ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

先日破損してしまったサイレンサーの復活をもくろみました。
f0119755_10061642.jpg

















計画としては、何カ所かを溶接して強度を出し、
細かい穴はどうせ埋める技術が無いので、強力2液性ボンドで肉盛りしようと思います。

溶接はそのままやっても、私のスキルでは穴が開くだけですので、
鉄平棒とタッピングビスで固定、仮留めした後に溶接します。
f0119755_10062140.jpg





























サイレンサーの鉄板は薄いので、気を付けながら溶接。
主に補強の鉄平棒に火花を向けます。
f0119755_10062189.jpg

















f0119755_10062868.jpg

















プラハンで軽くたたいて強度を確認後に、強力ボンドで穴と隙間を埋めるように肉盛りしていきます。
f0119755_10062875.jpg

















f0119755_10062818.jpg





























耐熱ブラックを塗って完成。見た目はともかく、使用には問題なさそうです。
f0119755_10062935.jpg





























再生ネタをもう一つ。
部品取り用のTLRに付いてきたリアサスが、かなり汚いので再生します。
バラしてみると、まだダンパーは効いていて、十分に使用可能です。
剥げた塗装の下から白色が見えているスプリングとメッキの本体から、
TL125最終型のフィールドトリッパー用、通称白サスだと思われます。

自作のスプリングコンプレッサーでスプリングを縮めて分解します。
f0119755_10054960.jpg

















f0119755_10055046.jpg

















スプリングはスポンジヤスリで細かく磨いて、メッキ部分はパーツクリーナーとウエスで拭くだけです。

f0119755_10055099.jpg





























本来黒いプラ製のカラーは、泥汚れで擦れて磨いても復活しませんので、
ヤスリで削って表面を均して黒く塗ります。
スプリングは下地塗料の後にスペシャル感を出すために赤く塗ります。
f0119755_10060986.jpg





























分解と反対の手順で組み立てて出来上がりました。
f0119755_10060914.jpg

















ヘタリの少ない希少な白サス、どんなバイクに使いましょうか?

最後にもう一つ。
以前から気になっていたのですが、
PAMPUTA3や4の重さです。
セル付きエンジンを載せているのがノーマルとの大きな違いですが、
サイレンサーを短くしたり、リチウムイオンバッテリーにしたり、軽くもしています。
逆にワイドステップやステップ位置の移動でステーが追加されたりしています。
ノーマルと比べてどのくらい変わっているのか?
実際に量ってみることにしました。

まずはPAMPUTA3から。
前後輪を体重計に乗せてみると、後・54,4Kg  前・44,0Kg
オイルが1Lとガソリンがおよそ2L入っているので、
乾燥重量96,4Kgと言う事になります。

次にPAMPUTA4.
同じく、後・50,3Kg  前41,2Kg
オイルとガソリンも同じくらいなので、
乾燥重量88,5Kgという計算になります。

PAMPUTA3は保安部品を普通に付けて、サブライトやキャリアも付いています。
それだけでも8Kgほどの重量増になるものなんですね~

ちなみに、TLR200のノーマルは、乾燥重量90Kgですので、
PAMPUTA4はセルを付けても、チョットだけ軽くできたということになります。

f0119755_11022779.jpg

















f0119755_10490598.jpg



















# by s-fulllife | 2017-04-19 10:55 | TL再生 | Comments(4)
TL18号・PAMPUTA4のリアスプロケットを交換しました。
先日の試乗で、ギア比が高く、トライアル走行には少々速いことが判明しましたので、
リアスプロケットを探していましたが、無事にヤフオクで入手。
チェーンも長さが足りなくなるので、併せて交換しました。
草大会などにも出場予定なので、チョット今風にカバーなど付けてみました。
歯数は48Tです。
f0119755_10521910.jpg

















いざ装着してみると、樹脂製のスプロケットガードと干渉してしまいます。
スイングアームの取り付けステーが少し曲がっていたので、修正します。
大きさもギリギリで、これ以上のサイズだと、ガードからはみ出てしまうようです。

これで走りも変わるでしょう。
ちなみに、スプロケットカバーの素材は、おなじみ100均の下敷きです。(^^;

