ブログトップ | ログイン

しっぽのトライアルあそび

trialdiary.exblog.jp

TL125再生日記、トライアルやお山探索など。

少子高齢社会を考える?

久しぶりの更新です。

最近、自分も歳をとったものだと思います。
仕事の面でも、遊びについても。

もちろん、友人たちも同じく歳をとります。
そして、歳を重ねてから友人になった人たちもいます。
TL仲間の面々も、皆さん良い歳の取り方をしていますが、
年々高齢になっていくことは事実です。




先日、林道を案内していただいたバブさんですが、
ツーリング中にウインカーが点滅していなかったり、
テールランプがチラついたりと、電装関係に不安を抱えていました。
バッテリーが要交換時期なので、
いっそ、12Vにしましょう!ということになって、
バイクを持ち込む日取りをメールでやり取りすることになりました。

しかし届いたメールには、
12V化以外に、もう一つの要望がありました。

林道の難所などでエンジンストップしたときに、
キックスタートは膝に負担がかかり辛いと。
どうせならセル始動のTLRが欲しいと。

で、TLRと共にセル始動のエンジンが届きました。
f0119755_2262357.jpg





TLRのエンジンを下ろして、セル付きエンジンを載せます。
マウント位置はほとんど同じなので問題無く載ります。
が、ヘッドの取り付けだけは位置が違います。
と言うか、カットしないとキャブが付きません。
f0119755_2210843.jpg





とにかく、ノーマルのTLRに比べて、
ハーネスのボリュームが全く違います。
このコードの束をどこにどう収めるかが第一の難関です。

配線図とにらめっこをすると、
このハーネスには、オプション用のカプラーが紛れていることが分かりました。
そのほか、サイドスタンドスイッチや、
スターターリレー、ダイオードも2個、
TLRよりもかなり大きめなCDIなど、
狭いTLRの隙間に収めるのはひと仕事です。

配線をむいて、不要な物はカットして絶縁。
スペースが無い場合は延長して場所を移します。
f0119755_22181662.jpg





その次の大仕事はバッテリーです。
かなり大きく重いので、しっかりとしたバッテリーケースが必要になります。
これは、私のセル付きで体験済みでしたので、
迷わず鋼材を溶接して作りました。
残りの鋼材でエンジンヘッドのマウントを作りこれも溶接。
サイドスタンドの補強も頼まれていたので、
これも残りで補強しました。
f0119755_2227045.jpg
f0119755_22265162.jpg
f0119755_22264127.jpg





さてさて、ここまで来ると、早くエンジンをかけてみたいものです。
エキパイ・マフラーをつけてエンジンスタート!
あっけなくエンジンはかかりました。

不具合はないか、試乗してきます。
f0119755_22305591.jpg




エンジンのかかりは良いです。いえ、良すぎます。
チョークも使わず、セル一発で簡単に始動。
少し走ってきて、エンジンが温まると、エンストすることもあります。
プラグを見ると、真っ黒。
ニードルを見てみると、一番下まで下がっています。
おまけに、オーバーフローしてきました。

これはフロートのパンクでしょうか?
フロートにガソリンが入ってしまって浮力が落ちる。
→バルブが閉まらない。
→油面が上がる。
→濃い。オーバーフロー。

キャブを開けるとやはりフロートがパンクしていました。
f0119755_22371856.jpg





これをハンダで修理して、もう一度油面調整。

試乗してみるといい感じになりました。
f0119755_22404271.jpg




本日バブさんがお迎えにきて、
無事に納車となりました。
f0119755_22414596.jpg





とうさん工房に来てから2週間、
もちろん、全てがこんなにスムーズに上手くいったわけではありません。
チェーンラインのことや、コードが煙を吹いて燃えたことなど、
なかなか手強く、なかなか楽しませていただきました。

引き取りに来たバブさんが、
セル付きのTLRのことを、極楽バイクとか、福祉バイクとか、
言っていたので、この記事の題名になりました。

でも、足場の悪い場所でのキックスタートが辛くて、
OFFに行くのをためらっている方は少なからずいらっしゃると思います。
そういう人は、HONDAさんがTL230を作ってくれないので、
個人でやるしかありませんね。
それとも、GASGASランドネ?
いえいえ、やっぱりTLに乗りたいんですよね~。
ね、バブさん。
by s-fulllife | 2012-07-25 22:59 | TL再生 | Comments(14)
Commented by 1京都 at 2012-07-25 23:47 x
とうさん ご苦労様です。

