ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

カテゴリ:その他のバイク達( 61 )

先日の八ヶ岳ツーリングでレギュレーターを落とすと言う大失態をやらかして、
不動となったXL223RALLYを復活させます。
と言っても、走るだけでしたら、代わりのレギュレーターを取り付けて、
バッテリーを充電すればすぐに復活できてしまいます。
f0119755_11480272.jpg

















前回はエアクリーナーボックスの裏側上部に取り付けましたが、
プラに取り付けたので、締め付けが足りなく、緩んでしまって脱落したものと思われます。
そして今回は、純正のツールボックスを外して、そのスペースにしっかりと取り付けました。
サイドカバーに隠れてしまいますが、今回の失敗を教訓にして、随時確認することにします。

さて、実はおおごとだったのが、キャリアの方でした。
スクーター用を加工して取り付けたキャリアは、
工具などの重い物を積載して、林道で飛び跳ねるとやっぱり強度に不安が残ります。
ですので、ヤフオクでOFF車用のアルミキャリアに入札していたのですが、
落札前に折れてしまったという訳です。
結局入札中のキャリアも高騰してしまって落札できず、
やっぱり、貧乏人は自分で何とかしなければ!と言う事になりました。(^^;
f0119755_10440238.jpg

















ガレージのストックパーツ(ガラクタ)を物色すると、
以前まとめて落札したスクーター用のアルミキャリアがありました。
これは、一般的なスクーター用よりも広く、固定さえしっかりすれば使えそうです。
今回はリアのサブフレームに直接ダボを溶接します。
f0119755_11480284.jpg

















溶接個所の周りを濡れた新聞紙でカバーして、
6mm厚の鉄板を溶接して、強度を確保するために補強もいれます。
f0119755_11480267.jpg

















両サイドも6mm厚の鉄板棒でステーを作って、
サブフレームの取り付け部分にしっかりと固定します。

f0119755_11480312.jpg

















シートの後端が当たりそうなので、逃げも作っておきます。
キャリアを支えるV字型のステーも補強を入れて、全身補強だらけです。(^^;
f0119755_12071448.jpg

















f0119755_12071554.jpg

















f0119755_11480358.jpg

















さすがにこれで大丈夫だと思います。

さてさて、次はどこが壊れるのでしょうか?(^^;
f0119755_12110727.jpg
















by s-fulllife | 2017-10-06 12:17 | その他のバイク達 | Comments(2)
先週末の土日を利用して、群馬方面にツーリングに行く予定でいましたが、
梅雨に戻ってしまったような天候のため、8月に延期となりました。
天気予報でも、実際にも、北関東は雨の週末だったようですが、
沿岸部は晴れ間ものぞく予報です。
そこで、日曜日に日帰りで県内をツーリングする計画を立てました。
が、しかし、朝起きてみると外は雨です。
メンバーに連絡して、中止を決めたのですが、
バブさんはすでに出発した後でした。
それではと、結局いつものオヤジ2人のツーリングとなりました。

走り出しても雨は降ったりやんだりを繰り返しています。
途中、R246の旧道、旧善波トンネルに立ち寄りました。
f0119755_09514563.jpg

















本日は久しぶりのHONDAの赤いトレール車2台です。
さらに、この旧トンネルの上には古道も存在します。
トンネルをくぐって反対側から細い道を上って行くと、
大きく切り開かれた切通に出ます。
f0119755_09514432.jpg

















昔はこの道が東西の行き来を担っていたのでしょうね~

この先は登山道になっているので、引き返して雨のR246を西進します。
雨と言っても、ずぶ濡れになるほどの雨ではなく、
時折強まりますが、場所によっては路面も乾いているくらいです。
気温も適温で、薄めのウインドブレーカーを着て走るのが丁度いいくらいです。
考えようによっては、この季節にしては思いのほか快適なツーリングです。