リアウインカーとナンバーブラケットを一緒に外して、
フロント周りは特に問題なさそうなのでそのままで。
雰囲気だけは良く走りそうです。
f0119755_10522939.jpg

















f0119755_10522948.jpg

















f0119755_10522811.jpg

















f0119755_10522853.jpg

















それから、先日当ブログで告知したTLM220改・エムシノアですが、
無事に高値で落札されて、本日嫁に行きました。
落札後のやり取りで知ったのですが、次のオーナー様は、TL東北の方でした。
昨年のイーハトーブトライアル大会で、パイン山さんと一緒に走った方だそうです。
いやはや、トライアル界は狭いですね~
次期オーナー様にもかわいがってもらってください。
f0119755_16342587.jpg



















# by s-fulllife | 2017-04-10 11:17 | TL再生 | Comments(6)
いよいよ暖かくなってきて、お山の上にも春が来ているのでは?
と言う事で、お膝元なのにあまり走ったことが無い、丹沢方面に出かけてきました。

もう街中ではソメイヨシノが咲いて、春爛漫です。
f0119755_17321289.jpg





























今回は、宮ケ瀬湖からヤビツ峠を抜けて、表丹沢方面に向かいます。
街は暖かでも、目指すお山の上にはうっすらと雪が見えます。
f0119755_17321269.jpg





























走っているうちに、日陰の所々に残雪があります。
ヤビツ峠の宮ケ瀬湖側は、北側斜面に当たりますので、
高度を上げていくと、気温もドンドン下がってきます。
峠近辺ではまだまだ冬の景色です。
f0119755_17321375.jpg

















しかし、おかげで怖い怖いヤマビルの心配はありません。(^^;
f0119755_17321362.jpg





























峠を越えて、下りのワインディングを走っていくと、左斜面に気になる枝道があります。
早速入ってみましたが、入り口にはゴミが散乱しています。
f0119755_17321339.jpg





























これでは、入り口をゲートで閉じてしまいたい気持ちもわかります。
でも、本音を言えば自由に出入りできることが一番嬉しいのですが。

ちなみに、こちらの林道にはそのゲートはありません。
六本松林道です。
f0119755_17321405.jpg





























時折コンクリート舗装になったりしながら、しばらく走ると道は突然終わります。
その先は、進入禁止の表示こそありませんが、おそらく登山道のようですので、ここで引き返します。
f0119755_17321425.jpg





























県道に戻って少し下ると、柏木林道の入口があります。
ここは最後までコンクリート舗装の道でした。
細く、ひなびた雰囲気の良い林道ですが、こちらも最後は登山道になっています。
f0119755_17480543.jpg

















ナビ上では、先ほどの六本松林道の終点は、ここから100mも離れていません。
おそらく登山道でつながっていると思われます。

次にそのお隣、浅間山林道に向かいます。
こちらは舗装路が続き、最後は立派なゲートで終わっています。

f0119755_17480583.jpg



























f0119755_17480593.jpg

















しかし、道は春岳林道としてここから分岐して続いています。
林道はこの後すぐにダート路面になって、丹沢のお山に向かいます。
f0119755_17480654.jpg

















f0119755_17480725.jpg

















途中には、丹沢の春を告げる、ミツマタの群生地などがあります。
少し広くなったところで終点。
実はここもナビ上では、先ほどの六本松林道、柏木林道の終点のすぐ近くです。
もうチョットで全線繋がるんですがね~
f0119755_18003500.jpg





























ここで持ってきたパンをかじって、次の林道へ向かいます。
一度R246に出て、またすぐに裏道に入ります。
細い農道を走っていくと、道は細い川の堤防の上を走ります。
すると突然、道が終点に。
どうやら間違えてしまったようです。
f0119755_17480691.jpg

















まぁ、これはこれで気持ち良かったのでアリでした。

本道に戻って走っていくと、やっぱりゲートがありました。
f0119755_17480755.jpg

















この後、前回行った戸川林道周辺も探索予定だったのですが、
なんと、財布を忘れてきてしまったことに気が付きました。(^^;
ガソリンも入れることができないので、結局帰ることにしました。

