ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

カテゴリ:林道ツーリング( 67 )

2週連続でのお泊りツーリングに行ってきました。
今回は群馬県の沼田健康ランドが拠点です。
高校時代の同級生のK氏とY氏、私の3人で出発します。
このうちK氏は持病があって、林道をパスして温泉に浸かってくる計画です。

ピンクナンバーが一緒なので、下道を走って一路高崎まで。
実は、林道と温泉以外にもう一つ、
群馬のソウルフードであるもつ煮込みを食べるツーリングでもあります。
早速、調べておいたお店に向かいました。
f0119755_19532887.jpg

















本当は、一番有名なお店に行くつもりだったのですが、日曜祝日がお休みなので、
こちらのお店に決まりました。
f0119755_19532899.jpg

















ご飯を大盛にしたら、漫画に出てくるようなてんこ盛りでした。

お腹が膨れたので、お山に向かいます。
本日の林道は万沢林道です。
K氏とは途中で分かれて、野反湖方面に向かいます。
野反湖の手前5Kmほどのところを右に入って林道が始まります。
f0119755_19532926.jpg

















少し走ると、ナビ上でも、もちろん現実でも、目の前に1Kmの直線が現れました。
f0119755_19532917.jpg

















こんなに真直ぐな直線の林道はなかなかお目にかかれません。
少し開けたところでは、紅葉が始まった山々を見渡せます。
f0119755_19532976.jpg

















渓流沿いはもう少し進んでいました。
見ごろまでもう少しですね。
f0119755_20012262.jpg

















そこからまた少し走ると、大きな崩落個所があります。
これでは4輪車は無理でしょうね~
f0119755_20012326.jpg

















f0119755_20012237.jpg

















その後も、適度に荒れたり、フラットだったり、薄暗かったり、
変化に富んだ林道でした。
f0119755_20012325.jpg

















f0119755_20012324.jpg

















しかし、反対側の出口が・・・・・。
f0119755_20071784.jpg

















まぁ、あの崩落ではこうなりますよね。
途中すれ違ったライダーから、ゲートで通れないと聞いていましたが、
一応、確認するために来ました。
ちなみにゲートは厳重にロックしてありました。(涙)
両サイドは岩で、右側は下の沢まで崖になっています。
もうチョットで出口なんですがね~

気を取り直して次の林道へ。
こちらもしっかりと走り応えがあって、楽しい林道でした。
f0119755_20012346.jpg





























f0119755_20012476.jpg

















林道を出るころには夕闇が迫ってきていました。
急いで健康ランドを目指します。
途中で一休みした時に、何か擦るような音がします?
よく見てみれば、リアサスのリンクをカバーするプラ部品が今にも落ちそうです。
落とす前に外してリアボックスに入れました。
f0119755_20122441.jpg

















走りに行くと、何かしら落としてしまうような気がします。(笑)
少し寂れた感のある健康ランドで、お風呂に入って、夕食ももつ煮込み定食にしました。
健康ランドのメニューながら、サラダも付いてなかなかの美味でした。

翌朝、7時半に出発。
「道の駅 田園プラザ かわば」に向かいます。
おっと、その前に確認です。
f0119755_20122522.jpg

















大丈夫。レギュレーターは付いていました。(^^;

この道の駅は、全国屈指の人気だそうで、
新鮮な果物や野菜はすぐに売り切れてしまうそうです。
開店と同時に美味しそうなリンゴをゲット!
これを手土産に、家庭内の平和を模索します。
f0119755_20122601.jpg

















ここでK氏と別れて、Y氏と共に本日の林道に向かいます。
まずは、利根沼田望郷ラインでR120を目指します。
朝早いこともあって、他に通る車もほとんど無く、気持ちのいいワインディングを楽しめました。
f0119755_20122683.jpg

















R120を吹き割の滝方面に進んで右に折れると、
田んぼの中を通って、林道の入り口に到着します。
f0119755_20290259.jpg

















全長40Kmにも及ぶ、栗原川林道です。
赤城山の裏側を通って、みどり市に抜けています。
そしてこの、「通行可」というのが何ともうれしいですね~

始めの数キロは舗装林道ですが、すぐにダートに変わって、
点々と舗装路はありますが、ダート部分だけで37Kmありました。
走り応え充分です!
f0119755_20290405.jpg





























f0119755_20290356.jpg





























f0119755_20290367.jpg

















f0119755_20290473.jpg





























路面はフラットが基本ですが、少々荒れていたり、
湧き水が流れ出していたり、退屈しません。
何といっても、通り抜けられる林道で、この距離はなかなかありません。
所々眺望も良く、紅葉の時期に訪れたらさぞきれいでしょうね~

前日の林道と合わせると、合計70Kmほどのダートを楽しんだことになります。
う~ん、満足。

林道を抜けて、わたらせ渓谷線で、みどり市、桐生市、伊勢崎市に着くころには、
お昼になっていました。
そして、このツーリングで3回目のもつ煮定食をいただきました。
f0119755_20290427.jpg

















f0119755_20290476.jpg

















今回いただいたもつ煮定食の中で一番リーズナブルでした。
このボリュームで、税込み500円です。

林道にも、もつ煮にも、大満足な二日間でした。(萬)

by s-fulllife | 2017-10-09 20:52 | 林道ツーリング | Comments(10)
何年か前から計画していた八ヶ岳ツーリング。
今回連休を取って南アルプスと合わせて行ってきました。

道志みちを通って山中湖へ、道の駅に寄って少し早めの昼食を摂ります。
吉田うどんに混ぜご飯のセット。
湯呑が逆さ富士になっていました。
f0119755_10095548.jpg

