XL223のスクリーンやハンドガードも雨に濡れるのを少しは防いでくれます。
そのXLのスクリーン内はこんな感じに変わりました。
f0119755_09514518.jpg

















ナビの位置を中央上方に移動して見やすくしました。
電源はアマゾンで1000円弱で購入したUSB端子、電圧計付きです。
小雨くらいでしたらほとんど濡れないですみます。
雨が強まったら、ビニール袋ですっぽりと覆ってしまえばOKです。
今回は思わぬ雨天のテストが出来ました。

その後、スマホのアプリで雨雲の動きを見つつ、
かご坂峠から山中湖に入って、美味しい吉田うどんをいただき、
いつもの道志みちで帰ってきました。
朝ゆっくり出たのですが、3時前には帰着して、洗車する余裕もありました。
バブさんと、「寄り道しないと早いね~」などと話して、
でも次は好天の下、群馬に行きましょうと思いを巡らせるのでした。

by s-fulllife | 2017-07-31 10:14 | その他のバイク達 | Comments(6)
先日試乗して、ピストン交換が必要と感じたXL200改。
ヤフオクで中古良品のピストンを落札して、組み込んでみました。
結果、あれだけうるさかったエンジンは、ジェントルマンの静かさになり、
上り坂でも十分なパワー感が戻ってきました。

そこで、ご近所の気になるところへ試乗を兼ねて行ってきました。

まずは、「刺坂」改め桜坂へ。
f0119755_11514735.jpg

















旧名は物騒な名前ですが、いろいろと由来はあるものです。
今はひっそりと県道の陰に隠れるように在ります。
f0119755_11520283.jpg





























そして、ここから下方の田んぼのあぜ道に向かって九十九折れの細い道があります。
河岸段丘の上下をつなぐ道ですが、XLで侵入するのはちょっと勇気がいります。
九十九折れの角度と、斜度がかなり急で、トライアルバイクでないと難しそうな感じです。
下側から見てみるとこんな感じ。
f0119755_11520356.jpg





























すぐ上は先ほどの桜坂ですので、おそらく数十メートルでしょうが、本日は撤退します。

次に、先日バブさんと訪れた中津川の河川敷よりもうちょっと上流の河原。
川沿いに道は続いていますが、1Km弱で行き止まりです。
f0119755_11520316.jpg

















ここもあと数十メートルでその先の広場に出られるのですが、
夏草とテトラポットに阻まれて引き返すことにします。

橋を渡って、打越峠の隣の名も無い旧道。
かと思いきや、帰ってから調べてみると、平山坂と言う名前があったみたいです。
f0119755_11520331.jpg





























その平山坂のすぐ近くに、何やらダートの臭いが。
登山道へつながる林道のようですが、荒れていて、車両が通った気配はありません。
f0119755_11520397.jpg

















f0119755_12140960.jpg





























f0119755_12140821.jpg





























ガードレールがあるので、一応は車道のようですが、
こんな道に入ってくるもの好きはそれほど多くはなさそうです。
道は1Kmほどで階段の登山道に繋がって終了です。
f0119755_11520405.jpg





























やはりなかなか長く走れる場所は見つかりませんが、
XL200改223は気持ち良く走ってくれました。

最後に宮ケ瀬湖畔の公園でお弁当を食べて帰りました。

f0119755_12141005.jpg

















前回とサブライトの位置を変えて、フロントフェンダーがあまり邪魔にならない所に取り付けました。
CL400のときに使っていたハンドガードも取り付けました。

それから、少々小細工ネタを。
バックミラーの付け根のゴムカバーが経年劣化で酷い有り様になっていました。
f0119755_12225691.jpg





























この蛇腹部分だけネットで売っていますが、あり得ないくらいのお値段です。
前々から何か代用品はないかと思っていました。
先日ホームセンターで見つけたグリップのスポンジ部分と電気工事用のコネクターカバー。
この二つを合わせてDIYしてみます。
f0119755_12225670.jpg

















