ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

カテゴリ:Trial( 87 )

本当に久しぶりに、トライアルの大会に参加してきました。
PAMPUTA4の大会デビュー戦でもあります。

もちろん、練習不足も甚だしいので、結果を求めるのは虫が良すぎます。
久しぶりに良い汗をかいて、楽しんじゃうつもりです。

夏の開催なので、いつもよりも1時間早めに受付を初めて、
8セクション2ラップ、連続トライありで、お昼ころには終了予定だそうです。
主催者の配慮がうかがえる楽しそうな大会ですね~

と言っても、グループはいつもの旧多摩テックメンバーが集まってラウンドします。
f0119755_09405286.jpg

















f0119755_09401592.jpg

















私を含めて、TL系ツインショックのマシンでの出走です。

しかしまぁ、このメンバーで廻ると、おおよそマーカーの示す通常ラインでトライすることはありません。
一つ目のセクションから、男ライン、余計な事、自虐セクションのオンパレードです。
f0119755_09401520.jpg





























f0119755_09401601.jpg





























そして、半分ほどが終わった時点で、すでに体力の限界が近づいていました。
それでもこの方たちは容赦がありません。
気が付けば、自分たちもかなりフラフラになっていました。
・・・・・共倒れ・・・・・・です。(^^;

f0119755_09401640.jpg





























f0119755_09401696.jpg





























f0119755_09401627.jpg





























それでも何とか走り切りましたが、
体力の無さを思い知らされました。

それから、残り2セクションの時点で、
PAMPUTA4のアルミステップが折れました。
パイン山さんなどからも心配されていた事態が起こってしまいました。
ステップ本体は至って頑丈で、トライアルでステアケースや、飛び降りなどでも大丈夫でしたが、
ストッパー部分が折れてしまって、下に垂れ下がってしまいました。
そこで、ステップを本来の位置に戻して、隙間にステンレスワッシャを打ち込んで固定して、
最後まで完走はできましたが、やはりステップは鉄かステンレスが良いようです。

しかし、これで最終的に不具合も出尽くしたことでしょう。
もうそろそろ登録して、お山に行くつもりです。

久しぶりの大会は、変わらぬ仲間とわいわい楽しんで、
時には真剣に、時には大笑いして、やっぱり本当に楽しかったです。
あとは、今更技術は向上しようも無いので、落ち続ける体力をどうキープするか?
そのあたりが課題でしょうか?

とにもかくにも、トライアルもお山もツーリングも、バイクって楽しい!!!

by s-fulllife | 2017-07-24 10:02 | Trial | Comments(8)
ブログのタイトルがトライアルなのに、久しぶりのトライアルネタです。
雨が降る前の日曜日、トリックさんの練習会にお邪魔させていただきました。
朝9時から開始と言う事でしたが、8時過ぎにはもう皆さん集まっておられます。
バイクもツインショックに限らず、最新型からちょっと古いレーサーまで多種多様です。
集合は早かったのですが、始まりはちょっと遅め。
あまりきっちりとしすぎずに、和気あいあいとした雰囲気です。私はこういうの大好きです。
f0119755_17323739.jpg

















本日はパンプータ4の最終確認です。
過激なセクションはともかくとして、皆さんと同じセクションを走ることはできるのか?

少し移動して前によく走っていた場所へ。
しばらく来ないうちにかなり地形が変わっています。
代表の方がセクションセッティング。
初心者からベテランまで楽しめる絶妙なセッティングです。
f0119755_17372761.jpg

















f0119755_17372644.jpg

















久しぶりに試乗ではなく、ちゃんとした練習をして、
はじめは必死でしたが、やっぱりすぐに楽しくなって、
結果、カメラを持って行ったのに、ほとんど写真は撮れず。
まぁ、そのくらい集中して練習できたと言う事にしておきましょう。(^^;

今回目を引いたのが、S氏のバイアルス。
亀岡産でワンオフ部品がてんこ盛りのカッコイイバイアルスです。
f0119755_17323870.jpg

















少し乗せてもらいましたが、これがまた抜群に乗りやすくて、
やっぱりバイクはバランスが大事だと言う事をつくづく思い知らされました。

そして、イーハトーブを駆るtr133さん、
斜面の登りで見事なウッチャリを見せてくれました。
f0119755_17323709.jpg

















ここでリアが石に乗り上げてグリップを失っています。
ハンドルも切れ込んで、あとは・・・・・・・
f0119755_17323837.jpg

















思い出したようにカメラを向けた途端にパフォーマンスを披露してくれる、
ダンディーだけどお茶目なtr133さんでした。

さてさて、午前中だけでしたが、久しぶりにトライアルで良い汗をかいて、
パンプータ4にもしっかりと乗り込みました。
皆さんと同じセクションも何とかこなすことができて、
強度、走破力、操縦性、ともに合格点を付けることが出来そうです。
それでは、梅雨明けくらいにはナンバー登録してお山に持ち込んでみましょう!
f0119755_17323946.jpg



