帰り道、ヤビツ峠に向かう道、秦野の街を一望できる菜の花台に立ち寄ります。
街やその先の相模湾も望めますが、残念ながら富士山は雲の中でした。(残念!)
f0119755_17480702.jpg



















# by s-fulllife | 2017-04-06 18:24 | 林道ツーリング | Comments(2)
当ブログで製作記事をアップしていたTLM220改 エムシノアをオークションに出品しています。
最低落札価格を高めに設定したので、落札されないかもしれませんが、
それはそれで致し方のないことです。もう少し持っていたら?と言う事なのかもしれませんね。
とにかく興味のある方は、ヤフオクをのぞいてみてください。
f0119755_16341770.jpg

















f0119755_16342587.jpg


















以前、バイク仲間のランモモさんから、
ガレージ整理で不要になったパーツをいただいてきたお話をしましたが・・・・

次のバイクのベースを探して、近くで車体を出品されている方がいたので、
早速入札、無事に落札して引き取りに伺うと、
私がエンデューロレース時代からお世話になっている、バイクショップの親戚の方でした。
私のブログもよく見ていてくださって、今はご自分でバイクショップを経営していらっしゃるそうです。
ヤフオクで落札した車体以外に、もう不要だと言う事で、てんこ盛りのパーツをいただいてきました。
まったくありがたいこと、この上ありません。

今はFTRをバリバリのOFF仕様に改造して、お客様とお山を楽しんでいるそうです。
小さなお店ですが、良心的・誠実なお店です。
興味のある方は一度遊びに行ってみてください。
調布市・斉藤輪業
f0119755_16351433.jpg































# by s-fulllife | 2017-04-01 16:51 | 雑事 | Comments(4)
お馴染みバブさんと、春を探しに足柄方面にツーリングしてきました。
待ち合わせのコンビニに着いたものの、春どころか真冬の寒さです。
早々に出発しました。

R246を西走して、景色のいい場所に。
ところが真冬の寒さの上に、カスミもかかって富士山の絶景はお預けです。
霞んだ街並みを後にして、尾根道を目指します。
f0119755_09231129.jpg

















この辺りは山肌にミカン畑が点在していて、それを縫うように細いコンクリート舗装の道が続き、
さらにそれをつなぐように、ダート道が走っています。
f0119755_09231137.jpg





























尾根道を抜けると、ミカン畑の中に見晴台がありました。
ここでも見えるのは霞んだ街並みですが、
遠くに海も見ることが出来ました。
f0119755_09231216.jpg

















来た道を戻って、気になる枝道へ。
f0119755_09231222.jpg

















f0119755_09231272.jpg





























f0119755_09231206.jpg





























本日はどちらもノーマルタイヤのOFF車です。
リアボックスも付けて、バリバリのツーリング仕様なのですが、
どうしてもこうなっちゃうんですよね~

ナビを見ると、尾根道は小高い山を回り込んでいます。
と言う事は、山のピークに登る道もあるはずと探して、
それらしき道を発見しました。
入口は少し急ですが、それ以降は難しい場所はありません。
頂上に到着。
f0119755_09231312.jpg

















しばらく待ちましたが、バブさんが来ません。
戻ってみると・・・・・・
f0119755_09231344.jpg





























入り口で滑って、倒れたバイクが木に挟まって、どうにも起こせない状態でした。
二人で大汗をかいて、バイクを引っ張り出して、無事に登頂することが出来ました。

f0119755_09231384.jpg





























お山を下りて、本格的に春を探すことにします。
f0119755_09231414.jpg

















f0119755_09370528.jpg

















f0119755_09370563.jpg

















前半戦でかなり時間を使ってしまったので、
昼食はコンビニのパンを公園でほおばることにしました。
さて、後半は秦野の林道です。

神奈川県内はほとんどの林道が通行止めになっていて、ゲートが固く閉じられています。
ですので、規制のない林道は貴重です。

途中、有名な表丹沢林道の入口がありましたが、こちらもゲートが締まっています。
脇から入れるところはありますが、無理に入ると取り締まりの対象になってしまうので、もちろん入りません。
泣く子と地頭には勝てません。(^^;