コネクターカバーはサイズや色がたくさんあるので、
ミラーの支柱の径に合うものをチョイスします。色はお好みで。
グリップのスポンジは半分に切って使います。
あとは順番にかぶせるだけです。
f0119755_12225743.jpg





























見た目は良い感じですが、スポンジは洗車や雨中走行のときに、
水を含みやすいので、アフタケアを忘れると、取り付けナットは錆びだらけなんてことになるかもしれません。
気を付けなければ。

今年の春に発売されたばかりのCRF250RALLY。
モーターショーのときから気になっていたのですが、
まさかほとんどそのまま発売されるとは。
発売後もずっと気になっていました。
f0119755_12430413.jpg















とにかくカッコ良い!
加えて最新装備で、その割に価格は抑えられていて、
今は注文に生産が追い付かない状態だそうです。

しかし、今どきのバイクですので、イロイロ余計な物が付きまくっていて、
乾燥重量は155Kg!以前所有していたCL400と全く同じです。
私の腕前では、この車重をダート路面で思うままに操るのは無理です。
(かと言って、軽ければ何でもできるわけではありませんが)

考え抜いた末、購入はあきらめて、自分で似たようなものを作りたい、と思った次第です。
もちろん、気になるところは自分でいじりたいとか、
先立つものが絶望的に足りないとか、理由は他にもいろいろありますが・・・・

ともあれ、XL223 RALLY完成しました。

f0119755_12140979.jpg



















by s-fulllife | 2017-06-10 13:05 | その他のバイク達 | Comments(4)
さてさて、ダメージのあるピストンを自家製ホーニングして組み込み、
仕上げて試乗してきました。

いつもの宮ケ瀬湖方面を目指します。

下界は真夏のような暑さですが、宮ケ瀬湖畔は過ごしやすく、
トンネルの中では少々寒く感じるほどです。

アップダウンや中高速のワインディングを走って、小さな休憩スペースで一休み。
f0119755_09053996.jpg

















f0119755_09054096.jpg





























f0119755_09054011.jpg

















エンジン以外にも、フロント周りはXLR250用の流用でディスク化。
サブライトを付けて、モンキー用の社外スクリーンを取り付け。
長さが足りないので、下側は100均の下敷きで製作しました。

XL200 RALLY です。(笑)

問題のエンジンですが、やっぱり異音は残っています。
前よりも良くなっていましたので、エンジン添加剤を入れて、このまま様子を見てみます。
それから、再生したLEDヘッドライトは、やはり直結では使えませんでした。
光はしますが、ハロゲンよりもはるかに暗く、実用できるレベルではありません。
仕方が無いので、直流用のバルブを買い直すことにします。

せっかく試乗に来たので、ついでにナビに出てくる道を探索してみます。

県道から少し入ると、短い短いダートが残っていました。
f0119755_09054003.jpg





























それもすぐに終わってしまって、ビニールハウスが立ち並ぶ細いコンクリート舗装路へ出ました。
ナビ上では、ここから上に伸びる道があるのですが、
入り口にはゲートがあります。
f0119755_09054175.jpg





























ところがこのゲート、通行止めとも何とも書いてありません。
注意書きは登山者に対する火の始末の注意と、不法投棄の禁止についてだけでした。
脇も大きく開いていますので、ここは失礼して入ってみます。

コンクリート舗装の道はどんどん高度を上げて行きますが、
最後の100mほどはダートが残っているものの、
結局は行き止まりになっています。
f0119755_09054101.jpg

















引き返しながら、行きにチェックしておいた枝道に入ります。
ここは嬉しいことに入り口からダートです。
道はすぐに分岐しています。まずは左の方に行ってみます。
f0119755_09054108.jpg





























