 林道ツーリング | Comments(2)
You Tube では何度も見たことのある加波山の、一本杉林道に行ってきました。

久しぶりにトランポにバイクを積んで、
ご同行のバブさんを途中で拾って出発します。
集合場所までは渋滞も無くスムーズに到着しました。
もうすでに、道案内をお願いしたマロンさんは準備を始めていました。
次々と参加の面々が到着して、総勢11名のオヤジ達が集まりました。
お天気は上々。晩秋の加波山に向かいます。
f0119755_13451289.jpg





林道に入ると、まもなくガレガレの荒れた路面が始まります。
しばらく走ると、有名な崩落現場に到着しました。
f0119755_1347248.jpg

f0119755_13471298.jpg

f0119755_13472316.jpg





ジムニーが本道を塞ぐ形でスタックしていて、それを取り囲むギャラリー、
私たち以外にも旧車に乗ったグループが見物していて、
ほとんど観光名所のようでした。(^^;
これでも立派な県道なんですって。(驚)

崩落現場を抜けると、トライアル大会でセクションにも使われる沢があり、
希望者はそこで岩と水とに遊んでもらいます。
f0119755_13511745.jpg





先に進むと、先ほどよりも少し小さめの崩落があります。
ここは皆さん、問題なくクリア。
f0119755_13522155.jpg

f0119755_13523083.jpg






峠に出て、その先の獣道のようなところに入ると、
少し下った先が見えなくなっています。
急勾配のダウンヒルです。
f0119755_13542063.jpg





路面はウエットでツルツル。私は歩いていても転倒減点5をもらったくらいです。
希望者はエキスパートのⅠかわさんだけでした。もちろん余裕でクリーンです。
f0119755_13575115.jpg





峠の舗装路に戻り、しばらく走ると、大パノラマが待っていました。
尾根の左右両側に展望が開けていて、
ハンググライダーの出発点になっていました。
すぐ近くの筑波山はもちろん、霞ヶ浦まで見渡すことができました。
f0119755_1404387.jpg

f0119755_1405297.jpg





次に、来た道を戻って別のルートに入ります。
こちらは走りやすいしまった路面の林道です。
快適に走っていると、SS(スペシャルステージ)が見えてきました。
尖った大きなロックが点在する、先ほどよりも難易度が高い沢です。
f0119755_14350100.jpg





早速Ⅰかわさんが走っていきます。
続いてマロンさんも。そしてパイン山さんも続きます。
私も後に続きましたが、練習不足で増えすぎた自重に苦しみながら、何とか上りきりました。
f0119755_147346.jpg

f0119755_1474441.jpg

f0119755_1475430.jpg

f0119755_1481100.jpg






と思っていたら、まだまだ先があるようです。(^^;

思わずラインを教えてもらいながらも、先頭グループのところまでたどり着きましたが、
またもやその先をジムニーが塞いでいます。
f0119755_14102846.jpg

f0119755_14103776.jpg

   <本日はこのような場面が、あっちでもこっちでも見受けられました。>





しばらく待ってから、私だけ右側の厳しいルートを行ったのですが、これが大間違い。
ルート途中で、あえいでいる時にジムニーが動いて、ルートが開放されて、
皆さんはそちらから上りきりましたが、
私は戻ることもできずに、上ったというよりも、
ほとんどバイクを押し上げたような状態で何とかたどり着けました。(疲労困憊)
f0119755_14154515.jpg

   <本日の損害。左ミラーも破損しました。>




下界に下りて、待ってましたのお昼ご飯です。すでに時間は2時を回っていました。
奮発してチャーシュー麺を注文していると、隣でバブさんがなにやら慌てています。
胸ポケットに入れていたスマホを落としてしまったようです。
昼食後、本体と分かれて、
バブさんと私、道案内をかって出てくれたⅠかわさんの3人でスマホを捜索に行きました。
f0119755_14212588.jpg






運良く思い当たる場所にスマホは落ちていました。(安)

ここから本体と合流するのは無理なので、3人は来た道を引き返す形で、
例の崩落現場を下りて、トランポまで帰り着きました。
f0119755_142452.jpg

f0119755_14241386.jpg






ちなみに、私たちと別れた後の本体の面々は・・・・・・・・ジゴク、いえ、天国のような林道を走ったそうです。
ご一緒したランモモさんが動画をアップしてくださいました。
リンクを貼らせていただきます。事後承諾ですがお許しください。
KB山ガレツー
by s-fulllife | 2015-11-30 14:34 | 林道ツーリング | Comments(14)
3連休の初日の土曜日、埼玉県名栗方面に安近短ツーリングに行ってきました。

最近は土曜の夜が仕事になってしまったので、
土曜日は出かけるのを控えていたのですが、
日曜日に、オチビのピアノの発表会があり、
翌日の祝日には妻君の実家に用事があったので、
土曜日にしか空きはありません。
そこへおなじみのバブさんから、
お手軽、案近短ツーリングのお誘いがあり、
渡りに船、とご一緒させていただきました。

