ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

カテゴリ:林道ツーリング( 65 )

言ってみれば地元である道志道ですが、
まだまだ知らない所がいっぱいあります。
ネットと地図を頼りに、私にとっての未開の地を探索してきました。

昨晩、仕事で遅くなったのですが、
やっぱり好きなことをするときは何とか目が覚めるものです。
昨晩までの雨に煙る早朝の道志道に出かけてきました。
f0119755_18281326.jpg





まずは、かなり昔に行ったことがある林道に向かいます。
入り口が旧道になってしまったので、見つけるのに苦労しましたが、
案の定、ゲートでしっかりと封鎖されていました。
何だか出だしからついていません。
気を取り直して、次の林道へ。
ココにもゲートがありましたが、こちらは解放されています。
f0119755_19245388.jpg





少しダートを走った後に、すぐに舗装路になってしまいました。
がっかりしながらも、行き止まりまで行こうと思っていたら、
再びダート道に。
f0119755_18332646.jpg





しかもだんだん荒れてきて・・・・・最終的には沢のようになってしまって、そこで行き止まりでした。
f0119755_18343960.jpg





ピストン林道でしたが、適度に荒れていて楽しめます。
しかし、今回は運よくゲートが開いていましたが、きっといつもはしっかり閉じているんでしょうね~

旧道から道志道に戻って、しばらくは観光の四輪やバイクと国道を走ります。
「道志の湯」の看板が見えたらそこを左折。
どんどん進んでゆくと、やがて道はダートに変わります。
f0119755_1839311.jpg





ここはいつ来ても走りやすい林道です。
林道越路線との分岐を過ぎるころには、路面や法面が白くなってきます。
このため、バブさんと私は、ここを白亜峠と呼んでいますが、本当は浦安峠と言うみたいです。
その白亜峠もしっかりとゲートで閉ざされています。
f0119755_18431854.jpg





証拠写真を撮って、先ほどの分岐から林道越路線に入ります。
この林道は打って変わって荒れていて、走りごたえ十分です。
f0119755_1845207.jpg





朽ち果てた東屋もまだ健在です?朽ち果てたのに健在?まぁ、見ての通りです。

かなり下ってきて、道志道が近くなってきたころ、
魅惑的な枝道があります。
f0119755_18482881.jpg






ここは以前にも来たのですが、100mほど先で道が崩落していて、
その先に進めなかったところです。
はて?今回はどうでしょうか?
崩落現場はありましたが、脇に歩行者や二輪車なら通れるくらいの道が出来ています。
f0119755_18511842.jpg





これなら行けそうです。
先に進むと、雨水で流されて道は大いに荒れています。
オマケに岩はゴツゴツと尖っていて、なかなか冒険心がくすぐられます。
f0119755_18532959.jpg





荒れた道は九十九折れに上へ上へと延びています。
登り切ると、尾根道のような穏やかな道になります。
が、油断していると、大きくえぐれて崩落している場所や、
倒木が行く手をふさいでいます。
そしてこんなお客さんまで。
f0119755_18563763.jpg





画面中央、分かりますか?
いきなり前を横切って、凄い角度の崖を上って行きました。
クマさんでなくて良かったです。
f0119755_1859732.jpg

f0119755_18592054.jpg

f0119755_1859293.jpg

  <ここは一歩間違ったら・・・・・・怖!>




気持ちのいい尾根道はいきなり終わります。
その先にも行けそうですが、雨上がりの路面と、単独行だという事で今回はパスします。
f0119755_1915611.jpg

f0119755_192535.jpg





思わぬ冒険が出来て、にやにやしながら道の駅道志に到着。
軽くナッツと飲み物で朝食を摂ります。
そしてすぐに出発。ダべリングがないと速いです。

山中湖方面に向かってから、ほどなく右のお山に入ります。
結果として、地図で見つけた林道は全線舗装だったのですが、
美味しい枝道がいくつかありました。
f0119755_1973690.jpg





はじめに入った枝道は、しばらく走った後にいきなりつるつるの急斜面になりました。
f0119755_1983662.jpg





ココも、冬になって雑草が少なくなって、あのヤマビルがいなくなってから探索してみましょう。

この林道から、道志道へ下る道も発見しました。
枝道はみなピストンですが、全部合わせると7~8Kmくらいになりそうです。
ピストンなのでこれを往復すれば15Kmほどのダートになります。
f0119755_1913333.jpg

f0119755_19132048.jpg

f0119755_19133987.jpg

f0119755_1914781.jpg

f0119755_19143270.jpg

f0119755_19144440.jpg





今回は、休憩のたびに足元を確認、幸いヤマビルの被害には会いませんでしたが、
楽しいお山で、クマさんとヤマビルにはお会いしたくないものです。
・・・・エッ?誰ですか~私がクマさんと間違われないように気をつけなさいなんて言っている人は!
私は今回、れれれのおじさんでした。
帰り道、もう少しで道志道が終わるころ、
コンビニで休憩しようと駐車場に入りました。
バイクから降りて、自分のバイクを眺めると!?

