ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

計画始動!

楽しかった白田林道ツーリングから早や2週間がたちました。
みなさんのTLを目の当たりにして受けた刺激が段々と具体的な考えにまとまってきました。
我がTLの改善計画の始動です。
先ずはトライアル車にしては大振りなガソリンタンク。
ノーマルタンクを自分オリジナルのトリコロールカラーにしたことは間違えではありませんが、
イーハやバイアと比べてしまうとアノ大きさは少々気になります。
そこで、前にtimoさんから頂いたTLM50のタンク、一度載せることをあきらめましたが再チャレンジ。今度は表側を気にせずとにかく当たる所を思い切り叩きました。ダメモトです。
結果、載りました。その代わり表側はベコベコです。
中側のサビもひどいようですので今後はサビ取剤を使って、表側もパテ埋めして・・・・でもせっかくのベコベコですから、ここはオリジナリティーを出してタンクの形状を少しいじってみましょうか?
新生TLのタンクはTLM50改(怪)になりそうです。

そして前々から宣言していたツートラ仕様。
おじ太郎さんの秘蔵TLは大いに刺激的でした。
一昔前はいろいろあったアフタパーツも今ではなかなか手に入りません。
しかし、少し前にFRPのタンクシートを入手しましたので、みんせいさんから頂いたXR200用ライトカウルを使って仕上げたいと思います。
アレッ!?よく考えてみると頂き物ばかり!皆々様に感謝、感謝です。m(_ _)m
f0119755_181559.jpg

by s-fulllife | 2007-04-10 18:12 | TL再生 | Comments(6)
Commented by timo at 2007-04-10 19:40 x
思う存分・・・行くトコまで・・やっちゃってください。新天地で生まれ変ればTLM50のタンクも「嬉し~ィ」と云ってるのが聞こえてきます。(笑)
・・・私のなんか、一体誰のバイクなのか判らないほどですが、それもまた良し(では、なかろうか?)
Commented by ノースライン at 2007-04-10 23:14 x
>我がTLの改善計画の始動です。
いよ~ 待ってました!(笑)
ツートラ仕様・軽量化の第一歩がバイクの顔のタンクってところがgoodです。
>頂き物ばかり・・・
そりゃ~ぷーたとうさんの人徳ですよ!(褒めすぎ?)
日々進化を続けるTL125・・・ほんと楽しませてもらってます。
Commented by ぷーたとうさん at 2007-04-11 18:15 x
timoさん、その節はお世話になりました。
悪戦苦闘の末にようやく納まりました。今度はバイアのカラーを使ってみようかと・・・・先ずはベコベコタンクの成形から始めます。おっと、その前にサビ落としがありました。まだまだ理想のTLへの道のりは遠そうです。
Commented by ぷーたとうさん at 2007-04-11 18:28 x
ノースラインさん、妻君のBBSにもお越しくださってありがとうございます。本人に成り代わりまして御礼申し上げます。今後もヨロシクです。
ところで、今回アップしたTLM50のタンクはあくまでもストリート仕様のタンクです。
ツートラ&コンペ仕様のほうはFRPのシート一体式タンクを入手しましたので、同時進行で仕上げていく予定です。
>そりゃ~ぷーたとうさんの人徳ですよ!(褒めすぎ?)
ハイ、褒めすぎです。TL関東の皆々様のお人柄が良いということです。
本当はアルミのサイレンサーが欲しかったのですが、ナニブン先立つものが・・・・という事で、我がTLは日々チープに進化するのでありました。(^^;)
Commented by 1京都 at 2007-04-11 21:06 x
おっ、ついに始動しましたか。
どんなタンクになるか楽しみですね
私も今貰い物で現在イーハの改造中ですが
良い言葉です→日々チープに進化するのでありました
私のモットーと同じですよ。
いかに安く、有る物を工夫して使うかがバイクいじりの醍醐味だと私は思います。
Commented by ぷーたとうさん at 2007-04-11 23:06 x
1京都さん、
>いかに安く、有る物を工夫して使うかがバイクいじりの醍醐味だと私は思います。
おっしゃるとおりですね。テックのトライアル仲間もやたらとお金をかけたレストアよりもそのほうが観ていて楽しいと言ってくれます。なんだかお金が無かった学生の頃を思い出すとも。(^^;)
しかし今回は、大枚をはたいてFRPのタンクシートを入手してしまいました。おかげでその他のパーツは益々深くチープになってしまいました。
それにつけてもアルミサイレンサーを入手できるのはいつになることやらです。

by ぷーたとうさん