ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

良い勉強をさせてもらいました。

先日のツーリングで足の指をケガしてしまって、
チョットだけバイクに乗るのはお休みしていましたが、
チョロチョロと弄る方はやっていました。

実はKURURIさんから依頼を受けて、
TLRにFTRのエンジンを積んで、セル仕様にしました。
このエンジンがまた酷い物で、
しばらく置いておくと、エンジン下にオイルが垂れてきます。
ハッキリと漏れているかどうか確認のために、灯油を入れると、
数時間で周りはグッショリです。

エンジン下を綺麗にしてから確認すると、
ヒットした跡とクラックが縦横にあります。(哀)
f0119755_18292633.jpg

















ジャンク・未確認エンジンと言う事だったので文句も言えず、
幸い手持ちに、部品取りでクランクケースが無事なエンジンがあったので、
総入れ替えをしました。

バラしてみると、クランクケースのクラック以外は、
シリンダーもピストンも非常に良い状態の物でした。
不幸中の幸いですね。
f0119755_18292696.jpg

















f0119755_18292603.jpg

















せっかくバラしたので、バルブのスリ合わせをして、
組み上げて行きます。

バルブを分解するとき、スプリングを止めている「コッター」は、
小さくて落としてしまうと見つけるのに苦労します。
そこで、100均のマグネット付きのアンテナ棒を使います。
組み立てるときも重宝しますので、是非お試しあれ。
f0119755_18350207.jpg





























クラッチ側の遠心オイルフィルターにも、
スラッジはほとんど無く、本当にクラック以外は素性の良いエンジンでした。
f0119755_18350356.jpg

















組み上げて近所を少し走ってみましたが、特に問題なかったので、
無事に納車となったのですが・・・・。
ここからがお勉強の時間でした。

数日後にKURURIさんから連絡が入って、
チェーンテンショナーを止めていたはずのボルトが無くなっていて、
そこからオイルが漏れているそうです。
しばらく気が付かなかったと言う事は、締め付けトルクが十分でなく、
走っている間に振動で脱落したと思われます。
言ってみれば、私の締め忘れと言う事です。
早速手持ちのボルトを取り付けて、今度は十分に締め込みました。

するとまた数日後に、クラッチ側のガスケットからオイル漏れの連絡がありました。
連休中で、ガスケットの手配がつかずに、再使用したことが原因です。
これはKURURIさんが手持ちのガスケットで対処してくださいました。

そしてさらに数日後、今度はエンジンストップしてしまって、
セルは回るのですが、まったくエンジンがかからなくなったと連絡がありました。
それほど遠くではないので、現場まで迎えに行って、そのままTLRを預かってきました。

一番に疑ったのが、カムチェーン切れです。
カムスプロケットのカバーを開けてみると・・・・
チェーンは無事でしたが、スプロケットを止めているボルトが折れていました。
f0119755_18543264.jpg

















根元のネジ山が無くなっていることから、
緩んできて、最後にカバーに当たって折れたものと思われます。
これもまた私の締め付けトルクが弱かったのが原因です。
あ~何とも情けない話です。
しかもKURURIさんのバイクに立て続けにトラブルが起こってしまって、
申し訳ないやら、我ながらあきれる次第です。

今度はしっかりと締め付けて、ようやく組み上がりました。

と、それでもエンジンはかかりません。

セルは軽く回っています。いや、軽く回りすぎです。

もう一度エンジンを下して、ヘッドを開けると、
思った通り、バルブが曲がっていました。
バルブにはピストンに当たった痕跡もあります。
f0119755_18544248.jpg

















どうして気が付かないで組んでしまったのでしょうか?

カムスプロケットのボルトが緩んで、折れる前にバルブタイミングがずれて、
ピルトンに当たって曲がる。良く考えるか、良くチェックしていればすぐに気が付くはずです。

きっと、北関東や関西の匠には笑われてしまいそうです。反省しなければ!

気を取り直して、部品取りのエンジンからバルブを外して、
スリ合わせをします。
燃焼室からパーツクリーナーが漏れないことを確認してから、組み上げました。
f0119755_18544256.jpg

















外したバルブは見事に曲がっています。
f0119755_18544228.jpg

















カムスプロケットカバーのガスケットを使いきってしまったので、
再使用しましたが、以前のこともあるので、新品を注文してきました。
仮に液状ガスケットでカバーを閉じて、エンジン始動。
セル一発で元気に目覚めてくれました。
近所を少し走ってみましたが、今度こそ問題なさそうです。

依頼主のKURURIさんには大変申し訳なかったのですが、
貴重な実技勉強をさせていただきました。

と言う訳で、カムスプロケットカバーのガスケットが届いたら出来上がりです。
KURURIさん、大変お待たせいたしました。
そして本当にごめんなさい。今度こそ大丈夫だと思いますので、
出来上がったら連絡しま~す。

by s-fulllife | 2017-05-16 19:23 | TL再生 | Comments(16)
Commented by KURURI at 2017-05-16 20:24 x
イロイロありがとうございます。m(_ _)m
ナカナカ希少な状況になっていた様ですね。
ご苦労さま&感謝です。
これからもよろしくお願いいたします。m(_ _)m
Commented by バブ at 2017-05-16 21:04 x
これまた面倒くさいことになってしまいましたね。

一度厄除けしてもらわないといけませんね。
○○山の狛犬さんに手を合わせに行きましょう!