その後、混み合った国道を避けて別荘街の道を走り、三湖台、紅葉台に向かいます。
ここへの登りはダートでした。
今回のツーリング初ダートは、観光地への登りでした。
f0119755_10095520.jpg

















三湖台は、西湖・精進湖・本栖湖の三つの湖を見渡せる高台にあります。
当日は山岳マラソンの大会があって、ランナーたちでにぎわっていました。
f0119755_10095583.jpg

















反対側に紅葉台があるのですが、ランナーたちの邪魔にならないように、ここで退散します。
その後、本栖湖を通り抜けて身延方面へ。
山を抜けると南アルプスが見えてきました。
f0119755_10171673.jpg

















どんよりしていた空も綺麗に晴れ渡り、絶好のツーリング日和です。
ガソリン給油を済ませて、本日一本目の林道へ向かいます。
f0119755_10095500.jpg

















獣避けの柵を開いて、林道北山線に入ります。
f0119755_10095683.jpg

















はじめに登って、その後は尾根を走る林道ですので、
時折見える風景は、いつもと反対側の富士山を望む景色です。
f0119755_10095684.jpg

















5Kmほどの林道を抜けて、丸山林道へ。
ここはもしかしたら全線舗装林道かもしれません。
途中、いくつかの支線がありますが、どれも行き止まりだったり、工事中で通行止めです。
見晴らし台があったので、記念に一枚。
むさいオヤジと、爽やかなおじさま。
どちらがどっちか?見た通り、爽やかな方が私です。(笑)
f0119755_10241399.jpg

















その後も、気持ちと景色は良いのですが、
きっちりと舗装してある林道を進むと、突然通行止めになりました。
反対側に通り抜けられるまでもう少しのところです。ガッカリ!
工事中の崖の斜面に信じられない角度でショベルカーが!
f0119755_10241405.jpg

















この角度で作業をしているとは思えず、崖から落ちてワイヤーで引っかかったのかな~?
などと考えてしまいました。
ともあれ、また来た道を延々と戻らなければなりません。
f0119755_10241364.jpg

















綺麗に見える南アルプスの山々が少し恨めしく見えてしまいます。

途中の支線も、本当に工事中だったり、道が突然無くなっていたり、
行きに通った北山線を逆走して、その後は本日の宿、
石和健康ランドを目指しました。チョット消化不良の初日でした。
夕暮れ時の甲府市内から、明日向かう予定の八ヶ岳が見えています。
明日は今日の分まで走るぞ~と思いながら、リクライニングシートで横になりました。
翌日に起こる事件を知る由もないままに。
f0119755_10095422.jpg














明けて翌日。
出発前にひと風呂浴びて、気分よく出かけます。
コンビニで朝食を済ませて、清里、野辺山を過ぎるころには気温は14度ほど。
快晴ですがさすがに寒い。持っているものを着込んで白駒池を目指します。
f0119755_10241448.jpg

















ところがこの季節、白駒池は大渋滞です。
そこまでして見るつもりもないので、さっさと退散。
少し下ったところから林道に入ります。
f0119755_10241558.jpg

















さすが標高2000m級の林道は、もう所々紅葉が始まっています。
気持ちよく走っていると、何だか変な音が・・・・?
止まってみると、キャリアが折れています。
f0119755_10440238.jpg

















大きなBOXに工具やら重たい物を満載にして林道を走ったので、
振動に耐え切れなくなって折れたようです。
決して、私の溶接が下手だったからではありません。と思いたいです。(^^;
針金で応急処置をして、さらに林道を進みます。

よく整備された林道ですが、さすがに大自然の真っただ中です。
特別天然記念物のニホンカモシカに会いました。
f0119755_10241497.jpg

















スケールが大きく、気持ちのいい季節、天気で最高のツーリングです。
f0119755_10440363.jpg





























f0119755_10440361.jpg





























そして、林道沿いには湧き水も豊富で、
白駒池まで行かなくても、苔ときれいな水を見ることが出来ました。
f0119755_10440201.jpg





























f0119755_10440357.jpg

















f0119755_10440435.jpg





























長く楽しい林道を抜けると、広大な牧場に出ます。
後には今走ってきた八ヶ岳の雄姿が見えます。
f0119755_10542778.jpg

















f0119755_10542768.jpg

















f0119755_10542804.jpg





























場所的にはチョット遠いのですが、来て良かったと実感できる素晴らしい林道でした。

林道を抜けて帰り道、清里の道の駅で昼食を摂って、
どのルートで帰ろうかと相談しました。ちなみにメニューはカツカレーです。
f0119755_10542837.jpg

















R20を避けて、河口湖から道志みちで帰ろうかと言う事になって、
走り出してすぐ、XLの電圧が上がりません。
安物のリチウムイオンバッテリーがもう駄目になったのでしょうか?
しかし、電圧はどんどん下がります。
まるで充電していないような急激な下がり方です。
量販店の駐車場でバラしてみると、何とレギュレーターがありません!
そういえば、八ヶ岳林道の出口付近で、ガラガラと音がしました。
あの時は砂利でも巻き込んだのかと思っていましたが・・・・・(^^;

バブさんには別行動で帰ってもらって、保安部品が使えなくなる前に帰ろうと、
私は高速で帰ることにしましたが、もしかしたらが当たってしまい、
FTRはバッテリー点火だったので、バブさんと別れてすぐにエンジンストップしてしまいました。
結局どうにもならずに、妻君にハイエースで迎えに来てもらいました。
いやはや、長年バイクに乗っていますが、レギュレーターを落としたことは初めてです。
今度はもうチョットしっかりと、取り付けたいと思いました。