どうやら、最後の林道から、ず~っと道志道を掃いていたようです。
このまま、たくさんの観光の車やバイクとすれ違って、たまに「ピース」とかやっていました。
私の人生、何かしらのオチが付いて廻るようです。
f0119755_19225838.jpg

by s-fulllife | 2016-07-10 19:30 | 林道ツーリング | Comments(7)
月末の忙しさも一段落して、平日ですが日中に少し時間が出来ました。
梅雨の真っただ中ですが、外は真夏のような太陽が照り付けています。
いつもいつも、出かけるときは、バブさんにルートをお任せしてばかりですので、
たまには新ルートを開拓してみようかと思い立ちました。
国土地理院の地図を頼りに、夕方までに帰ってこれる場所をピックアップして出かけました。

まずは、牧野地区から相模湖方面に抜けていそうな道です。
f0119755_10521411.jpg





一番わかりやすいところから入ります。
突き当りのT字路を左に行くと日連大橋、相模湖方面のはずです。
右側は山の中に続いていますので、帰りにでも寄ってみましょう。
f0119755_1054362.jpg

f0119755_10541386.jpg





地図上では一応道になっていますが、夏草が生い茂っていて、獣道に近いように見えます。
しばらく走ると細い舗装路に出て、小さな神社の前に出ました。
f0119755_1057043.jpg






なるほど、速いかどうかは別にして、これは十分に抜け道としても使えそうです。

次に、日連大橋を渡って、中央本線の踏切を渡って、トンネルをくぐります。
f0119755_10595473.jpg





このトンネルも一度見に来ようと思っていたのですが、
出口がなんともユーモラスな形をしています。
おじ太郎さんのブログでも紹介されたことがありますが、
こんなに近くだったとは。

次に、ここから相模湖の北面を横断して小仏トンネル付近まで伸びている林道に向かいます。
ただ、この林道はおそらくゲートで封鎖されていると思われます。
f0119755_1145060.jpg





やはりというか何と申しますか、林道はゲートでがっちり封鎖されていました。
横から入ろうと思えば何とか入れそうですが、
ダメだということを無理やりやってしまうと、面倒なことになりかねませんので自重します。
大人ですから。
f0119755_1171462.jpg





枝道にもしっかりとゲートがあります。
神奈川県は厳しいですね~

次に、陣馬山の登山口がありますので、場所を確認。
もちろん登山道には入りませんが、その横に別の道が走っています。
f0119755_1191379.jpg

f0119755_11102858.jpg






しばし山の中を走っていると、突然景色が開けて、山の中の畑に出ました。
反対側からは別の道で登ってこれるようですが、こちら側からは畑を突っ切らないと道がつながりません。
それは論外ですので、来た道を引き返します。
とちゅう、真っ白なニャンコに遭遇しました。
f0119755_1113732.jpg






アスファルトの道に戻って、最後にもう一つ気になっていた場所を目指します。
ここは、ダートではありませんが、切通の風情あふれる峠道です。
途中、橋桁が崩れて通行止めの橋がありましたが、そこには熊に注意する旨の張り紙もありました。
この辺りは最近、熊の目撃情報が相次いでいる地域です。
日中はほとんど心配ないようですが、朝夕や、どんよりと曇っているときなど要注意だそうです。
山で遊ぶものとしては、他人ごとではないですね~
f0119755_11181772.jpg






ひなびた集落を縫うようにして高度を上げて行くと、お目当ての切通がありました。
倉子(くらご)峠です。
f0119755_11201946.jpg

f0119755_1121223.jpg





峠を後にして、再び県道に出ます。
時間があまり残っていないので、ここで引き返しますが、
はじめに通った抜け道の反対側が気になります。
それとは別の抜け道は、いい雰囲気でしたが、途中で通行止めでした。
f0119755_11244044.jpg






さてさて、T字路の反対側は?
走っていくと、すぐに高圧線がありました。
ここまでは四輪車でも入ってこれそうですが、その先は道が細くなります。
f0119755_11262322.jpg





少し走ると、骨組みだけの家を発見。こんな場所に何で?
f0119755_11272683.jpg





しばらくは細くても快適な尾根道を走ります。
f0119755_11281915.jpg





少し急な坂を上った先には、シイタケ栽培の畑が広がっていて、その先は藪の中です。
枝道もありましたが、これも藪がひどく、今の季節に一人で入ってゆくのは危険と判断して引き返しました。
f0119755_11312592.jpg





実は気になっている所はまだあるのですが、
少し距離があるので、お休みの日でないと行けません。

今日も、地図を眺めながら、楽しいお山との出会いを妄想するのでした。(^^)v
by s-fulllife | 2016-07-02 11:40 | 林道ツーリング | Comments(2)
半分ダメかな~、と思っていたお天気が思いの外良く、
絶好のツーリング日和に、五日市方面に出かけてきました。
いつものバブさんとあーさんの三人旅の予定でしたが、
バブさんは、集合場所の手前で、あーさんと逸れてしまったそうです。
集合場所は伝えてあるので、しばらく待っていましたがあーさんは現れず。
少し戻ってみましたが見当たらず。おまけに携帯も持っていないので連絡が取れず。
仕方なく、バブさんとの二人旅になってしまいました。

