ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

カテゴリ:TL再生( 196 )

さて、TLM220をエルシノア風に再生する計画でしたが、
慣れ親しんだTLとは大違いで、
分解が進むごとに不安要素も大きくなってきます。
まぁ、結局のところ自己満足の世界ですので、
出来上がったものを私がエルシノア風だと思えばそれで善しとしましょう!
と、大幅にハードルを下げてみたりして。(^^;

ひとまず分解は完了しました。
そしてフレームは黒く塗ります。
f0119755_18361445.jpg

f0119755_18372445.jpg





サビが酷いところと、綺麗なところが入り混じっていますが、
もちろん酷いところは磨いてサビ止めを塗っておきます。
f0119755_1839567.jpg





配管やハーネスの取り回しなどを、覚えているうちにやっておきたいのですが、
塗料が乾くまでは手が出せません。
そこで、その間にチョット小細工を。

このバイクに付いていたトライアルミラーは、残念ながら割れてしまっています。
エルシノア風にするつもりなので、ミラーは別の物を取り付けようと思います。
ですが、勿体無いので割れたミラーを再生します。
f0119755_18433666.jpg





まず、割れてしまった鏡の部分は再生できないのでカットして、
次にカットしたステーの中心に穴を開けて、
アルミのパイプを押し込んで、そのパイプにもう一回り大きいパイプをかぶせます。
エポキシ系の接着剤で中の空洞を埋めて、一緒ににパイプ同士も接着します。
f0119755_18474834.jpg





あとはこのステーに100円ショップで買ってきた
(デモ200円でした)ミラー部分を取り付けて完成です。
f0119755_1849296.jpg

f0119755_1849406.jpg





それからもうひとつ。
チェーンスライダーが加水分解を起こしていて、ひび割れています。
以前注文したのですがご、相談パーツになっていました。
f0119755_18534672.jpg





割れたところに変成シリコンを充填して、表面にも塗りつけます。
変成シリコンは塗装可能なので、黒く塗って出来上がり。
耐久性は(?)ですが、とりあえずこれで行ってみます。
f0119755_18572329.jpg





フレームの塗料が乾いたら、早速組みつけていきます。
これがまたややこしそうだな~(^^;
by s-fulllife | 2015-09-28 19:01 | TL再生 | Comments(4)
タンクの裏側をへこませて、
TLM220のフレームに、エルシノア CR250M のアルミタンクは無事に収まりました。

次にシートですが、
これこそほとんど何もせずにぴったりです。
ちなみに、エイプのシートです。
f0119755_1885192.jpg

f0119755_1812154.jpg





前側の差し込んで引っ掛けるところの場所も寸法もぴったりです。
後ろ側の取り付けステーを付ければ他に何もする必要はありませんでした。

でもこれは練習用のフレームですので、
実際に使うフレームのステップ位置を移動します。

練習の時よりも下側により大きく、7cm下げました。
ほとんど限界ギリギリではないでしょうか。
f0119755_1814239.jpg





それから、シートレールですが、
エンド部分が繋がっていないので、
強度的に弱く、曲がっているフレームをよく目にします。

リアフェンダーの取り付けステーも兼ねて、
補強を入れます。
f0119755_1816123.jpg






後は塗装をはがして、オールペンします。
少しでもエルシノアに近づくように黒にするつもりです。

分解を始めて改めて思いましたが、
TLに比べると、パーツが入り組んでいて、
隙間無くギュッと詰まっている感じです。
そして、細かいパーツのサビが酷い!
地道な作業が続きそうです。(^^;
by s-fulllife | 2015-09-19 18:31 | TL再生 | Comments(6)
書類つきのフレームを落札して、
無事に届きましたので、書類の無いほうのTLMをバラします。
慣れ親しんだTLとは違って、
かなりギュッと詰め込んである感じです。
そうそう、バラす前に、タンクのフィッティングを見なくては。

一応ダメ元であてがってみますが、もちろんそのまま入る訳はありません。

TLMはフレームが2stオイルのタンクになっていますので、
センサーが飛び出ています。
見るからにこれが邪魔です。
f0119755_187366.jpg







そして、車体左側にチャンバーがせり上がっています。
これとタンクのクリアランスも問題になりそうです。
f0119755_1871861.jpg






しかも、エルシノアのタンクは,チャンバーのある左側にコックが付いています。
間違いなくコックは移動しなくてはいけませんね。

センサーを避けるためと、チャンバーとのクリアランス確保のため、
タンク後側を少し上げた状態で固定する必要があります。
後は、フレームやリアサスのリザーバータンク、イグニッションコイルなどに当たる場所を、
ゴムハンマーでたたきながら形を合わせていきます。
f0119755_18164552.jpg





