ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

2017年 07月 10日 ( 1 )

梅雨はどこに行ってしまったかと思うほどの灼熱の日曜日に、
奥多摩方面の古道と林道に行ってきました。
当日は、ランモモさんからもお誘いがあったのですが、
バブさんとの先約があったので、そちらを優先しました。
モテる男はつらいです。(オヤジにばかりですが・笑)

奥多摩駅前から、ちょっとした裏道を通って日原街道に出ます。
観光の車が走って行くのとは別の方向にハンドルを切ると、
山奥のひなびた集落があります。
その先から、日原の古道が始まります。
f0119755_09493028.jpg





























道はガレガレで石垣こそありますが、右側は日原川に向かって崖になっています。
注意深く進んで行くと、崩落個所がありました。

f0119755_09492982.jpg





























ここは大きめな石を取り除いて通過できました。
しばらく走って行くと、今度は通過不可能な大きな崩落があります。
いろいろ考えましたが、もしもバイクを落としてしまったら、
まず回収は不可能なので、ここは勇気ある撤退を選択します。
f0119755_09493031.jpg

















しかし、なかなかワイルドな古道でした。
そして、こんなガレガレの路面でも、昔の生活の跡がありました。
f0119755_09493061.jpg

















f0119755_09493135.jpg
















日原街道に戻り、日原鍾乳洞の駐車場待ちの長い車列を追い越して、
(誘導員がバイクを先に行かせてくれます)
途中から車列と離れて林道に入ります。
ここも中々山深い林道で、地図によると埼玉県との県境付近まで走っています。
f0119755_10022590.jpg

















f0119755_10022580.jpg





























入口はゲートが閉じていましたが、通行止めや進入禁止の表示は無く、
大きなOFF車は難しいですが、スリムなトラ車や原付は脇から入れます。
モトコンポを積み込んで渓流釣りに来ている方もいました。

終点で一休みして、下界に戻ります。
下界でお昼と思いましたが、ワイルドな古道で思ったよりも時間を食ってしまったので、
コンビニで仕入れたおにぎりを、次の林道で食べることにします。

林道に向かう登りで、反対側の山の斜面に張り付くように小さな集落がありました。
f0119755_10022683.jpg

















この林道に入る直前にも、集落があります。
人間ってどんな処にも住めるものなんですね~

そして、山奥には人間以外も住んでいます。
画像はありませんが、今回も大きなニホンカモシカを見ました。
林道脇の樹木にはキツツキかな?のくちばしの跡があります。
f0119755_10022672.jpg





























そしてお目当ての林道を走ってきたのですが、
f0119755_10143997.jpg


















引き返してくると、林道入り口の小さな集落に向かって、
山からお猿が押し寄せてくるところでした。
後から後から、見えていただけでも30匹くらいはいたかもしれません。
f0119755_10143925.jpg

















f0119755_10143919.jpg

















バイクを止めて、写真を撮りましたが、
あまり長居すると、こちらにも被害が及びかねないので、退散しました。

今回も、暑さの中良く走りました。
フロントフェンダーのビスが振動で落ちてしまうトラブルはありましたが、
手前みそではありますが、パンプータ3は良いバイクです。
さてさて、次はどんなところを走りましょうかね~
f0119755_10143937.jpg

















by s-fulllife | 2017-07-10 10:23 | 林道ツーリング | Comments(6)

by ぷーたとうさん