まずは、五日市の駅のほど近くの林道へ向かいます。
もう季節は夏ですね。草が生い茂っていて冒険ムードを掻き立てます。
f0119755_1637025.jpg

f0119755_16415422.jpg






ですが、その後は整備された林道が続いて、
テッペンは展望台になっていました。
少し湿度が高いので、ぼんやり霞んでいましたが、
東京西部の街並を一望することができました。
f0119755_16414110.jpg







次に、ガラにもなく紫陽花を見に行きます。
公園の中までは入りませんでしたが、
道端にも見事な紫陽花が花を咲かせていました。
f0119755_16441695.jpg

f0119755_16442618.jpg






そのまま公園の横を抜けて、峠の頂上では工事の真っ最中で、
景色を堪能することはできませんでした。
峠の下りには、まだ少しダートが残っています。
この近辺でも貴重な通り抜け可能な林道です。
f0119755_1647218.jpg





檜原街道まで降りてきて、さらに檜原村を目指します。
東京にもまだ「村」があるんですね~
f0119755_16533152.jpg





朝のあーさん事件があったので、時間が押しています。
この辺りでお昼にしましょう。
街道沿いのうどん屋さんで、大盛のつけうどんをいただきました。
1000円也。ちょっとお高いかな?
しかしお腹はいっぱいになりました。

この先に林道の入り口があります。
街道を左に折れると標識がありました。
でも正直、なんて書いてあるか分かりません?
f0119755_16544788.jpg

f0119755_16594821.jpg





行き当たりまで走って、戻ってきます。
途中、秘密基地のような小さなログハウスを発見。
憧れちゃいますね~こういう感じ。
f0119755_16593556.jpg





戻ってくる途中にもう一つの林道が待っています。
実はこれが本日のメインディッシュです。
f0119755_1714935.jpg

f0119755_1715911.jpg





本日の林道は、ガレガレも無く、整備されて引き締まった走りやすい林道ばかりでした。
お天気も、路面も、私たちも、爽やかそのものです。(笑)
f0119755_173509.jpg

f0119755_174461.jpg





5Km弱で行き止まりになりました。
f0119755_1745499.jpg





帰り道、ちょっと物足りなかったと言う訳ではありませんが、
探索心が進路を変えます。
作業道のような短い道を何本か走ってから、アスファルトの街道に降りてきました。
f0119755_177052.jpg

f0119755_1771139.jpg






帰りは交通量も多いので、大人しくファミリーカーについて走ります。
f0119755_178975.jpg





通り抜け可能な林道の麓にあるこんにゃく屋さんで、
つるつるのこんにゃく麺をお土産にして、街へと続く道を走ります。
むしむしと熱いアスファルトを走りながら、お山の涼しさを実感するおやじ二人旅でした。
f0119755_17104922.jpg

by s-fulllife | 2016-06-27 17:13 | 林道ツーリング | Comments(2)
今朝、大きな荷物を抱えたオチビを送り出しました。
今日から修学旅行です。
その少し後に、講演を聞くために妻君が出発しました。
お店で朝の発注修正を終わらせれば、つかの間の自由な時間が待っています。
本日は出来上がったばかりのTL15号・PAMPUTA3で、
どこかの林道に行こうと思います。
天気予報よりもお天気は良く、ライブカメラで見てみると、
先日なかなか姿を見せなかった富士山が、きれいに見えています。
と言う訳で、山中湖近辺の林道を走ってくることに決めました。
f0119755_15442748.jpg





出発が遅めだったので、道志道もスイスイとは行きません。
サンデードライバーの後ろについて、ゆっくりと走って行きます。
このバイク、ゆっくりと走っても不思議と快適です。
私や私の前を行く四輪車を、かなり強引に抜いてゆくバイクもいますが、
同じバイク乗りから見ても危ない場面が多々あります。
私も若かりし頃は、いろいろと無茶をしていたので、
偉そうなことは言えませんが、山中湖に着くまでに道志道で2件のバイク事故がありました。
事故はみんなが痛い思いをします。自分も相手も家族も友人も。
もうチョット余裕あるライディングができれば、楽しい一日になると思うのですが・・・・・。

さて、山中湖に到着すると、富士山がその雄姿で出迎えてくれました。
f0119755_1549148.jpg





少し休憩してから、大平山に向かいます。
前回はガレガレの林道でしたが・・・・・・?
何ということでしょう、劇的アフターになっています。
道は砕石が撒かれて整地され、何の苦労も無く、何の面白味も無く頂上に着いちゃいました。
f0119755_15532446.jpg

f0119755_15533515.jpg





本来の目的は、林業と頂上の設備の維持管理でしょうから、
もちろん楽に登れる方が良いのでしょうが、それでもあえて言わせてもらえば、
「もったいな~い!」

頂上では写真だけ撮って、さっさと降りてきました。
でもやっぱり、景色だけは最高でした。
f0119755_15572092.jpg





次に、これも前回訪れたヒミツの花園。
前回よりも緑が濃くなりましたが、雄大な景色は健在で、
前回走れなかった道も、いくつか探索することができました。
f0119755_15593946.jpg

f0119755_1648439.jpg

f0119755_15595378.jpg

  <バイクの向こう側、ストンと落ち込んでいる激坂です。>





前回訪れたときに、下がどうなっているか分からなかったので断念した道も、
下から登るルートを発見して、上までつながりました。
でも、途中に凄い角度の急坂を発見。さすがに一人だったのであきらめましたが、
きっと、あの方たちは行っちゃうんでしょうね~(^^;