すると、見事に載りました。
チャンバーとのクリアランスもまるで純正のようです。
f0119755_1820461.jpg

f0119755_18201552.jpg

f0119755_18204966.jpg

f0119755_18213459.jpg






タンクの後側を少し上げて固定するために、
適当なスペーサーを入れましたが、
ちゃんとした物も作っておきましょう。
f0119755_18221397.jpg





年代も排気量もエンジンもフレームも、まったく違うバイクですが、
何故かうまく載っちゃいました。
HONDA車同士の相性の良さなんでしょうか。(^^)v
by s-fulllife | 2015-09-16 18:27 | TL再生 | Comments(9)
先日より再生作業を始めたTLM220ですが、
前回の投稿にも書いたとおり、登録書類がありません。
(前オーナー様は、ピンクナンバーの原付二種登録していたようです。)
書類の再発行も出来るそうですが、
費用がかかるのと、今回はフレームを塗装するつもりなので、
別に書類付きのフレームを入手することにしました。
すると今のフレームは不要になります。
そこで、今のフレームを使って、いろいろと練習してみることにします。

まずは、今回もステップ位置を変更するつもりです。
TLMもTLRと同じく、ステップ位置が高く尚且つ後退しています。
ですので、今回も低くそして前進させます。
f0119755_18291797.jpg





5cm前進、4cmダウンしてみました。
スタンディングした感じは、なかなか良い具合です。
ですが、下側にもう少し余裕があります。
ギリギリまで下げたほうが、ポジション的にも楽になりますので、
次はもう少しダウンさせてみます。
f0119755_18384345.jpg






そして、ブレーキペダルも少し延長して、踏み位置を下げます。
f0119755_18361872.jpg

f0119755_18363251.jpg





ブレーキペダルは、フレームを交換しても使えますのでこのまま使用します。

それから、今回は(も)外装をいじるつもりなので、
フィッティング用にナットを溶接してタンクやシートの位置決めをしてみます。
f0119755_18463673.jpg





さて、今回のテーマは、
「めざせ!エルシノア」です。
言わずと知れた、HONDAの2st・OFFロードの名車です。
本物はツインショックですし、いろいろと古さも目立ちますが、
それをTLMで似せて造れないかな~と思っています。
ですので、セル付きぱんぷーた号と同じく、似ても似つかないバイクになるかもしれませんが、
それはそこ、自己満足の世界ですので、温かく見守っていてください。(^^;





f0119755_1856742.jpg





秘蔵のタンクが巧く乗ってくれると良いのですが。
by s-fulllife | 2015-09-14 19:01 | TL再生 | Comments(6)
思い起こせば、初めてのトライアルはTLM220でした。
エンデューロを走っていたので、
OFFには少しばかり自信が有ったのですが、
それを根底から覆されたのがトライアルです。

そして、同じTLMで初めてイーハトーブにも行ってきました。
大自然の中を走るツートラで、一気にトライアルにはまってしまった訳です。
その後、ベータテクノからGASGASを数台乗り継いでいます。

最近やりたいことが多すぎて、ほとんど練習が出来ていませんが、
やっぱりトライアルから離れるつもりはありません。
マイペースで、ボチボチやっていくつもりです。

さて、私の現在の愛車は、
GASGAS TXT PRO
TY175
この2台はナンバーの無いコンペマシンです。
そして、
CL400
TL125 JD06
TL125 JD03 イーハトーブ
TLR223 パンプータ号
ナンバー付きの公道走行可能なバイクは、この4台です。

ふと気が付くと、コンペマシンは2stで、公道マシンは4stと、
きっちり分かれています。
まぁ、エンジンの特性を考えれば、正しい選択かも知れませんが、
若かりし頃は、DT125やCRM250や先に書いたTLM220に乗っていました。
2stにはシンプルな楽しさが有るのも事実です。
その2stが最近では絶滅危惧種のような扱われ方です。
ロードレースもモトクロスもトライアルも公道上でも・・・・・。

そこで、公道で走行できる2stを密かに物色していました。


f0119755_18512628.jpg

f0119755_18514980.jpg

f0119755_1852068.jpg

f0119755_1852832.jpg





懐かしのTLM220をゲットしました。

ただしこのバイク、問題アリです。
錆が多く、エンジン不動、書類はピンクナンバーの125ccで登録されています。

またまたやりがいの有り過ぎるバイクがやって来てしまいました。(^^;
by s-fulllife | 2015-09-09 18:59 | TL再生 | Comments(4)
先日交換したパンプータ号のリアブレーキシューですが、
効き味も良く、「鳴き」も治まりました。
角度を変えたブレーキペダルも良い具合です。
f0119755_16584163.jpg