Commented by ランモモ at 2017-05-16 22:20 x
大作業ですね〜。お疲れ様です。!
かつてうちのシェルパもエンジン絶好調でもらって来ましたが、チェーン切れてクランクケース穴いてパテで修復されてました。1日置くと下にオイルが溜まってました。2液金属パテてんこ盛りでオイル漏れ収まりましたが、金属パテではやはり不安ですよね〜?
Commented by KVO=セブンのセロー at 2017-05-16 22:55 x
φ(..)メモメモ
オクでエンジン買う時、気をつけよう。
Commented by CooL無限 at 2017-05-17 05:47 x
な~に 心配する事は何も有りません
カムスプロケットの件なんぞは、京都のオジサンも茨城のお兄さんも
過去やってますからね(笑)
遠心フィルターのM5ネジの閉め忘れでクランクが焼き付いたのが最低(最高?)でした

バルブの曲がりは叩いて治ります(EXは時間が掛かるが)
傘の首部をアクスルシャフトに当てて銅ハンマで引っ叩きます
いままで3回位やって成功しています

何もやらなければ、失敗は有りませんが
Commented by ワタヤン at 2017-05-17 09:14 x
色々あったのですね。
でも安心してください、北関東のおじさんなんてもっともっと
失敗していますから(笑)
関西のお兄さんは失敗しても隠蔽して涼しい顔をしています(笑)
Commented by ぷーたとうさん at 2017-05-17 11:41 x
KURURIさん、この度はいろいろとご迷惑をおかけしてしまって申し訳ありません。
おかげさまで、いろいろなことに対処する勉強をさせていただきました。
こんな人間なので、今後も中々完璧にはいかないかもしれませんが、
この齢にして、日々チョットだけでも成長できればと思っています。
Commented by ぷーたとうさん at 2017-05-17 11:45 x
バブさん、かの宮崎駿氏が、
「重要なことは、たいてい面倒だ」と言っていました。
これも、今後のバイクライフの糧となってくれればと思います。
ケガもだいぶ良くなってきたので、
そろそろ乗りたくてウズウズしています。
Commented by ぷーたとうさん at 2017-05-17 11:49 x
ランモモさん、みなさん少なからず体験しているのですね~
金属パテは、私も考えましたが、
クラックが広範囲に広がっているのと、
自分のバイクならともかく、他人のバイクですので、
総入れ替えとなりました。
オイルやガソリンの漏れはもう懲り懲りですが、
きっと今後もお付き合いすることになりそうです。(^^;
Commented by ぷーたとうさん at 2017-05-17 11:53 x
セブンのセローさん、オクのエンジンはなかなか一筋縄ではいきません。
もう十数機買っていますが、
何も手を加えなくていい物はごく僅かでした。
はじめから、ある程度は自分で手直しするつもりで購入する方が、
後でガッカリしなくて済みそうです。
Commented by ぷーたとうさん at 2017-05-17 11:57 x
無限さん、関東の匠にそう言ってもらえると、
少しは気が楽になります。
クランクケースのクラックは仕方がありませんが、
その後、ミスが続いてしまって少々落ち込みました。

バルブは手持ちがあったので、今回は大丈夫でしたが、
せっかくなので、叩いて治す方法も試してみます。

>何もやらなければ、失敗は有りませんが

無限さんが言うと深いですね~
Commented by ぷーたとうさん at 2017-05-17 12:00 x
ワタヤン、自分のことなら私も隠ぺいしたかもしれません。
と言うか、小細工ネタなど、隠蔽された方が多いくらいです。(^^;
解ったようなつもりでいても、
人生まだまだ勉強ですね~
Commented by パイン山 at 2017-05-17 21:55 x
つい最近カムスプロケットを締め付けたので心配になってきました。
エンジンはまだかけていません。
ばらしてネジロック塗ろうかな・・・・・・
Commented by ぷーたとうさん at 2017-05-18 09:27 x
パイン山さん、私も自分でやるまでは、他人事だと思っていました。
と言うよりも、「まさかこんな基本的なことを・・・・」
といった感じです。
初心忘るべからず、他人のふり見て我がふり直せ、ですね。
Commented by マロン at 2017-05-21 20:21 x
何人も殺さないと、名医にならないと言われます。
失敗は、得るものが、沢山ありますので、大分スキルアップされたと思います。
これからも、ドンドンバラして下さい。
Commented by ぷーたとうさん at 2017-05-22 08:54 x
マロンさん、名医への道はまだまだ遠いようです。
自分のバイクなら気が付いたときに修正してしまうので、
それほど気にもしないのですが、
他人のバイクだと、より一層注意が必要だと再認識しました。
日々勉強ですが、それが身になってくれることを願うばかりです。

by ぷーたとうさん