少しばかり荒れた道を上って行くと、ここも行き止まりです。
真っ赤なお尻をこちらに向けて逃げて行くお猿さんもいました。

f0119755_09272562.jpg


















戻って右の道を行きます。
こちらも少し荒れた道を上って行くと、
道は砂利が敷かれた舗装前のような状態になります。

f0119755_09252072.jpg





























そしてここを登り切ると・・・・・

高圧線の下に、相模原市内を一望できる、極上の展望テラスがありました。

試乗のついでにしては良いところを見つけました。

f0119755_09252060.jpg


















f0119755_09252080.jpg

















道はここで終わりかと思いきや、まだ先に続いています。
もしかしたら、という淡い期待を抱いて先に進みます。

先ほどお猿さんに遭遇した場所で、逃げて行くその上の方に、
木々の間から微かにガードレールが見えていました。
そこまでたどり着けるかとの思いでした。

道は細くなって、九十九折れを繰り返し、ようやく本道に出ました。
f0119755_09252158.jpg

















この林道は、山々の尾根の東側斜面を走っているので、
走りながらも緑の合間に市内を見下ろす事ができます。
この近辺では貴重な林道です。ただし、一方はすぐに終点で、
もう一方はゲートで厳重に閉鎖されていました。
全長3Kmほどですが、十分に楽しめました。
f0119755_09252152.jpg

















f0119755_09252111.jpg

















これだけ走りましたが、異音はあるものの、
エンジンはかかりも良く、白煙や黒煙も確認できませんでした。
アイドリングも安定していますので、もうちょっと様子を見てみます。

少々気になったのは、ギア比の影響もあるかもしれませんが、
少しトルク感が薄いのと、全開時に回転が上がりきる前に少しボコつきがありました。
キャブのセッティングをもう少し見直す必要がありそうです。

それからせっかく取り付けたサブライトが、
フェンダーに邪魔されて、照射範囲が狭まっています。
こちらは取り付け位置の変更で対処可能だと思われます。

何やかんやと、手直ししたら、
こいつでチョット距離のあるツーリングに出かけてみたいものです。
夢ははるか遠いお山の上で星空を眺めながら、ラーメンをすすることでしょうか?
f0119755_09501278.jpg



















by s-fulllife | 2017-06-01 09:55 | その他のバイク達 | Comments(2)
前回の更新で、XL200を手直しする計画を少し書きましたが、
具体的に動き出しました。

まずは、エンジンをセル付きに載せ換えます。

オークションで以前、「少々タペット音あり」と言うエンジンを買ってありました。
一応、載せる前にタペットクリアランスを調整して、一気に載せ換えます。
TL系ではもう何度もやったことがある作業ですが、
やはりフレームが違うと同じようにはいきません。
f0119755_18315525.jpg

















エンジンヘッドのマウント部分がフレームに干渉して載りません。
フレームとエンジン双方を削ってギリギリで載りました。

逆に電装系は隙間が多くて配置に苦労しなくて済みます。
f0119755_18315512.jpg

















f0119755_18315593.jpg

















エキパイもシリンダーのフィンとギリギリで、クリアランスはほとんどありません。
細かいことですが、TL系とは違っていちいち考える時間が余計にかかります。

そして、無事に搭載完了。
電装関係、保安部品も問題ありません。
セルボタンを押すと・・・・・・?
まったく反応がありません。(哀)
スターターリレースイッチは、セルボタンに反応して「カチッ」と音がします。
どうやらモーター本体が逝かれているようです。

セルモーター分解開始。
すると、モーター内部で断線しています。
オマケに、硬質プラスチックの絶縁部分も割れて、
粉々になって出てきました。(続・哀)
f0119755_18315561.jpg

















2液性のエポキシ剤で絶縁部分を成型して、断線していた線をつなぎ直しました。

ようやくエンジンをかけられます。

セルボタンを押すと、エンジンはすぐに目覚めてくれました。

しかし、ヘッドの辺りからカチャカチャと異音が出ています。
タペットのようにも聞こえますが、それはきっちりと調整したばかりです。
せっかく積んだエンジンをまた降ろして、バラしてみました。

異音の正体はこれでした。
f0119755_18445513.jpg

















シリンダー側にも浅く縦に溝があります。
エンジンはかかっていたので、焼き付きと言うよりも、抱き付きでしょうか?