それから、パンクの際、ここぞという時に役立たなかった携帯空気入れ。
バルブの部分が折れてしまっていました。
f0119755_1705737.jpg





やっぱりプラ製では心もとないので、
金属製のバルブを取り付けてみました。
f0119755_1722898.jpg





巷では、パイン山さんTL東北SHOWさんたちが、
イーハトーブトライアル大会に参加して、素晴らしい成績を収めていますが、
私は仕事やその他諸々の都合で、ここ何年か参加できていません。
最近のお天気と同じく、
何だかスッキリしませんね~。

スッキリできるように、今年もミーティングを企画することにしま~す。

一応9月22日(火・祝)、相模原方面を予定しています。
近々愉快な仲間の掲示板にアップさせていただきます。
by s-fulllife | 2015-09-01 17:31 | TL再生 | Comments(8)
昨日、高校時代の友人S君が、軽トラにTL13号を載せて引き上げていきました。
整理されたガレージは広く、13号が無くなったので、
さらに整備スペースが生まれました。
未だ手付かずのRTL50・TY80、
次の出番を待っている、GASGASTXT Pro・TY175
最近出番の無いCL400、
TL1号・イーハトーブ・パンプータ号。
合計8台のバイクを納めても、なお整備スペースがあります。
今後どのくらいこの状態をキープできるのか?
いえいえ、キープしなければ!!!

さて、そのガレージでの初仕事は、
パンプータ号のリアブレーキシュウ交換です。
ついでに、ブレーキペダルの形状もチョットいじります。
f0119755_21194081.jpg





パンプータ号のリアブレーキは、何度かOHしているのですが、
どうしても「鳴き」が治まりません。
そこで、チョット奮発して、ハイグレードなシュウを使ってみようと思います。
ドラムブレーキの「鳴き」はドラムとシュウのマッチングの問題もありますので、
一度新品にしてみようと思っていました。
どうせ新品にするのなら、少し上乗せしてハイグレードなものにしてみました。
はてさて、効き味はどんな具合でしょうか?
f0119755_2119591.jpg

f0119755_21201130.jpg





ブレーキペダルについては形状的に、
前に出したステップホルダーに当たってしまいます。
そこで、大きく曲がった別車種の物を溶接で取り付けます。
つや消しブラックを塗って、完全に硬化したら取り付けです。
f0119755_21223263.jpg





欲しい工具にすぐ手が届いて、
パーツの塗料が乾くまで、バラしたままで置いておける。
本来ガレージとはこうでなくてはいけませんね~
この状態をキープして、夢のガレージライフを満喫しま~す。
by s-fulllife | 2015-08-21 21:30 | TL再生 | Comments(6)
先日、高校時代の友人のS君が13号の実車を見に来ました。
簡単に説明しましたが、
事前に当ブログを見てきてくれたようで、
その場で即決してもらいました。
家もわりあいご近所ですし、何か問題があったらアフターサービスはお任せを。

納車前に、カムチェーンテンショナーの調整と、
キャブの微調整、フロントフェンダーの交換、
そしてリアタイヤがパンクしていますので、コレを修理します。

サクッと作業を終わらせて、今取り掛かっていることに時間を使いたかったのですが、
他の作業はともかく、リアタイヤのビードが落ちてくれません。
完全に固着してしまっているので、非常手段に出ます。
f0119755_23124750.jpg





バイスに噛ませて、こじります。
ビードが落ちても、今度はタイヤが外れません。
コレも同じくバイスに噛ませて、体重を掛けて外します。

力技で外したタイヤは、もともとのひび割れが悪化して、
使用不能なレベルになってしまいました。
チューブもバルブの根元が千切れかけていて再使用不能です。
新品チューブとひび割れ(小)の少し程度の良いタイヤに交換しました。
f0119755_23185942.jpg





いやいや、真夏のタイヤ交換はハードです。

さてさて、コレで本腰を入れられます。
ガレージセーリ(整理)に。

バイク用のガレージとして、もう15~6年使用していますが、
その間、大掛かりな清掃は2回ほどでした。
最近はストックのパーツも増えて、もちろんバイクも増えて、
ガレージと言うよりも、車庫と物置といった感じです。
溢れかえったパーツやバイクの隙間で整備している状態です。
コレではいかん!と一念発起。
大掛かりな整理と配置換えをはじめました。
f0119755_23263150.jpg

f0119755_23264664.jpg





雑然と押し込めていたパーツや、むかしやっていたバスフィッシングの道具、
工具や、何じゃこりゃ?みたいな物まで、仕分け分類しながら片付けていきます。
とにかく物が多くて、一度バイクを外に出さないとどうにも身動きが取れません。
f0119755_23322558.jpg

f0119755_23491015.jpg





今回のキモはコレ。
むかしお店で食パンを切っていた作業台です。
木製で、しっかりした作りなので、30年ほど前のものですが、
ガタつきもありません。
f0119755_23364979.jpg