今後しばらく、妻君には頭が上がりません・・・・・・?
・・・・・今までもそうでした。(^^;

by s-fulllife | 2017-10-02 11:21 | 林道ツーリング | Comments(6)
おなじみのバブさんと、秩父方面に出かけてきました。

集合場所から走り出してすぐに、チョットした足慣らし、
というか抜け道にもなる細道へ。
すると、埼玉県警察の名で、バイクの通行を遠慮してほしいと書いてあります。
この近辺はハイキング道とも隣接していますので、
ハイカーから苦情が来たのかもしれません。
もともと通り抜けるだけの予定でしたので、
お山方面には踏み入らずに、抜け道を通り抜けるだけにしました。
またまたトレッキングできる場所がなくなりそうです。(哀)

その抜け道も夏草で路面が見えずに、先頭を行くバブさんは、
危うく小川に落ちそうになっていました。
f0119755_09235143.jpg





























夏草地帯を抜けた後は、私のXLも自衛隊車両のようになっていました。
f0119755_09235276.jpg

















当初、有間峠を越えて秩父に向かう予定でしたが、
先日ランモモさんに連れて行ってもらった道を見つけようと、
いろいろ走り回った結果、いつの間にやら見覚えのある景色に遭遇して、
R299を使わずに秩父方面に抜けることが出来ました。
f0119755_09235273.jpg

















f0119755_09235327.jpg





























f0119755_09283421.jpg





























しかし、その後の詳しい道がわからずに、結局R299に出ることになってしまいました。
この齢になると、記憶が・・・・・・(^^;

でも、この角度から見る武甲山は良いものです。
白い石灰質の山肌が、雪を頂いた山のようで綺麗です。
下の方には雨水がたまった大きな水たまりがあって、
エメラルドグリーンに輝いていました。
人間が切り崩した山なんですけどね~
f0119755_09235319.jpg

















時間は少し早めですが、道の駅でお昼にします。
蕎麦の会のメンバーのお店、量はともかく味は最高でした。
若くてかわいい店員さんが多いのも二重丸!

食後にその近辺からお山に入って、林道を行ったり来たり。
行き止まりもあれば、抜けられる林道もありました。
走っているうちに、アレッ?
前回ランモモさんたちと走った林道であることに気が付きました。
お天気によって全く雰囲気が違ったので、しばらく気が付かずに走っていました。
この齢になると、記憶が・・・・・・・・・・・・・・・・・(^^;
f0119755_09425444.jpg

















岩肌から湧き出ている清水で顔を洗って、
帰り道は有間峠を越えることにします。
f0119755_09235464.jpg





























浦山ダムからどんどん高度を上げていきます。
途中、竜の口(?)に飛び込んでいくようなトンネルも。
f0119755_09425497.jpg

















ここで、有間峠が通行止めという看板がありました。
ネットによると、すでに開通しているはずなのですが?
もしも本当に通行止めだったら、
潔く引き返して回り込む覚悟を決めて走り出します。
でもちょっと寄り道。
以前走ったことのある、崩落していた林道へ入ります。
f0119755_09425594.jpg

















しかし、しばらく走ると新たな崩落があります。
横にバイクなら通り抜けられそうな隙間はありますが、
見ている間にも小さな石が落ちてきたりしているので、
ここは、君子危うきに近寄らず、で撤退します。
f0119755_09425506.jpg





























県道に戻って、峠に向かいます。
久しぶりの晴れた有間峠は埼玉スタジアムや東京都心も見渡せる気持ちの良い場所です。
f0119755_09425546.jpg

















峠から少し下ると、案の定、通行止めの看板があります。
しかし、峠の手前には休工中の看板もありました。
通行止めの看板は道半分だけ塞いであって、もう半分は開いています。
通行止めの現場まで行ってみることにすると、その後何の規制もなく、
下まで通り抜けられました。
どうやら、平日の工事中は通行できないと言う事のようです。
だったらそう書いておいてほしいものです。
看板を見て引き返したライダーや車も何台かいました。
ちょっとお気の毒です。
f0119755_09425610.jpg

















いつものコンビニで最後の休憩中に、
冬になったらカブでお山に行こうと誘われました。
バブさん、これ以上バイクを増やす誘惑をしないで~
でもチョット興味があったりして。(^^;

by s-fulllife | 2017-09-04 10:13 | 林道ツーリング | Comments(4)

おそらく10年ほど前のTL関東ミーティングのとき以来となる、宿泊ツーリングに行ってきました。

宿泊場所は長野県塩尻の信州健康ランドです。
本当は以前延期になった沼田方面へツーリングする予定でしたが、
天候が思わしくないので、急遽予定を変更して、信州方面に出かけてきました。

最近は、夏はどこへ行ってしまったのかと思うほど、曇りや雨の日が続いています。
出発当日も曇り空の下走り出しました。

交通量が少なく快適な秋山街道を抜けて、R20に出て西進します。
笹子トンネルでは旧道を走って、一昔前の街道を堪能しました。
f0119755_10024027.jpg




















途中、渋滞が始まったので、少し早めのお昼にします。
あまり聞いたことが無いトンカツ屋に入って、キャベツとご飯をお替りして、
お腹いっぱいになったところで再スタート。

R20の渋滞を抜けると、前方の茂みの中で動く人影があります。
この辺りは交通取り締まりをよくやっている場所なので、
スピードに注意しながら走って行くと、やっぱり速度取り締まりをやっていました。
すると、明らかに違反していないのに、「止まれ」の旗で引き込まれます。
「絶対違反していない」と主張しようと思っていると、
「今日は8月19日、バイクの日です。安全運転でお願いします。」ですって。
f0119755_10023064.jpg

