by s-fulllife | 2017-06-18 17:56 | Trial | Comments(2)
久しぶりのトライアルネタです。
数年前に五十肩を患って以来疎遠になっていたトライアル。
ガレージの隅っこでほこりをかぶっているGASGASが不憫ですので、
たまには乗ってやらないと、と思い立ちました。

新しい混合ガソリンを入れて、キック数発ですぐに目覚めてくれました。
本当にこのGASGASは大当たりのバイクです。
作業台の下から引っ張り出したブーツは、ところどころカビが発生しています。
これもしっかりと磨いておきましょう。
f0119755_16202220.jpg






本日は水曜日なので、もしかしたら何人かいるかな~と、
これまたご無沙汰のK沢に行ってみると、
思ったよりもにぎわっています。
f0119755_16185261.jpg






入念にストレッチをして体をほぐしておきます。
乗った早々どこかを痛めて帰るのでは笑い話にしかなりません。

本日は競技のリハビリのつもりで、地味にターンと、低いアップダウンに終始するつもりです。

8の字を書いたり、スタンディングスティルをしたり、
体が温まってきたところで、少しだけセクションっぽいところを走ります。
大きな岩の間を縫うようにターンして、斜めの岩を登ります。
ここでどうしても、リアタイヤが滑ってしまって巧く登れません。
f0119755_16293749.jpg






フロントタイヤは赤線をトレースしますが、
リアタイヤは当然内輪差で内側を通ります。
すると斜めのツルツル石で滑って登れないという情けない結果です。
f0119755_16382157.jpg






開始から1時間、もちろん休み休みですが、もう左腕が悲鳴を上げ始めています。
もともと大して巧くもないのですが、体力の落ち方は相当なものです。

最後の最後でようやくクリーン!
フロントを乗せた後、リア加重で素早く短く加速、
リアが滑りやすい岩に乗る瞬間に抜重。
一連の動作をターンしながら行う。
言葉にすると簡単そうですが、体はなかなかついてきてくれません。

開始から2時間、準備や休憩を差し引くと、
乗った時間はせいぜい30分ほどですが、
久しぶりに良い汗をかきました。

まぁ、ケガをしないように、ボチボチやっていきましょう!

気が付けば、もうK沢も紅葉真っ盛りです。
f0119755_16472157.jpg

f0119755_1647343.jpg

by s-fulllife | 2016-11-30 16:50 | Trial | Comments(6)
最近ご無沙汰でしたが、先日久しぶりに練習してきた相模川の河川敷で、
トライアル雑誌自然山通信主催で開催されていたトライアル大会が最後になります。
処々の事情はあるようですが、練習会に参加した皆さんも出場するそうです。
この大会、保険の関係でMFJのライセンスが無いと参加できません。
私はライセンスを持っていないため、応援と冷やかしで行ってきました。

当日の朝、少しばかり仕事が入ってしまって、
現着したのはもうスタートした後でした。
大体の見当をつけて、河川敷を走って行きます。

いくつかのグループに分かれて競技しているのですが、
なかなか仲間のグループにたどり着きません。
f0119755_13591537.jpg

f0119755_13593686.jpg

f0119755_13595375.jpg

f0119755_1401190.jpg





何人かの方はTL系でがんばっていいらっしゃいます。
中にはカブの方まで!

闇雲に走っていても出会えそうも無いので、
ひとつのグループについて回って、コースロープをたどっていくと、
見慣れたバイクの集団を発見しました。
f0119755_1451778.jpg

f0119755_1452746.jpg

f0119755_1455441.jpg

f0119755_1461623.jpg

f0119755_1462853.jpg

f0119755_1464217.jpg

f0119755_146519.jpg

f0119755_1472433.jpg






いやはや、皆さん躍動しています。
こんなに身近な場所の大会が無くなってしまうのは寂しい限りですが、
このフィールドが今すぐに走れなくなってしまうわけではありませんので、
暇を見つけて、走れるうちにもう少し走り回っておこうと思いを新たにしました。
f0119755_14115121.jpg

by s-fulllife | 2016-02-22 14:13 | Trial | Comments(4)
ブログのタイトルに「トライアル」と入っているのに、
最近はツーリングやトレッキングネタばかりでした。
もちろんそれはそれで楽しいのですが、
ライディングの基礎となるトライアルを忘れてしまったわけではありません。
先日、久しぶりに練習会のお誘いがあって、
これまた久しぶりに練習に行ってきました。およそ1年ぶり?