今まで単に整理棚として使っていましたが勿体無い。
2×4の木材でリフォームして、新しい作業台に生まれ変わらせます。
こんな時は、リビングのテーブルを作った時のノウハウが役に立ちます。
f0119755_23395650.jpg






天板を延ばして、広い作業台の完成です。

走り書きの簡単な図面を見ながら、パーツや工具を配置していきます。
そして不要な物は大胆に廃棄。
ここ10日で、大きなゴミ袋14個を出しました。
それに加えて、知り合いの解体業者に引き取ってもらった金属パーツも、
押入れ用ケースに2杯分ほどになりました。
そして本日、どうにか終了しました。
f0119755_23484373.jpg

f0119755_23494864.jpg





広くて快適な整備スペースが出来ました。
コレで雨の日も作業できます。
次にこのガレージでする作業は何になるのか?
楽しみ、楽しみ。(^^)v
by s-fulllife | 2015-08-19 23:57 | TL再生 | Comments(12)

残りの細々としたことをやっつけて、ようやく完成しました。

前回の更新でも書いたとおり、シートの後ろ側が寂しいので、
キャリアを装着しました。
f0119755_14919.jpg





アンダーガードも取り付けて、
フロントのスプロケットカバーは、最近ヤフオクでも値が張ります。
以前所有していたXL230用のものがあったので、
隙間部分をアルミ板で塞いで取り付けました。
短くしたシフトペダルも操作性は問題ありません。
チェーンテンショナーのスライダー部分はローラータイプです。
f0119755_14125369.jpg





それから何気にサイドカバーの下側をカット、
ネジ止めにしました。
加工したXLRのメーターバイザーと合わせ技で、
ちょっと雰囲気の違ったTLになっています。
f0119755_14145767.jpg





すっきりする予定だったライト周りは、
メーターがありませんので、本当にスッキリです。
f0119755_1416136.jpg





まぁ、前回とあまり変わり映えしませんが、
後は試乗を待つばかりになりました。
f0119755_14281239.jpg





高校時代の同級生のS君は、果たして気に入ってくれるのでしょうか?
  (某リフォーム番組風・笑>
by s-fulllife | 2015-08-08 14:24 | TL再生 | Comments(6)
さてさて、大詰めを迎えているTL13号機の再生作業ですが、
とにかく登録出来ないことには話になりません。
書類の無いTLR200の車体を引き上げてきて、
TL125のエンジンを積んで、ピンクナンバーの正規登録車にします。
f0119755_17394196.jpg





以前東日本大震災の被災地に、TL仲間から部品をカンパしてもらって、
同じ方法で登録して持っていったことがあります。
ですので、手続きも必要書類も分かっています。
普通の登録よりも少し手間が掛かりますが、問題なく登録完了です。
必要書類の中には、保安部品を完備して、走れる状態の画像が必要ですので、
とりあえず最低限の状態まで組み上げました。
f0119755_14293825.jpg

f0119755_14295123.jpg

f0119755_1430122.jpg

f0119755_1742726.jpg





もうほとんどこの状態で大丈夫なのですが、
細かい仕事が残っています。

ステップ位置を前と下に移動したので、
ブレーキペダルは延ばしたのですが、
リンクを使わないシフトペダルは逆に少し短くします。
f0119755_1744433.jpg

  <溶接した直後は”カス?”が付いていますので、小さなハンマーでたたくと・・・>




f0119755_17461957.jpg






最近は数をこなしているので、
良い条件でなら、以前よりも綺麗に溶接できるようになりました。
まぁこんな物でしょう。

それから、シートのレザーが所々切れていたので、
張り替えるついでに、少々盛っておきました。
位置を変えたステップと相まってツーリングにうれしいポジションになりました。
f0119755_17551628.jpg





あとは、アンダーガードをつけて、フロントのスプロケットガードも何とかしないと。
それから、シートの後ろが淋しいのでツールバックとも思ったのですが、
実用性を考えて、キャリアを作ろうと思っています。
その辺りで完成かな?

そういえば、パイン山さんからご指摘があったのですが、
アイドリングでブレーキランプが点いていても、
ウインカーは点滅していま~す。
ワタヤンからのスペシャルメニューは試すのを忘れてました。ゴメンナサイ。
by s-fulllife | 2015-08-06 17:58 | TL再生 | Comments(8)

by ぷーたとうさん