しかし、ソロだとペースが速い。
と言うか、休憩しても話し相手がいないので、すぐに出発してしまって、
結果、目的地にすぐたどり着いてしまいます。

夕方には猫の世話をしなくてはならず、妻君も帰って来るので、この辺で切り上げます。
帰りに道志の林道を少し走って帰りました。
バブさん、例の尾根道は、入り口が大きく開いていて、林業の作業道になっていました。
気持ちの良い道は健在ですが、いつ無くなっても不思議ではないような状況です。
f0119755_1682376.jpg





山中湖畔は気温21度。ウインドブレーカーを着ていないとチョット寒いくらいでした。
街に戻ってくると、気温は28度。林道の出口でウインドブレーカーを脱いで、
メッシュのジャージで街へ走り出しました。



出来上がったTL15号は、題名にも書いた通りLEDのヘッドライトを付けてあります。
厳密に言うと、LEDのヘッドライトバルブですが。
f0119755_16333780.jpg

  <汎用品の安物ですが、光量は凄いです。>



とにかく光量は文句ありません。広告の謳い文句にもあるように、「激光」です。
ですが、ハロゲン用のリフレクターには合わず、光が散ってしまいます。
夜の駐車場で試してみましたが、ハイビームは空を照らしています。
そして、ローとハイの間に隙間があって、暗い部分が出来てしまっています。
f0119755_1623169.jpg

  <ロービーム・もう少し遠くを照らして、カットラインもあれば最高なんですが・・・>



f0119755_1624257.jpg

  <ハイビーム・ローと同時点灯ですが、照らしていない部分があります。>



f0119755_16261353.jpg

  <塀に向かって照らすと、隙間が一目瞭然。>



そこで、この隙間をある程度埋めて、ロービームの補助をするスポットライトを付けました。
f0119755_1628566.jpg





完璧ではありませんが、何とか使えそうです。

あとの仕様は、前パンプータ号とあまり変わっていません。
ステップ位置変更、ブレーキ、シフト両ペダルも加工。
セル始動にフロントディスク、リチウムイオンバッテリーはリアフェンダーに埋め込み。
今回は、リアフェンダーとシートを高く取り付けたので、
少し短い社外リアサスでも、そのまま使って大丈夫でした。
f0119755_16354572.jpg

f0119755_16355835.jpg

f0119755_163671.jpg




山中湖とその近辺の林道、多少の街乗りも含めて、
191Km走行で6,02L。燃費は31,7Km/Lでした。

って、チョット待ってください!
タンク容量6,5Lのはずですが、何で6,02Lも入ってリザーブにならないの~?
もう少しガソリンを消費したら、燃料コックを確認しなくては!
by s-fulllife | 2016-06-12 16:52 | 林道ツーリング | Comments(6)
今回は舗装路主体で、美味しいお蕎麦を食べるツーリング。
というお誘いを受けて行ってきました。ところが・・・・・

今回はスペシャルゲストがいらっしゃるそうなので、
きっと私のファンの女性に違いないと思っていましたが、
当日お会いしたのは、お久しぶりのおじ太郎さんでした。
TL関東愉快な仲間たちの最古参のメンバーのおひとりです。
積もる話もそこそこに、まずは肩慣らしにいつものフィールドへ。
f0119755_15364448.jpg





舗装路主体とは言っても、これくらいはね~

本日の参加メンバーは、おなじみのバブさん、あーさん、おじ太郎さん、スコさん、ランモモさん、
私を入れて合計6名のおじさんたちです。
f0119755_15411496.jpg

f0119755_15413430.jpg





肩慣らしの短い林道を通って、秩父方面へ抜ける林道の峠へ向かいます。
もう何度も訪れたことのある有間峠です。
でもこの先には行ったことがありませんでした。
舗装路の峠道を走って行くと、小さな集落の小さな橋を渡ります。
下ってきたはずの道は、今度は逆に高度を上げていきます。
そしてアスファルトが終わって道はダートに・・・・。
f0119755_15462492.jpg





もちろん舗装路主体ですが、決して舗装路だけではないので致し方がないことです。

しばらく走ると橋の向こうにゲートがあって、ここで終了です。
f0119755_1548963.jpg





来た道を引き返して、秩父の街に降りて行きます。

ランチタイムの前に、今回もSLの雄姿を鑑賞することにします。
バブさんが調べてくれた時間に、駅の向こうから列車がやってきました。
f0119755_15523685.jpg





アレッ?アレレ?最近のSLはカラフルなんですね~
がっかりして、移動の準備を始めると、数分後に明らかに汽笛の音が近づいてきます。
f0119755_15543195.jpg





