ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

埼玉県、小鹿野町、二子山林道へ

今回の林道ツーリングはチョット遠出です。
表題にもあるとおり、秩父郡小鹿野町の二子山林道へ行ってきました。
往復で300Km弱のツーリングです。
長距離の場合はCLを使っているのですが、
当日のメンバーを聞いて、JD03・イーハトーブで行くことにしました。

そのメンバーは、いつものバブさん、あーさん、スコさん、そしてrandone momoさん、とそのご友人のUさん。
あのヒルクライムのメンバーが入っていますので、きっとただのツーリングにはならないでしょう。
f0119755_1891241.jpg

  <吾野のコンビニでUさんと合流して、メンバーが揃いました。>



この後はひたすらR299を北上します。
日曜日の割には交通量が少なく、比較的スムーズに走れました。
f0119755_18111360.jpg

f0119755_18112520.jpg





秩父から小鹿野町へ入り、給油してからさらに北上して志賀坂峠に向かいます。
f0119755_18141040.jpg





峠を少し下ったところから二子山林道に入ります。
路面は良く締まっていて走りやすく、コレだったらCLでも良かったかな?
f0119755_18165116.jpg





ところがやっぱりと言うか何と言うか、
枝道を見つけては探索が始まります。
f0119755_18174930.jpg




一本目の枝道はしばらく走れましたが結局行き止まりでした。

再び本線に戻って、しばし雄大な景色を眺めながらバイクを走らせます。
f0119755_18194655.jpg

f0119755_1820015.jpg




そして二本目の枝道へ。
ここはかなり荒れていて、勾配も急な下りが続きます。
しばらく行くと、視界が開けて舗装路に出ました。
叶山鉱山へ続く道です。
f0119755_18222781.jpg




舗装路を少し登るとすぐに坑道が見えます。
外界は初夏を思わせる暑さでしたが、
洞穴から流れ出す空気はひんやりしていて、天然のクーラーのようでした。
f0119755_18244384.jpg




おそらく、その坑道内から汲み上げた水を流しているであろうと思われる滝が、
すぐ横にひっそりと流れ落ちていました。
f0119755_1827055.jpg




昼食の予定の合角(かっかく)ダムへ向かうには、来た道を戻らなければなりません。
先ほどの急勾配の荒れた道を登っていきます。
f0119755_1830297.jpg

  <影になっちゃいましたが、本日も道案内役を務めてもらったバブさん。>
f0119755_18301360.jpg

  <本日が、はじめましてのUさん。でも何故か話は合うのでした。>
f0119755_18303050.jpg

  <もうすぐ10万Kmのペガサスで何処にでも行っちゃうタフなあーさん。>
f0119755_18305099.jpg

  <別の意味で何処にでも逝っちゃうスコさん。>
f0119755_1831130.jpg

  <窮屈な画像になっちゃいましたが、randone momoさん。>



林道を出て、舗装された田舎道をスイスイ下っていくと、
本日のランチが待っている合角ダムの元気村に到着しました。
日曜日の午後1時というのに私たち以外のお客さんは数人ほどです。
穴場的スポットなんでしょうね~
オーダーしたのは、うどんの大盛りとかき揚げ天。700円也。
f0119755_18432176.jpg




前回来た時はから揚げ定食でしたが、
どちらも味、ボリュームともに文句無く、美味しくいただきました。(ペロリ)

食事の後、恒例のダベリングが始まって、
2時を回ったころ次の林道に出発しました。

ロケーション自体はなかなか良かったのですが、
バブさん曰く、一年前はダートだったんだけどな~
f0119755_18484360.jpg




それでも、またまた枝道を見つけて入り込みます。
f0119755_18491785.jpg




しかしこの道も途中でいきなり無くなってしまいます。

最後に入った枝道も、落石で石だらけでしたが、最後まで舗装路になっていました。
f0119755_18505057.jpg




すっかり日も傾くまで走り回って、気がつけばもう夕刻です。
昼間の暑さが少し緩んだR299を、
6台のバイクとオヤジたちは街へと走っていきました。



そしてオマケの画像をもう一枚。
本日パンプータ号の外装を仮留めしてみました。
タンクは以前セル付TLに使っていたTLR用改。
サイドカバーとシートはCR80.
リアフェンダーはCRM250用。色が合わないので塗る予定です。
randone momoさんから、CDIは純正でないとエンジンが不調になるとのことでしたので、
大急ぎでFTR用のCDIをゲットしなければ!
f0119755_1912566.jpg

by s-fulllife | 2015-05-18 19:06 | 林道ツーリング | Comments(11)
Commented by パイン山 at 2015-05-19 00:49 x
天気も良くて、楽しそうですね!
行けばよかったです~。