たった2週間で換装したんですか、驚きです。
ハーネスの引き直しは大変な手間ですから凄いです。
エンジンも重たいでしょうけどその点はとうさんなら片手で持てるので問題なかったでしょうけど。

次はバブさんよりずっと年上の私のバイクをお願いしますね。
Commented by バブ at 2012-07-26 06:02 x
とうさん、
ホンダの最新トライアルリハビリマスィーン(笑)
 FTL223 製作ありがとうございます。
またぶらっとお山にいきましょうね!
Commented by イワピ- at 2012-07-26 07:17 x
工房は相変わらず忙しいですね(^_^;)
急がないので私の電装関係軽量化もよろしくです
(*^_^*)
Commented by ぷーたとうさん at 2012-07-26 09:42 x
1京都さん、ハーネスの引き直しなんてだいそれたことじゃなくて、
必要に応じて、長さを調整しただけです。
実はそれよりも、フロント回りのカプラーをそのまま使うために、
ハーネスのカプラー内のプラグをすべて差し替えたほうが頭を使いました。
バブさんより年上でも、私よりスキルが高い方の整備は謹んでご辞退申し上げます。
Commented by ぷーたとうさん at 2012-07-26 09:44 x
バブさん、これでヒザの心配をせずにお山に行けますね。
外装の仕上げがどうなるのか?
楽しみにしています。

そうそう、山梨の掲示板に、
うどんミーの告知が載っていましたよ。
12日だから行けそうですか?
Commented by ぷーたとうさん at 2012-07-26 09:47 x
イワピー師匠、電装関係とは、TLMですか?
確か12V化以外は、ほとんどノーマルでしたよね。
今のところ暇になりましたので、
お引き受けしますよ。
今週末は、神沢に行けそうですので、
その時にお話しましょう。
Commented by CooL無限 at 2012-07-26 09:50 x
いやー毎度毎度素晴らしい出来ですね
アタシは、125のキックも重いので、「低圧縮」エンジンにしましたが
セル付きの方が正解かな?と思う今日この頃
CB125JXに載せるのより楽そうだし
ちなみにXLR125R(セル付)のエンジンは2基持ってます(正確には3基)
どなたか入用でしたら、譲りますよ~原価で
Commented by ぷーたとうさん at 2012-07-26 10:32 x
無限さん、確かにJXに乗せるよりも楽かもしれませんね。
本文にも書きましたが、
林道などでは、
足場の悪いところでエンジンストップしてしまうことも多々あります。
OFF車こそセルがより必要なんでしょうね~

え~125のセル付きも余分に持っているんですか?
是非一台譲ってください!
今度は、最新のリチウムイオンバッテリーを試してみたいですね~
Commented by CooL無限 at 2012-07-26 10:38 x
あっ 早速のご注文有難う御座います
腰上位はOHしますから、少々お待ち下さい
Commented by ぷーたとうさん at 2012-07-26 10:55 x
無限さん、ありがとうございます。
その上、無限工房のOH付きですか?
至れり尽くせりですね~
特に今すぐと言うわけではありませんので、
お手すきの時にお願いしま~す。
Commented by バブ at 2012-07-26 21:30 x
外装の仕上げは???

ん~~。まだまとまって降りません。
ぼちぼち楽しみながら弄っていきます。

無限さん、XLR125エンジンお持ちなんですか。
欲しいけど乗せるフレームがありません。残念!。

それから山梨ミー参加表明いたしました。
当日よろしばご一緒に山中湖に向かいませか?
Commented by ぷーたとうさん at 2012-07-27 10:54 x
バブさん、ぼちぼち楽しみながらでいいと思いますよ。
楽しみながらバブさん色に仕上げてくださいね。

山梨には、是非ご一緒してください。
集合時間など、詳細が決まったらメールで連絡しま~す。
Commented by パイン山 at 2012-08-03 00:44 x
エンジン換装お疲れ様でした。

溶接の腕も上がってますね!
トレッキングのときに乗らせてもらいたいですね。
Commented by ぷーたとうさん at 2012-08-04 17:19 x
パイン山さん、私のセル付きエンジンとはまた少し違っていて、
なかなか楽しませていただきました。
搭載のデータもバッチリ取れたし。
知り合いのバイク屋さんが、
「商売にしたら?」なんて言っていましたが、
趣味だからこそ、気軽に引き受けられるんで~す。
涼しくなったら、トレッキング行きましょう!

by ぷーたとうさん