メガネのおじさん警官と若い婦警さんに同時に出されたパンフレットとキーホルダー、
迷わず婦警さんからもらって、心の中では「この場合、止まれじゃなくて、止まっていただけませんか?じゃないの~」
と思いながら、口では「暑い中ご苦労様で~す」と言ってしまう、世渡り上手なオヤジでした。

信州にツーリングに来るのは本当に久しぶりです。
R20でここまで来るのはもっと久しぶりです。
若かったころ、バイクに乗る事だけで楽しかったころ、
当時とさほど変わらない光景が時を忘れさせてくれます。

富士見町に入ったあたりで、山に入ります。
入笠山周辺の林道を走る予定です。
そのころには晴れ間が広がって、信州の夏を実感することが出来ました。
f0119755_10024080.jpg

















f0119755_10024110.jpg





























はじめ、この周辺だけと思っていたのですが、良く聞いてみると、
黒河内林道を抜けて高遠・美和湖方面まで足を延ばすことになっていました。
渓流沿いの気持ちのいいフラット林道を走り抜けて、美和湖の道の駅で休憩。
f0119755_10024198.jpg

















f0119755_10024145.jpg





























f0119755_10024158.jpg





























f0119755_10024217.jpg





























f0119755_10214219.jpg





























諏訪方面に戻る際も林道でという計画でしたが、
時間と距離が思った以上にかかっているので、このまま国道で戻ることにします。

快適な田舎道を走って諏訪湖に着くころに、心配していた雨が降ってきました。
しばらくは小雨だったのですが、塩尻峠の手前で本降りに。
慌ててカッパを着込んで信州健康ランドを目指します。
f0119755_10214377.jpg


















神奈川、東京方面はこのとき、記録的な豪雨だったようですが、
信州はそこまでの雨ではありませんでした。
ですが、バイクのオヤジ達をずぶ濡れにするには十分な雨です。
冷えた体で健康ランド到着。
暖かい湯船で一日の疲れを癒して、フラットになるリクライニングチェアーで横になります。
私のいびきがうるさくて、迷惑かな~と心配しましたが、
私以上に周囲は騒がしく、初めての健康ランド泊は熟睡できぬまま朝を迎えました。

翌朝、出発前にもお風呂に入って、さっぱりして出発します。
慣れないリクライニングチェアーと周囲の雑音、安眠はできませんでしたが、
いつでも入れるお風呂、安い宿泊料、予約なしで行ける気軽さなど、
天候に左右されやすいバイクツーリングにはありがたいところです。

近くのコンビニで朝食を済ませて、高ボッチ高原へ向かいます。
しかし、晴れていれば絶景のはずなのですが、
予想通り雲の中で周りは真っ白。ほとんど何も見えませんでした。
f0119755_10214397.jpg

















f0119755_10214347.jpg

















f0119755_10214320.jpg

















ここから諏訪湖に下りて、K氏と別れます。
距離的に不安があったK氏は寄り道せずに最短ルートで帰ることになりました。

そこからしばらく走って、Y氏とも別れます。
この近辺の名物ラーメンを食べて、遅くならないうちに帰る予定です。

結局、いつものバブさんとのオヤジ二人旅になりました。

本日はノープランだったのですが、
昨日、美和湖から帰ってくるときに走る予定だった林道を走ることになりました。

昨日走った国道を逆に走って、美和湖の直前でお山に入ります。
ナビを頼りにトンネルの手前で林道に入りました。
道はすぐにダートになって、この先、ガレあり、ぬかるみあり、フラットありの、
信州のロングダートを味わうことになります。
f0119755_10214482.jpg

















f0119755_10514460.jpg





























しばらくは、水が流れた大きな”えぐれ”が続きます。
たまにぬかるみがあり、油断しているとハンドルを取られてしまいます。
途中、杉林の中の日陰で休憩。
ここまででもかなりの距離を走ることができました。
f0119755_10473639.jpg

















標高も上がってきて、木々や夏草が目隠しのようになっていますが、
その間から時折信州の山々を見渡すことができます。
f0119755_10473734.jpg





























途中、地元のライダーと会って、いろいろ情報を提供していただきました。
長野は林道天国ですね~
そのライダーによると、この林道は市道扱いで、林道よりもワンランク上だそうです。
入り口や出口近くではぬかるみに砂利が入っていて、それを裏付けていますが、
全線整備するには気の遠くなるような時間がかかりそうです。
長い長い林道の出口は昨日走った入笠山近辺の道でした。
f0119755_10473752.jpg





























ここから千代田湖に下りる途中、美味しそうなダートの入り口を発見。
ナビでは別荘地に出てその後R20に繋がるようです。
この林道、途中あちこちに遊べそうな場所がいっぱいです。
今日の荷物満載の装備ではチト苦しそうなので、またの機会にぜひ再訪したいものです。
f0119755_10473787.jpg





























R20に出て、甲府で遅めの昼食を摂り、昨日ほどではない渋滞を抜けて、
秋山街道に入るころには、もう陽も傾いてきました。
行きと同様、快適な街道を走って、19時ころ帰着。
2日間で600Km弱、全行程下道のツーリングは無事に終了しました。

今回は沼田の代案で、急遽予定変更したため、
中々うまく進行しない所もありましたが、その中にも楽しい発見や体験が出来ました。
参加の皆さん、本当にお疲れ様でした。

by s-fulllife | 2017-08-21 11:24 | 林道ツーリング | Comments(4)
久しぶりの更新になってしまいました。
梅雨に逆戻りしたような天気が続き、
家族の予定も入ってしまって、バイクに乗るのは前回の更新以来です。