10分ほど遅れて本命登場。
秩父鉄道ではジダンばりのフェイントをかましてくるようです。

そろそろお腹もすいてきたので、昼食にします。
前回大行列で食べることができなかった、評判のお蕎麦屋さんに到着。
少し待ちましたが、美味しいお蕎麦のランチをいただきました。
f0119755_15503430.jpg

f0119755_15505598.jpg

f0119755_1551699.jpg





昼食後は来た道を帰りながら、枝道を探索する計画です。
舗装路主体の爽やかツーリングで美味しいおそばを食べに行きませんか?
というメールでお誘いを受けたのですが・・・・・まぁ、楽しいので良いか。

まずは、植林用の作業道へ。
鹿避けのネットや、苗木を保護する金網がいっぱいです。
崩落個所に、重点的に植林してあります。
f0119755_1621956.jpg

f0119755_1623559.jpg





行き止まりで引き返します。
それにしても、この辺りは緑が深い。
鹿避けの網があるということは、それだけ野生が身近にあるんでしょうね~。
f0119755_1641570.jpg





そろそろ陽が傾いてきましたが、まだ探索は続きます。
往路で見上げた山の上に、林道らしき筋が見えていました。
そこに繋がっているであろう入り口を発見!突入します。
f0119755_1671477.jpg





だんだん高度が上がってくると、小さな崩落があります。
そして第一の大きな崩落現場。
f0119755_1675135.jpg





後ろから来たジムニーはここで撤退しましたが、
二輪車の機動力からしてみれば問題のないところです。
全員、難なくクリアしました。
f0119755_1692695.jpg






しかしその先に、第二の大きな崩落がありました。
これは手ごわい。
f0119755_16103348.jpg





尖った岩でパンクの危険もあります。左側に落ちたら命にかかわります。
撤退ムードが漂う中、誰かが、
「この先の爽やかな景色を見ないと、爽やかツーリングが成り立たない!」
などと、余計なことを言ったので、この先を目指すことになってしまいました。
f0119755_16134584.jpg

f0119755_161359100.jpg





一台一台、慎重に岩を超えて行きます。
全員が渡り終えた先には、やっぱり爽やかな景色と林道が待っていました。
撤退ムードを一蹴してくれた、
ジョークのセンス抜群でジャニーズ系のイケメンに感謝です。(笑)
f0119755_1616158.jpg

f0119755_16161686.jpg






林道の終点で一休みして、引き返します。
帰り道は行きよりも全員スムーズに渡れたような気がします。
f0119755_16175710.jpg





林道から舗装路に出て、有間峠に着いたときには、もう夕刻が迫っていました。
f0119755_16193497.jpg





ここからは本当に舗装路を走って帰るだけです・・・・・・が、
ランモモさんとスコさんに誘われて、ちょっと寄り道。
決して舗装路主体ではないツーリングの締めくくりとなりました。(^^;

でもやっぱり楽しかった~!!!



ん~、なんか忘れているような・・・・・

そうそう、今回のバイクは、TL15号です。
実は14号と並行して密かに建造していたのでした。
出来上がりは14号に少し遅れましたが、
今回がツーリングデビューでした。
その名も、「パンプータ3」。良く走ってくれました。
まだもう少し手を加えるところが残っていますので、
完璧ではありませんが、200Kmほどのツーリングでも、
ネジを一本落としただけで、他にはトラブルもありませんでした。
その他のところもしっかり増し締めしておきます。

さて、梅雨の前にもう一回くらい、走っておきたいですね~
f0119755_16283165.jpg

by s-fulllife | 2016-05-30 16:42 | 林道ツーリング | Comments(10)
春先に延期になっていた、富士山の絶景を眺めるツーリングに行ってきました。
ところが、雨こそ降らないものの、空には雲がモクモクと。
山中湖半に到着しても雲は晴れてくれませんでした。
f0119755_9245031.jpg





街中はもう暑いくらいですが、この辺りは清清しい風がふいています。
富士山が姿を隠したままなのは残念ですが、
高原の風を受けて、爽やかツーリングの始まりです。

混み合った湖周辺の国道を避けて、山越えのルートに入ります。
新緑が気持ち良い!
f0119755_9282965.jpg





さらに裏道を進むと、倒木が行く手を阻んでいます。
f0119755_929968.jpg





頑張れば下を潜れそうですが、本日は爽やかツーリングですので、
そういうことは次の機会にしておきます。

倒木の道から回り道で、富士山の絶景スポットに向かいます。
f0119755_9323432.jpg

f0119755_9324521.jpg





アレッ?あれあれあれ・・・?
爽やかツーリングのはずなのですが・・・・?
f0119755_9335582.jpg

f0119755_934784.jpg






まぁ、途中は割愛いたしますが、
爽やかに頂上に到着しました。(笑)
ですが、やっぱり富士山は雲に隠れたままです。
f0119755_9353429.jpg






お山を下りて、地元の吉田うどんで昼食を摂り、
次の絶景スポットへ向かいます。
ここははじめて訪れる場所です。
富士吉田の町並みが見渡せる素晴らしい眺めですが、
ここでも富士山は拝めず、眺めの良いときにまた訪れてみたい場所です。
f0119755_9394554.jpg