朝もゆっくりと合流して、お山を目指します。

お手軽とはいっても、お山に入れば非日常が待っています。
f0119755_17132951.jpg

f0119755_17134246.jpg





しかし残念ながら、初めの林道は工事中ですぐに通行止めになりました。(哀)

気を取り直して、名栗湖を目指します。
ふもとでも、もう木々は色づいていて、
トコトコと走っているだけでも町の喧騒を忘れさせてもらえます。

ところが、秋真っ盛りの名栗湖で桜が咲いていました。
10月桜?かな?
f0119755_17193888.jpg

f0119755_17194996.jpg





そうこうしているうちに、もうお昼近くなってしまいました。
こんなマッタリとしたところも、安近短ツーリングのお気楽なところです。

お昼は近くのレストランでランチをいただきました。
f0119755_17244998.jpg






食後のダベリングにも充分に時間をかけて、
待ち時間を入れると2時間近くいたでしょうか?
午後の部の林道に向かいます。

こちらは入り口から崩落があって、4輪車の通行はチョット厳しいかもしれません。
おかげで、その先は極楽です。
路面は荒れていて、溝や倒木が行く手を阻みます。
f0119755_1729247.jpg

f0119755_17291119.jpg

f0119755_17292042.jpg

f0119755_17293087.jpg






あまりにものんびりだったので、お山を下りる前に日が傾いてきました。
それでもこの時期なので、時刻はまだ3時過ぎです。
f0119755_17311310.jpg






お山を後にした帰り道、少々物足りなく感じていたオヤジ達は、
チョット寄り道。
まったく懲りないオヤジたちです。
f0119755_17331415.jpg

f0119755_1733498.jpg

by s-fulllife | 2015-11-24 17:36 | 林道ツーリング | Comments(2)
名物の味噌豚丼と秋の紅葉を求めて、秩父方面に行ってきました。

この秋一番の冷え込みと予報があった秩父の朝は凍える寒さでした。

トイレ休憩をかねて、羊山公園で一休み。
高台から市街が一望できます。
f0119755_21552876.jpg






今回の相棒は、前回に引き続きエムシノアです。
前回とは微妙に変わっているのですが、分かりますか?
f0119755_21494364.jpg





正解は、リアフェンダーをフレ-ムの上に移動したことです。
前回の中津川林道で、大き目のギャップでタイヤがリアフェンダーをこすってしまいました。
サスペンションは限界まで締め込んであるので、
フェンダーを上げるよりありません。
左右のシートレールをつないだアーチをカットして、
幅を狭めて再度溶接。フェンダーをかぶせました。
シートもステーを延長して位置を上げてあります。
f0119755_21545553.jpg






それから、ひっぱる君で格闘していたアルミタンクの修正は、・・・
f0119755_21592428.jpg





分かりづらいですが、10日間で10mm位ひっぱりました。
もうチョット頑張らねば。

さてツーリングに戻ります。
紅葉シーズンで混みあった市街を抜けて、
本日一本目の林道に入ります。
標高が上がってくると、針葉樹の濃い緑と、
紅葉した黄色や赤のコントラストが綺麗です。
f0119755_2231058.jpg

f0119755_2224392.jpg

f0119755_2225578.jpg





枝道を何本か探索した後、
下界に降りて、ランチタイムにします。
実は名物の味噌豚丼は、開店前から行列ができる人気店だったため、
急遽、新蕎麦にメニュー変更しました。
ところがそのお蕎麦屋さんも行列ができています。
再び予定変更で、手前にあった豚玉丼をいただくことになりました。
味噌味で香ばしく焼きあがった豚肉に半熟卵がトッピングされた丼を予想していましたが、
出てきたものは、豚の角煮丼に半熟卵が乗ったものでした。
f0119755_2282339.jpg

   <もちろん大盛りです。>




少し味は濃い目でしたが、美味しくいただきました。ご馳走様です。

次に。秩父ミューズパークに、見ごろを迎えたイチョウを見に行きます。
ですが、残念ながらもう散ってしまって、見ごろは過ぎていました。
暖かくなってきたので、みんなでアイスをほおばり、
近くの「秘密の花園」に向かいます。
高低差は余りありませんが、枝道いっぱいで、楽しくトレッキングできるフィールドです。
f0119755_221395.jpg

f0119755_22134729.jpg

f0119755_2214274.jpg

f0119755_2215045.jpg

  <下りきったら行き止まり。振り返れば楽しいヒルクライムが待っています。>




最後に少し開けた場所でダベリングをして、思い思いにトレッキングします。
f0119755_22165591.jpg





陽も傾いてきたので、国道を避け、裏道の峠を走り抜けます。

朝の集合場所までもう少しというところで、
先頭がいきなり左折しました。
何処へ行くのかと思っていると、暗闇の中のSS(スペシャルステージ)が始まりました。

圏央道の高架下や、ゴルフ場のフェンスの横道、
雑木林の中をどう走ったかまったく分かりませんが、
暗闇の丸太越えまでありました。(^^;
f0119755_22212049.jpg