ランモモさんのお誘いで、秩父方面に行ってきました。
集合場所には続々とOFF車が集まってきます。
お誘い主がランモモさんだったので、ついつい構えてしまって、
パンプータ3で来たのですが、そこそこ距離もあるのでXLにしておくべきだったでしょうか?
その不安を肯定するように、パンプータ3は全開時に最後まで吹け切ってくれません。
プラグは真っ白なので、高回転時に少し薄いようです。

実は、エンジン換装したKさんのTLRがまたまたエンジンストップしてしまって、
何度も迷惑をかけてしまったので、調子の良いパンプータのエンジンを提供しました。
そのため、本日は急遽別のエンジンを乗せてきたのですが、
同じエンジンなのでキャブセッティングをせずに来たところ、
前記のような症状が出てしまいました。
まぁ、普通に走るだけなら何の問題もありませんが、
メンバーがメンバーですので・・・・・・どうなりますことやら。

秩父で合流予定の一人を含めて総勢12名の大所帯になりました。
f0119755_09342751.jpg

















そのうちセローが5台、ホンダの230系が4台、TL系は2台でした。
やっぱりXLにするべきだったかな?

お盆の道路事情を鑑みて、R299を避けて裏道を走ります。
所々は見覚えがありますが、そのうち見知らぬ道へいざなわれます。(^^;

少々荒れてはいますが、百戦錬磨のオヤジ達には何てことはありません。
f0119755_09342870.jpg





























f0119755_09342832.jpg





























気持ちよく走っているうちに、何だか見覚えがある山が眼前に迫ってきました。
秩父のシンボル、武甲山です。
渋滞を回避して、秩父方面に出ました。
そこからも裏道を駆使して走り抜けます。
地元のスーパーでお弁当を買い込んで、お山に入ってお昼にします。
f0119755_09342836.jpg

















f0119755_09342878.jpg





























お昼のあとは周辺の探索をしましたが、ロングダートは見当たらず、
短いピストン林道を走って下界に下ります。

f0119755_09342984.jpg


















そして秩父の奥座敷、御岳山林道に入ります。
しばらく走ると雨脚が強くなってきて、たまらずカッパを着込みます。
頂上の広場やトンネルでの遊びもそこそこに、走り出すと、今度は晴れ間が広がってきました。
f0119755_09342955.jpg

















f0119755_09451327.jpg

















<画面左下に虹がかかっています。>



爽快な林道を走って、支線に分け入りましたが、
大規模な崩落があって通行止めです。
f0119755_09451450.jpg





























f0119755_09451599.jpg





























崩落した道自体は走り抜けられそうですが、
この天候ですので、新たな崩落が無いとも限りません。
ここは撤退します。

そろそろ陽も傾いてきて、窮屈なポジションにお尻も痛くなってきました。
やっぱりXLで来るべきでした。

帰りも渋滞を避けて裏道を走ります。
しかし、来た道とは微妙に違います。
道はどんどん細くなってきて、何だかトライアルセクションのようになってきました。
さすがにこのメンバーでもペースは落ちてきます。
f0119755_09451561.jpg





























f0119755_09451528.jpg

















先陣を切って突入したランモモさんは撃沈でした。
おろしたての新車のセローが・・・・・・・(^^;

ここまで来てやっと、パンプータ3で良かった~と思いました。

結局、地元の隠れたトライアル練習場を抜けて、
夕日に燃える武甲山を眺めながら秩父を後にしました。
f0119755_09542939.jpg

















お昼に聞いた話ですが、以前お邪魔したHさんのお知り合いの面々、
林道で後を走ってもコーナーではパワースライドして走っていきます。
決して暴走しているわけではなく、それでも速く正確で危なげがありません。
ヘルメットを脱ぐと、どこにでも居そうな柔和なオヤジです。
でも元トライアルジュニアや国際A級の方もいたそうです・・・道理で。

大所帯にもかかわらず、無事に走ってくることが出来ました。
ダべりや休憩も多いのですが、サクサクと移動できるので思ったよりも時間がかかりません。

ランモモさん、お誘いありがとうございます。
またご一緒いたしましょう!

by s-fulllife | 2017-08-15 10:12 | 林道ツーリング | Comments(6)
梅雨はどこに行ってしまったかと思うほどの灼熱の日曜日に、
奥多摩方面の古道と林道に行ってきました。
当日は、ランモモさんからもお誘いがあったのですが、
バブさんとの先約があったので、そちらを優先しました。
モテる男はつらいです。(オヤジにばかりですが・笑)

奥多摩駅前から、ちょっとした裏道を通って日原街道に出ます。
観光の車が走って行くのとは別の方向にハンドルを切ると、
山奥のひなびた集落があります。
その先から、日原の古道が始まります。
f0119755_09493028.jpg





























道はガレガレで石垣こそありますが、右側は日原川に向かって崖になっています。
注意深く進んで行くと、崩落個所がありました。

f0119755_09492982.jpg





























ここは大きめな石を取り除いて通過できました。
しばらく走って行くと、今度は通過不可能な大きな崩落があります。
いろいろ考えましたが、もしもバイクを落としてしまったら、
まず回収は不可能なので、ここは勇気ある撤退を選択します。
f0119755_09493031.jpg

