f0119755_9395756.jpg

f0119755_940630.jpg





ここは斜面に縦横に道が走っています。
お山の頂上は登山道になっていますので、
そのすぐ下まで上がってみると、天空を走っているような錯覚に陥る気持ちの良い場所でした。
f0119755_9423863.jpg

f0119755_9425119.jpg






最後に、神社に湧き出る有名な湧水(霊水)を一口味わうために、
隣接する温泉を目指します。
結局そこでも、その先の林道を走って、峠まで行ったのですが、
途中で、この日初めて富士山が顔を見せてくれました。
f0119755_9471347.jpg

f0119755_9472251.jpg






お目当ての霊水は、温泉施設の入浴券を購入しないと飲めないことになったそうで、
その張り紙を見たとたんに、霊水が一気に下世話な水に思えてしまって、
飲まずにそのまま帰ることにしました。

ともあれ、爽やかな景色と、爽やかな風と、
爽やかなオヤジの爽やかツーリングでした。(一部ガレ場あり・笑)
by s-fulllife | 2016-05-17 09:59 | 林道ツーリング | Comments(8)
月末月初の忙しい時期に、
でも、世間並みにゴールデンウイークを楽しみたく、
おなじみバブさんに誘われるまま、
新緑の奥武蔵路に行ってきました。

集合場所には、これまたおなじみの、あーさんもいらっしゃいました。

混み合った国道を避けて、裏道を走ります。
そこから短めの林道を走って奥武蔵グリーンラインに出ます。
f0119755_9504451.jpg





信号も無く、渋滞も無く、時折観光の四輪車が走っていますが、
新緑の尾根道は快適です。
おなじみの峠には、臨時のカフェも出店していました。
f0119755_9522733.jpg

f0119755_9523820.jpg





快適な尾根道から、秩父方面に向かって林道を下っている時に、
何かカラカラと音がします。
サイドスタンドのボルトが脱落して、プラプラ状態でした。
早速予備のボルトで修理して、次に高原の牧場を目指します。
f0119755_10114225.jpg






それにつけても、GWとは思えないほど渋滞も無くスイスイ走れます。
ところが流石に高原の観光牧場は、人でごったがえしていました。
早々に退散して、人気の少ない牧場の外れで写真だけでも一枚。
f0119755_10112785.jpg






そろそろお腹もすいてきたので、皆野駅前のお店へ。
f0119755_10131497.jpg






久しぶりの鰻です。
注文を受けてから捌いて焼くので、30分ほどかかります。
f0119755_10144918.jpg






う~ん、美味。旨い。
「かどかわ」よりも甘みの少ないタレで、身の柔らかさは上かもしれません。
もう少し外側がパリッと香ばしかったら、「かどかわ」以上だったかもしれません。
いや~久しぶりに旨い鰻を堪能しました。

その後、近くの河原で少し時間をつぶして、
今回の目的のひとつでもあるSLを鑑賞します。
f0119755_10195029.jpg





特に鉄道マニアというわけではありませんが、
機械の持っている機能美は大好物です。
f0119755_1021226.jpg

f0119755_10211310.jpg






環境面から考えると、黒煙を上げて走る蒸気機関車は、
必ずしも現代には、そぐわないかもしれませんが、
この雄姿は、理屈抜きに機能美に満ちていると思います。

さて、後は帰り道ですが、
GWの国道は酷道になりかねないので、
やっぱり裏道を使います。
同じ考えの四輪車もいて、行きほどスイスイは走れませんが、
渋滞路よりは幾分気持ちも違います。

そして本日最後の林道に入ります。
f0119755_10385120.jpg






グリーンラインから一般道に下りてゆくと、途中にガレガレの枝道があります。
私はそこを下って、バブさんたちと下で落ち合うことにしました。
知らない道ですが、道は一本道のはずでした・・・・。
ところが下ってゆくと、道は一本ではありません。
何本か走っても行き止まりです。
そして、最後に残ったのは、もはや道とは呼べないような道。
小規模な土石流の跡のようでした。(^^;
流石にここを単独で下って、もしもミスコースだったら、戻ってこれるかどうか?
時間もそろそろ夕闇が迫る頃です。
仕方が無いので引き返しましたが、バブさんたちとは逸れてしまいました。

その後、携帯も通じなかったので、ショートメールで先に帰宅するメッセージを残して、
来た道をひたすら走りました。
途中、シャガの花が綺麗に咲いていたので一枚。
f0119755_10383190.jpg





入間から八王子を抜けて、我が家に帰り着いたのは午後6時半を少し過ぎた頃でした。
途中、バイパスでリザーブになったのですが、
林道と峠道を走って、特に帰りのグリーンラインはかなりのハイペースでしたが、
燃費は32Km/Lも走っていました。TLM恐るべし!!!
by s-fulllife | 2016-05-02 10:51 | 林道ツーリング | Comments(8)
お天気に恵まれて、初夏のような日差しの中、
久しぶりに倒木が行く手を阻む林道に行ってきました。
倒木の下を潜ったり乗り越えたりするので、
軽く取り回しの良いTL14号で出かけます。