イワピー師匠、tr-133さん、team debuさん、S藤さん、T田さん、
そして私、合計6名のツインショックオヤジが集まりました。
f0119755_16261738.jpg





しばらく会わないうちに、愛車やトランポも変わっていましたが、
変わらずに受け入れてくれる気持ちの良い面々です。
f0119755_16275072.jpg

  <各所にスペシャルパーツが・・・・・ピカピカのTLRでした。>





軽くウォーミングアップを済ませて、
セクションへ移動します。

イワピー師匠が、怖くなく、危険でなく、でもチョット難しい絶妙なセクションを作ってくれます。
f0119755_16305676.jpg

f0119755_1631643.jpg






皆さん、それぞれ自慢の愛車にスペシャルパーツや、
工夫を凝らして綺麗にに仕上がっていますが、
走り出したら容赦なくトライします。

そして、練習の合間にバカな話やバイクの話で盛り上がったり、
お互いのバイクを乗り比べてみたり。
1年ほどのブランクがあっても以前と変わらず楽しめました。
f0119755_16351918.jpg






ところが、1年ほどのブランクは、
短い練習時間でも、漏れ無く筋肉痛をプレゼントしてくれました。(笑)
by s-fulllife | 2016-02-12 16:40 | Trial | Comments(5)
ようやくキリストさんのお誕生会が終わって、
お店もひと段落しました。
そこで、今年の乗り納めに、K沢に行ってきました。

五十肩?と思われる肩痛で安静にしていたのですが一向に良くなりません。
気にしすぎても始まらないので、マクレルような乗り方には気をつけて練習に行くことにしました。
安静の副産物なのか、ストレッチが効いたのか、最近腰は絶好調です。

K沢に着くと、相も変わらずオヤジたちが土と戯れています。

愛機GASGASは、半年振りにもかかわらず、キック3回目で目覚めてくれました。
良いバイクです。

久しぶりに良い汗を流しました。

私は競技車両しか持っていなかった時が長かったので、
ツーリングが楽しくて仕方がありません。
この秋はバブさんと良く走りました。

でも、やっぱりトライアルも楽しいんですね~コレが。
チョット遅咲きでしたが、我が青春は多摩テックだったんだな~
と思いかえした一日でした。
f0119755_22404755.jpg

f0119755_22405813.jpg

by s-fulllife | 2014-12-28 22:44 | Trial | Comments(4)
消費税対策で忙しいはずなのに、
遊ぶことについては、なんとか時間を作ってしまえるものです。(私だけ?)

年度末も押し迫った3月30日。しかも天候は大荒れの予報。
それでも何処からこんなに?と思うほど、ツインショックのトライアルマシンと、
マシンよりもさらに古いオジさんたちが、真壁に集まってきました。
f0119755_9575074.jpg




セクションは、きつくもなく、人とマシンを労わるレベルのものです。
ただし大会ですので、難セクションはいくつかあります。
第一セクションから、その難セクションです。
大きな石のステアケースで足が出て、そのあとの飛び石ステアでも足つき。
登りのターンでもバタバタになり3点。
f0119755_1072046.jpg

f0119755_1084861.jpg

  <お久しぶりのY縣さん。悪い模範を身をもって教えてくれました・笑>




第2セクションでは、キャンバーターンからの斜めツルツル丸太で滑って、
コースロープを切ってしまって5点。
f0119755_10104783.jpg

  <愉快な仲間のシダックスさん。大会は昨年のイーハトーブ以来。私もか。>




第3セクションは比較的楽でしたが、
INの上りのあとに石を超えるので、
登り終わりでフロントを釣ったまま行かなくてはいけません。
ここはクリーンでした。
パイン山さんは右から登って、石を横から超える方法を選択。お見事でした。

第4セクションは、フラットな斜めの岩に乗って、ハンドルを切りながら降りなければなりません。
雨に濡れた岩の下りはチョット怖いです。
ビビリ腰になりながらも、なんとかクリーン。
f0119755_10563159.jpg

f0119755_17531726.jpg

f0119755_10204018.jpg

  <下りで曲がりきれないと、前が引っかかって・・・・・tr-133さん、痛かったですか?>




第5セクションは斜面と岩の組み合わせですが、ラインは比較的簡単です。
問題なくクリーン。
実は混み合うセクションを避けて、はじめに第5からトライしたので、
最初からクリーンでした。そしてこのあと、第1・第2でメロメロに。(^^;
f0119755_10252531.jpg