その先には、これまた有名な竜神の泉があります。
丹沢の名水ですが、煮沸しないで飲むのは責任が持てないそうです。
何だか世の中カタッ苦しくなりましたね~
f0119755_09470657.jpg

















行き止まりの登山道入り口まで行って引き返します。
ここでは、何処をどう探しても春は見つかりません。
登山道の先には雪を頂く丹沢の山々がそびえていました。あ~寒い!
f0119755_09370601.jpg





























f0119755_09370656.jpg





























帰り道、ちょっと気になる枝道を探索しましたが、行き止まりでしたので、
素直にR246で帰ることにします。
すると、後ろを走っているバブさんがホーンを鳴らしています。
路肩に止まって事情を聴くと、どうやらパンクしたようです。
オマケにタイヤレバーを持っていないと。
私が次回ツーリングで豪華な食事を要求して、タイヤレバーを貸したことは言うまでもありません。(笑)
f0119755_09371311.jpg

















f0119755_09371309.jpg

















タイヤには、電気コードなどを留めるコの字型の金具が刺さっていました。
f0119755_09370660.jpg

















臨時路上パンク修理講習会を終えて、R246のガソリンスタンドでビードが出るまで空気を入れて、
込み合った街道を自宅に向かう頃には、さらに寒さが増してきて、
春を探しに行くはずのツーリングは、返り討ちに遭ったような気分でした。(^^;

# by s-fulllife | 2017-03-30 10:04 | 林道ツーリング | Comments(6)
最近はバイクいじりやお山ツーリングのネタばかりですが、
たまにはファッションのネタを。

と言っても、やっぱりバイクがらみです。

PCのメールホルダーにGUからのダイレクトメールが届いていました。
HONDAとコラボしたウエアを発売するそうです。
そういえば、前日の晩に、高校の同級生コーブンから、
そのような内容のLINEが届いていました。
彼の情報網はなかなかに鋭いので、いろいろと参考にさせてもらっています。

もうすぐ4月で、季節も春になります。
どうせだったらHONDAグラフィックのTシャツなどあっても良いかな~と、
妻君と共に近くのGUに行ってきました。

お目当てのHONDAコーナーはすぐに見つかって、
どれにしようかと選んでいると、値段の割にはなかなかいい感じの物があります。
f0119755_13084254.jpg

















f0119755_13084235.jpg

















トリコロールのちょっと派手目なTシャツ、790円也(税別)
それに比べて、同じ価格で小さなウイングマークが左胸に付いているだけの、
かなりシンプルなTシャツもありました。
f0119755_13220111.jpg





























しかし、このTシャツのバックプリントを見てビックリ!
ロードレースやモトクロス、F1などならわかりますが、
なんと、













f0119755_13084232.jpg

















トライアルなんです。
エディー・ルジャーンの世界チャンピオンマシン、RS360T だと思われます。
思わず保管用と2着買ってしまいました。
モノトーンの黒いTシャツのもあります。
f0119755_13084231.jpg

















決してGUからコマーシャル料をもらっているわけではありませんが、
これは率直にうれしい。
TLやトライアル愛好家に伝えなければ、と思った次第です。

さらにさらに、限定の紙袋も中々うれしい物でした。
f0119755_13085004.jpg

















f0119755_13084345.jpg

















HONDAコラボ商品購入者は、この袋に入れてもらえます。

# by s-fulllife | 2017-03-28 13:33 | 雑事 | Comments(6)
日曜日、箱根方面の林道に遊びに行く予定でしたが、あいにくの雨模様。
同じく、箱根の温泉に行った友人は、大雪に見舞われ予定変更して、麓の温泉につかってきたそうです。
こんな日は、ガレージでチマチマとした作業をしましょう。

河川敷での耐久テストも済んでいないTL18号ですが、
ゆくゆくはお山にデビューさせる予定です。
公道を走るので、保安部品は必然となります。
そこで一足早く、保安部品を取り付けます。

フロント周りは、すでにLEDのコンパクトなヘッドライトが付いているので、
保安部品と言っても、ハンドルスイッチとウインカーくらいなものです。
f0119755_11391906.jpg





























f0119755_11413299.jpg

















f0119755_11260397.jpg

















ハンドルスイッチは信頼度から、ホンダの他車種純正品を使用。
ウインカーは小型の社外品をハンドル下の壊れづらそうなところに付けます。
メーターは定番のサイクルコンピューターです。
一応ホーンもタンク右横に取り付けました。
f0119755_11391984.jpg





