シリンダーの方は割と軽症なので、ピストンをホーニングしてみます。
と言っても、耐水ペーパーで凹凸を均すだけですが。
ピストンリングは交換したのでしょうか?ダメージは見当たりません。
動きも良く、このまま使用できそうです。
f0119755_18445500.jpg

















画像で見るとあまり変わっていないように見えますが、何とか凸凹を修正できました。
でも、これだけ酷く傷があると、使えない可能性も充分にあります。

XL200改造計画はまだ道半ばです。

by s-fulllife | 2017-05-30 18:58 | その他のバイク達 | Comments(6)
先日のツーリングでデュアルヘッドの両方とも点灯しなくなってしまったヘッドライト。
ダメもとでコントロールユニットを外して、
LEDバルブに直結してみました。
すると、どちらもしっかりと点灯します。
どうやらコントロールユニットが原因だったようです。

ブラックボックスのように、分解するためのビスなどは無かったのですが、
横のプラ製のカバーが簡単に外れて、中身はこんな感じです。
f0119755_09181780.jpg

















f0119755_09181791.jpg

















このユニットは、冷却用のファンの制御と整流の役割があります。
ですので、ファンが常に動いていて、直流の安定した電圧なら必要ないことになります。
と、これは私の勝手な解釈ですので、間違っているかもしれませんが、
壊れてしまったライトですので惜しくはありません。

前の記事で書いた、XLの改造計画は、
少しブレーキがプアーなので、フロントをディスク化すること。
エンジンをセル付きにして、バッテリーも大きくして、電装を安定させること。
ヘッドライトの取り付け位置が前すぎるので、少し引っ込めること。
おおよそ、その3点が大きな変更になりそうです。
まぁ、ほかにもやっているうちに細かいことが気になってくるかもしれませんが。

f0119755_09512688.jpg

















エンジンを載せ換えて、電装が安定すれば、
直結にしたヘッドライトでも行けるのでは?と思った次第です。

壊れてしまったコントロールユニットですが、
私にとっては、けっこう複雑で、どこが壊れたのか見当もつきません。
もう一方のユニットを同じように分解してみると、
あれれ、コンデンサーが2個、ポロリと落ちてきました。
f0119755_09182366.jpg

















振動で取れてしまったのでしょう。
そして、もう一方のコンデンサーもよく見てみると、
一か所折れています。
f0119755_09415817.jpg

















さすが安物です。
バイク用なのに振動対策がほとんどありません。
修理して使ってもいいのですが、
余計なものがあると、またトラブルの原因になるかもしれません。
ですので、予定通り直結して使ってみることにします。

うまく行くのでしょうか?
後学のためにデータをとるつもりでやってみます。

by s-fulllife | 2017-05-25 09:49 | その他のバイク達 | Comments(5)
このところ雨ばかりで、なかなか出かけられませんでしたが、
先日、午前中に一仕事あって、午後から時間が取れそうだったので、
お馴染みバブさんとほんの少しだけお山に行ってきました。
場所は、これまたおなじみの宮ケ瀬湖近辺の、昔はダートだった舗装林道です。

予定よりも少し早く到着したバブさんに呼び出されて集合場所に。
本日は2台ともホンダレッドのXLです。
f0119755_141745.jpg






日曜日だったのですが、時間がお昼時だったので、思ったよりもスムーズに市街地を抜けられました。
中津川に架かる橋を渡ってすぐに左折。
川沿いを少し走ると右に「塩川滝」の看板があります。
ここは久しぶりに訪れましたが、観光地化されていないので日曜日でも閑散としています。
バイクを降りて滝まで1分もかからずに到着です。
f0119755_1452848.jpg