  <バイアルスでトライする方も。上手い人は何に乗っても巧いです。>




第6セクションは、草木が生い茂った斜面のセクション。
これも比較的ゆる目です。
ところが入ってすぐの登りで、TYのご機嫌が斜めに。
足を着いてバタバタの3点。
このあと、エンジンの始動困難で、キックの鬼と化してしまいました。
ただでさえ体力無いのに~。

第7セクションは、最後の大岩をターンするところがサクサクで、
しかも切り返しながらの急斜面の登りです。
登りきれずに1点、ターンでもう1点、こういう所苦手です。

第8セクションは、出口近くの直角に近いツルツル岩を、
斜めから入って超えなくてはなりません。
他の人と違うラインでクリーンを狙いましたが、
マーカー外を通過してしまって5点です。

第9は簡単でした。が、しかし、
2ラップ目に、赤マーカーが風で飛ばされていたことが発覚。
難易度はアップしました。
2ラップ目に、下見をせずに、簡単な方のラインでトライ。
コースミスして1点取ってしまいました。
大会役員の方が、本来のラインでもう一度トライすることを許可してくれたので、
難しい方のラインで再トライ。上手くラインに乗ってクリーンでした。
役員の方はクリーンでOKと言ってくれましたが、
ちょっとズルしちゃった気分です。
f0119755_10551621.jpg

   <ここを下って赤マーカーが無いとただ斜面を走ってOUT。本来は斜めの岩を登ってからOUT>



第10セクションは、岩の斜面のターンとツルツル岩を登ってすぐのキャンバーターンがミソでした。
上手くリア荷重を抜くことができて、クリーンできました。
f0119755_10455564.jpg

  <このあとのターンが気になってリアを抜ききれないと滑ります。パイン山さんは1点。>
f0119755_10473647.jpg

  <シダックスさんはオープンラインにチャレンジしましたが・・・・・2ラップ目はクリーンでした。>




そして最終第11セクションは、滑る斜面のキャンバー走行。
絶妙な味付けです。
最後の最後に足が出て1点。
2ラップ目はクリーンしました。
f0119755_1111814.jpg





このあとコースを逆にたどって2ラップ目に入りました。
心配していた雨も小雨のままで、コンディションは良いです。
バイクにもセクションにも慣れて、2ラップ目は減点を減らすことができました。
トータル 減点31 クリーン10
終了間際のセクションで雨足が強くなり、
順位発表もじゃんけん大会もキャンセルして帰ってきました。

テクニックは今更なので、体力の強化と、体重管理が今後の課題でしょうか?

応援の無限さん、ベニーさん、雨の中わざわざありがとうございました。
ベニーさん、チョコケーキごちそうさまでした。
パイン山さんシダックスさん、昨年のイーハトーブ以来の3人組でしたね。
やっぱりみんなで走るのは楽しいです。
花粉の季節が終わったら、もうチョット練習しますので、またご一緒しましょう!
by s-fulllife | 2014-03-31 10:15 | Trial | Comments(14)
夏の終わりに行ってきたイーハトーブ大会。
妻君のバイク熱がジワリと上がってきて、
来年は出場?と言った流れになってきました。

ヒザの具合もよろしくないので、いきなりとはいきません。
気心知れた仲間のいる神沢でチョットだけ練習してきました。
f0119755_9362275.jpg

   <一応QRも持って行きましたが、ものの数分でリタイヤ。熱血とはいきません>



懐かしい仲間と顔を合わせるのも久しぶりの妻君は、
初めはおとなしく「八の字」などを描いていましたが、
夫の策略でいろいろやらされていました。(^^;

やっぱり楽しく乗らないとね~
f0119755_9403072.jpg

f0119755_9404059.jpg





常連組は朝から厳しいセクションを練習しています。
画像は今年NAに昇格して頑張っているノリさん。
はじめたばかりの頃は、私がいろいろ教えていたのに・・・・・
今では全く歯が立ちません。(^^;
f0119755_9434789.jpg

