ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

気になっていた処を探索

月末の忙しさも一段落して、平日ですが日中に少し時間が出来ました。
梅雨の真っただ中ですが、外は真夏のような太陽が照り付けています。
いつもいつも、出かけるときは、バブさんにルートをお任せしてばかりですので、
たまには新ルートを開拓してみようかと思い立ちました。
国土地理院の地図を頼りに、夕方までに帰ってこれる場所をピックアップして出かけました。

まずは、牧野地区から相模湖方面に抜けていそうな道です。
f0119755_10521411.jpg





一番わかりやすいところから入ります。
突き当りのT字路を左に行くと日連大橋、相模湖方面のはずです。
右側は山の中に続いていますので、帰りにでも寄ってみましょう。
f0119755_1054362.jpg

f0119755_10541386.jpg





地図上では一応道になっていますが、夏草が生い茂っていて、獣道に近いように見えます。
しばらく走ると細い舗装路に出て、小さな神社の前に出ました。
f0119755_1057043.jpg






なるほど、速いかどうかは別にして、これは十分に抜け道としても使えそうです。

次に、日連大橋を渡って、中央本線の踏切を渡って、トンネルをくぐります。
f0119755_10595473.jpg





このトンネルも一度見に来ようと思っていたのですが、
出口がなんともユーモラスな形をしています。
おじ太郎さんのブログでも紹介されたことがありますが、
こんなに近くだったとは。

次に、ここから相模湖の北面を横断して小仏トンネル付近まで伸びている林道に向かいます。
ただ、この林道はおそらくゲートで封鎖されていると思われます。
f0119755_1145060.jpg





やはりというか何と申しますか、林道はゲートでがっちり封鎖されていました。
横から入ろうと思えば何とか入れそうですが、
ダメだということを無理やりやってしまうと、面倒なことになりかねませんので自重します。
大人ですから。
f0119755_1171462.jpg





枝道にもしっかりとゲートがあります。
神奈川県は厳しいですね~

次に、陣馬山の登山口がありますので、場所を確認。
もちろん登山道には入りませんが、その横に別の道が走っています。
f0119755_1191379.jpg

f0119755_11102858.jpg






しばし山の中を走っていると、突然景色が開けて、山の中の畑に出ました。
反対側からは別の道で登ってこれるようですが、こちら側からは畑を突っ切らないと道がつながりません。
それは論外ですので、来た道を引き返します。
とちゅう、真っ白なニャンコに遭遇しました。
f0119755_1113732.jpg






アスファルトの道に戻って、最後にもう一つ気になっていた場所を目指します。
ここは、ダートではありませんが、切通の風情あふれる峠道です。
途中、橋桁が崩れて通行止めの橋がありましたが、そこには熊に注意する旨の張り紙もありました。
この辺りは最近、熊の目撃情報が相次いでいる地域です。
日中はほとんど心配ないようですが、朝夕や、どんよりと曇っているときなど要注意だそうです。
山で遊ぶものとしては、他人ごとではないですね~
f0119755_11181772.jpg






ひなびた集落を縫うようにして高度を上げて行くと、お目当ての切通がありました。
倉子(くらご)峠です。
f0119755_11201946.jpg

f0119755_1121223.jpg





峠を後にして、再び県道に出ます。
時間があまり残っていないので、ここで引き返しますが、
はじめに通った抜け道の反対側が気になります。
それとは別の抜け道は、いい雰囲気でしたが、途中で通行止めでした。
f0119755_11244044.jpg






さてさて、T字路の反対側は?
走っていくと、すぐに高圧線がありました。
ここまでは四輪車でも入ってこれそうですが、その先は道が細くなります。
f0119755_11262322.jpg





少し走ると、骨組みだけの家を発見。こんな場所に何で?
f0119755_11272683.jpg





しばらくは細くても快適な尾根道を走ります。
f0119755_11281915.jpg





少し急な坂を上った先には、シイタケ栽培の畑が広がっていて、その先は藪の中です。
枝道もありましたが、これも藪がひどく、今の季節に一人で入ってゆくのは危険と判断して引き返しました。
f0119755_11312592.jpg





実は気になっている所はまだあるのですが、
少し距離があるので、お休みの日でないと行けません。

今日も、地図を眺めながら、楽しいお山との出会いを妄想するのでした。(^^)v
by s-fulllife | 2016-07-02 11:40 | 林道ツーリング | Comments(2)
Commented by バブ at 2016-07-02 20:19 x
平日とは7月1日に行かれたんですか?
地元に近いとはいえ、蒸し暑い日中にこれまた
マニアックな獣道を探索されましたね~。
最後のT字路の反対側の藪漕ぎはぜひ探索して
ください。
私は遠慮しますけど(笑)

熊出没は「日中はほとんど心配ない」って本当です
か?
ブログはまだUPしていませんが、本日予定の妻の
送迎がドタキャンになりフリーになりました。
そこで私もソロで奥多摩へ林道散策に行ったのですが、林道の終点で、ひとり昼飯のパンを食べていると
向かうでガサッ、こちらで鹿が山肌を駆け上がったりで落ち着かず、そそくさと退散してきました。

クマさんとニアミスはしたくないもんで!
Commented by ぷーたとうさん at 2016-07-02 20:33 x
バブさん、おっしゃる通り7月1日に行ってきました。
朝、発注の修正をして10時くらいから14時くらいまででしたが、
いろいろな発見があって楽しめました。
藪漕ぎはぜひ、蜘蛛の巣マスターのバブさんにお願いいたします。(笑)
熊さんには私もお会いしたくありません。
日中なら絶対大丈夫と言う訳ではありませんが、
直射日光のある日中よりも、
朝夕や曇り空、霧や靄のかかった時の方が遭遇率は高いそうです。
これからは、荷物にクマよけの鈴でもつけておきましょう!

by ぷーたとうさん