リア周りですが、テールランプはフェンダーの上に、小型の物を取り付け。
従来電球でしたが、4輪車のルームランプ用LEDを内蔵して、コンパクトになりました。
明るさも充分です。
f0119755_11261359.jpg





























尾灯は前列、ブレーキをかけると後列のLEDが点灯します。
f0119755_11261467.jpg





























ナンバーブラケットはフェンダー下に、リアウンカーと共に取り付け。
これはフェンダー上のネジ2本とソケットを外せば取り外し可能ですので、
トライアルの練習や大会などでは重宝しそうです。
f0119755_11260442.jpg





























それから、フェンダー後端のリフレクターの裏側に、
ちゃんとナンバー灯も付いています。
f0119755_11261399.jpg

















今後、河川敷でもう少し乗り込んでから、お山にデビューさせます。
フレームの溶接個所、果たしてもってくれるでしょうか?

# by s-fulllife | 2017-03-27 11:58 | TL再生 | Comments(4)
日曜日に、無事シェイクダウンを終えたTL18号ですが、
オチビを連れて行ったことと、オイル量が不足していたため、
充分に乗り込むことはできませんでした。
そこで翌日も同じK沢に出かけてきました。

まずはエンジンを温めて、オイル交換をします。
すると、昨日入れて少ししか乗っていないのに、
真黒なオイルが出てきました。
クラッチも軽く張り付いています。
これは、一度クランクケースカバーを開けてみた方が良いようです。

f0119755_09113993.jpg

















ここで一つ小ネタを披露します。
モンテッサの4RIDEを目指して(と言っても、もちろん全く別物ですが)
カラーリングやディテールにこだわりましたが、
「4RIDE」のデカールは、ネット上から「4」をコピーして、
「RIDE」の部分を「PAMPUTA]に置き換えました。
そして何気なくモンテッサのステッカーが貼ってあるように見えますが、
これもよく見ると・・・・・
f0119755_09113972.jpg

















モンテッサさんゴメンナサイ。バイクオヤジのジョークだと思って許してね!

さてさて、実際に乗ってみて、
お山で遊ぶには十分ですが、トライアルのセクションに入ると、少々速い気がします。
師匠たちも同じ意見でした。
フロントのスプロケットはこれより下が無いので、
リアの歯数を増やすことで対応するつもりです。

そして試乗を続けて、ステアケースを下りたとたんに、
いきなりハンドルが前倒しになってしまいました。
昔、イーハトーブ大会の最終セクションでも同じことをやったことがあります。
学習能力が無い自分にほとほとあきれてしまいます。
f0119755_09113937.jpg





























充分に増し締めして、さらに乗っていると、
急にエンジンが止まってしまいます。
チョット待ってから、セルを回すとすぐに再始動するのですが、
しばらく乗るとまたエンジンストールしてしまいます。
もしやと思って、タンクキャップを調べてみると、
やはりブリーザーが詰まっていて、空気が抜けていません。
f0119755_09114024.jpg

















ガレージに戻って、クリーナーとエアーで通すことにしましょう。

ギア比とタンクキャップ以外はおおむね順調です。
残る問題は溶接個所の耐久性ですが、
これはしばらく乗ってみないと判断できませんので、
今後の経過観察課題とします。

いい汗を流して、バイクをトランポに積み込んで帰宅。
約束していたよっちゃんから、バブさんへの貢物を受け取って、
タンクキャップを直そうと、リアハッチを開けると、
何だかガソリン臭い!
見れば、塗りたてのタンクのキャップ付近からガソリンが滲み出ています。
慌ててふき取りましたが、キャップ付近の白いところにガソリンのシミが出来てしまっています。(哀)
f0119755_09114044.jpg

















本格的に乗ろうと、河川敷でガソリンを足しました。
キャップはブリーザーだけでなく、パッキンまで不具合があったようです。
ブリーザーを通してから、パッキンにはガスケット用の厚めの耐油紙を丸く切り抜いて、
キャップとの間に挟みました。