  <足がすくむような崖の上、恐ろしくて私には絶対無理>



f0119755_9451681.jpg

  <両サイドのサポートは国際A級親子。豪華なサポート。でも恐い>



レベルは違えど、それぞれに楽しめるトライアルな一日でした。
by s-fulllife | 2013-09-24 09:51 | Trial | Comments(9)
いっぱい撮ってきたので、中には鑑賞に耐えるものもあります。
前の記事に載らなかった画像を載せます。
少々重いかもしれませんが、ご勘弁ください。

f0119755_2253561.jpg
f0119755_22525517.jpg
f0119755_22524269.jpg
f0119755_22523226.jpg
f0119755_22522251.jpg
f0119755_2252832.jpg
f0119755_22515441.jpg
f0119755_22513132.jpg
f0119755_22511493.jpg
f0119755_2251284.jpg
f0119755_22505388.jpg
f0119755_22493121.jpg
f0119755_2249234.jpg
f0119755_22491424.jpg

by s-fulllife | 2013-08-26 22:54 | Trial
行ってまいりました。イーハトーブ大会。

今年は涼しく爽やかな岩手が、なお一層爽やかで、
天気もよく、最高に楽しむことができました。

いつものお宿で、大会当日の朝を迎えると、
何やら軽トラにGASGASランドネを乗せた方が来ています。
TL東北SHOWさんです。
前日の夕方5時過ぎにいらっしゃると思っていたのですが、
当日の朝5時過ぎのことでした。(^^;
SHOWさんは岩手の地元民。前日から乗り込む必要はありませんものね。
f0119755_21552048.jpg

   <SHOWさんとお会いするのは初めてでした。ネットではおなじみですが。>



軽く挨拶を済ませて、お互いの健闘を祈り、それぞれ最後の準備に移ります。
と、そこへ仕事のため遅れてきたパイン山さんが到着。
無事にTL関東3人で揃って出場が叶いました。
f0119755_2203580.jpg

   <仕事のあと夜通しの移動、少しの仮眠で出場、ナイスファイトでした。>



さらにそのすぐあとには、東北の友人ノースラインさんもおいでになって、
いつものメンバーが揃ってきました。
f0119755_22365921.jpg

  <ノースラインさんは直前に骨折。松葉杖のカメラマンとなっていました。お大事に。>



車検と受付を済ませたパイン山さんを加えて、3人のオヤジと、3台のTLはスタート地点に向かいました。
集合写真のあとに順番にスタートです。
スタート順は割合早く、8時前にはもうすでにスタートしていました。

第1セクションは小手調べ。緊張しながらもクリーンでスタートを切ることができました。
ブドリに参戦のパイン山さんは、クリーンとは行かず、セクションの厳しさが伝わってきます。
f0119755_2275582.jpg

f0119755_228742.jpg




今回のネリ・ブドリはかなりコースが変わっていて、
ほとんどが安比高原周辺で行われます。
ランチは七時雨でとりますが、またすぐに安比方面に戻るようなルートです。

しかしそれはそこ、あちこちに素晴らしいロケーションが散りばめられていて、
走っても走っても飽きることがありません。
f0119755_22114266.jpg

f0119755_2230534.jpg




そして、私もTLも絶好調。しっかりとツインショックに慣らした体は、
いつになく良く動き、1セクション以降も全てクリーンでアウトしています。
これはもしかして念願の・・・・・・・
などと微かに思い始めたころ、やってきましたガススタンド裏の人口セクション。
大きめの丸太が平行に並んでいます。
ネリはその丸太を縫うようにターンしていきます。
ブドリはもちろん丸太を越えていきます。
今日の私とTLなら、ブドリラインでも問題なくクリーンできるはずです。
ところが4ツ目の一番大きな丸太が動くんです!
これもしっかりと下見をしなかった私が悪いんですが、
思わず足が出て、今年もまたオールクリーンの夢は消えました。(^^;
f0119755_22205691.jpg

   <シダックスさんはクリーンでした。>



しかしその後も気を取り直して、次々とセクションを攻略。
ついに最終セクションまで来ました。
ペンションビレッジから程近い場所でのヒルクライムです。
助走をつけて、シフトを2速にかきあげます。
ここもクリーン。結局あの1点に泣きました。

結果はともかく、関東のオヤジ3人は、
岩手の夏の終わりを満喫することができました。
f0119755_2227172.jpg




来年は岩P師匠も還暦祝いで出場予定です。
そして10年ぶりにウチの妻君も出た~いなどと言っています。
何やら今から嵐の予感が・・・・・・・いえいえ、楽しくなりそうな予感が。(^^;
by s-fulllife | 2013-08-26 22:39 | Trial | Comments(12)

by ぷーたとうさん