しかし、なかなかワイルドな古道でした。
そして、こんなガレガレの路面でも、昔の生活の跡がありました。
f0119755_09493061.jpg

















f0119755_09493135.jpg
















日原街道に戻り、日原鍾乳洞の駐車場待ちの長い車列を追い越して、
(誘導員がバイクを先に行かせてくれます)
途中から車列と離れて林道に入ります。
ここも中々山深い林道で、地図によると埼玉県との県境付近まで走っています。
f0119755_10022590.jpg

















f0119755_10022580.jpg





























入口はゲートが閉じていましたが、通行止めや進入禁止の表示は無く、
大きなOFF車は難しいですが、スリムなトラ車や原付は脇から入れます。
モトコンポを積み込んで渓流釣りに来ている方もいました。

終点で一休みして、下界に戻ります。
下界でお昼と思いましたが、ワイルドな古道で思ったよりも時間を食ってしまったので、
コンビニで仕入れたおにぎりを、次の林道で食べることにします。

林道に向かう登りで、反対側の山の斜面に張り付くように小さな集落がありました。
f0119755_10022683.jpg

















この林道に入る直前にも、集落があります。
人間ってどんな処にも住めるものなんですね~

そして、山奥には人間以外も住んでいます。
画像はありませんが、今回も大きなニホンカモシカを見ました。
林道脇の樹木にはキツツキかな?のくちばしの跡があります。
f0119755_10022672.jpg





























そしてお目当ての林道を走ってきたのですが、
f0119755_10143997.jpg


















引き返してくると、林道入り口の小さな集落に向かって、
山からお猿が押し寄せてくるところでした。
後から後から、見えていただけでも30匹くらいはいたかもしれません。
f0119755_10143925.jpg

















f0119755_10143919.jpg

















バイクを止めて、写真を撮りましたが、
あまり長居すると、こちらにも被害が及びかねないので、退散しました。

今回も、暑さの中良く走りました。
フロントフェンダーのビスが振動で落ちてしまうトラブルはありましたが、
手前みそではありますが、パンプータ3は良いバイクです。
さてさて、次はどんなところを走りましょうかね~
f0119755_10143937.jpg

















by s-fulllife | 2017-07-10 10:23 | 林道ツーリング | Comments(6)
良く晴れた土曜日に、高校時代の同級生たちと富士山方面に出かけてきました。
いつもの道志みちも比較的空いていてスイスイです。

2時間弱で山中湖畔に到着しました。
f0119755_16570452.jpg

















クラッチが滑る状態だと報告していたXL223でしたが、
しっかりと見てみると、クラッチの遊びが少なく、
レバーを離しても半クラッチのような状態だったことが分かりました。
しかし、冷間時にはちゃんとつながります。
要するに、エンジンが温まってくるとクラッチミートポイントが変わると言う事でした。
実際にフリクションディスクを計測してみましたが、それほど擦り減ってはいません。
これはクラッチプレートの歪みが考えられますので、
この際、両方とも交換してみることにしました。
そして今回のツーリングに出かけたわけですが、
交換の甲斐あって、絶好調で走ることが出来ました。

山中湖畔の後は、大平山に向かいます。
林道に入る手前で倒木が道をふさいでいましたが、
下をくぐって全員無事に脱出成功。
林道には何やら支線が出来ていましたが、
今回はリターンライダーを引き連れていますので、
探索はまた次回と言う事にします。
f0119755_16570465.jpg

















ゆっくりとおしゃべりしながらのツーリングですので、
もうすぐお昼になります。
林道を下りてお気に入りの渡辺うどんさんへ。
肉玉冷やしうどんを注文しましたが、
何故か肉玉つけうどんが来ました。
まぁ、美味しかったのでこれもアリです。
f0119755_16570410.jpg

















食後にもう一本別の林道を走って、終始富士山の絶景を堪能させてもらいました。
f0119755_16570590.jpg

















f0119755_16570577.jpg

















帰り道、このメンバーにはもう一つの顔があります。
ライングループの温泉同好会です。
道志みちの中で一番歴史の古い道志の湯に寄り道してきました。
この温泉は本当に久しぶりです。
2~3年前にリニューアルしたらしく、館内は綺麗で、
前は少々狭いような気がしていた湯船も、ゆったりと開放感のあるものに変わっていました。
湯につかりながらまったりとして、そのままゆったりと帰路につきました。

ところが、帰着直前で、K氏のバイクがエンスト、突然電気系統がダウンしてしまいました。
しばらく弄っていると突然復活。
以前にも似たような症状があって、その時はメインキーの接点不良と判断して、
改善したのですが、また同じ症状と言う事は・・・・・?
再々入院と言う事になってしまいました。(^^;

by s-fulllife | 2017-06-18 17:23 | 林道ツーリング | Comments(2)
梅雨に入って一週間以上たちますが、梅雨らしい雨はいまだに訪れていません。
日曜日も当初は雨の予報でしたが、晴れの予報に変わりました。
それでは今のうちにと、完成したXL223で秩父方面を目指します。
もちろんお供してくれるのは、いつものバブさんです。

比較的すいているR299を走り抜け、秩父の羊山公園まで一気に到達しました。
芝桜で有名な公園ですが、今はただの緑の原っぱです。
その向こうに秩父のシンボル、武甲山が鎮座していました。
何気にここはビュースポットだそうです。
f0119755_08555337.jpg

