ネットなどで調べると、
やはりNX125はパワーが無く、
最高速度も3桁に届かないといった記載が数多く見られます。
評判どおりに朝のバイパスでは、
周りの車の流れに乗るのが精一杯です。
ゆったりとした田舎道が似合いそうなバイクですね。
f0119755_2285584.jpg

  <補助シートをつけてきましたが、私のお尻にはサイズが・・・・・・悲>





さてさて、集合場所のコンビニで待っていると、
いつものバブさんとあーさんがやって来ました。
少し遅れて、昨年のカバ山以来のパイン山さんも合流して、
私を含めて総勢4人のオヤジたちが本日のお山を目指します。

メインディッシュの倒木林道の前に、
すぐ近くのトレッキング道に向かいます。
f0119755_22114072.jpg

f0119755_2214317.jpg






細い獣道のような上り下りを楽しんで、
次に目指すのは、お待ちかねの倒木林道です。

ところが、あれだけあった倒木が、ほとんど綺麗になっていて、
ただの走りやすい林道になっていました。残念!
f0119755_22155334.jpg





それでもパイン山さんは、さらに荒れた獣道を探索していました。
f0119755_22174875.jpg





このあたりで、ランチタイムにします。
こちらも久しぶりの、手作りベーカリー&ランチの「あがのん」さんへ。
本日のランチは、鯖の塩焼き弁当でした。
f0119755_2220528.jpg




川沿いの道から少し高い場所にあるウッドデッキで頂くランチは最高です。
道をはさんで、すぐ下には高麗川の清流が流れています。
f0119755_22232351.jpg






そんなオシャレな時間が似合わないオヤジ達は、
しばしのダベリングの後に、もうひとつの目的である、
シャガの花を眺めに行きます。

線路の横の道を走っていると、
昨年も訪れたシャガの花の群生地があります。
f0119755_2227385.jpg

f0119755_22271299.jpg





今年はまだ少し早かったようで、つぼみが沢山ついていました。
今週末が見ごろかもしれません。

この奥に、第2の倒木林道が続いています。
こちらはまだ昨年のまま、倒木が横たわっていました。
f0119755_2230794.jpg

f0119755_22301982.jpg

f0119755_22303011.jpg

f0119755_22304076.jpg





全く眺望の無い峠の頂上で一休みして、お山を下りました。
f0119755_22385776.jpg

  <倒木林道の出口で見つけた五葉。良く見ると四葉もいくつかあります。>




TL14号もほとんどやりつくしたので、
この後もう少し乗ったら手放そうかと思います。

そして次なるバイクは・・・・・・・・
ただいま静かに進行中です。(笑)
by s-fulllife | 2016-04-25 22:41 | 林道ツーリング | Comments(4)
ほとんど仕上がったTL14号で、
道志方面のまだ行ったことが無い林道を求めて、
探索に行ってきました。
ご同行は、おなじみバブさんです。

集合場所のコンビニ前で、
正体不明のバイクをいじっている方が。
何だか何時もこんな風景から始まるような気がします。
f0119755_13552110.jpg





エンジンは絶好調ですが、
乗り手のフレームにガタがきています。
本日は久しぶりに腰痛に見舞われています。

腰痛には少々辛い小さめのシートで、
まずは奥相模湖に抜ける林道を探索します。
すると道端で猫を発見。
猫好きの妻君にゴマをするため、写真を撮ろうと近づくと・・・・・・!!!
一生懸命に何かを食べていると思ったら、蛇を食べていました!!!
野生の王国ですね~
f0119755_141132.jpg

  <私たちが近づくと、蛇をくわえたまま一目散。>




林道の入り口近くに、桜のきれいな空き地があったので、
愛車の写真を一枚。
f0119755_143333.jpg





林道と言っても、全線舗装林道でしたが、
そこはそれ、楽しい枝道もありました。
f0119755_1442715.jpg

f0119755_1443892.jpg






ところが、林道の出口には立派なゲートが鎮座していまして、
仕方なく来た道を戻って、大きく迂回して奥相模湖に着きました。
f0119755_146542.jpg





その後、少し早めに昼食を摂って、
これも全線舗装の巌道峠(がんどうとうげ)を目指します。
ここは舗装路ながら、急勾配の急カーブが続きますので、
エンジンのテストにはもってこいの場所です。
2・3速を使って、時にはローに落としながら登りきりました。
まぁ、これくらい走ってくれれば充分合格です。
f0119755_14101285.jpg

  <峠を下りきると、チョット「廃」な雰囲気の旧道もありました。>





そして、奥相模湖周辺の林道を探索します。

ここもほとんど全てが行き止まりでした。
なかなか走り抜けられる林道は見つかりませんね~
f0119755_14133311.jpg

f0119755_1413487.jpg

f0119755_14135649.jpg






帰り道、神奈川の名木100選、「青根の大杉」を見てきました。
私にとって、花粉を撒き散らす杉の木は仇敵のようなものですが、
ここまで立派だと、つい見とれてしまいます。
f0119755_14175561.jpg