パンプータ号着々と進んでますね!
私もアルプに着手したい~(笑)。
Commented by バブ at 2015-05-19 08:39 x
お疲れ様でした。
ちょっとハードでワイルドなツーリング、楽しかったですね。
おかげさまでいまだにお尻が痛いです。(笑)

思うに午後の林道は、舗装化はするもののその後は落石
などそのままで荒れ放題の感じ、それはそれで楽しめましたね。
鋭利な砕石にちょっと気を使い、新人さんにも気を使い?
勝手放題に走り回ったような。
すこし自嘲しようかと?
Commented by ぷーたとうさん at 2015-05-19 09:49 x
パイン山さん、アノ辺りは景色も雄大で楽しめましたよ。
ただ、距離があるので、JD06では大変かもしれません。
(あーさんはJD06で何処にでも行ってしまいますが)
まだまだ探索できそうな枝道がありました。
パンプータ号が出来上がったら、
また行動範囲が広がりそうです。

ところで、アルプですか?
あれも良さそうですね~
出来上がったら林道に持ち込んで乗り比べてみましょう!
Commented by ぷーたとうさん at 2015-05-19 09:55 x
バブさん、またまた企画立案ありがとうございました。
あちらまで行くと、景色も規模もグンと雄大になりますね。
イーハトーブのシートとポジションは優秀で、
特にお尻の痛みを感じることはありませんでした。

>勝手放題に・・・・・
大いに結構じゃないですか。
日々規制とルールに縛られて生活しているので、
他人に迷惑を掛けない範囲で勝手に走るのは大賛成です。
Commented by ワタヤン at 2015-05-19 10:36 x
パンプータ号は今までのバイク達とは違う雰囲気になりそうですね。
完成が待ち遠しいです。

いっそのことエンジンも赤く塗って古のレッドホンダにしちゃってください。
Commented by ranndonne momo at 2015-05-19 14:16 x
お疲れ様でした。面白そうな枝道沢山ありました。探索に入るにはトリはちと重たいし、tlやランドネではケツ痛で微妙な距離ですね。今回の林道ツー、新鮮味があってとても楽しかったです。次回枝道探索楽しみにしてます。
Commented by ぷーたとうさん at 2015-05-19 17:38 x
ワタヤン、ワンパターンでは皆さんも私も新鮮味がありませんものね。
と言いつつ、シートもサイドカバーも、
数年前にXR100に足回りを取られたCR80の残り物なんです。
長距離でも楽に乗れるTLR、
早く乗って試してみたいです。
Commented by ぷーたとうさん at 2015-05-19 17:43 x
ranndonne momoさん、先日はありがとうございました。
大急ぎでヤフオクをチェックしたのですが、
ほかのパーツに比べて、案外CDIは少ないですね。
まぁ、車体を製作しつつチェックしておきます。

>探索に入るにはトリはちと重たい・・・・
そこでこのパンプータ号の出番です。
はてさて、思惑どおりに行きますかどうか?
Commented by スコ at 2015-05-19 21:28 x
お疲れ様でした。

ガレージの奥のバイクが妙に気になります。

尚、Dヒルがパンプータ号をお待ちしているとのことです。
Commented at 2015-05-19 22:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ぷーたとうさん at 2015-05-20 16:17 x
スコさん、お疲れ様でした。
ガレージの奥には呪いのお宝があるんです。
普通の人が見ると、ガラクタにか見えないのですが、
呪いに犯されてしまうと、そんなガラクタが、
お宝の山に見えてきてしまうのです。
恐ろしい話ですね~。
ちなみに、私もバブさんも呪いにドップリはまっています。(笑)

by ぷーたとうさん