秩父市街を抜けて、林道の入り口に到着しました。
写真を撮っていると、県道をタンデムのXRが通りかかって、
「ここは凄いからやめておいた方が良いよ~」と忠告して行きました。
逆に期待して走りましたが、ごく普通の林道だったので、チョットだけガッカリ。
f0119755_08555416.jpg

















f0119755_08555458.jpg

















ただし、そのガッカリを帳消しにしてくれるくらいの素晴らしい眺望があり、
北関東の雄大な山々の中を走ることが出来ました。
f0119755_08555555.jpg

















f0119755_08555508.jpg

















さらにサプライズがあって、トンネルを抜けて少し走ったところで、
何か黒い物体が左の谷側から登って来て、林道を横切り山側の斜面を上って行きます。
熊だったら怖い話ですが、正体は特別天然記念物のニホンカモシカでした。
f0119755_09100071.jpg

















f0119755_09100010.jpg

















しばしこちらを見つめた後に森の中に消えて行きました。
あの登坂能力は凄いな~などと思いながらも、秩父の森と自然の深さに感心させられました。

御岳山林道の終点にトンネルがあって、その先は第二御岳山林道があるようなのですが、
ここはきっちりとバリケードがあって入ることはできませんでした。
f0119755_09100041.jpg

















一度県道に下りて、次に三峰神社の先にある、大血川林道に入ります。
名前がなかなかデンジャラスですが、全線舗装の平和な林道です。
ここも眺めが良く交通量も少ないので、ゆったり走るのにはピッタリの林道です。
f0119755_09100192.jpg

















支線がいくつかあって探索してみましたが、さした成果は上がらず、
昼食を摂りに三峰口駅まで下ってきました。

そこは日曜日、観光列車のSL目当ての観光客がチラホラ。
秩父の山の中なので、さすがにごった返すほどではありません。
f0119755_09202506.jpg





























f0119755_09202629.jpg

















鉄道ファンにはたまらないのかもしれませんが、
私は単純に古い機械の機能美に興味があるだけです。

駅前のそば屋で大盛の天ぷらそばをいただいたのですが、
注文してから、冷たいのにすればよかったと後悔しました。
案の定、食べ終わるころには蕎麦は伸びきってしまいました。(^^;

帰りはR299の正丸峠から名栗湖方面に向かって、
西名栗林道を走って帰りました。
f0119755_09202638.jpg





























f0119755_09202681.jpg


















f0119755_09202683.jpg

















最後はいつものように、コンビニのアイスでお疲れ様をして帰路につきました。
八王子辺りで少しだけ雨に降られましたが、無事に帰着。

全行程245Kmほどのツーリングでした。

さて、完成したはずのXLですが、秩父の山を走っていて何かしっくりとしません。
高いギアでアクセルを開けると、回転が先行して、後からスピードがついてくるような・・・・

ピストン交換で静かになって、パワー感も戻ってきた影響で、
クラッチが滑り出したような感覚です。
早速エンジンを開けてクラッチを点検してみます。

しかしこのところ、エンジントラブルが続きますね~
f0119755_09100110.jpg































by s-fulllife | 2017-06-12 09:40 | 林道ツーリング | Comments(4)
先日、XL200改223の試乗で発見した林道に、いつものバブさんをご招待してきました。
カップ麺のリベンジも計画しています。

集合場所は、私の自宅からは10分ほど、バブさん宅からは1時間強のところです。
いわば私の地元ですので、朝はゆっくり、のんびり出かけます。

バブさんと合流して、さっそく走り出しますが、30分も走ると、
緑が濃く、のどかな風景になります。
バブさんは、しきりと羨ましがっていました。

まずは、小さな、そして短く趣ある古道へ向かいます。
f0119755_09231920.jpg

















f0119755_09231968.jpg





























f0119755_09232056.jpg





























ネットで調べてみると、一応一般道で、昔は農作業の軽トラも走っていたそうですが、
今は通る人も少なく、路面も荒れて、ひなびた雰囲気の古道になっています。
九十九折れを数回繰り返すと、道は突然終わって、100m有るか無いかの峠道は終わります。
f0119755_09232001.jpg

















XL200改は、結局異音が治まらず、長い上り坂ではパワー感も足りない感じで、
ピストン交換の必要がありそうでしたので、今回はパンプータ号の出番となりました。

その後も舗装路ながら、良い雰囲気の里山の中を巡る道を走って、
中津川の河川敷に出ました。
f0119755_09232044.jpg





























田んぼの周囲を走る農道は、まだダートが残っていて、
細かく繋げれば、多少なりとも走り応えはあります。
f0119755_09232033.jpg

















f0119755_09232160.jpg

















川面を眺めながら、しばし談笑。
思った以上に鳶が多く空を舞っています。
f0119755_09374769.jpg















地上でボウーっとしている弱ったオヤジを狙っているのでしょうか?(笑)

その後、XLの試乗で発見した林道にご案内します。
f0119755_09393066.jpg

















中間地点の展望スペースでは、本日も絶景が広がっていました。
冬の澄み切った空気なら、かなり遠くまで見渡せそうです。

その上の林道本線を走って、そろそろお腹が減ってきたので、お昼にすることにします。
f0119755_09393073.jpg





























f0119755_09393133.jpg





























宮ケ瀬湖畔の隠れ家的な小さな公園で、ガスストーブでお湯を沸かして、
念願のカップ麺と、食後のコーヒーをいただきました。
ちなみに、前回ガス漏れで使えなかったガスコンロは、
カセットガスの方の不良で、カセットを替えたら問題なく使用できました。

最後に舗装林道を走ってから小さな志田峠を越えて、
養鶏場近くのソフトクリームをいただいて帰りました。

私の自宅からだと全行程90Km弱のポタリングですが、
バブさん宅からだと、ちょうどよい距離のツーリングになったのではないでしょうか。

ツーリング中、見晴らしの良いところで、振り向いた写真を撮ろうとしたのですが、
「振り向いてください」という言葉に、「振り向けない」と返したバブさんの画像がこちら。
f0119755_09393093.jpg





