そして、大杉のある神社のすぐ上には、
先日県内で大きなニュースになった青根小学校があります。
f0119755_14192020.jpg






幸い、けが人は無く、
生徒たちも近くの中学校を間借り出来ているそうですが、
子供たちのがっかりする姿が目に浮かびます。

神奈川県は、林道の封鎖が徹底しています。
人も車もあまり通らない山奥の林道を立派に舗装して、
さらに立派なゲートで封鎖して、
事故や不法投棄を防ぐためでしょうが、
優先順位を考えて、もう少し有効に予算を使って欲しいものです。
と、考えてしまう私も偏っているのでしょうね。(^^;

道志みちを後にして、圏央道のインターを過ぎたあたりで、
燃料がリザーブになりました。
今度はリザーブが効いてくれたようです。(ホッ!)
すぐにガソリンスタンドに入って燃料補給。
燃費は27,8Km/Lでした。
山道や林道で低いギアも使って、全開走行もして、
条件は悪かったのですが、
もう少し良くなって欲しいと思うのは贅沢でしょうか?

最後にもう少しだけ燃調をいじってみましょう。
by s-fulllife | 2016-04-12 14:35 | 林道ツーリング | Comments(4)
本当は富士山の見える、景色の良いお山に行く予定だったのですが、
天気予報は生憎の曇り空、所によっては雨の予報です。
そこで行く先を埼玉の林道に変更して、
出来上がったばかりのTL14号を走らせて来ました。
f0119755_1625641.jpg





集合場所までは、バイパスのような国道が多く、
124ccのエンジンは唸りをあげていました。
それにしても、相変わらずトルクが薄い感じです。
少しの距離では気がつかなかったのですが、
以前よりも良くなりましたが、まだ完調ではないのでしょうか?

本日のメンバーは、おなじみのバブさんと、冬眠から覚めた久しぶりのあーさんです。
集合から程なくして、早速近くのお山に入ります。
f0119755_1624553.jpg





何気ない登りで、トルクの薄さを露呈して、
1速でもクラッチミートした瞬間に回転が落ちます。
半クラッチを多用しながら、何とか登りきりました。
f0119755_165098.jpg

f0119755_1674445.jpg





ひとつめのお山を出て、短い都道を走り抜けて、
本日のメインの林道に入ります。
バブさんの情報では、標高の高い北側の斜面には、
まだ残雪があるということです。
f0119755_1675879.jpg





走っていると、チラホラと小さな残雪の塊があります。
しばらく走って、斜面に大きく残った雪と戯れました。
f0119755_1695863.jpg





思っていたほど天気は悪化せずに、時折晴れ間ものぞいています。
ですが、残雪の林道は寒い!
震えながら、さらに高度を上げていくと、
路面にまで雪が残っています。
f0119755_16121152.jpg

f0119755_16122279.jpg

f0119755_16123469.jpg





ひとしきり雪と遊んで、もう一本の林道を走ってから帰路に着きます。
f0119755_16135327.jpg

f0119755_1614370.jpg





峠からの下りは、トルクの無いエンジンでもスイスイ走ってくれます。
いくつかの雪だまりを走り抜けて、
(雪と戯れすぎて、寝転がった方もいましたが・・・)

最後の林道は崩落があって、四輪車は入ってこれません。
ですので、路面が補修されずに荒れ放題です。
私たちにとっては楽しいのですが。

お山の中にはお店がありませんし、
下りてきてもすぐには見つかりません。
大幅にお昼を遅らせて、腹ペコ状態でお山を下りて、
集合場所近くの、うどん屋さんを目指します。
f0119755_16254554.jpg






このままうどんを食べて、解散の予定だったのですが、
小さな峠の登りでTL14号のエンジンが突然止まってしまいました。
まだ80Kmほどしか走っていませんので、予備タンクに切り替わるにしては早すぎると思いつつ、
コックをリザーブにします。
ですが、セルモーターはむなしく回転するばかりで、一向にエンジンは掛かってくれません。
中華製の汎用コックでしたので、どうやらリザーブ状態で走っていたようです。
あーさんからガソリンを分けてもらって、数キロ先のガソリンスタンドで満タンにしました。

しかし、4Lと容量少な目のタンクですが、80Kmで空っぽとは考えられないことです。
うどん屋までの道のりで、考えを巡らせました。

① トルクが薄い
② プラグが白っぽく焼けすぎ
③ 燃費が異常に悪い

キャブレーターはジェットも含めて交換しましたが、
根本的な改善には至りませんでした。
これはもしかしたら・・・・・・・

まだ何とも言えませんが、
エンジンのバルブからの圧縮漏れなのではないかと考えました。

吸気の時に隙間があればエアを吸って薄くなります。
圧縮の時は混合気が漏れ出てしまいます。
結果、トルクが薄く、プラグが焼けて、燃費も悪くなるのでは?と予想しました。

帰宅後、プラグをチェックしてみると、
排気側が白く焼けていました。
f0119755_16394422.jpg





早速ガスケットセットを発注して、エンジンをOHしてみることにしましょう。
by s-fulllife | 2016-03-28 16:44 | 林道ツーリング | Comments(8)

by ぷーたとうさん