ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

2017年 03月 01日 ( 1 )

前回の探索ツーリングで破損させたパンプータ3の修理も終わって、
今回はまた別のA峠近辺を探索に行きます。
メンバーはランドネモモさん、スコさん、COTA4RTさんと私。
ちょっと過激なメンバー構成かな?

まずは近くのお山でウォーミングアップです。
と言っても、このメンバーなので、
行ったことも無いルートに連れ込まれました。
f0119755_09225920.jpg





























道と言えば言えなくもないといった感じの一応「道」を上って行くと、
見覚えがあるところへ出たりします。
さて次は、A峠です。
この峠は以前にも来たことがあるのですが、
いい雰囲気の峠を登り切ると、いきなり景色が開けていて、
工業資材置き場になっていた処です。
久しぶりでもその景色は変わりなく、一気に興ざめしてしまいます。
f0119755_09225913.jpg

















f0119755_09225917.jpg

















ですが、ここからがスコさん達の真骨頂でした。
来た道を少し戻って、曲がりながら下るところを直進します。
すると、またまた道とは言えなくもない道が現れます。
f0119755_09225954.jpg





























少し行くと急斜面になって下れそうもなくなったのですが、
左にトラバースして新たな道を見つけます。
f0119755_09225924.jpg





























涸れ沢のようなその道に沿って下りて行くと、
最後は深い沢になっていて、反対側の道に出られません。
しかしそこも、今度は右にトラバースすると、渡れる場所を発見。
なんとかルートを繋げることが出来ました。
f0119755_09231666.jpg

















次の林道は、伐採された木材と倒木が行く手を阻んでいて、
チョット抜けられそうもありません。
一度下りて、小さな沢伝いに登るルートを発見しました。
これもかなり手強そうです。
f0119755_09233168.jpg




























f0119755_09233141.jpg





























f0119755_09234196.jpg





























登るルートは、最後がふかふかで角度も急になっているので、
助走でどれだけスピードに乗せられるかが勝負です。
ところがみなさんあっさりと登ってしまいました。
お山軍団の過激派、恐るべし!
f0119755_09234286.jpg





























その後、景色のいいところで買ってきたパンをほおばり、
つかの間の休憩です。
f0119755_09234477.jpg

















食べ終わると早速出発。
またもや道なき道へ突入します。
そして、またまたやってしまいました。
まずは、探索中に大きめな木の枝を巻き込んでしまって、
せっかく修理したフロントフェンダーが・・・・・・
f0119755_09242830.jpg





























さらに、お昼直後の探索道の下りで、切り株にステップが引っ掛かり転倒。
100均のメーターバイザーが・・・・・
f0119755_09242851.jpg

















とどめは、最後に登った獣みちで、
登り切れずに半クラッチ多用で、クラッチが焼けて、
滑ってしまって登れなくなってしまいました。
休憩させてエンジンを冷やしたら、何とか復活したので再アタック。
最後の最後で捲れてバイクを投げ飛ばしてしまいました。
そして・・・・・・
f0119755_09243690.jpg





























f0119755_09243681.jpg

















f0119755_09243987.jpg





























今回の損傷個所は、
フロントフェンダー・メーターバイザー・LED補助ライト・
ハンドガード・トリップメーターつまみ・クラッチ

とほほ。まだまだ強度試験には合格できそうもありません。

by s-fulllife | 2017-03-01 10:07 | 林道ツーリング | Comments(8)

by ぷーたとうさん