その理由は、俗にいう借金で首が回らないのか、年齢的なものなのか、
はたまた、別の劇的な理由があるのか?
真実はバブさんのみが知っています。(笑)

by s-fulllife | 2017-06-06 10:00 | 林道ツーリング | Comments(4)
前回のツーリングで、足の指をケガしてしまって、
少しの間バイクに乗ることを自粛していたのですが、
歩くことにも支障がなくなってきたので、
2週間ぶりのツーリングに行ってきました。

場所は、私たちが勝手に「天空の林道」と呼んでいる標高の高いロングダートです。

コンビニに集合して、まずは名栗湖へ向かいます。
本日の相棒はXL200。
久しぶりのキックスタートです。
足の具合があるので、セル付きのパンプータにしようかとも思いましたが、
キックしても問題ないことと、少し距離があるので、
XLのモノサスとフカフカシートに軍配が上がりました。
f0119755_08560427.jpg

















有間峠を目指して走りだすと、すぐに全面通行止めのゲートがあります。
仕方が無いので、大きく迂回して大名栗林道から有間峠に向かいます。
f0119755_08560420.jpg

















f0119755_08560528.jpg





























下界は真夏のような暑さですが、高度を上げて行くと、心地いい風が辺りを包みます。
緑も濃く、深呼吸だけで体中の悪いものが浄化されるような感覚です。

林道から舗装路に出て有間峠に向かうと、
大きな土嚢が2段に積んであって、完全に道路を遮断しています。
通行止めはここからのようです。
しばらく考えましたが、秩父側まで迂回して林道に行くのは、時間的に無理そうなので、
このまま名栗と、秩父との境界辺りを散策することにしました。
f0119755_08560554.jpg

















舗装路を少し戻って、西名栗林道に入ります。
路は少し荒れていますが、楽しいレベルで、
30年以上前のバイクでも走行に問題はありません。
f0119755_08560590.jpg

















f0119755_09124976.jpg





























一度県道に出て、ナビに出ている気になる道へ。
しかし、舗装路の先には採石場のような所で行き止まりです。
ナビ上では秩父側に抜けられることになっていますが、実際には道がありません。
帰ってから調べてみると、以前の台風で崩落して大変危険だそうです。
オマケニ道と言っても、完全に登山道だと言う事でした。

気を取り直して引き返します。
しばらく戻ったところの分岐を反対方向へ。
ここも、舗装林道が終わっていて、登山道へのアクセスになっています。
少し開けたところで、お昼にします。
本日はガスバーナーと水を持ってきたので、
カップ麺と食後のコーヒーを楽しむことにします。

ですが、10年物のガスコンロはガス漏れを起こしていて使用できません。
食事の足しにと思って持ってきた、あんパンをかじって終了となりました。(哀)

この近辺、短いダートはありましたが、楽しめる林道は見つからず、
もう一本の道に向かうことにします。
f0119755_09124915.jpg

















ここは入り口から少し走るとダートになります。
その先に珍しい林道の十字路がありました。
f0119755_09125036.jpg

















真直ぐに進むと林道はすぐに終わってしまったので、
今度は左側の道を行きます。
こちらは眺めも良く、フラットなダートが続きますが、
しばらく行くと工事中で、重機が置いてあります。
日曜日なので工事はしていませんが、重機の先には道がありません。
只今林道延伸作業中といった感じでした。

途中、眼下の山の斜面に切り開かれた作業道がありましたが、
入り口が塞がれていたので、あきらめて戻ります。

先ほどの十字路の、今度は右側を探索します。
すると3Kmほど林道が続いて、県道に繋がっていました。
f0119755_09125072.jpg





























ここはなかなか楽しめるルートです。
探せばもう少し走れるところがありそうですね。

県道に出て、その少し先に、ループして県道に戻ってくるルートがありましたが、
こちらは厳重に通行止めになっていました。

もうそろそろ帰ろうと言う事になりましたが、
帰り道、最後にもう一つだけ気になっていた道に入ります。
路は舗装路でしたが、すぐに終わって、その先は作業道のような道が続いています。
今日は足のケガもあり、バイクもXLですので、無理はできませんが、
行けるところまで行ってみます。
しばらく九十九折れを上って行くと、景色が開けて山が切り開かれています。
ここは先ほど眼下に見えた作業道の下側の入り口でした。
そのあとは、道が片流れになっていたり、斜度も急こう配になるので、ここで引き返します。
f0119755_09125070.jpg





























今度こそ、これを最後にして帰路につきます。
お山の上でも暑いと思っていましたが、下界はもっと暑かったことは言うまでもありません。



今回のツーリングはトラブル続きでした。
計画していたルートの通行止め、ガス漏れ。

そして、XL200にもトラブルが続きます。
まずは、ガソリンフィルターからのガソリン漏れ。
安物をヤフオクで購入したのですが、半年で漏れてきました。
タンクキャップのブリーザーホースを使って、
フィルター無しの直結にして治まりました。

それからLEDヘッドライトの点灯不良。
今回、3回目のツーリングで点灯しなくなりました。
デュアルヘッドの左側がツーリング中に点かなくなって、
もう少しで帰着と言う時に反対側も点かなくなりました。
明るいうちに帰ったので良かったのですが、
夜になったらと思うと、ゾッとします。
こちらもアマゾンで買った大陸製の安物でした。

これを機に、XLを少し手直ししようかと思っています。
もちろんデザイン的には好きなので、外観のイメージを大切にしつつ、
不満をできる限り排除する方向で。
f0119755_09565178.jpg



















by s-fulllife | 2017-05-22 10:02 | 林道ツーリング | Comments(6)

by ぷーたとうさん