ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

カテゴリ:雑事( 21 )

ついに私もバイクを降りる時が来た・・・・・・・・・・


な~んてわけありませんが、
紅顔の美少年だったころ(?)バイクの前には自転車に乗っていました。
サイクリング部に属して、遠くは日光や八ヶ岳、白馬なんかにも行ったものです。

もちろん今でも乗っていますが、
ほとんどが、我が家とお店(3分)と銀行に行く(5分)だけの使用です。

昔とった何とやらで、先日家族でウォーキングした境川に行ってきました。
バイクでは進入禁止で、指をくわえてみているしかありませんが、
自転車なら、サイクリングロード兼用ですので、大手を振って走れます。

途中の寄り道も含めると15kmほどのミニミニツーリングです。

まずは、川沿いに出るため自転車を走らせます。
すると、こんなものがありました。
f0119755_16201910.jpg

f0119755_16203098.jpg




いつも良く通る道沿いだったのですが、
何気に通り過ぎていました。
さすがに自転車。小回りはTL以上ですね。

川沿いに出ると、高低差のない緩やかな道が続いています。
f0119755_16224173.jpg




この辺はのどかで、どこぞやのサイクリングロードのように、
目を三角にして飛ばしている人は見当たりません。
f0119755_1624251.jpg

   <二つの国を結ぶ橋は、どこでもこんな名前なんでしょうか?>



どこかで聞いたような名前の橋を通り過ぎて、
ゆっくりと走っていると、どこかのおじいちゃんが釣りをしています。
下まで降りることが出来る、ちょっとした公園みたいなところが随所にあります。
f0119755_16265568.jpg




しかし、水が汚いです。
誤解の無いように言っておきますが、
決して、水が汚染されていると言う意味ではありません。
昔、この川は、全国的にもかなり有名な汚い川でした。
しかし、自治体や地域住民の力でよみがえり、
今では、清流とまでは行きませんが、充分に憩いの場となりうる川になりました。

しかしこの日は、河川工事の真っ最中で、
川の水は泥水になっていました。
仕方がないのでしょうが、残念です。

ちなみに、先日のウォーキングの時は休工中で、
いろいろな生き物に出会えました。
f0119755_16353290.jpg
f0119755_16352013.jpg

f0119755_16363185.jpg




しかし、久しぶりに乗るとあちこちに不満が出てきます。
一番の不満は、思い通りに動かない自分自身でしょうか。
それでも、ペースはゆっくり、周りの景色を眺めながら走ります。
f0119755_16394085.jpg

f0119755_16395053.jpg



今回は、以前ウォーキングしたときの出発点、古淵のあたりでUターンして、反対岸を走ります。

このあたりで、我が愛車の紹介です。
f0119755_16423350.jpg



忘れもしません、娘が生まれたその日に、
以前から愛用していた自転車を盗まれまして、
やむなく買ったノーブランドの自転車です。

しかし、アルミフレームで、何しろサスが付いていない所が気に入りました。
その後、部品をちょくちょくと気に入ったものに交換して、
最終的に、叔父さんからもらった自転車に付いていた、シマノにフルチェンジ!!
最近、タイヤとサドルを換えました。

ベースはホームセンターの2諭吉でお釣りが来る自転車ですので、
贅沢は言えませんが、
ボトルゲージも付いていないので、(台座用のネジ穴がない)
あり合わせの工具から何から、全部背負ってとっても重かった。(^^;

続けるのなら、多少は考えなくては。

その後、帰りにチョット寄り道をしました。
割合近くにあるのに、その存在すら知らなかった神社。
以前、TVアサヒの「ちいさんぽ」にも登場した、由緒正しい神社です。
(その放送を見て始めて知りました。(^^;  )
f0119755_16531447.jpg

f0119755_16532750.jpg



神社の中にはなんとも懐かしい感じの公園がありましたが、
この滑り台、かなり急じゃないかな~?
f0119755_16544873.jpg



いろいろと写真を撮ったので、2時間ほど掛かった「のんびリング」でした。





でも、やっぱり気になるところは気になります。

自転車のパーツって安いですね~!(^^)v
f0119755_1741387.jpg

by s-fulllife | 2011-10-25 17:10 | 雑事 | Comments(8)

by ぷーたとうさん