f0119755_22213234.jpg





バブさん、いつも下調べとご案内、ありがとうございます。
ランモモさん、最後のサプライズ、楽しかったです。
また、ディープな世界に誘ってください。

10月末で無料開放された、八王子バイパスを通って、
いつもより少し早めに帰宅することができました。
by s-fulllife | 2015-11-02 22:28 | 林道ツーリング | Comments(6)
絶好のタイミングで素晴らしい紅葉の中、
エムシノアの林道デビューに行ってきました。

いつものコンビニに少し早めに集合して、まずは秩父方面を目指します。
f0119755_15475923.jpg





秩父へは国道を使いますが、それほどの混雑も無く、
予定よりも少し早めに、道の駅ちちぶに到着しました。
ここでとっちーさんと合流予定です。
ですが、見知ったお顔がもう一人。
セル付のイーハを所有している赤イーハさんが4輪でいらっしゃいました。
程なくとっちーさんも合流して、スタンドでガソリン補給をします。
エムシノアにとってはじめての燃費計測になります。
42Km走って1.12L・・・・・燃費は37.5Km/Lという事になります。
ここまで好条件で走ってこれたにしろ、びっくりするくらいの好燃費です。

さてここから気持ちの良い道が続きます。
f0119755_15575631.jpg

f0119755_1558881.jpg





ループ橋を走るころには、風は一段と涼しくなります。
紅葉もちらほらと目につきだしました。

中津川林道の入り口で集合写真を撮ります。
f0119755_1612244.jpg





4輪でいらっしゃった、赤イーハさんはここで撤収。
またツーリングに出かけましょう!

ここまでエムシノアは快調です。
さぁ、関東屈指のロングダート、中津川林道に走り出します。
f0119755_1633630.jpg

f0119755_1635755.jpg

f0119755_16474.jpg

f0119755_1642657.jpg

f0119755_1644452.jpg

f0119755_1645363.jpg

f0119755_165288.jpg

f0119755_168261.jpg





紅葉真っ盛りの林道を、写真を撮ったり、一息つきながら眺めたり、
三国峠まではフリー走行で各々楽しみました。
f0119755_1664247.jpg

  <三国峠のとっちーさん。良い顔しています。>




軽くお茶と軽食を済ませて、次に大弛峠に向かいます。
三国峠から長野側は、一変舗装路が続き、
のどかな高原野菜の畑が広がっています。
f0119755_16111531.jpg





ここから、大弛峠に向かうと路面はダートに変わり、
木々も色づき始めます。
f0119755_16123069.jpg

f0119755_16123921.jpg





標高2000mをゆうに超える峠では、登山客のマイカーで埋め尽くされていました。
f0119755_16152569.jpg





さて、塩山まで下ってラーメンで遅めの昼食の予定でしたが、
予定の時間をかなりオーバーしてしまったので、
目指すラーメン屋さんは昼休みに入ってしまいます。
止むを得ないので、コンビニで軽く食事を済ませます。(哀)

ここから、柳沢峠を越えて奥多摩から帰路に着きます。
本日3つ目の大きな峠越えとなります。

しかし、ただ帰るだけなら、R20でも良かったのですが、
わざわざ峠越えを選んだ訳があります。

お昼ごはんを軽く済ませても、林道はしっかり走りたい。
という訳で、柳沢峠近辺でまたもや山に入ります。
f0119755_16414956.jpg





林道をしばらく走って、先頭のスコさんが脇道(?)に入りました。
あまり道とは呼べない代物です。(笑)
f0119755_16235032.jpg

f0119755_16235892.jpg

f0119755_1624879.jpg





坂を上ったその先には、気持ちの良い尾根道が待っていました。
f0119755_16253940.jpg





いつもは下から登ってくるそうですが、
今日は時間も無いので、お手軽に下るそうです。(^^;
f0119755_16264947.jpg





山の日暮れは早く、下りきったころにはもう薄暗くなってきました。
このあとはひたすら街を目指して走ります。

途中のコンビニで最後の休憩、再会を誓ってお茶で乾杯をしました。
f0119755_16285861.jpg





そうそう、ここで忘れられていた本日のメインイベント。
あーさんのペガサスが走行10万Kmを突破しました。
f0119755_16302316.jpg





気がついたときにはすでに51Km過ぎていましたが、
30年かかって走った大記録です。
あーさん、目指せ20万Km!!!(^^)v

本日の総走行距離、307Km。
ステップ位置変更と、楽チンシートのおかげで、腰もお尻も無事でした。
by s-fulllife | 2015-10-19 16:45 | 林道ツーリング | Comments(12)

by ぷーたとうさん