この塩川滝、滝つぼに赤い橋が架かっていて、
橋の上から水しぶきを浴びるくらいまで近づいて観ることができます。
近づきすぎているので、普通に写真を撮ろうとすると全景が入りきらないので、
縦位置にパノラマ撮影してみます。
f0119755_148551.jpg





水しぶきとマイナスイオンを体いっぱい浴びて、
次にお山の林道に向かいます。
南山林道を走って半原越(峠)に到着しました。
途中、湧水で一休みして、枝道の林道は50mも行かないうちにゲートで通行止めでした。(^^;
もう一本の枝道で景色のいいポイントまで行ってきましたが、
切るのにすごい抵抗を感じるほどの蜘蛛の巣でいっぱいでした。(哀)
f0119755_14155540.jpg

f0119755_1416452.jpg

f0119755_14161520.jpg






峠の頂上で少しキャブのメンテをして、その後はXL-S君も調子が戻ったようでした。
f0119755_14174580.jpg





そうそう、峠からの下りで小鹿に遭遇。
バイクの音に慌てて林道を走り下っていきましたが、
私たちも行く先は同じなので、心ならずもしばらく後を追いかけるような形になってしまいました。
程なく、土の斜面に駆け上っていきましたが、
カメラを出している間に見えなくなってしまいました。がっかり。
f0119755_14224596.jpg

   <赤丸のあたりにいるんですが・・・・・見えませんね。>




県道に出て、宮ケ瀬湖畔の駐車スペースで一休み。
いつものバイクでにぎわう場所とは違って、それほど込み合っていません。
今日は時間も遅く、場所のチョイスもあって、静かな場所ばかりでした。
何だか久しぶりにのんびりとすることが出来ました。
f0119755_1427210.jpg





帰り道、いつもだったらコンビニでアイスといったところでしょうが、ちょうどお祭りをやっていて、
近くの養鶏場が運営している売店のようなところでソフトクリームをいただきました。
生みたて卵を使った少し黄色がかった「たまごソフト」。
とっても美味しかったのですが、お値段もびっくりの140円也。
いやいや灯台下暗しとはよく言ったものです。
養鶏場の香りはちょっと気になりますが、愛川方面の帰り道、寄り道スポットが出来ちゃいました。
by s-fulllife | 2016-10-04 14:36 | その他のバイク達 | Comments(4)
本日はオチビの、小学生生活最後の運動会の日でしたが、
天候不順で順延になってしまいました。

そう、このところ雨ばかりで、ほとんどバイクに乗ることができません。
こんな時はバイクいじりに限ります。

ツーリング仲間のバブさんところから嫁に来たXL200R。
ヘッドライトを二眼にしたり、USB電源を確保したり、キャリアを装着したり、
着々とツーリング仕様になっています。
特にツーリングと直接関係はないのですが、
フロントフェンダーにオーバーフェンダーを付けたいと思っています。

イメージはこんな感じ。
f0119755_1181370.jpg






確か、XL250R・XL125Rのオプションで、パリダカ仕様には標準装備だったような気がします。
もちろん今では入手不可能。
オーバーフェンダー付きのフェンダーを丸ごと探すしかありません。
ところがなかなか見つかりません。
たまにオークションで見かけますが、ほとんど割れてしまっています。
どうにかならないものでしょうか?

やっぱりこんな時は小細工しましょう!