幸い、タンクは一部分が変色しただけで、塗装の浮きや剥がれはありませんでした。
ウレタンほどではありませんが、最近良く使っているシリコン系塗料は、
完全に硬化すると、ある程度は耐ガソリン効果があるようです。
f0119755_09114080.jpg

















これで漏れが止まってくれるといいのですが。

タンクやガソリン関係には、毎回何かしらのトラブルが起こるような気がします。
なかなかこの呪縛から抜け出せません。

# by s-fulllife | 2017-03-21 09:46 | TL再生 | Comments(6)
前日の晩まで最終調整して、ようやく18号のシェイクダウンまで漕ぎつけました。

キャブレターのフロートが凹んでいたので、
コードを半だ付けして引っ張って直しました。
f0119755_14485410.jpg

















f0119755_14485442.jpg

















薄く柔らかいので、何か所か同じ事をすれば戻ります。
f0119755_14485446.jpg

















ちょっと汚いですが。(^^;

キャブを組み立てたら、エアクリーナーを組み込んで、
アンダーガードはパンプータ3からチョット拝借しました。
長すぎるリアフェンダーをカットして、
リアブレーキロッドは溶接して伸ばしました。
f0119755_14490627.jpg

















本日初試乗です。

f0119755_14485482.jpg

















f0119755_14490699.jpg

















f0119755_14490641.jpg

















f0119755_14490753.jpg

















どうですか?4RIDEに見えてきましたか?(笑)

走行前に一応オイル量を確かめます。(過去の危ない経験から)
すると案の定、レベルゲージにオイルは付きません。
結局持ってきた残り物のオイル、500ccを入れてもまだ少なぎみ。
オイルは半分以下しか入っていなかったようです。危ない、危ない!
少しオイルが足りないので、今日は簡単な試乗だけです。

心配していたシリンダーの傷も、ほとんど気になりません。
実は、シリンダーの下側、下死点近くに傷があったので、
あまり圧縮はかからない場所でした。
しかし、少し異音は出てしまうかな~と思ったのですが、うれしい誤算です。

トライアルの師匠たちにも乗ってもらいましたが、
なかなかの好感触です。
スプロケットを選択して、もう少しローギアードにセットすれば、
草大会で十分に使えるレベルだそうです。
私も乗ってみてそんな感じを受けました。

今後、河川敷でもう少し乗り込んで、セッティングを煮詰めて、
来月あたり公道デビューできるかな?
f0119755_15131923.jpg

















f0119755_15233483.jpg





























f0119755_15131904.jpg





























メインキーの代わりのスイッチとニュートラルランプです。
実は、これが一番やってみたかった~!

# by s-fulllife | 2017-03-19 15:26 | TL再生 | Comments(12)
塗装には向かない天気が続いていましたが、
ようやく晴れて気温も上がってきたので、
塗装をやり直します。
今回は、前回の反省を踏まえて、タンクも塗料も充分に温めてからやります。
トランポのハイエースに乗せて2時間ほどで、温度は30度近くまで上がっています。
しばらく車内が臭くなりますが、乾燥も車内で行います。

気合い一発!順調に塗り上がっていきますが・・・・・・・

やっぱり盛大にタレました。(^^;
f0119755_16484109.jpg

















これではまた数日間手が出せません。(悲)

仕方が無いので、サイドカバーを製作します。
段ボールで型紙をとって、穴の位置を決めて、カット。
f0119755_16484116.jpg

















フレームに付けたリアフェンダーとシートを留めるステーにも穴をあけて、
ネジを切って、出来上がったサイドカバーを留めます。
f0119755_16484210.jpg

















反対側もほとんど同じ形ですが、
左右でオフセット量が違ったり、サイレンサーを留めるステーがあったりで、
少々違った形になります。
f0119755_16484251.jpg

















あとはタンクの仕上がりを待つばかりなのですが。
f0119755_16484712.jpg

















ちょっとリアフェンダーが長すぎるようです。
バランスを見て、少々カットするかもしれません。
巧くいったら、今週末あたり乗れるかな~?

# by s-fulllife | 2017-03-16 17:04 | TL再生 | Comments(4)

by ぷーたとうさん