ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

HONDA車の相性

書類つきのフレームを落札して、
無事に届きましたので、書類の無いほうのTLMをバラします。
慣れ親しんだTLとは違って、
かなりギュッと詰め込んである感じです。
そうそう、バラす前に、タンクのフィッティングを見なくては。

一応ダメ元であてがってみますが、もちろんそのまま入る訳はありません。

TLMはフレームが2stオイルのタンクになっていますので、
センサーが飛び出ています。
見るからにこれが邪魔です。
f0119755_187366.jpg







そして、車体左側にチャンバーがせり上がっています。
これとタンクのクリアランスも問題になりそうです。
f0119755_1871861.jpg






しかも、エルシノアのタンクは,チャンバーのある左側にコックが付いています。
間違いなくコックは移動しなくてはいけませんね。

センサーを避けるためと、チャンバーとのクリアランス確保のため、
タンク後側を少し上げた状態で固定する必要があります。
後は、フレームやリアサスのリザーバータンク、イグニッションコイルなどに当たる場所を、
ゴムハンマーでたたきながら形を合わせていきます。
f0119755_18164552.jpg





すると、見事に載りました。
チャンバーとのクリアランスもまるで純正のようです。
f0119755_1820461.jpg

f0119755_18201552.jpg

f0119755_18204966.jpg

f0119755_18213459.jpg






タンクの後側を少し上げて固定するために、
適当なスペーサーを入れましたが、
ちゃんとした物も作っておきましょう。
f0119755_18221397.jpg





年代も排気量もエンジンもフレームも、まったく違うバイクですが、
何故かうまく載っちゃいました。
HONDA車同士の相性の良さなんでしょうか。(^^)v
by s-fulllife | 2015-09-16 18:27 | TL再生 | Comments(9)
Commented by バブ at 2015-09-16 19:36 x
ありゃま!見事にフレームに収まりましたね。
HONDA車同士の相性の良さ?
いえいえ、とうさんとホンダ車の哀傷のよさでしょう。
すんばんらしい!

本日また我が家にホンダの名車がが居ついてしまいました。
どうしましょう!
Commented by ぷーたとうさん at 2015-09-16 22:37 x
バブさん、拍子抜けするくらい、あっけなく載ってしまいました。
もっと苦労するかと思いましたが、
まぁ、きっちり取り付けできたのですから文句ありません。

またまた新しい(古い)ご友人ですか?
何と言いましょうか、ツクヅク同類なんですね~(^^;
Commented by ワタヤン at 2015-09-16 23:25 x
うまくタンクが乗りましたね、素晴らしい。
ホンダ車同志と言うより、とうさんの力業の勝利でしょうか(笑)
Commented by CooL無限 at 2015-09-17 04:18 x
素晴らしい
このタンクはアルミ製ですよね!
レーサーのCR250用ですか? 
 
Commented by ワタヤン at 2015-09-17 09:56 x
そうか!CRのアルミタンクですか?
凄いお宝を持っていたんですね。
あのゴミ屋敷を発掘したらいったい何が出てくるのでしょうか?(笑)
Commented by ぷーたとうさん at 2015-09-17 13:43 x
ワタヤン、今回は大して手間を掛けずに巧く載りました。
仰るとおり、ELSINOER CR250M のアルミタンクです。
以前ヤフオクで誰も入札が無く、格安で入手した物です。
ガレージを片付けたら、白サスの新品ダンパーユニットも出てきました。(嬉)
Commented by ぷーたとうさん at 2015-09-17 13:46 x
無限さん、ご推察のとおり、CR250用のアルミタンクです。
気が付けば、所有バイクのアルミタンク率高いな~
アルミは塗装しなくてもいいので楽チンです。(笑)
Commented by ノースライン at 2015-09-19 17:58 x
チャンバーとタンクのクリアランスは本当に絶妙ですね!
シートは別物装着でしょうか?
Commented by ぷーたとうさん at 2015-09-19 18:03 x
ノースラインさん、本当に純正みたいなフィッティングでした。
加えて、シートもぴったりだったんです。
この後アップしますので、見てくださいね。

by ぷーたとうさん