材料は、エムシノアに取り付けたフェンダースタビライザーが付いていたヤレヤレのフェンダー。
f0119755_10574981.jpg






簡単に言うと、これをカットしてノーマルフェンダーにかぶせます。

カットして、表面を磨いて、塗装、リベット用の穴をあけて留める。
ささっと作業して、完成しました。
左右で形がちょっと違っていたり、隙間があるのはご愛敬です。
まぁ、離れて見ればそれなりに見えるのでOKとしましょう。
f0119755_1131447.jpg

f0119755_1132371.jpg

by s-fulllife | 2016-09-24 11:09 | その他のバイク達 | Comments(4)
ほぼ一か月ぶりの更新となってしまいました。
お天気が悪くて、ツーリングの予定が無くなってしまったり、
夏休みのオチビとの予定などが重なって、8月後半は忙しく過ごしていました。

さて、もうバブさんのブログで知っている方もいると思いますが、
XL200が新しく我が家の一員になりました。

この春先より7台のバイクを手放して、
ガレージにも少しだけ余裕が出来ました。

そして、ツ-リングバイクの位置づけとして所有しているTLM220改エムシノアですが、
やはり電装が12V交流バッテリーレスですので、
ナビやETCなどが思うようには使えません。
f0119755_148760.jpg





昔からHONDA党の私ですが、OFFの名車XLシリーズにはあまり縁がなく、
XL125パリダカというレアなバイクしか所有したことがありません。
(XRやXLRなどは別ですが。)
バブさんがXL200を手放すというので、瞬時に商談は成立しました。
f0119755_14135077.jpg





さてさて、自分で言うのも何ですが、
ほとんどすべての所有バイクに手を入れている私としましては、
もちろんノーマルでそのまま乗るつもりはありませんでした。
フロントはディスクブレーキ仕様に、エンジンもセル付きに乗せ換えて・・・・・
と、いろいろ構想はあったのですが、
手に入れたXL200、エンジンは非常に程度が良く、
メカノイズは少な目で、アイドリングや吹け上りも良好です。
ブレーキも必要にして十分な効き味です。
ですので、しばらくはこのまま乗ることにしました。

ただし、ライトカウルが経年劣化で痛みがひどく、
明るさも今一つですので、ライト周りは手を入れることにしました。
以前入手した、ズーマーの二眼ヘッドライトを取り付けて、
リアはキャリアを装着、トップケースも取り付けました。
サイドスタンドも接地面を広げてあります。
f0119755_14211875.jpg

f0119755_1421394.jpg

f0119755_14215587.jpg

f0119755_14245714.jpg






ツーリング仕様ですので、USB端子も装備、ヘッドライトのせいもあって、
少々フロントヘビーに感じます。
慣性の法則から考えると、ヘッドライトをもう少し引っ込めると良いかもしれませんね。
f0119755_1424630.jpg

f0119755_1424191.jpg






やっぱりHONDAは赤ですね~。
by s-fulllife | 2016-09-07 14:31 | その他のバイク達 | Comments(5)
先日嫁に行ったTL14号。
買ってくださった方がお土産を持ってきてくれました。
「SUZUKI レッツ4」 インジェクションのスクーターです。
バッテリーを充電して、配線や故障したパーツを取り換えて、
走行可能になりました。
f0119755_16264369.jpg

f0119755_16383844.jpg





かなり久しぶりにスクーターに乗りましたが、
今のモデルは、メットインスペースがあり、とっても便利です。
50ccですが、想像以上に良く走ります。
さすがに、幹線道路の車の流れに乗るのはしんどいかもしれませんが。

これは、妻君の足になる予定でしたが、
スクーターは怖いというので、慣れるまでしばらくは、
私の買い物の足になりそうです。

そして、ただいまイーハトーブをヤフオクに出品中です。
パンプータ3号と入れ替わりに廃車して、
しばらく乗っていませんでした。
苦労したバイクですし、愛着もあるのですが、
ガレージの奥でほこりをかぶっている姿が悲しげなので、
もしも必要としてくれる方がいらっしゃればお譲りしようかと思っています。
ただ、手放してしまうと入手困難なパーツも多々ありますので、安売りはしません。
売れなければ、もう少し休ませて、また一緒に林道に行く日を待つつもりです。

興味がある方はのぞいてみてください。
f0119755_1637422.jpg

by s-fulllife | 2016-07-15 16:40 | その他のバイク達 | Comments(7)

by ぷーたとうさん